TOP > アイドルマスター > 真美「真美は合法だけど兄ちゃんは違法、これなーんだ?」

真美「真美は合法だけど兄ちゃんは違法、これなーんだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 18:58:30.88 ID:sZD769/yo

P「風呂の覗きです……」

真美「確かに真美、『あずさお姉ちゃんのお風呂一緒に見よ☆ぱいんぱいーん♪』って言ったよ?でもそんなのただのギャグに決まってんじゃん」

P「その通りですよね……」

真美「まさか本気にするとはもしかして……あなたは、バカなのですか?」

P「はい、バカでーす!てへっ」

真美「兄ちゃんさぁ…ふざけてる場合じゃないんだけど?」

P「はい……」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:17:55.50 ID:sZD769/yo

真美「真美がっかりだよ。兄ちゃんがこんなにドスケベな変態兄ちゃんなんて妹として恥ずかしいよ」

P「返す言葉もございません。あ、妹じゃ無いだろ」

真美「それはどうでもいいっしょ?」

P「ところでそろそろロッカーの中から出たいんだが」ギチギチ

真美「出れたら苦労しないよ!兄ちゃんのせいで真美までロッカーに詰まっちゃってんじゃん!」ギチギチ

P「真美がこんな狭いロッカーに無理矢理俺を押し込むからだろ」

真美「兄ちゃんが突然女湯に入ってきたから急いで隠したんじゃん!」


あずさ『さっぱりしたわ~』

P『ウィ』

真美『!?!?』ドタンバタンガチャッ


真美「あずさお姉ちゃんじゃなかったら普通にバレてアウトなタイミングだったよ!」

P「というか俺の関節おかしくね?人間ができる体勢じゃねえぞ」

真美「ああ手と足が兄ちゃんとロッカーの壁に挟まって抜けないよー!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:28:56.49 ID:sZD769/yo

P「真美、ちょっと良いか?」

真美「ん?なに?」

P「お前とあずささんは一緒に風呂から出てきただろ?」

真美「うん」

P「で、そのタイミングで俺をロッカーに閉じ込めたからお前は全裸な訳だ」

真美「言わないでよー!考えないようにしてたのにこのエロエロ大魔人!はやく抜けたい~!」ムニムニ

P「やめろ真美、その動きは俺に効く」ムクムク

フンフフーン

P「あ、誰かの歌声が聞こえないか?」

真美「やった!これで助かるよー!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 19:40:38.79 ID:sZD769/yo

律子「いっぱいいっぱいいっぱいいっぱい♪」


P「律子だ!」

真美「おーい律っちゃん助け……」

P「待て待って真美待ってくれ頼むから待ってください」

真美「なにさ」

P「今の状況をよく考えて欲しい」

真美「ロッカーに詰まって抜け出せない」

P「女湯で男女がロッカーで隠れて抱き合ってるだなんてバレたら社会的に死ぬだろ」

真美「……確かに変態兄ちゃんに全裸で抱きつくアイドルとかゴシップ記事もぎょえーってドン引きだよね」

P「特に律子とか言い訳さえ出来ない未来が見えるので勘弁してください」

真美「じゃあ他のアイドル待ち?」

P「ああ、なるべく口がかたい奴で」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:29:20.62 ID:sZD769/yo

真美「というか兄ちゃんもうちょい頑張って体勢変えられないの?」

P「無理無理、両手両足共に背中より後ろでどうしようもない」

真美「暗くてよくわかんないけど兄ちゃんがゆで上がった海老を逆にしたみたいになってるのはわかるよ」

P「せめて縦に長いタイプのロッカーに入れてくれれば良いのに奥が長いロッカーに入れるとかお前なぁ……」

真美「兄ちゃん、覗きしようとしたのちゃんと反省してる?」

フフフーン

P「誰か来たぞ」

真美「この声は…はるるんかな?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:39:47.58 ID:sZD769/yo

春香「乙女よ大志を抱け♪」

P「春香なら大丈夫じゃないか?口固そうだし」

真美「兄ちゃん、はるるんは765プロで一番お喋りだよ」

P「そうなのか?」

真美「特に電話で話すのが本当長くてよく途中で寝ちゃうんだよね」

P「お喋りな真美が参るとか相当だな」

真美「それどういう意味~!?」

P「まあお喋りなら見つかったらアウトかな」

真美「はるるんに見つかったら世界中へぶわっとあっというまに広がっちゃうよー!」

春香「たーちーあがれー女しょくわぁああ!?」

ドンガラガッシャーン

P、真美「あ、転んだ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 23:52:49.25 ID:sZD769/yo

春香「いてて……」


P「まったく春香には気を付けてくれないとそのうち大きな怪我に繋がりかねない」

真美「ねえ兄ちゃん」

P「どうした?」

真美「さっきからたまに身体がびくびく動いてるけど何?」

P「気にしなくて良い、ただ真美が全裸でくっついてることで反応する生理現象だ」ビュルッ

真美「だから全裸って言わないでってば」

P「悪い悪い」

真美「それにしてもいいかげん腕も足も挟まってるから痛くなってきたよー」ムニムニ

P「ま、真美待て!あんま動くんじゃ……ああ!」ビクンビクン


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 16:05:53.12 ID:tDe0gvLYo

P「はぁ……はぁ……」

真美「兄ちゃん大丈夫?」

P「ああ、何でもない」

真美「明らかに今変な声出てたけど?」

P「別に平気だ」

真美「なんか変なにおいもするような」

P「もう聞かないでくれ……」

真美(おしっこ漏らしたのかな?)

P(はやく出て真美を押し倒したい)


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 16:14:46.31 ID:tDe0gvLYo

フンフフーン

P「また誰か来たみたいだ」

真美「この声はゆきぴょんだね!」


雪歩「コスモースコスモス」


P「こいつらみんな歌ってんな」

真美「ゆきぴょんなら呼んでも大丈夫なんじゃないかな」

P「雪歩なら言いふらしたりはしなさそうだな」

真美「おーいゆきぴょーん!!」

P「おーい雪歩ー!!」

雪歩「あれ?なんか声が聞こえるような?気のせい?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 16:29:44.17 ID:tDe0gvLYo

????『きホー!!うおー!!』

雪歩(え、誰もいないのに男の人っぽい声が聞こえる……!?ここ女湯なのに!?)

????『ぴょー!助けー!』

雪歩(と思ったら女の子っぽい声も聞こえる!?しかも助けてって言ってるような)ガタガタ

P「なかなか開けてくれないな」

真美「声が聞こえてないんじゃない?」

P「とりあえず思いっきり叫んでみるか」


????『オオオオおおおお!!!』

雪歩「ひっ」

雪歩(なんかすごい叫んでる……)

????『こっちへこい!!はやく!!!』

雪歩「こ、ここ?」

雪歩(このロッカーから声が聞こえるけどこんなの二人も入れる大きさじゃないよ……)ガタガタ


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 16:34:45.63 ID:tDe0gvLYo

雪歩「だ、誰か入ってるんですか……?」

P「ロッカーの前に来たか?」

真美「やったー!これで助かるよ!」

????『開けろ……』

雪歩「え?」

????『開けろおおおおお!!!』

雪歩「きええええええええええええ!!?」バターン

P真美「!?」

P「おい雪歩!?大丈夫か!?アイドルが出していい叫び声じゃなかったぞ!?」

真美「というか倒れたっぽい!?何で!?」

雪歩「」チーン


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 17:00:42.74 ID:tDe0gvLYo

律子「今の叫び声何!?」

春香「ゆ、雪歩!?」

真「大丈夫!?」

ざわざわぞろぞろ

P「みんな雪歩の叫び声聞いて集まってきたな」

真美「これじゃ出るどころじゃないよー!」

伊織「雪歩、しっかりしなさい!」

雪歩「……う、うーん……」

律子「何があったの?」

雪歩「……ゆ」

律子「ゆ?」

雪歩「幽霊……」ガクッ

律子「幽霊?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 22:11:21.16 ID:tDe0gvLYo

春香「ゆゆ、幽霊!?」

真「嘘だよね……!?」ガタガタ


P「幽霊だと思ったのか……」

真美「はぁーゆきぴょんはびびりだねぇ」


響「そんな幽霊なんて……」

亜美「ゆきぴょんは幽霊にやられちゃったの!?」

律子「ふーん、ところで今、亜美はいるけど真美は?」

亜美「あれ?そういえばさっきからみないね」

亜美「ま……まさか幽霊にやられちゃった!?」

春香「怖いこと言わないでよ亜美!」

あずさ「真美ちゃんならさっきまで風呂に一緒に入ってたけど先に上がってからみてないわね」

亜美「やっぱりやられたんだ!!」

春香「きゃー!!」

律子「どうせ真美のいたずらでしょ!出てきなさい!」

真「あ…ああなんだいつもの真美のいたずらかぁ」

律子「どうせロッカーにでも隠れてるんでしょ!みんな開けるの手伝って!」


真美「律っちゃん達、正解だけど違うよ!真美悪くないもん!」

P「まずい、このままロッカー開けられたらアウトだぞ!」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 22:21:13.12 ID:tDe0gvLYo

律子「大人しく出てきなさい」ガチャッ

律子「ここじゃないわね……」ガチャッ


P「もうだめだ、おしまいだ」

真美「ああ、真美は変態アイドルとゆきぴょん幽霊殺人事件の濡れ衣を被せられるんだ……」


春香(本当に幽霊だったらと思うと開けるの手伝えない)

亜美(律っちゃんめちゃおこだよ~!真美ならはやく出てた方が良いよ!)

貴音「…………」

貴音(あそこのロッカーから何か気配を感じる……というより本当に少しだけ声が聞こえるような)


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 22:25:41.89 ID:tDe0gvLYo

律子「……まったく!」ガチャッ

P「ちくしょう……こんなことなら真美の裸もっとよく見るんだった」

真美「え?それって真美のこと」

ガチャッ

貴音「…………」

P「…………」

真美「…………」

パタン

律子「いた!?」

貴音「変態が……」

律子「え?」

貴音「いえ、何も見てはおりません」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 22:40:08.01 ID:tDe0gvLYo

貴音(……)

律子「ロッカーにはいない……とっくに逃げてたのね!」

春香(はっ!まさか本当に幽霊!?)ガタガタ

律子「真美を探すわよ!亜美!」

亜美「ら、らじゃー!」


P「助かった!?貴音が庇ってくれてるのか……?」

真美「いや真美の名誉は普通に傷付いたよね!?お姫ちん今真美のこと思いっきり変態って言ったよね!?」

P「き、気のせいだよ」

……シーン

P「みんな行ったのかな?良かったー」

真美「良くないよ!ここから抜けないとなのに!」

コン

貴音「プロデューサー、真美……」

P「貴音!」
真美「お姫ちん!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 22:42:21.25 ID:tDe0gvLYo

コン

貴音「真美……プロデューサー……聞こえますか……皆はもう行きましたが……」

P「貴音!ありがとう助かった!」

真美「お姫ちん助けて!ここから抜け出せないの!」

貴音「成仏してください……」ガタガタ

真美「死んでると思われてた!」

P「死んでない!幽霊にやられてない!」

真美「変な格好に不気味な体勢だけど変態な幽霊にやられてないから!」

貴音「はて……」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 22:56:25.54 ID:tDe0gvLYo

貴音「なるほど、覗きにきたプロデューサーを隠すためにロッカーに入れたら抜け出せなくなったと」

真美「そうなんだよー!もうお姫ちんが最後の希望!助けてプリーズ!あ、他のみんなには内緒だよっ!」

貴音「勿論、真美の名誉に関わることです」

P「貴音、頼むよ」

貴音「黙りなさい痴れ者が!恥を知りなさい!」

P「ものすごく貴音が俺に対して冷たいんだが」

真美「いんがおーほー自業自得だよ」

貴音「とりあえず真美を引っ張ってみましょう」

真美「バッチコイ!」


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 23:05:27.97 ID:tDe0gvLYo

貴音「では!」

ぐぐぐっ……

真美「いぎいいいいい!?」

P「ぐおおおおおお!?」

貴音「!」

真美「ギブギブ!千切れる!真美の手足が!」

P「ミシミシ言ってる!身体の中から骨の軋む音が!」

貴音「……少し厳しい戦いになるようです」

真美「はぁ……はぁ……ガッチリはまっちゃってるよ……」

P「痛い……全身の靭帯が切れそうだ……あ!」

真美「どうしたの兄ちゃん?」

P「少し動いたおかげで真美の乳首がここから丸見えだ」

スパーン!!


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 23:15:00.15 ID:tDe0gvLYo

P「」ガクッ

貴音「動くことの出来ない真美の代わりにビンタを一撃食らわせておきました」

真美「ナイスショット!まあ別に兄ちゃんなら見られても良かったんだけどね」

貴音「あまり良い考えとは言えませんよ……あ」スポッ

真美「今の衝撃で右手が抜けた!ありがとうお姫ちん!」

貴音「良かった……」

真美「んじゃ左手と両足のためにもう3発いこうよ!」

貴音「はい」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 23:23:21.55 ID:tDe0gvLYo

P「っは!!」

真美「兄ちゃん起きた?」

P「ロッカーから抜けて真美が服を着てる……ということは助かったんだな」

P「あれ?貴音が引っ張って痛いと思った辺りから記憶が無いんだが」

真美「あーうん、気絶してたからね」

P「気絶……?まあなんにせよ助かって良かった」

P「貴音は?」

真美「今真美にかかった疑いを晴らしにいってくれてるところだよ」

真美「兄ちゃんのこともついでに言わないように頼んどいたからね」

真美「もうお風呂覗いちゃダメだかんね?」

P「ありがとう真美」

真美「んもう……」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 23:37:21.02 ID:tDe0gvLYo

P「正直言うと覗いたのは真美のことを見たかったからなんだ」

真美「ちょ、堂々と変態発言するのやめて兄ちゃん!正直すぎるよ!」

P「あずささんのおっぱいも見たかったけど」

真美「やっぱ変態じゃん」

P「まあ真美が好きだからつい暴走しちゃったんだよ」

真美「……兄ちゃん、中学生好きになったら犯罪なんだよ?知ってた?」

P「そうだな。反省して当分は気を付けて過ごすよ」

真美「兄ちゃんはどこまでも反省する気は無いんだってよーくわかったよ」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 23:47:47.94 ID:tDe0gvLYo

P「当分って言ってもアレだぞ?真美に手を出しても良い年齢までってことだからな?」

真美「それは我慢してる方なの?」

P「してるだろ」

真美「してるんだ?」

P「まあ……だから今日のことは真美に謝りたい。ごめんな」

P「真美にも色々迷惑をかけたし」

真美「……そこまで兄ちゃんが言うなら仕方ない、今日の違法は許してあげるね!」

P「あと将来真美が手を出しても良い年齢になったら手を出すからよろしく」

真美「その発言がもうアウトだと思うんだけど兄ちゃんの常識では違うっぽいね」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/03(土) 23:59:32.59 ID:tDe0gvLYo

真美「……でさ」

P「ん?」

真美「結局兄ちゃんは真美が好きなの?」

P「勿論好きだ」

真美「……えへへ……もう一回言うけど中学生を大人が好きになったら違法だかんね!」

P「でもそれは真美もだろ?」

真美「うぇえ!?真美は兄ちゃん好きだって言ったこと無いよね!?」

P「そうか?結構な頻度で兄ちゃんのお嫁さんになってあげるとか言ってくるだろ」

P「あ、これ真美も違法だな」

真美「そ、それは……確かに好きなのはそうだけど……真美が言うのは別に良いの!」

P「そう?」

真美「兄ちゃんが真美好きなのは違法だけど真美が兄ちゃん好きなのは合法だから!でしょ!?」

P「真美はかわいいな」

おわり


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/04(日) 05:24:27.11 ID:4UBi4c5OO


たまたま好きになった子が真美なのに違法だなんて世の中間違ってる



『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿