TOP > キルミーベイベー > あぎり「ソーニャは付き合いがいいですねぇ~」ソーニャ「あ?」

あぎり「ソーニャは付き合いがいいですねぇ~」ソーニャ「あ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 00:45:11.44 ID:8Fe4hVnx0

あぎり「だってぇ~、いつもやすなさんの下らない遊びに付き合ってますしぃ~」

ソーニャ「違う。つき合わされてるんだ。誰が好んで付き合うかよ」

あぎり「え~?そうなのぉ~?」

ソーニャ「傍から見てれば私が嫌々なのは一目瞭然だろ」

あぎり「ん~。そうねぇ~」

ソーニャ「どんな勘違いだよ、全く」

やすな「ソーニャちゃーん!!」タタタッ

ソーニャ「なんだ?」

やすな「殺人事件が起こったら大変だよね!!」

ソーニャ「あ?まあ、な」

やすな「もしものときのために探偵力を高めようとおもうんだっ!!」

ソーニャ「どうやってだよ?」

あぎり「うふふ~」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 00:48:17.52 ID:8Fe4hVnx0

やすな「じゃあ、はい」

ソーニャ「なんだ、このヒゲとパイプは?」

やすな「私が犯人になるから、ソーニャちゃんは探偵ね」

ソーニャ「私が探偵でいいのか?」

やすな「うんっ!!」

ソーニャ「しかたないな……」ゴソゴソ

やすな「ふふ……」

ソーニャ「できたぞ」

やすな「ぷははは!!!にあわねー!!」

ソーニャ「……」ピキッ

ソーニャ「ふん!!」グキィ

やすな「あたたた!!!!おほぉ!!関節がぁぁ!!!」

ソーニャ「真面目にやれ」

やすな「は、はい。すんません」

あぎり「……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 00:52:47.82 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「で、どんな難事件を提供してくれるんだ?」

やすな「うんとね。この教室で殺人が起こった設定ね」

ソーニャ「死体は?」

やすな「あぎりさん!!おねがいします!!」

あぎり「え~?私は忍者なのでぇ~遠慮しますぅ~」

やすな「そっかー。じゃあ、ソーニャちゃんしかいないや」

ソーニャ「なんでだよ!!私は探偵だろ!!」

やすな「だって犯人が死体役とか自殺もいいところだし」

ソーニャ「ったく……」

ソーニャ「……これでいいか?」

やすな「……ソーニャちゃんがしんだぁ!!!」

やすな「うわぁぁぁん!!!ソーニャちゃぁぁん!!!」

ソーニャ「……」

やすな「うえぇぇん!!」

ソーニャ「おい。いつ私は探偵になれるんだ?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 00:58:02.26 ID:8Fe4hVnx0

やすな「え?なに言ってるの?死んだのに探偵とかできるわけないじゃん」

ソーニャ「あぁ!?」

やすな「もう、肝心なところでバカなんだから。そんなことじゃ探偵は務まらないよ、ワトソンくん」

ソーニャ「誰が助手だ!!こらぁ!!」グキィ

やすな「いでででで!!!!その関節はまずい!!まずいよぉ!!!」バンバン

ソーニャ「もういい。付き合いきれん。何が探偵力だ。バカバカしい」スタスタ

やすな「あれ?ソーニャちゃん、どこいくのー?」

ソーニャ「トイレ」

やすな「わかったぁー!!トイレ殺人事件だね!!あれだぁ!!ソーニャちゃんが便器の中で溺死―――」

ソーニャ「本当にそのトリックを実行してやってもいいんだぞ?」グイッ

やすな「ご、ごめんなさい……」

ソーニャ「ふんっ」スタスタ

あぎり「うふふ~」

ソーニャ「なんだよ?」

あぎり「やっぱりソーニャは付き合いがいいですね~」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:04:00.06 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「よくねーよ。巻き込まれただけだ」

あぎり「ほんとにぃ?」

ソーニャ「お前、間近で見てただろ」

あぎり「んー……でもぉ、本当に嫌なら回避できる感じでしたよぉ?」

ソーニャ「あいつはしつこいんだ」

あぎり「ソーニャは立派な殺し屋なんですからぁ、やすなさんぐらい余裕であしらえるとおもいますがぁ~?」

ソーニャ「まぁな」

あぎり「ふふ、では今度から完璧にやすなさんを無視する方向でいきましょうかぁ~?」

ソーニャ「あ?そんなの無理に決まってるだろ。やすなは本当にウザイぐらい迫ってくる」

あぎり「いやいや~。それはソーニャ次第だと思いますけどねぇ」

ソーニャ「無理だな。相手にしたほうが早い」

あぎり「あれれぇ~?ソーニャ、もしかしてぇ~やすなさんと遊ぶの好きなんで―――」

ソーニャ「―――それ以上、言ったら殺す」ギラッ

あぎり「まぁ、こわい」

ソーニャ「私は本当に迷惑しているんだ。……いいだろう。そこまでいうならやすなを徹底的に無視してやる」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:08:51.21 ID:8Fe4hVnx0

教室

やすな「おっかえり!!ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「ああ」

ソーニャ(おっと。無視だったな……無視無視……)

やすな「ねね!!今度はサッカーやろうよ!!めざせ!!なでしこ!!」

ソーニャ「……」ツーン

やすな「ほら、紙風船でつくったよ!!サッカーボール!!!」

ソーニャ「……」

やすな「へい!!センタリング!!オフサイド!!」

ソーニャ「……」

やすな「くらえ!!イナズマシュート!!」パスンッ

ソーニャ「……」

やすな「あれ?ソーニャちゃん、興味ないの?……じゃあ、この紙風船、頭にのっけてあげるね」スッ

ソーニャ「……」イラッ

やすな「わはははは!!!ばかっぱい!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:13:28.41 ID:8Fe4hVnx0

やすな「めーん!!」パチン

ソーニャ「……」ピキッ

やすな「うへへ~、すきだらけじゃーん!!」

ソーニャ「この―――!!」

やすな「なんだ!?やるかぁ!?」

あぎり「……」ジーッ

ソーニャ(ちっ……我慢だ……我慢……)

やすな「あれ?ソーニャちゃん?いつもならこの辺で私の首にナイフを突きつけるのに」

ソーニャ「……」ツーン

やすな「わかったぁ!!ソーニャちゃん、便秘なんでしょ~?」

ソーニャ「違う!!!」

やすな「便秘にはバナナがいいよ」

ソーニャ「迷信だ!!」

やすな「お?ということは試したことがあると?」

ソーニャ「このやろ……!!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:18:03.20 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「―――ということはお前には逆エビ固めだな」ググッ

やすな「ギブ……ギブ……ギブミー……」

ソーニャ「もう帰る。じゃあな」

やすな「あぁん!!ソーニャちゃんまってよー!!」ズキズキ

あぎり「うふふ~」

ソーニャ「あぎり……!?」

あぎり「やっぱりソーニャってやすなさんのこと―――」

ソーニャ「長生きしたくないのか?」ギラッ

あぎり「それは置いといて……」スッ

ソーニャ「なんだよ」

あぎり「結局、ずっとやすなさんとお喋りしてましたね~」

ソーニャ「だから、私は好んでしていない。竜巻に巻き込まれているようなものだ」

あぎり「そうは見えませんでしたけどぉ?」

ソーニャ「じゃあ、お前の目は節穴だ」

あぎり「両目とも10.4はあるんですけどね~」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:23:32.84 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「とにかく無視は無理だ」

あぎり「おやおや~。では、忍法『お前なんか塵ほども興味ねーよ』の術はいかがですかぁ?」

ソーニャ「なんだそりゃ」

あぎり「特定の相手に対して一切の興味を失う不思議な白い粉ですねぇ~」

ソーニャ「ふーん」

あぎり「いりますぅ?」

ソーニャ「いらん」スタスタ

あぎり「あらら」

やすな「腰がいたい……ソーニャちゃんってば本気なんだもん……」

あぎり「どうも~」

やすな「あぎりさん!!聞いてください!!ソーニャちゃんってば酷いんですよ!!」

あぎり「んー、そうですかぁ?」

やすな「はい!!―――ところで、その白い粉はなんですか?」

あぎり「これですかぁ?……いりますぅ?」

やすな「なんの粉なんですか?小麦粉?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:27:40.37 ID:8Fe4hVnx0

あぎり「ですね~」

やすな「わーい!!これで超絶まずいパンを作ってソーニャちゃんに食べさせよう」

あぎり「まいどありぃ」

やすな「あぎりさん!!ありがとう!!!」タタタタッ

やすな「―――ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「なんだよ」

やすな「これみて!!」

ソーニャ「それ……」

やすな「小麦粉!!」

ソーニャ「小麦粉か」

やすな「これで美味しいパンつくってあげるね!」

ソーニャ「いらねーよ」

やすな「そんなこといって、期待してるくせにぃ」

ソーニャ「してねーよ」

やすな「照れてるの?ねえ、照れてるの?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:31:39.07 ID:8Fe4hVnx0

翌日

やすな「ソーニャちゃん!!朝ごはんたべた!?」

ソーニャ「食べた」

やすな「しかたないなぁ」ゴソゴソ

ソーニャ「食べたっていったろ」

やすな「はい!!やきそばパン!!」

ソーニャ「お前が作ったのか?」

やすな「うん!!」

ソーニャ「どうせ、まずく作ったんだろ?」

やすな「ひどいなぁ!!そんなことしないよ!!」

ソーニャ「本当か……?」ジトーッ

やすな「ほ、ほんとだよ……本当だもん……」アセアセ

ソーニャ「じゃあ、まずはお前が食え」

やすな「い、いいの?!食べちゃうよ?!これ、自分でいうのもなんだけどほっぺた落ちるし。そもそもやきそばをパンではさむっていう発想がすごい―――」

ソーニャ「御託はいい。食え」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:35:37.84 ID:8Fe4hVnx0

やすな「おぉぉ……」プルプル

ソーニャ「手が震えてるぞ?どうした?」

やすな「いいの?私が食べても……?」

ソーニャ「はやくしろよ」

やすな「……」

ソーニャ「……」

やすな「……」プルプル

ソーニャ「ふわぁぁ」

やすな「すきありー!!!」

ソーニャ「―――甘い!!」グッ

やすな「もごぉ!?」

ソーニャ「お前の手口ぐらい分かってる」

やすな「うぐ……もぐもぐ……」

ソーニャ「どうだ?うまいか?」

やすな「うぅ……どうして刻んだみかんとかいれちゃったんだろうぅ……」ポロポロ


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:39:28.04 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「泣くほどまずいものを食わそうとするからだ。バカ」

やすな「そうだね。ごめん」

ソーニャ「……なんだ、やけに素直だな」

やすな「……そろそろ授業が始まる。座ろっか」

ソーニャ「ああ。そうだな」

やすな「……」

ソーニャ「おい」

やすな「ん?」

ソーニャ「なんだよ、いきなり静かになって。また変なことでも考えてるのか?」

やすな「……別に」

ソーニャ「嘘だな。お前が余計なことを考えないときはない」

やすな「……」

ソーニャ「白状しろ。次は何に影響されたんだ?あ?」

やすな「……」

ソーニャ「……まぁ、いいけど。バカなことをしてみろ、直ちに粛清してやるからな」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:42:43.54 ID:8Fe4hVnx0

昼休み

ソーニャ「昼だな」

やすな「……」ガタッ

ソーニャ「やすな?どこにいくんだ?」

やすな「……」トコトコ

ソーニャ「……ま、静かでいいか」モグモグ

やすな「ねーねー!!一緒にたべよー!!」

「いいよー」

「こっちこっち」

やすな「ごめんねー!!」

ソーニャ「……」モグモグ

ソーニャ「……今日はいい天気だな」ボソッ


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:46:00.81 ID:8Fe4hVnx0

放課後

やすな「かえろー!!」

ソーニャ「またか。しかたな―――」

やすな「ねね、駅前においしいケーキ屋ができたのしってる?」

「知ってる!!いく?」

やすな「暇だしいこーよぉ!!」

「うんっ」

ソーニャ「……」

ソーニャ「ふぅ……」

ソーニャ「帰るか」スタスタ

あぎり「お困りですかぁ?」

ソーニャ「いーや。幸せを噛み締めているところだ」

あぎり「そうですかぁ」

ソーニャ「じゃあな」

あぎり「はぁい」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:50:28.48 ID:8Fe4hVnx0

翌日

やすな「おはよー!!」

ソーニャ「……そうはいくか!!」バッ

「おはよう」

やすな「ねね。昨日のドラマでさぁ、かっこいいパイロットをみたんだよね」

「それでそれで?」

やすな「私も将来、かっこいいパイロットになろうと思いましたぁ!!」

ソーニャ「……」

あぎり「……はい」ギュゥ

ソーニャ「なんの真似だ?」

あぎり「差し出された右手が寂しそうだったので、握手を」

ソーニャ「訳のわからんことをするな」バッ

あぎり「そうですかぁ」

ソーニャ「……先にいくからな」スタスタ

あぎり「またのちほどぉ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:54:27.28 ID:8Fe4hVnx0

教室

やすな「これみてー!!お手製の飛行機!!ぶーん!!テイクオフ!!」

「あははは」

ソーニャ「……」ジーッ

「やすな、やすな」

やすな「なに?」

「ソーニャが睨んでるよ」

やすな「ほっとけばいいよ」

ソーニャ「……!?」

「え?喧嘩でもしたの?」

やすな「ううん。全然」

「じゃあ……なんで?」

やすな「いや、別にソーニャちゃんのことなんてなんとも思ってないし」

ソーニャ「……」ピキッ

ソーニャ「ふざけるな!!!散々、私にちょっかい出してきてなんだその言い方はぁ!!納得できないぞ!!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 01:59:56.40 ID:8Fe4hVnx0

やすな「え?あ、今までごめんね。私がどうかしてたよ」

ソーニャ「なんだとぉ……!?」

やすな「もう迷惑はかけないようにするね。ソーニャちゃん」

ソーニャ「何が迷惑をかけないようにだ。そんなことお前にできるわけないだろ」

やすな「……でねでね」

ソーニャ「おい!」ガシッ

やすな「もう、なに?」

ソーニャ「なんの遊びだ?こんな幼稚な考えしかできないのか、お前」

やすな「ソーニャちゃん、今までごめんね。もう無視してくれてもいいよ」

ソーニャ「な……!?」

やすな「迷惑だったんだよね。申し訳ありませんでした」ペコッ

ソーニャ「ぐっ……!?」

やすな「お昼休みにジュースでも奢るよ。お詫びにしては安いけど」

ソーニャ「そんなものいらない!!」

やすな「そうなの?じゃあ、また違う形で謝罪するね」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:04:09.15 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「いい加減にしろよ……お前……」

やすな「なに?」

ソーニャ「あーそうかよ!!わかったよ!!お前なんて無視してやる!!」

やすな「うん」

ソーニャ「もう何話しかけられても応えないからな!!」

やすな「……」

ソーニャ「ふんっ!!」スタスタ

「よかったの?」

やすな「うん。これでいいの」

「そう……やすながそういうならいいけど」

ソーニャ「……」ドカッ

ソーニャ「……」ジーッ

やすな「―――あはは」

ソーニャ(もう堪忍袋の緒が今日という今日は切れた)

ソーニャ(徹底的にシカトする!!絶対にだ!!)プイッ


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:07:44.45 ID:8Fe4hVnx0

昼休み

ソーニャ「……」モグモグ

やすな「……よっこらしょっと」

ソーニャ「ふん……」プイッ

やすな「一緒にたべよ」

ソーニャ「やだね」プイッ

「いいよー」

やすな「こっちの机使ってもいいかな?」

「いいんじゃないかな?」

やすな「よっと。できたー!!」

「やすなはほんとに元気いいね」

やすな「みてみてー!!私のおべんとー」

「わー、綺麗ね」

ソーニャ「……」

ソーニャ「……次のやきそばパン、食うか」モグモグ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:11:56.27 ID:8Fe4hVnx0

放課後

やすな「掃除当番だったぁー!!!」

ソーニャ「先に帰るからな」

やすな「ちりとり係でいい?」

「楽なのとらないでよー」

やすな「お!!私、ちりとりの才能があるのかも!!!」

ソーニャ「……」

あぎり「ソーニャ、ひとり?」

ソーニャ「見たら分かるだろ」

あぎり「たしかにぃ。一目瞭然ですねぇ」

ソーニャ「邪魔だ。私は帰るんだ」

あぎり「一緒にかえりましょー?」

ソーニャ「ま、まあ……いいけどな……」

あぎり「手をつなぎますぅ?」

ソーニャ「やめろ。気持ち悪い」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:16:28.91 ID:8Fe4hVnx0

通学路

あぎり「こうして歩くのひさしぶりですねぇ、ソーニャ?」

ソーニャ「あ、ああ……そうだな」

あぎり「はいっ」ポンッ

ソーニャ「うわぁ?!」

あぎり「ふふふ。忍法『手のひらから小さな爆発』の術ぅ」

ソーニャ「な、なんだよ……。意味のないことするな」

あぎり「はぁい」

ソーニャ「全く……」

あぎり「……」スタスタ

ソーニャ「……」スタスタ

あぎり「ソーニャ、ネコがいますよ~」

ソーニャ「そうだな」

あぎり「かわいいですね~」

ソーニャ「そうだな」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:20:00.28 ID:8Fe4hVnx0

あぎり「ソーニャ、どうしたんですかぁ?」

ソーニャ「なにがだよ」

あぎり「うわのそらぁみたいだけどぉ」

ソーニャ「そんなことない」

あぎり「ほんとですかぁ?」

ソーニャ「なんで嘘を吐かなきゃいけないんだよ」

あぎり「んー。ソーニャは強がりですからねえ」

ソーニャ「ふん」

あぎり「ところでやすなさんを無視するの上手くいってますかぁ?」

ソーニャ「別に。今日は平穏そのものだった」

あぎり「そうですかぁ。よかったですね」

ソーニャ「まーな」

あぎり「では、私はこのへんでぇ」

ソーニャ「ああ、バイバイ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:24:43.77 ID:8Fe4hVnx0

翌朝

ソーニャ「……」トコトコ

やすな「ソーニャちゃん」

ソーニャ「―――ふ、ふ、ふふ、触れようとするな、バカ!!」クルッ

やすな「ハンカチ、落としたよ?」

ソーニャ「え……」

やすな「はい」スッ

ソーニャ「あ、ありがとう……」

やすな「あ!―――ぐーてんもるげーん!!!」タタタタッ

「おはよう!」

やすな「ねね、昨日さゴルフみてて、気づいたんだ。私にはキャディーが向いてるって!!」

「あはは。やすなは面白いね」

ソーニャ「……」ギュッ

ソーニャ「……ふざけんな」スタスタ

ソーニャ「キャディーとか……ゴルフの知識がないと……できるわけ……ないだろ……」ブツブツ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:28:40.60 ID:8Fe4hVnx0

体育の授業

教師「じゃあ、二人組みつくってー」

「「はーい」」

ソーニャ「……」

やすな「一緒にやろー!!」

「いいよー」

ソーニャ「……」キョロキョロ

ソーニャ「……いないな」

教師「どうした?あまったか?」

ソーニャ「みたいです」

やすな「いっくよー!!」

「おー!!」

ソーニャ「……」

教師「どうした?」

ソーニャ「別になにも」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:32:13.34 ID:8Fe4hVnx0

昼休み

ソーニャ「……」モグモグ

やすな「それでさぁ、もうネコが寝転んでかわいくってさぁ!!」

「うんうん。わかるわかる」

やすな「私、ネコの真似するね!!―――にゃぁん!ペットボトルはやめてぇ」

「あははは」

ソーニャ「下らん……」モグモグ

あぎり「ソーニャぁ」

ソーニャ「なんだ、あぎりか」

あぎり「ごはん、たべません?」

ソーニャ「いいぞ」

あぎり「どうも」

ソーニャ(やすな……楽しそうだな……)ジーッ

あぎり「どこをみているのですかぁ?」

ソーニャ「どこもみてない」プイッ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:35:49.87 ID:8Fe4hVnx0

放課後

やすな「おわったぁ!!!やほほーい!!」

「今日はどこいこっか?」

やすな「うーん!!そうだ!!今日はクレープたべにいこうよぉ!!」

「いいね!!」

ソーニャ「……」

あぎり「ソーニャぁ」

ソーニャ「なんだ?」

あぎり「かえりませんかぁ?」

ソーニャ「悪いな。ちょっと用事があるから」スタスタ

あぎり「あ~そうですかぁ」

ソーニャ「……」スタスタ

ソーニャ(どうせあの公園にあった店だろ……)

ソーニャ(やすなは単純だからな)


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:39:44.40 ID:8Fe4hVnx0

公園 クレープ屋

「はい。おまたせしました」

ソーニャ「ん」

「ありがとうございます」

ソーニャ「……」モグモグ

ソーニャ「ここに座るか」

ソーニャ「うん……うまいな」

ソーニャ「……」キョロキョロ

ソーニャ「……なにやってんだ、私は」

ソーニャ「馬鹿馬鹿しい……」

ソーニャ「……」モグモグ

ソーニャ「食ったら帰ろう」

ソーニャ「……」モグモグ

ソーニャ「あ……もうなくなったか」

ソーニャ「なんかもう一枚ぐらい食べたくなってきたな……。買いに行くか」スタスタ


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:44:45.18 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」モグモグ

ソーニャ(そういえばここで熊と遭遇したことがあったな)

ソーニャ(あのときもやすなの所為で酷い目にあったからなぁ)

ソーニャ(ほんとにやすなは私にとって疫病神かなんかだな)

ソーニャ「……」モグモグ

ソーニャ「……」キョロキョロ

ソーニャ「……」モグモグ

ソーニャ「あ……なくなった」

ソーニャ「……もう一枚……って、もういらないか」

ソーニャ「帰るか」

ソーニャ「……」

ソーニャ「……もうすこしだけいるか。今日は仕事もないし」

ソーニャ「あー……いい天気だな……」

ソーニャ「……」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:48:11.93 ID:8Fe4hVnx0

夕方

ソーニャ「……」

ソーニャ「もうこんな時間か」

ソーニャ「帰ろう」スクッ

あぎり「ソーニャ、なにしてるんですかぁ?」

ソーニャ「あぎりか」

あぎり「ん~?」

ソーニャ「なんでもない。少し空を眺めてただけだ」

あぎり「そうですかぁ。用事は済んだんですか~?」

ソーニャ「ああ」

あぎり「では、かえりましょー?」

ソーニャ「……」スタスタ

あぎり「手、つなぎますぅ?」

ソーニャ「やだよ」

あぎり「まぁまぁ、そういわずに」ギュッ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:51:59.97 ID:8Fe4hVnx0

あぎり「からすがなくからかえりましょ~」ギュッ

ソーニャ「カラスはいないな」ギュッ

あぎり「そうですねぇ。いませんね~」

ソーニャ「で、この手はいつ離すんだよ」

あぎり「いやですかぁ?」

ソーニャ「べつに……」

あぎり「では、このままでぇ」

ソーニャ「あのなぁ……!!」

やすな「あ」

ソーニャ「やすな……!?」

あぎり「どうも、こんにちは~」

やすな「うん」

ソーニャ「あ、これは……」

やすな「じゃあね、あぎりさん、ソーニャちゃん」トコトコ

ソーニャ「あ……ぅ……」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:54:44.62 ID:8Fe4hVnx0

翌朝

やすな「らんらーん!!」トコトコ

ソーニャ(来たな……)

ソーニャ「……」ポトッ

やすな「ん?」

ソーニャ「……」スタスタ

やすな「ソーニャちゃん」

ソーニャ「ん?」

やすな「ハンカチ落としたよ?」

ソーニャ「ああ。悪い。……おはよう」

やすな「うん。おはよう」

ソーニャ「あのさ―――」

やすな「あ!!ごめん、またあとでね。―――ニーハオ!!」

「おっはよー」

ソーニャ「……」グッ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 02:58:28.06 ID:8Fe4hVnx0

授業中

やすな「……」カキカキ

ソーニャ「……」チラッ

ソーニャ「消しゴム……あ」ツンッ

コロコロコロコロ……

やすな「ん?」

ソーニャ「悪い。それ私のだ」

やすな「はい」

ソーニャ「……悪いな」ギュッ

やすな「え?なに?」

ソーニャ「……」

やすな「あの……手、はなして……」

ソーニャ「あ……」バッ

やすな「……」

ソーニャ「……悪い……」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:03:08.92 ID:8Fe4hVnx0

昼休み

やすな「ごっはんのじっかんー!!!」

ソーニャ「やす―――」

あぎり「ソーニャぁ」ギュゥゥ

ソーニャ「うわぁ!!後ろからだきつくなぁ!!!」

あぎり「げんきですかぁ?」

ソーニャ「なんだよ」

あぎり「ご は ん♪」

やすな「今日はとりそぼろなんだよぉ!」

「すごーい。おいしそう!!」

やすな「でっしょー?」

ソーニャ「あ……」

あぎり「ソーニャ?たべないのですかぁ?」

ソーニャ「……食べる」

あぎり「きょうはぁ、卵焼きがうまくできたのでぇ、おすそわけでぇす。はぁい、あぁーん」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:09:18.81 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「……」モグモグ

あぎり「あははぁ」

ソーニャ「……なにがおかしい?」

あぎり「え~?なにがぁ?」

ソーニャ「……」プイッ

やすな「あちょー!!かまきりけん!!」

「きゃー!!あははは!!」

やすな「わーっはっはっは!!」

ソーニャ「……」グッ

あぎり「あっれぇ?ソーニャ、さっきからずっとやすなさんのことばかりみてません~?」

ソーニャ「全然、見てないけど」

あぎり「私の勘違い……?」

ソーニャ「そうだな」

あぎり「そうですかぁ~あははぁ~」

ソーニャ「はぁ……」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:14:05.28 ID:8Fe4hVnx0

放課後

ザー……

ソーニャ「やっぱり降って来たか……。折りたたみを」ゴソゴソ

やすな「うっわー。どうしよう……傘なんてないよぉ」

ソーニャ「……」

やすな「濡れてかえろうかなぁ」

ソーニャ「……おい」

やすな「なに?」

ソーニャ「折りたたみ傘ならあるぞ。一緒に使うか?」

やすな「いいの?」

ソーニャ「ああ」

やすな「じゃあ、お邪魔します」

ソーニャ「おう」

やすな「でも折りたたみだから小さいね」

ソーニャ「もっとくっつけ。でないと濡れるぞ」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:19:53.24 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「そういえば雨の日にお前がおおはしゃぎしたことあったよな」

やすな「あったね」

ソーニャ「バカみたいだったな」

やすな「ごめんね」

ソーニャ「なんで謝るんだ?」

やすな「迷惑だったでしょ?」

ソーニャ「まぁ……お前に振り回されてばっかりだったからな」

やすな「だから、ごめんね。あ、そうだ。ジュース奢るって言ったのにまだだったね。コンビニに寄っていこうか」

ソーニャ「そんなのいい」

やすな「奢らせてよ。私の気がすまないし」

ソーニャ「いいって」

やすな「どうして?いいじゃない」

ソーニャ「いいっていってるだろ!!」

やすな「ごめん。奢られるの嫌いだったの?」

ソーニャ「そうじゃない!!やすな、この遊びはいつまで続けるんだよ!!もう私は飽きたぞ!!これ以上、付き合ってたまるか!!」


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:27:07.04 ID:8Fe4hVnx0

やすな「な、なに怒ってるの……?」

ソーニャ「怒ってない!!」

やすな「お、おこってるよ……」

ソーニャ「……もういい。傘、やる!!」グッ

やすな「ソーニャちゃん?!」

ソーニャ「じゃあな!!」タタタタッ

やすな「ソーニャちゃん!!」

ソーニャ(もういい……!!やすななんて……大嫌いだ……!!)タタタッ

あぎり「やぁー」シュッタ

ソーニャ「うぉ!?」

あぎり「風邪、ひきますよぉ?」

ソーニャ「どっかいけ」

あぎり「いやでぇーす」ギュッ

ソーニャ「あ、おい!!」

あぎり「はやく体を拭かないとお鼻がつまっちゃうしぃ。いっそぎましょ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:31:21.14 ID:8Fe4hVnx0

あぎり宅

あぎり「ふきふきしましょーね」ゴシゴシ

ソーニャ「自分でできる……」

あぎり「やらせてぇ」ゴシゴシ

ソーニャ「うぅぁ……」

あぎり「はいっ」

ソーニャ「悪いな」

あぎり「い~え」

ソーニャ「……」

あぎり「ソーニャ、元気ないですねぇ?」

ソーニャ「そんなこと……」

あぎり「……」

ソーニャ「今日は泊まっていくけど、いいか?」

あぎり「いいですよぉ。ごゆっくりぃ」

ソーニャ「……」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:37:52.34 ID:8Fe4hVnx0



ソーニャ「雨は朝になれば止みそうだな」

ソーニャ「……」

ソーニャ「こういうときやすなはテルテル坊主とか作ってたな……」

ソーニャ「……あぎりー」

あぎり「なんですかぁ?」

ソーニャ「ティッシュあるか」

あぎり「はぁーい」スッ

ソーニャ「わるいな」

あぎり「いえいえ~」

ソーニャ「……」ギュッギュッ

ソーニャ「こんな感じだっけか……?」

ソーニャ「……」ギュッギュッ

ソーニャ「よし。こんなものだな」

ソーニャ「吊り下げるか」


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:45:12.04 ID:8Fe4hVnx0

あぎり「……」

ソーニャ「……」モゾモゾ

ソーニャ「これでいいか」

ソーニャ「やすな……」

あぎり「……ソーニャ」

ソーニャ「ん?」

あぎり「……」

ソーニャ「なんだよ?」

あぎり「……」ペコリッ

ソーニャ「え?」

あぎり「すこし出かけてきますねぇ」

ソーニャ「あ、ああ……」

あぎり「らんららーん」

ソーニャ「なんだあいつ……?」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:50:00.02 ID:8Fe4hVnx0

やすな「……」トコトコ

あぎり「やすなさん」

やすな「あぎりさん」

あぎり「このお茶を飲んでください」

やすな「わかりました!―――ごくごく……ぷはぁ!!」

あぎり「どうぉ?」

やすな「どうといわれても良く……」

あぎり「そのうち効果はでてくるはずだからぁ」

やすな「お茶ですよね!?」

あぎり「うふふ~ひっみつ~」

やすな「えー!?なんか怖い!!」

あぎり「……やすなさん」

やすな「はい?」

あぎり「色々ごめんなさい。あとのことはよろしくぅ~」

やすな「え……なにを……?」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 03:54:51.93 ID:8Fe4hVnx0

翌朝

ソーニャ「あぎりのやつ、結局帰ってこなかったな……」

ソーニャ「あ……」

やすな「……」トコトコ

ソーニャ「……」ツカツカ

やすな「お……」

ソーニャ「……」ポイッ

やすな「ソーニャちゃん!!!」

ソーニャ「なんだ?」

やすな「ハンカチおとしたよ!!ドジだね!!」

ソーニャ「ああ。悪いな」

やすな「はいっ!」

ソーニャ「……」ギュッ

やすな「お……え……?」

ソーニャ「やすな……もう……やめよう……こんなこと……」ウルウル


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 04:02:48.52 ID:8Fe4hVnx0

やすな「ソーニャちゃん……?」

ソーニャ「なぁ……もう……私はいやだぞ……こん、なの……」ポロポロ

やすな「え?え?なにが?どーしたの!?」オロオロ

ソーニャ「やすな……何がいけなかった……?いつも首をしめるからか……?殴るからか……?」ポロポロ

やすな「えー……えっと……あの……」オロオロ

ソーニャ「もうしない……もうしない……から……やすな……」ギュゥゥ

やすな「ソーニャちゃん、どうしちゃったの!?」

ソーニャ「やすな……たのむ……もう許して……くれ……」ポロポロ

やすな「えぇぇ?ソーニャちゃん……えっと……ごめんなさい……」ナデナデ

ソーニャ「ごめん……ごめんな……やすな……」ポロポロ

やすな「うん……えっと……ソーニャちゃん……元気だしよ……なんか……私まで……なけて……き……うぅ……」ウルウル

ソーニャ「え……?」

やすな「うぇぇん……!!ソーニャちゃんなかないでぇぇ……!!」ポロポロ

ソーニャ「お、おい……やすな……」

やすな「ごめんねぇ!!ぜったいに私がわるいんだぁ!!うぇぇん……!!」ポロポロ


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 04:08:32.59 ID:8Fe4hVnx0

ソーニャ「なんでやすなが泣くんだ……」

やすな「ごめんなさい……ごめんなさい……」ポロポロ

ソーニャ「おい……泣くなよ……ほら、ハンカチ」

やすな「ありがとぅ……チーン!!!」

ソーニャ「お前!!鼻をかむな!!」バシッ

やすな「いたぁ!?なんでぇ!?」

ソーニャ「なにしてんだよ!!これ今日は使えないだろうが!!」

やすな「ごめん……」

ソーニャ「あ、いや……これぐらいなんでもない。大丈夫だ」

やすな「いいよ。洗って返すから!!」

ソーニャ「いいって」グッ

やすな「大丈夫!!ちゃんと柔軟剤もつかうからぁ!!」グッ

ソーニャ「ばか!!離せ!!」

やすな「やだー!!」ググッ

ソーニャ「ちがう!!裂ける!!」ハンカチが裂けるだろ!!やめろ!!」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 04:12:25.53 ID:8Fe4hVnx0

ビリッ!!!

やすな「あ……」

ソーニャ「みろっ!!」

やすな「うわー!!ごめんねー!!」

ソーニャ「はぁ……バカ……」

やすな「縫うから!!」

ソーニャ「全く……」

やすな「あぅ……」

ソーニャ「なぁ、やすな?」

やすな「なに?」

ソーニャ「また一緒に昼飯……食ってくれないか?」

やすな「なにいってるの?あったりまえじゃない!!」

ソーニャ「それがきけたら十分だ……」

やすな「変なソーニャちゃん」

ソーニャ「全部、お前の所為だけどな」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 04:16:42.63 ID:8Fe4hVnx0

学校

やすな「ソーニャちゃん!!みてみてー!!」

ソーニャ「なにしてる?」

やすな「新しいダンスかんがえたぁー」

ソーニャ「はぁ?」

やすな「ほら、ソーニャちゃんもおどろー」

ソーニャ「やだよ」

やすな「いいじゃない。ほらほら。ミュージックすたーと!!」ポチッ

ソーニャ「おい……本気か……!?」

やすな「まずは手でリズムをとります」

ソーニャ「お、おう……」

やすな「で、右足で蹴るようにワンツー!!ワンツー!!」

ソーニャ「こ、こうか」

やすな「いいですね~」

ソーニャ「次は?」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 04:22:58.43 ID:8Fe4hVnx0

やすな「―――両腕を上に伸ばし、ねじります」

ソーニャ「うん」

やすな「そして飛び上がり!!お尻をつきだす!!突き出す!!」グッグッ

ソーニャ「こ、こうか……」

やすな「上着を頭までかぶり、目だけが見える状態に移行します!!」

ソーニャ「なんだこりゃ……」

やすな「地面を見つめながら上半身を左右に振る!!ふる!!」

ソーニャ「お、おう……」

やすな「そして、ねる!!!」パタッ

ソーニャ「はっ!」パタッ

やすな「かんぺきだよぉ!!」

ソーニャ「なにやらせんだよ!!!」

やすな「じゃあ、通してやってみよー!!」

ソーニャ「まて!!もう一回ぐらい復習させろ!!」

やすな「これ文化祭でおどるからねー」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/04(日) 04:29:12.74 ID:8Fe4hVnx0

屋上

あぎり「……ソーニャ、元気になったみたいでよかったぁ」

あぎり「でもぉ……すこし、ざんねんっ。もう少し、放課後に遊んでみたかったなぁ」

あぎり「まぁ、ソーニャはやすなさんのことしか考えてなさそうでしたしぃ……」

あぎり「これでよかった……そうおもいましょう~」

あぎり「さてと……」

あぎり「これ以上、ここにいると辛いだけですねぇ」

あぎり「そろそろお暇しましょうかぁ」

あぎり「ソーニャ……またね」

あぎり「やすなさん……ソーニャをお願いね」

あぎり「では……忍法『瞬間移動』のじゅつぅ~」

あぎり「ソーニャ……だいすきですよ……」


―――シュッ!!



FIN


119: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2012/03/04(日) 04:29:53.31 ID:2OGbUZJ30


良かったぞ



『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿