TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「千咲ちゃん、ネットゲームにハマる」

ガヴリール「千咲ちゃん、ネットゲームにハマる」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:21:39.033 ID:IbffcjmS0.net

-ガヴリールの家-


タプリス「天真先輩、またゲームばかりして……たまには、外にでも出かけましょうよ」

ガヴリール「断る」

タプリス「もう、何時間やってるんですか」

ガヴリール「昨日の夜から始めたから、十二時間くらいか」

タプリス「えぇっ!? 一睡もしてないんですか!?」

タプリス「そんなんじゃ、体壊しちゃいますよ……」

ガヴリール「大丈夫だって。この後、寝るから」

タプリス「それじゃあ、休日終わっちゃうじゃないですか」

ガヴリール「休日なんだから、何をやってもいいだろ」

タプリス「それは、そうですけど……」

タプリス「睡眠時間を削るほど、面白いものなんです?」

ガヴリール「お前も興味が出てきたか?」

タプリス「興味といいますか、どうして先輩がそこまで熱中できるのかが知りたいです」

ガヴリール「この気持ちをたった一言では、とても言い表せないな」

ガヴリール「実際にプレイした人にしか、わからんよ」


タプリス(先輩を更生させるには、まずゲームをやめさせないと、話になりません)

タプリス(ですが、やめさせるにしたって、ただ飽きるのを待つだけでは)

タプリス(いつまで、時間がかかるかわかりませんし)

タプリス(どうして続けてしまうのか、を知らないと対策の打ちようがありませんね)

タプリス(……ここは、わたしも一度)

タプリス(体験してゲームのことを理解するのが、得策でしょうか)


タプリス「先輩。わたし、ネットゲームというものを、一度やってみたいんですけど」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:23:18.465 ID:IbffcjmS0.net

-数日後 インターネットカフェ パーティルーム-


ガヴリール「ここならPCも5台あるし、好きなだけ騒いでいいから、ちょうど良いだろ」

タプリス「すみません、今日はわたしの我儘にお付き合い、いただいて……」

ヴィーネ「いいのよ、タプちゃん。私もネットゲームがどんなものか」

ヴィーネ「少しだけ興味があったし」

ラフィエル「ネットゲームはやったことはありませんが」

ラフィエル「みなさんで一緒にわいわい遊べるのは、良いですね」

サターニャ「ふんっ、このサタニキア様が付き合ってあげるんだから、感謝しなさい」

サターニャ「やるからにはもちろん、私がNo1だけどね」

ガヴリール「今日やるのは、そういうゲームじゃねーよ」

ガヴリール「今、私がやってるのとは違うけど」

ガヴリール「初心者向けで操作が簡単な、MMORPGだ」

ガヴリール「大規模多人数同時参加型オンラインRPG、ともいう」

ガヴリール「簡単に言うと、一つの世界の中を、みんなで一緒に冒険する、ゲームだな」

ヴィーネ「へぇ、ゲームの中に、たくさんのプレイヤーがいるのね」


ガヴリール「とりあえずはゲーム起動して、どの職業にするかまで決めないとな」

タプリス「て、天真先輩」

ガヴリール「なんだ」

タプリス「き、起動ってどうやるんですか」

ガヴリール「まぁ、だいたい予想してたけど。起動は、こうやってだな……」

サターニャ「ガヴリール! 街から外に出たら、いきなり敵にやられたんだけど!」

ガヴリール「お前は少し、みんなを待ってろ……」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:24:48.170 ID:IbffcjmS0.net

ラフィエル「ガヴちゃん、私はアーチャーをやってみようと思うのですが」

ラフィエル「初期のステータスは、どのように振ったほうが良いでしょうか」

ガヴリール「アーチャーなら、最初は器用さを全振りでOK」

ラフィエル「わかりました」

ヴィーネ「ガヴ、ソードマンは?」

ガヴリール「ソードマンは、少しだけ器用さを振った後、力を上げていくと良い」

ヴィーネ「わ、わかったわ」

タプリス「天真先輩、マジシャンは……」

ガヴリール「マジシャンは、知力全振りだ。何があっても、全振りだ」

タプリス「りょ、了解です」

ガヴリール「サターニャは……、キャラメイクは完了してたよな」

ガヴリール「職業は何にしたんだ?」

サターニャ「私は、アサシンを目指すわ。このかっこよさ、私にピッタリよ!」

ガヴリール「ということはシーフだな。ステータスはちゃんと振ったか?」

サターニャ「当たり前じゃない。力に全て振ったわ!」

ガヴリール「お前なぁ……、シーフが攻撃を回避できないと、後々、困るぞ……」

ガヴリール「頼むから、レベル上がったら敏捷を上げてくれな」

サターニャ「攻撃される前に倒せばいいじゃない」

ガヴリール「できるならな。まぁ、いいや。好きなようにやってみろ」

ガヴリール「失敗から学ぶこともあるしな」


ガヴリール「というか、回復役が一人もいないな。私がやろう」

タプリス「す、すみません、お手数おかけしてしまって」

ガヴリール「気にするな、本業だし」

ガヴリール「それよりお前は、人のことより、操作を覚えるのに集中してくれ」

タプリス「わ、わかりました」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:26:17.662 ID:IbffcjmS0.net

-ゲーム内 最初の街 武器屋-


サターニャ『別に装備なんて、いらないでしょ』

ガヴリール『いきなり外に行って、敵にやられたお前が言うか』

ガヴリール『ここで自分が装備できる武器で、一番安いものを買ってくれ』

ラフィエル『一番安い、といっても、今の所持金だとぎりぎりですね』

ラフィエル『他の装備は買わなくて良いんですか?』

ガヴリール『もちろん近距離で敵と戦う職業には、防具も重要だけど』

ガヴリール『まずは何と言っても、武器だ。敵を倒せないと意味がない』

ラフィエル『なるほど……』

タプリス『天真先輩! 買えました! この杖ですよね』

ガヴリール『おい馬鹿。それはプリースト用の杖だ。お前は、装備できないぞ』

タプリス『えぇっ!? そんな……』

ガヴリール『私がマジシャン用の杖を買うから、交換な』

タプリス『は、はい。すみません……』


ガヴリール『これで全員、買ったな? あと買ったものは装備しないと意味ないからな』

ガヴリール『あ、そういえば、ヴィーネは何を買ったんだ』

ガヴリール『ソードマンは装備できる武器が多いけど』

ヴィーネ『私は槍を買ったわ。やっぱり、普段使い慣れてるから』

ガヴリール『槍か……、まぁいいか』

ヴィーネ『えっ、もしかして、まずかった?』

ガヴリール『いや、大丈夫だろ。たぶん』

ヴィーネ『そう? 本当に?』

ガヴリール『……お金貯まったら、片手剣にした方がいいかもな』

ヴィーネ『やっぱり駄目なんじゃない、もう!』


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:27:47.555 ID:IbffcjmS0.net

-ゲーム内 最初の街 近隣フィールド-


ガヴリール『ようやく準備が整ったところで、敵を倒しに行くぞ』

サターニャ『やっと私の実力を見せられる時が来たのね!』

タプリス『て、敵って、どこにいるんですか?』

ガヴリール『ほら、あそこにいるだろ。あの、ゼリー状の』

ヴィーネ『あの丸っこい、可愛いやつ?』

ガヴリール『そうだな』

タプリス『あ、あれを倒すんですか。なんか、可哀想です……』

ガヴリール『そんなこと言ってたら、いつまでたっても進まないぞ』


サターニャ『いくわよ! 先制攻撃!』

ゼリー状の魔物『ポッ』


ヒュンッ グシャ

ゼリー状の魔物『』


サターニャ『あれ、私、攻撃してないのに勝手に砕けたわ』

ラフィエル『あ、すみません。私の矢の攻撃で倒しちゃったみたいです』

サターニャ『ふんっ、まぁいいわ。次こそは……』


ヒュンッ グシャ

ゼリー状の魔物『』


サターニャ『え? また?』

ラフィエル『ごめんなさい~』


ヒュンッ グシャ

ヒュンッ グシャ


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:29:17.571 ID:IbffcjmS0.net

サターニャ『ちょっと! 私が攻撃する前に倒しちゃうの、やめなさいよ!』

ラフィエル『そ、そう言われましても……』

ガヴリール『私たち五人にしては、敵が弱すぎたみたいだな』

ガヴリール『次のMAPに行くぞ』

タプリス『動かすのに精一杯で、何もできませんでした……』



-ゲーム内 迷いの森-


サターニャ『なんだか冒険っぽくなってきたじゃない』

ガヴリール『迷子になるんじゃないぞ。特にタプリス』

タプリス『は、はい』

ヴィーネ『すごいわね。さっきのゼリー状の魔物がたくさんいるわ』

ラフィエル『いくつか色の種類があるみたいですね』

ガヴリール『ああ、赤とオレンジは、どうってことないけど』

ガヴリール『緑のやつは少し強いから、ちゃんと全員で一体ずつ確実に倒すぞ』

タプリス『わ、わかりました』


緑のゼリー状の魔物『ポポッ』


ヴィーネ『いたわ、緑の魔物!』

ガヴリール『よし、ヴィーネ、一発目を頼む』

ヴィーネ『わかった!』


ヒュンッ パシンッ

緑のゼリー状の魔物『!?』


ガヴリール『やばっ。ラフィエル、ヴィーネが叩く前に矢を撃ったな?』

ラフィエル『ごめんなさい、さっきの癖で』

ガヴリール『画面内で円を描くように、魔物から逃げろ! 決して近づくなよ!』

ラフィエル『わ、わかりました!』


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:30:47.852 ID:IbffcjmS0.net

ガヴリール『他の全員は、魔物に集中攻撃。タプリス、さっき教えた魔法の使い方』

ガヴリール『わかるな? ゆっくり、キーを押してクリックするんだ』

タプリス『はい、大丈夫です! いきます、ファイアーボルト!』


フィーン ドドドドドッ グシャ

緑のゼリー状の魔物『』


ガヴリール『よくやった、タプリス。うまいぞ』

タプリス『えへへ、やりました』

ガヴリール『あと、ラフィエルの逃げっぷりも上手かったな』

ラフィエル『必死に逃げていただけですが……』

ガヴリール『今みたいに、こっちが攻撃しないと襲ってこない敵は』

ガヴリール『基本的に、最初に攻撃した人を狙ってくるから』

ガヴリール『最初に攻撃するのは、耐久力のある近接職が好ましいんだ』

ヴィーネ『なるほど。それで、私が最初に攻撃したほうが良いのね』

ガヴリール『そういうこと。じゃあ、これをしばらく続けるぞ』


――

ガヴリール『結構、狩ったな。みんなの動きも良い感じだ』

ヴィーネ『ええ。でもなんか、楽勝って感じになってきたわね』

ガヴリール『そろそろ、狩場を変えてもいいかもな』

ラフィエル『あれ、そういえば、サターニャさんがどこにもいませんね』

ガヴリール『おいサターニャ、どこにいるんだ!』


サターニャ『ふふっ、私が大量に緑の魔物を連れてきてあげたわよ!』


ゴゴゴゴゴッ


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:32:21.227 ID:IbffcjmS0.net

天使のゼリー状の魔物『ジェリンッ』


ガヴリール『お、おい、よく見ろ! 真ん中に天使の羽根を付けた魔物がいるだろ!』

タプリス『ま、魔物にも天使がいるんですね……』

サターニャ『え? 何か違うの?』

ガヴリール『そいつはMAPに1体しかいない中ボスだ!』

ガヴリール『今の私たちでは、まだ勝てないから――』


ドガッ バキッ

サターニャ『ぎゃー! 一瞬でやられた!』


ガヴリール『やば、こっちくる!?』

ヴィーネ『私がみんなを守らなきゃ!』

ガヴリール『おい、ヴィーネよせ!』


ドガッ バキッ

ヴィーネ『ああっ! 私もやられたわ!』


タプリス『あわわわわ……』

ガヴリール『……こりゃ、諦めるしかないな』


ドガッ バキッ ドガッ バキッ ドガッ バキッ



-ゲーム内 最初の街


ヴィーネ『もう、サターニャがあんなの連れてくるから!』

サターニャ『なによ、楽勝とか言ってたから、刺激を与えてあげたんじゃない!』

タプリス『お、お二人ともケンカはしないで……』


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:33:52.676 ID:IbffcjmS0.net

サターニャ『はぁ、なんだかもう、飽きちゃったわ』

ヴィーネ『私も、ちょっとね……』

ラフィエル『そうですね。時間も結構、経ちましたし、そろそろ終わりにしませんか?』

ガヴリール『まぁ、合う合わないは、誰にだってあるからな』

ガヴリール『今回は終わりにしようか』

タプリス『は、はい……』



-その日の夕方 ガヴリールの家-


ガヴリール「やっぱり、ネットゲームの良さをわかってもらうのは、難しいな」

タプリス「……」

ガヴリール「タプリス?」

タプリス「わたしは……その、楽しかったです」

ガヴリール「本当に?」

タプリス「ええ、魔法使いになって、魔法で敵をやっつけるのって」

タプリス「昔から憧れていたこともあって」

ガヴリール「……そうか。そうかそうか!」

ガヴリール「いや、そういう人もいるぞ。魔法が大好きだから、ネットゲームをする人」

ガヴリール「お前が良かったら、もう少しだけ続けてみるか?」

タプリス「で、でも、わたし、パソコン持ってませんし」

ガヴリール「私のお古で良ければ、ノートPC貸してやるぞ」

ガヴリール「あのゲームなら、それでも十分動くからな」

タプリス「ほ、本当ですか?」

ガヴリール「ああ、気の済むまで、やってみるといい」

タプリス「あ、ありがとうございます!」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:35:20.964 ID:IbffcjmS0.net

-その日の晩 タプリスの家-


タプリス(ネットゲーム自体、楽しかったのもあるんですけど)

タプリス(ここでやめてしまったら、天真先輩がどうしてゲームを続けてしまうのか)

タプリス(という理由が、わからず終いになってしまいますからね)

タプリス(頑張って、もう少し続けてみましょう)


タプリス「えっと、起動の仕方は、っと……」



-ゲーム内 砂漠の街


タプリス(うぅ、天真先輩は別のゲームをやっていますから)

タプリス(無理に誘えませんし、ここは一人で慣れていくしかありませんね)

タプリス(一応、魔物を倒して手に入れたものを売って)

タプリス(少しはお金が手に入りましたけど……)

タプリス(そうだ、武器屋です。お金が貯まったら武器屋に行けって)

タプリス(天真先輩が言ってましたよね)

タプリス(この街の武器屋は……っと)


男シーフ『お嬢ちゃん、何かお探しかい』

タプリス(えっ!? わ、わたし、話しかけられちゃってます!?)

タプリス(急いで返事しないと!)

タプリス『えっと、武器屋を探してまして』

男シーフ『武器を買おうとしてるのか、そいつはちょうどよかった』

男シーフ『今、俺、すげえ強い武器持ってるんだけど、マジシャンにしか使えなくて』

男シーフ『よかったら、お嬢ちゃん、買わない?』

タプリス『本当ですか!? ぜひ買いたいです!』


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:36:48.331 ID:IbffcjmS0.net

男シーフ『ちなみに、お嬢ちゃん、お金いくら持ってるの?』

タプリス『えっと、1万ゴールドですけど』

男シーフ『チッ、まぁいいや。この武器、本当は10万ゴールド以上するんだけど』

男シーフ『特別に1万ゴールドで売ってあげるわ』

タプリス『す、すごいです! よろしいのですか?』

男シーフ『もちろん、じゃあ取引出すね』


女アサシン『ちょっと待って』

男シーフ『あぁっ!? なんだてめぇ』

女アサシン『その杖、大量に出回ってる安い杖だろ。相場は100ゴールドってところか』

女アサシン『それを初心者ひっ捕まえて、1万ゴールドで売ろうって』

女アサシン『どうかしてるんじゃないの?』

男シーフ『あんたには関係ないだろ! これは、俺とお嬢ちゃんの取引だ!』

男シーフ『なぁ、お嬢ちゃん。一度、買うって言ったんだから、買うよな?』

タプリス『えっと』

女アサシン『別に、どっちを信じようが、あなたの自由だけどね』

タプリス『ご、ごめんなさい。その杖、やっぱり買えないです』

男シーフ『ああ、そうかい。まぁ1万ゴールドなんて貰っても、しょうがないしな』

男シーフ『ったく、偽善者が』スタスタスタッ


タプリス『あ、あの、助けていただいて、ありがとうございました』

女アサシン『別にあなたを助けたつもりはないよ』

女アサシン『あの男の行いが許せなかっただけ』

タプリス『それでも、わたしはとても助かりましたから、お礼を言わせてください』

タプリス『本当に、ありがとうございました』


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:38:22.237 ID:IbffcjmS0.net

女アサシン『あなた、始めて何日目?』

タプリス『えっと、今日始めたばかりです』

女アサシン『このゲームにはね、ああいう、詐欺師をロールプレイしている奴が』

女アサシン『たくさんいるんだよ。だから安易に他人を、信じない方が良い』

タプリス『こ、今後は、気をつけたいと思います』

タプリス『それでは、わたしは武器屋に行きますので』

女アサシン『そう、それじゃあね』


タプリス(えっと……、武器屋は……)

タプリス『……』キョロキョロ


女アサシン『はぁ、見てられない』



-ゲーム内 魔法の街 武器屋-


タプリス『すみません、案内までしていただいて』

女アサシン『私もちょうど、用があったし。別にいいよ』

女アサシン『それよりほら、武器、買うんでしょ?』

タプリス『は、はい。あ、これかな、か、買えました!』

女アサシン『よかったわね』

タプリス『ありがとうございます!』


女アサシン『じゃあ、私はこれで』

タプリス『はい、お世話になりました!』

女アサシン『大体いつも、私は砂漠の街にいるから』

タプリス『えっ?』

女アサシン『何か困ったことがあったら、来なさい』


17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:39:56.376 ID:IbffcjmS0.net

タプリス(こうして、わたしはゲーム内で、少しぶっきらぼうですけど、お優しい)

タプリス(女アサシンさんこと、キャラクター名はリルさん、に出会いました)

タプリス(ゲームを進めていく中で、リルさんには何度も助言をもらい)

タプリス(時には、戦いに付いてきていただいて、直接教えてくれたりして)

タプリス(お世話になりっぱなしでした)

タプリス(こんな親切な方に出会えて、本当に良かったと思っています)



-数日後 ゲーム内 北の台地-


リル『敵に追われている時に、目の前にファイアーウォールを出して』

リル『敵の進行方向に移動すると、敵は火の壁に引っかかって何もできなくなるから』

リル『他の魔法で安全に倒すことができるの』

タプリス『なるほど、そういう使い方があるんですね』

タプリス『目の前にやってきた敵を、食い止めるだけかと思ってました』

リル『ここの赤い芋虫は動きが遅いから、その練習には、うってつけ』

リル『しばらく、ここに通うといいわ』

タプリス『リルさん、ありがとうございます!』

リル『私、今プリーストだし。ここで少し見てようかな』

リル『絶対タプリスは、最初やられるだろうし』

タプリス『ひ、ひどいです! わたしだって、これくらい』


赤芋虫『オペッ』


タプリス『来ました! ファイアーウォール!』


ドォンッ

タプリス『次に移動を……』


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:41:21.958 ID:IbffcjmS0.net

リル『移動が1マスずれてる。それじゃ敵は引っかからずに向かってくるわ』


赤芋虫『オペッ』

タプリス『えっ!?』

ガスッ ガスッガスッ


タプリス『』チーン


リル『リザレクションっと』

タプリス『うぅ、ありがとうございます。失敗してしまいました』

リル『まぁ、これに関しては、慣れるしかないわね』

タプリス『が、頑張ります!』



- 一週間後 ゲーム内 ウィザードギルド -


タプリス『こうして転職ができるのも、全てリルさんのおかげです!』

タプリス『ありがとうございました!』

リル『まぁ、その通りだけどね』

タプリス『そこは、あなたが頑張ったからよ、とか言ってほしかったですっ』

リル『そうねぇ。10%くらいは、あなたの頑張りのおかげ、かな』

タプリス『うぅ、ひどい』

リル『ほら、それよりも早く、転職してみせて』

タプリス『は、はい!』


パァァァァッ

タプリスは マジシャン から ウィザード に転職した!


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:42:50.720 ID:IbffcjmS0.net

タプリス『わわっ、これがウィザードの衣装』

タプリス『露出が減って、よかったぁ』

リル『かわいいわよ、とっても。馬子にも衣装って感じ』

タプリス『それ、褒めてませんよね』

リル『どうかしら。まぁ、おめでとう、タプリス』

タプリス『ありがとうございます、リルさん!』

リル『それじゃあ、はい、これ。転職祝い』

タプリス『これは、花の髪飾り?』

リル『あなた、まだ、頭に何も装備してないんだもの』

リル『これからは、少しくらい着飾ってもいいかもね』

タプリス『リルさん、嬉しい、本当に嬉しいです!』

タプリス『ずっと、大切にしますねっ!』

リル『まぁ、喜んでもらえたなら良かった』



-数日後 ガヴリールの家-


ガヴリール「そうか、結構続けてるんだな」

タプリス「はい、わたし、ウィザードに転職までしたんですよ!」

ガヴリール「へぇ、すごいな」

タプリス「と言っても、一人で転職できたわけじゃなくて」

タプリス「ゲーム内で親切にしてくださった方が、色々教えてくれたおかげで」

タプリス「転職できたんですけどね」

ガヴリール「ふーん、親切にしてくれる方、ね」

タプリス「はい、基本的にクールで格好良い印象なんですけど」

タプリス「知り合っていろいろお話すると、とても優しい方だったんです!」

ガヴリール「まぁ、MMORPGじゃ、人付き合いは大切だからな」

ガヴリール「よかったじゃないか」

タプリス「はいっ」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:44:21.378 ID:IbffcjmS0.net

タプリス(それからも、ゲーム内でリルさんとの交流は続き)

タプリス(わたしはウィザード、リルさんは、プリーストで)

タプリス(毎日一緒に狩りに行くようになっていました)

タプリス(リルさんの操作は本当に上手くて)

タプリス(下手なわたしは、何度も助けられながら、ではありましたが)

タプリス(二人で様々な場所を巡ることができたのは、すごく楽しかったです)


タプリス(そして、狩りが終わってから、寝るまでの少しの時間には)

タプリス(世間話や、学校で悩んでることとか、相談に乗ってもらったりもして)

タプリス(少しずつネットゲームの良さがわかりかけてきた、ある日のこと)

タプリス(それは、起こったんです)



-数ヶ月後 ゲーム内 砂漠の街-


タプリス(リルさん、今日はいるかな……、あ、いました!)

タプリス(でも、誰かとお話してるみたいですね)


女騎士『もうログインしないとか言ってたのに、最近は結構ログインしてるのね』

リル『まぁ、ね』

女騎士『それよりもさ、ギルドマスターから言われてた』

女騎士『ウィザードの補充の件は、どうなったの』

リル『あてはあるよ』


タプリス(えっ、ウィザード? 補充?)


女騎士『早くしてよ。ウィザードは、攻城戦の防衛で魔法撃つだけの道具なんだから』

女騎士『その辺の初心者でも、捕まえてさ』


タプリス(……!?)


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:45:52.281 ID:IbffcjmS0.net

リル『だから、準備はしてるって』

女騎士『そう、それならいいんだけど』

女騎士『くれぐれも、遅れないようにね』スタスタスタ



タプリス『あの、リルさん』

リル『タプリス? もしかして、今の聞いてた?』

タプリス『わたし、魔法撃つだけの道具だったんですか?』

タプリス『初めから、それが目的で、わたしに優しくしてくれたんですか?』

リル『……』

タプリス『リルさん、教えてください』

リル『そう、だと言ったら?』

タプリス(……ッ)

タプリス『信じてたのに』

タプリス『リルさんは、そんな人じゃないって、信じてたのに』

リル『私、初めに言ったよね。安易に人を信じない方が良いって』

タプリス『じゃあ、やっぱり』

リル『そうよ。私はそのために、あなたに近づいた』


タプリス(そんな……、そんなことって……)

タプリス『ごめんなさい、わたし、失礼します』


シュゥゥン



-タプリスの家-


タプリス「うっ……うぅ……」

タプリス「ひどいです……あんまりです、リルさん……」


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:47:38.068 ID:IbffcjmS0.net

タプリス(こうしてわたしは、信じていた人に裏切られるということを)

タプリス(ネットゲームで経験しました)


タプリス(その後は、ネットゲームを続けられなくなり)

タプリス(現実の生活でも、沈みがちな毎日を送っていましたが)

タプリス(周りの先輩たちのおかげで、なんとか元気を取り戻すことができました)


タプリス(そして、少し時間を置いてみて、改めて実感したんです)

タプリス(ネットゲームの中のキャラクターは、機械ではなく)

タプリス(生きた人間が動かしているのだと)

タプリス(そしてこれが、ネットゲームを続けてしまう理由なのだとも)



-数ヶ月後 ガヴリールの家-


ガヴリール「……」

タプリス「天真先輩は、すごいです」

ガヴリール「なにが?」

タプリス「ネットゲームを、続けることができて」

ガヴリール「……」

タプリス「わたしには、無理でしたから」

ガヴリール「……そうか、そうだな」

ガヴリール「きっとお前は、優しすぎたんだよ」

タプリス「……」


ガヴリール「そうだ……、お前がやってたゲームな」

ガヴリール「今週末で、サービス終了だってさ」

タプリス「えっ」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:48:48.191 ID:IbffcjmS0.net

-週末 タプリスの家-


タプリス(……サービス終了)

タプリス(もう、そのゲームをすることはできないって、天真先輩は言ってました)

タプリス(でも今更……)

タプリス(今更あの人と話して、どうするんです)

タプリス(きっとまた、傷つくだけじゃないですか)


タプリス(……でもやっぱり)

タプリス(会いたい、です。会って、お礼が言いたい、です)

タプリス(……ログインしましょう)



-ゲーム内 砂漠の街-


タプリス(すごい人の数です。最終日なので、みなさん、ログインしてるんですね)

タプリス(……果たして、あの人はいるでしょうか)

タプリス(いないって可能性もあるんですよね)

タプリス(……いないって思ったら、少しだけ安心してしまう自分が、情けないです)


タプリス(いつもの場所に着きました。あの人は……)

タプリス(……ッ)


リル『久しぶりだね』

タプリス『リルさん』


タプリス『今日はあなたに、お話があって来ました』

リル『そう。でも、ここは人が多いから、場所を変えようか』


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:50:17.727 ID:IbffcjmS0.net

-ゲーム内 砂漠の街 城の一室-


リル『ここ、良い場所でしょ。静かで誰も来ないし』

リル『私のお気に入りの場所、だったんだ』

タプリス『あなたに、お礼が言いたかったんです』

リル『お礼?』

タプリス『あなたがどんな理由でわたしに近づいたとしても』

タプリス『わたしには、やっぱりあなたと一緒に過ごした時間が』

タプリス『楽しかったんだって、わかったんです』

タプリス『だから、わたしにかけがえのない思い出をくれて』

タプリス『ありがとうございました』

タプリス『わたしをここまで育ててくれて、本当にありがとうございました』


タプリス『わたしが言いたいのは、それだけです』

リル『そっか。タプリスは、いい子だね』

リル『いい子すぎて、眩しすぎる』

タプリス『リルさん?』

リル『少しだけ、私の昔話に付き合ってもらってもいい?』

タプリス『は、はい』


リル『私もね、あなたと同じように』

リル『最初にこの世界を見た時は、本当に感動したの』

リル『このキャラたち一人ひとりの向こう側には、操作してる人がいるんだって』

リル『そこでたくさんの人と出会って、一緒にお喋りして』

リル『色んな人に助けてもらって』


リル『この世界の何もかもが、本当にキラキラしてて、すっごく楽しかった』


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:52:15.653 ID:IbffcjmS0.net

リル『そんな時だったかな、ギルドに入ったのは』

リル『そのギルドのマスターさんが本当に良い人でね』

リル『この人が作るギルドなら、素敵な場所になるだろうなって、ずっと思ってた』

リル『実際に、最初はそうだったんだけどね』


リル『でも、だんだんと時間が経って、人が多くなって、ギルド攻城戦も始まって』

リル『経験値効率だ、金銭効率だ。効率効率、ばっかり気にするようになって』

リル『あんなに良い人だったマスターも、人が変わってしまって』

リル『酷いノルマを押し付けられる毎日が、ずっと続いて』

リル『いつのまにか、疲れきってしまったんだ、精神的にね』

リル『時間って、怖いよね。すごく、怖い』

リル『だから、ギルドを抜けて、このゲームも、やめたの』

リル『心をすり減らしてまで、ゲームをしたくなかったから』


タプリス『そんな辛い思いをしたのに』

タプリス『どうしてまた、ここに戻ってきたんですか?』

リル『友達の付き添い。ネットゲーム初心者だっていうからさ』

リル『このゲームを薦めてあげたの。ひどいでしょ』

リル『自分が疲れ果ててしまったゲームを、友達に教えてあげたんだから』

リル『でも、このゲーム自体に罪はないし、良い出来なのは確かだからさ』

リル『友達なら、私とは違った楽しみ方をしてくれるかもって、期待もあったの』

タプリス『それで、そのお友達は、どうだったんですか?』


リル『やめちゃった』


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:54:18.281 ID:IbffcjmS0.net

リル『最初は楽しんでいたみたいだけど、何か辛いことが起きてしまったみたいで』

リル『そのままログインしなくなっちゃった』

リル『たぶん、合わなかったんじゃ、ないかな』

タプリス『そう、ですか』


タプリス『あとあなたは、またギルドに戻ったんですよね』

リル『戻ってないよ、ギルドには』

タプリス『それじゃあ、どうして、ウィザードの補充なんかを』

リル『一応あんなギルドマスターでも、昔お世話になった人だからね』

リル『なるべく、力を貸してあげたいと思っただけ』

リル『初めは、そう思ってた』

タプリス『初めは?』

リル『タプリスに色々教えて、一緒に狩りに行くうちにね』

リル『なんか、昔の自分を思い出したんだ』

リル『ゲームを始めた頃の、みんなに助けてもらって嬉しかった、っていう』

リル『気持ちを、思い出したんだ』

リル『それで、タプリスと遊んでいれば、あの頃の自分に戻れるかなって』

リル『いつのまにか、私、期待してたのかも』


リル『だから、今更、信じてもらえないかもしれないけど』

リル『私はあなたを、タプリスのことを道具だなんて思ったことはないし』

リル『ギルドに売り飛ばすようなことも、するつもりはなかった』

タプリス『それじゃあ、どうして』

タプリス『あの時、そう言ってくれなかったんですか』


リル『怖かったのかもしれない。あなたが、私と同じ道を歩んでしまうことが』

リル『それならあの時に、やめてしまった方が、あなたのためになると思ったの』


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/31(水) 23:57:38.653 ID:IbffcjmS0.net

タプリス『そんなの、リルさんの都合の良い解釈ですよ』

リル『そうだね、そう思う。自分の考えを、あなたに押し付けてただけ』

タプリス『あの時、もっとちゃんと話しておけばよかったです』

タプリス『そうしたら、わたし。もっともっと楽しい思い出を作れたはずなのに』

タプリス『どうしてこう、なっちゃったんでしょうね』

リル『私が、もっと素直になっていれば、よかったのかな』

タプリス『そうですよ、きっとそうです』

リル『そうやって、タプリスに言われちゃうのは、なんか悔しいかも』

タプリス『なんですか、それ。ひどいです、もう……』

リル『やっぱり、このやりとりが、懐かしくて、心地いい』

タプリス『今日ログインして、本当に良かったです』

リル『私も』

タプリス『最後の時まで、一緒にいても、いいですか?』

リル『いいよ。いて』


リル『あともう、1分切っちゃった』

タプリス『リルさん』

リル『なに?』

タプリス『わたしと出会ってくれて、ありがとうございました』

タプリス『あなたにもらった髪飾りは、消えてしまうけど』

タプリス『ここでの思い出は、わたし、一生忘れません』

リル『タプリス』

タプリス『はい?』

リル『それは重すぎ』

タプリス『もう、わたし真剣に言ってるのに!』


リル『大丈夫だよ、タプリス』

リル『きっと、また会える』

タプリス『はい、リルさん』


[サーバーとの接続が切断されました]


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 00:00:10.575 ID:o8JoYKYu0.net

-数週間後 ガヴリールの家-


タプリス「天真先輩、そんなに長時間連続でゲームしたらダメです」

タプリス「ちゃんと睡眠をとって、ごはんを食べて、ゲームしてください」

ガヴリール「なんかお前、叱り方が変わったな」

タプリス「えっ? そうですか?」

ガヴリール「前なら、頭ごなしにゲームするなーって、言ってたのに」

タプリス「それはその……、わたしだって学んだんです」

タプリス「ネットゲームだって、悪いことばかりではないってこと」

ガヴリール「そうかそうか。じゃあ、お前にゲームをやらせたのは」

ガヴリール「無駄ではなかったってことだな」


タプリス「ま、まぁ、そうですね。素敵な出会いもありましたし?」

ガヴリール「へぇ、素敵な出会いねぇ。その人のこと、好きだったの?」

タプリス「す、好きとかそういうのじゃありません!」

タプリス「ただ、普段は強そうに見えるのに」

タプリス「時折見せる内面の弱さのギャップが素敵というか……」

ガヴリール「やっぱり好きなんじゃん」

タプリス「ち、違いますってば!」


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 00:01:55.950 ID:o8JoYKYu0.net

ガヴリール「あ、そういえば、タプリス」

タプリス「はい?」

ガヴリール「あのゲームな、続編が始まったぞ」

タプリス「ほ、本当ですか!?」

ガヴリール「お前に貸したノートPCでも、たぶんできると思うけど」

タプリス「どんな感じなんです?」

ガヴリール「私、一回ログインしたから、ゲーム画面見せてやるよ」


――

ガヴリール「こんな感じだ」

タプリス「へぇ、なんか雰囲気は、あのゲームと似てますね」

ガヴリール「だろ? でも、結構、中身は変わっててだな……」

タプリス「って、ちょっと待ってください、先輩。そのキャラクター名……」

ガヴリール「ん? あ、やばっ、アカウント間違え――」

タプリス「……リル?」

ガヴリール「ああ、このアカウントはだな。えっと……違くて」

タプリス「……もしかして、わたしを騙してたんですか?」

ガヴリール「え、えっと、ほら、あれだ。ロールプレイ! お姉さん風の!」

ガヴリール「私の内面の弱さが出ちゃったかなー、なんちゃって」

タプリス「……ッ」


ぎゅぅ

ガヴリール「タ、タプリス?」


37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 00:06:01.824 ID:o8JoYKYu0.net

ぎゅぅぅぅぅぅ


ガヴリール「ぐええええええっ!」

タプリス「バカ! 先輩のバカバカバカ! 大バカ!」

タプリス「どういうつもりですか! 何がしたかったんですか!」

タプリス「やめちゃった友達って、わたしのことだったんですか!?」

ガヴリール「落ち着け、落ち着けって!」


タプリス「……ぐすっ、理由を、聞かせてください」

ガヴリール「……」

タプリス「先輩、お願いです」

ガヴリール「……お前のことが、危なっかしくて心配だったんだよ」

タプリス「えっ」

ガヴリール「あとは自分の趣味に、興味を持ってもらえたことが、嬉しくてさ」

ガヴリール「それで手伝いたかったんだけど、なんか少し照れくさかったというか」

ガヴリール「だから、正体は隠してた。ごめん」

ガヴリール「でも、あの最後の時、お前に話したことは、私の本心だったから」

タプリス「先輩……」

ガヴリール「許してくれないか?」


タプリス「……しょうがないですね」

タプリス「正直に話してくれたので、許してあげます」

タプリス「その代わり……」

ガヴリール「その代わり?」



タプリス「わたしと、このゲーム、一緒にやってくださいね!」



おしまい


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 00:10:27.890 ID:o8JoYKYu0.net

タプリスは天使のわけまえ
次回は日曜日


41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/01(木) 00:15:07.669 ID:KNIf2nCt0.net

やっぱリルさんだったか……

MORPGは人間関係が難しくて俺には無理かも乙



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿