TOP > キルミーベイベー > やすな「は!私援助交際の才能あるかも!?」

やすな「は!私援助交際の才能あるかも!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:49:12.52 ID:L03Z0K0m0

やすな「というわけでソーニャちゃん!買って?」

ソーニャ「ぬーーーん!!!」ドガァ

やすな「ぉっほーぃ!痛いよソーニャちゃん!」

ソーニャ「お前が馬鹿なこと言うからだろ……」

やすな「ひんひん……もういいよ、他の人に買ってもらうから!」ダッ

ソーニャ「あ、待っ……。ったく、飽きたらすぐ帰ってくるか……」

<アッ、アギリサン
<アラ~、ドウシマシタ~?
<エンコウデス、カッテクダサイ!
<イイデスネ、ジャアブシツニイキマショウカ~

ソーニャ「おいコラ待てー!?」バッ

ソーニャ「やすなァッ!!!」

やすな「そ、ソーニャちゃん!なに!?」

ソーニャ「お前は!お前は私が買ってやる!ほら!」ドサッ

やすな「え、なんでこんな大金ってわわぁ!!!」グイッ

ソーニャ「お前は誰にも渡さないんだからな」

おわり


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 21:55:34.19 ID:8Fe4hVnx0

やすな「って感じになるはず」

ソーニャ「……」

やすな「は!私援助交際の才能あるかも!?」

ソーニャ「そうか」

やすな「というわけでソーニャちゃん!買って?」

ソーニャ「ぬーーーん!!!」ドガァ

やすな「ぉっほーぃ!痛いよソーニャちゃん!」

ソーニャ「お前が馬鹿なこと言うからだろ……」

やすな「ひんひん……もういいよ、他の人に買ってもらうから!」ダッ

ソーニャ「勝手にしろ」

やすな(ふっふっふ……そんなこといってぇホントは気が気じゃないはず)

やすな「あぎりさーん!!エンコーです買ってください!!」

あぎり「え~?いやです」

やすな「?!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:11:46.70 ID:8Fe4hVnx0

やすな「買ってください!!お願いします!!私の計画が台無しになるんです!!」ペコペコ

あぎり「でも~援助交際は捕まりますし」

やすな「とりあえず形だけでいいんで!!」

あぎり「いやで~す」

やすな「あぁ!!あぎりさ~ん!!!」

やすな「うぅ……ソーニャちゃんの心を鷲掴み計画がぁ……」

やすな「くそぉ!くそぉ!!いい方法だと思ったのにぃ!!」

やすな「そうだ!!」ダダッ

やすな「―――私のこと買うひとー!!!!」

「なんかやすなが言い出したぞ」

「また折部さんか……」

やすな「あっれー?誰も買ってくれないのー?!」

ソーニャ(あいつ、マジでなにやってんだ)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:15:43.28 ID:8Fe4hVnx0

やすな「ソーニャちゃぁん……」

ソーニャ「……」

やすな「わたしをかってくだせぇ……」

ソーニャ「いやだよ」

やすな「なんでもするからぁ」

ソーニャ「お前なんてなんの役にも立たないだろ」

やすな「そんなぁ~!!」

ソーニャ「大体、買ったら購買者にどんなメリットがあるんだ?」

やすな「うーん……私とイチャイチャできるっ!!」

ソーニャ「いらねー」

やすな「あと……私が毎朝起こしてくれるっ!!」

ソーニャ「くだらねー」

やすな「あとは……えっと……なんか癒されるでしょ?えへっ」

ソーニャ「金をドブに捨てたほうがマシだな」

やすな「うほぉ!?心がえぐられたぁ!!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:19:35.47 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「もう黙ってろ」

やすな「くそぉ!!くそぉ!!」

やすな「どうして私を買ってくれないのぉ!!くそぉ!!」

ソーニャ「需要がないからだな」

やすな「……はっ!!なるほど。需要があればいいんだね!!」

ソーニャ「お前に需要が生まれるときなんてあるのか?」

やすな「ふっふっふ。ないなら作ればいいんだよぉ」

ソーニャ「ふーん。ま、私に迷惑のかからないところでがんばってくれ」

やすな「くっくっく……」

やすな(今にみてろぉ。ぜったいに私を買わせてやるんだからぁ)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:22:54.85 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ(トイレ……)スタスタ

ガチャ……バタン

ソーニャ「ふぅ……」

トントン

ソーニャ(ん……?入ってるの分かるだろ)トントン

トントン

ソーニャ(別のところ空いてるだろ……)トントン

トントン

ソーニャ「……」イラッ

ソーニャ「入ってる」

トントン

ソーニャ「……入ってるっていってるだろぉ!!!」ドガァ

ソーニャ「まったく……」

トントン

ソーニャ「な……なんだよ!!おい!!やすなか!!やすなだろ!!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:26:03.02 ID:8Fe4hVnx0

トントン

ソーニャ「しつこい!!」

―――ドンドンドンドン!!!!!

ソーニャ「ひぃ!?」ビクッ

ソーニャ「くそ……いい加減にしろよ!!!」

ガチャ

ソーニャ「やす―――あれ……いない?」

ソーニャ「……」キョロキョロ

ソーニャ「……おい!!やすな!!いるんだろ!!でてこい!!」

シーン

ソーニャ「……」

ソーニャ「……」スタスタ

あぎり「ソーニャ~、おこまりですか~?」

ソーニャ「別に」スタスタ


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:28:47.66 ID:8Fe4hVnx0

やすな「あ、おかえり」

ソーニャ「おい!!」

やすな「な、なに!?」

ソーニャ「悪戯にもやっていいこととわるいことがある!!」

やすな「え?え?なんのこと?」

ソーニャ「トイレのドア、殴打しただろ!!」

やすな「してないよ!!なにいってるの?!」

ソーニャ「嘘だな!!」

やすな「嘘じゃない!!」

ソーニャ「嘘だ!!」

やすな「みんなに聞いてみてよ!!私はずっと教室にいたよ!!」

ソーニャ「……嘘だろ?」

やすな「本当だってば」

ソーニャ「……」

やすな「ソーニャちゃん、大丈夫?」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:31:58.76 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」

やすな「ソーニャちゃん?」

ソーニャ「悪い。やすなじゃないなら、誰があんなことを……」

やすな「……」

ソーニャ(ちくしょう……まだ、途中だったから……また行きたくなってきたじゃないか……)モジモジ

やすな「ソーニャちゃん、どうかしたの?」

ソーニャ「うるさい!!おまえはここにいろ!!いいな!!」

やすな「うん」

ソーニャ「……」スタスタ

ソーニャ(別のトイレにいけばいいだろう)

ソーニャ(できるだけ遠くのトイレだ……)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:35:14.91 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「ここなら大丈夫……問題はない」

ソーニャ「尾行している奴もいない」

ソーニャ「他の個室にも人影はない」

ソーニャ「よし」

バタン

ソーニャ「ふぅ……これで―――」

トントン

ソーニャ「……!?」ビクッ

ソーニャ「やすな……だろ……?」

トントン

ソーニャ「やすななんだろ!?」

ドンドンドンドン!!!!

ソーニャ「ひぃ!?」

ドンドンドンドン!!!!!

ソーニャ「あぁ……もうでる!!!」ガチャ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:38:20.62 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「はぁ……はぁ……」

やすな「ソーニャちゃん、顔真っ青だよ?」

ソーニャ「な、なんでもない……」

ソーニャ(なんだよ……あれ……なにが……)

やすな「ソーニャちゃん?」

ソーニャ「なんだ……?」

やすな「なんでトイレットペーパー片手にもどってきたの?」

ソーニャ「あ……こ、これは……途中で拭きなが―――ってなにいわせんだ!!!」ドガァ

やすな「ごっほぉ!?」

ソーニャ「くそ……」ガタガタ

やすな「いたた……」

ソーニャ(ふざけるな……くそ……)ガタガタ


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:41:48.02 ID:8Fe4hVnx0

つぎのひ

ソーニャ「……」

ソーニャ(トイレに行きたくなってきた)モジモジ

やすな「らんらーん」

ソーニャ「……」スクッ

やすな「どこかいくの?」

ソーニャ「手洗いに。……やすなは?」

やすな「え?私は別に」

ソーニャ「そ、そうか……」

やすな「なになに?なにかあるの?」

ソーニャ「いや……なんでもない」

ソーニャ(大丈夫……空想の産物が実際にいるわけない)

ソーニャ「いくぞっ!!」

やすな「気合はいってるね」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:45:59.44 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」キョロキョロ

ソーニャ「よし……いない」

バタン

ソーニャ「……」

ソーニャ「ふぅ……」

ソーニャ「……やっぱりあれは夢だったんだな」ホッ

ソーニャ「さてと……」ジャー

ソーニャ「……ん?」

ソーニャ「な、なんだ……?扉が……あかない……!!」グッ

ソーニャ「な、なんで……!?おい!!だれかいるのか!!おい!!」ドンドン

ソーニャ「あけろ!!おい!!やすなだろ!!いい加減にしろ!!」ドンドン

ソーニャ「こら!!今なら怒らないから!!」ドンドン

クスクスクス……

ソーニャ「なっ……なんだよぉ……おい……」ブルブル

ソーニャ「あけろ!!たのむ!!あけてくれー!!」ドンドン


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:49:53.01 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「だれかぁ!!あけて!!」ドンドン

ソーニャ「やすなぁ!!おい!!やすなぁ!!!」ドンドン

やすな「ソーニャちゃん?よんだぁ?」

ソーニャ「やすな!!やっぱりお前か!!あけろ!!おい!!」

やすな「開けろって……引いたらあくよ?」

ソーニャ「だから、それがあかないんだよ!!」

やすな「えー?」ガチャ

ソーニャ「あ……」

やすな「なんだぁ。開くじゃない」

ソーニャ「……」

やすな「ソーニャちゃん?」

ソーニャ「お前だろ!?お前が開かないようにしたんだろ?!」

やすな「今、来たばかりだよ!!」

ソーニャ「だったら、あの個室になにか仕掛けを……!!」

やすな「私の仕掛けなんてソーニャちゃんならすぐに見破っちゃうじゃん」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:52:27.31 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」

やすな「どうかしたの?昨日から変だよ?」

ソーニャ「どけ!!」

やすな「あ……」

ソーニャ「……」スタスタ

ソーニャ(くそ……なんだ……なんだこれ……)

ソーニャ(一体……誰の悪戯だよ……!!!)

あぎり「おこまりですか~」

ソーニャ「……」

あぎり「んー?」

ソーニャ「おい。頼みがある」

あぎり「なんでしょ~?」

ソーニャ「全てのトイレを調べてくれ。異常がないかどうか」

あぎり「わかりました~」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:55:21.04 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」ガタガタ

やすな「寒いの?」

ソーニャ「そんなんじゃない……」ガタガタ

あぎり「ソーニャ~」

ソーニャ「どうだった?!」

あぎり「異常はな~し」

ソーニャ「本当か?細工された痕跡もなかったのか?!」

あぎり「はい。ありませんね~」

ソーニャ「そ、そうなのか……」

やすな「なになに?なにかあったの?」

ソーニャ「……」

ソーニャ(これからどうしたらいい……)

ソーニャ(学校でトイレにいけないじゃないか……おい……)ガタガタ


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 22:58:58.24 ID:8Fe4hVnx0

つぎのひ

ソーニャ(そして案の定……トイレに行きたくなるわけだが……)モジモジ

ソーニャ(外でするか……?)

ソーニャ(流石にそれは……だめだな……)

やすな「―――私のこと買う人ー!!!」

「またやってる」

「折部さんを買う人とかいるのかなぁ?」

やすな「援助交際しませんかぁー!!」

ソーニャ「……」スタスタ

やすな「なに?」

ソーニャ「いくらだ」

やすな「え?」

ソーニャ「いくらで買えるんだよ?」

やすな「一日500円!!」

ソーニャ「買った!!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:02:26.01 ID:8Fe4hVnx0

やすな「まいどありぃ!!」

ソーニャ「で、一緒にいるんだな?ずっと」

やすな「いるよー」

ソーニャ「よし。ついて来い」

やすな「はぁーい。手とか握らなくていい?」

ソーニャ「いらん!!余計なことはするな!!」

やすな「わかった」

ソーニャ「とにかく近くにいればいい。いいな?」

やすな「うん」

ソーニャ「……」スタスタ

やすな「で、どこいくの?」

ソーニャ「手洗いだ」

やすな「そっかぁ。私も丁度行こうとおもってたんだぁ」

ソーニャ「タイミング悪いな……くそ……買う前に言えよ……」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:04:50.78 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」キョロキョロ

やすな「どうしたの?」

ソーニャ「うるさい」

やすな「わたしもトイレー」ガチャ

ソーニャ「……」ガチャ

バタン

ソーニャ「おい、いるよな?」

やすな「いるよー」

ソーニャ「よし」

ソーニャ「……」スルッ

トントン

ソーニャ「……!?」ビクッ

トントン

ソーニャ「やすな!!いるよな!!やすな!!」ビクビク

やすな「いるよー?どうかしたー?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:08:25.91 ID:8Fe4hVnx0

トントン

ソーニャ「やすな!!上の隙間からこっちにこい!!」

やすな「なんでー?」

ソーニャ「お前を買ったんだぞ!!言うこと聞け!!」

やすな「でも、どうやっていけばいいのぉ?届かないけどぉ」

ソーニャ「なんか足場があるだろ!!」

ドンドンドンドン!!!!

ソーニャ「うわぁぁ!!!やすな!!早くこい!!頼む!!!」

やすな「ちょっと待ってよ……これ……むり……」

ソーニャ「やすな!!はやくしてくれ!!」

ドンドンドン!!!

ソーニャ「あぁぁ!!!!」ガクガク

やすな「ソーニャちゃーん、やっほー」

ソーニャ「顔だけ見せるな!!早くこい!!受け止めるから!!!」

やすな「流石にこわいんだけど……」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:12:01.63 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「もういい!!私がそっちにいく!!!」シュバッ

やすな「わぁぁ!」

ソーニャ「はぁ……はぁ……」

やすな「ソーニャちゃん!!パンツはいて!!パンツ!!膝のところまで落ちてるから!!」

ソーニャ「……」ギュゥゥ

やすな「ソーニャちゃん?」

ソーニャ「はぁ……はぁ……用を足すから向こうむいてろ」

やすな「う、うん……」

ソーニャ「……手は握ってろ」

やすな「うん」

ソーニャ「ん……」

やすな「……」

ソーニャ「終わった……。出るぞ」

やすな「本当にどうしたの?」

ソーニャ「黙ってろ。私は雇い主だぞ」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:15:58.12 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」ギュゥゥ

やすな「ソーニャちゃん……」

あぎり「なかよしですね~」

やすな「あぎりさん」

あぎり「やすなさん、エンコーまだしてるんですか~?」

やすな「してますよ」

あぎり「じゃあ、買います~。ちょっと協力してほしいことがあるので~」

やすな「1日500円です」

あぎり「じゃあ、三日分買いますね~」

やすな「はい!!」

あぎり「それでは、明日からおねがいしま~す」

やすな「わかりました!!」

ソーニャ「……」ギュゥゥ

やすな「ソーニャちゃん、歩きにくいよ」

ソーニャ「うるさい……援助切るぞ……」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:18:57.91 ID:8Fe4hVnx0

やすな「帰ろうか!!」

ソーニャ「おい」

やすな「なに?」

ソーニャ「いくぞ」

やすな「どこに?」

ソーニャ「お前の家だ」

やすな「なんで?」

ソーニャ「今日一日、お前は私から離れないんだろ!!!私の家は教えられないから、お前の家に泊まる!!」

ソーニャ「そうだろ?!」

やすな「う、うん……そうですね……」

ソーニャ「ほら、かえるぞ」

やすな「よっしゃー!!いくよー!!」

ソーニャ「……」スタスタ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:21:45.08 ID:8Fe4hVnx0

やすな「ここだよー」

ソーニャ「ふーん。割と普通だな」

やすな「はいってはいってー」

ソーニャ「……」キョロキョロ

やすな「なに?なにを探してるの?」

ソーニャ「悪い。初めての家屋に入ると罠がないが探る癖があるんだ」

やすな「職業病ってやつ?」

ソーニャ「ああ」

やすな「たいへんだねえ」

ソーニャ「まぁな……」

やすな「はい、部屋にいこー!!」

ソーニャ「異常はないか……」

ソーニャ「ま、あっても困るけどな」スタスタ


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:24:43.75 ID:8Fe4hVnx0

しんや

やすな「すやすや……」

ソーニャ「……」ムクッ

ソーニャ「トイレ……」

ソーニャ「……」

ソーニャ「やすな……やすな……」ユサユサ

やすな「ん……?な、なに?」

ソーニャ「トイレにいく。ついてこい」

やすな「ひとりでいきなよぉ……むにゃむにゃ……」

ソーニャ「まだ1日たってないぞ!!」

やすな「え~?」

ソーニャ「早くおきろ!!」

やすな「もう日付は変わったから無効ってことで~」

ソーニャ「ふざけんな!!おい!!」

ソーニャ「くそ……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:27:28.30 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」

ソーニャ「いや……良く考えれば、ここは学校じゃない」

ソーニャ「はは……仕掛けもないことは確認してるし、なにを怖がることがあるんだ……」

ソーニャ「さ……いくか」スタスタ

シーン

ソーニャ「……ここだな」ゴクリッ

ソーニャ「……」

ソーニャ「……っ」ダダッ

ソーニャ「―――やすな!!」

やすな「ぐぅー」

ソーニャ「……」

ソーニャ「……もういい!!」

ソーニャ「ね、ねる!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:29:55.00 ID:8Fe4hVnx0

つぎのひ

ソーニャ「……」ガバッ!!

ソーニャ「……」バッ

ソーニャ「……」

やすな「おはよぉ……」ムクッ

ソーニャ「ふん!!!」ググッ

やすな「おぉぉ!?朝一で首を……!?」

ゴキィ

やすな「」

ソーニャ「……ふぅ」

ソーニャ「……」ゴソゴソ

ソーニャ「よっこいしょ……」

ソーニャ「……これでよし」

ソーニャ「着替えるか」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:34:24.55 ID:8Fe4hVnx0

やすな「うわぁぁぁ!!!ソーニャちゃぁぁん!!!」

ソーニャ「どうした?うるさいな」

やすな「お、おねしょしちゃったぁ!!!」

ソーニャ「うわ……マジか」

やすな「どうしよう!!どうしよう!!」オロオロ

ソーニャ「恥ずかしいやつだな」

やすな「誰にもいわないでね!!いわないでね!!」

ソーニャ「お前じゃないんだ。言うわけないだろ」

やすな「うぅ……ありがとう……ソーニャちゃぁん」ウルウル

ソーニャ「ふん……」

やすな「よぉーし!!今日はソーニャちゃんの分のお弁当もつくっちゃうからぁ!!」

ソーニャ「あ、ああ」

やすな「ちょっと待っててね!!」ダダッ

ソーニャ「……」

ソーニャ(悪い……やすな……)


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:38:08.32 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」

やすな「あ、そーだ」

ソーニャ「おい。やすな」

やすな「なに?」

ソーニャ「今日も買うぞ。ほら」

やすな「ごめんね。三日間はあぎりさんとエンコーなんだ」

ソーニャ「なに?!」

やすな「三日後ならいいよ?」

ソーニャ「倍額出す!!」

やすな「そ、そんなこといわれても困るよ」

ソーニャ「頼む!!もう一日だけでいいから!!」

やすな「いやいや。あぎりさんのこともあるから」

ソーニャ「そ、そんな……」

やすな「それじゃあ」

ソーニャ「……」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:43:13.28 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ(三日間も一人でトイレに行かなきゃならないのかよ……)ブルブル

ソーニャ(なんだよ……それ……地獄かここは……?)ガクガク

ソーニャ「……」ブルブル

ソーニャ「……そ、そうだ!!」

ソーニャ「―――やすな!!」

やすな「どうしたの?」

あぎり「ソーニャ、おはよ~」

ソーニャ「私とエンコーしよう!!」

やすな「え?」

ソーニャ「一日10円でいい!!買ってくれ!!」

やすな「えぇ!?やっす!!買った!!」

ソーニャ「よ、よし……これで」

やすな「あ、でも、今はあぎりさんと交際中だから……三日後ね」

ソーニャ「なにいってんだ!!今すぐ付き合えよ!!!」

やすな「こっちはソーニャちゃんを買ったほうだよ?言うこときいてよ」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:47:55.44 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「た、確かにそうだけど……さ……」

あぎり「なにかおこまりですか~?」

ソーニャ「……いや、いい」

やすな「ごめんね」

ソーニャ「……」トボトボ

ソーニャ(くそ……早くしないと尿意が……くるかもしれない……)

ソーニャ(生理現象だけはどうしようもないからな……)

ソーニャ「はぁ……」

ソーニャ「やすなもあぎりも駄目か……こうなったら……」

ソーニャ「―――おい!!誰か私とエンコーしろ!!」

「なんだ?なんだ?」

「ソーニャが意味不明なことを叫んでるぞ」

「先生にばれるまえに取り押さえろ」

ソーニャ「1日10円でいい!!むしろ初日は無料でいい!!誰か買ってくれ!!!」


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:52:07.94 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「駄目だったか……」

ソーニャ「くそ……くそ……」

ソーニャ「あ……」ブルッ

ソーニャ「……」

ソーニャ「……」モジモジ

ソーニャ「……よし。あの作戦でいくか」

ソーニャ「……」スタスタ

ソーニャ(トイレの前で待ち、誰かが入るのを確認してから私も入ればいい)

ソーニャ(これで一人じゃない……いけるっ)グッ

ソーニャ「……」スタスタ

ソーニャ「よし。待つか」

ソーニャ「……」モジモジ

ソーニャ「まだか……」

キーンコーンカーンコーン

ソーニャ「くっ……もう休み時間終わりかよ……」モジモジ


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:55:04.97 ID:8Fe4hVnx0

教師「―――で、あるからして」

ソーニャ「ふぅ……ふー……」モジモジ

ソーニャ(あと30分ぐらいいける……)

やすな「……ソーニャちゃん」

ソーニャ「な、なんだ……?」

やすな「トイレいってきなよ」

ソーニャ「いきたくない」

やすな「えぇ?」

ソーニャ「……」プルプル

やすな「危険域だよ!!ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「だ、だいじょうぶ……だ……」プルプル

やすな「せんせー!!ソーニャちゃんを保健室につれていきます!!!」

教師「え?あ、ああ」

やすな「ほら、いこ!」

ソーニャ「う……ぎぃ……」プルプル


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 23:58:12.63 ID:8Fe4hVnx0

やすな「待っててあげるから」

ソーニャ「……いっしょにこい」ギュゥゥ

やすな「え?」

ソーニャ「……おねがい……だ……」

やすな「う、うん……」

ソーニャ「……」トコトコ

やすな「……じゃあ、ここで」

ソーニャ「中まで一緒にこい」

やすな「なんで!?」

ソーニャ「はやくしろぉ!!こっちは限界なんだ!!」

やすな「でも……」

ソーニャ「買う……お前を買う……だから……」

やすな「うん……」

ソーニャ「……いくらだ?」

やすな「えっと……1トイレ100円で……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:00:45.65 ID:VuYlEKtx0

ソーニャ「……はぁ」

やすな「大丈夫?」

ソーニャ「ああ」

やすな「なにがあったの?」

ソーニャ「……なんでもない」

やすな「そう?」

ソーニャ「ああ……」

やすな「……」

ソーニャ「はぁ……」

ソーニャ(なんて情けない……こんなことで……私は……)

やすな「……」

ソーニャ「ん?なんだ?」

やすな「な、なんでもないよ!!」

ソーニャ「そうか」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:04:07.43 ID:8Fe4hVnx0

やすな「あぎりさぁん」タタタッ

あぎり「はい?」

やすな「もういいです!!」

あぎり「え?」

やすな「私の需要作り、もういいです!!」

あぎり「え~?もう~?」

やすな「なんか効果覿面すぎて怖いぐらいです!!」

あぎり「でも~もう少しでソーニャはやすなさんの一生を買うぐらいになるかもしれないのに~」

やすな「そんなに買われたら身が持たない!!」

あぎり「そうですか~?」

やすな「あの……私、謝ってきます!!」ダダッ

あぎり「あ……」

あぎり「……」

あぎり「ふふ……」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:07:36.33 ID:VuYlEKtx0

やすな「ソーニャちゃぁん!!」

ソーニャ「なんだ?」

やすな「ごめんなさい!!」

ソーニャ「あ?」

やすな「あの……全部、私のせいなの!!」

ソーニャ「全部?」

やすな「トイレで怖い思い……したでしょ?」

ソーニャ「……」

やすな「ごめんなさい!!さぁ!!殺すならころせ!!!」

ソーニャ「ふーん」

やすな「……え?」

ソーニャ「反省しているならいい」

やすな「お、怒らないの?」

ソーニャ「……」

やすな(あれ……なんで……?)


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:11:45.22 ID:VuYlEKtx0

「バイバーイ」

「またねー」

やすな「ソーニャちゃん、かえろー」

ソーニャ「ああ」

やすな(やっぱり様子がへんだなぁ)

ソーニャ「お前、あぎりに買われてるんじゃなかったのか?」

やすな「あれはもう契約破棄されましたっ!!」

ソーニャ「そうか」

やすな「なに?」

ソーニャ「500円だったな」

やすな「え?え?」

ソーニャ「ほら、エンコーするぞ」

やすな「な、なんで?!」

ソーニャ「需要があるからに決まってるだろ」

やすな「……」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:15:02.25 ID:VuYlEKtx0

やすな「ど、どうぞ」

ソーニャ「邪魔する」

やすな「ソーニャちゃん?」

ソーニャ「なんだ?」

やすな「あの……トイレでの件は……」

ソーニャ「もういいよ」

やすな「なにが?」

ソーニャ「……私を安心させようとしてくれてるんだろ?」

やすな「?!」

ソーニャ「悪いな。気をつかわせて」

やすな(信じてない?!)

やすな「あのね……あれはあぎりさんが……」オロオロ

ソーニャ「あぎりがあんな低俗なことするか」

やすな「えぇー」

ソーニャ「部屋にいくぞ。今日はなんか疲れた」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:20:07.07 ID:VuYlEKtx0

よる

やすな「ソーニャちゃん……だからね」

ソーニャ「やすな」

やすな「なに?」

ソーニャ「トイレにいく。こい」

やすな「う、うん……」

ソーニャ「……今回は外にいろ」モジモジ

やすな「え?あ、うん……」

ソーニャ「ちょっと時間かかるけど……ゆるせ」

やすな「……」

ソーニャ「そうだ。日付が変わるな。500円……いいや、5万わたしとく」

やすな「ちょ……?!こんなに受け取ったら本当にエンコーしてるみたいだよぉ!?」

ソーニャ「うるさい。受け取れ」

やすな「で、でも……」

ソーニャ「ほら。いくぞ」ギュッ


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:24:13.13 ID:VuYlEKtx0

バタン

ソーニャ「―――やすな、いるよな?」

やすな「いるよー」

ソーニャ「よし」

やすな「……」

やすな(これはすごい……やっぱり私には援助交際の才能があるのかも……)

やすな(いや……これは全部あぎりさんの力か……)

ソーニャ「やすな!!」

やすな「……」トントン

ソーニャ「やすな!!!いるんだろ!!!やすなぁ!!!」

やすな「あ、いるよ!!今のノックは私だよぉ!!」

ソーニャ「そ、そうか……はぁ……」

やすな「……」

ソーニャ「―――いるか?」

やすな「いるいる」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:28:36.68 ID:VuYlEKtx0

しんや

やすな「すやすや……」

ソーニャ「……」

やすな「むにゃむにゃ」ゴロッ

ピッ

ソーニャ「ん?テレビが……」

テレビ『―――』

ソーニャ「やすなが寝返りうってリモコンをおしたのか―――」

テレビ『オォォオオオオ!!!!!!』

ソーニャ「ぎゃぁぁ!!!!」

やすな「ん……?」

ソーニャ「やすなぁ……やすなぁ……」ガタガタ

やすな「ど、どど、どうしたの?!」

ソーニャ「今日は一緒に寝ろ……」ガタガタ

やすな「……あ。テレビでホラー映画やってる」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:32:41.27 ID:VuYlEKtx0

にちようび

やすな「よっこいせ」

ソーニャ「なんだ、外にいくのか?」

やすな「うん。買い物に」

ソーニャ「よし。行くか」ギュゥゥ

やすな「え……?」

ソーニャ「お前、5万も渡したんだぞ?」

やすな「あ、そっかそっか」

ソーニャ「いくぞ」

やすな「う、うん」

やすな(このままじゃまずいよ……どうにかしないと……)

やすな(私の所為だし……)

ソーニャ「なんだよ、早く歩け」

やすな「う、うん。ごめんね」

ソーニャ「……」ギュッ


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:36:47.88 ID:VuYlEKtx0

つぎのひ

やすな「あぎりさぁーん!!」タタタッ

あぎり「おこまりですか~?」

やすな「とっても!!ソーニャちゃんを助けたい!!」

あぎり「え~?でも、当初の予定通りソーニャはやすなさん命になってるのに~」

やすな「もう……見てられません……。以前のソーニャちゃんに戻してあげたいんです!!」

やすな「まさか……こんなことになるなんて……思わなくて……」

やすな「わたし……わたし……」

あぎり「わかりました~。なんとかしま~す」

やすな「あぎりさん!!」

あぎり「では~準備してきま~す」

やすな「なにか手伝えることは?!」

あぎり「ありませ~ん」

やすな「……」

やすな「大丈夫かな……」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:40:23.64 ID:VuYlEKtx0

ソーニャ「やすな、どこ行ってたんだ」

やすな「ごめんごめん」

ソーニャ「私から離れるな。バカ」

やすな「う、うん……」

やすな(あぎりさん……どんなことをしてくるのかな……)

ソーニャ「どうした?」

やすな「な、なんでもないよ!!」

ソーニャ「そうか」

やすな「……」

ソーニャ「やすな、今日の晩御飯はどうする?」

やすな「そ、そうだね……どうしよっか?」

ソーニャ「私が作ってもいいぞ」

やすな「ソーニャちゃんの無駄に豪快だからねー」

ソーニャ「食えるだけでもありがたいと思えよ!!」

やすな「ご、ごめんなさい!!」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:45:18.84 ID:VuYlEKtx0

やすな「さてと。帰ろうか」

ソーニャ「ああ」

やすな(結局、あれからあぎりさんを見てないなぁ……)

シュッ!!!

ソーニャ「あぶない!!!」

やすな「え?」

ギィィン!!

ソーニャ「……やすな。大丈夫か?」

やすな「う、うん……平気」

ソーニャ「……」キョロキョロ

やすな「今のな、なに……」ビクビク

ソーニャ「ナイフだ。完全にやすなを狙ってたな」

やすな「なんで!?」

ソーニャ「知るかよ」

やすな「……」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:48:55.10 ID:VuYlEKtx0

やすな「……」スタスタ

ソーニャ「……やすな!!!」バッ

やすな「ふえ?」

ドォォン!!!

ソーニャ「―――あぶない……上から鉄骨が……」

やすな「え……な、なんでぇ……」ガタガタ

ソーニャ「やすな……殺し屋に狙われてるんじゃないのか……?」

やすな「私が?!そんな恨まれる覚えなんてないよぉ!!」

ソーニャ「私の傍にいろ」

やすな「まもってぇ……」

ソーニャ「……」

やすな「1000円払うからぁ!!」

ソーニャ「私の傍にいれば大丈夫だ」

やすな「うん」

ソーニャ(にしてもやすなを殺してどうする気だよ……。ゆるせない……)


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:52:12.76 ID:VuYlEKtx0

やすな「はぁ……無事家に―――」

ソーニャ「とまれ!!」

やすな「え?」

ソーニャ「……みろ」

やすな「なんか……線が張ってる……」

ソーニャ「これを切れば爆弾が爆発するぞ」

やすな「えぇぇ!?」

ソーニャ「随分、本格的に狙ってきてるな」

やすな「ひぃぃ!!!」ギュゥゥ

ソーニャ「……よし。私の家にこい」

やすな「うんうん!!!」

ソーニャ「一応、目隠しはしてくれ」

やすな「する!!するよ!!」

ソーニャ「誰がこんなこと……」


134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:56:21.48 ID:VuYlEKtx0

ソーニャ「目隠しとっていいぞ」

やすな「ん……」

ソーニャ「とりあえず座ってろ」

やすな「うん……」

ソーニャ「今、コーヒーでもいれる」

やすな「……」

ソーニャ「―――ほら、できたぞ」

やすな「ありがとう……」ズズッ

ソーニャ「ここなら安全だ」

やすな「……」ウルウル

ソーニャ「どうした?」

やすな「……あれ……ごめん……」ポロポロ

ソーニャ「お、おい……やすな……」

やすな「なんか……あんし、んしたら……かってに……なみ、だ……が……」ポロポロ

ソーニャ「そ、そうか。怪我でもしたかと思っただろ」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 00:59:20.34 ID:VuYlEKtx0

しんや

やすな「……」ムクッ

やすな「……」

ソーニャ「すぅ……すぅ……」

やすな「ソーニャ……ちゃん……?」

ソーニャ「―――どうした?」

やすな「トイレ……」

ソーニャ「よし。いくか」スクッ

やすな「ごめんね……なんか怖くて……」

ソーニャ「気にするな」ギュッ

やすな「ありがとう……」

ソーニャ「まぁ、ここで狙われることはまずないけどな」

やすな「うん」

ソーニャ「ほら。待っててやるから」

やすな「ごめんね」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:02:49.54 ID:VuYlEKtx0

つぎのひ

ソーニャ「……悪い。ああ」

やすな「おはよう……」

ソーニャ「ああ。おはよう」

やすな「どうかしらの?」

ソーニャ「ん?ああ、仕事を断った」

やすな「え?いいの?」

ソーニャ「だって、今はやすなとエンコー中だからな」

やすな「はい?」

ソーニャ「1000円分、やすなの傍に居なきゃいけないだろ?その間は仕事なんてできない」

やすな「ソーニャちゃん……」

ソーニャ「着替えろ。遅刻する」

やすな「うん」

ソーニャ「さてと……気合いれるか」グッ


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:05:56.91 ID:VuYlEKtx0

ソーニャ「……」キョロキョロ

やすな「ソーニャちゃん」ギュゥ

ソーニャ「……ん?!」

ギィィン!!

やすな「ひゃぁ!?」

ソーニャ「……」

やすな「またナイフ……」ガタガタ

ソーニャ「そこかぁ!!」シュッ

バッ!!

ソーニャ「ちっ……逃げられたか」

やすな「うぅ……」

ソーニャ「大丈夫だって」

やすな「うん……」

ソーニャ「いくぞ」

やすな「……」ギュゥ


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:09:08.80 ID:VuYlEKtx0

ソーニャ「……」ブルッ

ソーニャ「やすな。手洗いだ」

やすな「うん」

ソーニャ「いくぞ」

やすな「私もついでするー」

ソーニャ「それがいいな」

やすな「……」ブルブル

ソーニャ「安心しろ」

やすな「うん……でも……体が勝手に……震えて……」

ソーニャ「ま、それは仕方ないな」

あぎり「……」

ソーニャ「……あぎり?」

あぎり「なんですか~?」

やすな「ど、どうも」

あぎり「……ふふ。もう大丈夫そうですね~」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:12:04.83 ID:VuYlEKtx0

やすな「ソーニャちゃぁん」

ソーニャ「いるぞー」

やすな「変な人はいない?」

ソーニャ「いない」

やすな「そっかぁ……はぁ……」

ジャー

ソーニャ「次は私な」

やすな「うん」

バタン

ソーニャ「……やすな」

やすな「いるよー」

ソーニャ「ふぅ……」

やすな「……」トントン

ソーニャ「やすなぁ!?いるのか?!やすな!?」

やすな「ごめん!!今の私!!ついノックしちゃった!!」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:15:18.84 ID:VuYlEKtx0

ガチャ

やすな「あはは……ごめ―――」

ソーニャ「ぬーーーーーん!!!!」ドゴォ

やすな「ぶげぇ!?」

ソーニャ「全く……やめろよな」

やすな「ご、ごめん……」

ソーニャ「守ってやんないぞ」

やすな「やめて!!それだけはいやだよぉ!!傍にいてぇ!!ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「なら、あんな悪戯はするな」

やすな「うんうん!!」

ソーニャ「ほんとに……」

やすな「でも、手を洗うまえに殴るのは……やめてね?」

ソーニャ「うるさいな」

やすな「えへへ」


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:19:06.36 ID:VuYlEKtx0

ソーニャ「―――諦めたのかな」

やすな「今日は朝以外、狙ってこなかったね」

ソーニャ「まだ安心はできないけどな」

やすな「一緒にかえってくれるよね?」ブルブル

ソーニャ「……」ギュッ

やすな「あ……」

ソーニャ「はやく歩けよ」

やすな「目隠しする!!」ギュッ

ソーニャ「……ふん」


あぎり「……」

あぎり「ソーニャも自分を取り戻したようですね~」

あぎり「トラウマが増えたようですけど」

あぎり「うーん……まぁ、これでいいでしょう~」


150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:23:43.42 ID:VuYlEKtx0

べつのひ

やすな「ソーニャちゃん!!ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「なんだ?」

やすな「昨日のドラマを見て私、気づいちゃったんだ!!」

ソーニャ「詐欺師の才能でも目覚めたか?」

やすな「そうそう!!もうね、ソーニャちゃんでも騙せる自信が芽生えちゃったの!!」

ソーニャ「お前があの主人公みたいに人を騙せるとは思えん」

やすな「そんなことないよぉ。騙せるよぉ」

ソーニャ「やってみろ」

やすな「いいよぉ。―――ソーニャちゃん、昨日冷蔵庫にプリン入れておいたんだ」

ソーニャ「それで?」

やすな「食べてもいいよ」

ソーニャ「……いらん」

やすな「あー!!いま、「帰ったら絶対にたべよ」とか思ったでしょー!!ぷぷー!!実は入ってないんだよねー」

ソーニャ「……」ピキッ


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:30:20.02 ID:VuYlEKtx0

やすな「やーい!やーい!!だまされてやん―――」

ソーニャ「……今日から別々の部屋な」

やすな「ちょ!?それはやだぁ!!」

ソーニャ「……」

やすな「やだやだ!!ソーニャちゃん!!ごめんなさい!!」

ソーニャ「しらん。お前にはうんざりだ」

やすな「……ソーニャちゃん!!1000円でエンコーしてぇ!!」

ソーニャ「……」

やすな「おねがいしますぅ……」ウルウル

ソーニャ「また仕事ができないじゃないか……ったく」バッ

やすな「わーい!!」ギュゥゥ

ソーニャ「私のほうが……援助交際の才能はあるかもな」

やすな「え?そんなことないよぉ!!私にだってあるよぉ!!ソーニャちゃんは私とエンコーしてるんだしぃ!!」

ソーニャ「ああ、そうだな。―――お前にもあるかもな」

やすな「うへへ~ソーニャちゃん、また100日延長だからね~」ギュゥ
                                            おしまい。


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:32:48.89 ID:kEN99duc0

いや良かったおもしろかった
キルミーの百合はほんとかわいいな乙


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 01:36:31.77 ID:WlO5NgAl0

これはいいな
良かった
ところで激しく求め合う二人はまだ?




『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿