TOP > ラブライブ! > 真姫「ねえ、凛。……ちょっとこっちに来ない?」

真姫「ねえ、凛。……ちょっとこっちに来ない?」

2017/05/20 14:07 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 13:47:48.89 ID:4JlagroW0

ある日の午後。

珍しく凛と二人きりの部室で、暇を持て余した私はあることを思いつく。


凛「いいよー。ちょっと待つにゃ」


そう言って、凛はとてとてとこちらに近寄ってくる。

本人は自覚が無いようだが、時折見せるこうした仕草はとても可愛らしい。

思わず抱きしめたくなるほどに。……そう、思わずだ。

だからこれから私のすることは、私の意志とは少し異なる。

あくまで「思わずそうしたくなっただけ」――と、頭の中で誰にしているのかもわからない言い訳をした。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 13:49:49.41 ID:4JlagroW0

真姫「ごめん、もうちょっとこっちに来てくれる?」


そう言って私は凛を近くに手招く。もうちょっと、もうちょっとだけ――えいっ。


凛「ちょ……ちょっと、真姫ちゃん!?///」

真姫「フフ……何かしら」


私は、手の届く距離までやってきた凛の頭を優しく抱き寄せ、髪を撫でる。

恥ずかしがって抵抗されるかと思ったが、凛は大人しく撫でられるままにしてくれた。


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 13:50:47.81 ID:4JlagroW0

そうして髪を撫で続けていると、凛が顔を上げる。

凛は照れたような、困ったような顔で私の顔を見つめた。

どうすればいいかいまいちわかっていないような、少し不安そうな顔。

それがまた愛おしくて……また、髪を撫でた。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 13:51:33.08 ID:4JlagroW0

緩やかな時間が流れる。


部室は窓から入る日の光と凛の温もりが相まって温かく、思わずうとうとしてしまいそうになる。

廊下に聞こえる足音。時計が針を刻む音。部活動に精を出す人たちの声。

それらが遠い喧騒に聞こえ、意識がぼやける。

ただ、ぼやけた意識の中で一つだけ「幸せだなぁ」という想いだけははっきりしていた。


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 13:52:06.41 ID:4JlagroW0

ふと腕の中を見ると、凛もうつらうつらしていた。

寝ている間にバランスを崩さないよう、私は腰の方に腕を移動する。

凛が寝惚け眼のまま、優しく私を抱きしめ返した。


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/20(土) 13:52:44.31 ID:4JlagroW0

「このまま下校時間までこうしていたい」って言ったら……凛はどう思うだろうか。

凛も私と同じ気持ちだったらいいのに……。

なんて、贅沢かしらね。



終わり



『ラブライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿