TOP > 僕のヒーローアカデミア > 勝己「死ねカス!」 デク「うるさいなぁ」

勝己「死ねカス!」 デク「うるさいなぁ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:26:46 ID:L5uQKRDQ

勝己「死ねカス! 死ねカス!」

デク「うーん……もうこんな時間か」ポチッ

デク「かっちゃん目覚ましは効果てきめんだなあ」ゴシゴシ


……気温は30度を突破し、真夏日……

デク(特に目立ったニュースもなさそうだ)


デク「行ってきます」ガチャ

デク「あ」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:30:09 ID:L5uQKRDQ

勝己「あ?」バッタリ

デク「おはようかっちゃん」

勝己「うるせえ」スタスタ

デク「……」

勝己「……」

デク(気まずい……)

勝己「おい」クルッ

デク「えっ? な、何か用!?」

勝己「ついてくんじゃねえ」

デク「いや、でも学校こっちだし……」

勝己「じゃあてめーが先歩け」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:34:07 ID:L5uQKRDQ

デク「え、いいの?」

勝己「ストーカーみてえで気分悪いんだよ」

デク「じゃあ、お先に……」スタスタ

勝己「……」

勝己「やっぱムカつくから後ろ歩け」

デク「だよね」ホッ

勝己「……」

デク「……」

勝己「俺の後ろに立つな!」クルッ

デク「どうしろと!?」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:42:51 ID:L5uQKRDQ

デク(結局遠回りしてしまった……)

デク「おはよう」ガチャ

お茶子「デクくんおはよう!」

飯田「おはよう。緑谷くんにしては遅いな」

デク「いや、色々あって……」

勝己「ふん」

上鳴「今日もクソ暑いよな。五月とか嘘だろ」

切島「もう真夏日だもんなー」

上鳴「轟とか溶けてるんじゃねえか」チラッ

轟「……」

上鳴「ガン無視いただきました~!」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:47:18 ID:L5uQKRDQ

上鳴「俺暑いの嫌いなんだよな。早く冬になんねえかな」

轟「冬になったら夏がいいとか言い出すんだろ?」

上鳴「よく分かってんじゃねえか」

峰田「なんでだよ! 夏のほうがいいに決まってんだろ!」ガタッ

上鳴「落ち着け、今はまだ騒ぐべき時じゃない……」

葉隠「でもこう毎日暑いと大変だよね」ポイポイッ

尾白「葉隠さん!? 服着よう!?」

峰田「夏最高」グッ

デク「……」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:50:44 ID:L5uQKRDQ

デク(普通だ……)

デク(そろそろ何か事件が起こってもよさそうなのに)

デク(誰か様子のおかしい人はいないかな?)キョロキョロ

青山「どうしたんだい? いくら僕が眩しいからって」

デク(誰か様子のおかしい人はいないかな?)キョロキョロ

お茶子「デクくん? どうしたの?」

デク「えっ? いや、なんでもないんだ」

デク(授業中に何かが起こるはずだ。かっちゃんが腱鞘炎になるとか)


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 22:58:01 ID:L5uQKRDQ

授業中

デク「あっ」

デク(鉛筆を忘れてきてしまった!!)

デク「かっ……」

デク「……」

デク「ちゃん、鉛筆貸してくれないかな……?」コソッ

勝己「あとで返せよ」スッ

デク「あ、ありがとう……大事に使うね、シャー芯……」

瀬呂「意地わりーなお前。ほらよ緑谷」スッ

デク「瀬呂くん……!」ウルッ

瀬呂「お、おう。泣くほどか?」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:04:30 ID:L5uQKRDQ

峰田「あっ」コロコロ

峰田(消しゴムを落としちまった!!)

峰田「……」カガミ

峰田(なんてこった……)

峰田(この席じゃ女子のパンツが見えねえ……!!)

峰田(いや、耳郎がギリいけるか……?)ジーッ

八百万「峰田さん、消しゴムが見つからないんですか?」

八百万「これならなくす心配はありませんわ」ズシッ

峰田「ジャンボレーダーじゃねえか!! でもエロいから許す!」グッ

相澤「授業中に脱衣すんな」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:10:26 ID:L5uQKRDQ

昼休み

デク(特に何も起こらなかった……!!)

デク「どうなってるんだ……まさか誰かの陰謀……?」ブツブツ

お茶子「今日のデクくん、何かヘンだよ?」モグモグ

飯田「休んだらどうだ? 疲れをためるのはよくないぞ」

デク「いや、全然大丈夫なんだ!!」

デク(大丈夫すぎると逆に不安になる!! 悪い癖だこれ……)


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:17:05 ID:L5uQKRDQ

上鳴「飯食い終わったら空き教室行ってモンハンやろうぜ」ヒソヒソ

瀬呂「おいおい、委員長にバレたらどうすんだよ」

上鳴「バレなきゃいいんだよ」

飯田「モンハンというのはなんだ?」

上鳴「えっ!? いやーその、すげえ知的な遊びだよ」

飯田「遊び!? 学校は遊ぶ場ではないぞ」

瀬呂「アホ! 墓穴掘ってんじゃねー」

切島「でも時には息抜きも必要だぜ」

飯田「確かにそれもそうだが……」

芦戸「じゃあみんなでUNOやろうよ!」

瀬呂「修学旅行か!!」

デク(UNOか……嵐の予感がするぞ……かっちゃんが深爪するとか)


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:30:47 ID:L5uQKRDQ

勝己「スキップ」

デク「え!? また!?」

飯田「ワイルドカードだが……色を変えるのはフェアではない!」

上鳴「マジメか!」

芦戸「はい! ドロー2だよ!」

青山「警戒されるのは実力者の宿命☆」

お茶子「なんか楽しいなー、こういうの!」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:38:01 ID:L5uQKRDQ

勝己「スキップ」

デク「かっちゃん、スキップ何枚持ってるの?」

瀬呂「爆豪楽しんでんなー!」

勝己「UNOは遊びじゃねえんだよ」

切島「目がマジじゃねーか!」

青山「それでも勝つのは僕さ☆」

芦戸「ワイルドドローフォーカードだよ! 赤!」

青山「」

お茶子「困ったなあ、青と緑しか持ってへんわ」

上鳴「いや、言っちゃダメだろそれww」

勝己「スキップ」

デク「か、かっちゃん……」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:44:22 ID:L5uQKRDQ

芦戸「楽しかったー! またやろうね!」

飯田「なかなか奥が深いゲームだな……」

上鳴「まさか麗日が一抜けるなんてなー」

勝己「次はぶっ殺す」

お茶子「こ、これでおあいこだね……!」

デク「……」

デク(な、何事もなく終わってしまった……!!)

デク(平和すぎる……いや、良いことなんだけど……)


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:53:07 ID:L5uQKRDQ

午後の授業

デク(訓練……確実に何かが起こるはずだ。かっちゃんが寝ちがえるとか)

飯田「先生! 今日はどんな訓練を行うのですか!?」

オールマイト「まさしく! 避難訓練さ!!」

一同「学校か!!」

オールマイト「避難訓練とて侮ってはいけないぞ!」

オールマイト「とっさの状況にうまく対応できるかどうかが運命を分けるのだ!」

耳郎「ハイ先生」スッ

オールマイト「何かな!?」ビシッ

耳郎「それ事前に予告しちゃ意味なくないすか?」

オールマイト「あっ」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/27(水) 23:56:52 ID:L5uQKRDQ

ジリリリリリリ

瀬呂「……んじゃ、張り切っていきますか~」

上鳴「ねみー」ファ-

飯田「押さない! 走らない! 喋らない!」キリッ

切島「お前が一番うるせーって!」

デク(なんだか、気が抜けるなあ……)

常闇「気を抜くな。危険は常に身近に潜んでいる」

デク「そ、そうだよね! これから何か起こるかもしれないし!」

常闇「期待しているのか?」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:12:03 ID:Kp0lI4x.

掃除

デク(掃除の時間だって危ないぞ。かっちゃんがタンスの角に足の小指をぶつけるとか)

上鳴「ゴミを木に変える個性とかありゃ楽なんだけどな」

轟「テストの時には睡眠学習の個性が欲しくなるんだろ?」

上鳴「よく分かってんじゃねえか」

飯田「口を動かすより手を動かすんだ!」サッサッ

葉隠「すごいよ! 小さいおじさん見つけちゃった!」

尾白「え? どこに?」

葉隠「心の清い人しか見えないんだよ!」

尾白「俺には君が見えないよ葉隠さん」

デク(平和だ……)


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:16:56 ID:Kp0lI4x.

放課後

デク「……」

デク「結局何も起こらなかった!!!」

デク「そんな……かっちゃんが突き指ひとつしないなんて……」

梅雨「退屈しているのね緑谷ちゃん」

デク「あ……すぁ、っゆちゃん」

梅雨「努力は認めるわ」

デク「別に退屈とか、そういうわけじゃないけど……」

デク「今日は何もかも普通で……何というか、これでいいのかなあって思うんだ」

梅雨「そうかしら」

デク「えっ?」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:23:13 ID:Kp0lI4x.

梅雨「むしろこういった日常のほうが貴重だとは思わない?」

梅雨「入学してからいろいろ大変だったでしょう」

梅雨「腕を折ったりヴィランに襲われたり指を折ったり足を折ったり……」

デク「た、確かに否定できない……」

梅雨「これからもきっと大変なことが起こると思うわ」

梅雨「だから、たまにはこんな日常があってもいいんじゃないのかしら」

デク(……そうだ、当たり前の日常……)


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:30:47 ID:Kp0lI4x.

デク「ありがとう。大事なこと忘れてたよ」

デク「何でもないようなことが、幸せなんだよね……!」

梅雨「妙に既視感がある台詞だわ」

デク「今日も平和でよかった。そう思わなくちゃ」

梅雨「ええ。変わったことがなくても毎日が大切なのよ」

梅雨「それじゃあ、私は障子ちゃんの尾行があるのでもう帰るわ」

デク「うん、また明日!」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 00:39:13 ID:Kp0lI4x.

デク「あ、かっちゃん待って!」

勝己「待たねえ」スタスタ

デク「これ……シャー芯返すの忘れてたから」スッ

勝己「いらねえ」

デク「え!?!? くれるの!!?」

勝己「うるせえ」

デク(か、かっちゃんが僕に物をくれるなんて……)


デク「今日はとっても楽しかったね」

デク「明日はもっと楽しくなるよね、爆発さん太郎!」

勝己「死ねカス!」


おしまい
どうでもいいけど速報で書いたらかっちゃんのセリフがピーだらけになるなあと思いました


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/05/28(木) 02:21:31 ID:3cJJ.q5w

乙乙

メ欄にsaga入れると表示されるで



『僕のヒーローアカデミア』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿