TOP > シンデレラガールズ > 【モバマス】「藍子の背中」

【モバマス】「藍子の背中」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:16:34.82 ID:nvVT6/WA0

キャラ崩壊注意



P「んん・・・ん?」

藍子「あ、Pさん起きました」

茜「起きましたね!」

未央「起きたね」

P「お、おい・・・なんだこれは、目の前が真っ暗なんだが。目隠しか?」

未央「違うよ」

茜「アイマスクです!」

P「アイマスク?」

藍子「Pさんお仕事忙しそうで・・・ちゃんとお休みできているか心配で・・・」

茜「私達からのプレゼントです!」

未央「仮眠室で寝てる間に付けておいたよ」

P「そうだったのか・・・ありがとう」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:17:12.13 ID:nvVT6/WA0

未央「えっへへー。結構高い奴なんだよ?それ」

茜「なんだか目が冴えちゃって寝れない夜も、それを付ければ即、ボンバーです!」

藍子「寝れてるのかな、それ・・・」

P「よし、これでもっと頑張れるぞ。早速お仕事だ」スクッ

藍子「いや、Pさん。先にアイマスク外さないと危ないですよ」

P「ええ・・・でも、せっかくプレゼントしてもらったんだからできるだけ付けておきたいし・・・」

未央「どういう思考回路してんだあんた」

茜「そこまで喜んでくれて嬉しいです!」

P「ええと・・・あの資料は確か向こうの棚に・・・」フラフラ

藍子「ほら、Pさん危な・・・」



フニッ



藍子「ひゃあっ!?」

茜「!!」

未央「!!」

P「?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:17:47.73 ID:nvVT6/WA0

藍子「Pさん、今、今私の」

P「ん?ああ、今当たったの藍子か、ごめんな藍子」

未央「Pさんリアクションうっす!」

茜「そ、そうですよPさん!女の子のおっ・・・ゴニョゴニョを触っておいて!」

P「?なんだよ、背中に手が当たったぐらいで大袈裟だな・・・」

未央「・・・は?」

茜「背中・・・?」

藍子「・・・背中・・・」グスッ

P「お、おい。なんだよ」スッ

P「!?藍子!?どうして泣いてるんだ!?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:18:15.84 ID:nvVT6/WA0

茜「私達、早苗さん呼んできます!」ガラッ

P「え!?なんで!?」

未央「あんたがあーちゃんを辱めて傷つけたからだよ。Pさん」

P「お、俺が・・・?」

未央「じゃあね。ちゃんと私達が戻ってくるまでにあーちゃんに許してもらうんだよ」スタコラ

茜「さもなくば早苗さんがPさんにボンバーです!」ダダッ

P「ええ・・・あ、藍子?どうして泣いてるんだ?俺はいったいお前に何をしてしまったんだ?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:18:48.38 ID:nvVT6/WA0

藍子「・・・Pさん、もう一回私の背中を触ってみてください」

P「?お、おう・・・」ナデ

藍子(実際に触ってもらえれば・・・流石に前と後ろぐらい分かってもらえるはず・・・)

藍子「どうです。さっきと比べて、何か違いませんか?」

P「いや、別に・・・」ナデナデ

藍子「・・・そうですかっ」プイッ

P(涙目拗ね藍子可愛すぎ・・・)

P「も、もしかして、俺に触られるのそんなに気持ち悪かったか?」サッ

藍子「違います・・・なので背中を撫でるのはやめないでください・・・」

P「お、おうともよ」ナデ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:19:15.29 ID:nvVT6/WA0

P「まさか、俺が背中を触った拍子に、どこか怪我したとかか?」

藍子「違います・・・」

P「それとも、何か壊れたとか、傷ついたとか・・・」

藍子「さっきの事故で、私の心以外に傷ついた物はありません・・・」

P(じゃあ、なんだ?俺は一体何をやらかしてしまったんだ?)

P(考えろ・・・今までの会話を思い出すんだ・・・)



『女の子のおっ・・・ゴニョゴニョを触っておいて!』

『あんたが藍子ちゃんを辱めて傷つけたからだよ。Pさん』

『どうです。さっきと比べて、何か違いませんか?』

『・・・背中・・・』


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:19:46.71 ID:nvVT6/WA0

P「・・・」

P「・・・」ダラダラダラダラ

P「あの・・・藍子さんや」

藍子「はい」

P「俺はもしかしてさっき、お前の・・・」

藍子「・・・」コクリ

P「お腹を触ってしまったのか!」

藍子「え?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:20:24.49 ID:nvVT6/WA0

P「そ、それはすまなかった!俺みたいなおっさんに触られたくないよな!お腹!本当にすまなかった!」

藍子「・・・」

P「すまない!謝って済むことじゃないが、それでもすまない!藍子のお腹を触ってしまって本当にすまない!」

藍子「・・・がいます」

P「・・・え?」

藍子「違いますっ!」

P「え、ええッ!?何が!」

藍子「Pさんは、私の胸を触ったんです!!」

P「・・・・・・え?」

藍子「そ、それをPさんは、背中だとか、お腹だとか言ってぇ・・・酷いですっ!酷すぎます!!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:20:59.74 ID:nvVT6/WA0

P「す、すす、すいませんでしたッ!!」シュザッ

藍子「ううぅ・・・」

P「ほ、本当にすいませんでした!許してください!すいませんでした!」

藍子「・・・許して欲しいのは、早苗さんが怖いからですか?」

P「違う!俺、本当に申し訳なくて、このまま藍子に嫌われたままなのが嫌で。本当にすまなかった!なんでもするから許してくれ!」

藍子「・・・分かりました。もうこんな事が起きないようにしてくれたら、許してあげます」

P「あ、藍子!ありがとう!約束するよ!もうアイマスクしたまま歩いたりは・・・」

藍子「そうじゃありません」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:21:28.97 ID:nvVT6/WA0

P「・・・え?」

藍子「もう二度と、背中と胸を間違えないでくださいって事です」ガシッ

P「藍子?」

藍子「ほら・・・私の胸触ってくださいよ・・・背中と胸の違いが分かるようになるまで・・・いっぱい・・・」グイグイ

P「藍子!何か目がグルグルしてる!正気に戻れ藍子!」

P(まずい!このままでは俺の腕が藍子に・・・)

茜「ボンバー!」ガチャッ

早苗「到着!」

P「え」

藍子「あ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:21:55.50 ID:nvVT6/WA0

早苗「・・・未央ちゃん、話が違うんだけど。これは?」

未央「うーむ、どうやら彼は贖罪するどころか、新たな罪を重ねてしまったようですね」

早苗「うん。アウト♪」ガッ

P「えあちょっ、これは違うんです!」

早苗「話は署で聞いてあげるわ」ギリギリギリ

P「ちょっ、ていうか早苗さん胸!胸が当たってます!」ズルズルズル

藍子「早苗さんのはすぐ分かるんですね・・・」

P「あ、いや、藍子!これも違うんだ!」

藍子「・・・Pさんなんて知りません」プイッ

薄れゆく意識の中、俺が最後に見た物は、そんな藍子の背中だった。

                                 ー終ー


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:22:31.20 ID:nvVT6/WA0

以上です。

読んでくれてありがとうございました。


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 00:23:36.68 ID:7MDvT+dto

乙。面白かった



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿