TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、月乃瀬先輩とふたりで正義の味方になる」

ガヴリール「千咲ちゃん、月乃瀬先輩とふたりで正義の味方になる」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:05:04.900 ID:WLmR+d8Y0.net

-映画館-



タプリス「はぁー、ほんとに楽しかったですね!」

ヴィーネ「ええ、大満足の内容だったわ」

タプリス「特にマスコットのクマさんが変身して、戦うところが最高でした!」

ヴィーネ「主役の二人との掛け合いでは、思わず泣いてしまったわ」


タプリス「今日はお誘いいただいて、本当にありがとうございます!」

ヴィーネ「いえいえ、どうしたしまして」

ヴィーネ「タプちゃんが喜んでくれたなら、よかった」ニコッ


タプリス「それにしても、他のお客さん、家族連れの方たちばかりでしたね」

タプリス「おじさまも少しだけ、いましたけど……」

ヴィーネ「あはは……そこは気にしちゃダメよ、タプちゃん」

タプリス「は、はぁ」


タプリス「あ、月乃瀬先輩! マスコットのぬいぐるみが売ってますよ!」

ヴィーネ「うそっ!? こ、これは……映画館限定のぬいぐるみじゃない!」

タプリス「そうなんですか?」

ヴィーネ「……買うわ」

タプリス「えっ、結構、値が張りますけど……」

ヴィーネ「ここで買わないと、次にいつ買えるかわからないもの」

タプリス(月乃瀬先輩、よほど、この作品が好きなんですね……)


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:06:42.556 ID:WLmR+d8Y0.net

-その日の夜 住宅街-


ヴィーネ「えへへ、奮発して買っちゃった。かわいいなぁ、うりうり」

タプリス「よかったですね、月乃瀬先輩」ニコッ

ヴィーネ「ええ、こうやって、この子と手を繋いだら……」

ヴィーネ「変身できたり、しないかなぁ……なーんて」

タプリス「あはは、わたしも変身して戦ってみたいです。たぁっ! とぉりゃ! って」

ヴィーネ「そうよね。正義の味方、憧れるわよねぇ」

タプリス「先輩、じゃあちょっとだけ、手を繋いでみましょうか」

ヴィーネ「えっ、それは、ちょっと恥ずかしいし……」

タプリス「誰も見てませんよ。ほら、やってみましょう?」

ヴィーネ「じゃ、じゃあ……」


ぎゅっ

ヴィーネ「あはは……やっぱり、何も起きないわね」

タプリス「そうですね……残念です」


キランッ

タプリス「あ、先輩、空を見てください! 流れ星です!」

ヴィーネ「すごい……まさか、流れ星を見られるなんて……」

ヴィーネ「って、あれ?」


ヒューン ピカァァァ

タプリス「えぇ!? ひ、光がこっちに近づいてきます!」

ヴィーネ「ぶ、ぶつかる!? タプちゃん、危ないっ!」


パァァァァッ


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:08:12.090 ID:WLmR+d8Y0.net

シュゥゥゥ


タプリス「ん……あ、あれ、何も起きてない?」

ヴィーネ「流れ星が落ちてきたと思ったけど……」

クマ人形「……」

ヴィーネ「あ、クマちゃんは!? よかったぁ、無事みたい」

クマ人形「……」ググッ

タプリス「んん? 今、クマさんが、動いて……」


クマ人形「モフー!」ピョコッ

ヴィーネ「なっ! なななっ!?」

クマ人形「よくわからないけど、動けるようになったモフ!」

タプリス「クマさんが、う、動いて……しゃ、喋ったぁぁぁ!?」

クマ人形「君が呼んでくれたモフ?」

ヴィーネ「え、えっと……そうなのかしら?」

タプリス「先輩が買ったものですから、そうなのでは……?」

クマ人形「ありがとうモフ! 感謝するモフ!」


ヴィーネ「と、ところで、クマちゃんは、どこからやって来たの?」

クマ人形「うーん。わからないモフ」

タプリス「わからないんですか?」

クマ人形「というより、君たちと会う前の記憶がないモフ」

ヴィーネ「そ、そんな……」

クマ人形「でも、そんなこと些細なことモフ」

タプリス「ポ、ポジティブですね……」

ヴィーネ「と、とりあえず……私の家に行きましょうか」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:10:40.895 ID:WLmR+d8Y0.net

-ヴィーネの家-


タプリス「すみません、わたしまで泊めていただいて」

ヴィーネ「良いのよ、タプちゃん。それに一人だとちょっと……」

タプリス「あはは……ですよね」

クマ人形「ここが、ヴィネットのお家モフ?」

ヴィーネ「そうよ。とりあえずは、これからクマちゃんのお家にもなるから」ニコッ

クマ人形「やったモフ! 嬉しいモフー!」


ヴィーネ「ふふっ、今、ごはん作るから待っててね」

タプリス「そういえばクマさんは、ごはんを食べるんですかね?」

ヴィーネ「さすがにぬいぐるみだから、食べられないんじゃないかしら……」


――

クマ人形「いただきます、モフー!」パクパク

タプリス「ふ、普通に食べてますね……」

ヴィーネ「いったい、中はどうなって……」

クマ人形「おいしいモフー!」

ヴィーネ「でもまぁ、喜んでくれてるなら良かったわ」

タプリス「そ、そうですね」


タプリス「ところで、月乃瀬先輩。明日から、クマさんとはどのように?」

ヴィーネ「そうねぇ……さすがに、学校に行っている間は」

ヴィーネ「お留守番してもらうしかないわね」

クマ人形「学校って何モフ? 行きたいモフ!」

タプリス「あはは……そう言ってますけど」

ヴィーネ「うーん。授業中だけ静かにしていれば、大丈夫かしらね」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:13:18.852 ID:WLmR+d8Y0.net

-翌日 学校の教室-


ガヴリール「なんだ、この人形……」

クマ人形「こんにちはモフ!」

ガヴリール「うわっ、喋った!?」

ヴィーネ「クマちゃん、あまり学校では喋っちゃダメよ?」

クマ人形「どうしてモフ?」

ヴィーネ「有名になりすぎちゃうと、悪い人たちから狙われるかもしれないから……」

クマ人形「それは怖いモフ……気をつけるモフ」


サターニャ「なにこれ! かわいいじゃない!」

サターニャ「しかも動いて喋れるなんて……これ、ヴィネットの新しい使い魔?」

ヴィーネ「使い魔というか、なんというか……お友達?」

ガヴリール「ぷぷ、ぬいぐるみがお友達なんて、ヴィーネもお子ちゃまでちゅねー」

ヴィーネ「なっ!? 別にいいじゃない!」

クマ人形「ヴィネットは、友達モフ!」

ヴィーネ「ほら、クマちゃんもそう言ってるし!」

ガヴリール「まぁ、こいつをただのぬいぐるみと言っちゃうのは、おかしいか」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:15:54.413 ID:WLmR+d8Y0.net

サターニャ「ふ、ふんっ、私の使い魔たちだって、もっとすごいんだから!」

ガヴリール「なんでそこで、見栄を張るんだよ……」


モクモクモク

クマ人形「んー?」

ヴィーネ「どうしたの、クマちゃん」

クマ人形「あの赤髪のお姉さんから、何か出てきたような気がしたモフ」

ヴィーネ「サターニャから? 特に何も見えなかったけど……」

クマ人形「うーん。きっと気のせいモフ」


サターニャ「次、体育の授業じゃない。さっさと移動するわよ」

ヴィーネ「あ、うん。クマちゃん、教室でおとなしくしててね?」

クマ人形「わかったモフ!」



-学校 体育館-


てこてこてこ


クマ人形「と言っても、一人で教室なんて寂しいモフ」

クマ人形「見つからなければ、きっと大丈夫モフ」


ヴィーネ「サターニャ、パス!」ブンッ

サターニャ「任せなさい! ここは私の華麗なスリーポイントシュートを!」

ヴィーネ「ちょ! ちょっと!?」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:18:19.645 ID:WLmR+d8Y0.net

ブンッ スカッ


サターニャ「あ」


ピピーッ

体育教師「試合終了!」


ヴィーネ「何やってるのよ、サターニャ! 二点でも逆転できたでしょ!」

サターニャ「普通に決めたって、つまらないじゃない!」

サターニャ「私には、あれを決める、義務があったのよ!」

ヴィーネ「外したら意味ないでしょうが……」

ガヴリール「あー、勝てた試合に負けるって悔しいなー」

ヴィーネ「あんたは何もしてないでしょ……」


クマ人形「みんな、ボールで遊んでて、楽しそうモフ」


モクモクモク

クマ人形「あれ、また赤髪のお姉さんから、何か煙のようなものが……あ、消えたモフ」

クマ人形「よくわからないモフ。でも、何か思い出しそうな……」



-学校 教室-


教師「じゃあ、次は胡桃沢。この問題を解いてみろ」

サターニャ「ふっ、私には簡単すぎる問いね」

サターニャ「レベルが低すぎて、私に相応しくないわ!」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:20:47.946 ID:WLmR+d8Y0.net

教師「……さっさと、解け」

サターニャ「仕方ないわね……」


カキカキカキ

サターニャ「これでどう、完璧な解答でしょう?」

教師「……全部、不正解だ」

サターニャ「な、なんですって!?」


モクモクモク

クマ人形「……ッ」



-休み時間 教室-


ヴィーネ「なんでわからないのに、あんな自信満々なのよ……」

サターニャ「そんなの決まってるじゃない」

サターニャ「私が超天才の大悪魔、サタニキア様だからよっ!」

ガヴリール「こいつ……本当の馬鹿だな」

クマ人形「……」

ヴィーネ「どうしたの、クマちゃん」

クマ人形「さっき、赤髪のお姉さんが前に出てたときも、モクモクが出てたモフ」

ヴィーネ「モクモク?」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:23:32.743 ID:WLmR+d8Y0.net

クマ人形「あと、みんながボール遊びしてたときも、出てたモフ!」

ヴィーネ「ボール遊び……って、まさか体育の時、教室から抜け出してたの?」

クマ人形「あっ」

ヴィーネ「ダメじゃない、誰かに見つかったりでもしたら、何をされるか……」

クマ人形「ごめんモフ……」

ヴィーネ「わかってくれたのならいいのよ。でも、次からは我慢してね」

クマ人形「わかったモフ……」


ガヴリール「……モクモク、か」ガタッ

ヴィーネ「ガヴ? どこいくの?」

ガヴリール「ちょっとラフィエルのとこ。すぐ戻る」

ヴィーネ「あ、うん」



-放課後 公園-


タプリス「あ、クマちゃんです! こんにちは!」

クマ人形「タプリスモフ! こんにちはモフ!」

サターニャ「なによ、あんたたち、知り合いなの?」

タプリス「え、えっと……はい、そんな感じです」

サターニャ「ふーん」


ヴィーネ「……タプちゃん、ありがとね。助かるわ」コソッ

タプリス「いえ、だ、大丈夫です。あのことは内緒ですよね」コソッ


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:25:51.297 ID:WLmR+d8Y0.net

ドンッ


タプリス「あいたっ」

チンピラ1「おい、おめえら、邪魔なんだよ!」

タプリス「ひっ! ご、ごめんなさい!」

チンピラ2「ここが誰のための場所だか、わかってねぇようだなぁ!」

サターニャ「何よあんたたち! ここは公園なんだから、みんなの場所でしょ!」

チンピラ1「あ、なんだって!?」

タプリス「ちょ、胡桃沢先輩……ケンカはダメですって!」

ヴィーネ「サターニャ、穏便に、穏便にね!」


サターニャ「ふんっ、こんなチンピラが何人いたってね」

サターニャ「この大悪魔であるサタニキア様の、敵じゃないわ!」

チンピラ2「どうやら、痛い目見ないとわからねぇようだな!」


モクモクモク モクモクモク


ヴィーネ「サ、サターニャから、煙が!?」

サターニャ「あぐっ……」ガクッ

タプリス「胡桃沢先輩!? だ、大丈夫ですか!?」


チンピラ1「お、おい、なんだ。俺たち何もしてねぇぞ……」

チンピラ2「ゴホッ、ゴホッ! 煙てぇ! なんだこれ!」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:28:26.946 ID:WLmR+d8Y0.net

モクモクモク モクモクモク


タプリス「け、煙がどんどん大きくなっていきます……」

ヴィーネ「ちょっと……なんか煙の形が……」

チンピラ1「ひっ、ば、化け物……」


化け物『……』


クマ人形「お、思い出したモフ……」

ヴィーネ「クマちゃん? いったい何を……」

クマ人形「これは、人が見栄を張りすぎてしまうと出てきてしまう化け物……」

クマ人形「その名も、ミエハール、モフ!」


ミエハール『ミエハールッ!!』


チンピラ2「に、逃げろぉぉぉぉ!!」

タッタッタッ


タプリス「わ、わたしたちも、逃げないと!」

ヴィーネ「ダメよ、タプちゃん! あの化け物の足元にサターニャが!」


サターニャ「……」


クマ人形「あの化け物が出ているうちは、赤髪のお姉さんは気を失ったままモフ」

タプリス「そんな……ど、どうしたら……」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:31:13.699 ID:WLmR+d8Y0.net

クマ人形「ヴィネット! タプリス! 二人とも、変身するモフ!」

タプリス「変身……?」

ヴィーネ「ですって!?」キラキラッ


クマ人形「ミエハールに対抗するには、変身して、やっつけるしかないモフ!」

タプリス「変身ってまさか……」

ヴィーネ「私たちが、なるのね? 伝説の戦士に……」


クマ人形「そうモフ! さあ、手を繋いで、言の葉を紡ぐモフ!」


ぎゅっ

ヴィーネ「いくわよ! タプちゃん!」

タプリス「もう、どうにでもなれ、です! わかりました、先輩!」


二人「ユリキュア! リリカルチャージ!」


パァァァァッ


ミエハール『ミエハァァァルッ!!』

クマ人形「ま、眩しいモフゥゥゥ!」


タプリス「ふたりの希望! キュアエンジェル!」

ヴィーネ「ふたりの勇気! キュアディービル!」


シャキンッ キラキラッ


二人「世界を照らす光となれ! ふたりは……、ユリキュア!」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:33:22.274 ID:WLmR+d8Y0.net

クマ人形「やったモフ! 成功モフ!」

タプリス「これが……」

ヴィーネ「私たち、なの?」

タプリス「月乃瀬先輩、かわいいです! よく似合ってますよ!」

ヴィーネ「タプちゃんこそ、かわいすぎるわ! もう、抱き締めちゃう!」


ぎゅぅぅ

タプリス「せ、先輩!? こ、こんな、お外でダメですって!」

ヴィーネ「ぎゅぅぅぅっ♪」


ミエハール『テヤンデイ!!』


クマ人形「二人とも、抱き合ってる場合じゃないモフ!」

ヴィーネ「そ、そうだったわ」

タプリス「えへへぇ……」

ヴィーネ「タプちゃん、しっかりして! 戦うわよ!」

タプリス「はっ!? 先輩の包容力に飲み込まれていました……」


ヴィーネ「いくわよ! はぁぁぁぁっ!!」ブンッ


ドゴッ ズササササッ

ミエハール『ミエハァァァァァ!!』


タプリス「すごい! パンチ一発で、あの化け物が吹っ飛んでいきます!」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:35:48.742 ID:WLmR+d8Y0.net

タプリス「わたしも負けません! とぉぉりゃぁぁぁっ!!」ブゥンッ


ゲシッ ズザザザザッ

ミエハール『ミエェェェェェッ!!』


ヴィーネ「やるわね、タプちゃん! いい蹴りよ!」

タプリス「えへへ、体に力が溢れてきます!」


ミエハール『ビュッ!!』

ベチョ ジュゥゥゥゥ


ヴィーネ「あ、危ない!? なんなの、今の液体……」

タプリス「あぁっ! 公園の遊具が溶けて……」

ヴィーネ「な、なんてことを……」

タプリス「未来を担う子供たちの遊び場を壊すなんて、許せません!」


ヴィーネ「タプちゃん! 連携……いくわよ!」

タプリス「はい、先輩!」


ヴィーネ「やぁぁぁっ!!」ブンッ

タプリス「えいやぁっ!!」ブンッ


バキッ ボゴォォォッ

ミエハール『ミエハァァァァァッッ!!』


クマ人形「二人とも、息ぴったりモフ! すごいモフ!」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:38:17.910 ID:WLmR+d8Y0.net

ヴィーネ「戦い方は……映像で全て、頭に入ってるわ!」

タプリス「さすが月乃瀬先輩です……わたしに全て、合わせてくれてます!」


ヴィーネ「そろそろトドメといきましょうか!」

タプリス「わかりました、先輩!」


ラフィエル「待ってください!」

ヴィーネ「ラフィ!? それに、ガヴも……」

ラフィエル「その化け物を、完全に倒してはいけません!」

タプリス「ど、どうしてですか!?」

ラフィエル「……あれは、サターニャさんの虚栄心から、できているんです」

ラフィエル「それはすなわち、サターニャさんの精神そのもの」

ラフィエル「それを完全に倒してしまいますと……」

ラフィエル「サターニャさんは、命を落としてしまいます!」


ヴィーネ「な、なんですって!?」

タプリス「そんな……」


ミエハール『ビュッ!! ビュッ!!』

ベチョ ジュゥゥゥゥ


タプリス「くっ、避けるしかできないなんて……」

ヴィーネ「じゃあ、どうしたらいいのよ!」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:40:47.866 ID:WLmR+d8Y0.net

ガヴリール「その化け物を、ラフィエルの持っている秘宝で小さくして」

ガヴリール「サターニャの中に戻す作戦でいく!」

タプリス「そんな!? あんな化け物、戻しても大丈夫なんですか!?」

ラフィエル「虚栄心とは、誰の心にも、あるものなんです!」

ラフィエル「それを限りなく小さくして戻すことで」

ラフィエル「今後、再発することは、ほぼなくなります!」


ヴィーネ「なるほどね、だいたい理解できたわ!」

ヴィーネ「じゃあ、その秘宝を早く!」

ラフィエル「ですが、これを使うには……」

ラフィエル「その化け物を、もっと弱らせる必要があるんです!」

ラフィエル「お二人とも、お願いできますか!」


ヴィーネ「ぎりぎりまで、弱らせるってことね!」

タプリス「そんな器用なことできるかわかりませんが、やってみます!」


ミエハール『テヤンデイ!!』ブンッ

ガッ

ヴィーネ「ぐっ! あっちもやられまいと、必死ね!」


タプリス「月乃瀬先輩! 敵を弱らせるなら、あの技ですよ!」

ヴィーネ「あの技……ああ、あれね!」

ヴィーネ「でも、あれをやるには、周りの住宅が……」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:43:17.781 ID:WLmR+d8Y0.net

タプリス「ふふっ、先輩。あいているところなら、あるじゃないですか!」

ヴィーネ「あいてるとこ……そ、そうだわ!」


ガシッ

ミエハール『ミエハッ!?』

タプリス「いきますよ、先輩! キュア……ジャイアント、スイィィングッ!!」


ブンブンッ ブォォンッ

ミエハール『ミエェェェッ!!』

ヴィーネ「タプちゃん、位置ぴったり! さあ、飛んでいきなさいッ!」

ヴィーネ「キュア……サマーソルト、キィィィィクッ!!」ブンッ


ドゴォッ ヒュゥゥゥン

ミエハール『ミエハァァァァァァァッ!!』


ガヴリール「空に吹っ飛んだ!?」

クマ人形「二人とも、今モフ!」


ヴィーネ「タプちゃん!」

タプリス「月乃瀬先輩!」


ぎゅっ

二人「クル……クル……リリクルッ!」


パァァァァッ キュインキュインキュイン


二人「ユリキュア! リリィ! エターナルッ!!」


ピカッ ドゴォォォォォォッ


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:45:47.722 ID:WLmR+d8Y0.net

ミエハール『ミエハァァルゥゥゥゥゥゥッ!!』


ガヴリール「今だ、ラフィエル!」

ラフィエル「はい! 白羽家秘宝! ちいさくなーれ!」

ラフィエル「サターニャさんの虚栄心を、小さくしなさい!!」


パァァァァァッ シュゥゥゥン

極小ミエハール『ミエハ……』

ガヴリール「っとと、捕まえたぞ!」


ガシッ

極小ミエハール『ミエッ』

ガヴリール「あとはこれを……サターニャに突っ込んでっと」グイッ

サターニャ「……あがっ!!」

ガヴリール「ん? 間違ったかなぁ?」

サターニャ「……あ、あれ、私はいったい」

ガヴリール「お、気がついた」

ラフィエル「サターニャさん!」


ぎゅぅぅ

サターニャ「ラフィエル……どうしたのよ?」

ラフィエル「無事で、本当によかったです……」


ヴィーネ「はぁ、はぁ……、一件落着って」

タプリス「ぜぇ……ぜぇ……、ところですかね」

クマ人形「二人とも、すごかったモフ! かっこよかったモフ!」

タプリス「あはは、ありがとうね」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:48:19.178 ID:WLmR+d8Y0.net

ガヴリール「動きもキレッキレで、すごかったぞ。特にヴィーネ」

ヴィーネ「えへへ、ありがと……って、なんで私の正体がわかるの!?」

タプリス「変身したら、わからないはずなのに……」

ガヴリール「お前ら、思いっきり名前呼びあってた癖に、今更すぎるだろ……」

ヴィーネ「うぅ……正義の味方の正体は、バレちゃダメなのに……」カァァ

タプリス「恥ずかしくて死にそうです……」カァァ


サターニャ「そこの格好良い二人」

タプリス「えっ、わたしたちのことですか?」

サターニャ「他に誰がいるのよ」

ヴィーネ「サターニャにだけは、バレていないようね……」

サターニャ「あなたたちのおかげで、私は救われたわ」

サターニャ「本当にありがとう」キラキラッ

ヴィーネ「うわ……サターニャがなんか……」

タプリス「輝いてます……」

ラフィエル「きっとサターニャさんの虚栄心が、限りなく小さくなった影響ですね」

ガヴリール「これが、綺麗なサターニャか……」

タプリス「あははは……まぁ、悪いことではないですよね」

ヴィーネ「こっちの調子は狂いそうだけどね……」


くぅぅぅ

クマ人形「お腹減ったモフ……」

タプリス「あはは、わたしもです。じゃあ、何か買っていきましょうか」

クマ人形「いちごメロンパンがいいモフ!」

ヴィーネ「それじゃあみんなで、パン屋さんに行きましょう!」ニコッ

みんな「おー!」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:50:48.463 ID:WLmR+d8Y0.net

タプリス(こうして、ユリキュアとなった月乃瀬先輩とわたしは)

タプリス(舞天市に住む人たちの虚栄心から生まれた化け物)

タプリス(その名も、ミエハールを退治する、正義の味方となりました)

タプリス(憧れの存在になることができた月乃瀬先輩は、本当に嬉しそうで)

タプリス(変身を重ねる度に、きらきらと輝きが増しています)

タプリス(わたしも、そんな先輩のお手伝いができて……とても嬉しいです)



-数週間後 ガヴリールの家-


タプリス「天真先輩。ゲームばかりやってないで、たまには掃除してくださいよ」

ガヴリール「お前に任せた、正義の味方さま」

タプリス「もうっ! こんな時だけ都合が良いんですからっ!」


ダンダンダンッ

ガヴリール「くっそ! 私は、まだまだやれるっての!」

ガヴリール「なんでそこで撤退するんだよ! このチキンがっ!」


モクモクモク


タプリス「ん? 天真先輩から煙が……」


ドタドタドタッ バタンッ

クマ人形「ミエハール、見つけたモフ!」

ヴィーネ「話はすべて聞かせてもらったわ!」


ガヴリール「なっ!? お前ら、なに勝手に入ってきてんだ!」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 21:53:47.171 ID:WLmR+d8Y0.net

ヴィーネ「タプちゃん、変身よ!」

タプリス「えっ、えっ? つ、月乃瀬先輩!? わ、わかりました!」


ぎゅっ

二人「ユリキュア! リリカルチャージ!」


ガヴリール「ば、ばかっ! こんな狭いところで、やめ――」


パァァァァッ ドゴォォォンッ


タプリス「ふたりの希望! キュアエンジェル!」

ヴィーネ「ふたりの勇気! キュアディービル!」


シャキンッ キラキラッ


二人「世界を照らす光となれ! ふたりは……、ユリキュア!」


シュゥゥゥ プスプスプス


ヴィーネ「さぁ、敵はどこ!? って……、あれ?」

タプリス「あ、天真先輩の、部屋が……」

クマ人形「木っ端微塵モフ……」


ガヴリール「……お前ら、いいかげんにしろぉぉぉッ!!」



二人「ご、ごめんなさいぃぃぃぃぃっ!!」




おしまい


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 22:00:36.320 ID:srXKpwWT0.net



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 22:01:04.367 ID:GZeL6XN50.net



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/22(月) 22:16:11.268 ID:WLmR+d8Y0.net

タプリスとみらリコはアイ



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿