TOP > ガヴリールドロップアウト > ラフィエル「サターニャさんサターニャさん♪」サターニャ「なによ」

ラフィエル「サターニャさんサターニャさん♪」サターニャ「なによ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:19:38.959 ID:sise1tDo0.net

ラフィエル「メロンパン一緒に食べませんか?」

サターニャ「えぇ? またなにか企んでるんじゃないでしょうね」

ラフィエル「大丈夫です。天地神明に誓ってなにも仕掛けていません!」

サターニャ「……ならいいんだけど」

ラフィエル「はい、あーんです」

サターニャ「は? いや、自分で食べられるからいいわよ」

ラフィエル「あら~、でしたらこちらのメロンパンを渡すことはできませんね」

サターニャ「なによそれ! 横暴じゃない!」

ラフィエル「私は一緒に食べると言っただけで、サターニャさんにあげるとは言っていませんよ?」

サターニャ「ムキィィィ!! わかったわよ! ほら、あーん!」

ラフィエル「♪」

サターニャ「……ん? これ中にメロン果汁入ってる!」

ラフィエル「うふふ、お気に召していただけましたか?」

サターニャ「これ、限定品じゃない。いいの?」

ラフィエル「私も食べるから問題ありませんよ♪」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:19:49.739 ID:sise1tDo0.net

ラフィエル「サターニャさん」ギィィィィィン!!

サターニャ「うわっ! 当たり前のように窓切り裂いて入ってきたコイツ!」

ラフィエル「一緒に映画でもどうでしょう」

サターニャ「嫌よ。私これから撮り溜めていた魔界通販見るんだもの」

ラフィエル「それ意味あるんですか」

サターニャ「着想とかは湧くわね」

ラフィエル「でしたら映画の方がサターニャさんの悪魔的頭脳を十二分に活かせると思うのですが」

サターニャ「なんですって?」

ラフィエル「映画というものは深いです。王道をなぞったありきたりなストーリーでも、監督によって表現が異なったり、メッセージ性が百八十度違ったりします」

サターニャ「ふむふむ」

ラフィエル「そういった刺激を受けたサターニャさんが繰り出す秘策の数々は、きっとガヴちゃんをコテンパンに打ちのめすことでしょう!」

サターニャ「素晴らしいわラフィエル! 流石私の一番弟子ね!」

ラフィエル「当たり前のことをしたまでです!」

サターニャ「なぁーっはっはっは!! 善は急げよ! ラフィエル、レコーダーを用意なさい!」

ラフィエル「らじゃーです!」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:20:00.082 ID:sise1tDo0.net

ラフィエル「サターニャさん」トントン

サターニャ「なによ」クルッ

ラフィエル「えいっ」プスッ

サターニャ「なっ!」

ラフィエル「どうやら天界では、背中を叩いて振り返った頬を指で突くという遊びが流行しているみたいですよ♪」

サターニャ「あ、あんた……! 弟子の分際で私をハメようだなんていい度胸じゃない」

ラフィエル「では私が後ろを向くので、サターニャさん、どうぞ」

サターニャ「ククク……潔いわねラフィエル! この私の悪魔的人差し指に恐懼するといいわ!」プスッ

ラフィエル「きゃー♪」

ラフィエル「じゃあ今度はサターニャさんの番ですね。後ろを向いてください!」

サターニャ「え!? これターン制なの!?」

ラフィエル「そうですよ? まさかサターニャさんともあろうお方が知らないはずありませんよね?」

サターニャ「え、えーと……知ってるわ! 知っているに決まっているじゃない! そうね! 次の私のターンでぎゃふんと言わせてやるわ!」

ラフィエル「えいっ」

サターニャ「へぶ」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:20:15.019 ID:sise1tDo0.net

ラフィエル「映画見ていたら遅くなっちゃいましたね~」

サターニャ「……」

ラフィエル「サターニャさん?」

サターニャ「……うぅ、ひっく。あんまりよ……大切な人を射殺して、邪悪な教信者たちだけが助かるなんて……。デヴィッドがあまりにも救われないわ……」グスグス

ラフィエル「あらあら」

サターニャ「ぐすっ、理不尽じゃないこんなの……うぅ。頑張った人が報われないなんておかしいわよ……」

ラフィエル(天使のようなことを言っていますね。かわいい……♡)

ラフィエル「サターニャさん」ギュゥ

サターニャ「ちょっ……」

ラフィエル「ご安心ください。サターニャさんはきっと大悪魔になれますよ。私が保証します」

サターニャ「え、いや……今その話をしているわけじゃ……」

ラフィエル「頑張っているサターニャさんが報われないのはおかしいじゃないですか」

サターニャ「……そ、そうね?」

ラフィエル「うふふ」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:20:25.313 ID:sise1tDo0.net

サターニャ「……で、なんで当たり前にように着替えやら歯ブラシやら持って来てんのよあんた」

ラフィエル「いけませんか?」

サターニャ「当たり前じゃない! 我がサタニキアキャッスルに天使の立ち入りは認めないわ!」

ラフィエル「そんな! どうしてもいけませんか!?」

サターニャ「いけませんわよ!! ほら、さっさとお帰り!」

ラフィエル「……うぅ、どうしても。どうしてもいけませんか……サターニャさぁん……」ウルウル

サターニャ「な、泣いても駄目よ! 帰って一人で寝なさい!」

ラフィエル「あ……」

ラフィエル(あ、あれ? おかしいですね。演技のつもりだったんですけど、なんだか本当に涙が出てきました……)

ラフィエル「……ヒグ、ぐす……サターニャさん……」

サターニャ「……」

サターニャ「ああもう仕方ないわね! 好きにすればいいじゃない!」

ラフィエル「!」パァァ

サターニャ「今晩は景気よくデリバリーでも頼むわよ! 好きなものを選びなさい!」

ラフィエル「……はい!」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:20:37.801 ID:sise1tDo0.net

ラフィエル「美味しいですねサターニャさん♪」

サターニャ「あんた立ち直り早いわね……」

ラフィエル「天使ですから♪」

サターニャ「ガヴリールといいあんたといい……天使ってこんなのしかいないのかしら」

ラフィエル「タプちゃんなんかは割と与しやすいのでは?」

サターニャ「ああ、あいつは既に我が掌中にあるわ。潰そうと思ったらいつでも潰せる存在よ!」

ラフィエル「ヴィーネさんが聞いたら怒りそうですね~」

サターニャ「ククク……ヴィネットも悪魔の端くれ。ガヴリールの懐に入り込み、その牙を抜く狡猾な奴よ……」

ラフィエル「なにも間違っていませんね」

サターニャ「そしてあんたは私の奴隷! もう天界は魔界が侵略したも同然ね!」

ラフィエル「あー、奴隷はちょっと……」

サターニャ「んなっ!? んじゃあなにがいいのよ!」

ラフィエル「……うーん」

ラフィエル「やっぱり奴隷でいいです♪」

サターニャ「え、考え直した方がいいんじゃない?」

ラフィエル「いざ乗られると素に戻るサターニャさんも好きですよ♪」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:20:48.782 ID:sise1tDo0.net

ラフィエル「サターニャさんの家の浴槽広いですね」

サターニャ「大悪魔の居城には、相応の浴場を求められるわ。いうなればお風呂場の広さが悪魔としての格を表しているようなもの!」

ラフィエル「さすがサターニャさんです!」

サターニャ「そしてそこに浴するあんたは、もう既に悪魔といっても過言ではないわ!」

ラフィエル「あー、それはちょっとー」

サターニャ「さっき乗ってくれたんだから同意してくれてもいいでしょうが!」

ラフィエル「そんなことよりサターニャさんのお肌、すっごく綺麗ですね。同じ女の子として憧れちゃいます」

サターニャ「……あんたに言われても嫌味にしか聞こえないんだけど」

ラフィエル「あら♪ それはお褒めいただいているんでしょうか?」

サターニャ「そ、そんなはずないじゃない! きたな! ラフィエルきたな!」

ラフィエル「……うふふー、普通に傷付きますねー」ズーン

サターニャ「あ、ごめん……本気じゃないから」

ラフィエル「えーい!」パシャッ

サターニャ「うきゃ!」

ラフィエル「お返しの水鉄砲をお見舞いします!」

サターニャ「や、やったわねこの!」パシャッ

ラフィエル「うわー♪」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:20:59.289 ID:sise1tDo0.net

ラフィエル「狭いですし暑いですね……」

サターニャ「あんたが私のベッドから出て行けば済む話じゃない……」

ラフィエル「いやはや、私としたことが寝袋だけ忘れてしまって……不思議ですね」

サターニャ「この確信犯!」

ラフィエル「それ誤用ですよ。ただしくは故意犯です」

サターニャ「この故意犯!」

ラフィエル「素直なサターニャさんかわいいです♪」

サターニャ「はぁ……もういいわよ。どうせ出ていく気なんてないんでしょ?」

ラフィエル「聡明なサターニャさんも素敵です♪」

サターニャ「……」

ラフィエル「……」

サターニャ「ねえ、ラフィエル」

ラフィエル「なんですか?」

サターニャ「どうしてあんた、こんなに私に構うわけ?」

ラフィエル「?」

サターニャ「あんたは学年の人気者で、私は暴走ばっかりの問題児じゃない」

ラフィエル「自覚あったんですか」

サターニャ「あるわよ」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:21:13.804 ID:sise1tDo0.net

サターニャ「……クラスで浮いてるガヴリールとヴィネットは別として、あんたは多くの友達がいるわけでしょ?」

ラフィエル「あら、私のお友達はガヴちゃんとヴィーネさん。そしてサターニャさんですよ?」

サターニャ「……そんな私と関わってたら、人、離れて行っちゃうわよ?」

ラフィエル「……見くびられたものですね。少しカチンと来ました」

サターニャ「なに、よ」

ラフィエル「いいですかサターニャさん。その程度で離れていく人たちなんかと、私は御付き合いする気は毛頭ありません」

ラフィエル「だってそんな人たちは、サターニャさんの本当の良い所を見ようとしていないんですから」

サターニャ「ラフィエル……」

ラフィエル「離れるのならご自由に、と言う感じですね。そんな退屈な人たちの一億人に群がられるより、サターニャさんお一人とお友達でいた方が何千倍も楽しいですよ?」

サターニャ「な、なによ。褒め殺しにしようったって、そうはいかないんだから」

ラフィエル「まぎれもない本心ですから♪」

サターニャ「……」

サターニャ「あんがと」

ラフィエル「はい♪」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:21:32.794 ID:sise1tDo0.net

サターニャ「……私、あんたと友達になれてよかったわ」

サターニャ「こ、この言葉は、大悪魔サタニキア様としてじゃなくて、あんたの友達のサターニャとしてのものだから」

サターニャ「か、感謝しなさいよね!」

ラフィエル「すー……すー……」ZZz

サターニャ「寝てやがった……」

ラフィエル「ふへ……サターニャさーん……」ムグムグ

サターニャ「……」

サターニャ「お休み、ラフィエル」クスッ

終われ


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/20(土) 02:30:26.015 ID:bRWeQqf80.net

平和で非常によい



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿