TOP > アイドルマスター > 亜美「イメージカラ―は!」真美「シグナルイエロー!」

亜美「イメージカラ―は!」真美「シグナルイエロー!」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:13:07.48 ID:P0buItSX0

P「亜美、結婚してくれ!」

亜美「駄目」

P「ぐっ……じゃあ真美!結婚してくれ!」

真美「無理」

P「取りつく島もない!?」

亜美「まあ、取りついてもいいけど……」

真美「その時は警察にお取り次ぎするよ?」

P「やめてください」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:13:44.96 ID:P0buItSX0

亜美「それにしても、いきなり何を言いだすかと思えば……」

真美「『結婚してくれ』だもんね……明らかに犯罪だよ……」

P「いやいや、真美は合法とか言うじゃん?」

真美「言わないし、それに亜美にも声掛けてたじゃん」

P「声掛け事案みたいな表現はやめろ」

亜美「アイドルとプロデューサーの関係じゃなかったらモロ事案だけどね」

P「何でだよ!道を訊きたいだけかもしれないだろ!」

真美「まあ、道には迷ってるよね」

亜美「人生という名のね」

P「お前らちょくちょく酷くないか?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:14:30.04 ID:P0buItSX0

P「でも実際、亜美と真美は合法でいいと思うんだよ」

亜美「その発想がもう違法だよ」

真美「だよね……参考までに訊くけど、どこら辺が合法なの?」

P「まずは身長だな!」

亜美「身長?」

P「そう、身長だ!なにせ完全に合法の律子よりも高い!これなら合法でも問題ないだろう!」

真美「暴論だ……」

P「いいんだよ。暴論でもお前達といちゃいちゃできたら本望だ」

亜美「亜美は絶望だよ……」

真美「じゃあ真美は失望しとくね」

P「じゃあって何!?俺ってそこまで嫌われてるの!?」

真美「社会の嫌われ者だと思うよ」

亜美「亜美もそれに一票入れとく」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:15:51.33 ID:P0buItSX0

P「それなら胸はどうだ!」

亜美「いきなり胸の話とか……千早お姉ちゃんに怒られるよ?」

真美「そもそもデリカシーなさ過ぎるような……」

P「公式に発表してるんだし今更だろう?まあ、話を元に戻すとだな」

真美(そういうところがデリカシーないって言ってるんだけどなぁ……)

P「真は75㎝、対するお前達は78cmだったな」

P「真は17歳なので、それより大きいお前達は18歳以上という事になる」

亜美「……ごめん、どんな計算したらそうなるの?」

P「そうだなぁ……まず、最低バストを70㎝とするだろ?」

P「あ、これは千早に配慮してるんだ。これなら胸があるって事になるしな」

真美「いや、配慮の方向が間違ってるよ。確実に明後日だよ」

P「千早の明後日に配慮するとか言うと、永遠に胸が大きくならないみたいだな」

亜美(殺されても文句言えないよこれ……)

P「それはさておき……それぞれ膨らみが15㎝と18㎝になるじゃん?」

亜美「まあ、なるけど……」

P「で、それを比率で考えると……ああ、紙で説明した方がいいな」

P「つまり、こういう事だ」

――――――――――――――――――――――――――――――

亜美と真美の膨らみ-真の膨らみ
―――――――――――――――×100(%)
     真の膨らみ

より、それぞれ18㎝と15㎝を代入すると

18-15
―――×100=20(%)
 15 

20%はつまり0.2である。
真は17歳なので

17×0.2=3.4

これを真の年齢に上乗せして

17+3.4=20.3(歳)

よって、亜美と真美は合法。

――――――――――――――――――――――――――――――


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:16:21.18 ID:P0buItSX0

P「な?」

真美「『な?』じゃないよ!突っ込みどころしかないよこれ!」

亜美「難しい事やってるように見えて、実際は単なるバカだよね」

P「これでも納得しないのか……」

真美「そもそも、まこちんの年齢にプラスするところから意味分かんないよ!」

真美「そこは真美達の年齢に足すんじゃないの!?」

亜美「あ、それは亜美も思ったよ」

P「だって……そうしないと違法の域を出ないんだもの……」

亜美(この人アホだ……)

真美(しかもアホな上に変態だよ……救いようがないよ……)


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:17:24.28 ID:P0buItSX0

P「じゃあ、これならどうだ?」

亜美「これって?」

P「アダルトゲームには、ヒロインが18歳以上じゃないと駄目だという決まりがあるんだけどな」

P「某アダルトゲームは、明らかに9歳ぐらいにしか見えないヒロインを生み出したんだ」

真美「駄目じゃん」

P「まあ、話を最後まで聞いてくれ。それでも設定では18歳以上になっているので、プレイヤーが出した結論は――」

P「『ああ!9+9=18ね!』という事なんだ」

亜美「バカじゃないの……」

真美「二人を足して26歳とか言うつもりだったんだ……バカじゃないの?」

P「そんなにバカバカ言ってくれるなよ……傷付くじゃないか」

真美「逮捕されたら経歴に傷が付くんだよ?」

P「そんなヘマはしないさ!」

亜美「実行はするんだ……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:18:00.18 ID:P0buItSX0

真美「でもまあ、これもアウトだよね。そもそも何で足す事がOKなのか説明して欲しいよ」

P「それはアレだ。俺が結婚したいから――」

亜美「却下」

P「分かってた……分かってたけど、せめて最後まで言わせて……」

真美「実りのない話は打ち切るに限る……」

P「真美がリアリストに!?」

亜美「――って、ピヨちゃんが言ってた」

P「まさかのお見合い話!?」

真美「あ、お見合いとは一言も言ってないのにな~。ピヨちゃんに言っちゃお」

P「ごめんなさい!それだけは――」

亜美「ま、お見合いなんだけど」

P「結局お見合いなのかよ!小鳥さん頑張れ!超頑張れ!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:18:33.70 ID:P0buItSX0

P「冗談はさておき、さっきの理論が通用しないとなると……」

亜美「いやいや……他の理論が通用するみたいな言い方はやめようよ」

真美「そーだよ。どうせ違法には変わりないんだしさ」

P「いーや!俺は諦めんぞ!」

亜美「諦めようよ」

P「そういえば、小鳥さんで思い出したんだが……」

真美「嫌な予感しかしない……」

P「例えば、小鳥さんと亜美――もしくは、小鳥さんと真美を一緒に娶ったらどうなる?」

亜美「逮捕」

P「いや、それ以外でお願いします……」

真美「拘留」

P「できればそれも抜きで……」

亜美「じゃあ……射殺?」

P「そこまでしなくてもよくね!?」

真美「平和な社会を守る為に必要な犠牲なんだよ……仕方ないんだよ……」

P「人の犠牲の上に立つ平和など――」

亜美「あ、兄ちゃんは人でなしだから」

P「亜美ちゃん酷い……」

真美「兄ちゃんキモい……」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:19:24.16 ID:P0buItSX0

亜美「話が先に進まないから訊くけど、結局何が言いたいの?」

P「つまり、小鳥さん+亜美or真美÷2=21という事だ。これはXが最大の場合だけど」

P「仮にXを最小で考えたとしても、18歳以上になるんだ」

P「その根拠はこれだ」

――――――――――――――――――――――――――――――

小鳥さんの年齢を可能な限り低く見積もった場合。

あずささん(21)よりも年上である。よって、22歳以上である。

そして、俺よりも年上である。また、俺はあずささんよりも年上である。

ここで、俺の年齢を22歳とした場合、Xの最小値は3となる。

つまり、小鳥さんの最低年齢は23歳。そこに亜美か真美の年齢を足すと

23+13÷2=18となり、18歳以上で合法となる。

――――――――――――――――――――――――――――――

P「どうだ?」

真美「いやいやいや!さっき『足すな』って言ったよね!?」

P「ごめんなさい!」

亜美「というか、割ればいいとも言ってないよね?」

P「すみません!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:19:56.06 ID:P0buItSX0

真美「そもそも、人を抱き合わせみたいに考えるのが気に入らない」

P「面目次第もございません……」

亜美「ピヨちゃんを抱き合わせにするなんて酷いよ……」

P「それは言ってないよね!?冤罪だよね!?」

真美「まあ、冤罪も成立すれば立派な罪って事で……」

P「社会的に殺される!?」

亜美「もう死にかけてると思うけど」

真美「首の皮一枚で繋がってる感じだよね」

亜美「面の皮は厚いのにね」

P「亜美ちゃん辛辣すぎじゃない?」

亜美「全然?」

真美「最近の中学生ってこんなもんだよ」

P「嫌な中学生だな……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:20:24.35 ID:P0buItSX0

P「っていうか、お前達いつも『セクシーでしょ?』とか訊いてくるじゃないか」

P「これはつまり、大人として捉えてもいいって事じゃないのか?」

亜美「あー……それはね、兄ちゃん」

真美「(中学生にしては)セクシーでしょ?って事なんだよ?分かる?」

P「日本独特の察しの文化!?」

亜美「言わなくても伝わるって事だね」

真美「感動だね?」

P「何が感動だよ!伝わる訳ないだろ!」

亜美「あ、兄ちゃんが捕まったら実家に伝わるからね」

真美「勘当だね?」

P「洒落なのに洒落になってない!」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:20:52.24 ID:P0buItSX0

真美「まあ、そんな洒落にならない事態を避ける為に……」

亜美「兄ちゃん、亜美達のイメージカラーは知ってるよね?」

P「イメージカラ―って……黄色だろう?それがどうかしたのか?」

真美「あのね……黄色が意味するのはね――」

亜美「進むか止まるか迷ったら、とりあえず止まっておく」

真美「それが大人の判断ってヤツだよ、兄ちゃん」

P「チクショオオオォォォ!」


――END――


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:25:12.84 ID:P0buItSX0

以上で完結となります。楽しんで頂けましたら幸いです。

本命の書き溜めが進まないので息抜きに書きました。
なので短いです。それでも読んで頂けたのなら感謝を。

信号を見て、黄色になったら止まりましょう。
無理して進んだら死にます。社会的に。

あと、私はロリコンではありません。

はじめてのおるすばん


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:21:22.82 ID:qfPiNG/DO

こんな計算してるSSどっかでみたな


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/24(土) 01:36:16.80 ID:P0buItSX0

>>13
千早「私、ロリコンかもしれないわ」だとしたら、それは私です。



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿