TOP > 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる > 真涼「パンツが欲しいですって?この変態!」鋭太「おい」

真涼「パンツが欲しいですって?この変態!」鋭太「おい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 20:46:12.10 ID:z0EPG/Zj0

真涼「最近の私たちは恋愛脳に侵されかけているわ…」

鋭太「そうか」

真涼「そこで私は宣言するわ!」

鋭太「!?」

真涼「絶対に今日は恋愛脳的な事はやらないわ!」

鋭太「…絶対だな?絶対だよな?」

真涼「ええ。絶対よ約束するわ」

鋭太「…そうか」

真涼「ええ、もう私を止めても遅いわよ。私の決意はダイヤモンドより硬いわ」

鋭太「ところで、一つだけ聞いていいか?」

真涼「なにかしら?」


鋭太「何で俺のパンツをかぶってるんだよおおおぉぉぉぉ!!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 20:49:09.64 ID:z0EPG/Zj0

真涼「お、落ちついて…ちゃんとわけがあるのよ」

鋭太「わかった聞いてやるよ。話してみろ」



■今朝~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

真涼「もにょ…もにょ…」

真涼「もにょ!?」

真涼「もにょもにょもにょもにょもにょもにょもにょ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


真涼「ということがあったのよ」

鋭太「わかんねーよ!!!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 20:54:00.56 ID:z0EPG/Zj0

鋭太「もしかしてもにょもにょしたいから、俺の家に来てみたら留守…」

鋭太「それで合鍵で家に入って、俺の部屋の部屋に侵入してみた…」

鋭太「すると脱ぎ捨てたパンツがあったから、とりあえずかぶってみたとかいう話なのか!?」


真涼「違うわ。くんかくんか…堪能してから、かぶったのよ。そんな事もわからないの?使えない男ね」

鋭太「想像以上に最悪だったーーーー!!」」



真涼「そんな事より…」

鋭太「いや、全然そんな事じゃないんだが」

真涼「朝からどこに行っていたの?布団の温もり的に、朝帰りというわけじゃないようだけど?」

鋭太「布団の温もり!?てめえ!そんな事までやっていたのか!?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 20:59:31.19 ID:z0EPG/Zj0

真涼「いいから、質問に答えなさい!」

鋭太「あー、朝ごはん食べに来てって千和に呼ばれてな…ちょっと行ってきたんだよ」

真涼「なっ」

鋭太「いつも俺の家の食材…食費+光熱費を使うのも悪いから、千和の家で朝ごはん作ってやるって」

鋭太「へへ、あいつも成長したよな」


真涼「そそそそう、朝ごはんを…へ、へぇ~」

鋭太「あっ、お前どうせ食べてないんだろ?簡単なのでいいなら作ってやろうか?」

真涼「い、いえ、結構です。それより、今日のお昼のスケジュールは空いてるかしら?」

鋭太「え?ああ、テスト近いし勉強で忙しいから空いてないな」

真涼「暇ね。じゃあ、お昼にまたお邪魔するわ」

鋭太「おい!俺の話を聞け!」

真涼「お邪魔しました」



鋭太「って、俺のパンツ返せえぇぇぇぇぇ!!!」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:04:28.15 ID:z0EPG/Zj0

…………………………………………………………………


鋭太「…でなにこれ?」

真涼「テスト勉強が忙しい鋭太の為に、彼女である私が栄養のある昼食を用意しました」

鋭太「まぁ、確かに栄養はあるな」

真涼「ええ。お腹一杯になると睡魔も襲ってくるのでそこも配慮してますよ?」

鋭太「でも、ウイダーインゼリーって…おい」

真涼「しかもピーチ味。私の一番のおススメよ」


鋭太「まぁ、確かにテスト勉強時の昼食にはいいかもな」チューチュー

真涼「ふふふ。彼氏の事を考えて昼食を用意できる…やはり、どっかのチワワより私の方ができる女ですね!」

鋭太「本心でそう思ってるなら、千和にその言葉を言ってやれ」チューチュー

真涼「…」

鋭太「なんで明後日の方向を見てるんだよ!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:09:14.06 ID:z0EPG/Zj0

鋭太「というかさ」

真涼「何?」

鋭太「今日は絶対に恋愛脳的な事はやらないんじゃなかったのかよ」

真涼「ふふふ。そもそも私が恋愛脳的な事をやった事はないわ!!」

鋭太「だって、彼氏の家に昼飯を作る…用意するのって恋愛脳のやることじゃないか?」

真涼「…」


真涼「な、なんてこと!いつのまに私たちこんな…恋愛脳のようなことを!」

鋭太「なんか前もこんな展開あったような…」

真涼「さようなら。鋭太。少しの間、会わない方がいいわね。また明日来るわ」

鋭太「おい!明日来んのかよっ!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:15:03.15 ID:z0EPG/Zj0

…………………………………………………………………



鋭太「うーん、やっぱり英語は苦手だな…中学生の時の基礎がまったく出来てないせいで」

鋭太「あーちゃんに教えてもらおうかな」

~♪

鋭太「ん?メール?」

真涼『今、他の女の事を考えていたでしょう!嫌らしい!嫌らしい! 勉強を教えてくれませんか?』

鋭太「おい…今日は会わないんじゃなかったのか!」

鋭太「いやまてよ…真涼はずっと外国にいたから…よし!教えるついでに英語を教えてもらおう!」

鋭太「わかった。代わりに英語を頼む…っと」めるめる


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:20:12.66 ID:z0EPG/Zj0

…………………………………………………………………


真涼「というわけで…」

鋭太「ごめん、わかりにくい」

真涼「はぁー。そもそも私にとって英語は普通だから、何がわからないのか?がわからないので説明が難しいのよ」

鋭太「なるほど」

真涼「ところでこの部屋…暑いわね」

鋭太「最近は急に暑くなったよな。な、なあーーーーー!!?」


真涼「どうしたの?いきなり大声をあげて…ねぇ?鋭太くん?」

鋭太「て、てめぇー!いきなり立ち上がってスカートを…何してやがる!?」

真涼「ちょっとスカートをパタパタしただけじゃない?」

鋭太「だからって何で俺の目の前で!」


真涼「…うふふふ。もしかして、こ・う・ふ・んした?」

鋭太「し、してねーよ!」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:23:40.22 ID:z0EPG/Zj0

真涼「ふふふ。そんな遠慮しなくてもいいのよ?」

鋭太「へ?」

真涼「見たいなら見たいって言えば、見せてあげるわよ?」

鋭太「はっ?…え?…あっ…え?」

真涼「そんな事だから童貞って言われるのよ?」

鋭太「うるせー!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:27:16.48 ID:z0EPG/Zj0

真涼「恥ずかしいけど…鋭太の為なら…限界まで見せてあげるわ…」

鋭太「な、なぁーーーーー!?」


ピンポーン


真涼「あら、タイミングぴったり」

鋭太「…へ?」

真涼「私じゃ英語を教えれそうになかったから、最初から助っ人を呼んだのよ」

鋭太「え?」

真涼「彼氏の役に立つのは彼女の仕事ですしね」

鋭太「…え?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:31:32.40 ID:z0EPG/Zj0

愛衣「勉強会やるなら、せめて前日から教えて欲しかったわね」

鋭太「急にわりぃな。あーちゃん」

真涼「私はこっちでジョジョを読んでいるのでお構いなく」

愛衣「あれ?夏川さんは勉強しないの?」

真涼「私は努力とか嫌いなタイプなので。地頭で勝負します」

愛衣「ふ~ん、そう。じゃあ帰りなさいよ」

真涼「いえ、もし私がいなかったら、どっかの恋愛脳さんが鋭太くんを誘惑するかもしれませんし」

真涼「主にパンチラとかで」

愛衣「そ、そんな破廉恥な事するわけないでしょ!」

真涼「でも、鋭太くんはパンチラに弱いですよ?」

愛衣「え?そうなの?タッくん!?」

真涼「ええ、メロメロです」

鋭太「うっせえ!」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:35:26.60 ID:z0EPG/Zj0

愛衣「で?どうなの?好きなの?」

鋭太「そんなことないって…あーちゃん、お願いだからそんなを事しないでくれよな」

愛衣「タッくんの為なら愛衣ちゃん頑張ろうと思ったのに…」


鋭太(…もったいない事したな……なんて!微塵も思ってないぞ!!ほんとうだよ)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:39:56.03 ID:z0EPG/Zj0

…………………………………………………………………

鋭太「俺ちょっとトイレ」

愛衣「もうこんな時間…ちょっと休憩にしない?」

鋭太「そうだな。トイレ行ってから、お茶でも持ってくるよ」


真涼「さて…鋭太くんは行きましたね」

愛衣「ええ。そうね」

真涼「脱ぎたてのシャツとかないかしら?」

愛衣「は、はああああああ!?何を言ってるの!?」


真涼「脱ぎたてのシャツを家に持って帰れば、鋭太くんをいつでも感じられますよ?」

愛衣「なっななな!風紀委員である私の前でそんな行為はダメよ!」


愛衣「だからそんなものがあれば、私が没収します!」


真涼「じゃあ、探しましょう」

愛衣「そうね。そんな破廉恥な物があったら勉強に集中できないわ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:43:41.82 ID:z0EPG/Zj0

…………………………………………………………………



鋭太「おーい、お茶持ってきたぞー」

愛衣「愛衣ちゃんこれがいい~♪」

真涼「はぁ~、パンツなんて低俗な…私はごみ箱に入っているティッシュを全部貰って行きます」


鋭太「お前ら何をやってるんだああああああああああああああ!!!!!!!」



愛衣「さーて勉強勉強。あっ、季堂くんお茶持ってきてくれたの?ありがとう」

真涼「ふふっ。やはり4部は最高ね。特にしげちーと鋭太の顔がそっくりな所が」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:46:31.91 ID:z0EPG/Zj0

鋭太「あーちゃん…俺のパンツがバックからはみ出てるけど…どういうこと?」

愛衣「も、もうっ!乙女の前でパンツとか言わないでよ!ばかばかばか」

真涼「やーい、ばーかばーか」

鋭太「乙女がなんで俺のパンツを盗んでるんだよ!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:50:42.06 ID:z0EPG/Zj0

鋭太「あと、真涼…なんでゴミ袋を後ろに隠してるんだ…いや、全然隠れてないけどな」

真涼「彼女ですから、ええ彼女ですから季堂家のゴミ出しくらい手伝ってあげるますわ」

鋭太「そのティッシュは、千和が『ねえ、大きくなったのわかる?』って言って」

鋭太「牛乳をゴクゴク飲みながら、口からこぼしたやつを拭いたティッシュばっかりだぞ」


ポーイ


鋭太「っておい!ゴミ袋を窓から投げ捨てるな!」

真涼「あら?ゴミ捨てってこうやるんじゃなかったかしら?」

鋭太「ちげーよ!ってあーちゃん!俺のパンツを折りたたんでバックに直そうとするな!」

愛衣「え?ああ。これは弟のパンツよ。季堂くんのじゃないわ」

鋭太「なんで弟のパンツを持ち歩いてるんだよ!!!!!」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:53:59.06 ID:z0EPG/Zj0

…………………………………………………………………

愛衣「あっ、もうこんな時間…家に帰って、お父さんと弟にご飯を作らなきゃ」

真涼「私もそろそろ帰ります」

鋭太「二人とも早く帰ってくれ…」



ピンポーン


鋭太「ん?荷物か何か届いたのかな?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 21:57:48.27 ID:z0EPG/Zj0

鋭太「…ってヒメ?」

姫香「エイタ、パンツちょうだい?」

鋭太「ってお前もかよ!」

真涼「だめです。彼女の前ではそんな事させません」

姫香「残念」

鋭太「……ヒメどうかしたのか?もしかして、また家出か?」

姫香「違う。姉に追い出された」

鋭太「家出の次は追い出されたのか?」

姫香「肯定」

真涼「いまいち事情がわからないのですが…説明してもらえません?」

姫香「肯定」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:02:08.98 ID:z0EPG/Zj0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

優華「姫香、ただいま。久しぶりね」

姫香「姉さん、お帰りなさい」

優華「あれ?一人なの?」

姫香「?」

優華「あの彼はいないの?」

姫香「彼…?エイタの事?エイタなら来るべき神々の運命(ラグナロク)の準備で忙しい」


優華「そう…簡単に言うとテスト勉強で忙しいって所かしら?」

姫香「肯定」

優華「だったら、何で姫香はここにいるの?」

姫香「え?」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:06:38.98 ID:z0EPG/Zj0

優華「ライバルが多いんでしょう?だったら、勉強会を口実にお近づきになりなさい!」

優華「ちなみに今日は帰ってこなくていいからね!」

姫香「わかった。準備してくる」

優華「準備する必要はありません」


優華「ほらこのバックにお金と勉強道具と避妊…ほかにもいろんなものを用意したわ」

姫香「ありがとう」

優華「絶対に今日彼を落とすのよ!大丈夫。姫香は私に似て綺麗だから…がんばりなさいよ」

姫香「うん」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


鋭太「あの人、妹の事になると本当に一直線だな!!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:09:54.95 ID:z0EPG/Zj0

愛衣「ご飯出来たよー」

鋭太「いないって思ったら勝手にご飯作ってたのか!?」

愛衣「大丈夫よ。家にはちゃんと連絡したから。お父さんはタッくんの事も知ってるしね」

鋭太「そんな心配はしてねー!!!って、なんであーちゃんのお父さんは俺の事知ってるの!?」

愛衣「前に会ってるのに…お父さんをちゃんと紹介したのに…」

鋭太「…あっ…ごめんな」



鋭太「…で、何で俺の学校の制服来てるの?」

愛衣「へ?」

鋭太「『へ?』じゃねーよ!何で着てるんだよ!!!!」


愛衣「まったく、外に干しっぱなしだったから取り込んでおいたのよ。感謝しなさい!」

鋭太「ぐわああああああ。意味わかんねーーーよ!!!!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:13:59.38 ID:z0EPG/Zj0

…………………………………………………………………



真涼「…」

姫香「マスターのご飯…美味しい。最高に」

鋭太「だよなー。あーちゃんのご飯って美味しいよな」

愛衣「ふふーん。もっとほめてくれてもいいのよ?」

鋭太「ああ。俺のジャージを着ていなければな」

愛衣「えへへ~。これ気持ちいいね」

鋭太「うっせえ!脱げ!」

愛衣「脱げなんて…でも、タッくんなら…私…」

鋭太「頬を染めるな!!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:17:57.45 ID:z0EPG/Zj0

姫香「エイタエイタ」

鋭太「なんだよ」

姫香「わたしにもわたしにも、エイタを感じられるものをちょうだい?」

鋭太「やらん」

姫香「そ、そんなぁ~」




真涼「そんなの当たり前です!さあ鋭太くん?」

鋭太「お前にもやらん。というか今朝持って行ったパンツ返せ」

真涼「彼女なのに彼女なのに彼女なのに彼女なのに」ブツブツ

鋭太「お前それを言えば、何でも許してもらえると思うなよ?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:25:05.80 ID:z0EPG/Zj0

真涼「じゃあ、今私が履いているパンツと、鋭太くんが今履いているパンツを交換しましょう?」

鋭太「な、なんだと!?マジか!?」

真涼「ええ。本当よ」

鋭太「…」

鋭太(どうするどうするどうする?ここは交換するべきだろ!)

鋭太(でも、こいつがもし履いてなかったらどうする?)

鋭太(俺の損じゃねーか。でも履いていたら?履いていたら?)

鋭太(ここは希望に掛けるべきか?)

鋭太(しかし…ちくしょう!俺はどうすれば!!)


真涼「冗談よ。そんなに真剣に考えるなんて…正直ドン引きだわ」

鋭太「か、考えてなんかないもんね!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:32:29.42 ID:z0EPG/Zj0

ガラララララ


千和「話は聞いかせてもらったわ!あたしがえーくんと交換するっ!」

鋭太「お前はどこで話を聞いてたんだよ!」


愛衣「いいえ!季堂くんがくんかくんかするのは、私のパンツよ!よって私が交換するわ!」

姫香「エイタが望むなら…わたしノーパンで家に帰ってもいい」

真涼「さっきの反応を見なかったんですか?鋭太くんは私と交換したいようですよ」


鋭太(な、何なんだ…今日のみんなは様子がおかしいぞ)

鋭太「俺のパンツと彼女と幼なじみと元カノと婚約者が修羅場すぎる!!」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:35:33.31 ID:z0EPG/Zj0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鋭太「…あれ?ここは俺の部屋…昼間なのになんで寝てるんだ?」

鋭太「そうか…俺高熱で倒れたんだっけ…」

鋭太「そういえば、カオルが運んでくれて制服から着替えさせてくれたんだったな…」

鋭太「そうか。夢だったんだな。よかった…」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:38:09.25 ID:z0EPG/Zj0

鋭太「…」チラッ

千和「えーくんの体は私が拭くの!」

真涼「いいえ、鋭太くんの体は彼女である私が拭くんです!」

姫香「じゃあ、わたしがエイタの服を脱がしてあげる」

愛衣「おかゆ出来たわよーってあなた達!何をやってるの!?」

愛衣「タッくんをお着替えさせるのは、私の役目なんだからねっ!」


鋭太(これも夢か…)

鋭太(…早く悪夢が覚めますように…)



       終わり


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:38:36.08 ID:z0EPG/Zj0

終わりになります。
支援&読んでくれてありがとうございました。
また、機会があればよろしくお願いします!


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:39:26.42 ID:FNuGH+JF0

愛衣ちゃんは可愛い!


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/24(日) 22:42:48.51 ID:A/A2Wy0n0


やはりあーちゃんが正妻



『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿