TOP > キルミーベイベー > やすな「ソーニャちゃんのスカートがめくれ上がってる!?」

やすな「ソーニャちゃんのスカートがめくれ上がってる!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:20:24.42 ID:UU5lljmt0

やすな(言うべきか……言わざるべきか……)

ソーニャ「……」スタスタ

やすな(パンツ丸見えだし……言ったほうがいいかなぁ……?)

ソーニャ「……」

やすな(どうしよう……とりあえず、尾行しよう)

ソーニャ(またやすなが何かしようとしてるな……)


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:23:20.91 ID:UU5lljmt0

やすな「うーん……」ヒラヒラ

あぎり「あら~?」

やすな(どうしよう……言おうかな……でも、なんか面白いし……)

あぎり(やすなさんのスカートに何故かトイレットペーパーが挟まってますね~)

あぎり(これはいったほうがいいでしょうか?)

あぎり「……」

あぎり(とりあえず尾行しましょう~)

ソーニャ「……」

ソーニャ(あぎりのやつまで……!?何を企んでるんだ……?)


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:44:09.82 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「……」スタスタ

やすな「……」スタスタ

あぎり「うふふー」スタスタ

ソーニャ「……なんだよ!!」

やすな「え?!?」クルッ

ソーニャ「いや、おま―――」

ソーニャ(やすなのスカートにトイレットペーパーが……)

やすな(ふぅー危ない。上手くごまかせたか)

ソーニャ(言うべきか……)

あぎり「あは~」

やすな「あぎりさん」

あぎり「なんですか~?」

やすな「な、なんでも」

やすな(あぎりさんの口元に……あんこが……)


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:47:48.18 ID:UU5lljmt0

あぎり「……」

やすな「……」

ソーニャ「……」

あぎり・やすな・ソーニャ(どうしよう……)

やすな(ソーニャちゃんのスカートはこれから先、色んな噂になるかもしれないし)

あぎり(やすなさん、どんな拭き方をしたんでしょうか~?)

ソーニャ(やすなにとってはかなり恥ずかしいだろうけど、日頃の行いが悪い所為だしな)

やすな(あぎりさんの口元のあんこは、あぎりさんの罠なかもしれないし……)

あぎり・やすな・ソーニャ(言わないほうがいいかもしれない……)


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:51:59.47 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「ん?おい、あぎり」

あぎり「なんですか~?」

やすな「だめー!!!!」

ソーニャ「な、なんだよ?!」

やすな「しーっ!!」

ソーニャ「はぁ?」

あぎり「なんですか~?なにかついてますか~?」

やすな「ううん!!なにもついてないです!!」

ソーニャ「いや……あん―――」

やすな「ソーニャちゃん!!だめだよ!!ソーニャちゃんの恥ずかしい秘密、言っちゃうよ!!」

ソーニャ「なにぃ!?」

やすな(ふっふっふ……スカートめくれてるなんていったら、ソーニャちゃんは恥ずかしくて死ぬはず……)

ソーニャ(まさか……ぬいぐるみを抱いて寝ていることか?それとも……夜トイレにいけないことか……?)

あぎり「うふふ~」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 00:56:34.35 ID:UU5lljmt0

ソーニャ(いや。騙されるな。やすなのハッタリに決まってる)

やすな「な、なにかな?」

ソーニャ「私の恥ずかしい秘密なんてお前が知ってるわけないだろ?」

やすな「し、しってるよ!!さっき知ったの!!」

ソーニャ「さっき?」

やすな「もうね、ソーニャちゃんの運命は私が握っているといっても過言じゃ―――」

ソーニャ「そうか。なら―――今のうちに口封じしとくか」ギラッ

やすな「だ、だめだよ!!もし私が死んだらソーニャちゃんは一生恥ずかしい思いをすることになるよ!!」

ソーニャ「どういうことだ?」

やすな「ふふふ……ソーニャちゃんは自覚してないことなんだよ」

ソーニャ「自覚してないだと……!?」

ソーニャ(まさか……寝ているときに親指をしゃぶる癖がどこかで……?)

あぎり(あら~?ソーニャのスカート、めくれてる~)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:01:47.83 ID:UU5lljmt0

ソーニャ(くそ……くそ……あの癖は直ったと思っていたのに……)

やすな(よしよし。これでソーニャちゃんは手篭めに……)

あぎり「ソーニャ、スカートが―――」

やすな「おぉ!!あぎりさん!!ユーフォー!!!」

あぎり「え~?どこどこ~?」

やすな「ふぅ……」

ソーニャ(いや、まて……それなら私もやすなの秘密を握っているようなものじゃないか)

ソーニャ「やすな。私もお前の恥ずかしい秘密を知っているぞ」

やすな「な、なにぃ!?」

ソーニャ「交換条件だ。私もやすなの恥ずかしい秘密を教えるから、お前も私の恥ずかしい秘密ってやつを教えろ」

やすな(な、なになに……!?私の恥ずかしい秘密……!?)

やすな(まだお父さんとお風呂に入ってること……?それとも未だにウォシュレットを使いこなせてないこと……?!)

やすな(えー!?ソーニャちゃんはなんでもしってそうだよぉ!!)

あぎり「ゆーふぉーどこですか~?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:06:17.04 ID:UU5lljmt0

やすな「ぐぬぬ……」

ソーニャ「ほら、やすな」

やすな「ちょっとまってよ!!私が言ったあとにソーニャちゃんが言うとは限らないじゃん!!」

ソーニャ「そんなことするかぁ!お前じゃあるまいし!!」

やすな「じゃあ、ソーニャちゃんから言ってみてよ!!」

ソーニャ「そんなのできるか!!」

あぎり「ユーフォーいませんね~がっかり~」

やすな「ん?」

ソーニャ「?!」

あぎり「はぁ~」

やすな(あぎりさんのスカートのチャックが……)

ソーニャ(開いてる……)

あぎり「ん~?なんですか~?」

やすな・ソーニャ(これは言ったほうがいいかな……?)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:10:06.29 ID:UU5lljmt0

やすな「あぎりさん、スカートのチャック……」

ソーニャ「あいてるぞ」

あぎり「え~?あ~これは開けてるんです~」

やすな「!?」

ソーニャ「な……!?」

やすな(やっぱり!!ということは……口元のあんこもわざとなんだ!!)

ソーニャ(……はっ!!)ピーン

ソーニャ(そういうことか……)

ソーニャ(やすなのトイレットペーパーはわざとなんだな。これを見せ付けて私の秘密を引き出そうとしたんだな)

ソーニャ(やすなにしてはいい作戦だが、甘かったな)

やすな・ソーニャ「ふー、あぶない、あぶない」

あぎり「ん~?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:14:46.11 ID:UU5lljmt0

やすな「でも、あぎりさん、なんであけてるんですか?」ヒラヒラ

ソーニャ(トイレットペーパーが靡いてる……)

あぎり「え~?涼しいじゃないですか~」

やすな「でも、パンツみえてますけど」

あぎり「きにしませ~ん」

やすな「さ、さすがですね」ヒラヒラ

ソーニャ「……ぶっ」

やすな「ん?どうしたの?」

ソーニャ「いや……なんでもない……」プルプル

ソーニャ(笑うな……耐えろ……)

やすな(ソーニャちゃんのスカート、さらにめくれあがってる……)

あぎり(ソーニャのパンツ、くまさんプリントですね~)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:19:21.20 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「もういいか?私はいくぞ」

やすな「ちょっとまって!!」

ソーニャ「なんだよ?」

やすな「早く恥ずかしい秘密を交換しようよ!!」

ソーニャ「……いや。もういい。その手にはひっかからないぞ」

やすな「え?」

ソーニャ「残念だったなぁー」クマー

やすな(かわいい……)

あぎり(あらら~)

ソーニャ「なんだ、なににやけてる?」

やすな「ソーニャちゃん!!そのままどこいくの!?」

ソーニャ「あ?購買だよ。やきそばパン買いにいくんだ」

やすな「はっはー、笑いものになれー」

ソーニャ「どういう意味だ?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:24:41.64 ID:UU5lljmt0

やすな「いいのぉ?確実に恥ずかしい思いをするのはソーニャちゃんですよぉー?」ニヤニヤ

ソーニャ「なに……?」

ソーニャ(どういうことだ……?ただのハッタリにしてはやけに自信がみなぎってる気がするし……)

あぎり(よっと)パシッ

あぎり(よいしょー)スルスル

ソーニャ(あぎりのやつ……なにを!?)

あぎり(やすなさんのトイレットペーパー、どれぐらいの長さなんでしょ~?)スルスル

やすな「どうするのかなぁ?ソーニャちゃーん?」

ソーニャ「……」

あぎり「……」スルスル

ソーニャ(なげえ!?)

あぎり(意外になが~い)

やすな「ん?なに?どうしたの?」

ソーニャ(これはいくらなんでもない。絶対にわざとだ!!)


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:28:53.63 ID:UU5lljmt0

やすな「さぁ、ソーニャちゃん!!どうするのさぁ!!」ヒラヒラ

ソーニャ「お前、ふざけるのもたいがいにしろ!!」

やすな「なにが?」

ソーニャ「お前、1回のトイレで1ロールぐらい消費してんのかよ!!」

やすな「な?!!?」

ソーニャ「え?」

やすな「どどどど、どーしてそれをしってるのぉ!?!?」

ソーニャ「え……?」

やすな「あ!!それなんだ!!私の恥ずかしい秘密ってそれなんでしょう!!!」

やすな「うわー!!結構恥ずかしいよぉ!!!」

ソーニャ「……」

あぎり(1ロール……)

あぎり「やすなさんは手にグルグル巻きつける派ですか~?」

やすな「うわー!!あぎりさんまでー!!なんでぇー!!!」

ソーニャ(まさか……スカートのは……本当に……)


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:34:21.44 ID:UU5lljmt0

ソーニャ(まてよ。でも、これはチャンスだ)

ソーニャ「よし、言ったぞ。やすな。次はお前だ」

やすな「うぅ……結構パンチの効いた暴露ですね……」

やすな「でも、私のその秘密を知るにはトイレを覗くしかないはず!!」

ソーニャ「なに……?」

やすな「さては、あぎりさんかソーニャちゃんが私のトイレを覗いていたんでしょー!!」

あぎり「え~?」

ソーニャ「んなことするかぁ!!!」

やすな「じゃあ、なんで手にグルグル巻くことしってるの~?」

ソーニャ「それは……あぎりが言ったことだろ!!私は関係ない!!」

やすな「でも1ロール使うのは知ってるじゃない!!」

ソーニャ「ぐっ……!!」

やすな「ソーニャちゃんは盗撮魔だ!!!」

ソーニャ「ちがう!!」グキィ

やすな「いたぁ!!いたぃよぉ!!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:40:00.95 ID:UU5lljmt0

やすな「暴力にうったえるところが、あやしすぎぃ!!」

ソーニャ「お前だって、私の秘密を知るためにどんな非合法なことをしたんだよ!!」

やすな「え?」

ソーニャ「これでも私はプロだぞ。己の弱点なんてそう簡単に露呈させるか」クマー

やすな「ふへっへっへっへっへ~。そうかな~」

ソーニャ「……つーか、早く私の秘密を教えろよ」

やすな「……」

やすな(ここでジョーカーを切っていいものか……悩む……)

やすな(でも、これ以上の爆弾を持ってこられてもこまるし……)

あぎり「じゃあ、私から~」

やすな「え?!」

ソーニャ「な、なにぃ!?」

あぎり「ソーニャのパンツ、くまさんプリントのやつですね~?」

ソーニャ「ち、ちがう!!私がそんな恥ずかしい下着をみにつけるかぁ!!!」クマー

やすな(可愛いお尻が見えてますよ……)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:43:54.45 ID:UU5lljmt0

あぎり「え~?そうなんですか~?」

ソーニャ「あたりまえだ!!」

あぎり「じゃあ、どんなパンツはいてるの~?」

ソーニャ「も、もちろん……スパッツだ……!!」クマー

やすな「ぶふっ!?あーっはっはっはっは!!!」

ソーニャ「てめぇ!!なんだ、その笑い方ぁ!!」ギラッ

やすな「あ、ごめんなさい……ナイフをしまって……」

ソーニャ「ふんっ……」クマー

やすな「ぶふっ……!!」

あぎり「うふふ~」

ソーニャ「あぎりも適当なことを言うな!!このバカが信じるだろ!!」

あぎり「は~い。すいませ~ん」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:48:13.80 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「なんでそんな私が子どもみたいなものを履くと思うんだよ」

あぎり(ソーニャったら)

やすな「でもでも~ソーニャちゃんって意外と子どもっぽいよね~」

ソーニャ「な、なにがだよ?」ドキッ

やすな「だって~」ニヤニヤ

ソーニャ「ま、まさか……お前……」

やすな「えへへ~怖いのとか苦手だし~」

ソーニャ「別に怖くない」

やすな「もしかして夜はトイレにいけ―――」

ソーニャ「それ以上言うな!!」

やすな「!?」

ソーニャ「わかった。何がほしいんだ?金か?情報か?」

やすな「えと……」

ソーニャ「頼むから、夜トイレにいけないことはばらさないでくれ……」

やすな「……」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:51:34.58 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「分かってる……わかってるから……」

やすな「ソーニャちゃん、夜トイレにいけないの?」

ソーニャ「それぐらい調べがついてるんだろ!?」

やすな「初耳」

ソーニャ「……」

やすな「……えへへ」ニヤァ

ソーニャ「わすれろー!!!!」ドガァ

やすな「ぶっへぇ!?!?」

ソーニャ「はぁ……はぁ……」

やすな「いたた……ぶたないでよぉ……」

ソーニャ「お前が余計なことをいうからだろ!!」

やすな「ソーニャちゃんが口を滑らせたんでしょ~?」

あぎり「うふふ~」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 01:57:28.25 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「ふん……お前だってガキみたいなところがあるだろ!!」

やすな「え?」ドキッ

ソーニャ「高校生にもなってそんなことしてて、恥ずかしくないのかよ?」

やすな「あ、あわわわ……!!」アセアセ

ソーニャ「なんとなく想像つくぞ。どうせ小学生のときから……いや、幼稚園から続いてるんだろ?」

やすな「……!?」カァァ

ソーニャ「今日だけじゃなくて、明日もするのか?」

やすな「おぉぉ……!!!」カァァ

ソーニャ「お前の恥部を校内放送で流してもいいんだぞ?」

やすな「やめてよぉ!!お父さんとお風呂に入るぐらいいいじゃない!!なにがいけないのぉ!!」

ソーニャ「え?」

やすな「うぅ……」ヒラヒラ

あぎり(あ~じばく~)


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:02:12.16 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「お前……」

やすな「くまさんパンツのくせにぃ……」

ソーニャ「違うっていってんだろ!!」

やすな「じゃあ、見せてよ!!」

ソーニャ「な……!?」

やすな「どうなの?見せられるの?!」

ソーニャ「くっ……なんだとぉ……親とお風呂に入ってるやつに言われたくない!!」

やすな「ガーン!!……立つ瀬がない……」

あぎり「……」

ソーニャ(ここまできたら、私がぬいぐるみを抱いてるのも知ってるな……)

やすな(ウォシュレットを使いこなせずにトイレを何度も水浸しにしたことも知ってるのかなぁ……?)

あぎり(私が10歳までおねしょしてたこと、しってるんでしょうか~?)

あぎり・やすな・ソーニャ(どうしよう……)


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:08:07.84 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「やすな。この話は終わりにしよう。こんなこと続けても誰も幸せにならないだろ?」

やすな「え、うん……」

ソーニャ「それじゃあ、私は購買に」

やすな「だ、だめぇ!!」

ソーニャ「なんだよ!?まだこの不毛な争いを続けるのかぁ?!」

やすな「いや……」

やすな(もう言おうかな……でも……それだとソーニャちゃんの思う壺……)

あぎり「ソーニャ~、いいでしょうか?」

ソーニャ「なんだ?」

あぎり「人の振り見て我が振り直せ~といいますよ~」

ソーニャ「はぁ?」

やすな「どういう意味ですか?」

あぎり「相手の悪いところは自分の悪いところでもあるかもしれないで、注意してくださいね~」

ソーニャ・やすな(え……こんな恥ずかしい格好にはなってないはずだけど……?)


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:13:03.70 ID:UU5lljmt0

やすな(んー……もしかして、ソーニャちゃんもウォシュレットで失敗を……?)

ソーニャ(やすなもぬいぐるみを抱いて寝てたりするのか……?)

やすな・ソーニャ(ありえる……!!)

やすな「はっはー!!そういうことかぁー!!」

ソーニャ「なるほどなぁ!!そう言うことか!!お前も同じ穴の狢だな!!」

やすな「ソーニャちゃんこそぉ!!」

ソーニャ「お前もぬいぐるみを抱いてねてるんだろぉ!!恥ずかしいやつだなぁ!!」

やすな「え?そんなことしないよ?」

ソーニャ「なに?」

やすな「ていうか……お前もって」

ソーニャ「が……?!」

やすな「んふふふふ~?ソーニャちゃんって~ふ~ん」ニヤニヤ

ソーニャ「やめろ……!!こっちみるな!!」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:18:53.85 ID:UU5lljmt0

やすな「どんなぬいぐるみですかね~」ニヤニヤ

ソーニャ「うるさいっ!!はなれろ!!!」

やすな「ぶふふ~かわいいじゃないですか~」ニヤニヤ

ソーニャ「やめてぇ……」

やすな「そしてソーニャちゃんはウォシュレットで失敗もしているんでしょー!!」バーン

ソーニャ「……え?」

やすな「とめ方が分からずに水浸しにしたり~ビデのボタンの意味が分からず押して、大パニックになったり~」

やすな「あっはっは!!ソーニャちゃんは恥ずかしい秘密の見本市だね!!」

ソーニャ「いやいや。そんな失敗する奴いるのか?」

やすな「しないの!?」

ソーニャ「……はは~ん?」

やすな「おぉ……!?」

ソーニャ「そーか、そーか。お前、ウォシュレットも使えないのか」

やすな「しまったぁー!!!」ガーン

あぎり「うふふ~」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:22:58.30 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「やすなも随分恥ずかしいものを持ってるじゃないかぁ」

やすな「なんだよぉ!!ソーニャちゃんもでしょ!!」

ソーニャ「そ、そうだけど……」

やすな「うぅ……」

あぎり「……」ニコニコ

ソーニャ「もういい!!これ以上、暴露されるものはない!!」クマー

やすな「わたしだって!!」ヒラヒラ

あぎり「え?」

ソーニャ「私は購買にいくからな!!」クマー

やすな「勝手にすればいいよ!!」ヒラヒラ

あぎり「あぁ~だめですよ~」オロオロ


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:26:40.23 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「なんだよ?まだあるのか?」

やすな「というか、あぎりさんの恥ずかしい秘密はないんですか!?」

あぎり「え~?」ドキッ

ソーニャ「そーだ!!私ばっかり暴露してあぎりはなにも言ってないぞ!!」

あぎり「えっと~二人が勝手に言ってただけじゃないですか~」オロオロ

ソーニャ「聞いたんだから言えよ!!」

やすな「不公平です!!」

あぎり「そ、そんな~横暴じゃないですか~」アセアセ

ソーニャ「なんかあるだろ!!いえ!!」

やすな「なんでもいいですから。恥ずかしい秘密を3つほど!!」

あぎり「え~?なんで~?」

ソーニャ「言ってくれ!!」

やすな「おねがいします!!」

あぎり「うわ~ん。ひどい~」ウルウル


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:31:30.64 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「嘘はなしだぞ」

やすな「はいっ」

あぎり「じゃあ……えっと……スカートにトイレットペーパーが挟まっていたことがありまして~」

やすな「うわ!!恥ずかしいですねそれ!!」ヒラヒラ

ソーニャ「おい、あぎり。それ、嘘だろ?」

あぎり「えっ」ドキッ

やすな「嘘なんですか!?」

ソーニャ「ちゃんと自分の話をしろ」

あぎり「じゃ、じゃあ……ええと~スカートがめくりあがってしまったときがありまして~」

ソーニャ「へえ」

やすな「それ嘘ですよね?」

あぎり「えっ」ドキッ

ソーニャ「なに!?嘘か!?」

やすな「自分の話でお願いします!!」

あぎり「うぅ~」オロオロ


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:36:19.70 ID:UU5lljmt0

あぎり「じゃあ……その……あの~」モジモジ

ソーニャ「なんだ?」

あぎり「わ、わわ、わたしが~10歳まで……オネショしていた話は~?」カァァ

やすな「それききたい!!」

ソーニャ「続けろ」

あぎり「えと……そうですね~。まぁ、単純に10歳までオネショが治らなかっただけなんですけど~」

ソーニャ「夜、トイレにいけないのか?」

あぎり「えっ」ドキッ

やすな「あはは~ソーニャちゃんじゃあるまいし~」

ソーニャ「ふんっ」グキィ

やすな「いったぁぃ!!」

あぎり(もしかして……ソーニャ……私のこと……調べて……?)ドキドキ


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:41:33.92 ID:UU5lljmt0

やすな「あぎりさん、トイレの恥ずかしい体験談とかないんですか?」

あぎり「え?え?」ドキッ

ソーニャ「やすなじゃないんだ。あるわけないだろ」

やすな「もしかしてあるかもしれないじゃん」

ソーニャ「どうだ?」

あぎり「……」プルプル

やすな「あぎりさんだってウォシュレットのボタンを間違えて洪水にさせたことがあるのかも!!」

あぎり「……っ」プルプル

ソーニャ「ないない。それなら夜にぬいぐるみを抱いて寝てるほうがありえる」

あぎり(や、やっぱり……これは……)プルプル

やすな「それこそないねー!!ソーニャちゃんは仲間が欲しいだけじゃーん」

ソーニャ「なにをー!!お前だってそうだろー!!」

あぎり(はめられたのは……私だったんですね~……)プルプル


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:45:01.05 ID:UU5lljmt0

あぎり「ふたりとも~もういいかげんにして~」ポロポロ

ソーニャ「え……!?」

やすな「あぎりさん!?」

あぎり「もう……私の秘密を大声でいわないで~……」ポロポロ

ソーニャ「え?あの……」オロオロ

やすな「あぎりさん……えっと……」オロオロ

あぎり「うっく……えぐ……」ポロポロ

ソーニャ「あ、あぎり……」

やすな「ご、ごめんなさい……そんなつもりは……」

あぎり「もう……ふたりともきらいです~」ポロポロ

ソーニャ「わ、わるかったって!!」

やすな「すいません!!」

あぎり「うぅ……」ポロポロ


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:50:17.25 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「あぎり……」

やすな「あの、あぎりさんの秘密なんてほんとに知らないんですけど……」

あぎり「え……?」

ソーニャ「お前の弱点が私たちと一緒だなんて想像もしてなかった……本当だぞ?」

あぎり「じゃあ……わたし……じばく~?」

やすな・ソーニャ「うん」

あぎり「……はずかし~」カァァ

ソーニャ「機嫌直してくれ」

やすな「すいませんでした」

あぎり「……わかりました。じゃあ、購買でパンをかってきてください~」

ソーニャ「あ、ああ!わかった」

あぎり「やすなさんも一緒に行って来て下さいね~」

やすな「わかりました!!いこ!!ソーニャちゃん!!」ヒラヒラ

ソーニャ「よし!!」クマー

あぎり「……うふふ。私をはめた罪は重いですよ~?」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:55:07.63 ID:UU5lljmt0

ソーニャ「やきそばパンを!!」クマー

やすな「あんぱんください!!」ヒラヒラ

ざわざわ……

「おい……言ったほうがいいじゃないか?」

「でも……」

ソーニャ(なんだ……視線が……?)

やすな(すごい見られてる……)

ソーニャ「あ!!やすな!!!トイレットペーパー挟みっぱなしだぞ!!!」

やすな「あ!!ソーニャちゃん!!!スカートめくれたまま!!!」

ソーニャ「なに!?!?」バッ

やすな「んほぉ!?マジぃ!?」バッ

シーン……

ソーニャ「……」カァァ

やすな「うわぁぁん!!ソーニャちゃんどうしよー!!!ソーニャちゃーん!!!」

ソーニャ「うるさい!!私だって泣きそうなんだぞ!!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 02:58:27.60 ID:UU5lljmt0

あぎり「さ~て、お手洗いにいきましょ~」

あぎり「うふふ~」

ヒソヒソ……

あぎり「ん~?」

あぎり(なんでしょ~?皆さん私の顔を見てるような~?)

あぎり「……」ピタッ

あぎり「……口元にあんこ……?」

あぎり「……っ!!」ゴシゴシ

あぎり「じゃあ……いままで……ずっと……?」

あぎり「……」カァァ

あぎり「……やすなさん、ソーニャ……やってくれましたね~……」

あぎり「……」スタスタ


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 03:03:36.01 ID:UU5lljmt0

やすな「あぎりさーん!!!」

ソーニャ「あぎりー!!でてこーい!!!」

あぎり「やすなさん、ソーニャ~?」ゴゴゴ

やすな「トイレットペーパーが挟まってるっていってくださいよ!!」

ソーニャ「スカートがめくれてることぐらい言え!!」

あぎり「口元にあんこがついてることなんでいってくれないんですか~?」

やすな「恥ずかし度合いは私が一番だよ!!」

ソーニャ「私だ!!」

あぎり「わたしです~」

やすな「くそぅ!くそぅ!!」

ソーニャ「うわぁー!!もう学校にこれねー!!!!」

あぎり「もうあんぱん……たべれない~」

やすな・ソーニャ・あぎり「はずかし~!!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 03:07:51.17 ID:UU5lljmt0

つぎのひ

ヒソヒソ……

ソーニャ「……」

やすな「ソーニャちゃん……」

ソーニャ(くそ……もうくまさんパンツはけない……気に入ってたのに……)

やすな「ソーニャちゃん……みんなが噂してるよ……?」

ソーニャ「うるさい」

あぎり「はろひれはれ~」フラフラ

ソーニャ「あぎり……」

あぎり「……今日からメロンパンデビューです~」

やすな「ど、どうでもいい……」

あぎり「……」ギラッ

やすな「ご、ごめんなさい……あぎりさん……」

ソーニャ「あんぱん、好物だったんもんな」

あぎり「もうあんこがトラウマ~」メソメソ


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 03:11:50.30 ID:UU5lljmt0

やすな「でも、まあ、人の噂も75日っていいますし~」

ソーニャ「あぎり?」

あぎり「……はい」

やすな「え……?」

ヒソヒソ

ソーニャ「……」

あぎり「噂を根絶させましょう~」

ソーニャ・あぎり「キルミ~ベイベ~」ゴゴゴッ

ざわっ!

やすな「だめだよー!!ソーニャちゃん!!あぎりさぁん!!」

ソーニャ「噂するやつは、ころすっ!!」

あぎり「いえーい♪」

やすな「やめてぇー!!!」



おしまい。


100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 03:15:15.28 ID:XXlgzhb10

乙!!
すごく良かった


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/07(水) 03:47:08.13 ID:DaniOtnO0

上手いことかわさないあぎりさんもいい



『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿