TOP > シンデレラガールズ > モバP「栗原ネネはあざとい」

モバP「栗原ネネはあざとい」

1: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:44:25.91 ID:v8Iyi5jkO

P「と思っているんだが、どうだろうか」

ネネ「どうしてそれを本人に聞くんですかっ」

P「ピュアで儚い雰囲気を出しているくせに、要所要所で狙ったかのように男のハートを狙ってくる……これをあざといと言わずになんと言うんだ」

ネネ「ね、狙ってなんかいませんよ」

P「狙ってない人間が水着の仕事でスク水を持ってくるだろうか」

ネネ「あれは前に言った通り、スクール水着しか持ってなかったからですよ」

ネネ「そのあとまた水着のお仕事があった時は、ちゃんと新しく買ってきたじゃないですか」

P「そうだったか……そういえばあの時、俺に水着を選んでほしいって話をしていたな」

ネネ「はい。でも、恥ずかしくなっちゃって……結局ひとりで買いに行っちゃいました。えへへ」

P「残念だ」


2: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:45:18.45 ID:v8Iyi5jkO

ネネ「えっと……でしたら、今度こそ、一緒に選んでくれませんか?」

ネネ「今度は、ビキニというものに挑戦してみようかなと思って……でも、ああいう露出が多い水着は、なんだか買うのに勇気が必要で」

ネネ「だから……Pさんの力で、私を大胆にしてください。なんて」ゴニョゴニョ

P「あざとい(いいぞ。一緒に行こう)」

ネネ「逆じゃないですか!?」


3: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:46:25.25 ID:v8Iyi5jkO

P「ほら、やっぱりあざといよ」

ネネ「今の、あざといって言うんですか?」

P「たぶん」

ネネ「たぶんって……Pさんもよくわかってないんですね」

P「正直、言葉の使用範囲がかなり広い気がするからな……」

P「とりあえず、俺の言うあざといは『結婚しよ』と同義だと思ってくれていい」

ネネ「なるほど……って、ええっ!?」カアァ

P「冗談だ」

ネネ「もう~~!」プクー

P「ははは」

ネネ「そんなふうにからかうんだったら、今日のお昼ご飯のお弁当はあげませんからね!」

P「ごめんごめん、それは困る。許してくれ」

ネネ「………」

ネネ「はい、許します♪」

ネネ「Pさんとおしゃべりするのは楽しいですけど、あんまりからかわらないでくださいね」

ネネ「私だって、その……思春期の女の子なんですから。そういうこと言われると、ドキドキしちゃうんです」

P(あざとい……)


4: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:47:21.94 ID:v8Iyi5jkO

ネネ「それはそうとして。はい、今日のお弁当です」

P「ありがとう。ちょうどお昼時だし、一緒に食べようか」

ネネ「はい♪ どうぞめしあがってください」

P「まずは中身を拝見……おお、卵焼きに豚の生姜焼きに、それとご飯が」

ネネ「はい、栗ごはんにしてみました」

P「栗ごはんか、いいな。俺の好物だ」

ネネ「ふふ、よかったです。栗原だけに、栗ごはん、なんちゃって」

P「なるほど。ネネのそういう茶目っ気、好きだぞ」

ネネ「えへへ」


5: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:49:04.19 ID:v8Iyi5jkO

P「しかし、栗原ネネの栗ごはんか……」

P「………」

ネネ「………」

P「………」

ネネ「………」カアァ

P「むっつり」

ネネ「まってちがう」


6: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:49:48.50 ID:v8Iyi5jkO

P「まあ、話を戻して」

ネネ「そうしてください……」

P「ネネがお弁当作ってきてくれるようになったおかげで、食事のバランスがとれるようになってきたよ」

P「ありがとう」

ネネ「どうしたしまして、です。私のおかげでPさんが健康になってくれるのなら、とてもうれしいです」

P「本当、感謝してるよ。年下の子にここまでしてもらってるんだから、俺もなにかプロデュース以外で恩返ししたいところだな」

ネネ「そんな、私は別にお返しが欲しくてやっているわけじゃ」

P「それはわかってるけど、俺の気持ちの問題だ」

ネネ「そうですか……うーん」


ガチャリ


こずえ「ふわぁ……れっすん……おわったよぉ……」

P「おかえり、こずえ。眠そうだな」

こずえ「うん……おひるねするぅー」

ネネ「お昼ご飯はいいんですか? 私とプロデューサーさんと一緒に食べませんか」

こずえ「んー……んー……ふわぁ」

ネネ「ふふっ。そうですね、少しお昼寝してから食べたほうがよさそう」

ネネ「プロデューサーさん。こずえちゃんを仮眠室まで連れて行こうと思うんですけど、いいですか?」

P「ああ。というか、俺が連れて行こうと思っていたところ」

ネネ「わかりました。私が連れて行くので、プロデューサーさんはここで待っていてください」

ネネ「さ、こずえちゃん。一緒に行きましょう」

こずえ「うん……ネネ………あざとい……」

ネネ「こずえちゃん!?」


7: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:50:43.25 ID:v8Iyi5jkO

~~~


ネネ「こずえちゃん、仮眠室でぐっすりです」

P「お疲れ様。ありがとうな、俺のかわりをやってくれて」

ネネ「いえいえ、このくらいは」

ネネ「Pさんこそ、私が戻ってくるまで食べるの待ってくれていたんですか?」

P「ああ。一緒に食べたかったからな」

ネネ「ふふ、ありがとうございます。では、改めて一緒に」

ネネ・P「「いただきます」」

P「まずは栗ご飯をひとくち……うん、おいしい」

ネネ「よかった。Pさんのお口にあってうれしいです」

P「………」

ネネ「Pさん? どうしました?」

P「ネネってさ。俺以外の誰かがいる時は『プロデューサーさん』って呼ぶけど、俺しかいない時は名前で呼んでくるよな」

ネネ「あ………気づいちゃいました?」

P「最初は気分で変えてるだけなのかなと思ってたけど、最近法則性に気づいた」

ネネ「……理由は、聞かないでくださいね?」

P「聞かないけど……やっぱりあざといよな、ネネは」

ネネ「これはちょっと、擁護できないかもです。えへへ」


9: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:53:22.76 ID:v8Iyi5jkO

P「お弁当のお返し、何がいいかな」

ネネ「こずえちゃんが来る前のお話ですね。んーと……そうですね」

P「俺ができる範囲のことなら、なんでも言ってくれ」

ネネ「なんでも、ですか?」

P「ああ。普段みんなのために頑張ってくれてるんだ、こういう時くらい思い切り甘えてくれ」

ネネ「………いいんですか?」

P「もちろん」

ネネ「それじゃあ……えっと。かなりワガママなこと言いますね」

ネネ「お休みの日……一日ずっと、私と一緒にいてくれませんか?」

P「一日ずっと?」

ネネ「はい。ずっとです」

ネネ「朝ごはんを一緒に食べて、一緒にのんびりテレビを見て。一緒にお散歩とか買い物とかして、途中でお昼ご飯を食べて」

ネネ「お家に帰ったら、一緒に晩御飯を食べて。その後は、一緒にストレッチをしたりしながらおしゃべりして。あ、耳掃除とかもしてあげますね」

ネネ「それと……」

P「それと?」


10: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:54:15.20 ID:v8Iyi5jkO

ネネ「………」

ネネ「私、普段早起きなぶん、夜更かしって苦手なので……えっと。その」


ネネ「夜更かしのやり方、教えてもらえますか……?」

P「………」

P「………」


P「結婚しよ(あざとい)」

ネネ「逆じゃないですかっ!?」



おしまい


12: ◆C2VTzcV58A 2017/05/22(月) 01:57:21.68 ID:v8Iyi5jkO

おわりです。逆だったかもしれねェ……
栗原ネネさん、すごくいいお姉ちゃんなのに時々15歳らしい子供らしさや茶目っ気を出してくるところが本当に好き。あとたまに意味深な発言してくるところも好き。

栗原ネネ

過去作
モバP「朋、俺の恋愛運を占ってくれないか」
栗原ネネ「まってちがう」

などもよろしくお願いします



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿