TOP > キルミーベイベー > ソーニャ「絶対に殴ってはいけないキルミーベイベー?」

ソーニャ「絶対に殴ってはいけないキルミーベイベー?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:34:03.71 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「なんなんだ、いきなり」

やすな「フッフッフ……ソーニャちゃんッ!私は考えました!ソーニャちゃんが殺し屋をやめるにはどうすればいいのか……」

やすな「その為に必要なもの、それは優しさ!すぐに手が出る暴力女のソーニャちゃ」

ソーニャ「誰が暴力女だ!」

やすな「ぶふぉっ!?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:35:23.92 ID:6x8v8Dvs0

やすな「そういうとこだよぉ!とにかく、ソーニャちゃんの手癖の早さを直すために私が考えたのが、コレです!」


『絶対に殴ってはいけないキルミーベイベー!』ババーン!


ソーニャ「……バカらしい、帰る」スタスタ

やすな「話くらい聞いてぇー!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:36:11.92 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「帰っちゃだーめ」

ソーニャ「あぎりか……いきなりなんだ」

やすな「これはあぎりさんと一緒に考えたんだよ!ねー?」

あぎり「ねー?」

ソーニャ「どういうつもりなんだあぎり」

あぎり「えー?だって、おもしろそうじゃないですかー」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:37:27.27 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「面白いと思いますよー?私も手伝いましたからー」

ソーニャ(あぎりが手伝っただと?……なんだかうさん臭いな……)

やすな「どうしたのソーニャちゃん?もしかして、話についてこれてないとか?」プププ

ソーニャ「フンーッ!」バコーン!

やすな「ごふっバッ!?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:39:09.94 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「ソーニャー、あうとー」デデーン

ソーニャ「な、なんだ、やるなんてひと言もいってないぞ」

ちくわぶ「ハッハッハ」

ソーニャ「ワーッ!い、犬!なんでここに犬が!?」バッ

あぎり「手をだしたのでー、罰ゲームですー」

ソーニャ「話を聞けー!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:40:19.92 ID:6x8v8Dvs0

やすな「ちくわぶー、おいでー」

ソーニャ「ふぅ……心臓に悪い……」バクバク

あぎり「というように、手を出したら罰ゲームがありますのでー、気を付けてくださいねー?にんにん♪」ドロン

ソーニャ「犬と一緒に消えたか……なんでもありだな」フゥ

やすな「それじゃあかえろっか、ソーニャちゃん」

ソーニャ「本当にやるのかよ」ゲンナリ


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:41:13.40 ID:6x8v8Dvs0

かえりぃーみちぃー



ソーニャ「……で」

やすな「うん?」

ソーニャ「なんでバスなんだよ!いつも歩いて帰ってるだろ!?」

やすな「だってあぎりさんの書いてる企画書にはバスで帰るって書いてあるんだもん」ガサゴソ

ソーニャ「企画書!?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:42:18.72 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「それにしても空いてるな。私たちしかいないのか」キョロキョロ

やすな「貸しきりみたいだねー、そうだ、ゲームしようよソーニャちゃん」

ソーニャ「嫌だ」

やすな「プププ、とか言って負けるのが怖いんだぁー。そうでしょ?そうでしょぉー?」

ソーニャ「……お前なぁ」ゴゴゴ

やすな「おぉーっと!殴っちゃいけないよソーニャちゃん!もし手を出したら罰ゲームが」

ソーニャ「関節技だから殴ったことにはなってない」ギギギギギ

やすな「くそぅ!くそぅ!」バンバン


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:44:03.75 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「ソーニャー、あうとー」デデーン

ソーニャ「どこから出てきたんだお前!?」

あぎり「関節技も使ってはいけませんよー?」

やすな「へっへーん、ざまーみろ!」

ソーニャ「」ギロッ

やすな「あ、じょ、冗談だからねソーニャちゃん」アセアセ


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:47:06.50 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「罰ゲームですよー」

ちくわぶ「ハッハッハ」

ソーニャ「どこから出てきたー!来るな!こっち来るなー!」

やすな「えー?こんなに可愛いのに。ほらほら、怖くないよー」

ソーニャ「フンッ!」

やすな「ゴホッ!?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:48:22.07 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「あー、手を出しちゃダメですよー?」

ソーニャ「アイツが近づけてきたから悪いんだ!」

あぎり「もー……今回は見逃しますけど、次からはちゃーんと罰ゲームにカウントしますからねー」ドロン

ソーニャ「勘弁してくれ」グッタリ


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:51:59.56 ID:6x8v8Dvs0

やすな「ねぇねぇソーニャちゃん、着くまで暇だからしりとりしようよー」

ソーニャ「嫌だ」

やすな「じゃあ私からね。んー、キルコフ!」

ソーニャ「フン」(やってられるか。無視だムシ)ツーン

やすな「あ、んがついた!ソーニャちゃんの負け!よっわー!しりとりですぐ負けるとかだっさー!」アーッハッハッハ

ソーニャ「」イラッ


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:54:08.66 ID:6x8v8Dvs0

やすな「おぉーっとソーニャちゃん!?今は絶対に殴ってはいけないキルミーベイベーだからね!?殴ったら罰ゲームが」

ソーニャ「フー……フー……」

やすな「な、ナイフはしまって落ち着こうか……」ドードー

ソーニャ(そ、そうだ……クールになれ、こんな馬鹿に付き合わなくても……)

やすな「あ、でもしりとりは負けだからね」

ソーニャ「ンガーッ!」ビュンビュンビュン

やすな「きゃあああナイフ乱れ撃ちぃ!?」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:56:17.69 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「……どうやら今のは罰ゲームにならないみたいだな」

やすな「私に当たってなかったからかな?」

ソーニャ「どちらにしろ少しは落ち着くことが……」

あぎり「ソーニャー、あうとー」デデーン

ソーニャ「時間差!?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 02:59:28.10 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「」ボーゼン

あぎり「うーん、続けざまの罰ゲームで疲れちゃったみたいですねー」

やすな「あぎりさん、そろそろ降りてもいいですか?」

あぎり「構いませんよー?あ、今日はソーニャを泊めてあげてくださいね」

ソーニャ「なんでだよ!?」ガバッ

やすな「あ、起きた」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:02:04.47 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「だってー、ソーニャの家に泊まらせるわけにはいかないじゃないですかー」

ソーニャ「もうこんな遊びやってられるか!帰る!」スタスタ

やすな「あ、待ってよソーニャちゃ……行っちゃったぁ。どうします、あぎりさん?」

あぎり「んー……いち、にぃ、のぉ……にん♪」ボンッ

ソーニャ「……エ゛」パチクリ

やすな「おぉー」パチパチパチ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:04:04.25 ID:6x8v8Dvs0

よーるかーもねー



ソーニャ(結局泊まることになってしまった)

やすな「夕ごはん美味しかったねー!お母さんってばソーニャちゃんが泊まるっ言ったらはりきっちゃってさー」

ソーニャ「あ、あぁ、そうだな」

やすな「あれあれ?どーしたの?ハハーン、安心しなさいソーニャちゃん!遊び道具ならいくらでもあるよ!」ババーン

ソーニャ「勉強道具がまったく見当たらないんだが」

やすな「それはその……ね?」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:06:24.02 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「また私の勝ちだな」

やすな「あーん、また負けたー!ソーニャちゃんオセロ強すぎだよぉ」ガーン

ソーニャ「お前が弱すぎるんだよ」フッ

やすな「別の遊びをやりましょう」

ソーニャ「なんだよ別の遊びって」

やすな「くすぐりごっこ」ワサワサ

ソーニャ「絶対やだ」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:09:15.83 ID:6x8v8Dvs0

やすな「またまたぁー、ソーニャちゃんの弱点はわきかなー?ひざかなー?」ワサワサ

ソーニャ「来るな!殴るぞ!」

やすな「へへーんだ、だったら罰ゲームだもんねー」ニヤニヤ

ソーニャ「グッ……」

やすな「ソーニャちゃん、かくごー!」バッ

ソーニャ「よく考えればこっちからやればいいんだよな」ワサワサワサワサ

やすな「にゃはははははは!うひひひひひひっ!ひひぃっ!ぎ、ぎぷっ!?ごめんなさひっ!ひひひひぃぃぃい!」バタンバタン!


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:11:25.10 ID:6x8v8Dvs0

やすな「カヒュー……カヒュー……」グッタリ

ソーニャ「少しやりすぎたか」

やすな「おおーっとぉ、この程度でやられる私ではありません!ソーニャちゃん、次はなにして遊ぶ?」ガサゴソ

ソーニャ「別になにもしたくない」

やすな「またまたぁー、じゃあ次は人生ゲームやろうよ!」

ソーニャ「なんでこんなのを……」

やすな「ガサツなソーニャちゃんは男の子の青ね。私はかわいいピンク♪」ウフフ

ソーニャ「……」ザクッ

やすな「ああっ!私のキャラが首なしにぃっ!?」ガビーン


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:13:26.20 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「ソーニャー、あうとー」デデーン

ソーニャ「ベットの下!?いつからいたんだお前!?」

あぎり「忍者ですからー」

やすな「すごーい」パチパチ

ソーニャ(答えになってない……)


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:15:36.58 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「んー、家の中にワンちゃんを上げるわけにもいかないですしー、ここはこれでいきましょうかー」

ソーニャ「……」ハナメガネー

やすな「あははははは!だっさ!ダッサー!」

ソーニャ「お前がつけてた奴だろ!」バコッ!

やすな「ブフーッ!?」

あぎり「追加で猫耳もつけてもらいましょうねー」ニンニン


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:17:33.44 ID:6x8v8Dvs0

ぷれいちゅーうぅー



やすな「いち、に、さん……あー、フリーターになっちゃったぁ」

ソーニャ「ハッ、私は医者だ。これはもう勝敗は決まったようなものだな」

やすな「……へへ」

ソーニャ「何がおかしいんだ?」

やすな「殺し屋じゃなくてお医者さんなんだなーと思って」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:19:43.44 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「……ゲームの中、だけだろ」

やすな「それでも、今のソーニャちゃんはお医者さんだよ。賢くって、頼りになって、みんなのことを助けてくれる、そんなお医者さん」

ソーニャ「……」

やすな「ねぇ、ソーニャちゃん」

ソーニャ「お前の番だぞ」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:21:20.18 ID:6x8v8Dvs0

やすな「う、うん……いち、に、さん……あ!ボルシチとピロシキの店が大ヒット!十万ドル手に入れるだって!」

ソーニャ「なっ!?……ほ、本当だ。そう書いてある……」

やすな「あっれぇー?大当たりしちゃいましたぁー!?もしかして、これってソーニャちゃんでも追い越せない金額なんじゃないかなぁ!?」

ソーニャ「う、うるさい!私だって同じマスに止まれば!……グッ!」

やすな「なになに?キルミーベイベーのBDを発売するも、全く売れない。十万ドル失う……あははは!ソーニャちゃんよわー!運わるー!」

ソーニャ「やってられるかー!」バーン!

やすな「あぁん壊さないでー!」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:23:47.63 ID:6x8v8Dvs0

やすな「あ、お母さんがお風呂わいたってー」

ソーニャ「お前だけ入ってこい。私は遠慮する」

やすな「なに言ってるの。ひとの家に泊まるのに汚いままで寝るなんて、よくないでしょ」

ソーニャ(この、たまに素に戻った言い方をされるのが余計にムカつく!)

ソーニャ「あ、あれだ、殺し屋は自分の家の風呂しか使わない」

やすな「またまた適当言ってるぅー!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:26:10.26 ID:6x8v8Dvs0

はいりました。



やすな「いいお湯だったねー」ホカホカ

ソーニャ「なんで二人で入らないといけないんだ……」ホカホカ

やすな「まぁまぁ、銭湯を共にした仲なんだしいいじゃん」

ソーニャ「風呂に入ってる間に布団までしかれてるし……」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:28:20.31 ID:6x8v8Dvs0

やすな「私がベッド使うから、ソーニャちゃんはお布団ね。あ、もしかしてお布団で寝るのはじめて?ベッド使う?」

ソーニャ「い、いや、布団でも大丈夫だ」

やすな「あら、もしかしておねしょの心配とか?」クスッ

ソーニャ「ほぉ……」

やすな「あー!ひ、ひとの家の枕を力いっぱい握りしめて投げようとするのは良くないんじゃないかなー!ウン!」アセアセ


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:30:01.47 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「フン、もう寝るぞ」

やすな「電気消すねー」

ソーニャ「……」

やすな「シャドーボクシング!」シュンシュン!バシッ!バシッ!

ソーニャ「早く消せよ!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:32:26.43 ID:6x8v8Dvs0

やすな「ね、ソーニャちゃん」

ソーニャ「……なんだ」

やすな「私さ、誰かとお泊りしたの、初めてなんだ」

ソーニャ「……私もだ」

やすな「ま、また来ても、いいからね?」

ソーニャ「なんでだよ」

やすな「……そうだよね……ソーニャちゃんは殺し屋だもんね……」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:34:10.18 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「……どうせまたあぎりがこういう事思いつくだろうさ」

やすな「!……そ、そっか、あぎりさんなら……うん、そうだね……あぎりさんならやりそうだ」

ソーニャ「もう寝るぞ」

やすね「ん……おやすみ、ソーニャちゃん」

ソーニャ「あぁ…………おやすみ」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:36:07.18 ID:6x8v8Dvs0

あ、さ



やすな「おっはよー!」

ソーニャ「おはよう」

あぎり「おはようございますー、昨晩はいかがでしたかー?」

ソーニャ「見てたろお前。窓にチラチラ写ってたぞ」

あぎり「うふふー?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:38:19.22 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「で、いつまで私はこのゲームに付き合わないといけないんだ?」

あぎり「今日の放課後まででーす」

ソーニャ「なんだ、ならいつも通りにしていればいいんだな」

やすな「いつも通りならソーニャちゃん罰ゲームばっかりになっちゃうよ」プクク

ソーニャ「お前が余計なことばかりするからだろ!」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:40:20.15 ID:6x8v8Dvs0

やーすみーじかーん



ソーニャ「……ッ!?」

やすな「ソーニャちゃん、この本が……どしたの?はっ、まさか……お通じが来ないとか?」ドキドキ

ソーニャ「違う!」

やすな「あぁ、それは良かったね。お通じが来ないとお腹痛くなっちゃうもんね」ホッ

ソーニャ「その話題から離れろ!」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:42:12.41 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「……どうやら刺客が来ているようだ」キョロキョロ

やすな「え、えぇ!?し、刺客!?そんなぁ!」ビクビク

ソーニャ「このゲームは終わりだ、お前も私から離れ……」

やすな「この人でーす!ソーニャちゃんはこっちの金髪でわたしは関係ありませーん!」スタタタタッ

ソーニャ「オイッ!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:44:11.62 ID:6x8v8Dvs0

ドカカカカッ!

やすな「ひゃあああ!」

ソーニャ「どうやらお前もターゲットにされているみたいだな」

やすな「ななな、なんで!?ソーニャちゃんとわたしを間違えるなんてヴァカなんじゃないの!?」

ソーニャ(こいつにバカって言われるなんてかわいそうな奴だな……)ウワー


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:46:06.66 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「こっちに来い!」グイッ

やすな「う、うん!」

ソーニャ「あぎり!いるんだろあぎり!」タッタッタッ

あぎり「お呼びですかぁー?」ドロン

ソーニャ「刺客が来ている!手伝ってくれ!」

あぎり「ソーニャー」

ソーニャ「なんだ!」

あぎり「殴っちゃ、メ、ですよー?」

ソーニャ「まだやるのか!?」


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:48:23.86 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「冗談ですよー、ニン♪」

ソーニャ「うわっ!?……って、ここは、屋上?」

やすな「どうなってるの?……あ!あの人!」

刺客「な、なんだここは!?一体なにが!?」キョロキョロ

あぎり「忍法、屋上に移動しちゃうのじゅつー。ここなら思う存分戦えますよー?」

ソーニャ「いや、そこはそのまま忍法で倒せよ」ビシッ


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:50:33.53 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「まぁまぁ、今は緊急事態ですし、このゲームは一時中断ということでー」

ソーニャ「……ほぅ?一時中断、だと?」ユラッ

刺客「ムッ!殺気!いいだろう!こいソーニャ!」チャキッ

やすな「そ、ソーニャちゃん!」

ソーニャ「オラーッ!」

やすな「なんでわたしー!?」バコーン!

あぎり「ストレスがたまってたんでしょうかー」アラアラ


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:52:49.80 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「改めて、行くぞ!」ダッ!

刺客「来いッ!」

ソーニャ「ハッ!」バシュッ

刺客「甘い甘い!今度はこちらから行かせてもらうぞ!デイッ!」

ソーニャ「なんの!」カキン

ソーニャ(み、見える!敵の動きが今まで以上に!まさかこれはあの遊びのおかげ……)

やすな『ソーニャちゃんのヴァーカ!あ、殴っちゃいけないんだよー!』

ソーニャ「ヌググググググ!」

ソーニャのこうげきりょくがあがった!


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:55:16.83 ID:6x8v8Dvs0

刺客「」バタンキュー

ソーニャ「フン!少してこずったが、この程度か」

あぎり「おみごとー」パチパチ

やすな「そ、ソーニャちゃん!」タタッ

ソーニャ「やすなか……あまり近づくなよ、そいつはまだ生きている」

やすな「え……ソーニャちゃん!もしかして殺し屋をやめて」

ソーニャ「勘違いするな。こういう奴は組織に引き渡すことになっているんだ」

やすな「そ、そっか……そうだよね……」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 03:57:37.95 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「……あぎり」

あぎり「はーい、なんでしょー」

ソーニャ「私は少し刺客に狙われ過ぎている。組織には別の任務に当たらせてもらえるようにかけあうことにする」

やすな「……」

ソーニャ「そうだな……殺しではなく、諜報活動や情報工作の方に回してもらえるように頼んでみるよ」

やすな「!」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:00:02.58 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「なるほどー、わかりましたー。わたしはこの人を組織へ連れていきますので、あとはお二人でおたのしみをー」ドロン

ソーニャ「なっ……ったく、オイ」

やすな「え?」

ソーニャ「私が殺し屋をやめるなんて無理だ。そういうことを考えるのは、無駄だからやめておけ」

やすな「う、うん……」

ソーニャ「でも……その、機会を減らすことは出来ると思う……」

やすな「ほんとっ!?」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:02:02.15 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「……いつまでも前線に立ってるわけにはいかないからな。しばらくは、大人しくするさ」

やすな「……エヘヘ」

ソーニャ「なんだよ、気持ち悪い」

やすな「エヘヘヘヘヘ、ヘヘ……グスッ……フッ……フゥゥゥゥゥ……」

ソーニャ「……変なやつ、なんでお前が泣くんだよ」

やすな「あたりまえだよぉ……と、友達が……殺し屋から、ちょっとでも離れてくれるんだからぁ……」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:04:05.68 ID:6x8v8Dvs0

ソーニャ「……やすな」

やすな「へ?……なに?」

ソーニャ「またお前の家に泊まってもいいか?」

やすな「……い、いいよ!ソーニャちゃんならいつでも!何日でも!大歓迎だよ!」

やすな「ゲームしてさ!ごはん食べて、お風呂はいって、一緒に寝るの!また人生ゲームやろうよ!あ、お風呂セット買うからそれであそぼ!?それに、それにね!」

ソーニャ「あぁもう、分かった分かった。後でゆっくり聞くから教室に戻るぞ」

やすな「うん!」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:06:18.36 ID:6x8v8Dvs0

やすな「ん?でもそれだとまたバスで帰らないといけないのかも?」

ソーニャ「ばーか、あれはあぎりに言われたからで、普通に帰ればいいだろ」ペシッ

やすな「あたっ……あ、そっか、そうだよねー」

ソーニャ「……フフ」

やすね「エヘヘ」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:08:07.67 ID:6x8v8Dvs0

あぎり「ソーニャー、あうとー」デデーン

ソーニャ「ハァッ!?……って、再開してるなら一言いえ!」

やすな「アハハハハ!気を抜いたソーニャちゃんが悪いんだよー!」

ソーニャ「あんだとドーーーーーン!」

やすな「ブヘーッ!?」バコーン!


べーいび、ぷりぃーず、きーーるみぃーーー


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:10:55.43 ID:6x8v8Dvs0

以上でおしまいです

少し遅れましたが、キルミーベイベー1周年記念ということでひとつ

またテレビでやすなとソーニャとあぎりさんと没キャラが見れることを願って

キルミーベイベー!


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:11:45.56 ID:6rgIWED70


脳内再生率高杉


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 04:13:52.12 ID:NwuMDsCF0


マジで2期やってほしいなー



『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿