TOP > 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる > 真涼「鋭太に関する100の質問?簡単ね」鋭太「おい」

真涼「鋭太に関する100の質問?簡単ね」鋭太「おい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 23:43:50.36 ID:1wR1X5Hz0

カオル「季堂鋭太のことをもっと知りたい!」

カオル「クイズ、『季堂鋭太の100の事!』」

姫香「わーい、どんどんぱふぱふー」

千和「え?なにこれ?なにこれ?」

真涼「ふふふ、本日の部活内容はこれです!」

真涼「『季堂鋭太の100の事!』」

姫香「わーい、どんどんぱふぱふー」

千和「え?なにこれ?なにこれ?」

真涼「ふふふ、本日の部活内容はこれです!」

愛衣「ちょっと!ループさせないでくれる!?」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 23:45:28.15 ID:1wR1X5Hz0

カオル「えーと、今回司会をさせていただく、遊井カオルです」

千和「イエーイ!カオルくんー!」

カオル「チワワちゃん、イエーイ」

姫香「ぱふぱふー」

カオル「その楽器気に入ったの?」


バンッッッ!


真涼「皆さん!お静かに!」

真涼「私から本日の部活動の主旨を説明させて貰います」

カオル(司会は僕なんだけどな~)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 23:50:13.01 ID:1wR1X5Hz0

真涼「まず、鋭太くんは隣の部屋に一人で閉じ込めています」

真涼「次に、鋭太くんはこっちの部屋の様子が一切わかりません」

千和「じゃあ、あたしはえーくんの所に行ってくるねっ」

姫香「わたしもエイタと一緒がいい」

愛衣「もうっ、これは部活動なのよ!少しは落ち着いて話を聞きなさい」

真涼「そうですよ。これは部活動。大切な意味があります」

千和「あはははは。冗談だよ。冗談っ♪」

姫香「残念…」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 23:54:49.14 ID:1wR1X5Hz0

愛衣「あっ、私、風紀委員の活動で呼ばれたから…ちょっと行ってくるわね!」

真涼「ちょっと待って下さい」

愛衣「え?何?私、忙しいんだけど」

真涼「風紀委員室は、廊下に出て右の方のはずですが?」

千和「…なんで、左の方に行こうとしたの?」

愛衣「え?そ、そうだったかしら?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/14(日) 23:58:05.20 ID:1wR1X5Hz0

真涼「あと、携帯が鳴った訳でもないのに、どうやって風紀委員の方から呼ばれたんですか?」

愛衣「あれー?変ね~。携帯が鳴ったような気がしたんだけどな~」

姫香「マスター…もしかして、エイタの所に一人で行くの?」

愛衣「違うわよ!何で私が季堂くんの所にいかなきゃいけないの!」

真涼「では、どこに行こうとしたんですか?」

愛衣「あっ、色々と気のせいだったみたい。あははは」

真涼「気のせいなら仕方ありませんね。続きに入ります」

千和「えぇ!?それですませるの!?」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:02:42.00 ID:fZ+6PvHA0

真涼「まあ、簡単に言うと、鋭太くんに100個質問をします」

真涼「たとえば、『鋭太くんの好きな食べ物は?』って感じです。」

真涼「乙女の会のメンバーは、鋭太くんの答える内容を予想してください」

真涼「ちなみに先ほども言いましたが、鋭太くんは別室。脅しなどは意味がありませんので」


千和「ええー面倒くさいよー。肉食べたいー」

姫香「みんなでクイズ大会?面白そう」ワクワク

愛衣「まあ?タッくんの意外な一面を知る良い機会だから、参加してあげない事もないわ…とか思ってないんだからねっ!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:07:00.57 ID:fZ+6PvHA0

真涼「最後に景品として、鋭太くんと一日デート券を発行します」

千和「なっ!?」

姫香「エイタを一日好きにしていいの?」

愛衣「で、デートですって!?高校生でハレンチよ!」

愛衣「仕方ないから私が没収するわね。早くその券を私に渡しなさい!」

カオル「あーちゃん…」


真涼「ち・な・み・に。デートの邪魔は禁止とします。これは初めに決めておきましょう」

千和「いいよ。それを決めないと、どっかの顔だけ彼女さんが邪魔にくるかもしれないしね」

真涼「ええ、どっかのチワワさんが匂いを嗅ぎつけて邪魔をしてくるかもしれませんしね」

姫香(鋭太と一日お布団デートがしたい。一緒にずっとゴロゴロしたい)

愛衣(これで既成事実を作っちゃえば…)

愛衣(……………………)

愛衣(いやぁん♪愛衣ちゃんまた大勝利しちゃうかも?)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:10:36.24 ID:fZ+6PvHA0

千和「…」

千和(このクイズは、えーくんと付き合いが一番長いあたしにとても有利!)

千和(絶対に勝って、夏川よりあたしが良い事をえーくんに思い知らせてあげる!)



真涼「はいはい。皆さん妄想に浸るのはいいですが、一つ忘れていますよ?」

千和「なによっ」

真涼「相手がこの彼女である私という事です」

真涼「ええ、私は鋭太くんの事なら何でもわかります」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:14:28.50 ID:fZ+6PvHA0

真涼「例えば体のほくろの数など、あなた達が知らないような事まで……ふふふふ」

愛衣「いや、さすがにそれは無いでしょう」

千和「ふんっ!そんな事を言ってられるのも今のうち!泣き顔…負け犬の遠吠え…えーと」

愛衣「もしかして、『吠え面』?」

千和「そうそれ!あとで吠え面をかいても遅いんだからねっ」

真涼「その言葉、そっくりお返ししますわ」


千和「」バチバチバチバチ
真涼「」バチバチバチバチ


カオル「え、えーと、じゃあ始めていいかな?」

真涼「どうぞ!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:18:30.57 ID:fZ+6PvHA0

カオル「第1問 季堂鋭太の彼女であり、羽根ノ山高校一番の美人で、成績優秀な人は誰?」


姫香「答えは会長?」

真涼「ふふふっ。簡単ですね」

千和「ちょっと待ったーーーーー!」

愛衣「疑問に思わなかった私もあれだけど、この問題って誰が作ってるの!?」

カオル「僕は夏川さんから問題のリストを貰ったよ?」


千和「ちょっと、その問題のリスト見せてよ!」

真涼「あっ、それは反則です!」

愛衣「って、何よこれ!!!!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:22:55.23 ID:fZ+6PvHA0

第2問 季堂鋭太の好きな人は誰?ヒントは彼女

第3問 季堂鋭太の一番最初のキスの相手は誰?

第4問 季堂鋭太が夏休みの合宿で『大好きだ!』と盛大に告白した相手は誰?

第5問 季堂鋭太と唯一ジョジョネタが出来る相手は誰?

第6問 季堂鋭太には仲が良い幼なじみがいたが、そんな幼なじみではなく、季堂鋭太が彼女に選んだ女性は誰?

          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・

愛衣「って、答えは全部夏川さんじゃない!!!!」

姫香「さすが会長。エイタと会長の中は誰も邪魔できない」

千和「な・つ・か・わ~?これはどういうこと?」

真涼「え?あ、あら?これは寝ている間に妖精さんが…」

愛衣「全然言い訳にもなってないわよ!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:26:31.92 ID:fZ+6PvHA0

千和「はぁ~。もういいよ…で、どうする?中止にする?」

真涼「せっかくですし、5問だけやってみませんか?」

愛衣「やるわけないでしょう!!」


カオル「こんなこともあろうかと、僕が問題を作ってきたよ」

真涼「へ?」

愛衣「カオル!?」

姫香「さすがエイタの親友。スペックが高い」

真涼「いえいえいえ、私が遊井くんに司会をお願いしたのは、昨日の放課後ですよ!?」

千和「へぇ~ふーん、一晩でリスト作るなんてカオルくんすごいねっ」

カオル「えー?そうかなー?」

愛衣(まさか…タッくんのプロフィールを常に持ち歩いていて…)

愛衣(100個くらいの質問なら、その場ですぐに作れる…いや、考えすぎね)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:28:13.51 ID:fZ+6PvHA0

真涼「…そうですね。遊井くんなら公平そうですし…それに話も始りませんし」

愛衣「そういえば、まだ一問もクイズを出してないわね」

真涼「では遊井くん、よろしくお願いします」

カオル「うん、じゃあ、行くね」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:32:44.40 ID:fZ+6PvHA0

カオル「第1問 季堂鋭太の血液型は?」

真涼「……………………………………………………………………………………」

千和「はいはいはいはい!これは早押し?」

姫香「ぴんぽんぴんぽんぴんぽーん?」

カオル「手元にホワイトボードがあるから、それに書いてね?」


愛衣(血液型!?簡単ねっ!)

愛衣(だって、毎日タッくんの血液型占いを確認してるし!)

愛衣(タッくんの恋愛運が高い時は…それは私との恋の予感!)

愛衣(いやぁん、もうっ。タッくんってばー)

愛衣「えへへへ~」

千和「愛衣?キモイよ?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:36:41.61 ID:fZ+6PvHA0

真涼(こうなったらネットのグーグル先生に…)

真涼(…)

真涼(くっ、どういう事!?何でWikipediaに掲載されてない!?)

千和「夏川…携帯は禁止だよ」

真涼「ど、どどどいうことかしら?」

真涼「鋭太くんのデータがWikipediaにあるはずがありませんし、ちょっとぐらい調べても何も問題がないのでは?」

愛衣「夏川さん…まさか、Wikipediaで調べていたの?」

姫香「会長…エイタの血液型を知らないの?」

千和「メールとかする可能性があるから、携帯は禁止!」

真涼「その手がありましたか」めるめる

千和「こらぁーーー」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:39:07.65 ID:fZ+6PvHA0

真涼(ぐっ。こうなったら最後の手段…)

真涼(…)


真涼(どれにしようかな天の神様の言うとおり…)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:42:46.86 ID:fZ+6PvHA0

カオル「長くなっちゃったけど、パネルオープン!」

真涼「A型」

千和「A型」

姫香「」

愛衣「A型」


カオル「あれ?秋篠さん?」

姫香「竜闘気(ドラゴニックオーラ)が極限まで高いエイタの血液型を、この世界の言語で表現するのは大変危険」

カオル「え、えーと?」

愛衣「ダメよ!ちゃんと普通に答えなさい」

姫香「でも…」

真涼「秋篠さん?鋭太くんは、現世ではあくまでも季堂鋭太です」

真涼「季堂鋭太として登録されている、かりそめの血液型を書いてください」

姫香「肯定」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:44:44.47 ID:fZ+6PvHA0

姫香「…」

姫香「…」

千和「A型だよっ」ボソッ

姫香「ありがとうチワワ」カキカキ

千和「今回だけだからねっ」

カオル(鋭太のツッコミって優秀だったんだね。つくづく実感させられるよ)


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:48:54.33 ID:fZ+6PvHA0

カオル「え、えーと、じゃあ秋篠さんのパネルをオープン」

姫香「A型」


カオル「じゃあ、僕の携帯で鋭太に確認するね」

カオル「…」

カオル「もしもし、鋭太?」

カオル「うんうん、…で、答えは?」

鋭太『A型』



真涼:○

千和:○

姫香:○

愛衣:○


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:51:04.51 ID:fZ+6PvHA0

真涼「ふふふふっ。これくらい楽勝ですね」

千和「まあ、一問目だから簡単だったね」

愛衣「私、適当に書いたら当たっちゃった。だって季堂くんの血液型なんか知らないし」

姫香「さすがマスター」


カオル「想定以上に時間がかかってるからサクサク行くね」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:55:22.93 ID:fZ+6PvHA0

カオル「第2問 季堂鋭太の…」

真涼「休憩にしましょう」

カオル「え?」

真涼「もう2時間も経ちますし、そろそろ休憩を入れましょう」

姫香「賛成。疲れを癒したい」

千和「でも、もう少ししたら下校の時間だよ?」

愛衣「もしかして、不正ができないから、クイズ事態をうやむやにしようとしているわけじゃないんでしょうね?」

真涼「いいえ、皆さんにお話ししたい事があります」

千和「なに?」


真涼「まずはこのデータを見ていただきます」

真涼:0分00秒
千和:2分10秒
姫香:1分16秒
愛衣:20分30秒


姫香「これはなに?」

カオル「これはまさか!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 00:56:51.01 ID:fZ+6PvHA0

真涼「そう。俺修羅ブルーレイ特典のドラマCDで、それぞれが鋭太くんとイチャイチャした時間です!」

千和「えーと、あたしが3巻の特典でえーくんと結婚して…キャッ♪」

姫香「わたしは4巻の特典。エイタとの家庭…幸せだった」

愛衣「私が5巻の特典のやつよね。っていうか、愛衣ちゃんがタッくんの彼女さんなのか全然意味不明だし~」

真涼「自慢話はそこまでにしましょう」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:01:04.15 ID:fZ+6PvHA0

真涼「みなさん。これを見て明らかにおかしいと思いませんか?」

千和「ぷーっ。あはははははは。夏川ってえーくんの彼女のくせに、ドラマCDだと振られてたよね!?」

千和「やーいやーい。顔だけ彼女ー」

真涼「ち、違います!そもそも私メインの話は、まだ発売されていない6巻以降!」


真涼「そう!最後の演出を締めくくるトリという重要な役割が私にあるのです!」

愛衣「でもこのドラマCD情報って公式HPにすら告知&掲載されないから」

愛衣「買わないと特典としてあるかどうかもわからないのよね」

真涼「うっ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:03:58.26 ID:fZ+6PvHA0

カオル「で、でも、メインヒロインの一人だし…たぶん大丈夫なんじゃないかな?」

真涼「そうです!さすが鋭太くんの親友!良い事を言います」

愛衣(ここでカオル編とかありえそうで、微妙に怖いのよね)


千和「そうだね。きっと夏川もあるよ…うん。期待してるね」

真涼「その憐れんでいるような目やめてくれません?すっごくムカつきます」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:06:14.91 ID:fZ+6PvHA0

姫香「マスターすごい」

千和「え?」

姫香「エイタと一番イチャイチャしてる。羨ましい」

愛衣「ま、まあ、私くらいになるとこのくらいは…ね?」

千和「あ、あああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

真涼「今頃気付いたんですか…」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:10:24.65 ID:fZ+6PvHA0

千和「愛衣!これはどういうことなの!?」

愛衣「私が知っているわけないでしょ!?」

愛衣「まぁ、しいて言うなら季堂くんが私を選んだって事じゃないかしら?」

愛衣「私にはミッシェルっていう彼氏がいるというのに、罪な女ね」

千和「って、そうだよ!何でミッシェルがいるのにえーくんとイチャイチャする必要があるわけ!?」

姫香「マスターがモテるのはわかるけど、浮気はよくない」

真涼「そうですそうです。鋭太くんには私という彼女がいるんですから、幼なじみも元カノも親友も風紀委員もいりません」

カオル「あ、あれ?僕も含まれるの?」


愛衣「違うわ!これは季堂くんが言い寄ってきているだけで、浮気じゃないわ!」

姫香「エイタ彼女がいるのに節操無し。見損なった」

千和「違う!えーくんがそんな事するはずないもん!」

真涼「そうですそうです。鋭太くんには私という彼女がいるんですから、残念チワワも秋篠さんもピンク恋愛脳さんもいりません」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:14:20.65 ID:fZ+6PvHA0

ガラララララッ

鋭太「って、てめーら!いつになったら2問目をやるんだよ!」

千和「えーくん!」

真涼「ああ、ちょうどいいところに」

鋭太「もう3時間だぞ!3時間経過して1問しかやってないってどういう事なんだよ!」

カオル「だよねー」

愛衣「そうね。いい機会だから、はっきりさせましょう」

真涼「鋭太くん?この中で誰と一番イチャイチャしたいですか?」

鋭太「……………………………は?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:16:36.14 ID:fZ+6PvHA0

千和「えーくん…あたし信じてる」

真涼「当然、彼女である私ですよね?」

姫香「エイタ…」

愛衣「べ、別に季堂くんなんかどうでもいいけど、季堂くんがどうしてもって言うなら…」

カオル「鋭太…」


鋭太「って、何でいつもの展開に!?」

鋭太「俺の彼女と幼なじみと元カノと婚約者と親友が修羅場すぎる!!」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:21:15.07 ID:fZ+6PvHA0

■帰り道


真涼「…で、私を選んでくれたと」

鋭太「当たり前だろ。お前を選ばないと偽彼女(フェイク)の意味がないからな」

鋭太「それに俺は恋愛アンチ!イチャイチャなんかやってられるか!!」

真涼「ええ。イチャイチャなんか吐き気がするわ」

鋭太「…じゃあ、何で俺の手を握ってるんだよ」


真涼「恋人繋ぎよ。よく考えたらこれはやってなかったから」

鋭太「だから、何でそれをする必要があるんだよ」

真涼「あら?嫌だったかしら?」

鋭太「いえ、手を握ってるだけでこんなにいいなんて…って違う!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:26:40.16 ID:fZ+6PvHA0

真涼「これも偽恋人(フェイク)の為よ。恋人繋ぎもやった事がないってバレたら大変だからよ」

鋭太「そうかよ。でも、もう人もいないし離していいな」

真涼「あっ…」


鋭太「というか、今回のクイズ大会?あれは何なんだ?」

真涼「何ってただの部活動よ」


鋭太「ふーん、それにしては俺とのデート券とかお前らしくねーなって」

真涼「あら?あなたに私の何がわかるの?」

鋭太「…わからねーよ。だから聞いてるんだろ?」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:29:54.31 ID:fZ+6PvHA0

真涼「そうね…一言で言うなら、あなたのせいよ」

鋭太「ん?俺のせい?」

真涼「だって、最近デートどころか腕も組んでくれないじゃない」

鋭太「夏だし、暑いしな」

真涼「私と鋭太は偽恋人(フェイク)。本物以上にらしくしないとダメ」

真涼「というのに、あなたは『暑い』から?」

真涼「ふっ。そんな理由で腕も組めないなんて、それでもフェイクを演じるつもりがあるのかしら?」

鋭太「あーはいはい。俺が悪かったよ。暑い程度で腕も組まなくてさ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:33:00.25 ID:fZ+6PvHA0

鋭太「だから、ほら…いいぞ」

真涼「ふんっ。それでいいのよ。それで」


ギュウ


鋭太「…」

真涼「ふふっ」スリスリ

鋭太(何でこんな恋愛脳みたいな事を…)

真涼「~♪」

鋭太(でも、こいつの機嫌がいいのを見るのなんて久々だし…まぁ、いいかな)

真涼「…で、いつしてくれるの?」

鋭太「へ?何が?」


真涼「だから、デートよデート」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:37:15.88 ID:fZ+6PvHA0

鋭太「え?何で?」

真涼「さっき『あーはいはい。俺が悪かったよ』って言ったでしょ?それでいつ?どこに連れて行ってくれるのかしら?」

鋭太「って、あれは腕を組むって話で…」

真涼「…」

鋭太(って、こいつ…なんですっごく期待しているような目で俺を見ているんだよ!)

鋭太「…」

鋭太「あー、わかったよ。今度テストが終わってからな。場所は考えておく」

真涼「まあ、童貞程度が連れて行ってくれる場所なんて期待してないけど、期待しておくわ」

鋭太「期待するのかしないのかどっちだよ!」

真涼「ふふ。どっちもよ」

鋭太「なんだよそれ…」

鋭太(真涼。すっごい笑顔してやがる…)

鋭太(ちくしょうっ。そんな笑顔されたら男として頑張るしかねーじゃねーか)


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:41:21.61 ID:fZ+6PvHA0

真涼「鋭太?」

鋭太「何だよ」

真涼「彼女の為に、完ぺきなデートプランを考えなさい」

鋭太「はいはい」

真涼「すっごく悩みなさいよ」

鋭太「はいはい」

真涼「模試以上に、頭を使わないと嫌よ」

鋭太「はいはい」

真涼「ちゃんと清潔にしてきてよね」

鋭太「うっせえ!まるで普段の俺が臭いみたいじゃねーか!」

真涼「…」

鋭太「ちょっと!冗談だと言ってよ真涼さん!」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:44:28.40 ID:fZ+6PvHA0

真涼「まぁ、それは置いておいて」

鋭太「ぐっ。なんだよ」

真涼「デート楽しみにしているから」

鋭太「ちぇっ。偽恋人(フェイク)のくせに」

真涼「ええ、フェイクだからよ」


鋭太(フェイクと言った真涼は微笑んでいた)

鋭太(夕日をバックに俺は見惚れてしまって…)


鋭太(もう少しの間、このフェイクという関係に溺れていたいと思ってしまった)

鋭太(ほんのもう少しだけ…)





       終わり


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:44:59.73 ID:fZ+6PvHA0

これにて終わりになります。
こんな時間まで見てくれた人がいればありがとうございました
また、機会があればよろしくお願いします!


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:49:43.40 ID:TCzYvvwq0


また頼みます!


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/15(月) 01:51:50.45 ID:4mBU43wm0

乙乙
俺修羅SS大好きやわ



『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿