TOP > キルミーベイベー > やすな「ソーニャちゃんって犬が苦手なんだっけ?」ソーニャ「別に」

やすな「ソーニャちゃんって犬が苦手なんだっけ?」ソーニャ「別に」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:21:45.70 ID:jhNxBdEt0

やすな「はぁー、かわいいなぁ」

ソーニャ「何よんでるんだ?」

やすな「ペットのカタログ!!」

ソーニャ「ふーん」

やすな「ソーニャちゃんはペット買うなら犬?ネコ?カラス?」

ソーニャ「どれもいらん。ペットなんて邪魔なだけだろ」

やすな「えーかわいいよぉ」

ソーニャ「どこがだ。特に犬なんて獰猛だし、言うこと聞かないし、すぐ噛むし」

やすな「ソーニャちゃんって犬が苦手なんだっけ?」

ソーニャ「別に」

やすな「ああ、犬、も、苦手なんだっけ?」

ソーニャ「殺すぞ?」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:24:54.27 ID:jhNxBdEt0

放課後 通学路

やすな「犬はいいよー。やっぱり買うならヨークシャテリアだね」

やすな「ああ、でもシーズーもいいかも」

ソーニャ「発情期になればキャンキャンうるさいだろ」

やすな「いやいや。そんなの―――」

クーン……クーン……

やすな「お?」トコトコ

ソーニャ「どうした?」

やすな「ソーニャちゃん、みてみて!!捨て犬ー」テテテッ

犬「ワン!」

ソーニャ「おわぁ!!!こっちにもってくるなぁ!!」

やすな「子犬もダメなの?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:28:30.88 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「な、なにされるかわかんないだろう……」プルプル

やすな「えー?かわいいのにぃー」

犬「ワン!」

やすな「ほらほらー」

ソーニャ「やめろ!近づけるな!!早く元の場所に戻して来い!!」

やすな「でも、かわいそうだよ?」

ソーニャ「拾うならそれ相応の覚悟をもって拾え」

やすな「どういうこと?」

ソーニャ「捨てられた命を拾い上げるなら最後まで面倒を見ろってことだ」

やすな「ふーん……」

ソーニャ「……」

やすな「よし!!君の名前は、ソーニャ2号だ!!」

犬「ワン!」

ソーニャ「てめぇ!!」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:32:55.31 ID:jhNxBdEt0

やすな「これからよろしくねー、ソーニャ2号?」ナデナデ

犬「ワン!」

ソーニャ「おまえその名前で飼うのかよ!?」

やすな「え?飼わないよ?」

ソーニャ「はぁ!?」

やすな「お母さんがダメっていうと思う」

ソーニャ「じゃあ、諦めろ。元の場所に―――」

やすな「やだ!!かわいそう!!ソーニャちゃんの鬼畜!!」

ソーニャ「飼わないんだろ!?」

やすな「ソーニャちゃんが飼えばいいじゃない!!」

ソーニャ「やだよ!?」

やすな「ほらほらー、かわいいよー」

犬「ワン!」

ソーニャ「ひぃぃぃ!?!??」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:37:56.20 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「そ、それ以上近づけてみろ!!絶対に許さん!!」ガクガク

やすな「そんな電柱の影から凄まれても……」

ソーニャ「……」ガクガク

やすな「じゃあ、この子どうしよう……」

ソーニャ「だから元の場所にだなぁ」

やすな「そうだ!!飼ってくれる人を探そう!!」

ソーニャ「は?」

やすな「ね?ソーニャちゃん?」

ソーニャ「勝手にしろ。私は付き合わないぞ」

やすな「えー!?なんでー!??」

ソーニャ「じゃあな」スタスタ

やすな「ソーニャちゃぁぁん!!」

やすな「……」

犬「ワン!」

やすな「いいもん。私一人でも探すもん!!」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:40:13.96 ID:jhNxBdEt0

ピンポーン

「はい?」

やすな「すいません!この子犬飼いませんか!?」

「け、結構です」

バタン

やすな「……次っ!!」

犬「ワン!」


「―――もう飼ってるから」

やすな「そうですか……」


「―――いらない」

やすな「そこをなんとか!!」

「ごめんね」バタン

やすな「あ……」

犬「ワン!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:44:34.78 ID:jhNxBdEt0

夕方 公園

やすな「はぁ……なかなか、いないなぁ……」

犬「ワン」

やすな「こんなにソーニャ2号はかわいいのにね」ナデナデ

犬「ワン」

やすな「……」

やすな「そうだ!!困ったときのあぎりさん!!」

やすな「あーぎーりーさーん!!!!」

あぎり「はぁ~い」シュタ

やすな「あぎりさん!!」

あぎり「なにかおこまりのようですね~?」

やすな「この子、飼いませんか!?」

あぎり「え~?」

犬「ワン!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:49:10.19 ID:jhNxBdEt0

やすな「どうですか!?」

あぎり「かわい~ぃ~」ナデナデ

犬「ワン!!」

やすな「あぎりさん……もしかして……」

あぎり「かいませ~ん」

やすな「ガーン……」

犬「ワン」

あぎり「うち、ペット禁止なんで~」

やすな「そ、そんな……。じゃ、じゃあ!犬を欲しがってる人は知りませんか!?」

あぎり「まったく~」

やすな「そうですか……」

あぎり「いちたすいちは~?」

犬「ワン!!」

あぎり「かしこ~い」ナデナデ

やすな「うぅ……どうしよう……」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:52:53.32 ID:jhNxBdEt0



「だめだめ」

やすな「そんなこといわず……」

バタン

やすな「くそぅ……くそぅ……」

犬「クーン……」

やすな「あ、お腹すいたよね。なんか買いにいこっか!」

犬「ワン!!」

やすな「コンビニだー!!」

犬「ワン!!」

ソーニャ「やすな?」

やすな「あ、ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「お前、こんな時間までなにやって―――げっ!?」

やすな「ソーニャちゃぁぁん!!」テテテッ

ソーニャ「犬を抱いたままこっちにくんなぁ!!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 19:58:00.22 ID:jhNxBdEt0

公園

犬「……」モグモグ

やすな「おいしい?」

犬「ワン!」

やすな「ふふ」

ソーニャ「飼い主、見つからないのか」

やすな「世知辛い世の中だよね、全く」

ソーニャ「もう諦めろ。元の場所に戻してこい。もしかしたら拾ってくれるやつが現れるかもしれない」

やすな「でも、先に保健所につれていかれちゃうかもしれないよ?」

ソーニャ「それはそうだけど」

やすな「ソーニャちゃん!!ソーニャ2号を……!!!」

ソーニャ「かわん!!お前が拾ったならお前が面倒を見ろ!!」

やすな「そんなこといわずにぃぃ」ギュゥゥ

ソーニャ「ふんっ!!」グキッ

やすな「あぃたぁ!!!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:01:19.39 ID:jhNxBdEt0

犬「ワン!!」

やすな「お、もう食べたの?じゃあ、いこっか!!」ギュッ

犬「ワン!」

ソーニャ「おい。今から探す気か!?」

やすな「うん。まだ8時だし」

ソーニャ「もう8時だ。やめろ」

やすな「やだよ。きっといるもん!!ソーニャ2号を飼ってくれる人!!」

ソーニャ「おい……」

やすな「よっしゃー!!さがすよー!!」

犬「ワン!!」

ソーニャ「……」

ソーニャ「勝手にしろ……アホめ……」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:04:44.16 ID:jhNxBdEt0

やすな「―――いない」

犬「クーン」

やすな「そんなぁ……こんなに可愛いソーニャ2号を飼ってくれる人がいないなんてぇ……」

犬「……」

やすな「くそぅ……もう10時だし……帰らないと……」

犬「クーン……」

やすな「……ごめんね。また、明日くるから」

犬「クーン……クーン……」

やすな「ごめん!ほんとうにごめんね!!」

犬「……」

やすな「あぁぁ……よ、よし!!ロスタイム突入!!まだ、探すよ!!安心して!!」

犬「ワン!!」

やすな「諦めたらそこで終わりだよ!ソーニャ2号!!」

犬「ワン!!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:08:52.05 ID:jhNxBdEt0

やすな「……はぁ……だめ……もう日付が変わった……」

犬「……」

やすな「ソーニャ2号も寝ちゃったし……どうしよう……どうしよう……」

ソーニャ「おい」

やすな「わぁ!?!?」

犬「キャン!!」

ソーニャ「私だ」

やすな「ソーニャちゃん……?」

ソーニャ「今日は諦めろ」

やすな「でも……」

ソーニャ「……分かった。私の家で預かる」

やすな「え?」

ソーニャ「今日だけだ。いいな?」

やすな「ソーニャちゃん……!!」

ソーニャ「で、でも、犬はお前が私の家まで連れて来い。いいな?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:13:27.59 ID:jhNxBdEt0

あぎり「あ~おかえり~」

やすな「あれれー?あぎりさん?」

あぎり「子犬を隔離する小屋はできてますよ~」

ソーニャ「悪いな」

やすな「すご~い!!こんなの作ったんですか!!?」

あぎり「はい~。ソーニャが部屋には入れないようにしたいっていうから~」

やすな「も、もしかして……最初から飼うつもりで……!!」

ソーニャ「違う!!……お前が本気なのを確認したからだ」

やすな「本気?」

ソーニャ「やすながすぐに投げ出すなら絶対に協力なんてしなかった」

やすな「ソーニャちゃん……」

ソーニャ「いいか!!今日だけ!!犬を預かるのは今日だけだ!!明日中に絶対に飼い主を見つけろ!!」

やすな「うんっ!!がんばるよ!!」

ソーニャ「ふん……」

あぎり「うふふ~」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:16:37.25 ID:jhNxBdEt0

犬「ワン!!」

やすな「じゃあね、ソーニャ2号!!」

あぎり「では~目隠ししてくださ~い」

やすな「はーい」

ソーニャ「あぎり、やすなを頼む」

あぎり「わかりました~」

犬「ワン!!ワン!!」

ソーニャ「さてと、寝るか……」

犬「ハッハッハッハ……」トコトコ

ソーニャ「うわぁ!?おい!!こっちにくるな!!」

犬「クーン」

ソーニャ「いいか!!お前はその範囲から動くな!!」

犬「ワン!!」

ソーニャ「そうだ、それでいい……」

犬「……」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:19:25.64 ID:jhNxBdEt0

翌朝

ペロペロ……

ソーニャ「ん……?」

犬「ワン!」

ソーニャ「ひっ……!?!?」

犬「ハッハッハッハ」

ソーニャ「ぎゃぁあああああ??!?!」

犬「ワン」

ソーニャ「お、おおお。おまえ!!!何してんだ!!!このやろう!!!」

犬「クーン……」

ソーニャ「……」ガクガク

ソーニャ「これだから犬は嫌いだ……」

犬「クーン……クーン……」

ソーニャ「なんだよ。うるさいな……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:22:02.67 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「さてと、学校にいくか……」

犬「ワン!!」

ソーニャ「近づくな!!」

犬「クーン」

ソーニャ「早くやすなに飼い主を探してもらわないとな……」

ソーニャ「こっちの身がもたない」

ソーニャ「……」

犬「ワン!!」

ソーニャ「いってきます」

犬「ワン!!」

ソーニャ「ふん……」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:25:35.11 ID:jhNxBdEt0

学校

やすな「ソーニャちゃん!!おっはよ!!」

ソーニャ「やすな。飼い主の当ては?」

やすな「友達にも聞いてみたけど、だめだって」

ソーニャ「なにぃ?」

やすな「でもでも、ソーニャ2号は今ソーニャ1号の家に―――」

ソーニャ「……」グキッ

やすな「たっぁ!?」

ソーニャ「ちゃんと探せ。お前が見つけられないなら、私が責任をもって保健所に連れて行く」

やすな「そんなぁ~!!」

ソーニャ「1日だけっていっただろ」

やすな「うぅ……」

ソーニャ「ま、がんばれ」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:30:08.40 ID:jhNxBdEt0

昼休み

ソーニャ「あれ?やすながいないな」

ソーニャ「ま、どうでもいいか」

ピンポンパンポーン

ソーニャ「ん?」

やすな『えーマイクテストマイクテスト』

ソーニャ「……」モグモグ

やすな『ソーニャ2号いりませんかぁー!!!』

ザワザワ……

「ソーニャ?」

「ソーニャ?あのソーニャ?」

ソーニャ「あいつぅ……!!!」

やすな『犬です!!ソーニャ2号は犬なんです!!』

「ソーニャって犬なのか」

ソーニャ「ころすっ!!!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:46:00.73 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「言い方を考えろぉ!!!」グキィ

やすな「いたたたたたたた!!!!!ごめんなさい!!!!なんかごめんなさい!!!!」

ソーニャ「ホントにバカだな、お前」

やすな「ちぇー……良い方法だと思ったのにぃ」

ソーニャ「だから、放送の内容がおかしいんだ」

やすな「じゃあ、どうしたらのいいの?」

ソーニャ「普通に犬を飼ってくれる人でいいだろ」

やすな「よくわかんないなぁ。ソーニャちゃん、お願い」

ソーニャ「やだよ」

やすな「でも、原稿がないと難しいし」

ソーニャ「……」

やすな「や、やります」

ソーニャ「はやくしろ」

やすな「はいはい……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:51:00.63 ID:jhNxBdEt0

やすな「―――もし、興味があれば折部やすなまでお願いします」

ソーニャ「できるじゃないか」

やすな「まぁね」ムフー

ソーニャ「……むかつくな」

やすな「これできっと大丈夫だよね、ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「そうだな。早く飯にするぞ」

やすな「はーい。あ、そういえば。ソーニャ2号にお昼ご飯は用意してあげたの?」

ソーニャ「は?」

やすな「は?って……もしかして……ソーニャちゃん……」

ソーニャ「いや、無理だろ。昼に餌をやるなんて」

やすな「水は?!水は用意してあげてるよね!?」

ソーニャ「……」

やすな「……」

ソーニャ「……え?やばいのか?」

やすな「ソーニャちゃん!!!死んじゃうよ!!まだソーニャ2号は子犬なんだよ!?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 20:57:22.77 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「いや、犬なんて飼ったことないし……」

やすな「だめだよ!!だめだめソーニャちゃんだよぉ!!」

ソーニャ「な、なんだとぉ!?」

やすな「今頃、餓死してるよ!!」

ソーニャ「1日で餓死するかよ」

やすな「あぁぁ……ソーニャ2号……ソーニャ2号……」

ソーニャ「馬鹿馬鹿しい」

やすな「ソーニャちゃん!!ソーニャ2号がどうなってもいいの?!」

ソーニャ「別に気にしない」

やすな「自分の子どもなのに?!」

ソーニャ「誰の子どもだ!?誰の!?私は犬なんて産まん!!」

やすな「ソーニャちゃぁぁん……お願いだから様子だけでも……」

ソーニャ「やだよ。めんどくさい」

やすな「うぅ……もうあえないんだね……ソーニャ2号ぉ……」ウルウル

ソーニャ「……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:04:01.63 ID:jhNxBdEt0

授業中

やすな「はぁ……だいじょうぶかなぁ……」ソワソワ

ソーニャ「……」

やすな「いまごろ……さびしくないてるのかなぁ……」

ソーニャ「……」

やすな「はぁ……ぁ……ソーニャ2号ぉ……」

ソーニャ「……」ピクッ

やすな「かわいそうな……ソーニャ2号……」チラッ

ソーニャ「……」

ソーニャ(いや、ありえない。1日で餓死なんて……)

ソーニャ(でも……脱水症状……とか……は……あるのか……?)

ソーニャ「ちっ……」イライラ

やすな「……」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:16:40.96 ID:jhNxBdEt0

やすみじかん

ソーニャ「……」ガタッ

やすな「どっかいくの?」

ソーニャ「トイレ」

やすな「そう……はぁ……」

ソーニャ「……」スタスタ

あぎり「あっれ~?どこにいくの~?」

ソーニャ「トイレ」

あぎり「トイレはむこうですよ~」

ソーニャ「え?あ、そうか。そうだったな」

あぎり「ん~?」

ソーニャ「なんでもない!!」

あぎり「まだなにもいってないけど~?」

ソーニャ「ちっ……」スタスタ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 21:28:15.79 ID:jhNxBdEt0

やすな「……ん?」

やすな「ソーニャちゃん……?」


グラウンド

ソーニャ「くそ……なんで私が……くそ……」ダダダッ

ソーニャ「はぁ……はぁ……」ダダダッ


やすな「……」

あぎり「ソーニャ、どこにいくんでしょ~ね~」

やすな「トイレっていってました」

あぎり「随分遠くまでいくんですね~」

やすな「ですねー」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:13:56.76 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「はぁ……はぁ……」

ガチャ

ソーニャ「おい!!」

ソーニャ「……あれ……?」

ソーニャ「おーい!!どこだー!!!」

ソーニャ「……」キョロキョロ

ソーニャ「あれ……」

ソーニャ「おーい!!でてこーい!!」

ソーニャ「エサだぞー」

ソーニャ「おーい……」

ソーニャ「……」

ソーニャ「どこだよ!!おい!!でてこい!!」

ソーニャ「……おい……どこに……」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:18:59.76 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「……ここか!?」

ソーニャ「ちっ……」

ソーニャ「どこだよ!!このやろう!!」

ソーニャ「エサだぞ!!腹減ってんだろ!!!おい!!!」

ソーニャ「……こうなったら」ゴソゴゾ

ソーニャ「……」グッ

バァン!!!

ソーニャ「……」

シーン

ソーニャ「……まさか……死ん……」

ソーニャ「いやいや!!!そんなわけあるか!!1日もたってないぞ!!」

ソーニャ「一食抜いたぐらいでありえないだろ!!」

ソーニャ「おい!!どこだよ!!おーい!!!」

ソーニャ「こっちか……?」オロオロ

ソーニャ「やすなになにか言われる前に見つけないと……」オロオロ


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:23:55.00 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「―――だめだ……いない」

ソーニャ「……」

ソーニャ「……もしかして死期を悟って姿を消した、とか?」

ソーニャ「……」

ソーニャ「嘘だろ……」

ソーニャ「うそ……」

ソーニャ「……」スクッ

ソーニャ「どこだよ……」キョロキョロ

ソーニャ「でてこいよ……」

ソーニャ「おーい……」

ソーニャ「……」

ソーニャ「そんな……一食抜いただけで……?」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:27:56.39 ID:jhNxBdEt0

学校

「みてみてー、犬がまよいこんでるー」

「かわいいー」

あぎり「あら~?」

犬「ワン!!ワン!!」

あぎり「あれは~ソーニャにごうじゃないですか~」

犬「ワン!!」

あぎり「お腹すいてます~?」

犬「ワン」

あぎり「競争用自動車の最上位級といえば~?F~?」

犬「ワン!!」

あぎり「かしこ~い。はい、ぎょにくそ~せ~じ~」

犬「ワン!!」

あぎり「うふふ」ナデナデ


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:33:47.47 ID:jhNxBdEt0

やすな「あぎりさん」

あぎり「はい?」

やすな「ソーニャちゃんの家にいきたんですけど」

あぎり「そうですか~?」

やすな「って、あぁぁ!!!ソーニャ2号!?」

あぎり「はい、学校に迷い込んでました~」

やすな「ど、どうしてまた……」

あぎり「きっとソーニャに会いにきたんじゃないですか~?」

やすな「そうなの~?」

犬「ワン!!」

あぎり「ゴルフで第一打目にカップインすることを、ホールイン~?」

犬「ワン!!」

やすな「すごい!!」

あぎり「この子はかなり賢い犬ですね~」ナデナデ

やすな「よーし!!このまま飼い主を探そう!!!」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:40:09.34 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「……窓が開いてる」

ソーニャ「ここから出て行ったのか?」

ソーニャ「……」

ソーニャ「……」キョロキョロ

ソーニャ「って……なんで私があの犬の心配をしなきゃいけないんだ……」

ソーニャ「やめだやめやめ」

ソーニャ「私には関係ない。全部、やすなの所為だ」

ソーニャ「……私は関係ない」

ソーニャ「うん……」

ソーニャ「……」

ソーニャ「くっそ……!!」

ソーニャ「どこいったんだよー!!!」ダダダッ


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:46:15.83 ID:jhNxBdEt0

やすな「すいませーん」

「はい?」

やすな「子犬、いりませんか?」

あぎり「おねがいしま~す」

犬「ワン!!」

「まぁ、かわいいわね」

やすな「しかも賢いんです!!」

「へえ。どういうふうに?」

あぎり「州都がリジャイナであるカナダ中部の州は~?サスカチュ~」

犬「ワン!!」

やすな・あぎり「はいっ!!」

「……うん。すごいね」パチパチ

やすな「で、どうですか!?」

あぎり「どうでしょ~?」

「うーん……」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:52:33.54 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「あ、ちょっと」

「はい?」

ソーニャ「子犬、見かけなかったか?」

「みてないね」

ソーニャ「ありがとう」

ソーニャ「……ちょっと」

「なんです?」

ソーニャ「犬を探してるんだ。子犬なんだけど」

「見てない」

ソーニャ「……」

ソーニャ「どこだよ……」

ソーニャ「くそぉ……!!」

ソーニャ「絶対に見つけてやる……!!!」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 22:57:59.21 ID:jhNxBdEt0

やすな「あーよかった」

あぎり「ですね~」

ソーニャ「……」キョロキョロ

やすな「ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「や、すな!?」

やすな「なになにー?なにしてるのー?最後の授業にも戻ってこなかったし」

ソーニャ「いや、仕事がはいったんだ……」

やすな「ふーん。あ、そうそう。ソーニャ2号は―――」

ソーニャ「今からエサを買いにいくところだ!!」

やすな「へ?」

あぎり「……」

ソーニャ「じゃ、じゃあな!!」ダダダッ

やすな「あ、ソーニャちゃん!!」

あぎり「うーん……」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:08:30.68 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「やばい……やすなにバレたらなんて言われるか……」

ソーニャ「探そう……」

ソーニャ「早く見つけないと……」

ソーニャ「これだから犬は嫌いなんだ」

ソーニャ「でも、子犬だろ……行動範囲なんてたかがしれてるはずだ」

ソーニャ「そうだ!!公園!!」

ソーニャ「あそこならアイツの足でもいけるぐらいの距離だ」

ソーニャ「そこだ。そこにいるはずだ」

ソーニャ「急ごう。やすなが怪しむ前に……!!」

ソーニャ「……」ダダッ


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:16:07.27 ID:jhNxBdEt0

公園

ソーニャ「どこだー」ガサガサ

ソーニャ「おーい、もういいかげんにしろー」ガサガサ

ソーニャ「……くそぉ……手間かけさせるなよ……」ガサガサ

ソーニャ「はぁ……」

ワンワン!!

ソーニャ「!?」

ソーニャ「そっちかぁ!!」ダダッ

「ん?」

いぬ「ワフ」

ソーニャ「あ……」

いぬ「クーン」

ソーニャ「こっちくるなぁ!!!」

ソーニャ「ああ!!もう!!」

ソーニャ「どこだよ!!」ガサガサ


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:20:07.28 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「はぁ……くそ……見つからない……!!」

あぎり「わんわん」

ソーニャ「!?」

あぎり「わぉーん」

ソーニャ「なんだ、あぎりか……」

あぎり「おこまりのようですね~?」

ソーニャ「いや、困ってない」

あぎり「ほんとうですか~?」

ソーニャ「ああ」

あぎり「では、なにがみつからないの~?」

ソーニャ「そ、それは……えと……」

あぎり「ん~?」

ソーニャ「ナイフだ!!」

あぎり「あ~、それはたいへ~ん」

ソーニャ「そうだ!!私は大変なんだ!!だから、もういく!!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:33:49.90 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「……」ガサガサ

ソーニャ「ん……?もう日が暮れてきたな……」

ソーニャ「このまま見つけられなかったら……」


やすな『え~?ソーニャちゃんのくせに犬の一匹世話できないの~?』

やすな『ぷはははは!!!傑作~!!!!』


ソーニャ「……そんなことをいわせるわけにはいかない」

ソーニャ「そんなこと……」


やすな『え……いないの……?どうして……どうして……?』ウルウル

やすな『ソーニャ2号に……もう……あえ、ないの……?』ポロポロ

やすな『ソーニャちゃぁぁん……ひどいよぉぉ……』ポロポロ


ソーニャ「……!!」フルフル

ソーニャ「何考えてるんだ……私は……!!」

ソーニャ「はやく……見つけないと……」ガサガサ


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:41:26.57 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「はぁ……はぁ……」

やすな「ソーニャちゃん!!ソーニャちゃーん!!」

ソーニャ「やすな……!?まずい!!隠れないと……!!」

やすな「あれー?ほんとにここにいたんですかー?」

あぎり「さっきまでは~」

やすな「もう……ソーニャ2号のことで話があるのにー」

あぎり「ですね~」

ソーニャ(流石に怪しまれてるな……)

ソーニャ(早くなんとかしないと……)

ソーニャ「……」ガサガサ

あぎり「……」

やすな「ソーニャちゃーん!!でてきてよー!!!ソーニャちゃーん!!!」

ソーニャ(ヤツを見つけるまでは、やすなの前には出れない……!!)


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:46:16.89 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「くそ……この公園にはいないのか……」

ソーニャ「一体、どこに……!!」

ワンワン!!

ソーニャ「!?」

ソーニャ「……」コソコソ

ソーニャ「……」ソーッ

「よしよし」

犬「ワンワン」

ソーニャ「……!?」

ソーニャ「おい!!!」

「え?」

ソーニャ「その犬……どうした?」

「この犬?これはもらったの」

犬「ワンワン♪」

ソーニャ「返してもらう!!!」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/14(水) 23:50:39.85 ID:jhNxBdEt0

ソーニャ「こっちだ!!」ガバッ

犬「ワン!!」

「あ、ちょっと」

ソーニャ「……近づくな!!近づいたら……刺す」ギラッ

「な……!?」

ソーニャ「よし……もう大丈夫だ」ギュッ

犬「ワンワン」

ソーニャ「いくぞ」

犬「ワン」

「あー!!どろぼー!!!」

ソーニャ「泥棒はそっちだろ!!」ダダダッ

「えー……」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:31:59.39 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「よかった……ほんとによかった……」ギュゥ

犬「ワン」

ソーニャ「このやろう……本当に……心配……はしてないけど」

犬「クーン……」

ソーニャ「……でも……無事で……よかった……」ナデナデ

犬「ワンワン」

ソーニャ「ふふ……」ナデナデ

犬「ワン」

ソーニャ「そうだ。腹、減ってるだろ。焼きそばパンを持ってきた」

犬「ワン!ワン!!」

ソーニャ「よっと。ほら、食え」

犬「ワンワン!!!」

ソーニャ「……」ナデナデ


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:35:32.58 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「はっ?!」

犬「ワン」

ソーニャ「い、今……自然に撫でてた……!?」

犬「クーン……クーン……」

ソーニャ「……ま、こいつなら怖くないか」

犬「ハッハッハッハ」

ソーニャ「よし。やすなと合流するか!!」

犬「ワン!!」

ソーニャ「やすなは今頃家か……」

ソーニャ「そうなると、明日になるな」

犬「ワン」

ソーニャ「いいか!!1日ロスタイムに入っただけだ!!わかってるな!?」

犬「ワン!!」

ソーニャ「よし。わかってるなら、いいんだ、うん」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:39:29.34 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「お前は逃げ出すから、首輪とかいるな」ギュッ

犬「ワン」

ソーニャ「あとは……何がいるんだ……?水をいれる容器とかか……?」

犬「クーン……」

あぎり「ばぁ!!」

ソーニャ「おおおゎぁおあおあお?!?!」

あぎり「こんばんは~。あぎりです~」

ソーニャ「な、ななな、なんだよぉ!!驚くだろう!!!」

犬「ワン!!」

あぎり「あ、見つかったんですね~?」

ソーニャ「ああ、なんとか―――って、違う!!探してなんかいない!!」

あぎり「ナイフのことなんだけど~?」

ソーニャ「あ、あああ!!!ナイフか!!お、おう!!見つかった!!」

あぎり「よかったね~?」ナデナデ

犬「ワン!!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:43:36.09 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「もう遅いし、私は帰る」

あぎり「あ、ソーニャ」

ソーニャ「なんだ?」

あぎり「その犬、飼いますか~?」

ソーニャ「飼うわけないだろ」

あぎり「では、こちらに渡してくださ~い」

ソーニャ「なんで?」

あぎり「飼い主になってくれる人、見つかったので~」

ソーニャ「え……」

あぎり「さ、おねがいします」

ソーニャ「……その飼い主、ちゃんとした人なのか?」

あぎり「はい~」

ソーニャ「自分の目で確認したい」

あぎり「いいですよ~?やすなさんも近くまできているそうなので、呼びましょう」

ソーニャ「……」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:50:03.69 ID:mgG2diBk0

やすな「あ、ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「やすな……」

やすな「ソーニャ2号も無事だったのかぁ。ヨシヨシ」

犬「ワン!!」

やすな「聞いてよ!ソーニャちゃん!!ソーニャ2号は一度強奪されたんだよぉ!!」

ソーニャ「なに!?」

やすな「ほんと、悪い人もいるよね!ぷんぷん!」

ソーニャ「ま、そういういけ好かない奴はどこにでもいるからな」

あぎり「……」

やすな「でも、ひどいよねー。飼い主さんが散歩してるときに奪うなんて。飼い主さん、すっごく泣いてたもん」

ソーニャ「飼い主……?」

あぎり「実は~一度、ソーニャ2号を渡したんですよね~。で、散歩していると奪われたらしいです~。ナイフまでつきつけられて」

ソーニャ「え……え……?」

やすな「でも、ソーニャちゃんが取り返してくれたんだよね!!ありがとっ!!今から飼い主さんにソーニャ2号の無事を知らせないとね!」

ソーニャ「あ……え……?ちょ……」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:54:14.91 ID:mgG2diBk0

やすな「ごめんくださーい」ピンポーン

「はい……。ああ、やすなちゃん」

やすな「はい!!」

犬「ワン!!」

「あぁぁ!!!サスケー!!!」

犬「ワンワン!!」

やすな「ちゃーんと取り戻しました」

「あ、ありがとう……ありがとう……」

あぎり「怪我はないようですし~だいじょうぶで~す」

「どうも……。で、あの、やすなちゃんが……?」

やすな「いえ、こちらのスーパーヒロインの―――って、あれ?ソーニャちゃーん!!どこー!!!」

あぎり「どうやら~照れちゃったみたいですね~」

「はぁ、そうですか。では、また後日お礼をしないとだめですね」

やすな「また、つれてきます!!」

「はい。いつでも待ってます」


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 00:58:40.03 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「……」

ソーニャ「良い人そうだな……」

ソーニャ「ま、やすなとあぎりが選んだなら……いいか」

あぎり「ソーニャ!」

ソーニャ「うわぁ!?」

あぎり「よかったの~?」

ソーニャ「なにがだ?」

あぎり「ソーニャ2ご~」

ソーニャ「知らん。飼い主が見つかったのはいいことじゃないか」

あぎり「……」

ソーニャ「じゃあ、帰る」

あぎり「はい」

ソーニャ「……」スタスタ


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:02:40.76 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「……」

ソーニャ「この犬小屋無駄になったな」

ソーニャ「解体するか」

ソーニャ「よっと」グッ

ソーニャ「……」

ソーニャ「いいか。明日でもできるし」

ソーニャ「風呂にはいって寝るとしよう」

ソーニャ「あーあ……このドッグフードと水……どうしたらいいんだよ……」

ソーニャ「……」

ソーニャ「非常食でいいか」

ソーニャ「さ、風呂だ風呂ー」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:06:21.98 ID:mgG2diBk0

翌日 学校

ソーニャ「……」

やすな「おっはよ!!ソーニャちゃん!!」ポンッ

ソーニャ「ん?ああ。おはよ」

やすな(あれ?肩に手を置いたのにサブミッションを極めてこない……)

やすな(これはチャーンス)

ソーニャ「ふぅ……」

やすな「ソーニャちゃん、肩がこってますねー、おもみしますねー」モミモミ

ソーニャ「……」

やすな「すきあr―――」

ボキッ

やすな「わっちゃぁぁ!!??!!」

ソーニャ「……」

やすな「うぅ……まさか……アンニュイになって私を油断させる作戦だったのね……」

ソーニャ「ちがう……」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:11:09.24 ID:mgG2diBk0

やすな「そーだ!!ソーニャ2号の飼い主さん、ソーニャちゃんにお礼したいって言ってたよ!!」

ソーニャ「そうか」

やすな「帰り一緒にいこうよぉ」

ソーニャ「いかない」

やすな「どうして?」

ソーニャ「それは……」

ソーニャ(通報されるからとはいえない……)

やすな「いこうよぉ!!ねえねえ!!」

ソーニャ「やめろ」

やすな「ソーニャちゃぁぁん」ギュゥゥ

ソーニャ「うざい」

やすな「ソーニャ2号の産みの親のくせにー、はずかしくないのかぁー」

ソーニャ「……ふん!!」ドゴォ

やすな「ぼごぉ!?」

ソーニャ「いかない。絶対にいかない」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:14:59.09 ID:mgG2diBk0

放課後 通学路

やすな「ここだよ」

ソーニャ「……」スタスタ

やすな「ソーニャちゃん!!待って!!会うだけでいいからぁ!!」

ソーニャ「やめろ」

やすな「とう!!」ピンポーン

ソーニャ「あ、バカ!?」

やすな「逃げないで!!」ギュッ

ソーニャ「あのなぁ!!」

やすな「……出てこないね」

ソーニャ「る、留守なんだろ。もういい、帰る」

やすな「あーん!!ソーニャちゃーん!!」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:19:03.84 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「全く……」

「ちょっと、どうしたの?いくわよ」ググッ

犬「ワンワン!!」

ソーニャ「あ……」

「こんなところで座り込まないの」

犬「ワンワンワン!!!!」

「よっと」ギュッ

ソーニャ「……」

犬「ワンワン!!」

ソーニャ「……ばいばい」

「ほんとにどうしたの?」ナデナデ

犬「クーン……クーン……」

ソーニャ「……」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:23:47.55 ID:mgG2diBk0

翌日 放課後

ソーニャ「ん?」

犬「クーン……」

「またこの家の前で座り込んで……」

ソーニャ「……」

「よいしょ」ギュッ

犬「ワンワン」

「前の飼い主さんの家なのかしら……?」

ソーニャ「……」

ソーニャ「犬に自宅を知られるなんてな」

ソーニャ「これだから、犬は嫌いだ……」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:30:51.46 ID:mgG2diBk0

翌日 学校

やすな「雨、やまないねー」

ソーニャ「そうだな」

やすな「ソーニャ2号、元気かなぁー?」

ソーニャ「どうでもいいだろ」

やすな「よくはないよ」

ソーニャ「……」

やすな「会いたくないの?」

ソーニャ「会えない」

やすな「え?」

ソーニャ「私はもう……会えない」

やすな「どういうこと?」

ソーニャ「……」

やすな「ソーニャちゃん?」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:35:39.47 ID:mgG2diBk0

放課後 通学路

ソーニャ「雨が鬱陶しいな……」

犬「クーン……」

ソーニャ「また……ん?」

「……」ピンポーン

犬「……」

「留守……なのかしら?」

ソーニャ「……」

「ん?」

ソーニャ「あ、やばっ?!」

「あ、あなた……!!」

犬「ワンワン!!!」タタタッ

ソーニャ「え?!」

「あ」


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:45:46.94 ID:mgG2diBk0

犬「ワンワン」ペロペロ

ソーニャ「あ、こら、やめろ!!服が汚れる!!」

「……」

ソーニャ「あ……えと……」

「貴女が……元の飼い主さんだったの?」

ソーニャ「いや、その……ただ一晩、家に置いただけで」

「そうですか」

ソーニャ「……そ、それじゃあ」

「あの」

ソーニャ「……?」

「いつでも。きてください。ソーニャ」

ソーニャ「……え?」

「それでは」

犬「ワンワン!!」

ソーニャ「……」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 01:52:21.55 ID:mgG2diBk0

翌日 通学路

やすな「どうしたの?急にソーニャ2号に会いにいくーなんて」

ソーニャ「なんとなとくだ。いくぞ」

やすな「う、うん」

ピンポーン

「はーい?」

やすな「どうも」

ソーニャ「……」

「待っていました。どうぞ」

犬「ワンワンワン!!!」

やすな「わーい!!ソーニャ2号ー!!!」

ソーニャ「よしよし」

犬「わんわん!!」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 02:06:00.37 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「……」ナデナデ

犬「クーン」

「あの、ソーニャ……さん?」

ソーニャ「は、はい」

「その子、飼いますか?」

やすな「え!?」

ソーニャ「いや、でも……」

「やっぱりその子もソーニャさんと一緒にいたいみたいですし、ソーニャさんも……」

ソーニャ「……」

「私からその子を奪ったとき、本当に鬼気迫るような……感じでしたし」

やすな「ソーニャちゃんが奪った……!?」

「それであの……よければ……」

ソーニャ「……」

犬「ワンワン!!」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 02:28:20.42 ID:mgG2diBk0

ソーニャ「ふざけるな!!」

「!?」

やすな「ソーニャちゃん!?」

ソーニャ「自分で引き取ったんだろ!!なら、最後まで面倒みろ!!私は……あのとき、ただ勘違いしただけだ」

ソーニャ「ナイフをむけたことは謝る。すまん」

「……」

ソーニャ「でも、コイツはあんたが責任をもって育てて欲しい」

やすな「ソーニャちゃん……いいの?」

ソーニャ「……それだけだ」

「わかりました。では責任をもって育てます」

ソーニャ「お願いします」

ソーニャ「……あと、昨日、散歩に出たか?」

「いえ、昨日は大雨だったので」

ソーニャ「犬、少しの間だけいなくなってなかったか?」

「ええ、そうなんですよ。でも、10分もしたらひょっこり顔をだしましたけど」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 02:38:28.66 ID:mgG2diBk0

やすな「よかったの?ねえねえ」

ソーニャ「もういいよ」

やすな「だけど……」

ソーニャ「いいんだ」

あぎり「あら~なにしてるんですか~?」

やすな「あぎりさん!!」

ソーニャ「あぎり、昨日のお前だろ?」

あぎり「なんのことでしょ~?」

ソーニャ「ふんっ」スタスタ

あぎり「ソーニャ、気軽に来てもいいっていってましたよ~?」

ソーニャ「……そうか」

やすな「ソーニャちゃん!!まってよー!!」

ソーニャ「……」スタスタ


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 02:46:33.79 ID:mgG2diBk0

イヌ「ワン!!!」

やすな「あ、おっきい犬だよ。ソーニャちゃん」

ソーニャ「そうだな」

イヌ「……」

ソーニャ「……」スタスタ

やすな「あれ?怖くないの?」

ソーニャ「もう犬にはなれた」

やすな「すごい……弱点を克服しちゃった……!!」

イヌ「……」

ソーニャ「ま、犬ごときたいしたことないな」

イヌ「ウゥゥ……」

ソーニャ「少し撫でてやるか」スッ

イヌ「ガゥッ」ガブッ

ソーニャ「……」

やすな「……」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 02:52:39.26 ID:mgG2diBk0

翌日 学校

やすな「おっはよー!!ソーニャちゃーん!!」

ソーニャ「おう」

やすな「手、大丈夫?」

ソーニャ「まぁな」

やすな「ねね。ソーニャ2号に会いに行く?」

ソーニャ「……そうだな」

やすな「やったぁ」

ソーニャ「……でも……」

やすな「なに?」

ソーニャ「……私、2号以外、犬は好きになれそうにない」

やすな「ソーニャちゃん……また犬が苦手になったの?」

ソーニャ「違う。大嫌いになった」

やすな「ソーニャちゃん……可愛そう……」グスッ

ソーニャ「犬は飼えそうにないなぁ……」
                                 おわり。


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 03:09:18.72 ID:OA+fmGav0

乙!
切ないな


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/15(木) 03:18:48.91 ID:iRLZK3Kf0

これはキルミーというより、いいワンコスレ
乙!



『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿