TOP > 進撃の巨人 > エレン「楽しい寮生活」

エレン「楽しい寮生活」

2017/06/06 10:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:29:14.32 ID:CpdwGJR80

※色々キャラ崩壊

【寮室内】

エレン「なぁ最近どんな夢見た?」

ジャン「なんだそのくだらない質問」

ライナー「唐突だな」

エレン「いいから答えろよ、暇なんだよ」バタバタ

ジャン&ライナー「「・・・・・・・」」

ジャン「あっ?」

エレン「おっ?なんか思い出したか?」

ライナー「聞かせてみろよ」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:30:28.20 ID:CpdwGJR80

ジャン「最近見た夢の話なんだが…」

エレン&ライナー「「・・・・・・・」」

ジャン「俺は、また訓練学校の入隊式の日に居るんだ」

エレン「入隊式ってサシャがイモ食ってた日か?」

ジャン「そうその日!」

ライナー「で?その日にジャンが戻ってどうしたんだ?」

ジャン「あぁ…」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:32:07.49 ID:CpdwGJR80

ジャン「何故か俺は全裸なんだ…」マッパ

エレン「は?」

ライナー「お前だけか?」

ジャン「俺だけだ」

エレン「キース教官の前で?」

ジャン「キース教官の前でだ」

エレン&ライナー「「・・・・・・・」」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:33:31.66 ID:CpdwGJR80

ジャン「更に異変が」

エレン「なんだよ」

ジャン「俺の股間が電話になっていたんだ」

ライナー「…電話?」

ジャン「そう電話だ!しかもいきなり鳴り始めた!」

ライナー「誰だよ電話してきたのは…」

ジャン「キース教官」

エレン「目の前にいるのにな」

※進撃の巨人の世界に電話はありません。


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:35:52.05 ID:CpdwGJR80

ジャン「しかも電話越しで"貴様は何者だ!"って言われて…」

ライナー「妥当な質問だな」

エレン「まぁ全裸で股間に電話ぶら下げてる奴だからな」

ジャン「そこで夢は覚めた」

エレン「くだらねぇ~」

ライナー「オチが弱いな。もっと盛り上がらせるのが話し手としての責任だと思う…俺は…」

ジャン「お前ら…」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:37:33.14 ID:CpdwGJR80

【食堂】

ジャン「なぁ女の方が生物として得じゃないか?」ムシャムシャ

ライナー「何をもってそんな結論に至ったんだ?」モグモグ

エレン「どうせジャンお得意の下らない話だろ?聞かせてみろよ」パクパク

ジャン「話す気失せるわ…まぁいい」

エレン「まず女の方が有利な点、第一番」

エレン&ライナー「「・・・・・・・」」ゴクリッ


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:39:01.84 ID:CpdwGJR80

ジャン「おっぱいがある!」

エレン「は?」

ライナー「それのどこが良い点なんだ?」

ジャン「だっておっぱいだぜ?」

ジャン「俺が女の子だったら自分のおっぱい凝視しすぎて」

ジャン「絶対に立体起動で事故るわ」

エレン&ライナー「「・・・・・・・」」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:40:26.82 ID:CpdwGJR80

ミカサ「男の方が良い…」

エレン&ライナー&ジャン「「「!?」」」

アニ「隣座るね」

クリスタ「お邪魔します!何の話をしてたんですか?」

ライナー「ええっと…」

エレン「ははは…」

アニ「男女が生物としてどちらが得か…そんな話でしょ?」ヒジデグリグリ

ライナー「…はい」イタイ

クリスタ「やめなよアニ…ライナーが可哀想だよ?」

ライナー(!!…結婚しよ)

アニ「ふん」

ジャン「ミカサはどうして男の方が良いと思うんだ?」

エレン(ジャンが斬りこんだ!)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:42:03.71 ID:CpdwGJR80

ミカサ「昔からエレンを見ていて思った」

エレン「おれ?」

ミカサ「男性はどこでも小便を済ませられる生き物だと」

エレン&ライナー&ジャン「「「え?」」」

アニ「確かに…」

クリスタ「…ちょっと女性じゃ考えられないよね」

ライナー「立ちションってそんな凄い物だったのか…」

ミカサ「女性のトイレは死活問題」

ジャン「まぁ確かに大便はどうにもならんが、小便はなんとでもなるしな男は」

エレン「つーか俺の立ちション見てんじゃねーよ!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:45:16.11 ID:CpdwGJR80

ライナー「まぁジャンのおっぱい話よりは断然納得できるな」フム

エレン「確かにな」ウンウン

ジャン「うるせぇ!!」

アニ「そこらへん詳しく聞いてないけど…」

ミカサ「私は聞こえた…」

クリスタ「地獄耳だねミカサは」フフッ

ジャン「しょうがねぇ説明してやる!」

エレン&ライナー((えっ?))

~説明中~


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:46:34.36 ID:CpdwGJR80

クリスタ「えっと…」オロオロ

アニ「…」

エレン&ライナー((えっ?))

ジャン「分かってくれたか女性が如何に生物として有利か!」

ミカサ「ジャン」

ジャン「ん?どうしたミカサ?」

ミカサ「わかっているんでしょ?」

┣¨┣¨┣¨┣¨・・・

ミカサ「それは女性の有利な点じゃなくアナタの性癖だってこと…」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・

ミカサ「じゃあ暴露しちゃダメでしょ?」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・

ジャン「…はい」ガタガタ

エレン&ライナー((こわっ!!))


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:48:21.07 ID:CpdwGJR80

エレン「ジャン…お前言われっぱなしでいいのかよ!」

ライナー「そうだ言い返してやrバキッ

アニ「黙ってなライナー」

ライナー「はい!」イタイ

クリスタ「もう!アニはすぐにライナーに暴力振るって」プンプン

ライナー(一緒の墓に入りたい)

ミカサ「エレンも後で説教」

エレン「えぇっ!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:50:22.36 ID:CpdwGJR80

ジャン(考えろ…エレンやライナーが傷ついてるのは誰のせいだ?)

ヤメテアニ!
(カワイイ)
コレハリユウノアルセイサイ

ジャン(そうだ…俺がミカサの意見に押され屈服したからだ)

ギャー

ジャン(俺のせいだ…)

コンヤハネカセナイ
ウワァァァァッァァ

ジャン(エレンをライナーを…仲間を助けるにはどうしたらいい?)

ミカサモヤメテヨ!ミンナミテルヨ

ジャン(けど俺たちが三人が虐げられるのが現実なら甘んじる他にねぇよな?)

シュッシュッ!
ヒジハヤメロォォォ

ジャン(良いよなそれで…)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:53:06.20 ID:CpdwGJR80

ジャン(良いわけねぇだろ!!)

ジャン(ハハッ…本当に俺は俺なのか?)

ジャン(俺の知る俺は自分の事しか考えない男のハズだ)

ジャン(だけどここで逃げたら…エレンやライナーが…)

ジャン(いや…それは些末な問題だ)

ジャン(やっぱり俺は自分の性癖に正直でいたい!)

ジャン(……あれ?やっぱり俺、自分の事しか考えてない?)

ジャン(まぁいい…ここで俺がミカサ達が舌を巻くような女子が優れている点を挙げれば)

ジャン(全て解決する!)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:54:53.98 ID:CpdwGJR80

ジャン「聞け!!」

ジャン「ミカサが挙げた男性の長所なんか比べ物にならない」

ジャン「女性の長所を見つけた!!」

エレン&ライナー「「おおっ!!」」ボロボロ

ミカサ「なに?」シュッシュッ!

アニ「下らないことなら承知しないよ?」シュッシュッ!

クリスタ(もうジャンがバカなこと言いませんように…)

ジャン「…俺が見つけた女性の長所は」

ジャン「男性と違って何回も…」

ミカサ&アニ&クリスタ「「「何回も?」」」クビカシゲ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:56:32.91 ID:CpdwGJR80

ジャン「何回もイケるということだ!!」

ミカサ&アニ「「・・・・・・・」」

クリスタ「……ッ!」

クリスタ「////////」カァァァァァァ

エレン「うぉぉぉぉぉ!凄いぜジャン!」

ライナー「お前…本当にジャンか…?」

ジャン「俺たち男子はバイアグラでもやらない限り連射は出来ない」

ジャン「だが女性には無限の可能性が広がっている!!」

ジャン「これだけ優れた点があれば立ちションや他の男性長所は帳消しだ!!」

食堂に居た男子一同「「ジャンッ!!ジャンッ!!ジャンッ!!」」ワァァァァァァァァ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 03:58:21.09 ID:CpdwGJR80

ライナー「俺たちは勝ったんだ!戦士としての最後の責任を果たしたんだ!」ガッツポーズ

エレン「女子共の意見を駆逐したんだ!やった!討伐数1」ガッツポーズ

ミカサ&アニ「「ちょっと」」

エレン&ライナー「「はい?」」

ミカサ&アニ「「来なさい」」クイッ

エレン&ライナー「「はい」」テクテク

クリスタ「もうしらない…」プイッ

ヤァダアアア
ヤメテェェェ
イヤァァァァ

ジャン「あれ?」

おしまい


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 04:00:29.69 ID:CpdwGJR80

くぅ~疲w


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/05(日) 05:12:57.19 ID:MpJL39HsP


楽しいな



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿