TOP > ガヴリールドロップアウト > 【ガヴドロ】サターニャ「性行為をすれば悪魔らしくなれるの?」

【ガヴドロ】サターニャ「性行為をすれば悪魔らしくなれるの?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:10:14.329 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ「立派な悪魔になるにはどうしたら良いのかしら?ネットで調べてみましょう」

カチッ カチッカチッ

サターニャ「サキュバス?初めて聞く悪魔の名前ね。詳しく調べてみましょう」

カチッ カチッカチッ

サターニャ「性行為をすれば悪魔らしくなれるの?」

カチッ カチッカチッ

サターニャ「ふん、ふんふん……これよ!私が目指していた悪魔はこれだわ!」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:11:35.485 ID:VTz7aMsw0.net

次の日

サターニャ「ガヴリール!」

ガヴ「何だよ、サターニャ。朝からうるさいなぁ」

サターニャ「私と性行為をしてちょうだい!」

ザワザワ

田中「胡桃沢さん、いつも天真さんにちょっかいかけていると思っていたけど」

上野「そういう趣味があったんだ」

委員長「みんな!胡桃沢さんがどんな人を好きになろうと本人の自由でしょ!」

ザワザワ

タプリス「天真先輩!今教室から聞き捨てならない言葉が聞こえたような気がしました!!」

ガヴ「タプリス……駄目だ!自分の教室に帰れ!」

サターニャ「どうしたのガヴリール……。私と性行為するのが怖いの?」

タプリス「今確かに性行為と言いましたっ!胡桃沢先輩が天真先輩と性行為を……。性行為って何ですか、天真先輩?」

ガヴ「知らないで驚いたのかよ!!?」

タプリス「でも、胡桃沢先輩が言うのだからきっと悪魔的な行為に決まっています。天真先輩、性行為のご説明を」

ガヴ「知らなきゃ知らないままでいいんだよ。むしろ知るな!!」

委員長「天真さん、そんな言い方ないじゃない。確かに恥ずかしいことだけど、知っていなきゃいけない事だわ」

ガヴ「話をややこしくするな!!」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:13:29.355 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ「それで私とするの?しないの?性行為」

ガヴ「誰がお前なんかとするかぁ!!」スタタタタ

委員長「逃げちゃった」

タプリス「それで胡桃沢先輩、性行為って何なんですか?」

サターニャ「とっても悪魔的な行為よ」

タプリス「やはり……天真先輩とはさせません!するなら私としてください!!」

サターニャ「あなたになんか興味ないわ。私はガヴリールとしたいの」

タプリス「ぬぬぬ……」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:14:22.748 ID:VTz7aMsw0.net



サターニャ「ガヴリールの奴全然性行為してくれなかったわね。言い方が悪かったのかしら?次は違う言い回しで言ってみましょう」

カチッ カチッカチッ

サターニャ「ふん、ふんふん……エッチ、セックス、性行、性交渉、性の営み……色んな言い方があるのね。どれにしようかしら?」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:15:32.025 ID:VTz7aMsw0.net

次の日

サターニャ「ガヴリール!私とエッチしましょう」

ヴィーネ「さ、サターニャ、それがどういうことをするのか意味わかっていってるの?」

サターニャ「勿論分かっているわ!とっても悪魔的な行為でしょ!」

ラフィ「ふふふ。分かっていっていないようですね」

ガヴ「よく考えればそうだよ、サターニャが性行為について知っているわけがなかったんだ。お前らが昨日二人とも偶然風邪で休んでたから大変だったんだぞ。」

ヴィーネ「ごめんね、ガヴ。うちの子が迷惑かけちゃって」

サターニャ「いいからするの?しないの?」

ガヴ「しない!」

サターニャ「もーなんて言ったらしてくれるの!?セックス?性行?性交渉?性の営み?朝チュン?」

ガヴ「ぎゃー!サターニャ大声で何言ってるんだよ!エッチだ!エッチと言え!!他の言い方だと生々しいんだよ!!」

サターニャ「やっとエッチしてくれる気になった!?」

ヴィーネ「サターニャ、もしエッチが悪魔的な行為ならガヴとしたら、ガヴはもっと悪魔的になっちゃうのよ」

サターニャ「それもそうだー!」

ガヴ「これで一件落着だな」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:16:52.017 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ「ヴィネット!私とエッチしましょう!」

ザワザワ

田中「天真さんが駄目だったからって次は月乃瀬さんだなんて」

上野「やれれば誰でもいいんだ」

委員長「胡桃沢さん、身体だけの関係は長く続かないわよ」

ザワザワ

ヴィーネ「ど、どうして私!?」

サターニャ「ヴィネットって悪魔らしくないの悩んでたでしょう。だから二人でエッチして立派な悪魔になるのよ」

ヴィーネ「い、嫌よ、サターニャとなんて!いや、サターニャが嫌と言うわけではなくてね、サターニャとそういう行為をすることが……」

ガヴ「ヴィーネ、ちょっとこっち来い」

ヴィーネ「な、なに?」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:18:33.211 ID:VTz7aMsw0.net

ガヴ「(サターニャはよくエッチの事を知らないんだ。だから適当にサターニャを誤魔化そう)」

ヴィーネ「(誤魔化すって……そんなのサターニャに悪いわ)」

ガヴ「(何言ってるんだよ!これから毎日サターニャにエッチしようと言われ続けるんだぞ。そんなの嫌だろ!)」

ヴィーネ「(それはそうだけど……)」

ガヴ「(だからな、誤魔化そう)」

ヴィーネ「(気が引けるけど仕方がないわね)」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:20:50.972 ID:VTz7aMsw0.net

ラフィ「サターニャさん、もしよければ私とエッチしませんか?」

サターニャ「ラフィエルだけは嫌!」

ラフィ「がーん。意味をよく理解していないのは分かっていますが、面と向かって言われると結構来ますね……」

ヴィーネ「サターニャ、今晩私とエッチしましょう」

サターニャ「え!?いいの!やったぁ!!!」

ガヴ「次は私な。ただし一回だけだぞ」

ザワザワ

田中「一回だけだなんて」

上野「天真さんも月乃瀬さんも淫乱だわ」

委員長「胡桃沢さん、モテるのは良いけど女関係には気を付けてね」

ザワザワ

ヴィーネ「みんな私達の話でざわついてるけど、本当にこれでよかったのかしら?」

ガヴ「大丈夫だ。人の噂も七十五日、みんな忘れるさ」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:22:29.965 ID:VTz7aMsw0.net

夜 

ヴィーネ「さぁサターニャ、エッチするわよ。方法は分かる?」

サターニャ「分からない!」

ヴィーネ「そう、それじゃあ教えるわね」

サターニャ「教えて!教えて!」

ヴィーネ「まずは服を脱ぐわ」

サターニャ「脱いだわよ!」

ヴィーネ「サターニャ、もっと恥じらいを持ちなさい。……私も脱ぐわ」ピカァ

サターニャ「うぁ!ヴィネット眩しい。光抑えてよっ」

ヴィーネ「ごめん。……これでいい?」

サターニャ「うん。それで次はどうするの?」

ヴィーネ「次は電気を消して一緒のベッドに寝ます。こっちに来て」

サターニャ「一緒に寝たわよ。電気消して!」

ヴィーネ「はーい」カチッ

サターニャ「次は次は?」

ヴィーネ「少し待ちます!」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:24:29.995 ID:VTz7aMsw0.net

数十分後

サターニャ「ヴィネット、なんか私眠くなってきたわ。ふあぁ~」

ヴィーネ「それじゃあもうそろそろ始めましょうか。」

サターニャ「……うん」コクッ

ヴィーネ「次は………」

サターニャ「zzz」

ヴィーネ「よしっ!寝たわ」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:26:33.974 ID:VTz7aMsw0.net



チュンチュンチュン

サターニャ「あ、ヴィネットおはよう………ってなんで私たち裸なの!?」

ヴィーネ「何言ってるのよ、昨日エッチしたからでしょ」

サターニャ「エッチ?……一緒に寝たところから全然覚えていないわ」

ヴィーネ「サターニャったらその後結構激しかったのよ」

サターニャ「そうなの?」

ヴィーネ「とにかくこれで私も悪魔らしくなれたわ。ありがとうね」

サターニャ「ヴィネット何か隠してない?」

ヴィーネ「か、隠してなんかないわよ!」

サターニャ「そう?」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:27:04.463 ID:VTz7aMsw0.net

学校

サターニャ「ガヴリール!今晩楽しみに待ってるからね」

ガヴ「何言ってるんだよ。サターニャが私の家に来てするんだ」

サターニャ「どっちでもいいわそんなの!とにかく楽しみにしてるからね!」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:28:50.859 ID:VTz7aMsw0.net

夜 ガヴの家

ガヴ「ほら、早くエッチするぞ」

サターニャ「分かったわ!」ヌギヌギ

ガヴ「うぁ!何脱いでるんだよ!」

サターニャ「え?だってエッチって裸でやるんでしょ?」

ガヴ「そ、そうだったな(ヴィーネの奴、そこまでリアルに教えなくていいんだよ!)」

サターニャ「早く脱いで!一緒に寝るわよ!」

ガヴ「……うん」ヌギヌギ

サターニャ「ほらほら、早く早く!」

ガヴ「そんなせかすなよっ!」

サターニャ「電気消しとくから」カチッ

ガヴ「(ヴィーネめ、どこまで詳しく教えたんだよ)」

サターニャ「よし、一緒に寝たわ!ここから数十分待つわよ!」

ガヴ「ああ」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:30:31.567 ID:VTz7aMsw0.net



チュンチュンチュン

ガヴ「あ、サターニャ……ってなんで私たち裸なんだ!?」

サターニャ「何言ってるのよ、昨日エッチしたからでしょ」

ガヴ「エッチ!?お前と私が!」

サターニャ「そうよ、覚えてないの?」

ガヴ「全然覚えてない」

サターニャ「ガヴリールったら結構激しかったのよ」

ガヴ「マジで!?」

サターニャ「そうよ」

ガヴ「私とサターニャがエッチ……。私とサターニャがエッチ……。私とサターニャがエッチ……。」ブツブツ

サターニャ「とにかく、これで私も大悪魔に一歩近づけたわ。ありがとね、ガヴリール」ニコ

ガヴ「(あれ?サターニャの笑顔ってこんなに可愛かったけ?)」ドキドキ

サターニャ「どうしたのガヴリール?」

ガヴ「な、何でもない!そんな事より早く学校に行くぞ///!!」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:32:27.817 ID:VTz7aMsw0.net

学校

ガヴ「ヴィーネ!私天界に強制送還されるかも!」

ヴィーネ「どうしたのガヴ!?天界に強制送還って、え?」

ガヴ「それがかくかくしかじかで……」

ヴィーネ「で、本当にしたの?」

ガヴ「お、覚えてない」

ヴィーネ「ならしてないんじゃない?」

ガヴ「でもサターニャはしたって言っていたぞ」

ラフィ「私分かっちゃいました!」

ガヴ「ラフィエル!分かったってどういうことだ?」

ラフィ「それを説明するにはまず人がいない場所に行きましょう。教室では人が多すぎます」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:34:21.974 ID:VTz7aMsw0.net

人気の少ない廊下

ヴィーネ「で、分かったってどういうこと?」

ラフィ「多分、サターニャさんはヴィーネさんの真似をしてのではないでしょうか」

ヴィーネ「私の真似って?」

ラフィ「ヴィーネさんはサターニャさんと裸で一緒に寝て、エッチをやり過ごしましたよね」

ヴィーネ「そうよ。どうしてそのことを知っているのかは、怖いから聞かないわ。」

ラフィ「そしてガヴちゃんも同じ事をしてやり過ごしました。しかしそこには大きな違いがあったんです」

ガヴ「違いって?」

ラフィ「ヴィーネさんの時はサターニャさんが先に寝てしまいましたが、ガヴちゃんの時にはガヴちゃんが先に寝てしまったんです」

タプリス「だからなんなんですか!?」

ガヴ「タプリス!いつからいたんだよ!?」

タプリス「偶然今通りかかったんです!さぁ、白羽先輩、話の続きをお願いします!」

ラフィ「ガヴちゃんに先に寝られてエッチ出来なかったサターニャさんは思ったんです。『ヴィネットも同じ思いをしてのではないか。私が先に寝てしまってエッチ出来なかったけど、気を使ってエッチしてくれたと嘘を吐いたのではないか』と」

ガヴ「あの馬鹿悪魔がそんなことおもうかなぁ?」

ラフィ「そう言われると思い、昨晩の映像を用意してあります!」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:36:23.347 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ『昨日は途中で寝て全然エッチ出来なかったから、今日はたっぷり昼寝してきたのよ!今日こそはエッチしてみせるわ!』

ガヴ『zzz』

サターニャ『あ、ガヴリールが寝ているわ。起きなさい!ガヴリール!!』ユサユサ

ガヴ『むにゃむにゃzzz』

サターニャ『起きなさいってば!!!』ユサユサ

ガヴ『zzz』

サターニャ『全然起きないわ。いったいどうしたらいいかしら……?』

ガヴ『zzz』

サターニャ『もしかして!ヴィネットも私とエッチしようとしたら先に寝られていて出来なかったの!?』

ガヴ『zzz』

サターニャ『今朝ヴィネットが隠していた事ってこの事だったんだわ!』

ガヴ『zzz』

サターニャ『ヴィネットはエッチ出来なかったけど、気を使ってくれて……』

ガヴ『zzz』

サターニャ『……悪魔らしくなれたなんて嘘ついて……悪い事させちゃったわ』

ガヴ『zzz』

サターニャ『………可愛い寝顔。おやすみガヴリール』チュ

ガヴ『zzz』


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:38:27.175 ID:VTz7aMsw0.net

タプリス「最後おでこにキスしてました……」

ガヴ「ラフィエル、いつの間に撮ってたんだよ」

ヴィーネ「もしかして私の時も!?」

ラフィ「うふふふふ」

パサ

ガヴ「ん?」

サターニャ「………」

ガヴ「げ!サターニャ!メロンパン落ちたぞ………。今拾ってやるからな」

サターニャ「………」

ラフィ「サターニャ……さん?」

サターニャ「今までのは嘘だったのね」

ヴィーネ「あのう……サターニャ、いつからいたの?」

サターニャ「タプリスが大声出した時位からよ。気になったから来てみたの」

タプリス「私のせいでしたか!?す!すいません!!」

サターニャ「そんなことより、あなた達私にずっと嘘を吐いていたの?」

ヴィーネ「嘘を吐こうという気はなかったのよ」

サターニャ「うるさい!!」

タプリス「ひぃ!」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:40:20.072 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ「エッチは大切な人とやるコミュニケーションだって、朝グラサンに聞いたのよ!だからヴィネットとガヴリールは私に心を許してくれていたって思っていたのに」ポロポロ

タプリス「胡桃沢先輩、泣いています」

ヴィーネ「サターニャ何を言っているの?エッチは悪魔らしくなるための儀式でしょ?」

サターニャ「それはフィクションよ!それもグラサンが言ってたわ!」

ヴィーネ「う……」

サターニャ「エッチしたって悪魔らしくなれないって、大切な人とやることだって最初から知ってたんでしょ!!」

ガヴ「……」

ヴィーネ「……」

ラフィ「サターニャさん、エッチと言う行為はですね、実は……」

サターニャ「やっぱり……。ヴィネットが私に気を使ってくれたのは嬉しかったわよ。でも、適当に誤魔化されていたのが許せない!!」

ヴィーネ「その……ごめん」

ガヴ「……」

ヴィーネ「ほら、ガヴも謝って!」

ラフィ「サターニャさん……」

サターニャ「もういい!」スタタタタ

ヴィーネ「あ、サターニャ!」

ラフィ「サターニャさん!」

タプリス「胡桃沢先輩!」

サターニャ「付いてこないで!!」

ガヴ「……」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:42:19.605 ID:VTz7aMsw0.net

放課後

サターニャ「どうせみんな私の事なんて友達だって思ってないんだわ。いいわよ、一人で大悪魔になってやる」

ガヴ「サターニャ」

サターニャ「なによ。あんたとはもう友達でも何でもないわ。赤の他人よ」

ガヴ「なぁ、サターニャ、性行為をしないか?」

サターニャ「ブフッ!何言ってるのよ!性行為じゃなくてエッチでしょ!!」

ガヴ「いいや性行為と言わせてくれ。今回は本気なんだ」

サターニャ「本気………。フン!そうやってまた私を騙す気何でしょ。今度は騙されないわ」

ガヴ「いいや、今度は本気だ。」

サターニャ「嘘よ」

ガヴ「本気だって。いいから聞いてくれ」

サターニャ「むぅ………。少しだけよ」

ガヴ「最初は確かに嘘だった。ウザったいサターニャを誤魔化したいだけだった。そこは認めるよ」

サターニャ「ふーん」

ガヴ「でも、一緒に寝た時からだ。サターニャの寝起きの顔がすごく可愛かった」

サターニャ「か、可愛かったって……そんな事行っても誤魔化されないんだからねっ!!///」

ガヴ「決定的だったのは私達の嘘に気づいて泣いた時だ。心の底から悪いと思った。あの時は一緒に泣いてあげたかった。一緒に悲しんであげたかったんだ。でも変なプライドと恥ずかしさで出来なかったんだ。友達失格だよな」


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:44:28.894 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ「そうよ友達失格……ってガヴリール、あんた泣いてるの?」

ガヴ「泣いてないっ!!」ウルウル

サターニャ「あ、ガヴリール。あんたまだ変なプライドと恥ずかしさが捨てきれてないわよ」

ガヴ「サタアアアアアァァァァニャァァァァァァ!!!!!ごめん。ごめんよオオオオオォォォォォ!!!!!!!」

サターニャ「やっと素直になった。よしよし」ナデナデ

ガヴ「あんなに悲しませる気はなかったんだ。ごめん……ごめん……」ポロポロ

サターニャ「もういいって。怒ってないから、泣かないの」

ガヴ「サターニャ」

サターニャ「ん?なに」

ガヴ「さっきも言ったけどさ、性行為しないか」

サターニャ「え?だから、もういいんだって。そんなことしなくても私達は友達でしょ」

ガヴ「性行為は確かに大切な人とやるコミュニケーションだ。だが、それ以外にも大切な意味がある」

サターニャ「………知ってるわ。子供を作る行為でしょ」

ガヴ「知ってたのか!?」

サターニャ「私が性行為について言った時、ラフィエルの様子がおかしかったでしょ。だからね、本当の意味を図書室で調べたのよ。さっきはとぼけてごめんなさい。私もガヴリール達と同じ嘘吐きになっちゃったわね」

ガヴ「知ってるなら話が早い。もし私と性行為してくれるなら今日の9時に私の家に来てくれないか」

サターニャ「ガヴリール……」

ガヴ「私は帰る!待ってるから!!」スタタタタ


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:46:20.163 ID:VTz7aMsw0.net

9時頃 ガヴの家

ガヴ「9時5秒前だ。5、4、3、2、1、9時だ!」

サターニャ「ガヴリール……来たわよ」

ガヴ「サターニャ、その……私と」

サターニャ「性行為をするわ」

ガヴ「誘った私から言うのも何だが私は受胎告知と処女懐胎の天使だ。その私に性行為を迫るっていうのがどういう意味か分かっているのか?」

サターニャ「どういう意味なの?」

ガヴ「だ、だから!普通性行為っていうのは、男女で行って子供が出来るんだけど、私の力を使えば女同士でも子供が出来てしまうって事だ!」

サターニャ「私が?ガヴリールが?」

ガヴ「両方だ!」

サターニャ「え!?ガヴリール……私達まだ学生よ!!」


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:48:24.485 ID:VTz7aMsw0.net

ガヴ「力を使えば、の話なんだ。でも」

サターニャ「でも?」

ガヴ「力を抑えられる自信がない」

サターニャ「あ、あははははははははっ!!!」

ガヴ「そんなに笑わなくたっていいだろ!!」

サターニャ「でも、ガヴリールの性欲がそんなに強かったなんて……あはははははっ!!」

ガヴ「性欲が強いなんて言うなよ!」


サターニャ「あはははははっ!!!でもいいわ。私はガヴリールを信じてるから」

ガヴ「本当にいいのか?私、初めてだから優しくできないかもしれないぞ!」

サターニャ「いいわよ」

ガヴ「性行為する時の知識だってネットで上辺だけ知っただけで上手く出来ないかもしれないぞ」

サターニャ「だからいいって!でも私は全くやり方知らないんだから教えなさいよっ!!」

ガヴ「分かった!」


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:49:52.002 ID:VTz7aMsw0.net

ガヴ「いいか、まず服を脱ぐ」

サターニャ「ここは同じなのね」

ガヴ「……(恥ずかしい)」

サターニャ「……(恥ずかしい)」

ガヴ「早く脱げよ!」

サターニャ「そっちこそ!」

ガヴ「脱がしてやろうか」

サターニャ「お願いするわ!次は私がガヴリールを脱がしてあげる」


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:51:11.023 ID:VTz7aMsw0.net

ラフィの家

ラフィ「んー!んんーー!!んんーー!!!んー(ガヴちゃんとサターニャさんのを撮らせて!!!!!!)」バタバタ

タプリス「白羽先輩、我慢してくださいよ」

ヴィーネ「タプちゃん、しっかり縛ってね」

ラフィ「んー!(撮らせて!!!!)」


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:52:29.674 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ「裸になってどうするのよ。電気消してベッドに寝るの?」

ガヴ「私達は初めてだから電気は付けたままやろう。寝たままでも出来るが、今回は座ってやるぞ」

サターニャ「分かったわ」

ガヴ「座ったら相手の胸を揉んだり、体を舐めったり、キスしたりしてお互いを気持ちよくするんだ。これを愛撫と言う」

サターニャ「舐めればいいのね。ペロペロ」

ガヴ「うわぁ!どこ舐めてんだよ!」

サターニャ「どこって………ガヴリール、私に恥ずかしい事言わせたいの?」ニタ

ガヴ「違う!クソォ!無駄にでかい胸しやがってこの!」モミモミ

サターニャ「いやんっ!」

ガヴ「おやおや、サターニャちゃんもそんな可愛い声出すんですなぁ」

サターニャ「うるさいわね!このぉ!」

ガヴ「いやんっ!」

サターニャ「ガヴリールこそ可愛い声出すじゃない」

ガヴ「何で私の弱点が背中だって知ってんだよ!」

サターニャ「ヴィネットから訊いたのよ」


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:54:49.147 ID:VTz7aMsw0.net

ガヴ「あいつ!……はぁ、喧嘩はこの辺にして愛撫を続けないか」

サターニャ「そうしましょう」

ガヴ「サターニャ、私に何かしてくれ」

サターニャ「胸を揉むわ」

ガヴ「頼んだぞ」

サターニャ「……ガヴリールの胸小さくて揉めない」モミモミ

ガヴ「なら他の事をすればいいだろ!」

サターニャ「これとか?」ペロペロチューチュー

ガヴ「ひゃぁ!(こいつ、上手い)」ビクビク


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:56:39.181 ID:VTz7aMsw0.net

ラフィの家

ラフィ「私にはガヴちゃんとサターニャさんを撮影する義務があるんです!離してください!!!」バタバタ

ヴィーネ「ラフィ落ち着いて!」

タプリス「白羽先輩!そんな事したら警察に捕まってしまいます!!」

ラフィ「ガヴちゃんとサターニャさんが今にも、面白い事をしているんです!撮らせて下さい!!!」バタバタ


47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 21:58:29.177 ID:VTz7aMsw0.net

サターニャ「はぁ……はぁ……。大分気持ちよくなれたわね」

ガヴ「はぁ……はぁ……。ここからが真の本番だ。今までのは前戯」

サターニャ「はぁ……はぁ……前戯」

ガヴ「今度は本気だ。最後までやるぞ、覚悟はできてるか」

サターニャ「もちろんよ!」

ガヴ「まずは……」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:00:51.637 ID:VTz7aMsw0.net

ガヴの家の前

ラフィ「ガヴちゃんと……サターニャさんの……所に行くんです!!!」ドスドス

ヴィーネ「止まらないわ!」ズルズル

タプリス「すごい力です」ズルズル

ラフィ「ガヴちゃん……サターニャさん……」ドスドス

ヴィーネ「もうガヴの家の前よ!」ズルズル

タプリス「お願いします、止まってください」ズルズル

ラフィ「ガヴちゃん……サターニャさん……撮りに来ましたよ!!」ドスドス

ヴィーネ「ガヴ、サターニャ!ごめんなさい、ラフィを止められなかったわ!」

タプリス「すいません!」

ラフィ「なんじゃこれは!!」

タプリス「ベッドに血が付いています!大変です!」

ヴィーネ「ねぇ、これ私のツッミいるかしら?」

ラフィ「……死亡確認」

サターニャ「生きてるわよ!」

ガヴ「勝手に殺すな!」


50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:02:34.932 ID:VTz7aMsw0.net

ラフィ「はぁはぁ……撮影撮影。あれ?ビデオは?」

ヴィーネ「私が壊しておいたわ」

ラフィ「なにしとんじゃー!」

ガヴ「えい」ピュン

ラフィ「……」ガクッ

ガヴ「眠りの矢を刺した。これでラフィは当分起きないから連れて行ってくれ」

ヴィーネ「分かったわ。迷惑かけてごめんね」

サターニャ「いいのよ。準備が出来たら学校へ行くから先に行ってて」

タプリス「はい、学校でまた会いましょう。では」

ヴィーネ「お邪魔しました」ズルズル

ガヴ「……」

サターニャ「……」

ガヴ「はあぁー!力抑えられてよかったぁ」

サターニャ「あんたもやれば出来るじゃない。偉い偉い」ナデナデ

ガヴ「子ども扱いするなよ!」

サターニャ「よしよし」ナデナデ

ガヴ「むぅ///」


51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:04:33.724 ID:VTz7aMsw0.net

10年後

ラフィ「早いもんじゃのう、ガヴちゃんとサターニャさんが付き合い始めてもう10年か」

ヴィーネ「ラフィのキャラが変わってからも10年ね」

タプリス「昔の白羽先輩に戻ってください」

ガヴ「あ、ラフィエル!」

サターニャ「ヴィネット!」

ヴィーネ「二人とも妊娠したの!?」

ガヴ「ああ、収入も安定してきたし、もういいかなと思ってね」

サターニャ「ガヴリールの力を使って、作ったのよ」

タプリス「結構お腹大きいですね。何ヶ月ぐらいですか?」

ラフィ「し 知っているのか、ヴィーネさん!」

ヴィーネ「いや、知らないわよ。何ヶ月位なの?」

ガヴ「二人とも9ヶ月だ」

サターニャ「生まれたら教えてあげるからね」

タプリス「お願いします」

ガヴ「元気な赤ちゃん産もうな、サターニャ」

サターニャ「産みましょうね、ガヴリール」



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/18(木) 22:08:15.365 ID:J3RaLcmq0.net


ガヴサタ好きよ



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿