TOP > 仮面ライダー > ハート「チェイス、そこのポン酢を取ってくれ」【仮面ライダードライブSS】

ハート「チェイス、そこのポン酢を取ってくれ」【仮面ライダードライブSS】

2017/06/14 06:05 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 00:17:28.21 ID:yK9E7PQ80

チェイス「どれのことだ?」

ハート「なに?ポン酢にも種類があるのか?」

チェイス「当然だ。今回用意しただけでも柚子ポン、昆布ポン酢、そして普通のポン酢の3種類ある」

チェイス「市場にはもっと多種多彩なポン酢があるぞ」

ハート「なんて事だ…よもや、こんな序盤から悩まされてしまうとは…」

チェイス「全て試せばいいではないか」

ハート「…それもそうだな。そうしよう」

チェイス「それにしても、二人とも遅いな」

ハート「近くのスーパーに行っている筈なんだがな。必要なものはメモに書いて渡したんだろう?」

チェイス「ああ、特に見つけるのに苦労するようなものは無い筈だが…」

メディック「ただいま戻りましたわ」ガチャッ

ブレン「遅くなってすいみせんハート。メディックがいい加減な事ばかりをするもので…」

メディック「まぁブレンったら。貴方がノロマなだけではなくて?」

ブレン「ハートが食べるものなのですよ?食材を吟味するのは当然でしょう!」

チェイス「やはり、俺が行くべきだったな」

ハート「そう言うな。お前には今日の調理を一任させてしまっているんだ。買い出しぐらいは俺達がやるさ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 00:32:38.69 ID:yK9E7PQ80

メディック「メモに書かれていたものは揃えてきましたわ。確認くださいな」

チェイス「わかった。見させてもらおう」

ブレン「しかしチェイスがこんなに料理に関して頼りになるとは…」

ハート「何でもつい先日、特状課の面々と鍋を囲んだらしくてな。その際に色々とレクチャーを受けたそうだ」

ブレン「チェイスもすっかりあちらにも馴染んでいるようですね」

ブレン「こんな無愛想で堅物で融通無しなチェイスが人間達の中に入ってどうなるものかと思っていましたが」

メディック「貴方と違って人望があるのでしょう?もっとも、ハート様には遠く及びませんけど」

ブレン「人望の無さでは流石に貴女には敵いませんよ」

メディック「なんですって?」

ハート「よさないか二人とも。…どうだチェイス」

チェイス「問題ない。二人とも感謝する。早速調理に取り掛かろう」スッ

メディック「期待してますわぁ」

ブレン「すっかり体が冷えてしまいましたね。早く温まりたいものです」

ハート「そうだろうと思ってな。二人ともこっちに来てみろ」

ブレン「何ですハート?…こ、これは…!」

メディック「まぁ、これはまさか、あの…!?」

ハート「そう、そのまさかだ」

ハート「これこそ人間の英知の結晶。そして我々ロイミュードすら容易く篭絡する悪魔の兵器…」



ハート「コタツだ」


チェイス(進ノ介から古くなったものを譲り受けたのだが…喜んでいるようで何よりだ)カチャカチャ


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 01:02:02.01 ID:yK9E7PQ80

メディック「ふわぁぁぁぁ…なんですの、なんなんですのこれは…」フニャッ

ブレン「おぉぅ…体の芯からじんわりと暖まる…これは、なんと蠱惑的で魅力的で刺激的な…」ホワッ

ハート「たまらないな…ずっとこのままでいたくなってしまう」

ブレン「同感です…」

メディック「困りますわぁ…何もしたくなくなってしまいます…」

チェイス「コタツ一つでロイミュードが壊滅しそうだな」

ハート「冗談では済まされないぞチェイス。…これは、実に危険なものだ」

チェイス「リラックスしきった顔で言われてもな…。鍋を置くぞ」コトッ

ブレン「火はまだ付けなくていいのですか?」

チェイス「まだ具材の準備が終わっていない。…だがそうだな、弱火にかけておいてくれ」

メディック「わかりましたわ。さあブレン。さっさとおやりなさい」

ブレン「何を偉そうに…!ほら、点火しますから退きなさい」カチッ ボボボ…

ハート「おお、綺麗な色だな…それに香りも良いチェイス、これは何だ?」

チェイス「昆布と鰹節で取ったダシだ」

ブレン「もう、この時点で美味しそうですねぇ」

メディック「溜まりませんぁ…。ねぇチェイス、まだですの?」

ハート「急かすなメディック。チェイス、何か手伝えることはあるか?」

チェイス「そうだな…ならご飯をよそっておいてくれ」

ハート「お安い御用だ。……困ったな、コタツから出るだけなのに中々に覚悟がいるな」

ブレン「…確かに、一度入ると抜け出し辛いものがありますね」

メディック「人間達も、こんな恐ろしい物を作るなんて…」


チェイス(大好評だな)トントントントンッ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 01:23:04.67 ID:yK9E7PQ80

ハート「お前達、ご飯はどれぐらいにするんだ?」

ブレン「とりあえずは並にしておきます」

メディック「大盛りでお願いしますわ」

ハート「わかった。チェイス、お前はどうする?」

チェイス「俺も並で頼む」

ハート「わかった」

ブレン「箸とお椀の準備は出来ましたよ」

メディック「お茶の用意も完璧ですわ」

チェイス「…待たせたな。出来たぞ」

ハート「ふふ、待ちわびたぞ」

ブレン「外で食事をするのも良いですが、こうして自宅で食べるのはやはり落ち着きますね」

メディック「自宅というかアジトなのですけれどね」

ハート「では、みんな準備はいいな?」

メディック「もちろんですわ」

ブレン「抜かりはありませんよ」

チェイス「問題ない」

ハート「では…」



「「「いただきますっ」」」


チェイス「イタダイテイーヨ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 01:54:09.65 ID:yK9E7PQ80

ハート「さて、まずはどれから手をつけるか…ふふ、嬉しくも楽しい悩みどころだな」

メディック「しかしチェイス。4人で囲むにはこのお鍋では少し小さくありませんこと?」

チェイス「具材は随時追加すればいいだろう。それに、これぐらいのサイズのほうが火の通りが良いのだ」

ブレン「なるほど、理に適っていますね…では、私はまずはこの瑞々しい白菜から」

ハート「そう来るか…なら、俺はこの人参からいくか」

メディック「では私は…あら、これはホウレン草ですの?珍しいですわね」

チェイス「常世鍋、というものらしい。毎晩でも食べられるからそう名前がついたそうだ」

チェイス「ちなみに野菜は予め軽く下茹でしてある」

ブレン「ほほう、既に一度茹でてあるので余計な灰汁が出ないようにしている訳ですね」

ハート「ほふっ、はふっ…。んっ…美味いぞ!」

メディック「本当、熱々なのに野菜の歯ごたえがしっかり残されていて…このお出汁が控えめながら素材の味を引き出しているかのようですわ!」

ブレン「軽いジャブのつもりで野菜から行きましたが、思わぬカウンターパンチですね…これで肉にいったらどうなってしまうのやら…」

ハート「チェイス!肉は何を使っているんだ?」

チェイス「今回は豚だ。鍋によっては牛より豚のほうが合う場合もあるのでな。それに…」

ブレン「それに?」

チェイス「…いや、今はやめておこう。野菜が減ってきたら肉を投入するぞ」

チェイス「ほかにも豆腐やキノコもある。存分に食べるといい」

ハート「まだ序の口だと言うのにこの喜び…恐ろしいな、人間の食文化というのは…」

ブレン「ハートは最近深夜に放送しているドラマを見ているときすら超進化しかけますもんね」

メディック「夜中にいきなり神々しい光に包まれるのでビックリしてしまいますわよね」

ハート「すまない。自重しているつもりではあるのだが…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 02:55:52.45 ID:yK9E7PQ80

ハート「白菜も堪らないな…柚子ポン酢との相性も抜群だ」

メディック「ポン酢に浸した白菜をご飯の上に乗せて、お米を包むにして…、んっ…最高ですわぁ…」

ブレン「では私はそろそろ豆腐を…」

チェイス「豆腐にいくなら、こういうものもあるぞ」

ハート「チェイス、それは?」

チェイス「柚子胡椒だ。胡椒と銘打っているがカラシの一種だな」

チェイス「それと岩塩と卸しショウガも用意した。ポン酢ばかりでは舌が飽きるだろうしな」

ハート「何ということだ…何て完璧な布陣…隙がまるで無いじゃあないか!」パァァァ

メディック「ハート様!光ってます、光ってます!」

ブレン「気持ちはわかりますがハート!気をお静めください!」

ハート「…ハッ!す、すまない…取り乱した」

ブレン「いえいえ、お気持ちはわかります。…はい、ハートにも豆腐よそいますね」

メディック「豆腐ならショウガを多めに乗せてみましょう。どうかしら…はふっ」

チェイス「キノコを入れるぞ。シイタケ、エリンギ、エノキ、ぶなしめじだ」 ヒャッハァー!

ブレン「これはまた…たっぷりのキノコ類で出汁が一層良い味になりそうですね」

ハート「このシイタケの肉厚な事と言ったら…。それにエリンギというのがまた憎い。あのコリコリとした触感は堪らないよな」

メディック「ハート様!豆腐に柚子胡椒を乗せて食べると最高ですわよ!」

ハート「何だって?…豆腐にはショウガと思い込んでいたが、そういう組み合わせもアリか…どれ、試させてもらおう」

チェイス「キノコもそろそろ食べ頃だ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 03:12:07.96 ID:yK9E7PQ80

ハート「シイタケが素晴らし過ぎるな!キノコとは思えない重厚な旨み、そしてこのジューシーさ!」

ブレン「エノキやしめじも憎いですね…地味ながら、どっしりと安定した味が何とも…」

メディック「ブレンはお鍋の中で例えるとしめじですわね」

ブレン「なっ…!な、なら貴女はさしずめこの柚子胡椒ですね!少量ならいざ知らず、度を過ぎるとキツイばかりで…」

メディック「なんですってぇ!?そのメガネ、湯気で曇らせますわよ!」

ハート「よさないか二人とも。そんな事している間に俺が全部食べてしまうぞ?」

ブレン「あっ、それは困ります」

メディック「お豆腐まだ残っているかしら?」

チェイス「そろそろ頃合か。肉を入れるぞ?」

ハート「おお、待っていたぞ!」

チェイス「そう焦るな、沢山あるからゆっくり食べるといい」

メディック「早く、早くお入れなさいなチェイス!」

ブレン「意地汚いですよメディック。…気持ちはわからなくも無いですが」

チェイス「マッテローヨ」

「「「イッテイーヨ!!」」」


ブレン「おぉ…、やはり肉が入ると見た目にも華やかになりますねぇ…」

メディック「危うく、お肉の前に満たされるところでしたわ…ここからが本番だというのに」

ハート「早速肉が色づいてきたな…どうだチェイス。もういけるか?」

チェイス「問題ないだろう。俺としてはこれぐらいの、薄くピンク色が残っているぐらいが好みだな」

ブレン「ミディアムレアという奴ですね。私は、しっかり火を通したい派ですねぇ」

ハート「なるほど…、肉の火加減だけでも色々な好みがあるのだな」

チェイス「このメンツだ、肉もたっぷり用意してある。色々試して自分の好みを見つけるのも食事の醍醐味だろう」

ハート「お前の言う通りだ…どれ、ではまずはチェイスの言うミディアムレアという食べ方からいこうか」

ブレン「あ、ポン酢追加しますよハート」

メディック「私にも下さいな、ブレン」

ブレン「貴女は手前にあるでしょう、自分でおやりなさい」

メディック「私も今度は昆布ポン酢で食べたいんですわ!」

チェイス「貸せ、俺が入れてやろう」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 03:36:43.88 ID:yK9E7PQ80

ハート「なるほど…、このほんの少しレア加減を残した肉の柔らかな歯ごたえ…舌の上でとろけるような脂…」

ハート「確かに、これは癖になるな!米がまた進むというものだ!」

チェイス「そうだろう。ポン酢に軽くつけてから米の上に置き、ほんの少し岩塩を振りかけると…」

ブレン「反則ですね、その絵面は…。真似させてもらいますね」

メディック「わ、私も……あ、ご飯がもう無くなりましたわ…ハート様、おかわりは如何ですか?」

ハート「んっ…んぐ、ん…、頼む」

ブレン「何も急いで残りのご飯を搔き込まなくてもいいではありませんか」

メディック「どのぐらいよそいますかー?」

ハート「大盛りで頼む」

メディック「畏まりましたわー」

チェイス「相変わらず食べるな、ハート」

ハート「ふふ、今日は外ではなくこうして気の置けない仲間たちと食卓を囲んでいるせいかな」

ブレン「ハートはいつでもどこでもよく食べるじゃありませんか」

チェイス「体が大きいせいか」

ハート「どうだろうな。コピー元になった人間が大食漢だったのかもしれんな」

ブレン「その可能性はありますね。メディックも通りでよく食べる訳です。何せ感情ベースが犬ですからね、犬」プッ

メディック「只今戻りましたわ。はい、ハート様。大盛りです」

ハート「ああ、わざわざすまないな」

メディック「はい、ブレンも」

ブレン「はい?私は別におかわりは…って熱っつい!!」

メディック「聞こえていましてよ」

チェイス「豆腐を押し付けるな…その後どうする気だ、それを」

メディック「食べますわよ?ブレンが」

ブレン「貴女ねぇ!!」






紘汰「おっ、隣のガレージでも鍋やってるみたいだな」

戒斗「フン、他人の事などいちいち気にしている場合か。…おい手を退けろ。灰汁が取れん」

紘汰「何か悪いなぁ、全部やらせちまって」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 13:58:18.25 ID:yK9E7PQ80

ハート「柚子ポンに柚子胡椒…ふふ、柚子同士の組み合わせもいけるな」

ブレン「白菜と豚肉を重ねて一緒に食べるのも最高ですよ、ハート」

メディック「はふっ…、キノコの触感が堪りませんぁ…」

チェイス「ネギも出汁を吸ってトロトロになっていて美味いな。どれ、俺もおかわりをするとしよう」

ブレン「あ、私にもお願いします」

チェイス「任せろ」

メディック「チェイスー、お茶もお願いしますわー。冷蔵庫に作り置きしてある麦茶がありますから」

チェイス「わかった。取ってこよう」

ハート「みんな極力コタツから出ないようにしているな」

メディック「ここ数日で急に寒くなりましたものねぇ」

ブレン「特に貴女はそんな薄着ですしね」

メディック「まぁブレンたら。そんな邪な目で私のことを見ていたんですの?両目刳り貫いてブレン眼魂にしてさしあげてよ?」

ブレン「食事中に猟奇的なことを言わないで下さい!それに貴女なんかをそのような目で見るぐらいならトルネードのモデルになる方がマシです」

メディック「言うに事欠いて何て侮辱を…!」

チェイス「騒々しいな…ブレン、おかわりだ。メディック。お茶を持ってきた。すまんがみんなに注いでくれ」

ハート「ナイスフォローだ、チェイス」

メディック「…命拾いしましたわねブレン」

ブレン「そっちこそ。貴女という邪魔者を排除するチャンスだったのですがね」

チェイス「む?今…」

ハート「チェイス。チャンス、だ」

チェイス「そうか」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 21:51:58.65 ID:yK9E7PQ80

ブレン「出汁がしっかりしているのでポン酢をつけずとも十分いけますね…はふっ、熱っ……眼鏡が」フキフキ

ハート「ポン酢だけでも3種、更に薬味で味のバリエーションをつけられるしな。…すまん、おかわりを頼めるか」

メディック「お持ち致します。大盛りでよろしくて?」

ハート「ああ、頼む」

チェイス「肉と白菜を追加するか」

ブレン「具材は後どのぐらい残っているのです?」

チェイス「野菜類が後少し、肉は今入れるので最後だ」

ハート「やはりと言うか、野菜が残るのは鍋の宿命なのだろうか」

ブレン「残ると言っても美味しいのでこのまま残すつもりはありませんけどね…おっ、まだ人参が残ってましたか」

メディック「ハート様、おかわりお持ちいたしましたわ」

ハート「ありがとうメディック。チェイス、そろそろ鍋も残り少ないが締めはどうするつもりだ?」

ハート「鍋の締めと言えばご飯を投入してのおじや、うどんと主にこの2種類が考えられるが」

チェイス「ラーメンにするという選択肢もあるらしいぞ」

ハート「…っ!!」

ブレン「ハート、驚きすぎです。しかしラーメンですか…野菜やキノコの旨みが溶け込んだこの出汁で…」

メディック「美味しそうですわね…」

チェイス「なら、ラーメンでいくとするか?」

ハート「そうだな。折角だ、鍋ラーメンというものを味わってみたい。お前達はどうだ?」

ブレン「異論はありませんよ。鍋ラーメン、なんとも新鮮で斬新で画期的な…」

メディック「私も構いませんわ、ハート様」

チェイス「なら決まりだな。麺を用意しよう」 キュィィイン

ハート「…シフトカーに持って来させるのか、チェイス」

チェイス「…俺とて寒いものは寒いのだ」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/26(木) 23:49:44.09 ID:yK9E7PQ80

メディック「はぁぁ…暖まりますわぁ…」

ハート「鍋の出汁に醤油を軽く入れただけでちゃんとしたラーメンのようになるな…堪えられん」

ブレン「出汁がしっかりしているからですね。野菜やキノコの風味も良いですね…」

チェイス「箸が止まらなくなるな」

ハート「お、まだ肉が残っていたか」

ブレン「鍋の締めはこういう残り物を発見するのも醍醐味ですね。…こっちは豆腐がありましたよ」

メディック「チェイス、やっぱりこのお鍋小さかったのではなくて?」

チェイス「…まだ足りないのか」

ハート「締めのラーメンまで綺麗に平らげたら鍋の中身が綺麗に空になったな」

ブレン「4人掛りでしたし、全員結構食べる方ですからねぇ」

チェイス「ふむ…やはり、用意しておいて正解だったようだな」

ハート「…?何の話だ?」

チェイス「少し待っていろ」スッ  サムイ…

ブレン「どうしたのでしょう、チェイス」

メディック「食後のデザートかしら?」






紘汰「いいなぁ、お隣さん大勢で賑やかで…ミッチ達も都合が合えばよかったのにな」

戒斗「兄弟水入らずの邪魔をする気か無粋な奴め。…肉がまだ残っているぞ。硬くならないうちにさっさと食え」

紘汰「おっ、悪ぃ悪ぃ。なぁ豆腐まだ残ってないか?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 00:05:06.09 ID:8pY0h42J0

チェイス「すまんが、空の鍋を退けてくれないか」

ハート「チェイス…、なんだ、その鍋は」

ブレン「この芳しい醤油と、甘い香りは…まさか、チェイス、貴方まさか…!」

メディック「な、何ですの…この圧倒的な存在感…。蓋を開けてしまうのが恐ろしい程の…!」

チェイス「あれだけでは足りないだろうとは予想していたのでな」コトッ

チェイス「それに折角の鍋だ。いろいろな種類を楽しむほうが良いだろう」

ハート「チェイス…お前という奴は、本当にお前という奴はどこまで…!」

チェイス「…蓋を取りたいのだが、鍋掴みを知らないか?」

ブレン「いえ、このあたりでは見ていませんね…台所では?」

チェイス「台所は寒いのだがな…。持ち手付の鍋なので油断していた」

メディック「ブレン、素手でいけるでしょう?」

ブレン「こんな熱々のものをいける訳ないでしょう!貴女がおやりなさい!治療出来るのですから!」

ハート「同じロイミュード同士ケンカはよさないか。…何かタオルのようなものでも無いものかな」

ブレン「このハンカチは…薄地ですから駄目ですね」

チェイス「…仕方ないな」シグナルバイクッ ライダー!

チェイサー「蓋を開けるぞ、湯気に気をつけろ」チェイサー!

メディック「…仮面ライダーにお鍋の用意をしてもらう日が来るとは、流石に夢にも思いませんでしたわ」

ブレン「よくよく考えたら私たちも変身すればよかったのでは?」

ハート「凄い光景だな…。ああチェイス。蓋はこっちに置いておこう。渡してくれ」

チェイサー「まだ熱いから気をつけろ」

ブレン「おお…っ!!これは、やはり…!」

メディック「まぁっ!まぁまぁまぁっ!!」

ハート「やはりそうか…チェイス、やってくれたな…!」

チェイサー「お前たちのことだ、まだまだ食べられるのだろう?」オツカーレ

チェイス「今度はすき焼きだ。もうひとっ走り付き合ってもらうぞ」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 01:21:00.51 ID:8pY0h42J0

チェイス「すき焼きと言えば、やはりコレは欠かせないだろう」スッ

ハート「生卵か…ふふ、困ったな。既に一度鍋を平らげているというのに食欲が収まらないじゃあないか」

ブレン「もしや、最初の鍋があっさりとした味付けだった上に大きな鍋では無かったのは、最初から…」

メディック「計算尽くだったという訳ですわね…チェイス、なんて恐ろしい人…!」

チェイス「割り下は濃い目にしてある。卵を絡めて食べることを前提にしたのでな」

ハート「具は…ネギに白菜、シイタケ…ここまではさっきの鍋と同じだが」

ブレン「春菊が追加されていますね。それに白滝と…おや、これは?」

チェイス「葛切りだ」

ブレン「ほほぅ、珍しいですねぇ…楽しみです」

メディック「豆腐に牛肉、美味しそうですわぁ…。あら?これは何ですのチェイス」

チェイス「ああ、それはちくわぶだ。1cm間隔に輪切りにして入れてある。割り下を吸っているので美味いぞ」

ハート「見ているだけで腹に響いてくるな…すき焼きのこの甘さと香ばしさの混ざり合った香り、抗い難い力があるな」

チェイス「もう火は十分通っている。食べるといい」

ハート「ああ、もう我慢の限界だ。いただこう!」

ブレン「やはりすき焼きならば牛肉ですね。ああ、溶き卵を纏うこの肉の光沢と言ったら…何と鮮やかで魅力的で美しい…」

メディック「それをご飯の上にワンバウンドさせて…はふっ!熱々でおいひぃでふわぁ」

チェイス「一度占めのラーメンまで食べた面々の食べっぷりとは思えんな…」

ハート「いいじゃあないか。やはり美味いものはこうして仲間と分かち合いながら食べるに限る」

チェイス「そうだな。…自分が作ったもので喜ばれるというのは、いいものだな」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 01:45:01.16 ID:8pY0h42J0

ハート「ああ、堪らないな!卵をつけずに食べても最高だっ!濃い味付けで米が進むぞ!」

ブレン「野菜も噛む度に中から水分と共に染みこんだ割り下が…。トロトロのネギ、シャキシャキとした白菜、そして香り高い春菊…」

メディック「お豆腐も最高ですわハート様!中まで味が染みていないので口の中で豆腐本来の味がフワッと広がってきますわ」

チェイス「…うむ、教わって試したが、ちくわぶもイケるな。麩を入れる場合もあるそうだが」

ハート「白滝の独特の歯ごたえもいいな。それに、この葛切りがまた憎い…。ツルリとした喉越しが予想以上にすき焼きにマッチしているじゃあないか」

チェイス「元々葛切り自体に味はないからな。こうして煮物に入れると煮汁を吸う上に触感を楽しめる良いアクセントになるそうだ」

メディック「確かにこれは良いですわぁ…卵の中に入れてよく絡めて…はぁ…卵の滑らかさに包まれた中から染みた割り下の甘じょっぱさが滲み出して…」

ブレン「こうして、米の上に一置きするたびに米に割り下や卵が段々染みていくのも格別ですよねぇ」

ハート「こうなってくるとご飯が全然足りないな…おかわりだ!」

ブレン「ハート、食欲がデッドゾーンに入ってませんか?」

メディック「ああ、でも確かさっき見たときにはもうご飯の残りが…」

チェイス「問題ない。さっき炊き直しておいた」

ハート「チェイス!」ガシッ

ブレン「貴方という人は!」ガシッ

メディック「素敵ですわぁ!」ガシッ






紘汰「隣からすっげぇ良い匂いするから釣られてこっちもすき焼きにしちまったな」

戒斗「フン、浅ましい男だ。お前のような甘ちゃんにはこのよく染みこんだハンペンあたりがお似合いだろう」スッ

紘汰「サンキュー。なぁ、ヘルヘイムの果実入れたらやっぱマズいかな」


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 02:23:34.03 ID:8pY0h42J0

ブレン「ああ…本当に素晴らしい…すき焼きとは、鍋物の超進化体では無いでしょうか」

ハート「ふふ、各々趣向の違いはあるだろうが、否定はしないぞブレン」

メディック「ブレンに同意するのは癪ですわね…」

チェイス「鍋は他にもまだまだ種類がある。水炊き、寄せ鍋、ちゃんこ鍋…。好みが分かれるが豆乳鍋キムチ鍋というのもあるしな」

ハート「キムチ鍋も今度やってみたいな。豆乳鍋も興味があるぞ」

ブレン「そういえばさっきのスーパーで湯葉がありましたね。豆乳を買えば鍋だけでなく湯葉も作れるのでは?」

メディック「いいですわねぇ。ブレン、さっさと買いに行きなさいな」

ブレン「貴女が行きなさい!」

チェイス「今度やればいいだろう」

ハート「その通りだ。ほら、ちくわぶが良い感じに染みてて美味いぞ?」

メディック「…はふっ、ああ、本当ですわ。モッチリとした触感がまた良いですわねぇ」

チェイス「…むぅ、麦茶のボトルはどこだ?」

ブレン「ああ、こっちですよ。貸しなさいチェイス」

チェイス「すまない」

ハート「溶き卵が割り下と混ざってすっかり茶色くなってしまったな」

メディック「あら、お取替えしますか?」

チェイス「それをご飯に掛けるのもいけるぞ、ハート」

ハート「ふふ…まさにそうしようと思っていたところだよチェイス」

ブレン「割り下をご飯にかけて溶き卵の残りを混ぜれば茶碗の中でちょっとした雑炊の出来上がりですね」

チェイス「なら、締めはうどんにするか?さっきラーメンにしたので麺が被ってしまうが」

ハート「問題ない。うどんでいこう」

メディック「この濃厚な味付けでうどんなんて…どうしましょう。締めを考えてお腹に余裕を持たせておきたいのですけれど…」

ブレン「もはや止められませんね…あ、チェイス。具が減ってきましたが追加は出来ますか?」

チェイス「当然だ。まだまだ肉も野菜もあるぞ」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 02:54:50.29 ID:PBWw5s9JO

飯テロイミュードシリーズ本当に大好き
ほのぼのしててほっこりしつつ本編を思い出して切なくなるという……


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 02:45:02.92 ID:TH0FCcPf0

チェイス「白菜と豆腐を追加するぞ。煮えたら次は肉を足そう」

ハート「では、それまで割り下をかけたこのご飯で間を繋ぐとしよう」

ブレン「甘じょっぱい味付けというのは反則ですよねぇ…ああ、肉や野菜の良いダシがついて益々…」

メディック「割り下がたっぷり混ざった溶き卵での卵かけご飯も堪りませんわぁ…」

ハート「参ったな…割り下をかけるだけで何杯でもいけそうだぞ。チェイス、まだか?」

チェイス「慌てるな。今肉を入れる」

メディック「チェイス、どんどんお入れなさいな」

ブレン「おお…みるみる肉が色付いて…何と美しく艶かしく愛おしい…」

ハート「しかし随分大量に肉を用意したものだな」

チェイス「お前達と鍋をするのだ、いくらあっても足りないと思ってな」

ハート「慢心のないその姿勢、流石だ。改めて尊敬するぞ」

メディック「お鍋の中も、もう野菜より肉のほうが多いぐらいですわね」

ブレン「肉まみれの鍋とは…なんと下品で無粋で短絡的な…」

ハート「だが、あえて言わせてもらおう。嫌いじゃあない」

メディック「同感ですわ」

ブレン「同感です」

チェイス「一応言っておくが、野菜も食べるのだぞ」

ハート「案ずるなチェイス。俺は既にこうして肉と白菜を重ねて同時に食べるという技を見出した」

ブレン「底の方に残って、たっぷり割り下を吸ってトロットロになったちくわぶが…これがもう堪えられません…」

メディック「あら、卵がもうありませんわね…取ってきますわ。ハート様、卵は如何です?」

ハート「ああ、貰おう」

チェイス「俺も頼む」

ブレン「では私も」

メディック「はい。では3人全員ですわね」

ブレン「待ちなさい。私の存在を無い物としているでしょう、貴女」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 03:03:04.71 ID:TH0FCcPf0

ハート「チェイス、グラスが空だぞ。注いでやろう」

チェイス「すまんな」

ブレン「鍋が煮詰まってきましたね…一度火を消しましょうか」

チェイス「そうだな。…しょっぱくなっていたら言ってくれ。お湯を足して薄めるぞ」

ハート「いや、俺は平気だ」

ブレン「私も特に問題ないです」

メディック「でも割り下が随分減ってしまいましたわね…お湯と一緒にタレも追加しては如何かしら」

チェイス「そうだな、締めのうどんも作ることだ。少し追加するとしよう」

ブレン「では、足したらまた火をつけますね」

ハート「しかし、こうなると一度関西風のすき焼きというのも味わってみたいものだな」

メディック「あ、確かに興味ありますわ」

ブレン「関東風とは色々と違うのでしたね、確か。チェイスは知っているのですか?」

チェイス「いや、俺もそこまでは詳しくない。今度進ノ介達に聞いてみるとしよう」

ハート「頼むぞ」

チェイス「…お湯と割り下を追加した。ブレン、点火してくれ」

ブレン「ええ。とりあえず中火でいいですね?」

ハート「追加された割り下の甘さと醤油の風味で益々箸が進むな…もはや肉を主食に米をおかずにしているようなものだ」

メディック「ハート様、お肉ばかりではお腹に悪いですわ。ご飯のおかわりお持ち致しますわよ?」







紘汰「いやぁ~、やっぱ鍋物はいいよなあ体暖まって。もう暑いくらいだ」

戒斗「後ろにタオルがあるから汗を拭け、見苦しい。それとそこの空のグラスをさっさと渡せ、目障りだ」

紘汰「んっ?おお悪い悪い……いやぁ、冷たい麦茶がまた最高だなっ!」


63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 01:11:05.69 ID:7Bq/efyI0

チェイス「炊き直した炊飯器がもう空になりそうだぞ」

メディック「流石に食べすぎましたわね…」

ブレン「あれだけ大量にあった肉が綺麗に無くなりましたね」

ハート「そろそろ頃合か…チェイス、締めのうどんに行くとしよう」

メディック「賛成ですわ」

ブレン「やはり締めが無いと終われませんよね」

チェイス「本当によく食べるな…俺も人のことは言えんが」

チェイス「待っていろ。うどんを下湯でしてくる」

ハート「この大量の肉や野菜の旨みがたっぷりと溶け込んだ割り下で作るうどんか…」

ブレン「あれだけ食べたというのに、そう考えるとそそられてしまいますね」

メディック「チェイスー、おうどんはまだですのー?」

チェイス「慌てるな、すぐに出来る」 チューン マックスフレア

ハート「しかし、いいものだな。こうして仲間達と同じ食卓を囲んで食べるというのは」

ブレン「外食も良いですが、こういうのも時々はやりたいですね」

メディック「でしたら今度ホットプレートを買いませんこと?自宅でも気軽に焼肉が出来るようになりますわよ?」

ハート「ほぅ、それは魅力的だな」

ブレン「焼肉だけではありませんよハート。焼きそば、お好み焼き、もんじゃ、パエリア…」

ブレン「それどころかパンケーキまで焼けるのですよ?」

ハート「何だそれは!人類の英知では無いかっクリムの発明か!?」

チェイス「もっと昔からある。…どら焼きまで作れるらしいな」

ハート「メディック、ブレン!明日にでもヤマダ電機にいくぞ!」

チェイス「興奮しているところ悪いがうどんを入れたい。少し退いてくれ」


65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 01:53:29.64 ID:7Bq/efyI0

チェイス「一煮立ちしたら食べ頃だ」

ハート「おお…みるみるうどんが割り下を吸って色付いていく…」

ブレン「視覚的にもキますね、これは…」

メディック「待ちきれませんわ…チェイス、もう良いのではなくて!?」

ブレン「はしたないですよ、そうがっつかないでください」

メディック「お黙りなさいメガネ。その薄汚い眼鏡の変わりにこのドロドロになったちくわぶをかけさせてあげてよ?」

ブレン「おやめなさい!もはやただの拷問ではないですか!」

チェイス「じゃれるな2人とも。…もういいだろう」

ハート「だ、そうだ。食べるぞお前達」

メディック「待ちかねましたわぁ」

ブレン「…貴女、もしかして煮上がるまでの時間潰しに私をおちょくりましたか?」

ハート「ふふ…、いい艶だ。煮込まれたのにも関わらずこのコシ。良いうどんを選んだなチェイス」

ブレン「全くです。良いチョイスですよ」

メディック「ええ、悪くないチョイスですわ」

チェイス「……」

ハート「チェイス」

チェイス「大丈夫だ、分かっている」

ハート「お前達もワザとやるな。チェイスが一瞬固まっただろう」

メディック「何だか一度はやらないといけないような感じがするのは気のせいなのかしら」

ブレン「身内ネタというやつでしょうか?蛮野撃ってくる、のような」

ハート「ぶほっ」

メディック「は、ハート様!?」

ブレン「ああっうどんが毀れて…」

チェイス「…まだそのネタがツボなのか、ハート」


67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 02:10:34.17 ID:7Bq/efyI0

ハート「けほっ…すまん、もう大丈夫だ…」

メディック「ブレンっ!貴方って人は…!」

ブレン「す、すみませんハート!まさかここまで尾を引いているとは…」

チェイス「どうでもいいが、テーブルを拭くからお前達一旦茶碗を持ち上げてくれ」

ハート「ああ、すまんな」

ブレン「助かります」

メディック「どこかのメガネと違ってチェイスは気が利きますわね」

ブレン「そうですねえ、チェイスはどこかの陰険メディックと違って実に優秀で実直で冷静ですね」

メディック「ちょっとブレン!ぼかしてすらいないではありませんこと!?」

ハート「いいのか?お前たちの分まで食べてしまうぞ?」

ブレン「そ、そんな殺生な…!」

メディック「ハート様ったら、またまたそんなご冗談を」

チェイス(半分本気な気がするが…)

ハート「不思議なものだな…あれほど大量に篭め肉を食べたというのに、こうも自然とうどんが腹に入るのは」

ブレン「これが別腹、というやつなのでしょうかね」

メディック「味の染みたコシの強いうどん…はぁ…、病み付きになってしまいそうですわ」

チェイス「もう少し寒くなったらうどんや雑炊だけでなく、餅を入れるという手段もあるがな」

ハート「なん…だと?」

ブレン「餅…、そんな手があったとは…!」

チェイス「鍋に残った野菜や肉がくっついたトロトロの餅が、割り下にたっぷりと絡まったところを食べるそうだ」

メディック「おやめなさいチェイス!それ以上はいけません!」

ハート「ああ、それ以上は破壊活動と同じだぞチェイス。人間社会ではそういう行為を「飯テロ」と言うのだろう?」

ブレン「どうしてくれるのですか…貴方が余計なことを言うから餅が頭から離れなくなってしまったではありませんか!」

チェイス「…明日にでも買ってこよう」

ハート「なら、明日はこのすき焼きの残り汁で餅煮だな」

ブレン「おお、いいですねえ」

メディック「もちろんお肉と野菜も買い足すのですよ?チェイス」

チェイス「マッテローヨ」


68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/30(月) 02:20:26.90 ID:7Bq/efyI0

ブレン「ハート、七味は使いますか?」

ハート「そうだな、味に変化をつけたかったところだ、ありがとうブレン」

メディック「ブレン、柚子胡椒を入れてさしあげてよ?」

ブレン「そのスプーン山盛りのモノを入れるおつもりなのでしたら、遠慮します」

メディック「チッ」

チェイス「では俺が貰おう。俺のお椀に少し入れてくれ」

メディック「はい、これぐらいでよろしくて?」

ブレン「貴方はハートとチェイスには甘いですね」

メディック「あら、そんな事はありませんわ?私はあくまでハート様が全てですもの」

メディック「しいて言うのなら、ブレンに甘くないだけですわ」

ブレン「ああ、なるほど実に分かりやすい返事です」

ハート「チェイス、柚子胡椒を入れるとどんな感じになるんだ?」

チェイス「悪くないぞ。七味とはまた系統の違う辛味によって味が引き締まるような感覚だろうか」

ハート「ふむ…興味を引かれるな」

メディック「それでしたら、私がお入れ致しますわ」

ブレン「塩を一垂らしするのもイケますよハート」






紘汰「あれ?締めはうどんにしたのかよ。雑炊が良かったんだけどなあ・・・」

戒斗「フン、文句を言うなら食うな。そんなに雑炊にしたいのなら冷蔵庫に分けて置いた汁が入っている。明日にでも勝手に自分で作れ」

紘汰「…前から思ってたけど、お前って意外と良い主夫になりそうだよな」


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 00:08:37.23 ID:9VHdZiMp0

ハート「はぁ…締めだと言うのに結構食べてしまったな」

ブレン「しかし、大満足ですね」

メディック「舌もお腹も満たされましたわぁ」

チェイス「一人3玉食べるとは思わなかったぞ」

ハート「お前も同じ量を食べているじゃないか、チェイス」

チェイス「それもそうだな」

ブレン「あ、洗い物は後で我々がやりますから流しに置いておいてください」

チェイス「そうか」

メディック「それぐらいはしないと役立たずですものねえ」

ブレン「貴女もやるのですよ」

メディック「嫌ですわ、寒いですもの」

チェイス「マックスフレアを借りてきてあるが?」 チューン

メディック「チェイス。それは暖かくなる前に丸焼きになりますわ。ブレンのように」

ブレン「やめてください、思い出してしまったでしょうが」

ハート「ははっ。まさかお前たちとこうしてコタツを囲んでのんびり過ごす日が来ようとはな…感慨深いものだ」

ブレン「そうですねぇ…」

メディック「色々ありましたものねぇ」

チェイス「腹が落ち着いたら柿があるが、食べるか?」

ハート「ほぅ、食後のデザートか。当然貰おうか」

メディック「剥くの手伝いますわよ?」

チェイス「いや、既に剝いてある」

ブレン「手際がいいですねぇ、チェイス」


75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 00:22:04.71 ID:9VHdZiMp0

ハート「腹ごなしに何かするか?折角こうして4人揃っているわけだし」

メディック「あら、ならまたゲームでもしましょうかハート様。スマブラにします?それともモンハンの方が宜しいかしら」

ブレン「どちらにしても貴女は私を集中攻撃するだけですけどね」

メディック「その言葉そっくりお返ししますわ」

ハート「チェイス、お前はどうしたい?」

チェイス「そうだな…ゲームも悪くないが、たまにはこのままのんびり過ごしてみたいものだ」

ハート「悪くないな。なら適当にテレビでもつけてみるか」 ピッ

ブレン「今の時間帯ですとほとんどバラエティですね」

メディック「私、割とクイズ番組とは嫌いじゃないですわ」

ブレン「私はドキュメント番組など好きですね」

ハート「ああ、だからお前達いつも月曜8時にチャンネル争いしているのか」

チェイス「…この番組は初めて見るな。笑ってはいけない、か…。ハートには到底無理なルールだな」

ブレン「確かに」

メディック「沸点低いですものね、ハート様」

ハート「そんな事は無いだろう?」

チェイス「なら確かめてみるか?この番組で笑うたびにハートの分の柿を1つ没収するとしよう」

ハート「いいだろう、望むところだ」

ブレン「メディック…」ヒソヒソ

メディック「分かってますわ…いざという時は私たちの分を…」ヒソヒソ


76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 00:33:18.52 ID:9VHdZiMp0

デデーン ケンザキ、タチバナ アウトー

ウェーイ!? ザヨ゙ゴーッ!!


ハート「くっ…!」プルプル

チェイス「ハート、もう柿がなくなるぞ?」

ハート「おのれ…人間は本当にずるいな…あちこちに笑いが溢れている…」

ブレン「笑ってはいけないという前提条件が緊張を生み、結果的により笑いやすくなってしまうのでしょうね」

メディック「それ以前にハート様笑いすぎですわ…はい、ティッシュ」

ハート「ああ、すまない…まさか、ここまで一方的にやられるとは…」

ブレン「まあ、私たちも普通に笑っていましたけどね」

メディック「チェイスだけは微動だにしませんでしたけど」

ブレン「そもそもチェイスって笑うのですか?」

チェイス「失礼な奴等だな。俺だって笑顔ぐらいは出来る」スッ

ブレン「ぶっ」

メディック「ちょっ…、なんで免許証でそんな満面の笑みなんですの…っ」プルプル

ハート「」ブホッ

チェイス「人の宝物でそろいもそろって…」

メディック「もう、それ引っ込めて下さいませ…」プルプル

ブレン「ちょ、直視できません…」プルプル

ハート「~~っ!」バンバンッ1

チェイス「…」ブレイクアップ


78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 01:24:57.86 ID:9VHdZiMp0

ブレン「チェイス、からかいすぎたのは謝ります」

メディック「そうですわ…でも、やっぱり免許証であの笑顔は…くっ」プルプル

魔進チェイサー「…」

ハート「そ、そう怒るなチェイス」

魔進チェイサー「なら、こちらを向けハート」

ハート「…」チラッ

魔進チェイサー「」ムーン

ハート「」ブホッ

ブレン「ハートっ!?」

メディック「チェイス!もう許してくださいまし!その姿でコタツに鎮座しているだけでとてつもない破壊力ですのよ!?」

魔進チェイサー「…」シュゥゥン

ハート「くっ…、すまないなチェイス…。詫びと言っては何だがこれからカラオケにでもいかないか?お前の分は俺達が払おう」

チェイス「…いいだろう」

ブレン「デザートも食べたことですし、このままお開きというのも味気ないですものね」

メディック「ハート様、私会員証とクーポン取って参りますわ」




紘汰「うぅ~…、もう食えねぇ…」

戒斗「ふざけるな!コタツで寝るとは油断するにも程があるぞ、軟弱な奴め」

紘汰「…んぇ?あ、毛布サンキュー戒斗…ふぁぁ…」


81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 01:43:07.28 ID:9VHdZiMp0

ハート「みんな、忘れ物は無いか?」

ブレン「戸締りは完璧ですハート」

メディック「電気の消し忘れもありませんわ」

チェイス「やはり夜は冷えるな…」

ハート「そうだな、早くいくとしよう」

チェイス「いや、少し待ってくれ」カチカチ

ブレン「メールですか?チェイス」

チェイス「ああ。…断られるだろうとは思うが」 ソウシンシターヨ

メディック「…あぁ、彼ですのね」

ハート「我々は別に構わないのだがな。まあ、奴には奴の矜持があるのだろう」

ブレン「さて、今夜は何時間歌います?」

ハート「そうだな…明日ヤマダ電機に行きたい事だ、取り敢えずは3時間にしておこう」

メディック「ホットプレートお買いに行きますのね」

ブレン「では、歌いながら次の食事会の相談でもしましょうか」

チェイス「自炊するなら今度はカレーという手も考えられるな」

ハート「カレーか!そうか、それを忘れていたな!」

ブレン「ハート、もうこんな時間なのですから大声は控えましょう」

メディック「お話は着いたらすれば宜しいのでは?」

ハート「そうだな。さあ行くぞチェイス」

チェイス「ああ」


82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 02:30:57.28 ID:9VHdZiMp0

剛「はぁ~…、やっぱ寒い日はサッポロ一番が無敵だわ…」

剛「姉ちゃんと進兄さんは相変わらずデートだし」

剛「特状課の飲み会にも誘われたけどりんなさんとか追田警部補とか酔うとメッチャ絡んでくるんだもんなぁ…」

剛「はぁ…一人ラーメン最高…」

メールダーヨ メールダーヨ メールダーヨ マッハァ!!

剛「あン?ンだよこんな時間に…ってアイツかよ!」

剛「だから何でロイミュード達は俺を遊びに誘ってくんだよ!ダチ気取りかっ!」

剛「い・か・ね・え・よ!…っと」

剛「…」

剛「……」

剛「………」







剛「もう誘わねーのかよ!!」


83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 02:35:59.31 ID:9VHdZiMp0

ほのぼのロイミュード4人組第3弾「なぜ湯気でメガネは曇るのか」でした。誰だ「飯テロイミュード」とか上手い事名付けたのは…アリガトウ
続編は今のところ未定です。取り敢えずはMOVIE大戦見てからかな…?
ゴーストもとっくに放送してるけどロイミュード熱が収まらない限りは続けたいっす


オツカーレ


84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 02:57:58.87 ID:rF9Cb2CAO

オツカーレ!
ずっと続けてほしいくらい好き
根負けして剛が参加するのとかも見てみたい
ツッコミ無双で死にそうだけど


85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 04:55:21.23 ID:hXEhbL9f0

オツカーレ!
ハート様の一番新しい友達との絡みとか見たいなーって(チラッチラッ
もちろんツンデレ(?)なチェイスのダチも一緒でいいのよ?


86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 05:54:30.89 ID:LxFLPy1HO

乙!
ハートの大げさすぎる驚き方がツボ



『仮面ライダー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿