TOP > 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる > 真涼「第1回鋭太争奪戦」鋭太「おい」

真涼「第1回鋭太争奪戦」鋭太「おい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 22:54:30.58 ID:KMlkcyM60

千和「今日はえーくんが用事でいないし…」

姫香「久々の女子会…楽しみ」

愛衣「今日ついにタッくんが正式に私のものに…うふふふふふ♪」

真涼「ちなみに第1回で終了です。鋭太くんはそもそも私のものですし…今日は決着をつけて差し上げます」


千和「でも、どうやって決着をつけるの?」

真涼「ルールは簡単…自分自身がどれだけ鋭太くんに好かれてるか愛されてるかスピーチしてもらいます」

千和「でもでも、誰が勝ちって判断するの?みんな自分がいいって言うに決まってるし」

愛衣「それは大丈夫よ。カオルを連れて来たわ」


千和「あっ、カオルくんこんにちはっ」

カオル「こんにちは。チワワちゃん。ちなみに僕は帰ったらダメなのかな?」

愛衣「ダメよ。カオルには誰がタッくんの相手にふさわしいか?平等に審査してもらう必要があるんだからっ!」

カオル「えぇ~」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 22:58:00.18 ID:KMlkcyM60

姫香「こ、こんにちは」

カオル「こんにちは。鋭太の親友の遊井カオルっていうんだ。これからよろしくね」

姫香「あっ…秋篠姫香です。よ、よろしくおねがいします」


千和「そういえば、二人って初対面だっけ?」

姫香「肯定」

カオル「そうだよ。だけど、僕は鋭太からよく話を聞いてたから、秋篠さんの事を少しは知ってるかな」

姫香「エイタとどんな話をしていたの?すごく興味が惹かれる」

カオル「そうだなー、確か最初は『やったー!すっごく可愛い子からラブレター貰ったぜー』だったかな」

真涼「」ピクッ

姫香「あの手紙…エイタ喜んでくれてたの?」

真涼「鋭太許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない彼女がいるのにラブレターごときで許さない」ブツブツ


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:01:48.58 ID:KMlkcyM60

カオル「え、えーと…」

愛衣「ヒメちゃん、季堂くんはそんな事は言わないでしょ?今のはカオルの冗談よ」

真涼「」ピクッ

姫香「え?嘘?喜んでない?」

カオル「ううん、そんなことはないよ。とても動揺してたよ」

姫香「そう…よかった」


カオル「ありがとうあーちゃん」ボソボソ

愛衣「ヒメちゃんは純真なんだから気をつけなさい」ボソボソ


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:06:16.63 ID:KMlkcyM60

千和「ところで夏川~」

真涼「どうかしたのかしら?」

千和「さっき滅茶苦茶に動揺してたよね?やっぱりえーくんが自分を好きか自信がないから不安なんでしょ?」

真涼「ふんっ、どっかのたまたま近くに住んでただけで幼なじみという称号を手に入れた人と違って」

真涼「私は鋭太くんに選ばれ、彼女という称号を手に入れたのよ。好かれているに決まってるわ」


千和「そうだね、一応彼女だもんね」

真涼「…『一応』ってどういうことかしら?」

千和「今日のえーくん争奪戦で全部決まるって事!これであたしが勝てば、えーくんはあたしの物なんだからね!」

真涼「ええ、今日こそはコテンパンに倒して差し上げますわ、生意気な幼なじみさん」

千和「あたしとえーくんの絆がどんだけ深いか教えてあげるね、今日で終了の顔だけ彼女さん」


真涼「…」バチバチ

千和「…」バチバチ


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:09:53.45 ID:KMlkcyM60

愛衣「はいはい、そこまでにしておきなさい。じゃあ今から順番を決めます!」

千和「はいはい!あたし一番がいい!先手必勝!」

姫香「わたしはみんなと楽しくお話できればそれでいい…エイタの一番になれなくても二番でいいから」

真涼「私の勝ちは揺らぎないので皆さんのお好きにどうぞ」

愛衣「私も何番でもいいわね…くじ引きする?」


カオル「チワワちゃんは1番でいいんじゃないかな?」

カオル「それで次は夏川さん、秋篠さん、あーちゃんの順番で」

愛衣「別にそれでいいけど、何でその順番なの?」

カオル「特に深い理由はないけど、春夏秋冬だからかな?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:14:47.80 ID:KMlkcyM60

千和「わわっ!あたし達ってすごいね!」

真涼「私はとっくに気付いてましたけど…実はそれが理由で春咲さんと秋篠さんを勧誘しましたし」

千和「え!?そうだったの?」

姫香「会長さすが」

真涼「どうやら、私が一歩リードのようですね」

愛衣「ふふん。その程度のリードじゃ愛衣ちゃんには勝てないわよ」

カオル「…いや、さすがに冗談だよね」

カオル(うーん、鋭太がいないとツッコむ人が足りないね)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:18:26.37 ID:KMlkcyM60

■春咲千和

千和「えーと、えーくんにどれだけ好かれているか?を言えばいいんだよね?」

千和「そうだね…えーと」

トーク中♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

千和「えーくん、晩御飯作りにきたよー」

鋭太「いいよ、今日は俺が作るからさ…たまには食べてけって」

千和「でも、勉強で忙しいんでしょ?いいよ!あたしが作ってあげる」

鋭太「いや、今日は俺が作る。ちょっと煮詰まってて気分転換がしたいんだ」

千和「じゃあ、じゃあねっ!一緒に作ろうよ!えーくん!」

鋭太「おう。名案だな。一緒に美味しい飯を作ろうぜ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:22:13.34 ID:KMlkcyM60

……………………………………………………

千和「いっただっきまーす♪」

鋭太「いただきます」


千和「お、おいしい!美味しいね!えーくんっ♪」

鋭太「そうだな…自分で作った時と違って、二人で作ってるからこその味だな」

千和「じゃあね、じゃあね、これからも一緒に作ったりしない?」


鋭太「おお、今日の千和は冴えてるな」

千和「え?じゃ、じゃあ…」


鋭太「ああ、これからもずっと一緒に作ろうな」

千和「えーくんっ大好きーっ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


千和「って事がこの前あったんだ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:26:21.02 ID:KMlkcyM60

千和「それ以降、一緒にご飯を作ってるんだよっ♪」

カオル「『ずっと一緒に作ろうな』か…これは高得点だね」

真涼「…」

姫香「…」

愛衣「…」


カオル「あ、あーちゃん?」

愛衣「ハッ!」

愛衣「な、なんて拷問?……これって聞いてる方は本当に拷問ね」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:30:50.37 ID:KMlkcyM60

千和「ふふーん、夏川?どうかな?これでもあたしに勝てるつもりでいるの?」

真涼「え?すみません、ジョジョを読んでたので気付きませんでした」

千和「夏川…漫画逆さだよ」

真涼「…………私くらいのJOJO力になると逆さまでも読めるようになるんですよ」

千和「強がっちゃってー」

真涼「ぐぬぬぬぬぬぬ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:33:21.55 ID:KMlkcyM60

■夏川真涼

真涼「そもそも私には回想シーンも何もいらないですね」

千和「…回想するほどの思い出もないって事?」

真涼「私は鋭太くんとの二人の思い出をベラベラと喋りたくないだけです」

真涼「私と鋭太くんだけの秘密なので」

千和「じゃあ、夏川は負けを認めるって事?」

真涼「いいえ、皆さん、夏合宿の事を思い出して下さい」


千和「」ピシッ
姫香「」ピシッ
愛衣「」ピシッ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:37:16.86 ID:KMlkcyM60

真涼「そう…何を言いたいかわかりますよね?」

真涼「別れようと言った私に対して、鋭太くんは別れたくないって言ってくれました」

真涼「そして…」

鋭太『夏川真涼のことが、大好きだからだあああああああっっっ!!!』

真涼「大人数の前で情熱的な告白をして…さらには鋭太くんから熱いキスを」


真涼「どっかの泥棒チワワさんは無理矢理に鋭太くんの唇を奪ったようですが…」

真涼「私はただ一人、ええ唯一!鋭太くんからキスを迫られた人間です!」

真涼「ふふ、これで私がどれほど愛されているか?わかって頂けたかと思います」


千和「…うぅ…えーくん」ポロポロ

姫香「エイタ……やっぱり、二番じゃ…」ズーン

愛衣「タッくん…タッくん」グスグス


真涼「ふふふ」


カオル(うわぁ、帰りたくなってきたよ…今なら鋭太の気持ちが少しわかるかも…)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:42:05.36 ID:KMlkcyM60

■秋篠姫香

姫香「エイタを姉に紹介した」

真涼「そういえば、そんな事もありましたね」

姫香「姉は大変気に入った。以上」

千和「へ?」

愛衣「ヒメちゃん!?ヒメちゃんたくさんあるでしょ!いいの!?それだけで?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:45:28.76 ID:KMlkcyM60

姫香「問題ない。わたしはエイタにずっとギュッてしてほしいけど」

姫香「エイタとずっと一緒じゃなくてもわたしにはチワワも会長もマスターもいる。それにマナも」

姫香「みんなと女子会ができる。お泊まり会だって楽しい。中学の時は違うこの新しく優しい世界が好き」

姫香「だからわたしはみんなと争いたくない。みんなとはエイタを好きな仲間でいたい」


千和「ま、眩しいよっ!」

真涼「じょ、浄化されてしまいそうですわ!」


愛衣「はぁ~、最近黒い事ばかりしてるからヒメちゃんが天使のように見えるのよ?」

カオル(あーちゃんも…だと僕は思うけどね)

愛衣「何か言った?」

カオル「え?僕何も言ってないよ?」

愛衣「…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:49:46.30 ID:KMlkcyM60

カオル「え、えーと、秋篠さんはエイタを争うより、みんな仲良く好きでいようって事だよね?」

姫香「肯定」

カオル「秋篠さんの意見を配慮して優勝にはしないけど、正直点数高いよ?」

愛衣「ど、どうしてよ!?」

カオル「あーちゃんは知らないだろうけど、鋭太はある事に対する言い争いのケンカがすっごく嫌いなんだよ」

千和「…」

真涼「…」

愛衣「え?え?そうなの?ってみんな知ってるの?」

カオル「まぁ、あーちゃんには近いうちに鋭太が事情を話すと思うよ」

愛衣「…ふ、ふーん。わかったわ。愛衣ちゃんは待てる女だから無理には聞かない事にする」

真涼「…」

千和「…」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:56:25.73 ID:KMlkcyM60

真涼「ちょっと空気が重くなりましたね。少し話を脱線させましょう」

千和「そうだね」

真涼「そうでした。乙女の会の会長として言いたかったのですが」

姫香「?」

真涼「先日のアニメのOPの撮影会はお疲れさまでした」

愛衣「え?うん。お疲れ様…って言うと思ってるのーーーー!?」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:59:53.06 ID:KMlkcyM60

真涼「え?どうしました?」

愛衣「忘れたって言わせないわよ!!!」

千和「ほら、あれじゃない?OPで弁当を4人で食べるシーンがあるじゃん」

真涼「ああ、秋篠さんがとっても幸せそうな顔をしている…」

姫香「わたしみんなでお弁当を食べるのが、初めてでとても嬉しかった」

姫香「中学生の頃の遠足や、高校の1学期までは一人だったから…」

千和「ヒメっち…よし!今度からあたしと食べようよ!毎日食べに行くから!」


姫香「でも、大丈夫。エイタや会長、チワワ、マスターと会えたお陰で、最近はわたしと一緒に食べてくれる人ができた」

千和「そっかー!そっかぁ~♪よかったねヒメっち」

姫香「うん♪」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:05:36.08 ID:UwsPIZUT0

愛衣「ヒメちゃんが幸せそうで師匠としても嬉しいわ…ってそうじゃなーーーい!」

真涼「どうしたんですか?そんなに騒いで、モテカワマスター(笑)が聞いてあきれますよ」

愛衣「(笑)ってどう意味よっ!ってそんな事は今はいいの!」


愛衣「夏川さん!あなた何で弁当にあんなの入れたの!?」

真涼「…何のことでしょう??」


愛衣「ぐぬぬぬぬ。い、いいわ。説明してあげる!」

愛衣「アニメのOPで私が夏川さんのお弁当にお箸を入れて食べるシーンがあるじゃない」

真涼「ああ、私のお弁当に確かに箸を入れてますね…なぜかその後のシーンはカットされましたが」

愛衣「夏川さんのおかずを食べた私が泡を吹いて倒れたからでしょうがーーーー!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:09:09.61 ID:UwsPIZUT0

愛衣「本当は私が美味しそうに食べるシーンがアップで入る予定だったのに!」

愛衣「愛衣ちゃん最大の見せ場になるはずだったのに!」

愛衣「なんであんな毒物を入れたのよ!」


真涼「毒物とは失礼な。私は全力で真面目に作ってきました」

愛衣「全力で毒物を作ったの間違いじゃないの!?」

真涼「まぁ、確かに…作った当時の事は、なぜか何も覚えてないので。全力か若干怪しい所がありますが…」

愛衣「記憶が飛ぶような料理を私に食べさせないでよ!」

カオル「ああそれで余った尺に謎のお弁当のアップシーンがあるんだね」


真涼「済んだことは置いておいて、次に進みましょう」

愛衣「…もういいわよ…はぁ~」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:14:04.06 ID:UwsPIZUT0

■冬海愛衣

愛衣「そうね、私も夏川さんと同意見でタッくんとの思い出は宝物だから、他の人に簡単に見せたくないけど…」

愛衣「今回は一つだけ私の宝物を見せてあげるわ!」


千和「もったいぶらずに早く見せてよー」

真涼「もう少ししたら下校の時刻ですし、もう終わりでいいんじゃないでしょうか?」


愛衣「ぐぬぬぬぬ。ま、まぁ、いいわ。これを聞きなさい!」


カオル「あっボイスレコーダーだ」

カチッ

鋭太『可愛いよ、あーちゃん。お前の友達思いなところ、大好きだ』


真涼「」ピシッ
千和「」ピシッ

姫香「おぉー、さすがマスター」パチパチ

愛衣「やぁぁぁん♪何度聞いても最っ高!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:17:51.76 ID:UwsPIZUT0

カオル「あ、あーちゃん?」

愛衣「…ご、ごほん。これで分かってもらえたかしら?」

真涼「よ、よよよよよよよくできた合成ですね」

真涼「でももももも、わたしだって鋭太くんに大好きっていいいいわれてますし?」

真涼「ぜんぜんすごくなんかないですもんね」

千和「…すごく動揺してるじゃん」

愛衣「ふんっ、そのくらいわかってるわ…でもね、私は夏川さんに勝ってると思うのよ?」

真涼「どこがですか?鋭太死ねばいいのに」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:21:20.62 ID:UwsPIZUT0

愛衣「ここよっ!」

カチッ

鋭太『可愛いよ、あーちゃん。お前の『『友達思いなところ』』、大好きだ』


愛衣「ふにゃにゃ~ん」

真涼「鋭太許さない許さない私という彼女がいながら許さない許さない」

千和「何?愛衣は自慢したいだけなの?」


愛衣「ハッ!え、えーとね。私のどんな所が好きなのかを、ハッキリ言ってる事が夏川さんと全然違う所よ!!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:25:30.02 ID:UwsPIZUT0

真涼「ふっ、そ、そそそその程度…私は鋭太くんに普段好きって何回も言われてますわ…好きって…たぶん…」

千和「でもよく考えたら、えーくんが夏川のどこが好きか?普段言わないよね~」

愛衣「…夏川さんのどこが好きなのかしらね?」チラッ

真涼「こっちを見ないで下さる?」

姫香「親友」

千和「え?」

姫香「エイタの前世からの親友なら何か聞いてるかも」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:31:42.72 ID:UwsPIZUT0

カオル「え?僕?でも前世からの親友かはわからないな~。それに前世では親友よりも…」

愛衣「…で、何か聞いてるの?」

真涼「…」

カオル「あー、うん、まぁー…ね?」

真涼「ふふふふ…ええ、私は最初から鋭太くんを信じていました」

真涼「さぁ、遊井くん!鋭太くんがどんな惚気話をしたか話して下さい!!」

千和「うわぁ、うざい感じに立ち直ったね」

真涼「立ち直る?私は最初から負けていません!私は鋭太くんを信じてますから。ええ彼女ですから」

愛衣「夏川さんは置いておいて、カオル?早く言いなさいよ」


カオル「えーとね…」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:35:10.75 ID:UwsPIZUT0

鋭太『あれでも結構いいところあるんだぜ』

カオル『例えば?』

鋭太『まず顔だろ。それから顔。ええと、あとはやっぱり顔かな』




真涼「…」

カオル「…」

愛衣「…」

千和「…」

姫香「…」

真涼「え?続きは?」

カオル「い、以上かな」

真涼「∵」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:45:04.02 ID:UwsPIZUT0

千和「こ、これはさすがに…同情するね…」

姫香「エイタひどい」

愛衣「…」

カチッ


鋭太『可愛いよ、あーちゃん。お前の友達思いなところ、大好きだ』


真涼「きゃあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

真涼「あああああああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!」

バタッ

姫香「会長が倒れた」

愛衣「…さすがに可愛そうになってきたわ」

千和「顔だけ女とか言ってごめんね夏川」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:48:46.79 ID:UwsPIZUT0

真涼「…うぅ…うぅ」

姫香「会長、涙が…可愛そう」

千和「ヒメっち…こういう時はそっとするのも優しさだよ」

愛衣「…」

カチッ

鋭太『可愛いよ、あーちゃん。お前の友達思いなところ、大好きだ』


真涼「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


姫香「会長がぐったりしてる」

千和「愛衣!さすがにやりすぎだよ!!」

愛衣「え?あっ…現彼女に止めをさすチャンスよねって」

千和「…そうだね。もう一回する?」


カオル(お、女の子って怖いなぁ~…)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:52:31.19 ID:UwsPIZUT0

■結果発表

真涼「エイタユルサナイ。彼女なのに。私が一位なのに。捨てた。ユルサナイ。他の女に大好きって言った。許さない」ブツブツ

千和「もちろんあたし勝ちだよね!」

姫香「今日の女子会も終わり。とても楽しかった。またやりたい」

愛衣「ふふーん、また愛衣ちゃん大勝利しちゃうかも?」


千和「カオルくん!誰が勝ちなのかな?」

カオル「そうだね、今日の話を聞いてわかった事があるんだ」

愛衣「ん?」


カオル「言葉って薄情だよね」

真涼「…どういうことでしょう?」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 00:56:50.12 ID:UwsPIZUT0

カオル「例えば、これ」

姫香「ペンダント…綺麗…」

愛衣「…どういうこと?意味がわからないわ」


カオル「実はこれ…鋭太から貰ったものって言ったらどうする?」

千和「なっ!」
愛衣「なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

真涼・姫香「?」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 01:01:19.61 ID:UwsPIZUT0

愛衣「か、カオル!これはどういうことなの!?」

千和「な、夏川!?なんでそんなに落ちついてるの!?」

真涼「え?別に鋭太くんが男友達…親友にプレゼントするくらい普通じゃないんですか?」


カオル「あっ、ごめんね夏川さん、このプレゼントは僕の双子の妹のカオリが、みんなに内緒で鋭太とデートした時の記念に…ね?」

真涼「……………………え?」


カオル「って言うのは冗談なんだ。僕には双子の妹なんていないしね」

姫香「え?え?どういうこと?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 01:04:57.15 ID:UwsPIZUT0

カオル「じゃあ、第1回戦争奪戦の勝者は無しって事にしておくね」

カオル「今度はプレゼントを貰うくらい、鋭太に大切にしてもらえるようになったら……今度こそ決着をつけようね」

愛衣「そ、そんなことで愛衣ちゃんが納得すると思ってるの!?」

カオル「ごめんね、もうそんな時間はないよ」

愛衣「はぁ!?」


ガララララ


鋭太「どうかしたのか?外まで声が聞こえてるぞ」

千和「えーくん!?」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 01:11:14.62 ID:UwsPIZUT0

姫香「今日は用事があるんじゃなかったの?」

鋭太「用事は終わった。うちのクラスの最上と掃除やってたんだ」

カオル「そういえば、最上さんは遅刻したから、罰として家庭科準備室の掃除を言われてたんだっけ?」

鋭太「ああ。有名予備校のテキストを最上から貰ってさ。そのお礼に掃除を手伝ってきたんだ」

真涼「へ、へぇ~…今度はその女の子がターゲットなのかしら?」


鋭太「ターゲット?…え?…あれ?真涼さん怒ってらっしゃいます?」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 01:14:43.68 ID:UwsPIZUT0

カオル「じゃあ、僕は行くね。また明日無事に会おうね。鋭太♪」

鋭太「は?え?ちょっと待ってくれ!カオル!」





カオル(たまには僕の事で困らせてもいいよね。…ね?鋭太っ♪)


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 01:17:55.02 ID:UwsPIZUT0

真涼「さあ、馬鹿で阿呆で童貞で畜生で鈍感で朴念仁で唐変木の鋭太くんには少しお仕置きが必要のようですね?」

真涼「それに私の良い所が顔以外もある事を…調教…優しく教えて差し上げましょう」

千和「え~く~ん?最近あたしに黙って女子と会ってったんだってー?ふーん?」

姫香「エイタの竜闘気(ドラゴニックオーラ)は人を引き寄せる。でも節操がないのはどうかと思う。今から封印の儀を行う」

愛衣「タッくん!タッくん!!私にもプレゼント買って!愛衣ちゃん指輪がいいな!アルバイト三か月分の!」



鋭太(な、なんでこうなってるんだ!?)



鋭太「俺の彼女と幼なじみと元カノと婚約者が修羅場すぎる!!」






       終わり


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 01:18:27.84 ID:UwsPIZUT0

これで終わりになります。
こんな時間まで見てくれてありがとうございました。
機会があればまたよろしくお願いします!


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/16(土) 01:23:50.08 ID:v7mnvhPC0


次も舞ってる



『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿