TOP > 仮面ライダー > 貴虎「こってり!そういうのもあるのか」【仮面ライダー鎧武SS】

貴虎「こってり!そういうのもあるのか」【仮面ライダー鎧武SS】

2017/06/19 06:05 | 仮面ライダー | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 01:38:19.42 ID:7Yw8wfKN0

人望の無さに定評のある主任(以後貴虎表記)「ああ、では当初の企画通りに進められそうだな。ではそちらは任せる。頼んだぞ」 ピッ

貴虎「ふぅ…取り敢えずはこれで一段落、といったところか」


貴虎「…」スタスタ

貴虎(復興作業も随分進んだな。市民も大分戻ってきた。…だが、それでもかつての沢芽市にはまだ程遠い…)

貴虎(…嘆いていても始まらない。つまらん愚痴など零している暇など私には無いのだからな)

グゥ~

貴虎(…とは言え流石に腹が減ったな。思えば朝からコーヒー程度しか口にしていなかったか)

貴虎(だがまだ仕事が残っている。ゆっくり食事を取っている余裕も無いな)

貴虎(また牛丼でも食べるとするか。だがここからだといつもの店は少し遠いな…)

貴虎(…いい機会だ。今日は別の店を探してみるとしよう)テクテク


貴虎「…む?何だ、この匂いは…」

貴虎(鼻腔を刺激する濃厚な油の風味…この店からか?…ラーメン屋のようだが)

貴虎(…思えばこういった店は今までほとんど入ったことが無かったな)

貴虎(よし、丁度良い機会だ。行ってみるとしよう)スタスタ



ウィーン

貴虎「フッ、ここは自動ドアだな。そうそう同じ轍を踏む私ではない」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 01:59:59.38 ID:7Yw8wfKN0

イラッシャイマセー

貴虎(ほう、ここは食券ではなく注文するタイプなのだな)キョロキョロ

貴虎(さて、どこか空いている席は…)

フーン、マァワルクナイカナ コーホー プレーンシュガー ネェヨ! チョットシタボウケンダナ

貴虎(随分盛況だな…思いつきで入ったが、もしやここは有名な店なのか?)

店員「一名か」

貴虎「あ、ああ」

店員「カウンターとテーブルがあるが、どうする」

貴虎「そうだな…混んでいる事だ、1人なのでカウンターで構わない」

店員「了解した。こっちに来るといい」

貴虎(…どこかで見た事がある店員だな…気のせいか)

店員「メニューはそこだ。決まったら呼べ。それが人間のルールだろう」

貴虎「ああ、では少し考えさせてもらおうか」

店員「ごゆっくり」スタスタ

貴虎(さぁ、何を注文するか…)

貴虎(ふむ…ラーメン屋というものは味噌だの醤油だのと色々スープの種類があると聞いていたが、この店は一種類なのか)

貴虎(だが、代わりにあっさりとこってりと、濃さを選べるようだ。さて…どちらにするべきか)

貴虎(朝からまともに食べていないせいで腹は随分空いているからな、ここはこってりでいくとするか)

貴虎(お、セットメニューもあるのか。チャーハン、餃子は定番だが、唐揚げまであるとは)

貴虎(どのセットにもご飯がついているのが気になるな。ここのラーメンは米と一緒に食する作法なのか?)


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 02:18:19.85 ID:7Yw8wfKN0

店員「決まったか?」

貴虎「すまない、まだ決め手に欠けているところだ…」

貴虎「こってりラーメンでいきたいのだが、何かオススメのセットメニューを教えて貰えないだろうか」

店員「そうだな。個人的な意見で構わないのなら、これだな」

貴虎「明太子丼、こんなものまであるのか!」

店員「ここのこってりは他のラーメン屋ではなかなか味わえない濃さだ。そこに明太子の辛味がアクセントとなり味が引き締まる上に箸休めにもなる」

店員「一度、試してみる価値はある組み合わせだ」

貴虎「成る程な…、確かに興味を引かれる。ではこってりラーメン、明太子丼とのセットで頼む」

店員「量はどうする?」

貴虎「そうだな…腹も空いている、大で頼もう」

店員「了解した。しばしマッテローヨ」スタスタ

貴虎(…やはり、どこかで見覚えがある店員だな…)

貴虎(ふむ、餃子用の醤油やラー油以外にも色々あるな)

貴虎(ラーメンダレ、というものは何だ?気になるな…。む、これは辛子ニンニクか)

貴虎(味の変化をつけられるようだな。牛丼屋のドレッシングといい、嫌いではないな、こういうものは)

貴虎(むっ?辛子ニンニクの裏に隠れて見えなかったが、これは…辛味噌か、これも試してみたいものだな)

オデノカラダハボドボドダ! ダディャーナザン!

貴虎(…奥のテーブルが騒々しいな……だが、こういうのも庶民の大衆店の味わいというものなのかもしれんな)ズズーッ

貴虎(…ふむ、ここも当然だが安物の茶だな。だが、こうも落ち着くのはどうしてなのだろうな…)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 02:39:20.34 ID:7Yw8wfKN0

店員「こってりラーメン大盛り、明太子丼セット、お待たせだ」トンッ トンッ

貴虎「おお、これか…」

貴虎「確かに名の通りこってりとしていそうなスープだ…明らかにカロリーと油に満ち満ちていそうだが、不思議な魅力があるな」

貴虎(さて、では熱いうちに頂くとしよう)

貴虎「いただきます」パンッ


店員「タベテイーヨ」


貴虎(うぉっ!な、なんだこのスープは…!レンゲを入れる際に抵抗を感じるぞ!)

貴虎(透明感という言葉とは遥か縁の遠いこの濃厚さ…器の底はおろか、スープに入れたレンゲの姿すら見えなくなるとは)

貴虎(こってり、その言葉の通りだな…ここまでの濃厚さ、もはやスープというよりポタージュのようだ…若干、口に運ぶのに覚悟がいるな…)ズズッ

貴虎「…っ!」

貴虎(やはり、何という濃さだ!飲むというより食べるような感覚のドロドロのスープだ!)

貴虎(…いや、しかしそれでも確かに感じるこの旨味は何だ?濃厚なだけではない、この濃さに負けず劣らず存在感を見せ付けてくる味わいは…!)

貴虎(どれ、では麺をいくとしよう。…ほう、細麺か。しかもこれは確かストレートというものだな)

貴虎(成る程、この濃厚なスープがたっぷりと絡む為にか。どれ、では…)ズルズル

貴虎「…これは、……美味い!」

貴虎(細い麺が濃厚なスープをしっかりと纏い、ドロドロのスープが口の中に流れ込んでくるようだ…!)ズルズル

貴虎(あっと言う間に口の中が、舌が脂に埋め尽くされていく…だが、それでも尚箸を止める気が起きずにいるのは何故なんだ…!?)ズルズル


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 02:50:42.04 ID:7Yw8wfKN0

貴虎(濃厚なスープにより何の変哲もないネギやメンマの素朴さが際立ち、アクセントとなる)

貴虎(怒涛のような勢いの濃厚な味わいの合間合間にこの薬味達の見事な仕事ぶり、何と絶妙なコンビネーション…まるでかつての私と凌馬のような…!)

貴虎「…おっと、私としたことが、明太子丼のほうをすっかり忘れていたな」

貴虎(店員が言うには抜群の相性らしいが…どれどれ)パクッ

貴虎「…っ!これは、素晴らしい…!」

貴虎(明太子のピリッとした辛味はもちろんのことだが、こってりスープとご飯の相性ときたら、何という素晴らしさだ…!)

貴虎(どのセットにもご飯がついていたのはこういう事か、納得だな。明太子と米の間に敷くように置かれた海苔の風味もまた…)

貴様(明太子丼で口の中の脂が一旦和らいだところで、またこのこってりスープに戻る。するとどうだ?明太子の辛味が残る舌がより鋭敏にスープの脂を、旨味を感じ取る…!)

店員「茶のお代わりを入れよう」コポコポ

貴虎「…はふ、もふっ……ん、すまない…。君の言った通りだ。これは、試す価値のある組み合わせだったよ」

店員「それは何よりだ。多少品が無いかもしれんが、茶碗にスープを入れて雑炊のようにして食べる客も少なくないぞ」

貴虎「…っ!ぐっ、そ、それは確かに魅力的では在るが、遠慮しておこう…」

店員「好きにするがいい。こってりならば後はそこの辛味噌、辛子ニンニクを混ぜるのもオススメだ」スタスタ

貴虎「…この明太子丼に、スープをかけるのか…」

貴虎「いや、流石に外食でそのような真似は…ノブレス・オブリージュ、高貴な者は高貴な振る舞いを忘れてはならない…!」


アライモノ、オワリマシタゾチェイスドノォ! サラノ、ウラヲ、ミセロ


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 03:07:18.44 ID:7Yw8wfKN0

貴虎(しかし、あのような事を聞いてしまうと試さずに入られなくなるな…)

貴虎(そうだ、こうしてレンゲに米をよそい、スープに軽く浸して…)チャプッ パクッ

貴虎「…美味い!」

貴虎(濃厚なスープと米の見事な組み合わせ!そこに明太子と海苔が加わり、確かにこれはちょっとした雑炊のような味わいだ!)

貴虎(これは…外食ではなく、家で食していたら恥も知らずに茶碗に波々とスープを注ぎ込んでいたかもしれん…)

貴虎(そうだ、このままレンゲに少しずつ取り分けてこのトッピング達も試してみるとしよう)

貴虎(スープに直接投下してもいいが、それだとスープ全体の味が変わってしまうからな)

貴虎(どれ、ではまずは…気になっていたこのラーメンダレを使ってみよう)ポタポタ

貴虎(…ふむ、濃い口の醤油味、といったところか。これはあっさり味のスープをもう少し濃い味にしたい時に使うものだろうか)

貴虎(こってりスープとの相性も悪くないな。米にかけて食べてもよさそうだ」

貴虎(では次は…辛子ニンニクだな)

貴虎(幸い、今日はこの後は直接人と会う用件は無い。安心してニンニクを食べられる)ドサドサ

貴虎(…おぉ、ニンニクだけあって中々パンチの効いた味だ。ニンニクの強い味と辛味の相性はこんなに良いのだな)

貴虎(スープに多めに投下してよく混ぜたら、味がガラリと変わりそうだな。…今度試してみるとしよう)

貴虎(そして、最後はこの辛味噌だ)

ザヨ゙ゴーーーッ!! ダディャーナザン!

貴虎(…向こうのテーブルの客は酔っ払っているのか?)ドサドサ

貴虎(まぁいい……おお、これは結構効くな…!)

貴虎(ニンニクのような強い風味が無い分、辛子の辛味がダイレクトに伝わってくる。だが…それが良い!)

貴虎(個人的にはこの辛味噌が一番こってりスープに合うな。この辛味の刺激が脂こさを緩和してくれるようだ)


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 04:50:59.19 ID:7Yw8wfKN0

貴虎(さぁ、これで大方の相手の戦力は把握できた…そろそろ本格的に攻め始めるとしよう)

貴虎(辛味噌と辛子ニンニクを明太子丼にそれぞれ両サイドに適量盛り付け…)イソイソ

貴虎(玉子も半分割って片方をご飯の上に。ふふ、これで完成だ)

貴虎(こってりスープを麺でも米でも楽しめ、尚且つトッピングでいつでも味に変化を付けられるこの布陣…まさに天下御免)フフン

貴虎(…おお、辛子を味わった後のこってりスープはまた違う味わいだ…その後に口に入れる明太子ご飯、いかんな、止まらなくなるぞ)ズルズル モグモグ

貴虎(合間にメンマや玉子に箸を伸ばすのも忘れてはならない。メンマの歯ごたえや玉子の味がまた良いアクセントになる…)

貴虎(そうだ、ご飯の上においておいた玉子に辛味噌をつけてみるのはどうだろう)

貴虎「…堪らんなっ!」モキュモキュ

貴虎(…むぅ、麺に絡めすぎたか、スープが少なくなってしまったな…よし、このあたりでラーメンダレを投下してみよう)タラーッ

貴虎(おお、グンと味わいが変わったぞ。ラーメン屋というのも奥が深いのだな…ユグドラシルでラーメン業界に進出するのも考えてみるか…)




貴虎「ご馳走様。実に美味かった」フキフキ

店員「何よりだ。また来るといい」

貴虎「ああ、是非また立ち寄らせてもらおう。今度は唐揚げや餃子も試してみたい」



アリガトウゴザイマシター マタキテイーヨ マッテルーヨ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 05:13:35.69 ID:7Yw8wfKN0

---------------------------------

貴虎「私だ、呉島だ。…ああ、そうだ。…わかった、ではそのように手配しておく」 ピッ

貴虎(さてと…、また少し時間が出来たな。朝食も取れなかった事だ、またどこかで軽く買っていくか)

貴虎(…待てよ。確かこの辺りにラーメン屋があった筈だ…どれ、今度は別の店で試してみるか)スタスタ



貴虎「な、何だこの行列は……!そ、それほどの人気店だというのか?」

客「最後尾はここだ。並ぶなら順序を守るのが人間のルールだろう」

貴虎「いや、私は……。…そうだな、折角だ。何事も試してみなければわからんな」

客「初心者か。ここは並のラーメン屋ではないぞ」

貴虎「フフ、見くびらないで貰おう。私は既にこってりラーメンを制覇している」キリッ

客「そうか。…席が空いたようだ、店には入れるぞ」

貴虎「ほぅ、随分客の回転率が良いのだな」


ニンニクヤサイマシマシ! ニンニクヤサイアブラカラメ! カラカラ! コーホー! アブラヤサイ!

貴虎(な、何だ?何の暗号だ!?くっ…、張り紙にも食券にも何も書いていない…)

貴虎(いや、怯むな呉島貴虎。ノブレス・オブリージュ、高貴な者は高貴な振る舞いを…どんな局面だろうと、真っ向から受けて立とう!)




貴虎「ニンニクヤサイアブラマシマシだ!!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 05:16:35.60 ID:7Yw8wfKN0

ロイミュ飯イン中華街とどっちにするか迷ったけどこの前生まれて初めて「天下一品」いったのでコッチにしたどす。
こってり系って食べた直後は「もうしばらくいいや」になるのに数日すると無性にまた食べたくなるのは何でだろう………洗脳?
主任の末路はご想像にお任せします


オツカーレ


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 05:31:12.71 ID:TvpQtyOU0

大丈夫きっと主任は、食いすぎで海に落ちて助かってるはず


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 11:14:08.51 ID:MqbQR8p3O

主任なら食い切れるさ!
ちょっとラーメン屋に飛び込んでくるわ



『仮面ライダー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿