TOP > ディーふらぐ! > 船堀「わ、私は!ギチギチチャンピオンです…!!」ギチギチ

船堀「わ、私は!ギチギチチャンピオンです…!!」ギチギチ

2017/05/20 16:01 | ディーふらぐ! | コメント(0)
1: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:22:50.41 ID:DS6qqqdQ0

注意
・少しキャラ崩壊あり
・R-15?


2: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:24:03.05 ID:DS6qqqdQ0

中「見事だ船堀さん…キミの勝ちだ!!」b

子王「船堀さん…あなたがギチギチチャンピオンだ!」b


船堀「ギ、ギチギチ…?」ギチギチ

風間「怒ってる…?」

船堀「ギチ…」

ドクン ドクン

船堀(……?)

ドクン ドクン

船堀(な、何だろう…この感じ…)

ドクン ドクン

船堀(こ、鼓動が…)ギチギチ


3: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:27:23.64 ID:DS6qqqdQ0

~授業中~

ショーン「船堀サン、コノ問題ヲ解イテ下サイ」

船堀「……」ポ~

ショーン「船堀サン、大丈夫デスカ?」ポンッ

船堀「ひゃ!?ひゃい!!」

ショーン「フム…何カ調子ガ良ク無イ様デスネ。違ウ人二頼ミマショウ」

船堀「す、すいません」

ショーン「アナタガ真面目ナ生徒ナノハ、良ク解ッテイマス」

ショーン「コンナ日モアリマス。アマリ気落チセズ二」

船堀「は、はい」ペコッ

船堀「……」

船堀「……」ポ~

風間(船堀の奴、上の空だな。どうしたんだ)

風間(……さては昼間の件、気にしてるのか?)


4: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:28:46.19 ID:DS6qqqdQ0

~放課後~

船堀「……」

船堀「……」

船堀「な、何だろう…この気持ち…」

船堀「カバンのギチギチの感触が、頭にこびりついて、離れない…」

船堀「……」ウズウズ

船堀「……」チラッ

船堀「……」ジーッ

船堀「……はっ!わ、わわわ私なに自分の鞄を開けて!?」

船堀「鞄を…開けて…」

船堀「私…頭おかしくなっちゃったのかな…」

船堀「……」ウズウズ


5: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:29:29.52 ID:DS6qqqdQ0

船堀「……」ゴクリンコ

船堀「えい」

ガボンッ

船堀「……」ギチギチ

船堀「……」

船堀「……」ドキドキ

船堀「てい」ググッ

船堀「痛い…取れない…」ググッ

船堀「……」

船堀「……」ドキドキ

船堀「……」ゾクゾク

船堀「わ、私…変態さんになっちゃった…」ギチギチ


6: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:30:08.18 ID:DS6qqqdQ0

~数日後・早朝6時~

船堀「ふぅ…教室の掃除とお花の手入れは終りました」

船堀「つ、次は…お楽しみの…」ゾクゾク

ガボンッ

船堀「……」ギチギチ

船堀「……」

船堀「何だろう、飽きちゃったのかな」

船堀「初めて頭に鞄を入れた時の感動が…薄れてきたような…」

船堀「……」

船堀「何か…何か足りない様な」

船堀「料理で言う所の…スパイスが…刺激が」


7: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:30:45.73 ID:DS6qqqdQ0

~放課後~

ワーワーギャーギャー

船堀「……?3年生の教室から何か聞こえる」

船堀「何だろう」コツコツ

~~~~

高尾「わたし部外者なんだけど…なぜ私が勝負内容を決めるのよ!?」

風間「いい加減だれか縄を解いてくれ~~!!!」

長沼『おい聞こえないのか!誰か開けてくれ!!助けてくれー!!』ガタガタ

子王『この暗さ、狭さ…たまらない…!!』

中「……」ウズウズ

船堀「」

風間「あ、船堀!丁度良かった助けてくれ!!」

船堀「え、あ、はい!」ドキッ


8: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:31:38.64 ID:DS6qqqdQ0

風間「サンキュ…た、助かった…」

船堀「い、いえいえ…」ドキッ

千歳「良かったな、助けてもらって」

風間「お前ら助けに来たんならとっとと縄ほどけよ!!」

船堀「あと良く解りませんが、ロッカーも開けます」ガチャッ

長沼「た、助かった…ありがとう…」

子王「え、もう終わりですか?」ガックリ

船堀「え、え?」

風間「なんでガッカリしてんだよ…」

子王「ぼく、ゲーム不参加なら、もう少しココにいます」ガチャッ

風間「戻るのかよ!!見学しないのか!!お前何しにきた!!」

中「く!!堅次を見守らなければ成らぬ…しかし…しかしぃ!!」プルプル

船堀「えと…風間くん、この状況は一体どうしたんですか?」

風間「ああ…大した事はない。だが色々と危ないから早く帰れ」

船堀「あ、危ない!?」


9: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:32:09.03 ID:DS6qqqdQ0

~帰路~

船堀「何だったんだろう…前の生徒会の人もいたし…」

船堀「……」

船堀「さっき、子王君と長沼先輩がロッカーに入ってたけど」

船堀「子王君…ロッカー開けた時、凄く名残惜しそうだった」

船堀「それに河原君も一緒に入りたさそうだったし…」

船堀「……」

船堀「あ、あしたやってみようかな…」


10: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:32:38.95 ID:DS6qqqdQ0

~家~

船堀「おやすみなさい」

船堀「……」

船堀「……」ドキドキ

【数時間経過】

船堀「……楽しみで全然寝れない」ドキドキ

船堀「そ、そうだ!鞄を頭に詰めながら、寝れば違うかも…!」ムクリ

ガボンッ

船堀「よ、よし」ススッ

船堀「……」

船堀「……」

船堀「よ、余計眠れない…」


11: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:33:24.33 ID:DS6qqqdQ0

~早朝6時・教室~

船堀「あぅ…全然眠れませんでした…」

船堀「と、とりあえず掃除も終ったし…」

船堀「……っ!!」ゾクゾク

ガチャッ

船堀「掃除用具のロッカーの中…」ドキドキ

バタンッ

船堀「……」

船堀「う~ん何だろう…何かが欠けてる…」

船堀「そうだ…鞄を被りながらロッカーに篭れば」

ガボンッ

船堀「……」

船堀「さっきよりは、ずっと良いけど…」

船堀「やっぱり何かが足りない」

船堀「何が足りないんだろう…」


12: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:34:56.26 ID:DS6qqqdQ0

船堀「はぁ…私、すっかり変態さんになっちゃった…」

船堀「風間君が…私の今の姿を見たらどう思うんだろう…」

船堀「風間君…私の事…変態さんだと思うよねきっと…」

ドクン ドクン 

船堀「っ!!」ゾクゾク

船堀「いま…一瞬だけ、初めてギチギチ体験した時の感覚が…」

船堀「もう少し…もう少しで、何かが掴めそう」

船堀「私が求めていた真理が…答えが…」

船堀「……」

船堀「あぅ…昨日は全然寝てないから…眠気が…」コクッ

船堀「でも…こんな所で…」コクコク

船堀「……zzz」

キーンコーンカーンコーン…

船堀「スゥー…zzz」

船堀「風間君…えへへ…zzz///」タラッ

ポタポタ…ポタポタ…


13: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:35:34.72 ID:DS6qqqdQ0

~授業中~

教員「む、船堀はどうした」

クラスメイトA「欠席でーす」

教員「ほう、珍しいな。風邪をひいたのか」

クラスメイトB「それが学校に連絡が来てないと」

教員「なに、真面目なアイツから連絡が来てないだと?」

クラスメイトC「どうしたんだろうか。船堀さんがいないと寂しいぜ…」

ガヤガヤ

風間(確かに、船堀の奴どうしたんだ…)

風間(まさかこの間の件を気にして…いや、でもその後も学校は来てたし)

『すぅ~~…zzz』

教員「む?何か静かな寝息が聞こえるな」

教員「おい、もう授業は始まってるぞ。起きろ」

クラスメイトD「先生、みんな起きてますよ」

教員「ん?じゃあ、この寝息の音は一体…」

ズズズ…ガチャリッ

風間「ん?」チラッ


14: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:36:42.55 ID:DS6qqqdQ0

ドサッ

全員「!!!!?」

「っ!!痛…」

風間「ロッカーから鞄被った人が出てきた!!!」

「ふぇ…?」

風間「ん、あれはまさか…?」ダダッ

風間「くっ…取りづれぇぇ…!!!」ググッ

ガボッ

「あぅっ!!」

風間「船堀!!!お前どうしたんだ!!?」

船堀「か、風間くん…?え、何で私、風間君に抱えられて…///」ドキドキ

風間「お前…覚えてないのか!?」

ポタポタ…

船堀「あれ…何コレ…」ベチャッ

風間「…って!!お前、鼻血出てるぞ!?」


15: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:37:37.67 ID:DS6qqqdQ0

船堀「え…ふぇぇ!?///」ポタポタ

クラスメイトA「船堀さんが…鼻血を出しながら…」

クラスメイトB「顔を鞄に入れられたまま…」

クラスメイトC「掃除用具のロッカーに閉じ込められていただと!?」

教員「なんと惨い…!!!」

船堀「い、いや、こ、これは…」

風間「……」

風間(コイツには普段から良く世話になってる…)ググッ

風間「許さねぇ…」ピキピキ

船堀「え?」

風間「おい、船堀。お前…誰に虐められているんだ」

船堀「え?え?」


16: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 04:38:24.49 ID:DS6qqqdQ0

風間「誰か覚えてないのか?」

船堀「あの…その…」

風間「思い出したら俺に言え。お前をこんな風にした奴をぶっ飛ばしてやる…!!」

船堀「風間くん……///」キュンキュン

風間「許せねぇ…よくも船堀を…」ググッ

船堀(私の為にそこまで…///)キュンキュン

船堀(ハッ!でもこの状況作ったの私なんだけど…)

船堀(ど、どどどど、どうしよう!!!)

船堀(正直に言わないと…でも言えない、絶対言えない)

船堀(私…みんなに、風間君に、変態さんだってバレちゃう…)オドオド


25: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:08:32.43 ID:DS6qqqdQ0

~放課後・教室~

船堀「はぁぁ…誤解が解けないまま放課後になっちゃった…」ズーン

船堀「でも言えないよ…あんな事…」

船堀「……もう止めよう。ロッカーに入るのは」

船堀「でも…少しで私が求めてた答えが…」

船堀「もう一度入れば解るかも…」

中「話は聞かせてもらったぞ!船堀さん!!」

子王「そういう事だったんだね!船堀さん!!」

船堀「!?」


26: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:09:03.18 ID:DS6qqqdQ0

中「船堀さんが虐めに遭ってると聞き、俺は副生徒会長として調査を始めた」

中「そして俺は船堀さんの代わりに、黒幕からの暴行から体を張って守ろうと思っていたが…」ハァハァ

中「これは思わぬ事実が発覚した…!」

船堀「あぁ…ぁぁ」プルプル

船堀「ち、ちが…違うんです」

中「ふむ、何が違うんだい?」ニヤリ

船堀「だ、だから…こ、これは…」ガクガク

子王「大丈夫さ船堀さん!何も恐れることは無い!」

中「もう我々は同士じゃないか!」

船堀「ど、同士!?」


27: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:09:29.93 ID:DS6qqqdQ0

中「そうだ!船堀さんはギチギチ同好会の一員だ!」

子王「だから何も臆することは無いのさ!」

船堀「ギチギチ同好会…同士…」

子王「しかし驚いたよ船堀さん。まさか鞄を被ってロッカーの中に入るとは…」

中「なかなかハイレベルなプレイをしてくれるじゃないか!俺もやりたい!!」

船堀「は、はぁ…」

中「それで、感想は?」

船堀「は、はい!?」

子王「頭に鞄を入れてロッカーに閉じこもった感触は、いかがな物だったのかい?」


28: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:09:55.56 ID:DS6qqqdQ0

船堀「え、えーと…何というか、物足りない、です」

子王・中「も、物足りないだと!?」

船堀「はい…何か、刺激が足りないというか…」

中「し、刺激…!!」

船堀「……何故でしょうか、初めて風間君の鞄の中に入ったとき、凄く…ドキドキして、ゾクゾクしたのに」

船堀「自分の鞄に頭を入れても…何か物足りなくて…」

船堀「ロッカーに入っても…やっぱり物足りなくて…」

中「ふ、船堀さんは想像以上にギチギチレベルが高いようだな…!!」


29: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:11:01.21 ID:DS6qqqdQ0

子王「……僕にはわかるよ、船堀さんが何を求めているか」

中「な、何!?」

船堀「え…」

子王「まず、僕と河原君との違いだよ」

中「俺と子王の違い…?」

子王「まず河原君、君は今、恋をしていないね」

中「うむ、残念だが俺はまだそこまで青春を…」

子王「僕はしている。芦花さんに」

子王「さて、ここまで言えば解るんじゃないかな、船堀さん?」

船堀「……?」

子王「君は誰の鞄を被ってドキドキしたんだい?」

船堀「……!!!!」カァァ~

中「なるほどそういう事か。堅次め、隅に置けんな」


30: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:11:58.04 ID:DS6qqqdQ0

中「なら丁度良い。俺達がこの教室を訪れたのは単に、いじめ調査だけではない!」

船堀「??」

子王「あれを見たまえ!」

船堀「…?」チラッ

船堀「っ!!!!!」

船堀「か、風間くんの…鞄…」

中「何と無く、教室に行けば堅次の鞄を見つけられると思い、来てみたがビンゴだな」

子王「彼は不覚にも鞄を忘れてしまった…こんなチャンス滅多にない」

船堀「……」ゴクリンコ


31: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:12:46.62 ID:DS6qqqdQ0

中「さて今日は子王と話し合い、交換し合って被る予定だったが…」

子王「船堀さん、今回はキミが初めに堪能すると良い」

船堀「え…えええぇぇ!?」

船堀(か、風間くんの…鞄…///)ドキドキ

中「さあ」ススッ

船堀「きゃ!!」

子王「召し上がれ」

船堀「で、でも勝手にこんな…だ、ダメです!!」

子王「何を言っているんだ船堀さん!」

中「またとないチャンスだぞ!!」

船堀「またとない…チャンス…」ガクガク

船堀「あ…ぁぁ…」プルプル


32: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:13:14.27 ID:DS6qqqdQ0

船堀「か、風間くんの…鞄…」ススッ

ガボンッ

船堀「ハァハァ…」プルプル

船堀「スーハースーハー」ガクガク

船堀「あぅぅぅ…///」カァァ~

子王「どうだい?」

船堀「ギチギチしていて…それでいて、風間くんの匂いが充満していて…」ギチギチ

船堀「なんていうか…この世の真理が詰まっているというか…」ギチギチ

船堀「す、す、すすすす、すんばらしいです…///」ギチギチ

子王・中「す、すんばらしい!?」


33: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:13:57.19 ID:DS6qqqdQ0

船堀「は、はい!!ハァハァ…スーハースーハー///」プルプル

子王「おお…」

船堀「クンカクンカ…ハァハァ…///」ガクガク

船堀「き、きききききが、気が飛んじゃいそうです///」ヘヴン状態

中「く…お、俺も早く被りたい…!!」

子王「待ちたまえ、嘗てコレほど船堀さんが感情を露わにした事もあるまい」

子王「ここはもう少し堪能させてあげよう」

中「お、おう…」

船堀「あ…ぁぁ…ハァハァ…スーハー…///」ギチギチ


風間「お前ら…何やってんの?」

船堀「」


34: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:14:49.85 ID:DS6qqqdQ0

中「堅次!?思ったより気付くのが早かったな」

子王「く…だがここまで来て退かぬ訳にはいかない…」

風間「退けよ!!!」

風間「……いや、今はそれより」チラッ

船堀「」

風間「……見損なったぜ。中、子王」

風間「お前らは変人だが、イジメをするような連中じゃないって信じてたのによ」

中「待て堅次、お前何か勘違いしてないか?」

子王「僕達はイジメなどしてない!信じてくれ!」

風間「じゃあ何だよアレは。またロッカーに詰め込もうとしてたんじゃないのかよ」

中「違う!!俺たちはギチギチ同好会として活動してたまでだ!!」

風間「意味わかねぇーし!!!つーかそんな同好会いつ作った!!」

子王・中「いま」

風間「今かよ!!」


35: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:15:32.97 ID:DS6qqqdQ0

風間「いずれにせよ、船堀にあんな酷い仕打ちを仕掛けたのは、お前らだって事じゃねぇか…!」

中「勘違いをするな堅次。俺たちは鞄を入れることに強制などしていない」

子王「僕たちは勧めてだけさ」

風間「加担してるじゃねぇーか!!!」

風間「いや?でもまて、その経緯があれど、あの船堀が俺の鞄に頭を入れるハズがない」

中「ははは、堅次よ。人とは成長するものだ」

子王「そう日々変化するものさ」

風間「そんな成長と変化が合ってたまるか!!」

風間「まあいい、今は船堀を助けることが先決だ」

風間「大体、船堀がそんな事するはずもない…なあ?船堀」

船堀「……」


36: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:15:59.12 ID:DS6qqqdQ0

船堀「わ、私…」プルプル

風間「ああ、何も言うな船堀。話は後で聞く」

風間「いま助けてやる」

船堀「私…船堀じゃありません…」

風間「は?」

船堀「私は…」


船堀「わ、私は!ギチギチチャンピオンです…!!」ギチギチ

風間「」

子王・中「おおお!!!!」ガタッ


37: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:16:51.65 ID:DS6qqqdQ0

ギチギチチャンピオン「だ、だから…ひ、ひひ、人違いです」

風間「」

中「それ見ろ堅次!彼女は船堀さんではない!!」

子王「そうさ!彼女は船堀さんではない!だから問題は解決したのさ!!」

風間「何一つ解決してねぇーし!!つーかお前らさっきまでアレを船堀って言ってただろうが!!」

ギチギチチャンピオン「い、いえ…私はギッチギチなカバンを愛するギチギチチャンピオンです…」ギチギチ

風間「お前もいつまで下手な演技してんだ、ほら」

ガボッ

船堀「きゃ!痛っ…」

風間「全く言わんこっちゃない…」


38: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/16(日) 13:17:20.46 ID:DS6qqqdQ0

風間「それで?一体どうしたんだ」

船堀「……」ブルブル

風間「あのバカ二人は置いといて…一体誰に脅されてこんな事…」

船堀「あ、あの…えと…」ガクガク

船堀「~~~///」カァァ~

船堀「お、お願いが…」

風間「おう、やっと助けを求めて来たか。言ってみろ」

船堀「わ、私と…」

風間「?」


47: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:01:40.81 ID:gAZqqSH80

船堀「……」モジモジ

風間「なんだよ、言ってみろ」

船堀「あ、あの!こっちに来てください!!」スタスタ

風間「え?お、おう」スタスタ

船堀「……」ピタッ

風間「なんだよ掃除用具ロッカーの前に立って…」

風間「早くお前を酷い目に合わせた主犯を教えてくれ」

船堀「あ、あの!!」

ガチャッ

船堀「こ、ここここ、この中に入ってください!!」

風間「はぁ?」

船堀「お願いします!」

風間「いや船堀、俺は…」

船堀「お願いします風間くん!!!」

風間「わ、分かったよ!?」ビクッ

風間(なんだ船堀…いつになく押しが強いな…)


48: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:02:54.80 ID:gAZqqSH80

風間「こ、これで良いのか?」ススッ

船堀「……はい」

風間「良し、気が済んだなら答えてくれ。一体誰がお前を…」

船堀「……」

風間「船堀!」

船堀「私…もう我慢できません」

風間「え?」

ギュッ

風間「!?」

船堀「ハァハァ…///」ギュゥゥゥ


49: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:03:34.80 ID:gAZqqSH80

風間「ちょ、ちょちょちょ!!船堀!?何やってんの!!」

船掘「スーハースーハー///」ギュゥゥゥ

風間「おま!なに俺に抱きついて!?」

船堀「お願いします河原君、子王君!ロッカーのドアを締めてください!」チラッ

中「お、おう!!任せておけ!」ドキドキ

子王「フフフ、ごゆっくり!」

ガチャン!!

風間「テメェらも何言う通りにやってるんだよ!!」


50: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:04:18.78 ID:gAZqqSH80

船堀「ハァハァ…風間君の匂いが、私の脳髄まで駆けめぐります…///」スリスリ

船堀「クンカクンカ…あぁ…ぁぁ…スーハースーハー…///」ギュゥゥゥ

船堀「~~~~!!///」ギュゥゥゥ

風間「」ボーゼン

船堀「ギッチギチの空間で、風間君の匂いと温もりに包まれて…た、たまらんないです///」ギチギチ

風間「お、おおおい!!船堀!!どうしちまったんだよ一体!?///」

船堀「わ、わわわ、私、変態さんになっちゃいました…スーハースーハー///」ギュゥゥゥ

風間「しょ、正気か船堀!何かの間違いだろ!?め、目を覚ませ目を!!///」

船堀「あの…さっきから制服越しで、私のお腹に『熱くて硬い物』が当たっているのですが…///」ゴツゴツ

風間「」

船堀「う、嬉しいです///私なんかで欲情してくれて///」キュンキュン

ニギニギ

風間「ちょ、おま!?に、握るな!!///」


51: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:05:34.39 ID:gAZqqSH80

~ロッカー外~

中「おお……///け、堅次の奴…うらやまけしからんな…///」ドキドキ

子王「う、うん///……ん?」チラッ

高尾「」

子王「これはこれは高尾さんじゃありませんか!」

高尾「」

中「どうした、そんな恐い顔して」

高尾「ねぇ、どいて」テクテク

中「ま、待て。このロッカーの中には人が二人ほど入っている」

高尾「知ってる」

子王「ならば開けて邪魔をしては成らない!」

高尾「 ど い て (マジギレ覚醒モード)」

子王・中「」


52: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:06:20.00 ID:gAZqqSH80

ガチャッ

風間「!?」

高尾「……」

風間「た、高尾!すまん助かった…」

船堀「風間くん風間くん~~~///」スリスリ

高尾「……」プッツン

風間「あ、いや、違うんだ!!これは誤解だ!!なぜか船堀がいきなり…」

高尾「ズルい」

風間「へ?」

高尾「ギチギチなんて興味ない……でも私も混ぜなさいよ!!!」

ムギュゥゥゥ

風間「!!!?」

子王「それじゃ閉めるよ風間くん」

バタン

高尾「ハァハァ…///」ギュゥゥゥ

風間(っ!!?なんつー乳圧してやがる……!!!)

風間「つーか三人はきつ過ぎる!!!」


53: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:06:52.88 ID:gAZqqSH80

中「す、凄い状況になってきたぞ!3人でギチギチプレイとは…くそ!おれもやりたい!!」

子王「全くだ。しかも可愛い女の子と」

子王「そうだ!可愛い女の子といえば芦花さん!僕も芦花さんと……」

芦花「……」

子王「おお!!噂をすれば芦花さんじゃありませんか!!」

子王「さあ芦花さん!僕と違う教室のロッカーで一緒にギチギチプレイを…」

芦花「冗談は休み休み言ってください。アナタは袋プレイソロで充分です」ススッ

ガボッ

子王「OH!///」ドサッ

芦花「さて…副会長さん。もう分かってますね?」

中「……!!確かに柴崎さんなら小さいし可能性は…だがしかし!!」

芦花「お願いします。私もギッチギチしたいんです」ゴクリンコ

中「っ!!その心意気!!しかと受け止めた!!」


54: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:07:37.92 ID:gAZqqSH80

ガチャッ

風間「やっと助けが!?」

芦花「……」

風間「……えっと、助けてくれるよな?」

芦花「ええ勿論」

風間「ほっ…」

芦花「私も混ぜてください///」ギュゥゥ

風間「助けてねぇーし!!」

中「よ、四人も入ったらどうなるんだ…クソ!羨ましい!!」ハァハァ

中「いって来い堅次!!更なる高みを目指して…!!」

風間「そんな高みいらねぇよ!!!」

バタンッ


55: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:08:05.24 ID:gAZqqSH80

芦花「クンカクンカ…スーハースーハー…///」ギュゥゥゥ

芦花「風間さんハァハァ…ウヒャホウ!!///」スリスリ

高尾「風間~~///」ムギュゥゥゥ

船堀「エヘヘ…///ギッチギチ感が増して…それでいて風間君の温もりがより強く感じれて…すんばらしいです///」ギチギチ

風間「ちょ…おま…えら…く、ぐるじぃ…」ギチギチ


中「ふ、堅次よ……男として一皮向けたな……」


風間「お前は傍観してないで俺を助けろ!!」


56: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:08:37.94 ID:gAZqqSH80

~数日後~

風間「……なあ、今日もやるのかアレ」

芦花「当たり前です!///」

高尾「もうこれは大事な日課よ!///」

船堀「エヘヘ…///風間君…今日も沢山ギッチギチ楽しみましょうね~///」ペロペロ

風間「ぐああぁぁ!?く、首筋を舐めるな///」ビクッ

芦花「それじゃ誰が最初に、ギチギチするか…」

高尾「ジャンケンポン!!」

船堀「おや、全員あいこですね」

芦花「あいこ……っという事は!」

高尾「私達の間でのルール…全員あいこの場合、4人全員でのフルコース…」

風間「っ!?またアレやるのかよおお!!!」

中「準備は出来たぞ堅次!!」

風間「だからテメェもグルになってんじゃねーよ!!」


57: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:11:13.15 ID:gAZqqSH80

芦花「ほらほら行きますよ!芦花と一緒にロッカーの中に」グイグイ

風間「そのギャグつまらねぇよ!!」

風間(くっ…!!こいつ見かけによらず力強いんだよな!!)

芦花「風間さん///」ギュゥゥゥ

高尾「風間~~///」ムギュゥゥゥ

中「それじゃ閉めるぞ!」

ガチャン

船堀「今日は30分ギチギチプレイしましょ///」ギチギチ

風間「ぐぐ、ぐるじ…さ…30分…しゃ、洒落になんね…」ギチギチ

船堀「えへへ///ずっとずっと…一緒にギチギチしましょう///」ギチギチ


大沢「ま、許容範囲だな。ギチギチプレイ」

風間「アンタいるなら止めろ教師!!」


終わり


58: ◆YOQhKJFZPE 2014/03/17(月) 04:14:09.30 ID:gAZqqSH80

以上です
読んでくれてありがとう

ギチギチの回は凄く好きで見まくってたら、ムラムラしてついこんなSSを作ってしまった…

次回作はR-18物か、それとも普通のギャグ物かクロス物か…考え中
ではでは


59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 04:15:44.02 ID:4wLr4za5o

すんばらしいスレだった乙


63: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/17(月) 06:27:14.91 ID:x/Asps+To

正直たまりません



関連記事

おすすめ記事

コメントの投稿