TOP > シンデレラガールズ > 芳乃「ダンソンッ」 こずえ「フィーザキー」

芳乃「ダンソンッ」 こずえ「フィーザキー」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 01:36:51 ID:RBRdlMMk

モバマスssです

諸注意・血迷いました


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 01:43:33 ID:RBRdlMMk

芳乃「ドゥーザディーサーザ」

こずえ「コンサッ」

モバP「…」

シュバッ

芳乃「ダンソンッ」

こずえ「フィーザキー」


P「…なんだこれ」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 02:09:29 ID:RBRdlMMk

ちひろ「ああ、おかえりなさいプロデューサーさん」

P「ただいま戻りました。…で、なんですこれ」

ちひろ「何だと思います?」


芳乃「ダンソンッ」タンタンッ

こずえ「フィーザキー」タンタンッ


P「軽快なステップで俺の周囲を回りながら踊り狂う…」

P「芳乃とこずえですね」

P「しかも真顔で」

ちひろ「シュールですね」

P「そんな陳腐な言葉で片付けられない人選だと思うんですが」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 02:32:30 ID:RBRdlMMk

P「で、志希ですか?晶葉ですか?」

ダンソンッ

ちひろ「もうちょっと戸惑ったりパニックになったりしませんか?」

フィーザキー

P「こんな光景1分1秒でも早く終わらせたいんですよ見ていられないんですよわかりませんか?」

ドゥーザディーサーザコンサッ

ちひろ「そろそろバターになりそうな勢いでプロデューサーさんの周りをグルグルしてますもんね」

デシテー フワァー

P「で、どっちですか。この地獄絵図を生み出した元凶は」

ちひろ「仮にもその2人もあなたの大事なアイドルでしょう…」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 23:18:55 ID:RBRdlMMk

ちひろ「多分ですけど、2人とも無関係だと思いますよ」

ダンソンッ

ちひろ「志希ちゃんは一昨日からロケでタイにいってますし」

フィーザキー

P「ああ、ネプ○ューン名○さんの故郷訪問、でしたっけ」

ちひろ「晶葉ちゃんも昨日からラボに篭りっきりで外に出ていないそうです」

P「有力な容疑者にいきなりアリバイですか…」

ダンシンッ

P「じゃあちひろさん。何か飲ませました?」

オールナイッ


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 23:38:27 ID:RBRdlMMk

ちひろ「その2人の次に真っ先に疑われるのは流石に傷つきますよ?」

P「完全に日頃の行いじゃないですか」

P「まあ、ちひろさんの傷ついた心は課金で癒されるからどうでもいいとして」

ダンソンッ

フィーザキー


P「俺を中心に軽快に回りながら踊り続けているから、動けねぇ」

P「芳乃ー、こずえー、俺仕事したいんだよー。まだデスクワークが残ってるんだよー」

ドゥーザディーサーザ

コンサッ

P「聞いちゃいねぇ…」

ちひろ「プロデューサーさん何かしたんじゃないですか?それでこんな嫌がらせをされているとか…」

P「これ嫌がらせですか?」

ちひろ「他に何だと言うんですか」

P「鹿児島と高知の一部に共通して伝えられる儀式の舞、とか」

ちひろ「鹿児島県民と高知県民に土下座したほうがいいですよ」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/01(水) 23:52:59 ID:RBRdlMMk

ガチャッ

ありす「ただいま戻りました」

ちひろ「おかえりなさい、ありすちゃん」

P「おかえり橘さん。レッスンご苦労様」

ありす「ありすです。…あの、プロデューサーさん?」

P「どうした?」

ありす「いえ、その…」


ダンソンッ

フィーザキー


ありす「なんですか、これ」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 00:16:46 ID:VQPPpL52

P「この状況がどう見える?」

ダンソンッ

ありす「…」

フィーザキー

ありす「プロデューサーさんの周囲を軽快なステップで踊りながら回っている…」

ありす「芳乃さんとこずえさん、ですね」

タチバナサンッ

P「俺にもそう見える」

ケンザキー

P「で、どう思う?」

ありす「現実とは思えない光景ですね」

P「そうか…俺だけが見てる幻覚じゃないんだな…」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 00:31:35 ID:VQPPpL52

P「とにかくこのままじゃ身動きが取れないんだ、橘さん何とかできないか?」

ありす「ありすです。…仕方ないですね、プロデューサーさんの仕事に支障が出てしまっては困りますし…」

P「近づく時は気をつけろよ。結構なスピードで回ってるから弾き飛ばされないようにな」

P(まあ、橘さんはシッカリしてるからそんなドジは踏まないだろうが)

ありす「芳乃さん、こずえさん。プロデューサーさんが困ってますから、そのぐらいで…」

芳乃「ダンソンッ」シュタッ

こずえ「フィーザキー」シュバッ

ありす(近くに来ると予想以上に素早い…!)


ちひろ「なんだこれ」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 00:56:31 ID:VQPPpL52

ありす(確かに速いけど…捕らえられない程じゃあない!」ギンッ

ガシッ

ありす「芳乃さん、まずは止まってくださ芳乃「ニープラ!」ガシッメキッ

ありす「イチゴッ!」グェッ

ありす「」チーン


P(橘さんが芳乃の肩を掴んだ瞬間、目にも留まらぬヘッドロックでありすがオとされた…)


芳乃「シャチョサーン、シャッチョサーン」

こずえ「イェアー」

P(白目を剥いて気絶してる橘さんを左右から担ぎ上げて勝ち名乗りを上げている…)


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 01:32:24 ID:VQPPpL52

P(よし、2人が獲物に機を取られている隙にデスクに…)

芳乃「ダンソンッ」ババッ

こずえ「フィーザキー」ヒュンッ

P「速っ!」

P(一歩しか進んでないのにまた俺の周囲で回り始めた…)

ダンソンッ

P(しかも…)

フィーザキー

ドゥーザディーサーザコンサッ

P(さっきより段々加速していっている…)


※気絶したありすは千川が責任を持って仮眠室に移送しました


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 02:12:14 ID:VQPPpL52

ガチャッ

凛「ただいま」

P「おぅ、おかえ凛」ゴォォォォォ

ダンソンッ

凛「うわっ、何この風…って」

フィーザキー

P「ああ、その辺書類落ちてるから踏まないでくれな」

凛「事務所中、紙が舞い上がってるんだけど、なんなのこの強風。エアコンでも壊れた?」

P「いや、しいて言えば壊れたのは…」


芳乃「ドゥーザディーサーザ」ヒュンヒュンヒュンヒュン

こずえ「コンサッ」シュンシュンシュンシュン


P「この2人だな」

凛「」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 10:51:41 ID:VQPPpL52

凛(プロデューサーを囲むように何かが高速で回転してる…)

凛(事務所の中に旋風を巻き起こす程の勢いで、芳乃とこずえが延々と回り続けている)

凛(何を言っているのかわからないと思うけど、私も全然わからない)

P「下手に近づくなよ、危ないから」

ダンソンッ

凛「プロデューサーも凄い事になってない?」

フィーザキー

P「そろそろ呼吸が苦しくなってきたかなぁ…」フワッ…

ダッソッ

凛「いや、それヤバいでしょ」

フィッザッ

P「そうなんだよ、これじゃあ仕事出来なくてなぁ」フワッフワッ


ちひろ(プロデューサーさんちょっと浮いてる…)


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 11:08:47 ID:VQPPpL52

P「凛、何とかこの2人を止められないか?」フワフワ

凛「…やってみるよ」

凛(って、そもそもどうしてこうなったの?)

P「あ、芳乃は危険だから止めるならこずえからにしてみてくれ」

ドゥーザディーサーザ

凛「…?うん、わかった」

コンサッ


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 13:13:57 ID:VQPPpL52

凛(普段大人しいこの2人がこんな奇行に走るなんて…まあ、どうせ志希さんか晶葉かちひろさんの仕業だろうけど)

凛「こずえ、そろそろ止まろうよ。バターになっちゃうよ?」スッ

こずえ「ニーブラッ!」ガッ ガシッゴキッ

凛「ネバセッ!?」グェ

P「やっぱダメかぁ…」

凛「」チーン」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 14:13:53 ID:VQPPpL52

芳乃「センムー、センムー」

こずえ「イェアー」

P(泡吹いて失神した凛のスカートを脱がせながら勝ち名乗りを上げてる…)パシャパシャ

ちひろ「三代目も瞬殺でしたね」

P「しかも更に回転速度が上がってきました」フワフワフワフワ

ダッソッ

ちひろ「プロデューサーさん、もう1メートルぐらい浮いてますもんね」

フィッザッ

P(猛スピードで回ってるせいか、段々芳乃とこずえの声が…)

ダッ フィッ

ちひろ「ドップラー効果ってやつですね」

ダッフンダッ

P「本当にそろそろ何とかしないと、俺今日1日浮きっぱなしですよ」

ダメダコリャ


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 16:10:55 ID:VQPPpL52

バァンッ!

幸子「カワイイボクがただいま戻ってきましたよプロデューサーさん!」

P「おう、おかえり幸子」フワフワ

ちひろ「おかえりなさい」

幸子「って、何でプロデューサーさん浮いてるんですかっ!?」

スーザカー フィーザコー 

P「サイキックに目覚めたんだ」

スーザカー フィーザコー

ちひろ(いつの間にか踊りが変わってる…)


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 18:48:32 ID:VQPPpL52

幸子「プロデューサーさんの周りの竜巻みたいなのは何なんですかっ!」

P「芳乃とこずえだよ」フワフワ

スーザカーデシテー

幸子「何一つ意味が分かりませんよ!」

フィーザコーフワァー

ちひろ「この状況を理解できる人なんていませんよ」

P「ははっ、幸子はレッスン上がりなのに元気だなぁ」フワフワ ゴツッ

幸子「何ですか、そのしょうがない奴だなぁみたいな笑顔はっ!」

幸子「って言ってるうちにプロデューサーさんもう天井まで届いてるじゃないですか!」

P「うん、正直高いところ怖い」フワフワフワフワ


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 23:23:43 ID:VQPPpL52

幸子「しょうがないですね…まったくプロデューサーさんはボクがいないとどうしようもないんですからっ!」フンスッ

P(この状況は俺に何か落ち度があるのか?)

幸子「とりあえずこの2人を止めればいいじゃないですか、簡単でしょう」

P(アカン)

幸子「芳乃さん、こずえちゃん。ちひろさんに何をされたのか知りませんがそのぐらいで…」

芳乃「ニーブラ!」ガシッ メキッ

こずえ「ニーブラ!」ゴキッ メキャッ

幸子「カワイイッ!?」グェッ

P「幸子ー、下手に近づくと危ないぞって言いたかったんだけどな…」

ちひろ(って言うかサラリとこの事態を私のせいにしてましたよね、幸子ちゃん)


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/02(木) 23:49:35 ID:VQPPpL52

幸子「」チーン

P(左右から同時に飛びつき腕十時とはえげつない…)

芳乃「ヒラシャイーン、ヒラシャイーン」

こずえ「ウィアー」

P(涙と涎と鼻水垂れ流しで気絶した幸子の口の中にナスを詰め込みながら勝ち名乗りを上げている…)スタッ

P(まあ、幸子が犠牲になってくれたお陰で二人の動きが止まって着地出来た)

ちひろ「プロデューサーさん、さっきから普通にアイドルの娘を生贄にしてますよね」

P「そんなつもりはないですよ。あ、こら芳乃。キュウリは耳に入れるもんじゃないぞ」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/03(金) 01:09:24 ID:bOQsqVVw

ガチャッ

光「おはようプロデューサー!今日も一日芳乃「ニーブラ!」メキゴキッ

光「チェイスッ!?」グェッ

P「おは…おやすみ、光」

ちひろ「出勤、撲滅いずれもマッハでしたね」

P「なんか段々凶暴になってきてませんか?この2人」

芳乃「カチョサーン、カチョサーン」

こずえ「フワァー」

P(アヘ顔ダブルピースで失神してる光の下着を脱がせてパンツコウカーンしながら勝ち名乗りを上げている…)

ちひろ「地味にこのまま続くとウチのアイドル全滅しませんか?」


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/04(土) 00:45:41 ID:Ia736O3c

P「仕方ない…そろそろ本気で何とかしないと」

スーザカー フィーザコー

ちひろ「最初から本気出してください」

スーザカー フィーザコー

ちひろ「今まで散っていった娘達は何だったんですか」

フィソファソカイーノ

P「もちろん皆の犠牲は無駄ではありませんよ」

スイースイー

P「お陰で芳乃とこずえの技は既に見切りました」

アーッ

P「橘さん、凛、光…お前達のお陰だ」

アーッ

ちひろ(あ、幸子ちゃんの犠牲は無駄なんですね)


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/04(土) 02:00:35 ID:Ia736O3c

P「何がお前達をこんな風にしてしまったのかは俺にはわからない…」

P「しかし俺はお前達のプロデューサーだ。こんな姿のお前達をこれ以上見たくない」

P「だから見ててください、俺の」

ちひろ「さっさとやれハゲ」

P「ウィ」ハゲテネーシ フワッフワダシ


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/04(土) 02:15:45 ID:Ia736O3c

ちひろ「で、何か策があるんですか?」

P「まあ見ていてください」

芳乃「ダンソンッ」

こずえ「フィーザキー」

ちひろ(不用意に近づいてるようにしか…)

P「芳乃、こずえ」スッ

芳乃「ニーブラ!」シュッ

こずえ「ニーブラ!」シュッ

ちひろ「言わんこっちゃない!」


P「ニーブラ コンサッ ニーブラ!」ガッガシッ メキッ

芳乃「デシテッ」グェッ

こずえ「フワァッ」グェッ


ちひろ「普通にやり返しやがったコイツ!」


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 00:34:55 ID:xJPf2WcM

ちひろ「ようやく収まりましたね」

ちひろ「芳乃ちゃんもこずえちゃんも人様には見せられない顔になってますけど」

P「一瞬でもタイミングを見誤れば俺がニーブラされていたところでした」

P「俺が勝てたのは唯の運です」

ちひろ「あ、はい。もうどうでもいいのでさっさと仕事してください」

P「ええ。でもその前に2人をこのままにはしておけませんし、仮眠室に運んできますね。2時間ほどで戻ります」

ちひろ「どうしてそんな時間が掛かるんですか」

P「どうしてって…」

芳乃「」チーン

こずえ「」チーン

P「…ねぇ?」


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 01:24:34 ID:xJPf2WcM

ちひろ「何ですかそのねぇ、は。物凄く不安を煽られるんですけど」

P「はっはっはっ」

P「では。終わったら…じゃなくて寝かせたら仕事に戻りますから」

ちひろ「終わるって何ですかちょっと待ってくださいプロデューサーさん!」

P「ニーブラ!」ガシッメキッ

ちひろ「カキンッ!」グェッ

P「制服の色が目に優しいことしか取り柄のない悪鬼羅刹に俺の理想郷(アヴァロン)の邪魔はさせませんよ」

ちひろ「」チーン


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 01:41:52 ID:xJPf2WcM

翌日

P(芳乃とこずえは重度の筋肉痛で今日は休みだ。無理もない、昨日は半日近くずっと踊り続けていたんだしな)

P(犠牲になった橘さん、凛、光も大事を取って今日はオフにした)

P(幸子は無断欠勤だろうか。まだ事務所に顔を出さない。何かあったのだろうか)

P(ちひろさんは首を痛めたとか何とかで今朝から病院にいっている。お陰で俺は2人分のデスクワークをする羽目になっているではないか)



P「結局、昨日のアレは何だったんだろうな…」

P(夢と思うにはあまりに犠牲者が出すぎた)

P(それに何より…)


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 02:02:12 ID:xJPf2WcM

時子「ダンソンッ」

まゆ「フィーザキー」


P「終わってねぇし」

P「…まあいいや。おい、出番だぞ」ズリズリ

森久保「な、なんですか…もりくぼは関わりたくないですそっとしてあげていてください…」

P「嫌な事から逃げ続けることは出来ないんだ。どこかで歯を食いしばって、立ち向かわなければいけない時があるんだよ」

森久保「そ、それは別に今じゃあないですよね…?」

P「うん」ヒョイッ

ムーリィー ニーブラッ! テバサキッ!


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 02:04:07 ID:xJPf2WcM

これが後にアイドル業界に語り継がれることになる「ダンシングフィッソン事件」の発端である。


もし突然、あなたの身の回りの人が踊り出し、回り出し、ヘッドロックを繰り出すようになったら…。

これは明日にでも、誰の身にも起きうる話なのだから…。

ダンソンの闇は深い

ダンソンに踏み込むには人類は余りにも無力で、無知すぎるのだ



P「まぁイチゴパスタ投げつけたら一発で正気に戻ったんだが」



オツカーレ


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/07/05(日) 02:15:48 ID:xJPf2WcM

.後書.

書き始めたSSは完結させるのが作者の使命ではないのか…!

…初めて書いたSSがコレってどうよ、どうなのよ…。

とりあえず来月のドライブの映画が楽しみすぎる



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿