TOP > ガヴリールドロップアウト > 【ガヴドロSS】ガヴリール「好感度測定器……改二?」

【ガヴドロSS】ガヴリール「好感度測定器……改二?」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:00:01.248 ID:lBuv35uP0.net

【ガヴドロSS】ガヴリール「好感度測定器?」の続きです

前回から大体一週間経過しています。


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:01:12.687 ID:lBuv35uP0.net

~~金曜日の夕方、ガヴリールの家~~


ガヴリール(あの日から、ヴィーネと付き合い始めて一週間が経過した)

ガヴリール(2人で買い物に行ったり、学校がある日はヴィーネに起こしてもらったりしている)

ガヴリール(付き合う前から変わらない関係だが…… ヴィーネはよく家に泊まるようになり、親密になってきていると思う……)

ガヴリール(今日はこの後、一緒に晩御飯を食べるためにヴィーネは買い出しに行っている)

ガヴリール(私は家で留守番をしているが…… 暇だからネトゲでもしよう)ポチッ


ガヴリール(~~♪)


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:02:42.751 ID:lBuv35uP0.net

―――ゴトッ


ガヴリール(……ん? ……何か玄関で物音がしたか?)

ガヴリール(…………気になるから見に行こう)


~玄関~


ガヴリール(玄関ドアのポスト口(ぐち)の下に荷物があった)

ガヴリール(誰かが外から入れたようだ…… なんのために? とりあえず、荷物を確認しよう)

ガヴリール(……それは、一週間前に私の興味を引き付けた単語が書いてあった)


ガヴリール(好感度測定器……改二?)

ガヴリール(……私に幸せを届けてくれた機械の……改二らしい)


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:04:06.088 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(……箱を開けると、その中からまた腕時計型の測定器と取扱説明書があった)

ガヴリール(そういえば、私が前に使用した測定器は翌朝になると、手元からなくなっていたな……)

ガヴリール(別に使うつもりはなかったから、なくなっても構わなかったが……同じものなのかな?)

ガヴリール(とりあえず、取説を読むか)


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:06:06.710 ID:lBuv35uP0.net

―――――――

「改めましてこんにちは。これは、人の好感度を測定することができるものです。」

「測定方法は前回と同様で腕に測定器を装着して、相手に向けてボタンを押すだけです。」

「前回のものと比べて、大幅にバージョンアップをしました。」

「それは、あなた以外の人の好感度が測れるようになったことです。」

「つまり、あなた以外の人物・・・・・・例えばAさんとBさんがいるときに、測定器でAさんとBさん、お互いの好感度を測ることが出来るようになりました。」

「また、あなたから相手への好感度も追加されました。」

「測定したら画面に数値が出てきます。数値が、測定した人物の好感度となっており、数値の基準は以下のようになっています。」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:07:31.806 ID:lBuv35uP0.net

―――――

0~10 生理的に無理 ※親の仇のように思っています

11~30 嫌い ※よい印象を持っていないようです

31~50 少し嫌い  ※ちょっと、苦手のようです

50~60 知り合い程度 ※もっと親密度をあげましょう

61~70 友達 ※良い関係を築けていますね

71~80 親友 ※深い繋がりをお持ちのようです

81~90 好き ※LikeではなくLoveのほうです

91~100 大好き 愛している 結婚不可避 ※おめでとうございます

「また、お互いがまったく知らないもの同士だと好感度は測定できません。」

「家族に関してはLikeの度合いが大きいと思っていたほうがよいでしょう。」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:08:36.420 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(なるほどな…… 私以外の人に使った場合は、その人達の好感度が分かる様になったのか)


――ガチャッ


ヴィーネ「ガヴ、ただいまー」

ガヴリール「おかえりー、ヴィーネ 今日のご飯は何?」

ヴィーネ「オムライスよ ガヴは好きでしょ?」

ガヴリール「ヴィーネの作るものならなんだって好きだよ」

ヴィーネ「もう、ガヴったら///」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:09:19.397 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(あ、今どのように表示されているか調べてみよう)ポチッ


ガヴリール―――→ヴィーネ  93

ヴィーネ―――→ガヴリール  98


ガヴリール(この場合は私からヴィーネに対する好感度が93……)

ガヴリール(ヴィーネから私に対する好感度は98か)

ガヴリール(……あと、2上げれば好感度が上限になるな)ニヤニヤ

ヴィーネ「どうしたの? ニヤニヤして…… ん、その腕時計は好感度測定器?」

ガヴリール「そうだよ。さっき、誰かが送ってきたんだ」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:10:37.343 ID:lBuv35uP0.net

ヴィーネ「……まあ、変なことに使ってはダメよ? その機械は、相手の隠したい感情を読み取ってしまう場合だってあるんだから…‥」

ガヴリール「変なことには使わないよ」

ガヴリール(その後、一緒にオムライスを作り、ヴィーネと食べながら談笑した)

ガヴリール(今日は私の家に泊まらずに、自分の家に帰るそうだ)

ガヴリール(なんでも、魔界に用事があるから、明日の準備のために今日は家に帰ると言っていた…… まあ、明後日には魔界から下界に戻って、昼の2時に私の家に寄っていくらしいが……)


ガヴリール(明日は土曜日だから…… この測定器を誰かに使うチャンスだな)ニヤリ


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:12:05.917 ID:lBuv35uP0.net

~~土曜日の昼 通学路~~

ガヴリール(さて、誰かに会えるかな……)テクテク


上野「お、天真さーん!」ノシ

田中「奇遇だねー 何しているの?」

まち子「こんにちは、天真さん」ペコ

ガヴリール(偶然、試食部の3人に出くわした…… そういえば、前も最初に好感度を測ったのはこの3人だったな)


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:13:22.846 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール「散歩だよ 3人は集まってこれから何をするんだ?」

上野・田中「「まち子の特訓」」

まち子「ええ!? 皆で料理の研究をするんじゃなかったの!?」

上野「それよりも、まち子の調理技術を上げることが先かな」

田中「右に同意」

まち子「!?」

ガヴリール(まち子の料理はまだ食べたことないけど…… 料理は下手なのかな?)


ガヴリール(……今のうちに好感度を測るか まずは私からだ)ポチッ


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:14:20.506 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール―――→まち子 66    まち子―――→ガヴリール 66

ガヴリール―――→上野 65     上野―――→ガヴリール 68

ガヴリール―――→田中 65     田中―――→ガヴリール 68


ガヴリール(以前よりも数値が高くなっている…… 学校の放課後、映画に4人で行ったり、ヴィーネと一緒に試食部に行ったりしているからかな?)


ガヴリール(……嬉しいな)エヘヘ


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:16:14.745 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(……次は3人のお互いの好感度だ)ポチッ


上野―――→田中 72     田中―――→上野 73

まち子―――→田中 72     田中―――→まち子 76

まち子―――→上野 72    上野―――→まち子 77


ガヴリール(……普通の親友同士の関係だな。2人からまち子に対する好感度が高いのが気になるが……)


上野「それじゃあ、天真さん! 私達はもう行くね!」

田中「頑張ってまち子を鍛えるから月曜日の放課後また来てね!」

ガヴリール「うん、楽しみにしておく」

まち子「ええ…… 今日はそのために集まったの……」ガーン

上野「んじゃ、またねー!」ノシ

田中「またねー!」ノシ

まち子「天真さん、また月曜日ね」バイバイ

ガヴリール「じゃあな」バイバイ


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:17:18.017 ID:lBuv35uP0.net

~~移動中~~

ガヴリール(まち子達は仲がいいな…… まあ、私とヴィーネの仲も負けていないけど)フフーン


ラフィエル「! あら、ガヴちゃんこんにちは」

マルティエル「ガヴリール様、こんにちは」

ガヴリール(今日はよく人に会うな…… ラフィと白羽家の執事のマルティエルさんか)

ガヴリール(何回かラフィの家で会ったことがあるが、下界にいるのは珍しいな……)

ガヴリール「おっす、ラフィエルとマルティエルさん」

ラフィエル「ガヴちゃんは何をしているんですか?」

ガヴリール(うーん、好感度測定しているとは言えないな……)


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:19:12.617 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール「ちょっと、買い物に行くんだよ」

ガヴリール「それよりも珍しいな マルティエルさんが下界にいるなんて」

マルティエル「旦那様からラフィエルお嬢様へのお渡し物を持って参りました」

マルティエル「そのついでに下界でのお嬢様の私生活を観察している所です」

ラフィエル「すぐに天界へ帰ってくれませんか?」ニコッ

ガヴリール(ふぇえ…… ラフィの笑顔が殺気立っているよ……)

ガヴリール(…‥まあ、測定してみよう まずは私から)ポチッ


ガヴリール―――→ラフィエル 75    ラフィエル―――→ガヴリール 77

ガヴリール―――→マルティエル 52   マルティエル―――→ガヴリール 70


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:22:03.834 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(ん……? ラフィは天界からの付き合いだからいいとして、マルティエルさんの好感度が結構高い…… 何回しか会ったことないのに)

ラフィエル「…? ガヴちゃん、腕時計するなんて珍しいですね…… ちょっと、見せてくれませんか?」

ガヴリール「ん、いいよ」スッ


ラフィエル「…………これ私たちの名前と数字が書いてありますね」

ガヴリール(しまったあああああ!! 数値を消すのを忘れてたああ!!)

ガヴリール(いや、狼狽えるなガヴリール! 何の数字かラフィに分かりやしない!)


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:24:13.491 ID:lBuv35uP0.net

ラフィエル「………………なるほど」

ガヴリール「え?」

ラフィエル「明日、ガヴちゃんの家にサターニャさんを連れてきますので……お願いしますね」スッ

ガヴリール(なんだ、その理解力は!? ……すげえな!!)

ラフィエル「行きますよ、マルティエル」スタスタ

マルティエル「畏まりました、ラフィエルお嬢様」スタスタ

ガヴリール(……あ、行く前に二人の好感度を測ろう)ポチッ


ラフィエル―――→マルティエル  54

マルティエル―――→ラフィエル  92


ガヴリール(…………マルティエルさんェ……)


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:25:54.522 ID:lBuv35uP0.net

マルティエル「お嬢様、今夜私はどこで寝れば宜しいのでしょうか?」

ラフィエル「用事が済んだのなら帰ってくれません?」

マルティエル「そんな! 私が帰るべき場所はお嬢様のベッドの中だけですよ!」ハアハア


ラフィエル―――→マルティエル  50

マルティエル―――→ラフィエル  94


ガヴリール(マルティエルさんェ……)


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:27:16.373 ID:lBuv35uP0.net

ラフィエル「いい加減にしないと怒りますよー」ニコニコ

マルティエル「ああ、もっとお説教を! 何ならお仕置きでも構いません!」ハアハア

ラフィエル「……」


ラフィエル―――→マルティエル  40

マルティエル―――→ラフィエル  99


ガヴリール(マルティエルさんェ……)


ガヴリール(……うん、明日ラフィ達が家に来るから、早めにネトゲして寝よう!)ウンウン


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:28:47.315 ID:lBuv35uP0.net

~~次の日 ガヴ家~~


――――ピンポーン


サターニャ「ガヴリーーーール!! 遊びに来たわよ!」

ラフィエル「お邪魔します」ニコニコ

ガヴリール「なんだ、早く来たな」ガチャッ

サターニャ「ラフィエルが私の家に朝の8時に来て、ガヴリールの家に早く行こうと急かしてくるからよ……」

ラフィエル「サターニャさん! それは言わなくていいですよ!」アタフタ

ガヴリール(どんだけ、サターニャの好感度知りたいんだよ……)


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:30:06.629 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(とりあえず、私からだ)ポチッ


ガヴリール―――→サターニャ 72

サターニャ―――→ガヴリール 75


ガヴリール(あ、前回より2上がっている……)


ラフィエル「……ガヴちゃん、お願いしますね?」

サターニャ「え、何かガヴリールに頼み事しているの?」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:31:36.219 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(分かったよ、ラフィ)ポチッ


サターニャ―――→ラフィエル 77

ラフィエル―――→サターニャ 100


ガヴリール(ふぁ!? やべえよ……ついに100が出たよ…… 愛が重すぎるよ……)

ラフィエル「ガヴちゃん、数字を見せてください」ガシッ

ガヴリール(ラフィは私の腕を掴み、強引に時計を見る)

ラフィエル「…………あと3か」ボソ

サターニャ「二人共何をしているのよ!」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:33:32.034 ID:lBuv35uP0.net

ラフィエル「……ちょっと、用事を思い出したのでこれで失礼します」ペコッ

ラフィエル「サターニャさん行きますよ」ガシッ

サターニャ「ちょっと!? ガヴリールと遊ぶんじゃなかったの!?」

ラフィエル「それは後でもできます 今は3上げることが先決です」ズルズル

サターニャ「3上げるってどういうこと!?」ズルズル


ガヴリール(ラフィに引っ張られながらサターニャ達は帰っていった……)

ガヴリール(……サターニャ頑張れ ほんとに……)


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:36:23.991 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(……さて、ヴィーネが家に来るのは昼の2時ごろか家に来るまでに1時間あるな……)


ガヴリール(ネトゲでもしようかな……)


――――ピンポーン


ガヴリール(ん、ヴィーネか? 早く来たな)トテトテ

――――ピンポーン

ガヴリール「分かっているよ! 今、開けるから!」ガチャッ


ガヴリール(…………そこにいたのはヴィーネではなく)


タプリス「…………」

ガヴリール(後輩のタプリスだった……)


35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:37:54.638 ID:lBuv35uP0.net

~~居間~~

ガヴリール(タプリスを家に上げて、お茶を出す)

ガヴリール(しかし、タプリスはお茶には口をつけずに黙ったまま、下を向いている……)

ガヴリール(いつものタプリスは人懐っこくて、天真爛漫な笑顔で私と接していたが……)


タプリス「……」


ガヴリール(今のタプリスは終始無言で…… 怖かった)ゾクッ

ガヴリール「……なあ、タプリス何かあったのか? 悩みがあるなら私に相談しろよ」


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:41:01.964 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「……………………天真先輩は今幸せですか?」

ガヴリール「……幸せだよ」

タプリス「それは月乃瀬先輩と付き合っているからですか?」

ガヴリール「……そうだな」

ガヴリール(なんだ……? タプリスとの会話の本質が掴めない)

タプリス「……私はずっと思っていたんですよ 先輩達とこのままの関係でよかったと」


タプリス「でも、天真先輩と月乃瀬先輩は変わった……」


ガヴリール「……確かにヴィーネとは友達から恋人に変わったよ」


ガヴリール(なにか…… ものすごく嫌な予感がする……)ブルッ


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:42:21.803 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「……私は先輩たちを祝福したかった」

タプリス「でも…… 臆病者の私は嫉妬や後悔する権利などない……」

ガヴリール(! タ、タプリス…… 一体どうしたんだ……?)ガンッ ポチッ

ガヴリール(大きく動揺した私は、机に時計をぶつけてしまった)

ガヴリール(偶然にも時計のスイッチにあたり、数値が表示される……)

ガヴリール(私は………………見てしまった)


ガヴリール―――→タプリス  79

タプリス―――→ガヴリール  98


ガヴリール(……え?)


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:43:31.524 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「でも、もう我慢できません」

タプリス「天真先輩を…………私だけのものにします」ニヤァ

その瞬間、タプリスはガヴリールに馬乗りになり、首を絞める。
ガヴリールの身体ではタプリスの力に勝つことができなかった


ガヴリール「タプ……リス…………やめ……て……」ギュウゥゥゥゥ

タプリス「大丈夫ですよ…… 月乃瀬先輩も一緒に私のものになりますから」ギュウゥゥゥ

ガヴリール(どういう…………ことだ……?)


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:44:43.629 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「さようなら、天真先輩」ドガッ!!


ガヴリール(……なんだ? ……苦しみから解放された?)ゴホッゴホッ!


「ちょっと、これはどういう状況なの?」


ガヴリール(……そこにいたのは誰にも優しくて、……私の大好きな)


ヴィーネ「大丈夫? ガヴ」

ガヴリール(ヴィーネがいた)

タプリス「来ましたね……月乃瀬先輩」ゴホゴホ!

ヴィーネ「思いきり蹴っ飛ばしてごめんなさい ……タプちゃん、何があったのか説明して?」


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:46:41.368 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「……言えるわけないですよ もう手遅れなんですよ……」

ヴィーネ「まだ、手遅れじゃないわ 言葉にしないと伝わらないわよ、タプちゃん」

ヴィーネ「あなたが今思っていることを私たちに聞かせて」ニコッ

ガヴリール(ああ、こんな時でもヴィーネは本当に優しいな……)


タプリス「…………私は天真先輩が好きです。それは今でも変わりません……」

ヴィーネ「うん」

タプリス「下界で暮らし始めた先輩は駄天使になってしまったけど…… 今も昔も優しくて……」

タプリス「そんな天真先輩に対する思いは今も変わりません」


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:48:52.132 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール(タプリス……)ピピ

ガヴリール(ん……? 測定器がタプリスとヴィーネに反応している?)ピピピ

タプリス「……でも、下界の学校に通うようになって、私は大きな出会いがありました…… そして、その人のことも好きになっていきました……」

ヴィーネ「その人は誰?」

ガヴリール(数値が……表示されている……)


タプリス「……………月乃瀬……先輩です」


タプリス―――→ヴィーネ  92

ヴィーネ―――→タプリス  81


ガヴリール(…………え?)


44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:50:54.354 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「……初めの出会いでは、私が校舎内で迷っているときに優しくしてくれました……」

タプリス「だんだんと月乃瀬先輩と関わるようになって…… 天真先輩と同じ優しさを持つあなたを好きになりました……」

ヴィーネ「……それは、私とガヴ両方を好きになったということ?」

タプリス「はい、そうです……」

ガヴリール(確かにタプリスはヴィーネによく懐いていたが……そんな感情もあったのか)


タプリス「1週間前に天真先輩と月乃瀬先輩は……恋人になりました」

タプリス「私は……! 二人がお互いを好きなのを知っていた……!」グスッ

タプリス「私が入り込む余地なんてなかった!」ポロポロ

タプリス「……いや、どっちも選べられない中途半端な私に…… 二人を選ぶ権利なんて……どこにもなかった」ポロポロ


45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:52:53.803 ID:lBuv35uP0.net

ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」


タプリス「縁がなかったって……仕方がないって……私は諦めていた……」グスッ

タプリス「心の底ではそれが……諦めることが間違いだって、分かっていても……」

タプリス「変える勇気も……変わる努力も……私にはなかった……」

タプリス「今のままの関係でいいって……逃げていたんです……」


ガヴリール(タプリスは嗚咽をあげながら自分の心情を吐露した……)

ガヴリール(私は……彼女のことに気がつかなかった……)

ガヴリール(でも、ヴィーネとの関係は切りたくない…… 私には彼女に慰めの言葉なんかは言えない……)


48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:54:20.034 ID:lBuv35uP0.net

ヴィーネ「…………ねえ、タプちゃん 提案があるのだけど……顔をあげて?」

タプリス「うう……」グスッ

ヴィーネ「大丈夫だから……ね?」ニコッ

タプリス「……はい」

ヴィーネ「提案は…… 私達3人で付き合うことはできないかしら」

ガヴリール「……え?」

タプリス「…………え?」

ヴィーネ「つまり、私とガヴとタプちゃんで恋人になるっていうことよ」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:56:46.538 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「…………それは同情ですか?」

ヴィーネ「同情なんかでガヴとの関係には入れないわ」


ガヴリール「……それはおかしくないか 恋人になれるのは2人だけじゃないのか?」

ヴィーネ「おかしくないわ」キッパリ

ヴィーネ「そんな、他人が決めた価値観で自分の思いを縛られたくない」

ヴィーネ「私にとってはガヴと同時に……タプちゃんも大事だからよ」


ヴィーネ「それで……あなた達はどうなの?」


50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/24(水) 23:59:22.586 ID:lBuv35uP0.net

タプリス「………………私は……それがいいです 私にとっては最高の提案です」

ヴィーネ「ガヴはどう? あなたの考えを聞かして?」


ガヴリール「私は……ヴィーネが一番好きだ ……でも、タプリスも好きだ」

ガヴリール「昔から、人懐こくて可愛くて……駄天使になっても前と変わらずに接してくれて……」ポロポロ

ガヴリール「こんなにも好きでいてくれて……そんなタプリスが……!」ポロポロ

ガヴリール「好きなんだ」ポロポロ


ガヴリール(ああ…… 今わかった…… なぜ前にタプリスの好感度を測ったときに、すごく嬉しかったのか……)

ガヴリール(ヴィーネと同じで…… 大切な人だったから…… そんな人に好かれていたのが……嬉しかったんだ……)


51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 00:01:14.474 ID:r8JIRWaE0.net

ヴィーネ「ねえ、タプちゃん あなたは誰よりも繊細で……誰よりも臆病で……」ダキッ

タプリス「はい」グスッ

ヴィーネ「でも、誰よりも優しくて……誰よりも明るくて……誰よりも勇気がある……」ギュウッ



ヴィーネ「そんなあなたが私達は大好きよ」ナデナデ



タプリス「うわぁぁぁぁぁぁん」ポロポロ

ヴィーネ「ありがとう あなたの思いを伝えてくれて……」ナデナデ

ヴィーネ「ありがとう…… 私達を好きになってくれて……」ポロポロ


52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 00:02:28.687 ID:r8JIRWaE0.net

ガヴリール(私はヴィーネと腕の中で泣きじゃくるタプリスを見ていた)

ガヴリール(私達のこれからの関係は他人に理解されにくいだろう……)

ガヴリール(でも、それがなんの問題だ…… 人に理解が得られなくても大事なものがある……)

ガヴリール(2人を見て思うのは……人の理解よりも自分の気持ちのほうが大事だ……!)

ガヴリール(私はこの2人をずっと愛し続ける!)


ガヴリール(さっきのぶつかった衝撃で測定器は壊れたが……また借りができてしまったな……)クスッ



ガヴリール(ありがとな)


53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 00:04:36.088 ID:r8JIRWaE0.net

――――――――――――――
―――――――――
―――――


ヴィーネ「もう、落ち着いた?」

タプリス「はい、もう大丈夫です!」

タプリス「ありがとうございました、天真先輩! 月乃瀬先輩!」

ガヴリール「……これから、私達は一緒なんだから呼び方を変えたらどうだ?」

ヴィーネ「そうね、ガヴもいいこと言うじゃない」クスッ

ガヴリール「……ふん///」プイッ

タプリス「……そうですね!」

タプリス「では……これからもよろしくお願いします!」



タプリス「ガヴリールさん! ヴィーネさん!」


54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 00:05:34.876 ID:r8JIRWaE0.net

~~天界~~

マルティエル「……」

ゼルエル「こんな所で千里眼を使って何を見ている? マルティエル」

マルティエル「ゼルエル様ですか…… ガヴリール様の様子を見ていました」

ゼルエル「あの機械をガヴリールに渡したのもお前だろ? なぜ、渡したんだ?」

マルティエル「……昔、ガヴリール様に助けてもらった恩があります」

マルティエル「その恩を返すために…… 彼女達が幸せになってほしいために、あれを渡しました」

ゼルエル「そうか…… ガヴリール達が幸せになれるといいな」

マルティエル「問題ないでしょう…… 彼女達なら……」

ゼルエル「ああ…… そうだな」クスッ

マルティエル(彼女達はこれからも大きな試練が訪れるでしょう……)

マルティエル(しかし、彼女達ならその壁を乗り越えることができると信じています)


マルティエル(ガヴリールお幸せに……)


      
                  完


55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 00:08:08.926 ID:r8JIRWaE0.net

終わりです
ただ、タプリスが救済されてほしかっただけです


56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/25(木) 00:09:12.535 ID:MVSfSrDAa.net

おつおつ



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿