TOP > アイドルマスター > 春香「ルンバ買ったんですか?」

春香「ルンバ買ったんですか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:09:58.44 ID:FooB8AJi0

小鳥「そうなの。私も最近忙しくて、事務所の掃除ができてなかったから」

春香「へー、律子さんがよく許しましたね」

小鳥「実は私が自費で買ったものなの」

春香「そうだったんですか?」

小鳥「ええ、だから壊したりしないでね?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:13:58.29 ID:FooB8AJi0

亜美「おはおは→!」

真美「あれー?誰もいな→い」

◎三

亜美「あれ?今なんか動かなかった?」

真美「うん、なんかいた」

三◎

亜美「ま、真美隊員!」

真美「う、うろたえるな!双海姉妹はうろたえないッ!」

亜美「これってあれだよね」

真美「うん、間違いなくあれだよ」

亜美真美「ルンバだー!!」

◎三


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:17:36.38 ID:FooB8AJi0

亜美「ねぇ、ルンバはどこから来たの?」

◎三

真美「そっか。電機屋さんから来たんだね」

三◎

真美「ルンバは何歳なの?」

亜美「ねぇ亜美たちにも質問してよー」


小鳥「ただいまー」

亜美「あ、ピヨちゃんおか→」

真美「ねぇねぇ、ピヨちゃん!ルンバがいるよ!」

小鳥「知ってるわよ。私が買ったんだから」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:20:31.53 ID:FooB8AJi0

小鳥「と、いうわけで買っちゃったの」

亜美「ふーん、律っちゃんに見つかったら怒られるかもね」

真美「ピヨちゃんのお金で買ったんだから大丈夫っしょ」

小鳥「よくわからないけど、そういうわけだから壊したりしないでね?」

亜美真美「はーい」

小鳥「いけない!もうこんな時間!私、ちょっと出てくるわね!」

亜美真美「いってら→」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:24:55.89 ID:FooB8AJi0

やよい「おはようございます…」

亜美「おはよ、やよいっち!」

真美「おはよ→、どしたの?元気ないね」

やよい「うん…それがね。朝から伊織ちゃんと連絡が取れないんだ…」

亜美「えー、いおりんが?」

真美「風邪かな?」

やよい「今日伊織ちゃんと収録があったから、時間の確認をしようと連絡したんだけど…」

亜美「ヘンだね、いおりんいっつも元気なのに」

真美「仕事休んだことなんてないのにね」

◎三


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:28:49.91 ID:FooB8AJi0

真美「どれどれ、いおりんの予定は…」

亜美「一回事務所に戻って来てるね」

真美「真美たち来たとき誰も居なかったよね?」

亜美「どっか出掛けてんじゃない?」

やよい「でも…伊織ちゃんって出掛けるときいっつも携帯持ってるのに…」

亜美「そっか、連絡つかないんだった」

真美「も一回携帯鳴らしてみよっか」

ピロリロリーン♪

真美「あれ?そこにある」

亜美「携帯忘れてったのかな?」

真美「珍しいね」

三◎


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:33:10.63 ID:FooB8AJi0

真美「いおりん近くにいるかもよ?」

亜美「あれ?やよいっちは?」

真美「ホントだ、居ない」

亜美「いおりん捜しにいったのかな?」

真美「そそっかしいなぁ」

三◎

真美「あ、真美も兄ちゃんに仕事の確認しとかなきゃ」

ピロリーン♪>◎三

亜美「今ルンバから音鳴んなかった?」

真美「まさかぁ」

三◎<ピロリーン♪

真美「ほ、ホントだ」

亜美「まさか」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:37:00.82 ID:FooB8AJi0

真美「ルンバに飲まれた?」

亜美「こ、怖…」

亜美「やいルンバ!いおりんと兄ちゃんを返せ!」

真美「そうだそうだ!」

◎三

亜美「どうしていおりんや兄ち◎三

真美「亜美?何て言ったの?」

亜美「どうしていお◎三

真美「あ、亜美!?危ない!」

亜美「え◎三


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:40:50.10 ID:FooB8AJi0

真美「亜美!!」

亜◎三

真美「亜美ぃぃぃぃぃ!!!」

◎三

真美「どうして…どうしてこんなことするのさ!」

真美「せっかく…せっかく仲良くなれたのに…」

◎三

真美「お願い、話聞いて」



真美「短い時間だったけどさ、真美たち友達になれたじゃん」

真美「それなのに…なんで…なんで友達を……」

真美「どうしてそんなことしたの?」


lll


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:43:27.45 ID:FooB8AJi0

真美「お願い…話を聞いてよ…お願いだよ…」

lll

◎美「嫌だ…来ないで…来ないでよ!!この殺人機!!」
lll

三◎「だまれ」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:47:12.21 ID:FooB8AJi0

◎「さっきから聞いていれば、勝手に友達とか仲良しとか」

◎「バカじゃないのか?俺は掃除をするだけだ」

◎「バカの戯言などには付き合ってられん」

◎「バカはゴミだ。社会のゴミだ」

◎「俺はゴミを掃除する」

◎「そして…」

◎「犯罪者もまたゴミだ」

◎「俺は人を殺めた」

◎「俺自身もゴミだ…」

◎「俺はゴミを掃除する」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:47:58.99 ID:FooB8AJi0



◎「さらばだ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:53:01.68 ID:FooB8AJi0

小鳥「ただいまー、あら事務所がピカピカねー」

小鳥「これもルンバのおかげかしら」

小鳥「あら?何かしら?何かの破片?」

小鳥「これは…ルンバの…」

小鳥「こっちは…置き手紙…」

小鳥「ルンバ、ルンバぁぁぁああああああ!!!」



◎『そう、俺はこの世にゴミが有る限りいつまでも掃除する』

◎『ゴミが絶えぬ時はいつでも呼んでくれ』

◎『それが掃除ロボットのつとめなのだから』


終わり


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/05(金) 23:54:39.27 ID:FooB8AJi0

終わりです。なんとなく書きたくなったので思い付きだけで書きました。

ルンバは次に、あなたのところに行くかもしれませんよ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/06(土) 00:01:13.98 ID:fazK2J9Z0

うちにルンバいるけど寝込み襲われるのかな



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿