TOP > 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる > 真涼「今日はエイプリルフールよ」鋭太「おい」

真涼「今日はエイプリルフールよ」鋭太「おい」

1: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 21:12:56.69 ID:noZE4kGr0

真涼「いよいよ。エイプリルフールになったわ」

真涼「私は決して忘れない!去年のエイプリルフールのミスを!」

※一年前にVIPに投下した
姫香「エイタの心が読めるようになった」
を参照


真涼「今日は4月1日!携帯のカレンダーの確認もしたわ」

真涼「というわけで騙されなさい!鋭太!」

鋭太「…今、何時だ?」

真涼「何を言ってるのかしら?4月1日の0時よ?」

鋭太「帰れ。以上」


ガタン


真涼「…閉め出されてしまったわ」

真涼「…」

真涼「寒い…」ガタガタ


2: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 21:21:01.96 ID:noZE4kGr0

ガララッ


鋭太「はぁ…」

真涼「鋭太?」

鋭太「ったく何でこんな時間に来たんだよ。女子が一人で危ないだろ…」

真涼「ふふっ、心配不要よ。だって私はずっと庭に隠れていたんだから」

鋭太「こえーよ!自分自身の身が心配になってきたぞ!」

真涼「そうよ。常にあなたを監視しているの。というか私を監視して頂戴、鋭太」

鋭太「もう僕には意味が分からないよ!真涼さん!」


真涼「そうね。わかりやすく説明すると…」

鋭太「もうそれはいいから、泊まってけ」

真涼「…え?」

鋭太「こんな時間に彼女を帰らせるわけには行かないしな」

真涼「本当にいいの?」

鋭太「いいって言ってるだろ」

真涼「朝までジョジョ談義するかもしれないわよ?」

鋭太「まあ、まだ春休みだし多少はOKだ」

真涼「ついつい間違えて、鋭太のノート談義しちゃうかもしれないわよ?」

鋭太「うわあああああ!急に泊める気無くなってきたぞ!?」


3: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 21:24:57.23 ID:noZE4kGr0

真涼「ふふっ。夜中なのに元気ね?…ありがとう鋭太」

鋭太「ったく、最初から素直に言えってーの。面倒な彼女を持つと本当に疲れるな」

真涼「ええ、私はとても面倒なのよ。常に構ってね。私の偽恋人(フェイク)さん♪」

鋭太「『面倒なのよ』って自覚ありかよっ!!!」


真涼「それにしても『俺のベッドで寝ようぜ』なんて、鋭太って積極的なのね」

鋭太「どんなに台詞を見直しても『俺』も『ベッド』も『寝よう』もまったく言ってないぞ!」

真涼「まったく鋭太ったら照れ屋さんね」

鋭太「お前はリビングな!絶対に俺の部屋には来るなよ!」

真涼「ふふふっ。冗談よ。ありがとう鋭太」

鋭太「…」

鋭太(何で嬉しそうなんだよ…)


6: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 21:35:17.94 ID:noZE4kGr0

■昼

鋭太「ぐー」Zzzzz

トントントン

鋭太「ん…」

鋭太(あれ?包丁の音が聞こえる…)

鋭太(そうか…真涼か…)


鋭太「ふわぁ~」

鋭太「もう朝か…そろそろ起きるか」

「鋭太ー。昼ごはんが出来てるわよー」

鋭太(…って、もう昼!?)

鋭太(そういえば、朝までジョジョ談義で寝かせてくれなかったんだよな…)

鋭太「はぁ…」


「鋭太ー?起きてるのかしらー?」


鋭太「おう!起きてるぞー」

鋭太(起きたら飯が出来てるか…こんな目覚めもいいよなっ)

鋭太「朝飯同様だし、味噌汁とかかな~♪卵焼きも欲しいよな~♪」


7: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 21:46:17.24 ID:noZE4kGr0

………


真涼「ウイダーインゼリーよ。なんと新発売のトマトヨーグルト味よ」

鋭太「おいぃぃぃぃぃぃぃ!!!」

真涼「起きてから一発目に発声練習をするなんて、さすが鋭太ね」

鋭太「意味がわかんねーよ!というか包丁の音が聞こえたのに、何でウイダーインゼリーなんだよっ!」

真涼「…」

鋭太「おい!」

真涼「台所は見ない方が…身の為よ」

鋭太「……………ああ」

鋭太(そうだった。こいつ料理できないんだった…)


真涼「ちなみに証拠隠滅の為、台所は数秒後に爆発します」

鋭太「すんな!」


9: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 21:56:41.79 ID:noZE4kGr0

真涼「冗談よ。包丁は鋭太が喜ぶかな?って、ちょっと頑張って『トントン』させただけよ」

鋭太「何やってんだよ…そんなんで喜ぶわけないだろ…」

鋭太(喜んでました。ごめんなさい)


真涼「…」

鋭太「…」

真涼「その反応。本当にあなたはわかりやすい人ね」

鋭太「うっ…悪かったな」

真涼「ねえ、鋭太?やっぱり料理って出来た方がいい?」

鋭太「ん?出来ないよりは出来た方がいいと思うぞ?」

真涼「…ふ~ん」

鋭太「?」


11: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 22:06:40.80 ID:noZE4kGr0

………


鋭太「ご馳走様でした」

真涼「お粗末さまでした」


真涼「ねえ鋭太?」

鋭太「ん?」

真涼「料理は美味しかったかしら?」

鋭太「あ?」

真涼「まったくダメダメね。そこは『彼女が頑張って作った料理なら何でも美味いぜ!』ぐらい言いなさいよ」

鋭太「じゃあ、頑張って作って見せろよゴラァ!!」

真涼「へぇ~、鋭太は私が頑張って作れば食べるというのね?」

鋭太「お、おう」

真涼「あああああああなた正気なの?私は絶対に食べないわよ」

鋭太「うわあああ!騙したなーーーー!」


真涼「ふふっ。冗談よ」

真涼「食べると言ってくれてありがとう鋭太。嬉しかったわよ」クスッ

鋭太「…………なんだよそれ」


12: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 22:16:01.26 ID:noZE4kGr0

………


■夕方

鋭太「んー。とりあえず勉強は休憩だ」

真涼「…」

鋭太「なあ?どこまで読んだんだ?」

真涼「ちょうどジョジョの4部が読み終わったところよ」

真涼「きりもいいし。そろそろお暇しようかしら」

鋭太「おう、送っていくぜ」

真涼「あら?今日の鋭太は優しいのね?」

鋭太「俺はいつも優しいんだよ」


13: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 22:21:44.89 ID:noZE4kGr0

………


スタスタスタ


真涼(今日ももう終わるわね…)

真涼(夜中から鋭太と一緒だったし、ジョジョも1部~4部まで読み返せたし、悪くない一日だったわ)

真涼「…」

真涼(なにか…忘れて…)

真涼「…」

真涼(って、今日は4月1日エイプリルフール!?)


真涼(今年は絶対に騙すって去年から計画していたのに忘れていたわ!)

真涼(鋭太!私を幸せにして、エイプリルフール作戦を台無しにしようとしたわね!?)

真涼「ぐぬぬぬ」

鋭太「ん?なんだ?」


15: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 22:29:08.86 ID:noZE4kGr0

真涼「ねえ、鋭太…その、あのね?」

鋭太「ん?」

真涼「私、偽恋人(フェイク)とか関係なしに、本当は鋭太の事が大好きなの」

鋭太「………え?」

鋭太(なっ…なっ!?)


真涼「ふふふふふふふふふ♪何て顔をしているのかしら?」

鋭太「え?だって、お前…」

真涼「嘘よ。全部嘘。忘れたのかしら?今日はエイプリルフールよ」

鋭太「何だ…嘘かよ」


鋭太(一瞬本当なのかと思ってしまった…だって…)

真涼『本当は鋭太の事が大好きなの』

鋭太(と言った時のこいつ…顔真っ赤だし、少し涙目だったし…)

鋭太「…」

鋭太(ずっと一緒にいたけど、本当に本気でこいつが可愛いと…)


16: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 22:37:56.37 ID:noZE4kGr0

鋭太「…」

真涼「悔しい?や~い、騙されてやんのー。いい気味だわ~。このガリ勉野郎~♪」

鋭太「…」イラッ


鋭太「真涼!真剣な話をするから…一度しか言わないからよく聞けよ!」

真涼「何よ?急に真面目な顔になって…」


鋭太「俺、季堂鋭太は夏川真涼が世界で一番好きだ!愛してる!俺と真剣に付き合ってくれ!」

鋭太(どうだ!俺の渾身の偽告白(フェイク)は!)

真涼「っ//」ボンッ


鋭太「え?」

真涼「なななななななっ何を言っているのかしら?さすがに嘘ってバレバレよ」

真涼「私の真似なんて本当に鋭太ったら、猿知恵ね。ええ、サル真似しかできないお猿さんだわ」

鋭太「はいはい。そうですか。真似で悪かったですね」


17: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 22:42:44.25 ID:noZE4kGr0

ギュウウッ


鋭太「って、急に抱きつくなよ!」

真涼「いいでしょ?私達は恋人なんだから」

鋭太「偽恋人(フェイク)だろっ」

真涼「鋭太、大好きよ」

鋭太「何言ってんだよ。俺の方がもっと好きだ」

真涼「いいえ、私の方がもっともっと好きなんだから」


鋭太「…………嘘だよな?」

真涼「もちろん嘘よ。ええ、全部嘘(フェイク)よ」

鋭太「…」

真涼「ねえ、鋭太。もう一回『好き』って言って」

鋭太「はぁ…。はいはい、俺は真涼さんが『好き』だよ」


真涼「ふふっ。騙されたわね。今のお願いは嘘よ」

鋭太「意味がわかんねーよ」


19: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 22:52:01.68 ID:noZE4kGr0

真涼「今度は『愛してる』って言って」

鋭太「言わねーよ」

真涼「じゃあ、私が言うわ。鋭太…私は世界で…いいえ宇宙で二番目に鋭太が好きよ」

鋭太「って、二番目かよっ!」

真涼「嘘よ。本当は鋭太が一番なの。ええ、一番好きよ」

鋭太「ぐっ…」


真涼「あら?赤くなったわ。そういう反応嬉しいわ」

鋭太「…」

鋭太(テメーはずっと真っ赤だろうが!)






鋭太(この後も、真涼さんの嘘告白(フェイク)が続いた)

鋭太(真涼はとっても嬉しそうだった…)

鋭太(年相応…いやそれ以下の無邪気な笑顔に俺は…)


真涼「鋭太、大好きよ」スリスリ

鋭太(何が本当か嘘かわからなくなってきてしまった…)


20: ◆xW69XHZIXl2A 2014/04/01(火) 23:00:06.14 ID:noZE4kGr0

真涼「ふふふっ♪」

鋭太「なあ、真涼?」

真涼「なぁーに?鋭太?」


鋭太「これからもよろしくな」

真涼「おかしな鋭太ね。あたりまえじゃない」


真涼「だって、私は彼女。あなたは彼氏なんだから、ずっと一緒よ」

鋭太「………そうだったな」


鋭太(今の日常が、このフェイクが…)

鋭太(とてもすごく居心地良いと思うのはダメだと思う)

鋭太(だって、全部嘘(フェイク)なんだから)

鋭太「…」

鋭太(でも、もっと今の日常(フェイク)が続けばいいなと思ってしまった)



鋭太(本当に思ってしまったのだった)







       終わり


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/04/01(火) 23:11:55.82 ID:DpsirDqdo

また来年も書いて欲しい



『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿