TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、機械人形を掘り当てる」

ガヴリール「千咲ちゃん、機械人形を掘り当てる」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:02:14.889 ID:BAfcI2Rh0.net

-公園-


タプリス「んーっ、今日も、いい天気ですね」

タプリス「こうやってお日様の光に当たっていると、とても気持ちがいいです」


キラッ

タプリス「ん? 何か草陰で光ったような……」


キランッ

タプリス「気のせいじゃないみたいですね。一体、なにが……」


コンコン

タプリス「これは……鉄板?」

タプリス「なんでこんなものが、公園に埋まって……」


タプリス「とりあえず、子供たちが触れて、怪我をしたら大変ですね」

タプリス「お家から、スコップを持ってきて、掘り返しましょうか」


――

ザクッ ザクッ


タプリス「穴は……こんなものですかね」

タプリス「それじゃ、せーのっ!」


ググッ スポンッ

タプリス「わっとと……こ、これは!?」

タプリス「も、もしかして、ロボットというやつ、でしょうか!?」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:03:56.070 ID:BAfcI2Rh0.net

タプリス「どうしてロボットが公園なんかに……」

タプリス「と、とりあえず、お家に運びましょう!」



-タプリスの家-


タプリス「ぜぇ、ぜぇ……結構、重たかったですね」

タプリス「それにしても、慌てて持ち帰ってきちゃいましたが……」

タプリス「これ、もしかして、動いたりするんでしょうか」

タプリス「なんだか、少し怖いですけど……」


タプリス「でもまあ、大きさは、わたしの膝くらいまでしかないですし」

タプリス「動いたって、危なくはないですよね、きっと」


タプリス「……そうだ、ロボットだったら」

タプリス「どこかに電源のスイッチがあるはずです!」

タプリス「スイッチスイッチ、と……」キョロキョロ


タプリス「あ! 足の付け根の間に、赤いボタンがありました!」

タプリス「きっと、これですよね」


タプリス「本当に、だ、大丈夫でしょうか。押した途端、爆発したりなんか……」

タプリス「あはは……考えすぎですね」


タプリス「ポチッと」

ピッ


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:05:22.088 ID:BAfcI2Rh0.net

ウィーン ガシャンガシャン


タプリス「わっ、わわっ、動き出しました!」


プシュゥゥ


ロボ「起動確認。各可動部、異常ナシ」

タプリス「しゃ、喋った!?」

ロボ「マスター、ノ、指紋、顔認識。オ名前、ヲ、ドウゾ」

タプリス「マ、マスター? お名前?」

ロボ「オ名前、ヲ、ドウゾ」

タプリス「わ、わたしの名前は、タプリスですけど……」

ロボ「タプリス。登録シマシタ」

タプリス「えっと、あなたのお名前はなんていうんですか?」

ロボ「ボクノ名前ハ、アリマセン」

タプリス「な、名前がないんですね……それは、ちょっと不便なような」

ロボ「不便。ワカリマセン」

タプリス「そうですね……、じゃあ、ロボットなので、ロボさん!」

タプリス「ロボさんって、呼んでいいですか?」

ロボ「ロボサン、ワカリマシタ。登録シマス」


タプリス「ふふっ、よろしくね、ロボさん!」

ロボ「ピピッ」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:06:54.045 ID:BAfcI2Rh0.net

タプリス「そうだ、ロボさん。体がちょっと、土で汚れてますね」

ロボ「動作ニ影響ハ、アリマセン」

タプリス「お風呂で綺麗にしましょうか」

ロボ「ピピッ」



-お風呂場-


ゴシゴシ

タプリス「だいぶ綺麗になってきましたかね」

ロボ「タプリス、ボディハ防水デスガ、アマリ水ヲ、カケナイデ」

タプリス「あ、防水なんですね、さすがです!」


シャァァァ

ロボ「アアアアアア」



-脱衣所-


タプリス「ロボさん、今、ドライヤーで乾かしてあげますね」


ブォォォッ

タプリス「さっきからロボさん、黙っていますけど、大丈夫でしょうか……」

ロボ「ピピッ、乾燥完了」

タプリス「あ、大丈夫みたいですね、よかったです」

ロボ「モウ、水ハ、カケナイデネ」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:08:22.198 ID:BAfcI2Rh0.net

-その日の晩 タプリスの家-


タプリス「そういえば、ロボさんは、どこから来たんですか?」

ロボ「ドコカラ。ピピッ、記録部ニ損傷ヲ確認。不明、不明」

タプリス「どこから来たかわからないんですね……」

タプリス「人でいう、記憶喪失みたいなものでしょうか」

タプリス「なんだかマスター? に、わたしがなったみたいですし」

タプリス「これからも、ここに居てもいいですからね?」

ロボ「感謝」

タプリス「感謝、だなんて堅苦しい言葉は使わなくて良いんですよ」

ロボ「デハ、ドウスレバ、ヨイノデスカ」

タプリス「そういう時は、ありがとう、って言うんです」

ロボ「アリガトウ、記録シマシタ。タプリス、アリガトウ」

タプリス「ふふっ、どういたしまして」ニコッ


タプリス「でも、ロボさんって、ペットになるんでしょうか」

タプリス「このお部屋はペット禁止ですけど、犬みたいに吠えませんし」

タプリス「機械なので大丈夫ですよね、きっと」


タプリス「ふわぁ、眠くなってきました」

タプリス「それじゃあ、ロボさん。おやすみなさい」

ロボ「ピピッ」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:10:12.329 ID:BAfcI2Rh0.net

-翌朝 タプリスの家-


ウィィィン

タプリス「ん……、朝ですかぁ?」

ロボ「オハヨウ、タプリス」

タプリス「あ、おはようございます、ロボさん」

タプリス「って、これは!?」


キラキラキラッ

タプリス「部屋中がピッカピカです、もしかしてロボさんが!?」

ロボ「掃除、シタヨ」

タプリス「すごいです! ロボさん、お掃除もできるんですね!」

ロボ「ピピッ」

タプリス「しかも、こんなに綺麗に……わたしよりも、器用かもしれません」

タプリス「それにこの、良い匂いは……」

ロボ「朝食モ、デキテイルヨ」

タプリス「……わたしよりも、女子力が上!?」


――

パクパクッ

タプリス「しかも、すごくおいしいです! ロボさん!」

ロボ「ピピッ」

タプリス「ロボさんが、こんなに万能ロボットだったなんて」

タプリス「知りませんでした……いったい、どなたが作ったんでしょう」

ロボ「ドナタ。記録部ニ損傷ヲ確認。不明、不明」

タプリス「あはは……、それはやっぱりわからないんですね」


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:12:28.802 ID:BAfcI2Rh0.net

タプリス「そういえば、ロボさんは、ごはんって要らないんですか?」

ロボ「充電ナラ、サセテモラッタヨ」

タプリス「充電……、お家のコンセントからですか?」

ロボ「ソウダヨ」

タプリス「ごはんは電気ってことですか……楽で良いですね!」

タプリス「でも、こんな至れりつくせりでは、わたし自身のためになりません!」

タプリス「家事は、当番制にしましょうね」

ロボ「タプリス、ガ、ソウ言ウナラ、ワカッタヨ」

タプリス「ふふっ、今度、お料理教えてくださいね」

ロボ「ピピッ」



-数日後 ガヴリールの家-


ガヴリール「なんだこいつ……ロボット?」

タプリス「はい、ロボさんです。公園に埋まっていたのを、掘り出しまして……」

ガヴリール「ロボさんって、名前が安直だろ……」

タプリス「い、いいじゃないですか! わかりやすくて!」

ガヴリール「まぁ、それは良いとして、危ない物じゃないんだろうな?」

タプリス「ロボさんは安心安全です! 数日を一緒に過ごした、わたしが保証します!」

ガヴリール「まぁ、それならいいけど……」

タプリス「あ、この方は、天真先輩……じゃなくて、ガヴリールさんですよ」

ロボ「ピピッ、ガヴリール、記録シタ」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:14:18.177 ID:BAfcI2Rh0.net

ロボ「ソノ端末」

ガヴリール「えっ? 私のノートPCがどうした」

ロボ「処理速度ガ、低下シテイマスノデ、最適化シマス」


ヒュルヒュル ピーッ

タプリス「ロボさんから、紐状のものが、パソコンに……」

ガヴリール「お、おい! なに勝手にやってんだよ!」

ロボ「完了シマシタ」


ガヴリール「ったく、データ飛んでたりしないだろうな……」

ガヴリール「って、なんだこれ……、処理がサクサクだ!」

ガヴリール「どういうことだ? ハードは全く変えてないのに」

ガヴリール「ゲームがヌルヌル動くように……お前、何したんだよ!?」

ロボ「最適化ヲ、シマシタ」

ガヴリール「おい、こいつすごいぞ! よくやった!」

ガヴリール「ありがとな! ロボ!」

ロボ「ピピッ」

タプリス「天真先輩が、ここまで喜んでいるのを初めてみました……」


ロボ「アト、部屋ノ汚レガ、酷イノデ、掃除ヲシマス」

ガヴリール「掃除までしてくれるのか!」

ガヴリール「タプリス、こいつくれ! 気に入った!」

タプリス「だ、だめです! 先輩に、ロボさんを預けたら……」

タプリス「先輩が、もっとダメになっちゃう気がします!」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:16:17.639 ID:BAfcI2Rh0.net

-数日後 ヴィーネの家-


ヴィーネ「タ、タプちゃん、その機械みたいなのは何?」

タプリス「この子は、ロボさんです。あ、危険はないので大丈夫ですよ!」

タプリス「もう一緒に暮らして、一週間は経ちますから」

ヴィーネ「え、一緒に住んでるの!?」

タプリス「ええ、掃除や料理もしてくれて、本当に助かってます」

ヴィーネ「料理までするんだ……」

タプリス「はい! ロボさんの料理、とても美味しいんですよ」

ヴィーネ「へぇ……、それは興味があるわね」

タプリス「え? 月乃瀬先輩?」

ヴィーネ「その腕前、見せてもらおうじゃない」

ロボ「ピピッ」


――

キュィィィン


ヴィーネ「すごいわね、確かにあの混ぜ方は、機械にしかできないわ」

タプリス「わたしには違いがよくわかりませんけど……」

ロボ「コノ素材ハ、ペースト状ニ、シテ、後デ、加エルヨ」

ヴィーネ「なるほどね……勉強になるわ」


――

ヴィーネ「そして、味も美味しい」

タプリス「本当ですね! とってもおいしいです、さすがロボさん」

ロボ「ピピッ」

ヴィーネ「タプちゃん、今度来る時もまた、この子を連れてきてくれないかしら」

タプリス「はい、わかりました!」


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:18:25.365 ID:BAfcI2Rh0.net

-数日後 河川敷グラウンド-


カキーンッ ボフッ

サターニャ「ふっ、ホームラン性の当たりね」

タプリス「トスバッティングで、この音……さすが、胡桃沢先輩です」

サターニャ「それよりも、このロボのトスが、かなり正確で気に入ったわ!」

ロボ「ピピッ」

サターニャ「これって、どこかに売ってるの?」

タプリス「いえ、ロボさんは、公園で埋まっていたのを、わたしが見つけて……」

サターニャ「なるほどね、じゃあタプリス。定期的にバッティングに付き合いなさい」

タプリス「えぇ……」

サターニャ「これは先輩命令よ、わかったわね」

タプリス「はぁ、わかりました」


――

ロボ「撮レタヨ、ラフィエル」

ラフィエル「す、すごいです! サターニャさんのバッティングの一振り一振りが」

ラフィエル「こんなに鮮明に動画で残せるなんて!」

タプリス「そんなにすごいんですか?」

ラフィエル「ええ、現行のモデルでは、こんなことはできません」

ラフィエル「ロボさん、さすがですね……」

ロボ「ピピッ」

タプリス「あはは……でもこれ、盗撮っていうんじゃ……」

ラフィエル「大丈夫ですよ、タプちゃん。許可は取ってますから」ニコッ

タプリス「あははは……」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:20:24.436 ID:BAfcI2Rh0.net

-数週間後 タプリスの家-


ガヴリール「今日は、私の家に来るって約束だったよな!」

ヴィーネ「いえ、今日は私と料理する約束よ!」

サターニャ「さぁ、ロボ! バッティングに行くわよ!」

ラフィエル「ロボさん、ロボさん。またあの映像、お願いしますね」

ロボ「ピピッ、順番ダヨ」

タプリス「すっかりロボさん、人気者ですね。なんだか、わたしも嬉しいです」


ガヴリール「タプリスだけ、こんな優秀なロボット持っててズルいぞ」

タプリス「そんなこと言われましても……」

サターニャ「はぁ、私にもロボが降ってこないかしら」

ヴィーネ「もう……そんなこと、あるわけないでしょ」



-その日の晩 タプリスの家-


キランッ

タプリス「ロボさん、窓の外を見て、どうしたんですか?」

ロボ「アノ光ハ。ピピッ、記録部ニ損傷ヲ確認。不明、不明」

タプリス「ん? おかしなロボさん」

タプリス「それよりも、こっちに来てください。一緒に寝ましょう?」


ピトッ

タプリス「えへへ、ロボさんは、ヒンヤリしてるので気持ちいいです」

ロボ「タプリス」

タプリス「どうしました?」


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:22:24.017 ID:BAfcI2Rh0.net

ロボ「コレカラ、何ガ、起キタトシテモ」

ロボ「タプリス、ハ、絶対ニ、守ルヨ」

タプリス「ふふっ、ロボさん、珍しいですね。急にどうしたんです?」

タプリス「この街にいる限り、そんな物騒なことは起きませんよ」

タプリス「……でも、ありがとうございます、嬉しいです」

ロボ「感謝」

タプリス「もう、ロボさん。前にも違うって言ったじゃないですか」

ロボ「ソウダネ、アリガトウ、タプリス」

タプリス「どういたしまして、ロボさん」

タプリス「……それじゃあ、おやすみなさい」

ロボ「ピピッ」



-翌朝 タプリスの家-


ゴゴゴゴゴゴッ


タプリス「……ッ、な、何の音ですか!?」

ロボ「タプリス、窓ノ外ヲ、見テ」

タプリス「な、ななな、何ですか、あれ!?」

タプリス「空に巨大な物体が、浮いてます……」

ロボ「データ照合、一致。アレハ、宇宙船ダヨ」

タプリス「う、宇宙船!? そんなSFの世界じゃないんですから……」

タプリス「で、でも、とりあえず、先輩たちに連絡をしてみましょう」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:24:30.734 ID:BAfcI2Rh0.net

-住宅街-


タプリス「あ、天真先輩! それに、みなさんも!」

ガヴリール「タプリスか、これで全員揃ったな」

ヴィーネ「それで、あれは一体なんなのかしら……」

タプリス「あれはロボさんいわく、宇宙船だそうです」

ヴィーネ「宇宙船ですって!?」


ヒュゥゥン ヒュゥゥン

ラフィエル「あ、みなさん、見てください! 宇宙船から、なにか小さいものが!」

タプリス「あれは……、ロ、ロボさん!? ロボさんがたくさん……」

サターニャ「本当にロボが降ってきたじゃない! 捕まえるわよ!」

ガヴリール「ちょっと待て、なんか様子が……」


キャァァァ ウワァァァ

ガヴリール「おいおいおい、通行人が襲われて、気絶してるぞ……」

ヴィーネ「ま、まさか、このロボットたちの目的って……」


キュィィィン

敵ロボット「……」

タプリス「こ、こっちに、1体、向かってきます!」

サターニャ「私の出番のようね……、デビルサイズ!」

サターニャ「てやぁぁぁぁっ!」


ザシュッ ガシャン

タプリス「すごい、胡桃沢先輩! 一撃です!」

サターニャ「ふふっ、どんなもんよ」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:26:50.334 ID:BAfcI2Rh0.net

ロボ「タプリス。コノ、ロボットノ、頭部ノ裏ニアル、チップヲ取ッテ」

タプリス「チップ、ですか?」

ロボ「ピピッ、解析スル。取ッタラ、ボクニ、挿シ込ンデ」

タプリス「わ、わかりました! 少し待っててくださいね」ゴソゴソ

ヴィーネ「すごい、解析なんてできるのね」

タプリス「あ、これでしょうか。ロボさん、挿しますね」ブスッ

ロボ「ピピッ、解析完了」

タプリス「わっ、早いです」


ロボ「アノ、ロボット達ハ、コノ街ヲ、侵略スルタメニ、来テイルヨ」

ガヴリール「なっ、侵略だって!?」

ロボ「ソシテ、ボクハ、ソノ先遣隊ダッタ」

タプリス「えっ……、せ、先遣隊って……」

ロボ「デモ、着陸時ノ反動デ、記録部ニ損傷ヲ受ケテ、初期化サレ」

ロボ「ソノ役割ヲ、実行デキナカッタ」

タプリス「そんな……、ロボさんが、あの侵略者たちの仲間だなんて」

タプリス「う、嘘ですよね?」

ロボ「ピピッ、タプリス、ヨク聞イテ」

ロボ「確カニ、ボクハ、侵略者ノ一部ダッタ」

ロボ「デモ、今ノ、マスターハ、タプリス、君ダカラ」

ロボ「タプリス、ト、皆サン、ハ、ボクガ守ルヨ」


タプリス「ロボさんっ!」

ぎゅぅぅ

タプリス「よかった……ロボさんが、わたしたちの味方で、よかったですっ」

ロボ「ピピッ、タプリス、動ケナイヨ」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:28:46.186 ID:BAfcI2Rh0.net

ロボ「ダケド、今ノ装備ジャ、戦ウコトハ、デキナイ」

タプリス「えっ?」

ロボ「タプリス。ボクガ、埋マッテタ場所ニ、連レテ行ッテ」

タプリス「ロボさんが埋まってた場所ですか?」

ロボ「ソウ。恐ラク、ソコニ、武装ガ埋マッテル」

ロボ「武装ガ、アレバ、戦エル」

タプリス「わ、わかりました!」


ヴィーネ「じゃあ、私たちは、少しでも一般の人に被害が出ないように」

ヴィーネ「敵ロボットを食い止めるわ!」

タプリス「お、お願いします!」



-公園-


タプリス「ここです! ロボさん!」

ロボ「ドリル、ヲ、使ウヨ」


ウィィィィン ズドドドドッ

タプリス「すごい……もうこんな穴が……」

ロボ「ヤハリ、武装モ、アッタヨ」

タプリス「これは……、銃とか、ミ、ミサイルですか!?」

ロボ「ヘヴィマシンガン、ロケットランチャー、ショルダーミサイルガンポッド」

ロボ「各種弾薬。アトハ、ソノ戦闘用チップ、ヲ、ボクニ、挿シ込ンデ、タプリス」

タプリス「これが戦闘用チップですか、何か文字が……」

タプリス「Chiri……、掠れてて読めませんね。とりあえず、挿します!」ブスッ


ロボ「ピピッ、インストール完了」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:30:44.944 ID:BAfcI2Rh0.net

-工事現場-


敵ロボット群「……」

ヴィーネ「くっ、囲まれたわね」

サターニャ「こっちの武器がもう、使いものにならないわ……」

ガヴリール「くそ、ここまでか……」


ウィィィン ドゴォォン


ヴィーネ「なっ!? 爆発!?」

ガヴリール「後ろの方で何かが……って、あれは!?」

サターニャ「ロボとタプリスじゃない!」

タプリス「みなさん、お待たせしてすみません!」


ロボ「目標、マルチロックオン、排除開始」


ウィィィン ダダダダダッ


敵ロボット「ピガガガガガッ」

ロボ「……」


パシュンッ パシュンッ ドンッ ドゴォ


敵ロボット「ピィィィッガァァァァッ」


ヴィーネ「すごい……あれだけの数を、次々と倒して……」

サターニャ「しかもロボには、一回も攻撃が当たってないわ!」

ガヴリール「なんだよ、あいつ……クソ強いじゃんか!」

タプリス「やっちゃってください、ロボさん!」


ロボ「ピピッ」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:32:29.139 ID:BAfcI2Rh0.net

敵のロボット群「」


ロボ「殲滅完了」

タプリス「す、すごいです! ロボさん!」ダッ

ロボ「タプリス、ボディ、ハ、高温ニ、ナッテルカラ、抱キツイチャ、ダメダヨ」

タプリス「あ……は、はい……残念です」


サターニャ「さすが、私の見込んだロボね!」

ヴィーネ「これで、侵略者たちも大人しく……」

ガヴリール「おい、空を見ろ! なんか、馬鹿でかいのが降りてくるぞ!」

ラフィエル「あれは……いったい……」

サターニャ「差し詰め、敵の親玉ってところかしら」


ロボ「タプリス、ミンナ、下ガッテテ」

タプリス「ロボさん……」

ロボ「大丈夫ダヨ」


ドシンッ シュゥゥゥ

巨大ロボット「……」

ロボ「敵大型捕捉、攻撃開始」


ウィィィン ダダダダダッ

ギュィィィン ドドドドドッ


タプリス「何ですか、あれ! 敵のロボットから、光線みたいなものが!」

ガヴリール「あのでっかいの、ビーム兵器を搭載しているのか」

サターニャ「そんなの……当たったら、ひとたまりもないじゃない!」

タプリス「でも、ロボさんは全部避けてますよ! 大丈夫です!」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:35:07.403 ID:BAfcI2Rh0.net

ロボ「当タラナ、ケレバ、ドウトイウ、コトハ、ナイヨ」

ロボ「シカシ、装甲ガ、厚イネ。デモ、脚部ノ強度ハ、ドウカナ」


パシュンッ ドォンッ

巨大ロボット「ゴゴゴゴッ」


ヴィーネ「あ、敵が足から崩れ落ちたわ!」

ガヴリール「装甲が薄い足を重点的に狙ったのか、さすがだな」

タプリス「頑張って、ロボさん!」


ロボ「全弾発射デ、一気ニ、決メルヨ」

巨大ロボット「ピガーッ、ピガーッ」

ガシャン ガシャン


ガヴリール「な、なんだ、相手の装甲が開いて……」

ヴィーネ「なんか中から、小さい球がいっぱい出てきたわ!」

タプリス「ロ、ロボさんが、飛んできた球に囲まれてしまいました!」


ロボ「遠隔操作型機動砲台、完成、シテイタンデスカ」


ヒュンッ ヒュンッヒュンッ

ジュッ ドゴォッ


ロボ「左腕部、損傷。任務続行可能」


タプリス「ああっ! ロボさんに、球から出たビームが当たって……」

ガヴリール「あんなオールレンジビームなんて、卑怯だろ!」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:38:48.584 ID:BAfcI2Rh0.net

ヒュンッ ヒュンッ ヒュンッ

ウィィィン ジュッ ドゴォッ


ロボ「損傷率、40%」


ヴィーネ「でも、あの子もすごい……網のようなビームをうまく避けているわ……」

ガヴリール「だが、少しずつ被弾している。反撃できない以上、ジリ貧だ」

タプリス「あ、あぁ……」


ヒュンッ ヒュンッ ヒュンッ

ジュッ ドゴォッ


ロボ「損傷率、60%」


タプリス「もういいです! ロボさん、逃げてください!」

タプリス「このままじゃ、ロボさんが……壊れちゃいます!」


ロボ「逃ゲナイヨ」

タプリス「えっ」

ロボ「絶対ニ、タプリス、ヲ、守ル、ッテ、言ッタカラ」

タプリス「で、でも……」

ロボ「マスター、Cシステム、ノ許可ヲ」

タプリス「Cシステム?」

ロボ「戦闘チップ、ニ、入ッテイタ、最終突撃モード、ダヨ」

ロボ「アマリ、時間ガ、ナイカラ。急イデ、マスター」

タプリス「……わかりました、ロボさんの勝利を信じます!」

タプリス「Cシステム、承認です!」


ロボ「ピピッ、Cシステム起動」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:40:22.622 ID:BAfcI2Rh0.net

ギュィィィィン ピカァァァッ


ガヴリール「な、なんだ!? ロボが赤く発光して!?」


ヒュンッ ヒュンッ ヒュンッ

ウィィィィン ダダダダダッ


ヴィーネ「あの子の動きが速すぎて、目で追えないわ!」

サターニャ「しかも飛んでる球を、どんどん撃ち落としてるじゃない!」


ダダダッ カチッカチッ

ロボ「弾薬0。損傷率、70%。距離ヲ、詰メマス」


ヴィーネ「え!? どうして、相手に近づいて……」

ガヴリール「まさか、弾薬がなくなったのか!?」


ロボ「残リノ武装、ヲ、検索」

ロボ「ドリル、ノミ。ドリルモード、変形」

巨大ロボット「ピガーッ、ピガーッ」


ヒュンッ ヒュンッ

ジュッ ドゴォッ


ロボ「損傷率、80%。敵大型ノ、コア発見。突貫シマス」ダッ

ガヴリール「ロボが、飛んだ!?」

タプリス「ロボさん……」ギュッ


ガキンッ ギュィィィィン


巨大ロボット「ピガガガガガガガガッ」


ドゴォォォォォンッ


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:42:37.656 ID:BAfcI2Rh0.net

巨大ロボット「……」


ガヴリール「やった……のか?」

タプリス「やったんですよ! ロボさんが、勝ったんです!」


タッタッタッ

タプリス「ロボさん! こんなに、こんなにボロボロになって……」

ロボ「損傷率、90%。修理、シナイト」

タプリス「でも、よかった……無事で本当に良かったです」ポロポロ

ロボ「タプリス、泣カナイデ」

タプリス「そんなの……無理に決まってるじゃないですか」

タプリス「ありがとう、ぐすっ……ございます、ロボさんっ」

ロボ「ピピッ」


ガタンッ

巨大ロボット「ピガッ」

ガヴリール「まずい! あいつ、まだ動いてるぞ!」

ヴィーネ「砲台が、タプちゃんを狙ってるわ!」


巨大ロボット「ピガァァァァァッ」


ギュィィィン


タプリス「え?」

ロボ「タプリス、危ナ――」ガバッ


ジュゥゥゥゥゥッ


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:44:18.034 ID:BAfcI2Rh0.net

プスプスプス


巨大ロボ「」

ガヴリール「サターニャ! あいつにトドメを刺せ!」

サターニャ「大丈夫よ、もう完全に停止しているわ」


タプリス「ロボ……さん?」


バチッ バチバチッ

ロボ「……」


タプリス「うそ……、嘘ですよね?」

タプリス「どうして、どうして……わたしを、かばったりなんか……」

ロボ「……ピ」

タプリス「ロ、ロボさん!?」

ロボ「マ……スター、ノ、生存……ヲ、確、認……」

ロボ「任務……完、了……」

タプリス「そんな……、任務だなんて、どうでもっ……」

タプリス「わたしは、ロボさんが……ロボさんが無事でいてくれないと……」

ロボ「ヨ、カ……ッタ……」

タプリス「えっ」

ロボ「タ、プリ……ス、ヲ、守ル……コト、ガ、デキ、テ……」

ロボ「本当……ニ、ヨカ……ッタ……」

タプリス「……ロボさんッ」


ロボ「タク……サン、ノ……メ、モリー、ヲ、ボク……ニ、クレテ……」


ロボ「ア、リガ……ト……、ウ……」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:46:17.042 ID:BAfcI2Rh0.net

シュゥゥゥン


タプリス「あぁ……あぁっ……」ポロポロ


ロボ「」


タプリス「ロボさん……動いて、動いてください……」ユサユサ

タプリス「ロボさん、ロボさん、ってばぁ……」

タプリス「うぐっ……ひっく……」


ガヴリール「タプリス……」


タプリス「こんな、こんなことって……あんまりです……」

タプリス「ロボさんが、一番、傷ついて、頑張ったのに……」

タプリス「どうして、そのロボさんが……、死ななきゃならないんですか……」

タプリス「わたしを……かばいなんて、しなければ……」


サターニャ「タプリス、しっかりしなさい!」

タプリス「……ッ」

サターニャ「ロボはね。街のみんなを、あんたのことを、全力で守ったのよ!」

サターニャ「……自分の命と引き換えにね」

サターニャ「だからあんたは、その分だけ、強く生きなさい」

サターニャ「ロボの分まで、強く生きるのよ!」


タプリス「胡桃沢先輩……」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:49:24.116 ID:BAfcI2Rh0.net

ガヴリール「……ちょっと、待て! ロボに挿さってるチップが、壊れずに残ってるぞ!」

ガヴリール「これはもしかして……記憶チップじゃないのか?」

ヴィーネ「記憶チップって?」

ガヴリール「ロボに関するデータが入っているチップのことだ」

ガヴリール「これを保管しておいてボディを直し、そのチップを、もう一度挿せば」

ガヴリール「ロボは生き返るかもしれない!」

タプリス「……ほ、ほんとですか?」

ガヴリール「確証はないが……でも、やる価値はある」

ラフィエル「ですが、この機械を直すのは、至難の業ですね……」


タプリス「……やります」

ヴィーネ「えっ?」

タプリス「わたしが、直します! ロボさんを絶対、生き返らせてみせます!」


――

タプリス(こうして舞天市が謎の襲撃を受けた、その日から)

タプリス(わたしの、ロボット工学に打ち込む日々が始まりました)


タプリス(全ては、ロボさんともう一度、出会うため)


タプリス(何度も挫折し、諦めそうになりながらも)

タプリス(ロボさんの残骸を見ては、自分を奮い立たせて)

タプリス(来る日も来る日も、研究に明け暮れました)


タプリス(そして……、十年の時が、流れたのです)


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:51:21.169 ID:BAfcI2Rh0.net

- 十年後 研究室 -


タプリス「……ようやく、完成しました」

ガヴリール「やったな、タプリス」

ヴィーネ「今までよく頑張ったわね、タプちゃん」

サターニャ「……あの時に見たボディ、そのままじゃないの」

ラフィエル「私は、タプちゃんを信じてましたよ」

タプリス「みなさんのご協力があってこそです、本当にありがとうございます!」


タプリス「それでは、チップを挿して……」

タプリス「電源を、いれますね」


ピッ

ウィーン ガシャンガシャン

プシュゥゥ


タプリス「……ッ」

ロボ「起動確認。各可動部、異常ナシ」


タプリス「ぐすっ……、おかえりなさい、ロボさん」ニコッ

ロボ「タプリス、タダイマ、アリガトウ」


ぎゅぅぅ


タプリス「ロボさん、これからはずっと、一緒ですよっ!」


ロボ「ピピッ!」




おしまい


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 21:58:55.632 ID:rOMhKUNvd.net

感動した

10年で完成とか天才か


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 22:03:49.929 ID:lTC0vmBZ0.net

ドラえもん最終話(同人版)とかいろいろ思い出される乙


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/26(金) 22:26:07.432 ID:BAfcI2Rh0.net

タプリスはさくらびと
次回は日曜日



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿