TOP > のんのんびより > れんげ「今日も駄菓子屋さんでアルバイトするん」

れんげ「今日も駄菓子屋さんでアルバイトするん」

2017/06/15 00:01 | のんのんびより | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 18:07:57.14 ID:1CLlTHrv0

れんげ「今日も誰もこないんなー」

れんげ「せっかくの夏休みなんだから、みんな駄菓子買って遊びに行けば良いん」

れんげ「暇」

れんげ「暇暇」

れんげ「暇なーん!!!」

れんげ「暇だから駄菓子屋が使ってたテレビ見るのん」

れんげ「お客が来たら途中でも見るのやめないといけないんなー、来なければ良いのに」

れんげ「……」

れんげ「……」

れんげ「本当に誰も来ない必要はないでしょーが!」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 18:16:22.87 ID:1CLlTHrv0

れんげ「……駄菓子屋どうやって生きてたん? うちは駄菓子屋の生活が心配なのん」

れんげ「都会でバイトする駄菓子屋」

れんげ「もしかして、駄菓子屋バイトしなきゃ生きてけないのん……?」

れんげ「でも今年は特別だって行ってたん、いつもはバイトしてないのん」

れんげ「実はご飯が必要なくて、生きるのにお金かからないとか……流石にないのんな」

れんげ「実は、人を脅して金品を……だ、駄菓子屋はそんなこと、するわけない、のん?」

れんげ「……」

れんげ「あ、アルバイトするん、駄菓子屋さんのアルバイトサボってたらダメなんな!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 18:21:25.60 ID:1CLlTHrv0

れんげ「こまちゃんやなっつん、元気なんかなー」

れんげ「ほたるんやこのみちゃんも、最近あんまり会わないんな」

れんげ「みんな卒業して、うちだけ一人ぼっちなん」

れんげ「昔より、みんなが遠くに行っちゃったん」

れんげ「みんな……高校生もたまには駄菓子屋さんに来てもいいんよ?」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 18:31:48.71 ID:1CLlTHrv0

れんげ「まあ、流石に高校生にもなって駄菓子屋さんになんて来るはずな――」

れんげ「……」

れんげ「……」

れんげ「ふらぐって言うの立てたのに、おかしいのん、誰も来ないのん」

れんげ「こう言うときはなっつん辺りが」

れんげ「だっがしやー! きてやったぞー! トリックアンドトリート!!」

れんげ「って、季節外れにもほどがある台詞吐くんな」

れんげ「そしてこまちゃんがちわーって適当な挨拶して、ほたるんがどうもってお辞儀するのんな」

れんげ「そこでうちが、駄菓子屋、来てやったのん! ってなるん」

れんげ「……」

れんげ「……暇なんなー」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 18:38:09.91 ID:1CLlTHrv0

れんげ「Zzz...」

ゆさゆさ

れんげ「ん……なんなのん?」

卓「……」

れんげ「あ、にーにー、昨日ぶりなん……えっと、340円なん」

卓「……」チャリン

れんげ「毎度ありなんにーにー」

卓「……」コク

れんげ「またいらっしゃいなのん」

卓「……」コク

れんげ「今日初めてのお客なんなー……」

れんげ「……」

れんげ「今日は一人だけなんなー……」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 18:44:53.54 ID:1CLlTHrv0

れんげ「店じまいなん」

れんげ「ねーねーは畑仕事で忙しくしてたし、今日は駄菓子屋の家に泊まるん」

れんげ「昔から嗅いでた、駄菓子屋の匂いなんな」

れんげ「落ち着く匂いなのん」

れんげ「もう、駄菓子屋には甘えさせて貰えないん」

れんげ「でも、やっぱり駄菓子屋の側は落ち着くんなー」

れんげ「駄菓子屋が帰ってきたら、一日くらいは付き合ってもらうんな!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 18:53:55.98 ID:1CLlTHrv0

れんげ「夏休みももうそろそろ終わります」

れんげ「駄菓子屋、一切の連絡を入れないなんて店はどうでも良いん?」

れんげ「大体30日、来客は70人なんなー」

れんげ「売り上げが大体二万円なのん」

れんげ「二万円?」

れんげ「ねーねーの十分の一くらい?」

れんげ「……」

れんげ「駄菓子屋本当にどうやって生きてたん?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 19:36:17.36 ID:1CLlTHrv0

れんげ「Zzz...」

ひょい

れんげ「うぅん……」

ぽすっ

れんげ「ん……」

ぽんぽん

れんげ「Zzz...」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 19:42:52.87 ID:1CLlTHrv0

れんげ「ハッ! 寝ちまいました!」クワッ

楓「全く、店番頼んだのに寝るなんて、やっぱり店番頼むんじゃなかったなこりゃあ」

れんげ「え、駄菓子屋? なんでここに?」

楓「そりゃ私が駄菓子屋だからだよ、つかここは私の店だ」

れんげ「だって、都会でアルバイト……」

楓「んなもん終わったよ、だかられんげは今日でクビだクビ」

れんげ「……駄菓子屋、ずっと都会でお仕事お疲れ様でした」

楓「な、なんだよ急に」

れんげ「なんでもないのーん」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 19:49:40.85 ID:1CLlTHrv0

楓「ほら、起きたならどけ」

れんげ「もうしばらくお膝を楽しみたいのん」

楓「楽しむな、ほら店の好きなもん一個くれてやるから帰れ」

れんげ「……」

楓「おい、聞いてんのか」

れんげ「じゃあ駄菓子屋貰うん」

楓「……は?」

れんげ「駄菓子屋はうちのだからこのお膝もうちのなのーん」

楓「はぁ……はいはい、少ししたらどけよな」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 19:58:13.30 ID:1CLlTHrv0

楓「なあ、お前今何年だっけ」

れんげ「六年生なん」

楓「そうか、六年か。この間まで一年だったのになぁ……」

れんげ「ねーねーがアラサーになったんな」

楓「アラサーか……」

れんげ「駄菓子屋も四捨五入したら」楓「黙れ」

れんげ「むぐっ……むぐぐ」

楓「れんげももう中学生になるんだな、早かったなぁ」

楓(一体いつまでこんな店に来てくれるんだろうな……)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 20:12:33.93 ID:1CLlTHrv0

楓「なあ、お前は高校出たらどうすんだ?」

れんげ「?」

楓「先輩みたいに教師になりたいとか、なんかあるだろ」

れんげ「んー」

れんげ「それなら駄菓子屋と二人で、駄菓子屋さんするほうが楽しそうなん」

楓「二人でって、こんな店に二人もいらねーよ」

れんげ「駄菓子屋とこうやって駄菓子屋さん、やるのんな!」

楓「……ふっ、わかったよ、仕方ないな」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 20:23:13.94 ID:1CLlTHrv0

れんげ「駄菓子屋ー」

楓「んだよ、そろそろ店閉めるから帰れよ」

れんげ「今日、泊まってって良い?」

楓「ダメだ、帰れ」

れんげ「夏休み、ほとんど潰して駄菓子屋のために店番したん」

楓「……」

れんげ「駄菓子屋のためだけに夏休みほとんど潰したん」

楓「だ、だからなんだよ」

れんげ「駄菓子屋は、うちのためには何もしてくれないのん?」

楓「それは……」

れんげ「ずっと一人で、寂しいのも我慢したのんな、駄菓子屋の家も掃除したのんな、だから今日だけでも……ダメなん?」

楓「ああもうわかった、わかったよ! 泊まってけ!」

れんげ「やったのーん!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 20:34:07.37 ID:1CLlTHrv0

楓「おい」

れんげ「どうしたん駄菓子屋?」

楓「布団敷いてやっただろ、そっちで寝ろよ」

れんげ「駄菓子屋と一緒が良いのんな」

ぎゅっ

楓「お前な、もう小六だろ、いつまでも甘えんなって」

れんげ「まだ六年生なのん」

ぎゅうう

楓「……離せって」

れんげ「駄菓子屋の背中、久しぶりなんなー……」

スリスリ

楓「」

れんげ「駄菓子屋ー」

スリスリ

楓「これはあれだな……私のせいじゃないな、うん」

れんげ「駄菓子屋?」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 20:41:52.36 ID:1CLlTHrv0

楓「れんげ、離せ」

れんげ「嫌なのん」

楓「……離せ」

れんげ「う……わ、わかったん」

楓「れんげ」

れんげ「な、なんなの――のんっ!?」

ぎゅうううう!!

れんげ「だ、駄菓子屋、苦しいのん……」

楓「うるさい、黙れ」

なでなでなでなで

れんげ「うぅ……もうちょっと、優しくして欲しいのん……駄菓子屋ぁ……」

楓「」

楓「れんげ、しばらく黙らないと本当に大変だから黙れ」

ぎゅうううう


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 20:47:48.64 ID:1CLlTHrv0

一方ほたるちゃんは



蛍「先輩とルームシェア出来て、本当に嬉しいです!」

小鞠「蛍ったらまだ言ってるの? 蛍なら家事もちゃんと分担してくれるし、家賃も払ってくれるからむしろ大歓迎だよ」

蛍「えへへぇ……」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 21:04:29.67 ID:1CLlTHrv0

れんげ「……駄菓子屋は強引なんなー」

楓「わ、悪い……」

れんげ「強すぎて痛くて苦しかったんよ?」

楓「……すまん」

れんげ「頭も禿げるかと思ったのん」

楓「本当にすまなかった……」

れんげ「……でも」

楓「?」

れんげ「でも、やっぱり駄菓子屋にああされるのは、嬉しかったのんなー!」

楓「」

れんげ「だ、駄菓子屋?」

楓「」

れんげ「ま、待つのん! さっきみたいなのは、まっ、待っ――のんっ!」



今回はここまで


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 21:20:16.17 ID:1CLlTHrv0

そのころなっつんは


夏海「っべーわ、マジっべーわ! 兄ちゃん!」

卓「?」

夏海「ゼミの発表の準備するために駄菓子足んない! ちょっと駄菓子買ってきて! はい200円!」

卓「?」

夏海「なんでも良いよ! なんか面白くて美味しい奴!」

卓「」コク

夏海「さあ行け兄ちゃん! うちのために頑張れ!」

卓「」コク

てくてくてく

夏海「歩くな走れー!」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 21:29:43.41 ID:1CLlTHrv0

一方ほたるちゃんは


小鞠「でも良かったの蛍?」

蛍「なにがですか?」

小鞠「家賃半分ずつ出すなら、もうちょっと広いところでも良かったのに」

蛍「良いんです」

小鞠「でも寝室も一緒だし、私がいたら友達とか連れて来にくいでしょ?」

蛍「良いんです! むしろ私はここが良いんです!」

小鞠「そう? ならいいけど……」

蛍「そうだ、お風呂沸かしましたから入りましょう先輩!」

小鞠「え、蛍先入って良いよ?」

蛍「それじゃあお湯が冷めて勿体ないですから一緒に入りましょう、ねっ、先輩?」

小鞠「い、一緒に?」

蛍「二人ならお湯も少なくて済みますから!」

小鞠「えぇ、う、うん、わ、わかった」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 21:40:23.87 ID:1CLlTHrv0

そのころなっつんは


夏海「ぐぅー……ぐぅー……」

卓「……」

卓「……」ヒョイ

卓「……」ポスッ

卓「……」ファサッ

卓「……」ガサッ

卓「……」コク

てくてくてく


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 21:50:34.57 ID:1CLlTHrv0

一方ほたるちゃんは


蛍「はぁ……幸せでした……」

小鞠「一人暮らし用なのに意外と普通に入れたねー、まあ女二人だしあんなもんだよね」

蛍「ふふっ、そうですね」

小鞠「それにしても、案外このままの部屋でもなんとかなりそうだね」

蛍「はい、先輩とならなんでも大丈夫です!」

小鞠「ねえ蛍」

蛍「なんですか?」

小鞠「そのさ、これからよろしくねっ!」

蛍「ひ、ひゃい! よろしくおねがいしますせんぱぁい!」


こっちはここまで


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 21:55:25.90 ID:1CLlTHrv0

そのころなっつんは


夏海「んん……あれ?」

夏海「……」

夏海「あああああ!! もうこんな時間じゃん!!!」

夏海「まだゼミの発表の準備全然出来てないし!」

夏海「な、夏海ちゃん悪くないし!」

夏海「兄ちゃんなんで起こしてくんなかったのさ! 母ちゃんも夕飯とかあったよね!」

夏海「ああもう徹夜だよー! 兄ちゃん手伝ってよね!!」


こっちもここまで



『のんのんびより』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿