TOP > シンデレラガールズ > モバP「美嘉が風邪をひいた」

モバP「美嘉が風邪をひいた」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:08:19.79 ID:XBikc3Hv0

モバマスSSです
モバPがP表記です
一応お姉ちゃんも出てきますが妹の方が出るかも
キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字などがあるかも
良かったら見ていってください


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:09:43.01 ID:XBikc3Hv0

P「すいませーん」

ピンポーン

ガチャッ

莉嘉「あれPくん!?どうしたの!?」

P「美嘉が風邪引いたって聞いたんだが」

莉嘉「あ、そっか!お見舞いに来てくれたんだね☆」

P「忘れてたのか…」

莉嘉「ち、違うよ!」

P「ほんとかー?」

莉嘉「ほんとだってば!」

P「怪しいなー」

莉嘉「もー!Pくんのバカ!」

P「バカで悪いか!」

莉嘉「悪い!」

P「何をー!」



美嘉「…何してんのさ」

莉嘉「お姉ちゃん!大丈夫?」

美嘉「まあ大丈夫…で…プロデューサー?」

P「ああ悪いな美嘉、起き上がらせちまって」

美嘉「いいのいいの★えほっえほっ…」

莉嘉「もー無理はダメって言ったじゃん!」

美嘉「無理なんてしてないってば…」

P「まあとりあえず上がっていいか?」

美嘉「あ、うん、どうぞどうぞ★」

莉嘉「どうぞどうぞ☆」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:11:03.50 ID:XBikc3Hv0

P「お邪魔しまーす…と、あれお母さんはいないのか?」

莉嘉「今お父さんと旅行中!」

P「えっ2人置いてか?」

美嘉「それが何でもペアらしくってさ~…まあアタシがいるから行ってきなよって言ったわけだけど…」

P「見事に風邪を引いたわけだ」

莉嘉「もー困っちゃうよね!」

美嘉「うっ…ごめんねほんと」

P「まぁまぁ…なら丁度よかった、色々買ってきておいて正解だったな」ドサッ


美嘉「わっ…ごめんね?アタシの為にわざわざ…」

P「これぐらい大丈夫だって、莉嘉入れるの手伝ってくれ」

莉嘉「りょーかいっ!」

P「今から夜飯作るから美嘉は横になってな」

美嘉「いやいや流石に悪いって!これぐらい大丈夫だから!」

P「風邪人は黙って寝てりゃいいんだよ、ほら行くぞ?」

美嘉「う、うん…」

莉嘉「いいなー!アタシも風邪ひけば良かった☆」

美嘉「馬鹿な事言ってるとほんとに風邪ひくよ?」

莉嘉「そしたらPくんに見てもらうもん!」

P「悪いが2人は見れないかな…」

莉嘉「じゃあお姉ちゃんが治ったら!」

P「…考えとく」

莉嘉「もー!それしないやつじゃん!」

P「はっはっは、大人はズルいんだ!美嘉連れていくから飲み物とか入れておいてくれ」

莉嘉「むー!今度どっか連れてってよね!」

P「それぐらいならお安い御用」

莉嘉「ほんとっ!?」

P「どこ行くか考えときな」

莉嘉「はーいっ!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:14:19.22 ID:XBikc3Hv0

莉嘉「もー勝手にアタシのせいにしないでよねー!」

P「あんまり言ってやるな…今はそっとしておいておこう」

莉嘉「えー…Pくんが言うならそうする」

P「よしよし、そういえば行きたい場所決まったか?」

莉嘉「うん!えーっとねー、カラオケでしょー!ボウリングでしょー!そう!この前周子ちゃんとダーツ行ったんでしょ!?アタシも行きたーい!」

P「…日にちは合わせるからどれか一つな」

莉嘉「選べないよー」

P「今度は一つでもまたいつか連れてってやるから、今行きたいやつだけ選んでおきなさい」

莉嘉「うー…分かった☆」

P「えらいえらい…」ナデナデ

莉嘉「えへへー☆」



P「さて、ご飯作るぞ」

莉嘉「何作るのー?」

P「できれば莉嘉の好きな物…といきたいところだけど美嘉が食べれるような優しいものかな」

莉嘉「優しいものか~…ハンバーグ!」

P「胃にダイレクトアタックしちゃう」

莉嘉「じゃあカレー!」

P「風邪の時にカレーってどうなんだろうな?甘口ならまあ一応候補にいれるか」

莉嘉「うーん…優しいもの…スパゲッティ?」

P「麺か~…うーんこれも候補かな」

莉嘉「もー!じゃあ何がいいのー!」

P「何か美嘉が好きな物とかないか?好きな物食べれば元気も出ると思うし」

莉嘉「お姉ちゃん何でも食べるタイプだからな~…」

P「好き嫌いしないとか流石だな」

莉嘉「あっ!」

P「おっ?」

莉嘉「この前久々にうどんが食べたいって言ってた!」

P「とても女の子から食べたいって出てくる食べ物じゃねえな」

莉嘉「でも美味しいよ?」

P「それは分かってるけど仮にもギャルだし」

莉嘉「いいじゃん!うどん系ギャル!」

P「もう訳わかんねえよ…でもうどんか、確かに良さそうだな」

莉嘉「でしょでしょ!」

P「うどんは流石に買ってねえから買い物に行くか」

莉嘉「レッツゴー☆」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:15:45.41 ID:XBikc3Hv0

~スーパー~


P「さて…まずうどんだからダシと麺…具材はあんまりあると体に悪い気がするから卵とネギぐらいでいいかな」

莉嘉「卵はウチにあるよ☆」

P「なら買うのはダシとネギと麺…4袋ぐらい買っておくか?」

莉嘉「明日も食べるかもしれないしね☆」

P「ならそういう事で…」



周子「あれ、Pさんと莉嘉ちゃん?」

莉嘉「あっ!周子ちゃん!」

P「うお、凄い偶然」

周子「ほんとにねー、ところで2人で何してん?デート?」

莉嘉「そうっ!」

P「違う」

周子「どっちやねーん」

莉嘉「えへへ、ほんとはお姉ちゃんが風邪だから代わりにお買い物!」

P「ほら、今日美嘉が風邪だからって送ったろ?」

周子「ああなるほどね~。偉いねー莉嘉ちゃん、何か買ってもらいなよ」

P「おうコラ」

莉嘉「お菓子買ってくるー!」ピューン

P「おい!…せめて三つまでなー!」

周子「三つも買ったげるんや…」

P「まあ他に買うもんも無いしな、で周子は何してんだ?」

周子「いや~普通に買い物よ?朝とかの買い物みたいな?」

P「寮なのにか?」

周子「いやー…それはそれ的な?」

P「…俺の目を見てもう1辺言ってみろ」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:17:08.19 ID:XBikc3Hv0

周子「……」

P「……」



周子「いやーん恥ずかしい~♪」

P「誤魔化すな!」

周子「ほら、乙女の秘密ってことでここは」

P「俺はプロデューサーだからウチのアイドルが何をしているか知る権利がある」

周子「パワハラだー!」

P「ちげえよ!」

フレデリカ「あれ、プロデューサー?」

周子「あ、フレちゃん鶏肉あったー?」

フレデリカ「あったよー♪1000個ぐらいあったから選ぶの大変で迷っちゃった~」

P「そんなにあってたまるか」

フレデリカ「あ、そうだ!何でプロデューサーがいるのー?」

周子「かくかくしかじか」

フレデリカ「お固いフレデリカ~♪」

P「ここでコント始めるな、目立ってる目立ってる」

アレフレデリカジャネ?
ソノトナリシュウコチャンジャン!
イベント?
トナリノオトコダレ?
カレシ?
ドッチノ?

周子「やっば…それさっさと買って帰っちゃおう!」

フレデリカ「賛成~これからも応援よろしくシルブプレ~♪」チュッ

P「あっ待て逃げんな!…結局何するか聞けなかった…」

莉嘉「Pくん!買う物持ってきたよ!」

P「よし、急いで買って帰るぞ」

莉嘉「なんで?」

P「理由は後で話すから」

莉嘉「分かった!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:20:51.97 ID:XBikc3Hv0

~城ヶ崎ハウス~


P「は~…疲れた」

莉嘉「で結局何だったの?」

P「周子の他にフレデリカがいてな、そしたら色々あって客にバレて目立ってたからめんどくさい事になってな」

莉嘉「なーんだ、それぐらいなら握手とかしてあげればいいじゃん!」

P「そういうのはああいう所じゃダメなの…」

莉嘉「えー!なんでー!?」


P「店にも迷惑かかるし知らない客も迷惑かけちゃうだろ?そういうのは許可とってやらないとうるさいんだよ」

莉嘉「むー…」

P「納得しなくていいよ、そのうち分かる」

莉嘉「…絶対握手とかしてあげた方がいいと思うんだけどなー」

P「その気持ちは握手会とかで見せてやればいいさ」

莉嘉「はーい」

ピロン

P「うん?LINEが…」

周子『さっきのやつフレちゃん達と暑くなってきたし鍋しようっていう意味不明な買い出しだからね~。男とかじゃないから安心してね~』


P『言い出しっぺは志希かフレデリカ辺りか?後男とか関係ないから』


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:24:35.30 ID:XBikc3Hv0

莉嘉「誰々ー?」

P「周子がフレデリカ達と鍋するんだってさ」

莉嘉「いいな~アタシも行きたかったな」

P「また言えば誘ってくれるさ」

莉嘉「そうだよねっ!今はお姉ちゃんの為に頑張らないと!」

P「そうだな、じゃあうどん作るか」

莉嘉「おー!」

~アイドル調理中~




莉嘉「できたー!」

P「よし、じゃあ美嘉呼んできてくれ」

莉嘉「はーい!」

莉嘉「お姉ちゃーん!起きてー!ご飯できたよー!」ユサユサ

美嘉「うん…莉嘉…?今何時…?」

莉嘉「7時だよ!」

美嘉「…えっ!?もうそんな時間!?」

莉嘉「ほらほら!早く行かないと冷めちゃうよ?」

美嘉「分かった分かった!顔整えるから先下行ってて!」

莉嘉「はーいっ☆」



P「起きたか?」

莉嘉「うん!今へんしんちゅー☆」

P「変身?化粧の事か?なら座って待ってようか」

莉嘉「うん!じゃあPくんの隣ー☆」

P「あー、割り箸貰えるか?」

莉嘉「あそっか!取ってくる!」

P「悪いな」

莉嘉「大丈夫!」

美嘉「おはよー…」

P「おはよう美嘉」

美嘉「…あ」

P「ん?」

美嘉「ちょっと…こっち見ないで…///」

P「えっ…何か…すまん…」

美嘉「あっ違うの!!その…今メイクとかあんまりだから…その…ね?」

P「ああそういう事か…それなら大丈夫だって、何もしてなくても可愛いよ」

美嘉「…ありがと」

莉嘉「はいこれPくん!」

P「ああサンキューな」

莉嘉「ほら!早く食べようよ!」

美嘉「そうだね★」

P「じゃあ」

「いただきます☆★」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:26:07.11 ID:XBikc3Hv0

美嘉「はふはふ…ん~おいし~!これPが作ったの!?」

P「莉嘉も手伝ってくれたよ」

莉嘉「ふふん」エッヘン

美嘉「どうせほとんどPがやったんだろうけどね~」

莉嘉「そ、そんなことないもん!」

P「まあまあ…美味しいなら良かったよ」

美嘉「これだったら風邪だって事忘れちゃうぐらい食べれるね★」

P「えらい高評価だな」

莉嘉「美味しいから大丈夫だよ!」

P「かな子が移ってるぞ」

美嘉「お腹に入れたからちょっと良くなったかも?」

P「うどんすげえ」

莉嘉「うどんって言ったのはアタシだよ☆」

P「そうだな、発案者がいなかったらカレーになるところだった」

美嘉「流石にカレーはちょっと…」

P「冗談だよ(危うくなりそうだったけど)」

莉嘉「Pくんおかわり!」

P「早っ!もう食べたのか」

莉嘉「えへへ~」

美嘉「褒めてない褒めてない」

P「こりゃ明日の分ねえな」



「ごちそうさまでした☆★」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:27:43.85 ID:XBikc3Hv0

美嘉「は~風邪じゃなかったらな~…もっと美味しかったんだろうな~」

P「また作ってやるよ」

美嘉「今度はPの家で?」

P「何でそうなるんだよ」

美嘉「たまにはイイじゃん?それにどんな家なのか見たいんだよね★」

P「辞めてくれ…散らかってるから」

莉嘉「もーダメだよPくん!ちゃんと片付けなきゃ☆」

美嘉「り~か~!?毎回アタシの服どっかにやるのはどこの誰だっけ~!?」

莉嘉「うっ…」

P「風邪を引いてもお姉ちゃんはお姉ちゃんだな」ハハハ

美嘉「莉嘉が悪さしないようにちゃんと見てないとね★」

莉嘉「風邪の時ぐらい休んでいいんだよ☆」

美嘉「お姉ちゃんは年中無休です」

莉嘉「たまにはアタシがお姉ちゃん☆」

美嘉「心配しかないね」

P「心配だな」

莉嘉「Pくんまで!?」

美嘉「ふふっ、莉嘉はずっとアタシの妹でいいのっ★」

莉嘉「へへーん、自慢の妹だよ☆」

美嘉「勝手に自慢を付けないの!」

莉嘉「いいでしょ☆」

P「まあいいんじゃないか?」

莉嘉「ほら!Pくんも言ってくれてるし☆」

美嘉「もー…あんまし調子乗っちゃダメだかんね?」

莉嘉「分かってるって☆」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:29:58.16 ID:XBikc3Hv0

ピロン

P「ん、悪い。ちょっといいか?」

美嘉「あ、じゃあ片付けとくね」

莉嘉「もー、お姉ちゃんは休んでて!」

美嘉「こんなにやってもらったのに何かやらないと悪いでしょ?」

P「休んでなって、お返しは治ってからでいいよ」

美嘉「…Pがそう言うなら」

「志希とフレデリカと周子が倒れました。この子達を回収してそれぞれ返してください 」

「何があった」

「それは後で」

「分かった今行く」

「なるべく早くよろしくね」


P「あー…悪い。もう帰るわ」

莉嘉「えーもう帰っちゃうの?」

P「ちょっと用事ができた、それにあんまりいるのも悪いしな」

莉嘉「あたしは全然いいんだけどな~♪」

P「今度行くって約束したから今日はこれでな」

莉嘉「むー…」

美嘉「もうほらP困ってるから!風呂入ってな」

莉嘉「はーい…」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:30:30.26 ID:XBikc3Hv0

P「んじゃ、美嘉も気を付けてな」

美嘉「色々ありがとね今日は★ほんと助かった~」

P「お安い御用さ。じゃあまた」



美嘉「うん、じゃあ」



P「…あ、それと」

美嘉「どうかした?」


P「はい、これ」

美嘉「…これは」

P「うん、買い物行った時ついでだが…」

美嘉「……すっごい嬉しい」

P「なら良かった、んじゃ」





莉嘉「あー!もうPくん帰っちゃったの!?」

美嘉「用事って言ってたでしょ?また明日会えるから我慢しな」

莉嘉「アタシも見送りたかったな~…あれ、それ何貰ったの!?」

美嘉「へへーん、秘密だよ★」

莉嘉「えーズルーイ!」



美嘉(…流石に莉嘉にも言えないな…だって…)



美嘉(こんないいもん…今開いたらダメだもんね★)


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 23:32:54.55 ID:XBikc3Hv0

おわり
美嘉は莉嘉の前だと弱い所を見せないと思うんですよね…でも表情は多分メス
美嘉と莉嘉の姉妹感もっと上手く書けるようになりたいです…


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 01:18:55.06 ID:1e9skiPK0


よかった



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿