TOP > キルミーベイベー > やすな「ソーニャちゃん!私にも彼氏が出来たよ!」

やすな「ソーニャちゃん!私にも彼氏が出来たよ!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 20:51:04.09 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「……は?」

やすな「出来たんだよー私にも!彼氏が!」

ソーニャ「寝言は寝て言え」

やすな「あんれー?ソーニャちゃんはいないから悔しいのー?」

ソーニャ「そんなわけあるか!」

やすな「あー!悔しいんだー!悔しいんでしょー?あははははは!!」

ソーニャ「くっそう……」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 20:53:34.14 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「だいたい、お前に出来て私に出来ないことがない。妄想だろ」

やすな「そんなことないよ!」

ソーニャ「だったら呼んでみろ」

やすな「れ、連絡先まだ知らなくて……」

ソーニャ「見ろ、やっぱり嘘だ」

やすな「ち、違うよぉ!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 20:55:25.19 ID:9S71fzzI0

彼氏「やすなちゃんいるー?」カ゛ラッ

ソーニャ「ん?」

やすな「あー!彼氏くん!」

ソーニャ「は?」

彼氏「いやー今日は早いねー」

やすな「たまたま早く起きちゃってねー」

ソーニャ「おい、誰だこいつ」

やすな「彼氏だけど?」

ソーニャ「……はぁ?」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 20:59:00.49 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「……エキストラの人かなんかか?」

やすな「わ、わざわざ雇わないよぉ!」

彼氏「この人は?」

やすな「あのソーニャちゃんです」

彼氏「あーあー!あの!」

ソーニャ「おいお前、どういう説明したんだ!」

やすな「し、知らないですぅ~」

ソーニャ「“あの”ってなんだ!おい!」

彼氏「いやぁ、どうもどうも。僕やすなの彼氏」

ソーニャ「………本気かこいつ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:00:51.20 ID:9S71fzzI0

彼氏「紹介も済んだことだし……缶蹴りしよー!!」

やすな「いえーい!」

ソーニャ「は?」

彼氏「あれ?缶蹴り知らない?」

やすな「じゃあ相撲とる?」

彼氏「いいねー!相撲!やろう!」

ソーニャ「は?は?」

彼氏「ん?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:03:34.91 ID:9S71fzzI0

彼氏「あ、やっぱ缶蹴りのほうが良かった?」

やすな「素直じゃないなぁ」

彼氏「ねー」
やすな「ねー」

ソーニャ「……こいつ、周波数が合ったのか」

やすな「うーん……でももう休み時間少ないよー」

彼氏「ほんとだー」

やすな「もうトークしてまた放課後にしようか!」

彼氏「そだねー」

ソーニャ「何だろう……普通の会話なのにイライラする……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:06:42.91 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「そもそもお前ら、いつから付き合ってたんだ?」

やすな「えっとね、昨日」

ソーニャ「昨日!?」

やすな「私が一人で帰ってたら草むらから彼氏くんがエンカウントしてさー」

彼氏「成功だったね、あの作戦」

やすな「それで告白されたから、オッケーしたの」

ソーニャ「なんでだ!?」

彼氏「ドラ◯エ風に飛び出してよかったー。ポ◯モン風に飛び出したら戦うところだったよー」

やすな「ほんとほんと」

ソーニャ「なんだ……?バカ同士でしか通じない会話しやがって……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:11:08.28 ID:9S71fzzI0

キーンコーンカーンコーン

やすな「あ、休み時間終わっちゃった」

彼氏「ほんとだ。教室戻らないと」

やすな「ばいばーい」

彼氏「また放課後ねー」

ソーニャ「放課後も来るのか」

やすな「当然じゃない!だって放課後はカップルの時間なんだよ!知らないの?」

ソーニャ「……??カップル?」

やすな「私達のことだよぅ!」

ソーニャ「………ああ、そうだったな。そうなのか」

やすな「ソーニャちゃん色々知らなすぎだよぉ!」

ソーニャ「そんなもん知らなくていいからな」

やすな「ひどい!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:15:47.22 ID:9S71fzzI0

放課後

彼氏「やすなちゃーん!」ハ゛ッ

やすな「彼氏くーん!」ヒョイッ

彼氏「あはははは!また避けられた!」

やすな「あははははははは!!」

ソーニャ「何がおかしいんだ」

やすな「あ、ソーニャちゃん」

ソーニャ「ていうか、なにやってんだお前ら」

やすな「ドラ◯エごっこ」

ソーニャ「なんだそれ」

彼氏「よーし!じゃあ放課後はドラ◯エごっこだー!」

やすな「おー!」

ソーニャ「……は?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:18:35.11 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「またこの森か」

やすな「ツチノコいるかなぁ」

ソーニャ「いるわけねーだろ」

彼氏「見つけたー!」

やすな「ほんとにー!?わーい!」

ソーニャ「ふ、ふん……そんなわけ……」チラッ

彼氏「嘘でーす」
やすな「でーす」

ソーニャ「……………」ヒ゜キッ

彼氏「あはははははは!!」ワサワサ
やすな「うひひひひひ!!」ワサワサ

ソーニャ「鬱陶しさが2倍になった……」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:21:49.65 ID:9S71fzzI0

彼氏「まぁそんなくだらない話はさておき」

やすな「ドラ◯エごっこはじめよー」

ソーニャ「ああ、そうだったな」

彼氏「まず俺がゾンビなのね」

やすな「じゃあ私僧侶!」

ソーニャ「……何の話だ?」

やすな「だからドラ◯エごっこだよ!」

ソーニャ「そもそもそれを知らないんだが」

彼氏「うーんと、まぁ勇者が悪いやつばんばん倒していくゲーム」

ソーニャ「ふむ……殺し屋とだいたい同じだな」

やすな「ち、違うよ……そんなホラーじゃないよぉ……」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:25:43.77 ID:9S71fzzI0

彼氏「がおー!ゾンビだぞー!」

やすな「とりゃ!」カ゛スッ

彼氏「ぎゃー!」

彼氏「かれし は 25のダメージをおった!(裏声)」

ソーニャ「(なんだこれ……)」

やすな「ソーニャちゃんも!ほら!」

ソーニャ「ああ、そうだな」チャキッ

やすな「ソーニャちゃーん!モノホンのナイフ出しちゃダメだよー!一般人なんだよ!?」

ソーニャ「お前と付き合うぐらいだ、お前ぐらい頑丈なんだろ」ヒュッ

彼氏「ホァァァァァイ!!」ヒョイ

ソーニャ「くっ、なんだと!?」

やすな「あははははは!だっさ~!!」

ソーニャ「く、くそ……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:27:28.12 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「き、貴様、何らかの訓練を受けてるな!?」

彼氏「まぐれだよぉ」

やすな「あれれ~?もしかして弱くなったぁ~?」クスクス

ソーニャ「ふん!」ク゛キッ

やすな「ぐえっ!」

彼氏「あはははははは!!」

ソーニャ「なんで笑ってんだお前は!?」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:32:35.29 ID:9S71fzzI0

彼氏「あれ?もうこんな時間かー」

やすな「ほんとだねー。帰ろっか」

ソーニャ「無駄に疲れた……」

彼氏「おいしいクレープ屋さんあるんだよ。一緒に食べよう!」

やすな「わーい!クレープ屋さんだー」

ソーニャ「子供かお前は!?」

彼氏「ソーニャちゃんは?」

ソーニャ「ま、まぁ……付き合ってやらんこともない……」

やすな「うわーい!」スタタタタタタ

彼氏「行こう行こう!」タタタタタ

ソーニャ「……こいつらは……」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:34:32.80 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「またここのクレープ屋か……」

やすな「あのクマ見に行く?動物園に」

彼氏「いいねー!」

ソーニャ「わ、私は行かんぞ!動物は嫌いなんだ!」

彼氏「へー。ソーニャちゃんいがーい」

やすな「ねー」
彼氏「ねー」

ソーニャ「鬱陶しいな……」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:36:01.44 ID:9S71fzzI0

彼氏「買ってきたよー!」

やすな「新作なんだって!」

彼氏「絶対美味しいよ!」

ソーニャ「………」

彼氏「あー疑ってるー」

やすな「ほんとだー」

彼氏「もし美味しくなかったら埋めていいよ!」

ソーニャ「そうか」

ハ゛ハ゛ーン


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:39:27.02 ID:9S71fzzI0

やすな「それにしても、よくここにクマが出たよねー」

彼氏「あの写真見せてもらったけど、たんこぶでっかいよねwwwwwwww」

やすな「あはははははは!!!」

ソーニャ「なに笑ってんだ……」

やすな「面白かったなー。もう一回出てきたら面白いのに…」

ソーニャ「や、やめろ!変なフラグが……」

カ゛サカ゛サ

クマ「ガルルルル……」

やすな「……死ーん」カ゛チッ

彼氏「あわわわわわわ………」

ソーニャ「とうっ!」ヒュン


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:41:39.22 ID:9S71fzzI0

やすな「ソ、ソーニャちゃーん!すぐ撤退しないでー!」

「なにかお困りのようですね~」

やすな「その声はあぎりさん!どこから……」

あぎり「呼びましたか~?」ス゛ホ゛ッ

やすな「じ、地面から直接!生首!」

あぎり「私も困ってるんですぅ~」

やすな「何で出て来たんですかー!」

彼氏「……あぎりさん?」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:44:52.86 ID:9S71fzzI0

あぎり「おやおや~?この方は~?」

やすな「私の彼氏です!て、紹介は後にしますから助けてくださーい!」

あぎり「わかりました~忍法で何とかしましょう~」

あぎり「いーちにーの…ニンッ」ホ゜ムッ

クマ「ギャン!」ス゛ホ゜ッ

やすな「す、すごい!一瞬で地面に穴が空いた!」

ソーニャ「落とし穴にハマっただけだ……」

あぎり「ただの忍術ですがな~」

ソーニャ「絶対嘘だ……」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:51:45.95 ID:9S71fzzI0

「クマは動物園に帰りました」


やすな「彼氏です」ト゛ヤァ

あぎり「あぎりですぅ~。よろしくねぇ~」

彼氏「よ、よろしく…」ス゛ホ゜ッ

彼氏「え」

あぎり「あ、それ忍者用の……」

彼氏「うわぁぁぁ!」フ゛ンッ

ト゛カーン

彼氏「はぁ……はぁ……」

やすな「わーすごい」

あぎり「失敗しちゃいました~お元気で~」ト゛ロン

やすな「消えたっ!?」

ソーニャ「相変わらずあいつはわからん……」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:55:12.75 ID:9S71fzzI0

やすな「よく爆弾ってわかったね」

彼氏「だって急に抜けたらびっくりするでしょ!」

ソーニャ「まぁそうだが」

やすな「私達は失敗しちゃってさぁ~」

彼氏「ど、どうなったの!?」

やすな「うーんと……」

ソーニャ「アフロだな」

彼氏「どうなったのそれ!?」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:58:58.89 ID:9S71fzzI0

彼氏「へぇ~……あぎりさんかぁ……」

ソーニャ「あいつはよくわからん……」

彼氏「いつもどこにいるんだろう?どこにもいなさそうだけど……」

やすな「忍者同好会に入ってるよ」

彼氏「そんなのあるの!?」

やすな「まぁ潰れてるけど」

彼氏「ああ……」

やすな「あったら入りたい?私は入りたいなぁ~」

彼氏「入りたいねぇ」

ソーニャ「お前らの脱線の仕方がすごい」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:02:33.23 ID:9S71fzzI0

彼氏「あぎりさんって忍者なの?」

やすな「そうだよ!」

ソーニャ「ほとんどインチキだけどな」

やすな「クナイじゃなくてブーメラン投げたりね」

彼氏「さすがきたない忍者きたない」

やすな「それがどうしたの?」

彼氏「不思議な人だなぁって思って」

やすな「あー!それ私も最初思った!」

彼氏「シンクロ!シンクロ!」

やすな「あははははははは!!」

ソーニャ「どこで笑ってんだ!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:04:40.44 ID:9S71fzzI0

彼氏「どうやってあぎりさんと連絡とってるの?」

ソーニャ「ほぼ無線だな。ケータイもってるみたいだが」

彼氏「こっちからは連絡とれないんだ」

やすな「呼べば来るけどね」

ソーニャ「どっから聞いてるか分からん……」

彼氏「やっぱり不思議だねぇ……」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:11:19.51 ID:9S71fzzI0

彼氏「今度忍者同好会つれてってもらっていい?」

やすな「もちろんだよー!」

ソーニャ「いいのか?」

やすな「だってまだちゃんと紹介してないんだよ?」

ソーニャ「まぁそうだが……」

やすな「手裏剣の名刺もあるんだよー!」

彼氏「ほんと!?見せて見せてー!」

やすな「ほらこれ」

彼氏「すっげー!ほんとに名刺だ!あははははははは!!」

やすな「あはははははははは!」

ソーニャ「よく笑うなお前ら」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:12:41.21 ID:9S71fzzI0

彼氏「……ん?これ、ほら」

やすな「あ、普通にケータイ番号書いてあった」

ソーニャ「なんだと!?」

やすな「すごい発見だよー!」

彼氏「えっへっへ」

ソーニャ「知らなかった……」

彼氏「これでいつでも電話できるよ!」

やすな「やったね!」

ソーニャ「それは私に言ってるのか」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:22:41.52 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「しかし、なんでそんなにあぎりを気にかけるんだ」

やすな「ほんとだよー!浮気ー?このこのー」

彼氏「あはははは!違うよ!不思議な人だから!」

やすな「それはそうだけどさー」

ソーニャ「ふん、同業とはいえ全く情報が無いからな」

やすな「ソーニャちゃんでもこれだもんなぁ」

彼氏「ほんとに不思議だなぁ……」

やすな「あ、でも家行ったことあるよ」

彼氏「不思議度がちょっと下がったね!」

ソーニャ「不思議なのは変わらんが」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:28:04.63 ID:9S71fzzI0

彼氏「あ、もうこんな時間だよ!帰らないと!」

やすな「ほんとだね。」

彼氏「じゃあね!ばいばーい」

やすな「また明日ねー!」

ソーニャ「ああ、私はやることがある。お前は帰れ」

やすな「ま、まさかまた仕事!?行かせないよ!」

ソーニャ「ふんっ!」ク゛キッ

やすな「ぐへー」ト゛サッ

ソーニャ「……悪いな」スタスタ


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:32:51.72 ID:9S71fzzI0

彼氏「…………」スタスタ

ソーニャ「………」スッ

彼氏「…………」スタスタ

ソーニャ(……あの身のこなし……)

ソーニャ(間違いない、何らかの訓練を本当に受けている)

ソーニャ(だとしたら、確実に同業者……やすなに近づくということは……私への脅威ととれる)

ソーニャ(証拠と確信がとれたら……殺す)

ソーニャ(よしっ)

ソーニャ(……あれ?どこだ!?どこにいる!?)

ソーニャ「くっ、見失った……いつのまに……」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:42:18.48 ID:9S71fzzI0

あさ

ソーニャ「……」

やすな「ソーニャちゃんおっはよー!」

ソーニャ「ああ、やすなか」

彼氏「おっはよー!」

ソーニャ「あとお前か」

彼氏「あれあれー?扱い悪い?」

やすな「私に嫉妬してるんだからしょうがないよー」

彼氏「そーなのかー。隅に置けないなぁ~このこのぉ~」

やすな「あははははははは!」

彼氏「あはははははははは!」

ソーニャ「やかましい!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:46:45.43 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「そういえばお前、家はどこなんだ」

彼氏「ん?家?わりと近いけど、教えないよー」

やすな「私も知らないんだよねー」

彼氏「秘密ってとっておくべきでしょ?」

やすな「なるほどー!」

ソーニャ「……そうか」

彼氏「やすなちゃんちは?」

ソーニャ「こいつんちなんかに興味はない」

やすな「えー?面白いよー?」

ソーニャ「おもちゃで溢れてるんだろ」

やすな「そうだけどさー」

ソーニャ「片付けろ!」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:51:39.59 ID:9S71fzzI0

彼氏「お、そろそろ予鈴鳴っちゃうなー。また昼にねー」

やすな「うん!ばいばい!」

ソーニャ「…………」

やすな「ソーニャちゃんどうかしたの?お腹すいた?」

ソーニャ「朝からそんなわけあるか!」

やすな「じゃあうどうしたの?」

ソーニャ「い、いや……なんでもない」

やすな「さては今日も仕事が!?行かせないよ!?」

ソーニャ「うるさい!今日はない!」

やすな「なーんだ。良かった」

ソーニャ「まったく……」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:55:20.85 ID:9S71fzzI0

ひるやすみ

彼氏「きたよー!」

やすな「知ってるー!」

やすな「あはははははははは!」
彼氏「あははははははははは!」

ソーニャ「ああうるせぇのが二人になった……」

彼氏「どうしたの?そんな浮かない顔して。ご飯忘れた?」

ソーニャ「なんでお前らは私のご飯を気にするんだ!」

やすな「だって変なものとか食べてそうだし」

彼氏「お腹すいたのかと思って。昼だし」

やすな「あ!ご飯忘れたの私だったー!」

彼氏「しょうがないなぁ。ほら、パン」

やすな「わーい!ありがと!」

彼氏「どういたしまして!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:57:53.01 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「茶番はそこまでにしろ」

彼氏「あ、そうだ!ご飯も食べたし忍者同好会連れてってよ!」

やすな「そーだねー!行こうソーニャちゃん!」

ソーニャ「そうか。頑張れ」

やすな「行こうよソーニャちゃーん!」

彼氏「そうだよー!」

ソーニャ(こいつ……何を企んで……)

ソーニャ「た。乗ってやる」

やすな「わーい!早くいこ!」

彼氏「じゃあ競争ー!」

やすな「負けないぞー!うおー!」タ゛タ゛タ゛
彼氏「それー!」タ゛タ゛タ゛

ソーニャ「…………」スタスタ


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:02:26.39 ID:9S71fzzI0

やすな「とうちゃーく!」

彼氏「負けたー」

ソーニャ「遅いぞ」

彼氏「あれ!?なんで!?」

ソーニャ「バカが。わざわさ遠回りしてきやがって」

やすな「しまったー!」

彼氏「いやー負けた負けた」

ソーニャ「早く入るぞ」カ゛ララッ

やすな「あぎりさーん!いますかー?」

ソーニャ「…………」
彼氏「………」
やすな「……」

やすな「いないね。いつもは来るのに」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:07:20.80 ID:9S71fzzI0

やすな「んー……あれ?私がお腹痛くなってきた」

彼氏「早くトイレ行ってきなよ」

やすな「うん!ちょっと待っててー……ぐぉぉ……」カ゛ララ

彼氏「………」

ソーニャ「………ふん。ようやく二人で話す機会が出来たな」

彼氏「そうだねぇ」

ソーニャ「おい、あぎり。そろそろ出て来ていいぞ」

あぎり「はいなり~」ト゛ロン

彼氏「あははははは!やっぱり面白いなぁ!」

ソーニャ「そろそろバカの演技もやめていいんだぞ。やすなもいないんだしな」

彼氏「あはははは!そうだったねぇ!」スッ

ソーニャ「やっぱりな。お前、どこからの回し者だ」

彼氏「…………うふふ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:09:47.18 ID:9S71fzzI0

彼氏「ふぅ。バカのふりって疲れるけど楽しいねぇ」

ソーニャ「質問に答えろ。お前はどこから何をしにきた何者なのか」

彼氏「うーん……君達とは別の組織の殺し屋、とか」

ソーニャ「狙いは私か」

彼氏「ううん、そうじゃなくて、君」スッ

あぎり「え~?私ですかぁ~?」

ソーニャ「……どういうことだ?」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:13:15.39 ID:9S71fzzI0

彼氏「なんかね、うちの組織がソーニャちゃんより恐れているのがあぎりさんなんだってさ」

ソーニャ「……なんでだ?」

彼氏「いつもいつも一般人が傍にいて、しかも秘密を知ってもなお殺そうとしない。こいつは殺し屋として優秀なのかって、言われちゃっててさ~」

彼氏「それに比べてあぎりさん、前にうちからソーニャちゃんを消すために派遣した殺し屋をブーメランでやっつけたでしょ?」

彼氏「あれから、危険視されるようになったんだよ」

ソーニャ「あいつはお前のとこのか」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:16:44.47 ID:9S71fzzI0

彼氏「そんなわけで仕事だからさ。ごめんね?」シュッシュッ

ト゛スッ

ソーニャ「あぎり!」

あぎり「あらあら~誰を狙ってるんですかぁ~?」

彼氏「……うふふ」

あぎり「忍法、変わり身の術~」

彼氏「あ、ロッカーから変わり身全部出て来た」ト゛スト゛ス

あぎり「あれれ~」

ソーニャ「そんなわかりやすい場所に全部隠しておくな!」

あぎり「参りましたね~」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:19:23.83 ID:9S71fzzI0

彼氏「でっかい音出るからこれは使いたくなかったんだけど」

ソーニャ「マ、マシンガン!?」

あぎり「あらあら~」

彼氏「そらそら!カ゛カ゛カ゛カ゛カ゛カ゛

あぎり「はいはい~」ヒョイヒョイ

ソーニャ「チッ!私も加勢するぞ!」ハ゜ン!ハ゜ン!

彼氏「あぶね」ヒョイッ

ソーニャ「やはりこいつ……強い……」

あぎり「そ~れ」ホ゜イッ

彼氏「なに!?」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:21:11.83 ID:9S71fzzI0

彼氏「ふん!ブーメランか!同じ手は二度は食らわな…」ト゛カーン

彼氏「あ れ 」ト゛サッ

あぎり「ブーメランの中にも、仕込みますよぉ~」

ソーニャ「……相変わらず汚いな」

やすな「ただいまー!何か遊んでるの?すごい音したけ、ど……」カ゛ララ

ソーニャ「…………やすな」

やすな「………あれ?」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:23:50.05 ID:9S71fzzI0

やすな「……なに、やってるの?」

ソーニャ「……やすな、落ち着いて聞け、こいつは」

やすな「なにをやってるの!?」

あぎり「この人、殺し屋だったんですよ~?」

ソーニャ「ああ。あぎりを狙ってた」

やすな「そんな……何で……」

ソーニャ「本当だ。じゃなきゃあぎりが本気を出したりしない」

やすな「何で……何で……」

ソーニャ「……………」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:28:11.38 ID:9S71fzzI0

やすな「い、今までの人は、私がいても狙ってきたのに……」

ソーニャ「……腐ったパン渡して、トイレに行かせたのも邪魔されないためだろう」

彼氏「……ぐっ、うふふ……」ス゛ルッ

ソーニャ「チッ、まだ生きてたか」

やすな「彼氏くん!彼氏くん!」

彼氏「ご、ごめんねぇ、騙してて……」

やすな「だからダメなんだよぉ……殺し屋なんて……」

彼氏「あ、あのねぇ……騙してたけど……ほんとに……ちょっと……好きだったり、なんて……ケフッ」

やすな「彼氏くん!」

ソーニャ「……」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:31:13.24 ID:9S71fzzI0

彼氏「なんで……トイレに行かせたか……って…死なせたくなかったから、とか……」

やすな「…………」

彼氏「ごめんねぇ……うふふ……」サ゛シュ

彼氏「あ……」

やすな「……あ、あぎりさん……」

あぎり「とどめは刺さないと、無駄に苦しみますよぉ……?」

彼氏「ご、ごめん、ね……うふふ……」

やすな「……彼氏くん!わぁぁぁぁぁぁん!!」

ソーニャ「あぎり……」

あぎり「最後の情けですぅ」

ソーニャ「………」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:34:28.06 ID:9S71fzzI0

次の日の放課後

やすな「…………」

ソーニャ「おい、やすな」

やすな「………?」フイッ

ソーニャ「ついてこい。見せたいものがある」

やすな「うん………」

スタスタスタスタスタ

ソーニャ「……………」

やすな「……………」

ソーニャ「ついたぞ。」

やすな「………ここって……あの釣りした場所?」

ソーニャ「見ろ」

やすな「………?お墓……?」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:40:11.73 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「あいつのだ。あぎりと私で作った」

やすな「……彼氏、くん……」

ソーニャ「……たまには、お参りしてやれ」

やすな「………うん。」

あぎり「見てくれましたか~?」

やすな「………あぎりさん」

あぎり「彼も殺し屋として、男として生きていて本望だったと思いますぅ~」

やすな「………そう、ですよね」

やすな「……こんなに寂しくしてたら、彼氏くんにも笑われちゃうよね」

やすな「…………帰ろ?ソーニャちゃん」

ソーニャ「………ああ」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:42:46.23 ID:9S71fzzI0

ソーニャ「…………」

やすな「……クレープ、食べて帰ろうよ!」

ソーニャ「……そうだな」

やすな「……今日はやけにノリがいいね」

ソーニャ「別になんでもない。今日はそんな気分なだけだ」

やすな「……うふふっ」

ソーニャ「ん?」

やすな「……だって信じられる?」

やすな「ソーニャちゃん、私にも彼氏がいたんだよ!」

END


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:43:49.02 ID:9S71fzzI0

ありがとうございました。


唯一神キルミーベイベーが再降臨なされる時、天使イスラーフィールが其を告げる笛の音なり。


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:46:04.13 ID:HJmAlQ6k0

乙りーべいべー



『キルミーベイベー』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿