TOP > 僕のヒーローアカデミア > 峰田「八百万のおっぱいマウスパッド!?」ポチッ

峰田「八百万のおっぱいマウスパッド!?」ポチッ

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:01:27 ID:tOLAHvqQ

峰田「な~んて事があったんですよ~」ハハハ

上鳴「な~~~にィ~~~!?」

八百万「待ってください!!」ガタッ

八百万「そんなものの販売を許可した覚えはありませんわ!!」

峰田「え!? でもありゃ確かにヤオヨロッパイだったぜ!?」

八百万「そ、そんな……」

梅雨「事件の匂いがするわね」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:03:39 ID:tOLAHvqQ

梅雨「……」ジーッ

切島「うおっ!? 梅雨ちゃん目つき悪っ!!」

梅雨「犯人はあなたね」ビシッ

峰田「な、なんでだよ!!」

梅雨「私の推理では500%あなたなのよ」

峰田「ちっ、参ったね……どうも」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:07:20 ID:tOLAHvqQ

峰田「ってマジでちげーからな!? そもそも推理でも何でもねえし!!」

梅雨「そう……当たってればよかったのに」

芦戸「でもどうやってそんなもの作ったのかな?」

切島「何だかんだで有名だしなーここ」

梅雨「制服もマニアの間では高値で取引されてるらしいわ」

葉隠「じゃあ知らない間に写真とか色々出回ってたりするのかな……?」

ザワザワ…

お茶子「あ!」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:10:29 ID:tOLAHvqQ

デク「麗日さんも何か心当たりが?」

お茶子「そういえばこないだ、学校の近くで写真撮られたような……」

芦戸「それって盗撮じゃん!」

お茶子「その時は観光客の人かな? って思たんやけど」

梅雨「さすがに呑気すぎるわ」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:14:21 ID:tOLAHvqQ

八百万「麗日さんも被害に遭っていたのですか……」

上鳴「確かに雄英女子はレベル高えもんな。一人に絞れねえよ」

耳郎「こっちにも選ぶ権利ってものがあるけど」

飯田「ともかく、これで不審者の存在がはっきりしたわけか」

上鳴「まあ俺が付き添ってやるから安心しろよ! ついでにお茶しよ!」

耳郎「いらないって。ウチらでとっちめるから」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:18:37 ID:tOLAHvqQ

相澤「最近、学校周辺を不審者がうろつき回ってるらしい」

相澤「お前らなら大丈夫だと思うがまあ適当に気をつけて帰れ」

一同「雑っ!!」

ザワザワ…

葉隠「よーしっ! 早速作戦たてよ!」

梅雨「ノリノリね葉隠ちゃん」


デク「飯田くん」

飯田「ああ。男子諸君は教室に残ってくれ!」

上鳴「ただし爆豪テメ―はダメだ」

勝己「んだとコラ!! 残るわ!!」

デク(乗せるの上手いなあ……)


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:22:14 ID:tOLAHvqQ

飯田「女子たちはああ言っているが、やはり心配だ」

デク「さすがに校内には入ってこれないと思うけど……」

切島「相手がどんな個性の持ち主かも分かんねーもんな」

上鳴「透視の個性とかだったらやべえな」

峰田「女の裸など三歳で見飽きた」キリッ


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:28:28 ID:tOLAHvqQ

飯田「そこで! 我々でパトロールを行いたいと思う!!」

切島「いいじゃねえか! まさにヒーローって感じで!」

デク「でもこんなに大勢が動き回って怪しまれないかな?」

上鳴「いや、不審者は必ず今日現れる」

上鳴「そして俺は女子の誰かをお茶に誘う。俺のサイドエフェクトがそう言ってる」

飯田「さっそく班分けと担当場所を決めよう!」

ガヤガヤ…

勝己「くだらねー」

轟「大丈夫だろ、うちの女子なら」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:35:46 ID:tOLAHvqQ

切島『こちら切島! そっちはどうだ?』

上鳴「うぇーい、いや全然平和だわ。つーか俺らのほうがよっぽど不審者じゃね?」

切島『またなんかあったら連絡しろよ!』

上鳴(あー、なんか飽きてきたな。帰りてえ)

上鳴(そもそも都合よく不審者が現れるわけねえし。サイドエフェクトって何だよ)

上鳴「常闇ー、俺ちょっトイレ行ってくるわ」

常闇「不穏な気配を感じる。気をつけろ」

上鳴「はいはいーっと」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:39:36 ID:tOLAHvqQ

上鳴(さーて、このまんま帰っちまうか)

上鳴「ん?」

茨「……」スタスタ

上鳴(B組の塩崎じゃねえか。何で……)

上鳴(女子の一人歩きは危ねえよな? うん危ない)

上鳴(俺が守ってやんねーとな! そしてお茶しよ!)

上鳴「なあ、俺のこと覚えて――」タタッ

茨「!」クルッ

ガシッ

上鳴「えっ?」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:41:59 ID:tOLAHvqQ

茨「不審者を発見! 拘束します!」

上鳴「いやちょっちょっ待って!? ちが――」

ガサガサッ

拳藤「塩崎やったな! そいつが不審者か!?」

B組女子「許せない! やっちまえー!」

上鳴「違います! 俺じゃありません信じてください!!」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:51:06 ID:tOLAHvqQ

ギャアアアアア……

デク「今のは……!? スパーキングキリングボーイの悲鳴!?」

飯田「不審者と接触したか!? 様子を見に行こう!」ダッ

デク「うわっちょっ飯田くん早……」

デク(……ん?)

お茶子「……」テクテク

デク(うらららかさん!?)

デク(あれ? 何か多い気がする……)


峰田「おのののか……?」ハッ

障子「どうかしたか?」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:55:58 ID:tOLAHvqQ

デク「うら……」

お茶子(あ、デクくん!)シーッ

デク(静かに……?)

デク(ということは、まさか――)

不審者「……」コソコソ

ガシッ


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 21:59:00 ID:tOLAHvqQ

不審者「うわっ!?」クルッ

不審者(え? 何だ?? 幽霊??)ゾーッ

葉隠「OKだよ!」

お茶子「それっ!」ピタッ

不審者「うわああああ―――!!??」フワフワ

不審者「お、降ろしてくれ!!」

お茶子「解除!」

不審者「うぎゃっ」ベチャッ

お茶子「あっごめん、やりすぎた……」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 22:01:23 ID:tOLAHvqQ

ガサガサッ

芦戸「出たなー! 不審者め!」

八百万「許せませんわ」

梅雨「とりあえず沈めてから百叩きの刑ね」

耳郎「その前に爆音で逝っとく?」

デク「……」

デク(お、恐るべし雄英女子……!!)


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 22:04:51 ID:tOLAHvqQ

茨「すみません、私の早とちりで……」

拳藤「悪かったな。さすがにやりすぎたわ」

拳藤「A組の委員長の説得がなかったらやばかったかも」

飯田「B組でも囮作戦を決行していたのか」

上鳴「いや、誤解が解けたんならいいわ……それよりお茶しない?」

飯田「懲りないな君も……」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 22:07:17 ID:tOLAHvqQ

葉隠「それで、捕まった男の個性何だったと思う?」

耳郎「平面を立体化させる個性でしょ? 趣味悪っ」

峰田「胸が……いや夢が膨らむ個性だな!」ウヒョー

上鳴「お前は立体化しても大して変わりそうにねーけどな!」

耳郎「何か言った?」

上鳴「言ってません」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 22:12:10 ID:tOLAHvqQ

デク「それで写真を撮ってたのか……」

飯田「どういうことだ?」

デク「い、いや、分かんないほうがいいよ! 多分……」

尾白(分かってしまった自分がすごく恥ずかしい……)

切島「しっかし男の風上にも置けねえヤローだな!」

芦戸「でもちゃんと捕まってよかったね!」

八百万「それにしても、あんな破廉恥なものが出回っていたなんて……」カァァ

梅雨「じき回収されるわ。もう少しの辛抱よ」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 22:14:56 ID:tOLAHvqQ

翌日

勝己「クソが!!!!!!!!!!!!!!!!」

デク「かっちゃん!? 今回おとなしいと思ったら……」

勝己「俺の体操着がねえんだよ!! てめぇ何か知ってんだろ……!!」

デク「いや、僕は何も――」

デク「……」ハッ

デク「かっちゃん、もしかして――」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 22:18:03 ID:tOLAHvqQ

デク「……いじめられてるの?」

ザワザワッ

切島「爆豪、俺でよかったら相談乗るぜ!」

飯田「いじめか……深刻な問題だな。早速学級会を開こう!」

八百万「爆豪さんは有名人ですから、クラスだけの問題ではありませんわ」

上鳴「なんか心当たりとか……いっぱいありそうだなお前www」

梅雨「爆豪ちゃんは性格悪いから心配だわ」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/06(土) 22:27:21 ID:tOLAHvqQ

お茶子「でもいくら爆豪くんでも人のものを盗むなんて酷いよ!」

青山「僕は大変なものを盗んでいったのさ☆ それは貴女の

芦戸「どっかに落としたのかも! 爆豪って案外ドジなとこあるから!」

瀬呂「あぁー騎馬戦のときのアレな」

切島「でもなんだかんだ頼りになるよな!」

上鳴「性格クソだけどなwww」

轟「まずその性格直したほうがいいんじゃねえか」

瀬呂「いやおめーも結構偉そうだけどな!?」

勝己「……」

デク(ヤメロ……! そんなに圧をかけたら)

勝己「てめえら……」プルプル

デク(ガラスの心が、壊れ――)

勝己「不審者はどこいった!!!!! コラ!!!!!」

デク「る訳がないか、かっちゃんだもの」ホッ


おしまい


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/06/07(日) 05:40:06 ID:m.3xVPP6

葉隠ちゃんに全裸で腕掴まれるなら不審者になってもいいわ



『僕のヒーローアカデミア』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿