TOP > アイドルマスター > 亜美「年上を少し敬ってみる」

亜美「年上を少し敬ってみる」

1: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:13:08.96 ID:fAIpk2FJ0

亜美「りっさん」

律子「は?」

亜美「ピヨさん」

小鳥「え?」


2: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:14:40.64 ID:fAIpk2FJ0

亜美「……」

律子「……」

小鳥「……」

亜美「あれ? もっと喜んでもらえると思ったのに」

律子「いや、いきなりなんなの?」

亜美「年上のみんなを少し敬ってみようかなって」

律子「その心がけはいいんだけど……」

小鳥「方向性がちょっとね」

亜美「ん~……でも今日は敬老の日っしょ?」

小鳥「」

律子「……」


3: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:16:41.22 ID:fAIpk2FJ0

律子「あのね、亜美」

亜美「なに、りっさん?」

律子「りっ……まあいいわ」

律子「たしかに年長者を敬おうっていう日ではあるけど、それはもっと年配のね……」

小鳥「そ、そうよ。相手がお年寄りじゃないと失礼になるから、気をつけてね?」

亜美「え~……でも」

小鳥「うん?」

亜美「ピヨさん、亜美の倍以上生きてるっしょ?」

小鳥「」

亜美「どったの、ピヨさん?」

律子「いや、だからね……」

亜美「変なの。……あ! ひびきんたち発見!」

律子「ちょっ、待ちなさい!」

亜美「じゃーねー」

律子「こら亜美! ……まったく」

小鳥「」

律子「……」

小鳥「」

律子「小鳥さん、仕事してください」

小鳥「」シクシク


4: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:18:33.93 ID:fAIpk2FJ0

── 美希・響・貴音 ──


亜美「お姫さん」

貴音「はい?」

美希「?」

響「お、お姫さん?」

亜美「うん、お姫さん」

貴音「なんとも面妖な……」

亜美「ミキミキは……三木さんでいいや」

美希「誰それ?」

響「なに言ってるの、亜美?」

亜美「年上を少し敬おう祭だよー」

美希「ウヤマオウ?」

貴音「祭ですか、なるほど」

響「なんで納得できるのさ……」


5: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:20:21.53 ID:fAIpk2FJ0

亜美「もー、ひびきんノリ悪いよー」

響「ん? 自分はそのままなのか?」

亜美「え? ひびきん?」

響「うん。年上を敬うんじゃないの?」

亜美「えっ」

響「えっ」

亜美「……」

響「……」

亜美「だって、ひびきんは妹みたいなもんじゃん?」

響「13歳に妹扱いされたくないぞ!」

美希「響はちっちゃいもんね~」ナデナデ

響「ちっちゃくても年上だってば!」

美希「あはっ、背伸びしちゃってカワイイの♪」ナデナデ

響「してないよ! ていうか、なでるなー!」

貴音「響が妹などと……」

響「う、うん。言ってやってよ貴音」

貴音「その手がありましたか……!」

響「なにがだー!」


6: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:23:51.22 ID:fAIpk2FJ0

響「うぅ……美希だってさん付けなのに、なんで自分だけ……」

美希「ミキはあんまりうれしくないかな~」

亜美「えー? なんでさ三木さん?」

美希「だから、誰それ?」

亜美「三木さんは三木さんだよー」

美希「ミキはミキなの」

亜美「……」

美希「……」

響「話が噛み合ってるのか噛み合ってないのかわからないぞ……」

貴音「大切なのは、心が通い合うこと。呼称などは些細な問題です」

響「うん、良いこと言ってるみたいだけど、たぶんそういうことじゃないから」

貴音「なんと」

亜美「三木さん!」

美希「ミキ!」

響「もう帰りたいさー……」


7: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:27:19.52 ID:fAIpk2FJ0

── 春香・千早 ──


亜美「千早お姉ちゃんは……」

千早「え?」

春香「亜美?」

亜美「ちーちゃん……ちーさん?」

千早「……」

春香「ちーさん?」

亜美「年上を少しだけ敬ってんの」

千早「そ、そう」

春香「それだったら、千早さんでいいんじゃない?」

亜美「もー、わかってないなぁ」

春香「な、なにが?」

亜美「少しだけ敬うのがコンセプトなんだよ? 普通に敬ってどうすんのさ」

春香「そんなこと言われても……普通に敬っちゃダメなの?」

亜美「年上だからって、無条件で敬ってもらえると思ったら大間違いだよ!」

春香「えぇ!? なんで私が怒られてるの!?」

千早「亜美の言うとおりだわ」

はるあみ「「えっ!?」」

千早「年上として、敬われるにふさわしい人間になれってことよね」

亜美「う、うん! そんな感じ!」

春香「……」


8: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:30:52.09 ID:fAIpk2FJ0

春香「だ、だったら私は?」

亜美「え?」

春香「少しだけ敬うんでしょ?」

亜美「はるるんか~」

春香「うん」

亜美「リボンちゃんでいいや」

春香「よくないよ!」

亜美「えー」

千早「……」プルプル

春香「すごく投げやりだし、少しも敬ってないよ!?」

亜美「じゃあダブルリボンちゃん」

春香「増えても嬉しくないから!」

千早「だ、ダブルリボンちゃん…………ぷふっ、くく……」プルプル

春香「千早ちゃん……」

亜美「冗談だよ~。はるるんなら閣下だよね、閣下!」

春香「そ、それはそれでちょっと……」

亜美「ダブルリボン閣下!」

春香「ダブルリボンはもういいよ!」


9: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:33:58.99 ID:fAIpk2FJ0

── やよい・伊織・あずさ ──


亜美「やよいっちはね~……」

あずさ「あら?」

やよいお「「亜美?」」

亜美「ヤヨイッチハヤヨイッチダヨネー」

伊織「な、なに急に棒読みで……」

亜美「あれ?」

やよい「どうしたの、亜美?」

亜美「なんか、いま勝手に……」

やよい「勝手に?」

亜美「ヤヨイッチハ聖域ダカラチカタナイネ」

あずさ「ソウヨネー」

やよい「え? え?」

伊織「あずさまで、なに受信してるのよ!」

あずさ「あ、あら?」

亜美「亜美、今なにかしゃべってた?」

やよい「う、うん……大丈夫? 熱とかない?」

亜美「なんもないよ?」

やよいお「「……」」


10: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:37:39.83 ID:fAIpk2FJ0

亜美「いおりんは……ん~難しいな」

伊織「さっきからなんなの?」

亜美「あっ!」

伊織「え?」

亜美「デコさん!」

伊織「誰がデコさんだ!」

やよい「あはは……」

あずさ「あら、意外と可愛いと思うわ」

伊織「どこがよ!」

亜美「ですよねー、三浦さん」

あずさ「え?」

伊織「え?」

やよい「え?」

亜美「どうしました、三浦さん?」

あずさ「!?」

伊織「!?」

やよい「!?」


11: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:41:03.14 ID:fAIpk2FJ0

伊織「あ、アンタ……本格的におかしくなったんじゃないの?」

亜美「むぅ! デコさんは失礼だなー」

伊織「デコさんじゃないっての!」

やよい「い、伊織ちゃん落ち着いて?」

伊織「ぐっ……!」

やよい「亜美も、ほんとにどうしちゃったの?」

亜美「ナンデモナイヨー、ヤヨイッチ」

やよい「……」

亜美「あれ? またなんか……」

あずさ「亜美ちゃん?」

亜美「はい? なんですか三浦さん?」

あずさ「ふ~ん……」

亜美「……」

あずさ「ちょっと……おいたが過ぎるんじゃないかしら?」ニコッ

亜美「ひっ!?」ビクッ

やよいお「「!?」」ビクッ

あずさ「うふふ……」ニコニコ

亜美「ご、ごめんなさい、みう……あずさお姉ちゃん!」

あずさ「あら、気にしてないわよ。ふふっ」

亜美「わ、わかってるよー。えへへ……」

やよいお「「……」」


12: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:44:14.87 ID:fAIpk2FJ0

── 真・雪歩 ──


亜美「ゆきぴょんはね~……オギノさん?」

雪歩「オギワラですらないの!?」

亜美「え? だめ?」

雪歩「う、うん。オギワラも困るけど……」

亜美「じゃあ、組長で!」

雪歩「」

亜美「あれ? 組長~?」

真「あはは……さすがにそれは」

雪歩「ちょ、ちょっと待って。それは誤解だから」

亜美「まこちんは隊長で決まりだね!」

真「隊長?」

亜美「隊長! かっこいいっしょ!」

真「ボクはかっこいいより、可愛い感じのほうが……」

亜美「えー」

雪歩「ね、聞いて亜美ちゃん?」

まこあみ「「組長は黙ってて!」」

雪歩「」


13: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:47:56.36 ID:fAIpk2FJ0

亜美「しょうがないなぁ。じゃあ、たいちょーで」

真「へ? そのままじゃ……」

亜美「ひらがなでたいちょー」

真「わかんないよ!」

雪歩「……」ユラ~

真「ん?」

亜美「組長?」

雪歩「こんなヤ○○の娘の私は、穴掘って埋まってますぅ……」ガッガッ

亜美「ちょっ……」

真「ゆ、雪歩?」

雪歩「ふ、ふふ……私だってほんとはわかってた……」ガッガッ

雪歩「でもね、気づかないフリをするしかないよね……?」ガッガッ

雪歩「自分の家がヤ○○の○長なんて……」ガッガッ

亜美「……」

真「……」

雪歩「都合の悪い事実は、全部埋めちゃおっかなぁ……」ガッガッ

雪歩「うふ、うふふ……」ガッガッ

亜美「……」

真「……」

雪歩「……」ガッガッ

亜美「助けて、隊長……」

真「ごめん、無理っぽい……」


14: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:53:43.54 ID:fAIpk2FJ0

── 真美・P ──


P「ただいま戻りました~」

真美「たっだいま~」

亜美「おかえり~、真美姉」

真美「おおう!?」

P「!?」

亜美「なになに? どったの真美姉?」

真美「え? いや……え?」

P「ああ、そういえば亜美が変なことやってるって、律子が言ってたな」

亜美「変じゃないよー! 年上を少しだけ敬ってるんだってばー!」

真美「双子なのに?」

亜美「真美はお姉ちゃんじゃん?」

真美「え、うん」

亜美「真美姉♪」

真美「な……なぁに、亜美ちゃん?」

亜美「……」

真美「……」

P「……」

亜美「げぇ~……」

真美「うぇ~……」

P「お前たち、アイドルなんだからな……」


15: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:56:58.67 ID:fAIpk2FJ0

真美「兄ちゃんはどうすんの?」

亜美「兄ちゃんか~」

P「いや、俺は……」

真美「お兄さん?」

亜美「兄者?」

真美「……」

亜美「……」

P「……」

あみまみ「「ぷっ」」

あみまみ「「あははははは!」」

P「おい」

亜美「お兄さんって……んはっ! ないない!」

真美「亜美こそ、兄者って……くふっ! 世紀末か!」

あみまみ「「あははははは!」」

P「お前ら、失礼にも程があるぞ……」


16: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 00:58:44.70 ID:fAIpk2FJ0

亜美「へへっ、ごめんね」

真美「やっぱさ」

P「ん?」


あみまみ「「兄ちゃんは兄ちゃんだよね!」」



おわり


18: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/16(月) 01:02:38.78 ID:fAIpk2FJ0

小ネタを思いつくままに書いてみました
前に書いた亜美メインのと同じグループ分けになってるけど、気にしない気にしない

我那覇くんの誕生日の前に、もうひとつぐらいは書けるかな

では


20: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/16(月) 11:47:23.39 ID:guT+Bn6Co

おつー



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿