TOP > キルミーベイベー > やすな「寝ても覚めてもソーニャちゃん」

やすな「寝ても覚めてもソーニャちゃん」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:40:16.61 ID:YJFhsPT10

やすな「ソーニャちゃーん、一緒にあそぼー!」

ソーニャ「また下らないことに付き合わせる気か」

やすな「下らなくないよー! ほらほら!」グイグイ

ソーニャ「ちょ、引っ張るな、こら!」

やすな「一人でいてもつまんないでしょー? ほら早くー!」

ソーニャ「やめろって……いってるだろっ!」

ポカッ

やすな「きゃっ♪」

ソーニャ「そんな強引にされたら照れるだろバカ///」ポカポカ

やすな「あはは、ソーニャちゃんやめてよぉ~♪」

ソーニャ「う、うるさい、えいっえいっ!」


・ ・ ・ 


やすな「ぐへへ……ソーニャちゃん……zzz」

ソーニャ「うわっキモ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:41:18.62 ID:YJFhsPT10

ソーニャ(しかし授業中なのに堂々と寝るなこいつは……)

やすな「zzz」

ソーニャ「おい起きろ、注意されるぞ」ユサユサ

やすな「うう~ん……あれ~……ソーニャちゃん……」

ソーニャ「授業中だぞバカ」

やすな「あ、あれえ……夢……?」

ソーニャ「おい、寝ぼけてるのか」

やすな「ああーっ! 起こすなんてひどいよソーニャちゃん! いいところだったのに!」

ソーニャ「なに!? 人が気をきかせて起こしてやったんだろ!」

やすな「起こしてなんて頼んでないもん! ああっ私のユートピアがぁ……」

ソーニャ「てめえ……夢と授業とどっちが大事かくらい分かるだろ」

やすな「ソーニャちゃんには夢がないね」

ソーニャ「」ブチッ

やすな「ひゃー! じ、授業中に危ないことしたらいけないんだよー!!」

先生「そこ静かにー」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:42:36.05 ID:YJFhsPT10

やすな「やーい怒られた」

ソーニャ「てめえのせいだろうが!」

やすな「そ、そうでした……申しわけ~……」

ソーニャ「大体、授業中に爆睡してるお前が悪い」

やすな「でもこの時期はどうしても布団が恋しくなって……」

ソーニャ「甘えだな」

やすな「むっ、そういうソーニャちゃんは冬場でもぱぱっと起きられるの?」

ソーニャ「当たり前だろ。朝日とともに目覚めるように癖をつけてる」

やすな「へえーおばあちゃんみたい」

ソーニャ「あァ!?」

やすな「は、早起きってスバラシイデスヨネ……」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:44:14.22 ID:YJFhsPT10

やすな「休み時間のうちにもう少し寝とこう……」

ソーニャ「私はもう起こしてやらないぞ」

やすな「大丈夫、チャイム鳴ったら起きるから~……」

ソーニャ「いや絶対起きないだろお前」

やすな「zzz」

ソーニャ「……」


キーンコーンカーンコーン


やすな「zzz」

ソーニャ「……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:46:08.13 ID:YJFhsPT10

・・・


やすな「おお! やってきました夢の中! 誰にも迷惑をかけず好き放題するチャーンス!」

やすな「さーて、ソーニャちゃんはどーこーかーなー……」

ソーニャ「……」

やすな「いた!」

ソーニャ「ん?」

やすな「へへへ……お嬢さん、ボクと一緒に楽しいことしない?」

ソーニャ「気持ち悪いな、あっちいけよ」

やすな「むう、さすがソーニャちゃん素直じゃない! だけど私の夢なら私の思い通りになるハズ!」

やすな「す~な~お~に~……」ムムム

やすな「なれー!」ドーン

ソーニャ「!!」

やすな「やったか!?」

ソーニャ「また下らんことを……一人でやってろ」

やすな「だめだったー!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:49:03.49 ID:YJFhsPT10

やすな「ちょっとちょっと、これは私の夢なんだから私の思い描いたソーニャちゃんになってくれないと」

ソーニャ「お前の想像力が足りないんだろ」

やすな「ううっ、確かに素直なソーニャちゃんという言葉には違和感を禁じえない……!」

ソーニャ「悪かったな」

やすな「ちぇー、じゃあこのままで我慢するー」

ソーニャ「我慢って何だよ……まるで普段の私じゃ不満みたいな言い方だな」

やすな「だってー、ソーニャちゃんてばー、ちょっとからかっただけで殴るしー、構ってくれるのは嬉しいんだけどー、もうちょっといたわって欲しいっていうかー」ブーブー

ソーニャ「やすな」ガシ

やすな「え?」

ソーニャ「私の……どこが不満なんだ」

やすな「ど、どしたのー……?」

ソーニャ「ずっと……ずっと友達でいてくれるって……言ってくれたじゃないか……それなのに、私じゃ不満なんて……」

やすな「は、はい」

ソーニャ「わ、私、お前に嫌われたら、友達、ひとりも……」ジワァ

やすな「泣いたー!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:50:08.76 ID:YJFhsPT10

ソーニャ「やだ、やだよぅ……わ、私、好かれるように頑張るから、一緒にいてよ……」ヒックヒック

やすな「え、あれ、何がどうしてこうなった!?」アセアセ

ソーニャ「」ギュー

やすな「うへえ!?」

ソーニャ「なーんていうとでも……思ったのかあああああああああ!!」

やすな「!?」

ソーニャ「フフフ……今のは貴様を油断させるための演技」

やすな「な、なんだって!」

ソーニャ「お前のせいでたまっている日ごろの鬱憤……晴らさせていただく! アプリボワゼエエエエエ!」

やすな「ひいい! 昨日やったゲームとかアニメとかが色々混ざってきた!?」

ソーニャ「コレガワタシノホントウノスガタダ……」ゴゴゴゴ

やすな「収集がつかなくなってきたよー」

ソーニャ「ウオオオオオオ行くぞやすなアアアアアアアア!!」

やすな「来いソーニャちゃあああああああん!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:50:56.77 ID:YJFhsPT10

・・・


やすな「zzz」

ソーニャ「放課後まで眠りっぱなしとか……逆にすごいな」

やすな「zzz」

ソーニャ「おい、もう放課後だぞ」

・・・

ソーニャ『ホウカゴダゾ……ホウカゴ……』

やすな『う、動きが止まった!』

・・・

ソーニャ「お前今日はたい焼き屋のポイント3倍の日だから放課後行くって言ってたろ、起きろ」

やすな「う、うう~ん……」

・・・

ソーニャ『この私を倒すとはさすがだな……そういえば、今日はたい焼き屋のポイント3倍だ……』

ソーニャ『ただ何となく思い出しただけだ……別にお前のために教えたわけじゃないから……勘違いするなよ……グハッ』

やすな『ソーニャちゃん……ありがとう! ソーニャちゃんの墓前には出来たての白あんを供えるよ!』


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:53:57.88 ID:YJFhsPT10

やすな「ハッ!」

ソーニャ「やっと起きたか」

やすな「あれ……ソーニャちゃん……? なんで生きてんの……?」

ソーニャ「」ボカッ

やすな「ふごっ!」

ソーニャ「もう一回眠っとくか?」

やすな「い、いえ、すっかり目が覚めましたです……」

ソーニャ「さっさと帰るぞ」

やすな「あれっ、放課後だ!? なぜ!?」

ソーニャ「お前がずっと寝てたからだろ」

やすな「そ、そんなに寝てたのお!? もう、ソーニャちゃん何で起こしてくれなかったのっ! 一日損した! 気がきかないんだからまったく」

ソーニャ「お、ま、え、なぁ~!」

やすな「あっそうだ、今日たい焼き3倍だよ! 早く行かなきゃ、ほらほらソーニャちゃん置いてくよ!」

ソーニャ「ちっ……さっさと帰ればよかった」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:56:19.24 ID:YJFhsPT10

たい焼き屋


やすな「どれにしよっかな~♪ あ、ソーニャちゃんは白あんだよね」

ソーニャ「え、ああ……何で分かったんだ?」

やすな「顔に白あんって書いてあるよ」

ソーニャ「な、なにっ!」

やすな「あっははははははははは!! まじに受けてやんのー!!」

ソーニャ「」ボカッ

やすな「ほげ!」

ソーニャ「いいからさっさと決めろ!」

やすな「ほげほげ……」


やすな「ほげほげほげ~」

店員「はい、白あんと小倉あんとさつまいもあん1個ずつね!」

ソーニャ(い、今で分かったのか)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:59:41.77 ID:YJFhsPT10

店員「はいどうぞ! 出来たては死ぬほど熱いから気をつけてね!」

やすな「どうもー」

ソーニャ「……」ゴソゴソ

やすな「あっ、お金はいいよー私のおごり!」

ソーニャ「……いいのか?」

やすな「日ごろの感謝の気持ちを込めまして~、はい白あん」

ソーニャ「ん」

やすな「私は小倉あん~♪」

ソーニャ「……」

やすな「あれ、食べないの?」

ソーニャ「い、いや……」

やすな「んー? ひょっとして……猫舌?」

ソーニャ「」ギク

やすな「ははぁ~~~~~ん」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:01:38.70 ID:YJFhsPT10

ソーニャ「ね、猫舌じゃなくて……熱いのがちょっと苦手なだけだ!」

やすな(それを猫舌というのでは)

ソーニャ「くっ」

やすな「大丈夫だよ、そんなに熱くないよ」

ソーニャ「……」

やすな「ほら私のだって……モグモグ……平気だし」

ソーニャ「……」

やすな「買ってから時間も経ったし丁度いいくらいの温度になってるよ! ほら一気にガブっと!」

ソーニャ「よ、よし」

ソーニャ「」ガブッ

やすな「……」

ソーニャ「」モグ

ソーニャ「!!」

ソーニャ「あっ! あふ、あふゅっ! ふえ、はふ、はふゅふゅ」

やすな「wwwwwwwwwwwwwwwwwww」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:04:58.76 ID:YJFhsPT10

やすな「」

ソーニャ「ふー、ふー」

やすな「」

ソーニャ「もぐもぐ」

やすな「」

ソーニャ「まあまあだ」

やすな「」

ソーニャ「おい、いつまでのびてるんだ。通行人の邪魔だろ」ゲシ

やすな「痛い! 踏まないでよソーニャちゃん!」シャキ

ソーニャ「なんだ、全然平気じゃないか」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:06:36.00 ID:YJFhsPT10

やすな「くそぅ、たい焼きを食べて体力回復だ!」モグモグ

やすな「!!」

やすな「あっーふ! あっふい! あふぁ、はふはふ」

やすな「うー、舌やふぇおしあー」

ソーニャ「……」

やすな「あ、さっきは皮の部分だけ食べてたから平気だったんだよ」

ソーニャ「」ボカッ

やすな「いたあー!? なんでえ!?」

ソーニャ「自分の胸に聞け! ったく……」

やすな「うう……小倉あんちょっとあげるから許して~」

ソーニャ「いらん」

やすな「そんなこといわずに~! ほおらオイシイよ~、今だけだよ~、後悔しても知らないよ~?」

ソーニャ「うわ、ウザッ」

やすな「食べてくれたらウザくなくなるよ」

ソーニャ「ウザいっていう自覚はあるのか、一応……!」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:08:40.21 ID:YJFhsPT10

やすな「ひとくち食べてみそ~」

ソーニャ「分かったよ……」

やすな「はいどうぞ~……あ、ちょっと待って」

ソーニャ「?」

やすな「ふー、ふー」

ソーニャ「……」

やすな「はい、あ~ん」

ソーニャ「……」

やすな「小倉あんだけに」ドヤ

ソーニャ「言うと思ったよ」

やすな「ほれ、お口をお開け」

ソーニャ「寄こせ、自分で食う」バッ

やすな「ああん」

ソーニャ「」モグモグ

やすな「あ~んさせてよ~」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:10:57.53 ID:YJFhsPT10

ソーニャ「ん」モグモグ

やすな「おおうっ、一口で結構な量のあんを持っていかれた!」

ソーニャ「噛んだら溢れてきたんだよ」

やすな「ところで……そっちのもおいしそうだねえ」

ソーニャ「やらんぞ」

やすな「ちょっとだけ! ちょっとだけだから!」

ソーニャ「しつこいな」

やすな「食べさせてくれないとソーニャちゃんに食べられるたい焼きの気持ちを延々代弁するよ」

ソーニャ「は?」

やすな「んああっ、やめてぇ、そんなところ噛んだら、ああっ! だめ! 中身がっ出ちゃううっ! んひいいい!」

ソーニャ「」ボガッ

やすな「お゙お゙ん゙!」

ソーニャ「少しやるから黙ってろ」

やすな「やったー!」

ソーニャ「少しだけだぞ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:13:08.06 ID:YJFhsPT10

やすな「あーん」

ソーニャ「自分で食え」

やすな「ふっふっふ……私にソーニャちゃんのたい焼きを握らせていいのかな? 何をするか分かったもんじゃないよ……」

ソーニャ「た、確かに」

やすな「あーん」

ソーニャ「……ほら」

やすな「ふーふーしてくれないと熱いよ」

ソーニャ「知るか。いや、むしろさっきの仕返しをするチャンスかも……」

やすな「ふーふーふーふーふー!!」

ソーニャ「うわっ何する!」

やすな「へへへ……気勢は削いだよソーニャちゃん、これでアツアツのあんはそれなりに冷まった!」

ソーニャ「やっぱ食わせねえ」モグモグ

やすな「ああーっ、ごめんなさい許してー!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:15:28.57 ID:YJFhsPT10

ソーニャ「変なことするなよ」

やすな「しないしない……はむ」

ソーニャ「……」

やすな「……」

ソーニャ「おい?」

やすな「」チューチュー

ソーニャ「て、てめえ何してやがる!!」バッ

やすな「ぷはぁ!」

ソーニャ「あ……あんが……吸われてる……!」ガーン

やすな「んん~」モグモグ

ソーニャ「貴様……なんてことを……!」

やすな「あんだけ食べてもそんなにおいしくないねー」

ソーニャ「」ブチッ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:17:48.27 ID:YJFhsPT10

やすな「」

ソーニャ「ふー、ふー」

やすな「」

ソーニャ「もぐもぐ」

やすな「」

ソーニャ「小倉あんも悪くないな……」

やすな「」

ソーニャ「さっさと起きろゴミ」ゲシ

やすな「ほげほげ……」

ソーニャ「あ?」

やすな「わ、私の小倉あん~……」

ソーニャ「お前は白あんの抜け殻でも食ってろ」

やすな「うう……すいませんでした……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:19:06.14 ID:YJFhsPT10

やすな「くそぅ、皮だっておいしいんだぞぅ!」ムシャムシャ

ソーニャ「小倉あんうめー」

やすな「くそぅくそぅ!」

ソーニャ「自業自得だろバカ」

やすな「しかしまだ私には! じゃん! さつまいもあんが残っていたのでした!」

ソーニャ「そういえば買ってたな」

やすな「ソーニャちゃんは頭と尻尾とどっちがいい?」

ソーニャ「え?」

やすな「ん?」

ソーニャ「頭と尻尾?」

やすな「だから、はんぶんこするから頭と尻尾どっちにする?」

ソーニャ「いや、それお前のじゃないのか」

やすな「それだとソーニャちゃんの分無くなっちゃうじゃん」

ソーニャ「そうだが……」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:20:25.70 ID:YJFhsPT10

やすな「それでどっち?」

ソーニャ「……じゃあ尻尾で」

やすな「はいどうぞ!」

ソーニャ「……ああ」

やすな「もぐもぐ」

ソーニャ「……」

やすな「あれ、ソーニャちゃんお腹いっぱいだった?」

ソーニャ「あ、いや、食べるよ……はむ」

やすな「もぐもぐうまうま」

ソーニャ「……次は」

やすな「もぐ?」

ソーニャ「つ、次は、私がおごってやるよ」

やすな「ほんと!」

ソーニャ「お前なんかに借りを作ったままだと気分が悪い」

やすな「なにそれー」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:21:07.01 ID:YJFhsPT10

やすな「食べたら眠くなってきた」

ソーニャ「学校で十分寝ただろ」

やすな「育ち盛りだからねー」

ソーニャ「その割には成長が見られないけどな。特に頭が」

やすな「これからこれから……ふわぁ~あ、ちょっとお膝を拝借……」

ソーニャ「おっ、おい、何をする」

やすな「ひざまくら~」

ソーニャ「こ、こら、邪魔だ、どけ!」ムニー

やすな「ふへえ、ほっへひっはらないへ」

ソーニャ「寝るなら家帰ってから寝ろ!」

やすな「いまねむいの~……」ウトウト

ソーニャ「お、おい」

やすな「zzz……」

ソーニャ「本当に寝やがった……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:22:19.05 ID:YJFhsPT10

やすな「むにゃ……」

ソーニャ「どうすんだ、これ……」

あぎり「お困りですか~?」

ソーニャ「あ、あぎり! ちょうどよかった、助けろ」

あぎり「あらら~、これはこれはお二人ともいい雰囲気ですね~」

ソーニャ「ふざけてないで何とかしてくれ」

あぎり「何とかといわれましても」

ソーニャ「忍術で……こう、家までワープとか……」

あぎり「それは忍術じゃなくて超能力じゃないですか~」

ソーニャ「……」

あぎり「とりあえず記念に写メ撮っておきますね~」カシャ

ソーニャ「おい、勝手に撮るな!」

あぎり「心配しなくても、後でメールに添付して送ります~」

ソーニャ「そんな心配はしてねえ!」

あぎり「それではごゆっくり~」ドロン

ソーニャ「うおーい!!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:23:16.23 ID:YJFhsPT10

やすな「すやすや」

ソーニャ「……」

ソーニャ「ど、どうすれば」


・・・


やすな『ソーニャちゃん、あーん』

ソーニャ『あーん、はむ……おいしいな、やすなのたい焼き』

やすな『ねえ、私にもー』

ソーニャ『分かってるよ、ほら』

やすな『あーん……はむ』

ソーニャ『どうだ?』

やすな『おいしーい』


・・・

やすな「うへ……へへへ……」

ソーニャ「き、気色わる……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:24:25.05 ID:YJFhsPT10

やすな「ん……ソーニャちゃん……」

ソーニャ「寝言……? 夢の中でも私と一緒なのか、飽きない奴だな」

やすな「zzz……」


・・・


やすな『あっ……たい焼きもう無くなっちゃった』

ソーニャ『本当だ』

やすな『もっと食べたいよー』

ソーニャ『じゃあ……ソーニャあん食べるか?』

やすな『ソーニャあん?』

ソーニャ『ほっぺたのところ噛んでみろ』

やすな『はむ……あ、甘い!』

ソーニャ『だろ?』

やすな『うん! はむはむはむはむ……』


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:25:23.57 ID:YJFhsPT10

やすな「はむっ」

ソーニャ「ひい!?」ゾクッ

ソーニャ(ふ、ふとももを!?)

やすな「はむはむ」

ソーニャ「ひいい!?」

やすな「ぺろぺろぺろぺろぺろぺろ」

ソーニャ「ぎゃあああああああああ!! 何しやがんだてめええええええええ!!!!」

やすな「ぶへ!」ドサ

ソーニャ「きたねえだろうが!!」

やすな「あ、あれ……ソーニャちゃん……おはよーおはよー……」

ソーニャ「そこにいるのー……じゃねえ!」

やすな「うへへ……下から丸見え……」

ソーニャ「」ゲシ

やすな「ふごごっ!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:27:40.02 ID:YJFhsPT10

ソーニャ「」ツカツカ

やすな「ま、待ってよー、何で怒ってるのー?」

ソーニャ「……」

やすな「ソーニャちゃーん」

ソーニャ「お前……いつも夢の中で私と何してんだ」ギロ

やすな「ひぃ!? べ、別にいつもやってるようなことだよ……」

ソーニャ「ほう、夢の中でも私をからかって遊んでいると」

やすな「ああっ、ち、違うよ! い、いつもソーニャちゃんには……良くして頂いております、ハイ……」

ソーニャ「……まあいい」

やすな「」ホッ

ソーニャ「こんど変な寝言いってたりしたら、問答無用で叩き起こす」

やすな「ええっ、私何かいってた!?」

ソーニャ「……ふん」

やすな「教えて、気になるー!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:28:41.25 ID:YJFhsPT10






ソーニャ「あ、あぎり……あの、写メがまだ……」

あぎり「すみませ~ん、あの携帯、水に落としてデータ全部消えちゃいました~」

ソーニャ「」


 終わり


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:36:54.75 ID:Azt/vJwe0

良い雰囲気出してるな


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:40:06.67 ID:F7nzcSDJO

ツンとデレのバランスが素晴らしかった



『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿