TOP > アイドルマスター > 小鳥「Case:01 天海春香」

小鳥「Case:01 天海春香」

1: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:05:01.64 ID:vd3h43+K0

こんにちは、天海春香です!

17歳、高校2年生。アイドルをやってます!


最近はお仕事をたくさんもらえるようになって、毎日学校とアイドルで大忙しです。

少しだけ大変だけど、自分で決めたことだから。


応援してくれるファンのみんなも……

これからファンになってくれるかもしれない、もっともっとたくさんの人たちも。

み~んな笑顔にするのが私の夢です!


今日もお仕事頑張ります!


ガチャ

春香「おはようございます!」


2: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:07:09.86 ID:vd3h43+K0

── 765プロ事務所 ──


ズルッ

春香「ぉわっ……とっととと……!」

P「おっと」

ガシッ

春香「ふわっ!?」

P「大丈夫か?」

春香「プロデューサーさん……」

春香「あ、ありがとうございます! おかげで転ばずに済みました」

P「間に合ってよかったよ」

春香「はい!」

P「……」

春香「……///」

P「そろそろ離れてもらえるか?」

バッ

春香「わ、私ったら、ごめんなさい!」

P「いや、怪我だけは気をつけてくれよ」

春香「はい、気をつけます」


この人は、私のプロデューサーさん……。

あ! 私のって、別にそういう意味じゃないですよ!?


3: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:09:49.43 ID:vd3h43+K0

歌もダンスもまるでダメだった私を、アイドルとしてここまで育ててくれた人。

誠実で、とても優秀なアイドルプロデューサーです。


上手く言葉にはできないけど……。

信頼とか尊敬とか、彼に対する想いはたぶんそういうものだと思う。

うん、それ以上の気持ちなんて……。


P「今日は忙しいから、覚悟しておいてくれよ?」

春香「覚悟ですか?」ゴクッ

P「まず、朝からプロモーションの撮影。終わったらすぐに雑誌のインタビュー」

P「午後はテレビ局で生放送のスポット出演と、歌番組の収録だ」

春香「うわっ、ほんとに忙しいですね」

P「それだけアイドル天海春香に勢いがあるってことだ。頼むぞ」

春香「はい、任せてください!」

P「良い返事だ。今日は一日俺も一緒だから」

春香「は、はい」


プロデューサーさんと一緒かぁ。

一日一緒にいられるなんて、いつ以来だろ?

えへへ、嬉しいな♪


4: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:11:23.94 ID:vd3h43+K0

── プロモーション撮影終了後 ──


春香「ど、どうでしたか?」

P「ぶっちゃけていいか?」

春香「は、はい……」ゴクッ

P「今度こそシングル1位を狙える」

春香「ほんとですか!?」

P「ああ、今までで最高の出来だ」

春香「ありがとうございます!」

P「喜ぶのは1位を獲ってからだけどな」

春香「もちろんです! 発売まであと1ヶ月、もっと頑張らないと!」

P「ははっ、頼もしいな」

春香「それで、あの……」

P「ん?」

春香「もし1位になれたら……」

P「なれたら?」

春香「……」

P「……」

春香「や、やっぱりなんでもないです!」

P「そうか」

春香「はい……」

P「……春香は頑張ってるからな」

春香「え?」

P「俺のできることなら、なんでもしてやるさ」

春香「あ……ありがとうございます///」


5: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:13:41.40 ID:vd3h43+K0

── 雑誌インタビュー ──


記者「今回のシングルの手応えは?」

春香「今までになく感じています」

春香「ファンの皆さんや事務所の仲間、たくさんの人たちに支えられて、やっとここまで来て……」

春香「ほんの少しだけど、恩返しができるかなって……思います」

記者「なるほど。天海さんの代表作になりそう?」

春香「そうなってくれれば嬉しいです」

記者「では最後に。天海さんにとってアイドルとは?」

春香「こうありたいという理想はあります。けど……」

春香「今はまだ、とても遠いところにあって言葉にできません」

春香「それはきっと……自分の夢を叶えることと同じ場所にあると思っています」

春香「だから、これからも応援よろしくお願いします!」

記者「ありがとうございました」

春香「ありがとうございました! またよろしくお願いします!」ペコッ


6: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:17:48.61 ID:vd3h43+K0

うぅ……インタビューはいつまで経っても緊張するなぁ。

ちゃんとできたかな? 自分じゃ頑張ったと思うけど……。


P「文句なしだ。安心して見ていられたよ」

春香「そうですか? あはは……」

P「春香はよくやってるよ」

春香「そ、それほどでも……」

P「いやいや、最初の頃なんてそれはもう……」

春香「わー! そんなこと思い出させないでください!」

P「ははは、昔の話だろ?」

春香「昔なんていうほど前じゃないですよ、もう……」

P「それだけ成長してるってことだ。自信を持っていい」

春香「あ……はい!」


えへへ……よしっ!


7: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:19:40.10 ID:vd3h43+K0

── 生放送出演後 楽屋 ──


コンコン

P「いま大丈夫か?」

春香「は~い、どうぞ!」

ガチャ

P「悪いな、すぐに次の収録だ。30分も休めない」

春香「へっちゃらですよ。体力だけは自信がありますから」

P「そう言ってもらえると助かるよ」

春香「私より、プロデューサーさんが倒れるんじゃないか心配ですよ」

P「高校生から見たら、俺なんかおっさんか。ははっ」

春香「えぇっ!? そんな意味で言ったんじゃなくて!」

P「わかってるよ。心配してくれてありがとな」

春香「いえ……」


世間一般で言ったら、小さいとは言えない年齢差はある。

プロデューサーさんは社会人で大人、私は高校生。

たぶん、子供……。


8: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:21:07.06 ID:vd3h43+K0

春香「プロデューサーさんは……」

P「ん?」

春香「やっぱりその……あずささんみたいな大人の女性のほうが……」

P「なんだ唐突に?」

春香「あ、あはは! なに言ってるんでしょうね、私」

P「あずささんか……俺から見てもたしかに理想的な女性だな」

春香「えっ、あ……ですよね、やっぱり」

P「でも……」

春香「?」

P「うちで一番可愛いと思うのは春香だな」

春香「ヴぁい!?」

P「みんなには内緒な?」

春香「は……はは、はい///」


9: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:22:42.12 ID:vd3h43+K0

コンコン

スタッフ「天海さーん! そろそろスタンバイお願いしまーす!」

春香「あ……」

P「ん、もう時間だな」

春香「……はーい! 今いきまーす!」


やだ……今どこにも行きたくないなんて思っちゃった……。

いけないいけない、大切なお仕事なのに。

気持ちを切り替えないと!


春香「いってきます!」

P「おう、頼むぞ!」


プロデューサーさんの声に背中を押されても……やっぱりダメだ。

どうしちゃったんだろ、私……。


10: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:24:50.65 ID:vd3h43+K0

── 歌番組収録中 ──


春香「~~♪」


ステージに立てば、私はアイドルになれる。

さっきのはちょっとした気の迷い……。

ステージの上なら、どんな雑音も心に届かない。


春香「~♪」


大丈夫、いつも以上に声は出てる。

体もいつもより動く。


春香「~~~♪」


私の声を、もっとたくさんの人に届けたい。

みんな笑顔になってもらいたい。

もっと、みんなの笑顔が見たい。


春香「~♪」


なのに、どうして?

観客席にはいっぱいファンがいるのに……みんなの顔が見えない?


今日は忙しかったから、疲れてるのかな……。

うん、きっとそうだよね。


11: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:26:51.85 ID:vd3h43+K0

── 収録後 通用口 ──


P「今日はほんとにお疲れさま」

春香「あはは……さすがに疲れました」

P「今日頑張ったことが、必ず結果につながるさ」

春香「そうですよね!」

ヒュ~…

春香「うぁ! 風が冷たい!」

P「この時間だと、もうずいぶん涼しいな」

春香「すっかり秋ですね~」

P「中で待っててくれ。こっちまで車を回してくるよ」

春香「一緒に歩きます。そんな寂しいこと言わないでください」

P「春香の体調管理のほうが大切だ」

春香「ご心配なく! 元気と丈夫が取り柄ですから!」

P「……」

春香「……」

P「わかったよ、一緒に行こう」

春香「はい!」

P「おっと、事務所に報告しないとな。ちょっといいか?」

春香「あ、どうぞどうぞ」


12: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:28:45.11 ID:vd3h43+K0

P「もしもし、律子か? …………うん、いま局を出るところだ」

P「少し遅くなるから、先に帰ってていいぞ」

春香「?」

P「おう、お疲れさま」

ピッ

春香「遅くなるって、どこか寄るんですか?」

P「ああ、一緒に飯でも食いに行こう」

春香「え? お夕飯ですか?」

P「時間もちょうどいいしな。春香さえよければ」

春香「え……あ……」

P「どうだ?」

春香「私でよかったら……///」

P「じゃあ、早速行こうか」

春香「はい……///」


13: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:30:53.71 ID:vd3h43+K0

やっぱり、私……。

うん、わかってた。自分の気持ちだから。


私は……プロデューサーさんが好き。

これ以上、自分をごまかせない。


春香「……///」

P「寒くないか?」

春香「だ、大丈夫です! むしろ暑いぐらいです!」

P「お、おう?」

ガサッ

P「ん?」

春香「どうしました?」

P「なにか物音が……いや、気のせいかな」

春香「? それより、早く行きましょう!」

P「やけに張り切ってるな」

春香「そうですか~?」


だって、プロデューサーさんと二人っきりでお食事ですよ。

えへへ、嬉しいに決まってます!


14: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:32:46.26 ID:vd3h43+K0

お夕飯……というか、ディナーといったほうがいいのかな?

すごくお洒落なお店で、地中海のほうの料理ってことだったけど……あはは、よくわからないです。

あ、もちろんお料理は美味しかったですよ!

ずっとドキドキしっぱなしだったけど……。


── 社用車 車内 ──


今はお店を出て、駅に向かう車の中。

二人とも、いつもより言葉少な。


春香「あの……ごちそうさまでした」

P「どういたしまして」

春香「素敵なお店でしたね」

P「いざってときのために調べておいたのが役に立ったよ」

春香「いざってときって……あはは、相手が私じゃ」

P「いや、春香と一緒に行けてよかったよ」

春香「わたっ……私と一緒で、ですか?」

P「ああ、ありがとな」

春香「い、いえ! こちらこそ……///」


気づいてませんよね? 私の気持ち……。

気づいていたら、きっと受け入れてくれない……。

私がアイドルで、あなたはプロデューサーだから……。


15: 以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 00:34:32.10 ID:vd3h43+K0

P「お、あの駅だな」

春香「え……あ、はい」


もう駅前……着いちゃった。

もっと一緒にいたいなんて……言っちゃダメだよね。


春香「送ってもらってありがとうございました」

P「いや、お安い御用だよ」

春香「あの、それじゃ……」

P「うん……」


好きなんて……言っちゃいけない。

気づかれてもいけない。

いつもみたいに、笑顔でお疲れさまでしたって……。


春香「……」ポロポロ

P「春香?」

春香「あれ? やだ……どうしちゃったんだろ、私……」ポロポロ

P「……」

春香「なんで……ひぐっ、泣いて……」ポロポロ


なんで泣くのよ、私のバカ……。

車から出るまでぐらい、我慢できたはずなのに……。


16: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:36:32.04 ID:vd3h43+K0

P「春香」

春香「え……?」

グイッ

春香「あ……」


私、プロデューサーさんに抱きしめられてる……。

嘘みたい……こんなの……。


春香「プロデューサーさん……?」

P「待っていてくれるか?」

春香「え?」

P「今はまだ……これ以上は言えない」

春香「……」

P「でも、待っていて欲しい」


なにを?

ううん、言葉なんかなくても……伝わってくる。

私も同じ気持ちだから。


17: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:37:45.46 ID:vd3h43+K0

春香「うん……!」

P「……」

春香「待ってます!」

P「ああ」

春香「えへへ……でも、あんまり待たせちゃイヤですよ?」

P「わかってる」

春香「約束です」

P「ああ、約束だ」

春香「あと……もう少しだけこのままで……」

P「そうだな……」

ギュッ


言葉にするのはそのときまでお預けだけど。

大好きです……。


18: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:40:14.09 ID:vd3h43+K0

── 数日後 ──


叶わないことだと、ずっと思ってたのに……。

プロデューサーさんと私、同じ想いで繋がってる。

たぶんだけどね、へへっ。


今日のお仕事は午後からだけど、少し早く出てきちゃった。

あれから……お仕事も学校も、毎日がすごく楽しい♪


春香「♪」


シングルが1位になったら、なにをお願いしようかな?

ちょっとだけわがままを言っても、いいですよね?


── 765プロ事務所 ──


ガチャ

春香「おはようございます♪」

真美「あ、はるるん……」

春香「真美? どうしたの?」

真美「う、うん……」


真美だけじゃない。律子さんも千早ちゃんも……他のみんなも様子がおかしい。

なにこれ? 私の知ってる事務所じゃないみたい。

それに……プロデューサーさんはどこ?


19: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:41:57.38 ID:vd3h43+K0

春香「あの……プロデューサーさんは?」

律子「プロデューサー殿は……あの人はもうここには来ないわ」

春香「え?」

高木「残念だが辞表を出してもらった。彼はもうプロデューサーじゃないよ」


なに言ってるんですか、社長?

あ、わかった! ドッキリですよね、これ。

プロデューサーさん、どこに隠れてるんですか?


律子「春香……あなたにも関わりのあることよ」

春香「私に?」


もう、律子さんまでそんな深刻そうなフリして。

わ、私は騙されませんよ?


律子「これを見て。今日発売された週刊誌よ」

春香「これって……」

律子「ええ、うちも散々お世話になってる、くだらないゴシップ誌」

春香「なんでこんなもの……」

律子「このページよ」


20: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:44:05.93 ID:vd3h43+K0

私の写真と……名前?

『天海春香、担当プロデューサーとの熱愛発覚!!』

……え?


これ、あの日の……。

テレビ局を出たところと、二人で食事中の……。

それから、車の中で私とプロデューサーさんが抱き合ってる……写真。


律子「やられたわ……!」ギリッ

春香「ま……待ってください!」

高木「ん?」

春香「この写真は……事実だけど、私たちはなにも!」

高木「もちろん彼からも事情は聞いたよ。おそらく嘘は言っていないだろう」

春香「そうです! プロデューサーさんは、そんな……」

高木「だとしてもだ。これを撮られたら、こちらの負けだよ」

律子「あの人がアイドルプロデューサーを続けるのは……もう無理よ」

春香「そんな……」

高木「辛いだろうが、彼自身が決めたことだ」

律子「最後に、春香のことをよろしく頼むって……私に……」


21: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:46:06.48 ID:vd3h43+K0

春香「私の、こと……」

美希「ふざけないで!」

春香「!?」

美希「春香を頼むってなに!? 春香のせいでハニーはいなくなったんだよ!?」

春香「美希……」

美希「ミキにハニーを返してよ! ねえ!」

春香「そんなこと、私に……」

美希「春香がハニーをたぶらかしたんでしょ!?」

春香「ちがっ……!」

美希「そんなことするなら、春香がアイドルをやめちゃえばよかったのに!」

春香「!」

律子「やめなさい、美希!」

美希「……っ!」

タタタッ…

真「美希! くそっ……!」

タタタッ…

春香「美希……真……」

高木「運が悪かったとしか言えない。だが……」

律子「アイドルを続けるなら、受け入れるしかないわ……春香」

春香「……」


22: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:47:36.24 ID:vd3h43+K0

高木「来月の予定だった新譜も……残念だが発売を見合わせるしかない」

春香「そんな……!」


プロデューサーさんと約束した、大切なシングルなのに。

なにも残らないんですか?

プロデューサーさんも、二人の約束も……。


それほどのことを……してしまった?


高木「今日はもう帰って休むといい。今後の活動に関しては、落ち着いてからまた話そう」

春香「はい……わかりました……」

ザワザワ…

亜美「りっちゃん! 外にマスコミがいっぱい……!」

律子「早速お出ましね……」


23: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:50:01.36 ID:vd3h43+K0

千早「……」

春香「あ……」


千早ちゃん……。

私……。


千早「春香が悪いわけじゃない。それはわかってるわ」

春香「……」

千早「でも……いいえ、ごめんなさい」

春香「え……?」

千早「今は春香と……話したくない」

春香「千早ちゃん……」

千早「……」

春香「……」


私がここにいたら、迷惑にしかならないんだ……。

帰ろう……。


24: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:52:01.16 ID:vd3h43+K0

取材に押しかけた記者たちから発せられる、異口同音の追求。

社長と律子さんが、必死に対応に追われてる。


内容は聞き取れなかったけど、遠巻きの人込みからは罵声も……。

そこからどうやって抜け出して電車に乗ったのか……全然覚えてない。


変装はしてるけど……下を向いて、きっとひどい顔で。

なのもしなくても、今の私なんて誰も天海春香だとは気づかない……。


── 電車内 ──


プロデューサーさん、どうして私になにも言わないで……。

そうだ、電話で……!


ピッ『おかけになった電話番号は、現在……』

春香「え……」


うそ……?

もう話すことも……声を聞くこともできないの?


ううん! 違いますよね?

だって、待っててくれって……待ってるって、約束したじゃないですか。

嘘だったんですか?


ねえ、プロデューサーさん!

応えて……応えてください……。


25: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:53:32.08 ID:vd3h43+K0

春香「やだよ……もう、こんなの……」

少女「お姉ちゃん、どうしたの?」

春香「?」


女の子……小学校の低学年くらいの。

じーっと、私の顔を覗き込んでる。


少女「お姉ちゃん、アイドルの春香ちゃん?」

春香「え……あの……」

少女「私ね、春香ちゃんのファンなんだ!」

春香「そ、そうなんだ。応援してくれてありがとう……」

少女「いつもニコニコ優しく笑ってる春香ちゃんが大好きだよ!」

春香「笑って……」

少女「でも、今の春香ちゃんは嫌い」

春香「嫌い……?」

少女「そんな顔してる春香ちゃん、見たくない……」

春香「あ……」


26: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/21(土) 00:55:40.39 ID:vd3h43+K0

この子と私、今たぶん同じ顔してる……。

胸が痛い……。


そんな顔しないで。

私を見ないで、お願いだから……。

私はただ、みんなの笑顔が見たかっただけなのに……。


春香「やめて……」

少女「嫌い……」

春香「イヤ……」

少女「春香ちゃんなんか嫌い!」



春香「イヤァァァァ……!!」



───

──



33: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:15:27.70 ID:c+RXu1wI0

── Case:02 如月千早 ──


如月千早、16歳です。

高校2年生ですが、アイドルをやっています。


アイドルなんてただの手段。歌さえ歌えればいい。

ずっとそう思っていました。


今は……たぶん違います。

私には歌しかないけど、私は独りじゃないってことを……

みんなが教えてくれたから。


そうですよね、プロデューサー……。


34: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:17:11.20 ID:c+RXu1wI0

── 765プロ事務所 ──


春香「おはようございます! ……ぉわっ……とっととと……!」

P「おっと。……大丈夫か?」


春香ったら、またなにもないところで転びそうになって。

プロデューサーが近くにいたからよかったけど……。


P「そろそろ離れてもらえるか?」

春香「わ、私ったら、ごめんなさい!」


別に故意じゃないのはわかってる。

でも……。


千早「……」


こんな気持ち、言葉にしたくない。

春香は大切な親友なのに、私はなにを……。


春香「あ! 千早ちゃん、おはよー!」

千早「おはよう、春香」


35: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:19:19.44 ID:c+RXu1wI0

春香「今日は一日プロデューサーさんが一緒だって♪」

千早「そ、そう。よかったわね」

春香「うん!」


春香は、ほんとにわかりやすい。

私みたいに人を見る目がない人間に対しても、プロデューサーへの好意を隠せていない。

これでバレていないと思ってるんだもの……話を合わせるのに苦労するわ。


P「千早、ちょっといいか」

千早「あ……はい」

春香「じゃ、またあとでね」

千早「ええ」

P「話してるところ悪いな」

千早「いえ、なんでしょうか?」

P「来月、春香のシングルが発売されるのは聞いてるな?」

千早「はい、本人から」

P「その次は千早のシングルの予定だ」

千早「私のシングル……ですか?」

P「ああ、具体的に動き出すのは、来週からになるけどな」

千早「あ……はい、わかりました!」


36: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:21:36.37 ID:c+RXu1wI0

P「ははっ、嬉しそうだな」

千早「い、いえ、そんな……」

P「朗報なんだから、それでいいんだよ」

千早「そうですね……」

P「でな、今の千早の実績なら、こちらの要望を通せると思う」

千早「要望?」

P「そうだ。今回のシングルで、セルフプロデュースに挑戦してみないか?」

千早「セルフプロデュース……私が?」

P「もちろんプロモーション関連は、今までどおり俺がやる」

P「曲の方を千早に任せたい」

千早「私に……できるでしょうか?」

P「できるかどうかじゃない。歌手として一段階上を目指すなら、今やるべきだ」

千早「わかりました。自信はありませんが、やってみます」

P「ん、頼むぞ」

千早「はい、こちらこそよろしくお願いします」

P「今日はレッスンだったな」

千早「はい」

P「入れ込みすぎるなよ」

千早「言われなくてもわかってます!」

P「ははは、千早なら心配いらないか」

千早「もう……。ふふっ」


37: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:23:19.68 ID:c+RXu1wI0

千早「あ、ひとついいでしょうか?」

P「なんだ?」

千早「春香の新譜……聴かせてもらうことはできますか?」

P「ああ、ほんとはよくないんだが……用意するからちょっと待ってくれ」

千早「ありがとうございます」

P「発売前のものだから、注意はしてくれよ?」

千早「わかってます」


今まで他人の歌には興味なんてなかったのに。

春香の歌が……なぜだかすごく気になる。

興味を持つのは良いこと……なのかしら?


聴いてみれば、それがわかるような気がする。

春香が、私に無いものを持っているのは確かだから。


私にしか無いものだって、あるはずだけど……。


千早「セルフプロデュースか……」


私が、私の歌を……。

出来るかどうかなんて、わからない。不安だって少なくない。

でも……心が踊る。これがワクワクするっていうこと?


うん、頑張ってみよう!


38: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:25:23.04 ID:c+RXu1wI0

── レッスン中 ──


千早「~~~♪」


今日は歌のレッスン。

最初の頃は、歌以外のことはやりたくないなんて駄々をこねてたけど……。

最近はむしろ、歌のレッスンこそただの確認作業になってる。


千早「~♪」


アイドルの仕事は……楽しい。

今では心からそう思える。


歌以外は不要なものと決め付けていた、かつての自分。

そんな自分の世界の狭小さを思い知らされるのは、今でも少しだけ怖い。

でも、心を開けば世界は広がっていく……。


千早「~~♪」


それを教えてくれたのは、春香たちみんな。

……あなた。


千早「~~~~~♪」


私には歌しかない。それは今でも変わらない。

歌でしかこの想いを伝えられないから。


みんなに。

あなたに。


39: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:27:05.47 ID:c+RXu1wI0

千早「ふぅ……」

トレ「如月さん、なにかあった?」

千早「え?」

トレ「最近はレッスンにはあまり身が入ってなかったようだけど」

千早「……」

トレ「今日は……上手く言えないけど、少し圧倒されたわ」

千早「自分では、わかりません……」


うそ。ほんとはわかってる。

現金な自分を認めたくないだけ。


トレ「そう……。いつもこうだと、私も張り合いがあるんだけどね」

千早「気をつけます……」

トレ「責めてるわけじゃないから、そんなにかしこまらないで」

千早「はい、ありがとうございます」


歌は嘘をつけない。

臆病で嘘つきな私には、だから歌が必要なんだ。


40: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:28:52.12 ID:c+RXu1wI0

── レッスン終了後 765プロ事務所 ──


律子「あ……しまった」

千早「どうしたの、律子?」

律子「プロデューサー殿に書類を渡し損ねてた……」

千早「書類?」

律子「企画提案用の資料よ。今日テレビ局で使うって言われてたのに」

千早「私でよければ届けるけど」

律子「いいの?」

千早「今日はもう予定はないし、構わないわ」

律子「助かるわ! ありがとう、千早」

千早「気にしないで」

律子「ちょっと待ってて、今プロデューサー殿に連絡するから」

千早「ええ」


そうだ、春香の新譜。

移動中にでも聞いてみよう。


41: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:31:09.73 ID:c+RXu1wI0

律子「ああもう、繋がらない! 電源切られちゃってる」

千早「それは困ったわね」

律子「ん~……しょうがないか」ペラッ

千早「?」

律子「はい。いつもの番号で繋がらなかったら、こっちに連絡してみて」


メモ書き……電話番号?

たぶん、知らない番号……。


千早「これは?」

律子「プロデューサー殿の私用の番号」

千早「私用の?」

律子「いちおう、うちの子たちには教えない決まりになってるから、そのつもりでね」

千早「そんなの……いいの?」

律子「千早なら信頼されてるから大丈夫でしょ」

千早「そう……それなら」


信頼されてる? 私が?

そんなこと考えたこともなかった。


他のみんなが……たぶん春香も知らない番号。

私だけが知ってる、プロデューサーの……。


42: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:33:01.82 ID:c+RXu1wI0

── 電車 ──


春香の新譜、聴いてみよう。

ここからまだ30分はかかるから、何度かは聞けるわね。


春香は自信があったみたいだけど……。

少し厳しく意見してみようかしら? ふふっ。


カチッ

『~♪』


ポップチューンの、明るく軽快なイントロ。

とても春香らしい曲。


『~~~♪』


歌い出し……うん、自然に曲に乗ってる。

ほんとに上手くなったわね。


『~~~♪』


ううん、技巧とかじゃない……のかな。

どう言えばいいのか、上手く言葉が見つからないけど。


歌の中に溶けていくような……私にはない、不思議な感覚。

これが春香……?


43: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:35:17.40 ID:c+RXu1wI0

Cメロ……サビ。

オーソドックスだけど、心が沸き立つような展開。

いい曲……。


春香「~~~~~♪」

千早「!」


春香!?

いや、気のせいだ。そんなわけない。

でも、一瞬だけ……春香が目の前で歌っていると、そう感じてしまった。


トレーナーの言ってた圧倒されるって、こういうことなんだろうか。

こんなこと、初めてだ……。


千早「……」


春香の歌には、春香にしか歌えない世界がある。

それはもちろん私だけではなく、他の誰とも優劣をつけられるものじゃない。

そう思っていた……けど。


私は、心のどこかで春香を見下していたのかもしれない。

そう思わないと説明がつけられないから。

この醜い感情に……。


ごめんなさい、春香……。


44: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:37:53.52 ID:c+RXu1wI0

結局一度だけ聴いて、それ以上はリピートできなかった。

また、大切な親友を裏切ってしまうような気がして……。


元より自分を歪な人間だとは思っていたけど……

親友に対する醜い感情を暴かれるのは……耐えられない。

聴かなければよかった……。


── テレビ局 楽屋 ──


守衛さんに『如月千早』と名乗って、用向きを伝える。

すぐに顔見知りのスタッフの方が来て、春香の楽屋に案内してくれた。

プロデューサーは今、局側のディレクターと打ち合わせ中で、すぐには要件を伝えられないそうだ。

先に春香が戻ってくるかもしれない。


そうだった。今日は一日、プロデューサーは春香と一緒にいる。

今更悔やんでも遅いけど、いま春香と顔を合わせるのは辛い……。


ガチャ

春香「ん~疲れた~」

千早「?」


たしかに春香の声が聞こえたのに、この部屋には誰も入ってきていない。

たぶん隣の楽屋。私のほうが間違って案内されてしまったんだろう。

ここの楽屋は薄い間仕切りがあるだけだから、小声でなければ隣の声が聞こえる。


45: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:39:53.24 ID:c+RXu1wI0

ここにいてもしょうがないし、隣に……。

でも、いま行ったら春香と二人っきり……。


春香「すぐに次の収録だし、早く着替えないと……」


耳を澄ませているおかげで、衣擦れの音も聞こえてくる。

私が同世代の男子だったら、なんとも悩ましい状況なんだろうけど……。

と、とにかく、着替え終わるまでは待たないと。


春香「よし! これで……うん、バッチリ!」


着替え終わったのかしら?

うん、私のほうももう大丈夫。いつものように振る舞える。


コンコン

P「いま大丈夫か?」

春香「は~い、どうぞ!」


ん? プロデューサーも来たみたい。

二人の話し声が聞こえてくる。


春香「私より、プロデューサーさんが倒れるんじゃないか心配ですよ」

P「高校生から見たら、俺なんかおっさんか。ははっ」

春香「えぇっ!? そんな意味で言ったんじゃなくて!」


ほんとに鈍感で朴念仁で罪作りな人……。

心配してるのは春香だけじゃないですよ?


46: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:41:40.64 ID:c+RXu1wI0

春香「プロデューサーさんは……やっぱりその、あずささんみたいな大人の女性のほうが……」

P「あずささんか……俺から見てもたしかに理想的な女性だな」


千早「……」


私から見ても、とても素敵な大人の女性。

私にはないものを……くっ。


P「でも……うちで一番可愛いと思うのは春香だな」

春香「ヴぁい!?」


千早「……!」


P「みんなには内緒な?」

春香「は……はは、はい///」


プロデューサーが春香を……?

う、ううん! 別におかしなことじゃない。

同性で同学年の私から見ても、春香はとても素直で朗らかで可愛らしいもの。

可愛げのない私なんかとは……。


でも……。

あなたの口からは、聞きたくなかった……。


47: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:43:12.97 ID:c+RXu1wI0

コンコン

スタッフ「天海さーん! そろそろスタンバイお願いしまーす!」

春香「あ……はーい! 今いきまーす!」


千早「……」


春香「いってきます!」

P「おう、頼むぞ!」


春香……行ったみたい。

あ、そうだ。プロデューサーに書類を届けに来たんだった。

早く渡して……帰ろう。


ガチャ

P「ん? おう、どうしたんだ千早?」

千早「プロデューサー……律子から書類を預かって……」

P「書類? ああ、これか!」

千早「どうぞ……」

P「そういえば受け取るの忘れてたな。助かったよ、千早」

千早「いえ……それと」

P「ん?」

千早「携帯の電源、切れてるみたいですよ」

P「え? うわっマジだ。また律子にどやされるなぁ」

千早「……」


48: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:44:48.92 ID:c+RXu1wI0

P「早めに連絡入れて謝っておくか」

千早「では、私はこれで」

P「ああ、千早」

千早「はい?」

P「なにかあったら遠慮なく言ってくれよ」


なにかあることだけは、すぐに気づいてくれるんですね。

肝心なことは、なにもわかってないくせに……。


千早「別になにも……」

P「そうか?」

千早「プロデューサーこそ……」

P「え?」

千早「なんでもありません。失礼します」

P「お、おう。気をつけて帰れよ」


言われなくてもそうします。

お仕事頑張ってください、春香のプロデューサーさん!


千早「……」


我ながら子供みたいね……。

このまま帰っても気が滅入るだけだし、気分転換にCDでも見に行こう。


49: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:46:16.77 ID:c+RXu1wI0

どれだけ試聴をしても、心に響くような音楽には巡り会えなかった。

ううん、耳に入ってさえこなかった。

春香の新譜が頭から離れないから。


次は私のシングル。セルフプロデュース……。

頭を切り替えるきっかけが欲しかったのに。


想いを伝えるために歌があるのなら……

いま私の歌うそれは、きっと歪で醜いものになってしまう。

こんなことなら、今回の話は断るべきなのかもしれない。


でも……どうすればいいか、自分では決められない。

決めてくれるのは、いつもプロデューサーだ。


千早「……」


やめよう。考えたって答えなんか出ないんだから。


50: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:48:38.68 ID:c+RXu1wI0

── カフェ ──


すっかり遅くなったので、カフェで軽く食事を済ませる。

夕飯としては軽すぎるけど、どうせ食欲なんかないしちょうどいい。


ヒュ~…

この時間だと、テラスは少し風が冷たい。

頭なんて、とっくに冷えてるのに……。


ブオン…

あら? あの車、うちの事務所の?

あ、プロデューサーと春香が中から……。

通りの向かいにあるレストランに、二人で入ったみたい。


そう、仕事が終わってからも二人で……。

こんなところを目撃するなんて、私もつくづく間が悪いわね……。


千早「!?」


二人に遅れて店に入った男……。

名前は忘れたけど、たしか週刊誌の記者だ。

私も、身に覚えのない中傷記事を書かれたことがある。


ここからでは店内の様子までは伺えないけど……。

もしかして……。


51: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:50:46.13 ID:c+RXu1wI0

向かいの店を伺いながら、テラスに居座り続ける客。

……というのも、傍から見たら不審だとは思うけど。

二人が出てくるのを待っていたら、案の定あの記者もすぐあとに出てきた。

たぶん間違いないだろう。


プロデューサーか春香に連絡して……。

連絡して、この状況をどう説明すればいい?

偶然居合わせただけなのに、まるで私のほうがあとをつけてるみたいじゃない……。


千早「あ……」


自分のほうの会計を済ませている間に、記者の姿は見失ってしまった。

どこかに身を潜めているのかもしれないけど……。


アイドルとプロデューサーが二人で食事をしただけなら、それほど問題にはならない。

あの記者がスキャンダル狙いだとしても、なにもなけれなそれまでのこと。

そう、春香とプロデューサーがそんなこと……。


千早「……」


信じるしかない、二人を。


52: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:52:33.59 ID:c+RXu1wI0

── 数日後 765プロ事務所 ──


現実は残酷だった。

事務所に入ってまず目に飛び込んできたのは、電話対応に追われる律子。

深刻な表情で社長室から出てきた、社長とプロデューサー。


真「千早……これ……」


先に来ていた真から、週刊誌を渡された。


ドクンッ

真っ先に心臓が反応する。

あの記者が記事を書いている写真週刊誌だと、すぐにわかったから。


そこには、私が見かけたあのレストランの二人と……

私が知らない春香とプロデューサーがいた。


P「すべて自分の責任です。どうか春香のことだけは……」

高木「うむ……」

P「律子……春香のことをよろしく頼む」

律子「わかりました……」


理解した。できてしまった。

プロデューサーは、もうこの事務所にはいられない。


53: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:54:43.69 ID:c+RXu1wI0

もし、あのとき私が二人に連絡していたら……結果は変わっていた?

変わったはずだ。少なくと、人目につく場所であんなことは……。


こうなったのは……私のせい?


P「千早……」

千早「プロデューサー……」

P「千早のシングル……もう俺はなにもしてやれないが……」

千早「……」

P「千早自身のために、セルフプロデュースはやり遂げるんだ」

千早「はい……」

P「春香のことを、よろしく頼む……」

千早「あ……」


行ってしまった……。

たぶんもう、ここには戻ってこられない。二度と会うことも出来ない。

なのに……。


最後まで春香のことですか?

あなたは、それほどまでに春香のことを……?


だったら、なぜこうなることが……

最悪の未来を招くかもしれないことが、考えられなかったんですか?

あなたが思いとどまっていれば、こんなことには……。


私は卑怯だ……。あなたを責める資格なんてない。

私だって、未来を変えることができたかもしれないんだから……。


54: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:56:32.98 ID:c+RXu1wI0

ガチャ

春香「おはようございます♪」


春香……。

たぶん、まだなにも知らない……。


春香「あの……プロデューサーさんは?」

律子「プロデューサー殿は……あの人はもうここには来ないわ」

高木「残念だが辞表を出してもらった。彼はもうプロデューサーじゃないよ」


あらためて思い知らされる。

あの人はもう、私のプロデューサーじゃないこと……。

私が歌うどんな歌にも、隣にあの人はいないということを……。


春香「ま……待ってください! この写真は……事実だけど、私たちはなにも!」

高木「もちろん彼からも事情は聞いたよ。おそらく嘘は言っていないだろう」

春香「そうです! プロデューサーさんは、そんな……」


それでも、彼が選んだのは私たちではなく、春香ひとりということ。

裏切られた、見捨てられたという思いしか、私たちには残らない。


美希「そんなことするなら、春香がアイドルをやめちゃえばよかったのに!」


心をえぐる言葉……。

美希は間違っていない。

間違っているのはプロデューサーと春香……そして私。


55: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/22(日) 23:58:36.31 ID:c+RXu1wI0

千早「……」

春香「あ……」


言葉が見つからない。

春香の顔を見るのも辛い。


千早「春香が悪いわけじゃない。それはわかってるわ」

春香「……」

千早「でも……いいえ、ごめんなさい」

春香「え……?」

千早「今は春香と……話したくない」


悪いのは私だと、ありのまま打ち明けることができれば……。


いいえ、綺麗事で自分をごまかしてもしょうがない。

私が悪いなんて、本当は思っていないんだから。


春香「千早ちゃん……」

千早「……」

春香「……」


ごめんなさい、春香……。

私はもう、あなたの親友ではいられないかもしれない。


56: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:00:43.89 ID:n5mT6v910

ずっと、一人で生きていけると思っていた。

歌さえあれば、他になにもなくても……と。


とんだ思い上がりだ。

歌さえあれば? 私には歌しかない?

誰よりも一人ぼっちが怖いくせに……。


プロデューサーがいなければ、私は歌えない。

歌っても意味がない。

私が歌うのは、この想いを伝えるためだから。


千早「プロデューサー……」


懐に入れたままになっていた、小さなメモ書き。

春香でさえ知らない電話番号……。

そういえば、結局一度も掛けなかった。


この番号なら、まだあなたに繋がっている?


57: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:02:12.64 ID:n5mT6v910

── 屋上 ──


千早「……」

『prrrr…prrrr…ピッ』


繋がった。

まだ途切れてはいなかった。


P『もしもし』

千早「あの……」

P『千早か? なぜこの番号を……』

千早「それは……」

P『いや、それはいい。だが、もう二度と掛けてくるんじゃない』

千早「イヤです……」

P『俺はもう、お前たちのプロデューサーじゃない』

千早「イヤです」

P『わかってくれ。俺は、これ以上お前たちに関わっちゃいけない人間なんだ』

千早「それでも私は……!」

P『……』

千早「私は……あなたが隣にいてくれなければ、歌えません……」

P『千早……』


58: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:04:33.05 ID:n5mT6v910

P『俺は、アイドルプロデューサーとして絶対に許されないことをしてしまった』

千早「それほど、春香のことを……?」

P『……』

千早「答えてください」

P『そうだ。だから、千早の気持ちを受け入れることはできない』

千早「構いません」

P『?』

千早「私にそんな資格はないから」


親友を裏切ることより、あなたに見捨てられることが耐えられない。

こんな私には……。


私を愛してくれなくてもいい。

歌を歌うだけの機械だと思ってくれてもいい。

あなたが隣にいて、私の歌を聴いてくれれば……。


千早「春香の代わりでも、なんでもいいんです! だから……!」

P『……』

千早「……」

P『すまない』


やめて……聞きたくない。

お願いだから、それ以上は言わないでください!


59: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:05:53.42 ID:n5mT6v910

P『これで最後にしよう。この電話も番号を変える』

千早「そんな! 待ってください、私は……!」

P『元気で』

プツッ


プロデューサー……私は……。


あなたがいたから……。

あなたがいれば……。




千早「プロデューサー!!」

ツー……ツー……


60: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:07:03.30 ID:n5mT6v910

バンッ!

春香「!?」

千早「!?」

小鳥「妄想(ゆめ)は見れたかよ?」

春香「小鳥さん……?」

千早「ここは……事務所?」

春香「え? なんで千早ちゃんが?」

千早「春香こそ、どうして……?」

小鳥「ふふっ……」


61: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:09:00.92 ID:n5mT6v910

── 765プロ事務所 ──


春香「私は……? なにが……?」

千早「これは……いったい……」

小鳥「ただの……悪い妄想(ゆめ)よ」

春香「ゆめ?」

小鳥「そう、私がみせた妄想(ゆめ)……」

春香「小鳥さんが……みせた?」

千早「……?」

小鳥「ええ、私が2週間前に得た力……邪眼によってね」

春香「邪眼!?」

千早「は?」

小鳥「私の思うまま、他の誰かに妄想(ゆめ)をみせる能力よ」

春香「そ、そんな能力を2週間前に!?」

小鳥「ええ、忌まわしいあの日に……」

春香「あの日……?」

千早「え……あっ」

小鳥「春香ちゃんも千早ちゃんも、この話はまだ早いわ」

小鳥「そう……13年ほどね」

春香「13年も……」

千早「……」


62: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:12:40.94 ID:n5mT6v910

春香「小鳥さんが、こんなことを……?」

小鳥「ええ、そうよ」

春香「ひどいですよ、こんなの……」グスッ

千早「春香……」

小鳥「ひどい? それだけ?」

春香「え?」

小鳥「まだわからないの? これは現実に起こりうることよ」

小鳥「春香ちゃんにも、千早ちゃんにもね」

春香「それは……」

千早「現実に……」

小鳥「春香ちゃんの想いが報われたとしても、誰も幸せにならない……」

春香「……」

千早「……」

小鳥「そんな未来が待っているかもしれないということ」

春香「そんな、こと……」


63: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:14:32.61 ID:n5mT6v910

春香「わかってます……。私がアイドルである以上、許されないことだって……」

小鳥「そうね。大切な仲間も、支えてくれたファンも……すべてを裏切る」

小鳥「アイドルがアイドルであるまま誰かと結ばれるって、そういうことよ」

春香「はい……」

小鳥「千早ちゃんも」

千早「私が、なんですか?」

小鳥「プロデューサーさんが、春香ちゃんではなく千早ちゃんの想いに応えてくれたら……」

千早「……」

小鳥「春香ちゃんと同じ過ちを犯さなかったと、言えるかしら?」

千早「わかりません……。でも、春香の気持ちはわかります」

春香「千早ちゃん……」

小鳥「あなたちの年頃の女の子が恋に憧れる……それは仕方のないこと」

小鳥「でも、あなたたちはアイドル。普通の女の子にはなれない」

春香「普通の……」

小鳥「まして相手がプロデューサーでは……ね」

春香「はい……」

千早「そう、ですね……」

小鳥「事務員なら問題ないけどね」

春香「え?」

千早「はい?」

小鳥「事務員なら問題ないけどね」

春香「……」

千早「……」


64: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:16:25.72 ID:n5mT6v910

春香「わ、わかりました! 私、事務員になります!」

小鳥「春香ちゃんのバカ!」

ペシッ

春香「きゃあ!? な、なんでおっぱ……胸にビンタするんですか!?」

千早「!?」

小鳥「アイドルの顔を叩けるわけないでしょ!」

春香「え……ええぇ?」

小鳥「春香ちゃんはなにもわかってないわ!」

春香「わけがわかりませんよ!」

小鳥「あの女の子の顔が見えなかったの!?」

春香「女の子の……顔?」

千早「?」

小鳥「春香ちゃんの今のランクは?」

春香「……Bランクです」

小鳥「そう、今では天海春香といえば、誰でもその名を知るほどのアイドルになった」

小鳥「わずか半年でBランク……これは誇っていいことだわ」

春香「……」

小鳥「それで満足?」

春香「え?」

小鳥「どうしてアイドルになったのか……忘れちゃった?」

春香「それは……」

小鳥「天海春香! あなたはその程度のアイドルなの!?」

春香「!」


65: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:17:51.65 ID:n5mT6v910

千早「私は……」

小鳥「なに、千早ちゃん?」

千早「春香のように、アイドルとしてなにかを達成しようとは……」

春香「……」

小鳥「千早ちゃんのバカ!」

スカッ

千早「……」

春香「……」

小鳥「……」

千早「……なんの真似ですか?」

小鳥「なんでもないから気にしないで!」

千早「72も……ない?」

小鳥「言ってない言ってない! そんなこと!」

春香「そ、それはひとまずおいといて」

小鳥「え、ええ」

千早「そうです。なにが言いたいんですか?」


66: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:20:08.69 ID:n5mT6v910

小鳥「春香ちゃんのアイドルとしての夢も……」

春香「……」

小鳥「千早ちゃんの歌に対する情熱も……」

千早「……」

小鳥「どちらも等しく尊いものよ。そこに甲乙はつけられない」

千早「……そうですね」

小鳥「でも……千早ちゃんの夢の先に、プロデューサーさんはいない」

千早「……!」

小鳥「あの人はアイドルプロデューサーだから、歌手・如月千早の隣にいることはないわ」

小鳥「それでも夢を追える?」

千早「それは……」

小鳥「誰かのために歌うこと……それが悪いことだとは言わない」

千早「……」

小鳥「でも、それを一番喜ばないのはあの人」

千早「あの人……?」

小鳥「千早ちゃんが、歌手として世界に羽ばたくことを誰よりも望んでいる……」

小鳥「それがプロデューサーさんでしょ?」

千早「!」

小鳥「それは他の誰にもできない、千早ちゃんにしかできないことよ」

千早「私にしか……」


67: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:21:51.02 ID:n5mT6v910

春香「わ……私……」

千早「春香……」

春香「私が……間違ってました……」

小鳥「……」

春香「私は……自分のことしか考えてなかった」

春香「あの女の子の顔……あんな顔させちゃいけなかったのに……」

小鳥「そうね」

春香「みんなを笑顔にしたいから、私はアイドルになったんです」

小鳥「ええ」

春香「今はアイドルとして……それだけを考えて頑張ります!」

千早「……」

春香「千早ちゃんも、ね!」

千早「そうね。私も目が覚めたわ」

小鳥「……」

千早「初めて優の前で歌ったときの……あの気持ちを忘れかけていた」

千早「それを、もう一度取り戻したい」

春香「できるよ、千早ちゃんなら!」

千早「春香……ありがとう」

春香「えへへ、これからも一緒に頑張ろうね!」

千早「ええ、よろしくね春香!」

小鳥「二人とも、よく言ってくれたわ」

春香「小鳥さん……」

千早「音無さん……」


68: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:23:09.60 ID:n5mT6v910

春香「小鳥さん……ありがとうございます」

小鳥「?」

春香「私たちのために、こんな……」グスッ

小鳥「それは違うわ、春香ちゃん」

春香「え……」

小鳥「私も春香ちゃんから笑顔をもらってる、ファンの一人なんだから」ニコッ

春香「小鳥さん……」

小鳥「千早ちゃんも……」

千早「え?」

小鳥「千早ちゃんがいつか世界の歌姫になるって、プロデューサーさんだけじゃなく私も信じているわ」ニコッ

千早「音無さん……」

春香「へへっ、私もだよ!」

千早「春香……ええ、必ず!」

小鳥「私も、春香ちゃんたちみんなのことを全力で支えるわ」

小鳥「これからもよろしくね」

春香「はい、こちらこそ!」

千早「よろしくお願いします、音無さん」

春香「だって私たち……」


「「「仲間だもんね!!」」」


69: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:23:49.55 ID:n5mT6v910





小鳥「……」

小鳥「まずはふたり……」


───

──



70: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:25:16.29 ID:n5mT6v910

── エピローグ ──


P「ただいま戻りましたー」

小鳥「赤屍P……」

P「は? なんですか?」

小鳥「いえいえ、なんでも! おかえりなさい」

P「?」

小鳥「なんだかお疲れですね?」

P「わかりますか。春香と千早の様子がおかしくて、変に気疲れしましたよ」

小鳥「春香ちゃんと千早ちゃんが?」

P「ええ……なにか聞いてますか?」

小鳥「さあ……あの年頃の女の子はいろいろありますから」

P「そういうものでしょうかね……」

小鳥「ふふっ、私もかつては女の子でしたから」

P「音無さんなら、今でもそれで通用しますよ?」

小鳥「またまた~本気にしちゃいますよ?」

P「ははは」


71: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:26:14.20 ID:n5mT6v910

小鳥「あ、私お茶淹れてきますね」

P「お願いします」

小鳥「はい」

スタスタ…

P「ふぅ……」

小鳥「あなたは……最後ですよ?」

P「え?」

小鳥「いーえ、なんでも」

P「?」

小鳥「うふふ♪」



おわり


72: ◆PQxO3wwU7c 2013/09/23(月) 00:27:54.87 ID:n5mT6v910

うっつーなのは苦手なんで、こんなオチでごめんなさい
やっぱり事務員さんが正妻ですね

次は我那覇くんの誕生日で

では


74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/23(月) 00:34:03.59 ID:4KAAToZwo

よりによって蛮ちゃんかい、乙!


76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/25(水) 01:23:22.26 ID:A67kmnZSO

30まで処女守ると邪眼が使えるようになるのか







『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿