TOP > シンデレラガールズ > 佐藤心「バッセン行くぞ☆」 二宮飛鳥「打てる気がしない」

佐藤心「バッセン行くぞ☆」 二宮飛鳥「打てる気がしない」

1: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:21:54.84 ID:0SjtDdOzO

心「んー」

飛鳥「どうかしたの」

心「なーんかね……身体を動かしたい☆」

梨沙「毎日ダンスやってるじゃない」

心「それはなんていうか、仕事じゃん♪ はぁとは遊びで運動がしたいの♪」

心「プレッシャーやトレーナーのしごきから解放された、自由な心で!」

梨沙「佐藤ォ! 遊んでいる暇があったら身体を休めろォ!」

心「ぎょえっ!」

梨沙「ふふん、似てたでしょ。トレーナーの真似♪」

飛鳥「ベテトレさんの声はびくりとさせられるからね」

心「うるせー☆ たまには気分転換させろー!」

梨沙「パンケーキのお店に連れて行ってくれたら考えてやろう」

心「しょうがないなあ、連れてってやる♪」

飛鳥「いいのか……」


2: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:22:39.34 ID:0SjtDdOzO

心「はぁとも甘いもの好きだし☆ 飛鳥ちゃんもでしょ?」

飛鳥「まあ、そうだけど。というか、その流れだとボクもいくのかい」

心「もち☆ はぁとたち、一心同体だろ♪」

飛鳥「いつからそうなったんだ」

梨沙「むしろ、趣味も性格も結構バラバラじゃない?」

心「そういう些細なことは問題じゃないの!」

心「ただひとつ『トップアイドルを目指している』というつながりさえあれば……」キリッ

飛鳥「それで、いくならどこの店?」

梨沙「やっぱ原宿じゃない? パンケーキ有名だし」

心「おい、目背けんな☆」


3: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:25:06.11 ID:0SjtDdOzO

数日後


梨沙「ちょっと! なんでパンケーキ食べに行くはずがバッティングセンターに来てるのよ!」

心「スイーツ食べる前にはちゃーんと運動してカロリー消費しとかないと♪」

心「それに……パンケーキのお店に連れて行ったら、身体動かす遊びしていいって話だったでしょ?」

梨沙「む、そういえばそうだった……しょうがないわね。お腹すかせるにはちょうどいいわ」

飛鳥「バッティングセンターか。来るのは初めてだ」

心「ちなみに、バットを握ったことは?」

飛鳥「なくはない。体育で少しだけ」

心「じゃあ、とりあえず一番軽いバットね♪ 梨沙ちゃんも」

梨沙「晴に誘われてサッカーは時々やるけど、野球はテレビで見るだけね」

飛鳥「テレビでは見るんだ」

梨沙「パパが野球観戦好きだから。アタシもちょっとは選手知ってるわよ! オオタニとか、ツツゴーとか!」

飛鳥「ボクでも知っているレベルの有名選手だね」

心「よーし! じゃあ早速バッターボックスへGO☆」


4: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:25:49.08 ID:0SjtDdOzO

心「まずは一番遅い60キロのマシーンでやってみ☆」

飛鳥「………」フーー

飛鳥「構える」

梨沙「構えたわね」

心「飛鳥ちゃん飛鳥ちゃん。バットは真剣じゃないから正面に構えないんだよ?」

心「ていうか身体自体がバティスタ並に正面向いてるぞ♪」

飛鳥「難しいな……」

梨沙「バティスタって?」

心「もう日本にいたのは10年以上前かなあ。帰ったらパパに聞いてみ☆」

梨沙「パパ、知ってるの?」

心「パパさんの年代で野球好きならまず知ってるぞ、たぶん♪」

飛鳥「心さん。打ち方、これでいいかな」

心「ん? んー、もうちょい肘広げたほうがいいかも」

飛鳥「こう?」

心「そうそう、そんな感じ♪」

飛鳥「よし……では、マシンのスイッチを」


5: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:27:54.78 ID:0SjtDdOzO

ぽちっ


マシーン「ががが」


びゅんっ!


飛鳥「ひぅっ」


ぼとっ


梨沙「60キロでも結構速いんだ……」

心「怖がらなくても大丈夫だぞー、身体のほうに飛んできたりしないから! バット出してけ☆」

飛鳥「……確かに」

飛鳥「よし」


びゅんっ!

びゅんっ!

びゅんっ!


飛鳥「っ!」


ブン!

ブン!

ブン!


心「胸のエンジン今♪ うなりをあげて伝説になる♪」

飛鳥「今はMidnightでなくMorningだ」

梨沙「よそ見してると次のボールが来るわよ」


6: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:28:37.42 ID:0SjtDdOzO

飛鳥「結局、最後の1球が掠っただけだった」

心「ま、はじめはそんなもんだよ♪ これからこれから☆」

梨沙「じゃ、次アタシね! 運動神経いいから、飛鳥よりはきっと」



びゅん! びゅん! びゅん!


ぶん! ぶん! ぶん!


心「胸のエンジン今♪」

飛鳥「うなりをあげて伝説になる」

梨沙「なんで飛鳥まで歌ってるのよ!」

飛鳥「………いい曲だから?」

梨沙「理由になってない! いい曲だけど!」


7: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:29:41.46 ID:0SjtDdOzO

心「さーて、じゃあはぁとが二人にお手本を見せてあげよう♪」


カキーン!

カキーン!

カキーン!


梨沙「うまいわね……」

飛鳥「鋭い当たりばかりだ」

心「ふっふっふ♪ これでも昔は長野のマリー・アントワネットと呼ばれたくらいだから☆」

飛鳥「マリー・アントワネットと野球は関係あるのだろうか」

心「細かいことは気にしなーい☆」

梨沙「ハートさん、もっと速い球が出るところいったほうがいいんじゃない?」

心「まあ、いつもはもう少しスピードの出るマシンでやってるんだけどね。でも今日はキミらのコーチもやらないと」

飛鳥「ボクらのことなら気にしなくてもいい。さっきまでで基本はつかんだから」

梨沙「そのうち慣れるわ。ヨユーよ、ヨユー!」

心「そう? でも」

飛鳥「梨沙の面倒はボクが見るさ」

梨沙「飛鳥の面倒はアタシが見るわ」

飛鳥「………」

梨沙「………」

飛鳥・梨沙「「逆だろう(でしょ)」」

心「ぷっ! あははっ……じゃ、お言葉に甘えて、はぁとは向こう行ってくるね♪」

梨沙「いってらっしゃい」


8: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:30:58.55 ID:0SjtDdOzO

梨沙「と、送り出したはいいんだけど」


ぶんっ!


飛鳥「スイングは間違っていないはずなんだが」


ぶんっ!!


梨沙・飛鳥「当たらない……!」

梨沙「何がいけないのかしら……」



??「もうちょっとバットを短く持ってみたらどうや」

梨沙「え?」

飛鳥「?」

??「あとは、バッターボックスの後ろのほうに立って……最後までボールから目を切らないことやな」

??「まあ、ワイの現役時代は最後までバット短く持たんかったけど」

梨沙「いや、あの。誰?」

飛鳥(中年の男性……でも、ただならぬオーラを感じる)

??「まあまあ、細かいことは気にせんでええで」

??「これでも最近は野球教室でちびっ子たちにいろいろ教えとるんや。コーチには自信あるで?」


9: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:31:49.95 ID:0SjtDdOzO

15分後


かきーん!


梨沙「あっ」


かきーんっ!


飛鳥「前に飛んだ……」


??「ふたりとも、ええスイングやったで」

梨沙「ありがと! オジサンのおかげで打てるようになったわ!」

??「はは、オジサンか。ワイも年取ったなあ……もう40越えとるし」

飛鳥「………」

梨沙「飛鳥、どうかした?」

飛鳥「いや……どこかで見たことがあるような」

??「昔はプロの球団でブイブイ言わせとったからな」

梨沙「プロだったの!? じゃあ、OBってやつ? いつ引退したの?」

??「いや、まだ引退はせんで」

飛鳥「え?」

??「チームをクビになって、プロの球団には拾われんかったけど、まだまだやれることがぎょうさんあるからな。やりきるまでは生涯現役や」

飛鳥「……あくまで、現役にしがみつく、と」

飛鳥「なぜ……と、聞いてもいいですか」

??「なぜ、か……そうやな」

??「何個か思い当たるものはあるけど……ワイにも、ようわからんのかもしれんな」

梨沙「よくわからないのに続けるの?」

??「不思議か? ま、キミらにもそのうちわかる日が来るかもしれんで」ハハハ


10: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:32:19.93 ID:0SjtDdOzO

飛鳥「………」

飛鳥(いつか、年月が過ぎていき……ボクにも、限界が訪れるのかもしれない)

飛鳥(その時、ボクはさっぱりアイドルを諦めるのだろうか。それとも、この人のように――)

??「ま、ひとつ言えることがあるとすれば」

梨沙「すれば?」

??「ワイは、野球が好きってことやな」

梨沙「そりゃそうよね。じゃないとクビになってまで続けないわ」

??「ハハ、はっきり言うなぁ」

飛鳥「………」

飛鳥「好き、か」


11: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:33:01.17 ID:0SjtDdOzO

??「ほな、ワイはそろそろ行くわ」

梨沙「もう行くの? 何か用事?」

??「東京ドームにな。後輩のクライマックス……初の晴れ舞台を見にいくんや」

梨沙「ふーん」

飛鳥「いい結果だといいですね」

??「そうやな。じゃ、ふたりともホームラン目指して頑張れよ」

梨沙「すぐに打ってやるわ!」

??「その意気や」


12: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:33:43.95 ID:0SjtDdOzO

その後


心「たっだいまー☆ かっとばしてきたぞー!」

梨沙「あ、おかえり」

飛鳥「ボクたちもそれなりに打てるようになってきたよ」

心「おお、すごいね♪ じゃあ、ぼちぼちパンケーキ食べに行く?」

梨沙「待ってたわ!」

飛鳥「お腹の空き具合もちょうどいいか」

心「お店はここからそんなに遠くないから……ところで、梨沙ちゃんが持ってるそのボールは?」

梨沙「あ、これ? さっき、元プロのオジサンがサインしてくれたの」

心「元プロ?」

飛鳥「生涯現役で、今は野球教室を開いているらしい」

心「……ちょっとそのサイン見せて」

梨沙「うん? はい」

心「………」

心「あ、ああ」

飛鳥「心さん?」


13: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:34:16.53 ID:0SjtDdOzO

心「も、猛牛戦士だ……!! 会いたかった……!!」

梨沙「そんなに有名な選手なの?」

心「有名なんてもんじゃ……もう帰っちゃったの!?」

梨沙「うん。東京ドームに行くって」

心「あ~~~、なんて間が悪いの私……」

飛鳥「一人称が変わるほどのショックらしい」

心「こうなったらパンケーキやけ食いだ! いくぞちびっ子!!」

梨沙「ちびっ子言うなっ!」


14: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:35:12.20 ID:0SjtDdOzO

飛鳥「………」

飛鳥(考えなければならないことは、たくさんある。そんな気がする)

飛鳥(けれど、今は)


心「最大サイズひとりで食べてやるからな☆」フンス!

梨沙「言っておくけど、残しちゃダメよ。出された料理は全部食べるのがマナーなんだから」

心「わかってるって♪」

梨沙「飛鳥もよっ」


飛鳥「………」

飛鳥「あぁ。理解っているさ」フッ


飛鳥(今は、まだ見ぬ店のパンケーキに思いを馳せるとしよう)




おしまい


15: ◆C2VTzcV58A 2016/10/10(月) 07:38:06.25 ID:0SjtDdOzO

おわりです。お付き合いいただきありがとうございます

初のCS進出おめでとうございます

シリーズ前作:佐藤心「らめええええええええん♡」

その他過去作
相葉夕美「花言葉」
モバP「なっちゃんと夏の事務所」
モバP「威勢がいいと異性にモテるらしい?」
などもよろしくお願いします


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/11(火) 02:46:20.83 ID:6Lw5d5oPO

遅い球は放物線で高低差出るから
あまり落ちない100キロぐらいからの方が打ちやすいんだよな


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/12(水) 21:48:39.58 ID:UXsAlZk4O

バッセンと言えばわくわくさんだなあと思いながら読んでたら斜め上の人が出てきた
おつ



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿