TOP > アイドルマスター > 黒井「おいしいコーヒーが飲みたい」

黒井「おいしいコーヒーが飲みたい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 22:59:59.87 ID:+3PrzLYv0

―――――――――961プロ社長室

黒井「……」カタカタ……

黒井「ふむ、こんなものか……一息入れるか……」

ズズ……ゴクリ

黒井「……まずい」

プルルル、ガチャ

黒井「なんだ?」

受付「黒井社長にお会いしたいという方がお見えになっています」

黒井「今日のスケジュールに人に会う約束はない。アポをとって出直せと言え」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:02:30.80 ID:+3PrzLYv0

受付「それが、昔の知り合いだと申されまして……」

黒井「知り合いだと……?チッ、モニターをこちらによこせ」

受付「かしこまりました」

黒井「いったい誰だ……」

黒井「……!通せ」

受付「は?」

黒井「私に二度言わせる気か」

受付「も、申し訳ございません!ただいまお通しいたします」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:05:32.14 ID:+3PrzLYv0

……そして

翔太「ふう、今日のレッスンもハードだったねえ」

冬馬「だらしねえな。このくらいで根をあげてんじゃねえ。このあとテレビの収録もあんのに、そんなんでどうする」

翔太「もう、冬馬くんは厳しいなあ」

北斗「ははは……ん?」

???「……」スタスタ……


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:08:37.20 ID:+3PrzLYv0

北斗「へえ」ピュウ!←口笛

冬馬「すっげえ美人。誰だあいつ」

翔太「あれあれ?冬馬くん、ああいうのがタイプ?」

冬馬「はあ?くだらねえこと言ってんじゃねえ」

翔太「さっすが冬馬くん、あんなキレイな人をみても相手にしないとは、ハードル高いねえ!」

冬馬「……翔太、てめえ……」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:11:34.77 ID:+3PrzLYv0

案内係「こちらです。失礼します」コンコン、ガチャ

???「失礼します」……バタン

北斗「社長の部屋に入っていったぞ……」

冬馬「まさか、アイドル候補生か?」

翔太「もしかして、恋人?クロちゃんもやるねえ!」

冬馬「まさか……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:14:34.13 ID:+3PrzLYv0

―――――――961プロ社長室

???「……」

黒井「おまえは下がっていい」

案内係「かしこまりました。失礼します」ガチャ……バタン

???「……」

黒井「……久しぶりだな」



黒井「音無小鳥」

小鳥「お久しぶりです。黒井社長……」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:17:35.77 ID:+3PrzLYv0

……そして

―――――社長室前廊下

冬馬「おい、くだらねえことやってんじゃねえ」

翔太「いいじゃない、ちょっとくらい」

北斗「なんか、おもしろそうだろ?」

冬馬「オレは興味ねえ」

翔太「そうやって自分の興味以外のものを排除してると、女の子に嫌われちゃうよ?」

冬馬「そんなことねえ!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:20:32.56 ID:+3PrzLYv0

北斗「それにしても中の声が聞こえないな」

翔太「ちょっとドア開けてみようか」

冬馬「おい、止めとけって」

翔太「冬馬くん、しっ!」

冬馬「あ、す、すまねえ……じゃねえ!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:23:31.06 ID:+3PrzLYv0

カ……チャ……

北斗(開いたよ……)

冬馬(お、おう……)

翔太(どうなってる、どうなってる……?)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:26:33.38 ID:+3PrzLYv0

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

冬馬(なんだあ?オッサン、客に構わず仕事してるぞ)

北斗(女性のほうも、ソファに座ってるだけだ……)

翔太(まあまあ、もう少し見ててみようよ)


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:29:31.74 ID:+3PrzLYv0

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

プルルル……ガチャ

黒井「なんだ。……そうか、わかった。こちらにデータを転送しろ」

黒井「また、そのデータを元にジュピターのレッスンメニュー変更を通達。変更データはいつもの時間にこちらに転送。以上だ」ガチャ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:32:32.51 ID:+3PrzLYv0

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

冬馬(おい、いったいどうなってんだよ)

北斗(オレに聞かれても……)

翔太(まったく、せっかちだねえ……きっと、これからおもしろいことが起きるんだよ)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:36:00.97 ID:+3PrzLYv0

冬馬(なんだよ、おもしろいことって)

翔太(無粋なこと聞くなあ、冬馬くんは)

冬馬(はあ?)

翔太(そんなのもちろん……男と女、二人が集まったら、やることは……)



黒井「……なにをやっている」

冬馬・翔太・北斗「!!!」ドキッ!!


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:39:38.16 ID:+3PrzLYv0

黒井「……レッスンはどうした」

翔太「あはは、終わったに決まってるじゃないですか~」

翔太「ボクたち、仕事には粉骨砕身の覚悟で熱心に取り組んでますから~」

黒井「ほお、そうか。ならば、こんなところで油を売ってないで、早く次の仕事へ行け」

翔太「は、は~い!ごゆっくり~」スタスタスタ……

冬馬「心臓が止まるかと思ったぜ……」

北斗「少し残念だがな」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:42:32.81 ID:+3PrzLYv0

――――――――961プロ社長室

黒井「……まったく……」

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「あの……」

黒井「……なんだ」カタカタ……

小鳥「今のは……」

黒井「ジュピターだ。指示を仰いできたので、次の仕事へ行くように指示を出しただけだ。気にする必要はない」

小鳥「そうですか……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:45:32.28 ID:+3PrzLYv0

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「あの……」

黒井「……なんだ」カタカタ……

小鳥「……忙しそうですね……」

黒井「……仮にも社長だからな」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:48:31.64 ID:+3PrzLYv0

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「あの、聞かないんですか?私がここに来た理由……」

黒井「……きいたら、答えるのかい」

小鳥「……」

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……プッ、フフフ」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:51:42.52 ID:+3PrzLYv0

黒井「……なんだ」

小鳥「……変わりませんね、黒井さん」

黒井「……そうか」カタカタ……

小鳥「ええ。今の問答も、何度したか」

黒井「……そうだったかな」

小鳥「ええ、何度も、何度もしましたよ。あたしは覚えています」

黒井「……そうか」

小鳥「ごめんなさい、突然押しかけてしまって……」

黒井「……気にすることはないさ」

小鳥「ありがとうございます……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:54:54.72 ID:+3PrzLYv0

黒井「……」カタカタ……

小鳥「……」

黒井「……」カタ……

黒井「……コーヒー」

小鳥「はい?」

黒井「コーヒーが飲みたい。久しぶりに、キミが淹れてくれたコーヒーを」

黒井「お願いできるかい?音無くん」

小鳥「はい!」

ポパ ガチャ

黒井「私だ。至急来い。客人を給湯室まで案内して差し上げろ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 23:58:03.70 ID:+3PrzLYv0

……そして

小鳥「どうぞ」

黒井「ありがとう」

小鳥「熱いですから、気をつけてください」

黒井「私がそんなミスを犯すと思うか?」

小鳥「ふふ、思いません」

黒井「当然だ」ズズ……ゴクリ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:01:31.73 ID:7qITxUAp0

黒井「……おいしい」

小鳥「よかった」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:05:01.61 ID:7qITxUAp0

黒井「……」

小鳥「……あたし……」

黒井「?」

小鳥「ときどき、わからなくなるんです」

黒井「わからなくなる?」

小鳥「……この淹れ方で、本当に良いのか……」

黒井「……」

小鳥「……あたしがこれでいいと思っても、飲む相手がおいしいと思うとは限りませんから……」

黒井「……」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:09:21.01 ID:7qITxUAp0

小鳥「あたしが淹れたコーヒーを、望んでいるのかも……」

黒井「……」

黒井「……大丈夫さ」

小鳥「え?」

黒井「今まで、キミが淹れたコーヒーを、おいしいと言って飲む人間は多かったろう?」

黒井「特に、あの高木はな」

小鳥「黒井さん……も?」

黒井「……ああ、もちろん、私もさ」

小鳥「……」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:12:53.81 ID:7qITxUAp0

黒井「高木では砂糖をいれすぎる」

黒井「私は砂糖のいれ方を知らない」

黒井「だが、キミなら、上手に調節できるだろう……」

小鳥「黒井……さん……」

小鳥「でも……」

黒井「キミは、ホットもアイスコーヒーもおいしく淹れられるじゃないか」

小鳥「……」

黒井「が、私はキミが淹れてくれたこの味が一番好きだがね……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:16:54.38 ID:7qITxUAp0

黒井「キミは、こんなにおいしいコーヒーを淹れられるんだ」

黒井「なにも恐れることはない……自信を持ちたまえ」

小鳥「……」

ポパ ガチャ

黒井「私だ。客人を送ってくる。車の用意と、すぐ戻るが、少しだけ留守を頼む」ガチャ

小鳥「黒井さん……」

黒井「キミが飲ませたがっている相手も、おいしいと言ってくれるさ。必ずな」

小鳥「……はい!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:20:52.39 ID:7qITxUAp0

―――――――そして

黒井「ここでいいかな」

小鳥「はい。……今日は、ありがとうございました、黒井さん」

黒井「それは、ごちそうされた私のセリフさ」

小鳥「……」

小鳥「黒井さん、たまには砂糖とミルクをいれて飲んでみてはいかがですか?」

黒井「私はダメさ……加減がわからない」

黒井「それに私は、ブラックが好きなのさ」

小鳥「フフフ……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:24:13.31 ID:7qITxUAp0

小鳥「……黒井さん、また来てもいいですか?」

黒井「あいにく私は765プロと違って忙しい身でね」

黒井「今日は奇跡的にヒマができたが、そう簡単に時間は取れないな」

小鳥「……」

黒井「……」

黒井「……だがまあ、仕事の合間に、コーヒーを飲みたくなることはよくあるし」

黒井「どっかの無能な社長と違って、私は仕事ができる男だ」

黒井「美味しいコーヒーを淹れてくれる人間とコーヒー談義をするくらいの休憩時間なら、いつでもとれるだろうな」

小鳥「フフフ……その時はぜひ、私に淹れさせてください」

黒井「フッ……では、失礼する」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:27:34.68 ID:7qITxUAp0

―――――次の日

―――――765プロ

律子「おはようございます、小鳥さん」

小鳥「おはようございます、律子さん」

律子「どうでした?久しぶりの休暇は」

小鳥「ええ、充分静養できました」

律子「それはよかった」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:30:32.83 ID:7qITxUAp0

ガチャ

P「おはようございます」

律子「おはようございます、プロデューサー殿」

小鳥「おはようございます、プロデューサーさん」

P「お、コーヒーのいい香りですね」

小鳥「今、淹れますから、ちょっと待っててくださいね」

P「あ、すみません……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:34:02.54 ID:7qITxUAp0

小鳥「律子さんはいかがですか?」

律子「ありがとうございます。でも、今朝、飲んできましたから……」

小鳥「そうですか」

小鳥「……」

P「さて、今日は……っと……」

小鳥「プロデューサーさん、どうぞ」

P「あ、ありがとうございます。音無さん」ズッ……


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:37:20.97 ID:7qITxUAp0

P「ぶ、苦っ!これ、ブラックですか」

小鳥「ええ、たまにはいいと思って」

P「は、はあ……」

小鳥「ダメですよ、プロデューサーさん」

P「え?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:41:01.80 ID:7qITxUAp0

小鳥「ホットにアイス。砂糖を多めに入れたがる人もいれば、ブラックが好きな人もいる」

小鳥「それと同じです。環境が変われば考え方も変わるかもしれません。でも、人によって好みや得意分野がある」

小鳥「それぞれ加減をかえて好みや相性に合わせて柔軟に対応しないと」

P「音無さん……」

小鳥「それでもダメなときは、コーヒーでも飲んで、リラックスしてじっくり考えてください」

小鳥「そうすれば、おのずと道は開けます」

P「……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:44:17.11 ID:7qITxUAp0

P「……フ、まったく、音無さんには敵いませんね」

P「オレ、かっこ悪いなァ。全部、お見通しでしたか」

小鳥「伊達にあなたより年取ってないんですよ、私」

P「そうでしたね」

ガチャ

春香「おはようございまーす!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:47:37.78 ID:7qITxUAp0

P「おはよう、春香……」

春香「ぷ、プロデューサーさん……」

P「その、……この前はすまなかった!ごめん!」

春香「プロデューサーさん、あ、謝らないでくださいよ!あれは、私も悪かったと思いますし……」

P「いや、そんなことない。オレが全部悪かった」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:51:12.45 ID:7qITxUAp0

P「オレ、焦ってたんだ。春香のアイドルランクが上がって、この先どうすればいいか考えてたら、不安になってさ……」

P「その不安を拭おうとして、おまえにやつ当たってしまっただけだった」

P「本当にすまなかった!」

春香「プロデューサーさん……」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:54:11.19 ID:7qITxUAp0

春香「私こそごめんなさい、プロデューサーさんがそこまで思いつめてたなんて知らなくて、勝手なことばかり言って……」

春香「でも、私たち、パートナーじゃないですか。なのに、話し合って、一緒に考えていくことができないなんて、嫌です」

P「ああ、春香の言うとおりだ。オレは、オレの意見を押し付けてただけだった」

春香「私、もう少しこのままでやってみたいんです。どこまで通じるかわかりませんけど、試してみたいんです」

P「そうだな、今のスタイルで、春香が評価され始めたんだ。今はこのままの春香をファンは求めているんだろう。焦って変える必要はないな」

P「オレはそれを、全力で支援するだけだ」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 00:58:06.36 ID:7qITxUAp0

春香「でも、いつかイメチェンすることがあっても、ああいうのはいくらなんでも私には合わないと思います!」

P「そ、そうか?考え直してみるよ……」

春香「違いますよね?一緒に考えていくんです!」

P「ああ、そうだな」

春香「これからも、よろしくお願いします!プロデューサーさん!」

P「ああ、よろしくな!春香!」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:02:34.16 ID:7qITxUAp0

律子「一件落着、ですね」

小鳥「ええ」

律子「さすがですね、小鳥さん」

小鳥「私はコーヒーを淹れただけですよ……なーんて」

律子「フフフ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:06:14.55 ID:7qITxUAp0

小鳥「さあ、春香ちゃんも、一杯どう?」

春香「あ、いただきます!」

小鳥「どう?たまにはブラックなんて」

春香「え、えー、今日は遠慮しときます。それに、いつも小鳥さんが淹れてくれるコーヒー好きですし……」

小鳥「あら、ありがとう。でも、ブラックもおいしいんだけどなー」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:10:06.41 ID:7qITxUAp0

P「あはは、もしかしたら仕事は苦いかもしれないんだ、コーヒーくらいは甘くないとな!」

律子「プッ、うまいこと言ったつもりですか?」

春香「それに、おいしい仕事にするのは、アイドルとプロデューサーの力の見せ所ですよ!」

P「これは一本取られたな」

全員「あはははははははは!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:14:14.88 ID:7qITxUAp0

―――――961プロ社長室

黒井「……」

ズズ……ゴクリ

黒井「……まずい」

黒井「……私としたことが、砂糖をいれすぎたか」

黒井「……」

黒井「また、おいしいコーヒーが飲みたい」



終わり


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:18:22.39 ID:7qITxUAp0

終わりです

見てくれた人、支援してくれた人、ありがとう


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:21:55.45 ID:7qITxUAp0

おまけ

高木「おお、みんな、おはよう」

全員「おはようございます」

高木「今日も一日、頑張ってくれたまえ」

全員「はい!」

高木「うむ、コーヒーのいい香りだ。音無くん、私にも一杯淹れてくれないか」

小鳥「かしこまりました」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:24:57.31 ID:7qITxUAp0

高木「おっと、今日はブラックを頼む」

小鳥「ブラックですか?わかりました」

律子「珍しいですね、社長がブラックなんて」

高木「はは、私は確かにあまりブラックが好みではないが……」

高木「今度、一緒にコーヒーでも飲みたいヤツがいてね、そいつは、ブラックが好きなのさ」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:28:03.17 ID:7qITxUAp0

高木「砂糖をいれすぎる私を、よくバカにしてきたものだ」

高木「だが、そろそろ私も、ブラックのおいしさを知って見ようかと思ってね……」

小鳥「……」

小鳥「大丈夫ですよ、社長」

高木「え?」

小鳥「その人もきっと、砂糖やミルクいりのおいしさをわかっていますから」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:31:48.44 ID:7qITxUAp0

高木「……そうかな」

小鳥「そうですよ」

高木「……そうか」

小鳥「ええ」

律子「?」



終わり


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:36:18.72 ID:7qITxUAp0

今度こそ本当に終わり

見てくれた人、ありがとう


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/07(月) 01:37:44.97 ID:0ST5R94Z0

おつ



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿