TOP > のんのんびより > れんげ「お年玉もらったから駄菓子屋いくんっ!」

れんげ「お年玉もらったから駄菓子屋いくんっ!」

2017/06/19 21:07 | のんのんびより | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:09:15.26 ID:BpnQgc/O0



れんげ「駄菓子屋ー駄菓子屋ーお菓子買いに来たん!」

楓「あー、いらっしゃい」

れんげ「あんな、お年玉ためてきたから今回は買えるん!」

楓「おーそうか、で予算はいくらで?」

れんげ「五千円なん!」

楓「うぉ…そりゃなんとも…」

れんげ「駄菓子屋はお年玉いくらもらったん?」

楓「あのなあれんげ、大人になったらもらえなくなっちまうんだよ」

れんげ「そうなん?」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:11:20.58 ID:BpnQgc/O0

楓「本当はあたしだってお年玉の一万や二万、もらいたいよ」

れんげ「…」

楓「ん?なんだ?」

れんげ「じゃあ駄菓子屋はお年玉あげるほうなん?」

楓「えーっと、いやそのーなんていうか」

れんげ「じゃあうちにお年玉くれるん!」

楓「あー、あはは…」

れんげ「くれないん?」

楓「…」

れんげ「だめなん?」

楓「うっ…」

れんげ「うち、駄菓子屋のこと大好きなん」

楓「…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:14:38.66 ID:BpnQgc/O0

れんげ「駄菓子屋はうちのこと嫌いだったん?」

楓「その目やめろって…」

れんげ「うち、すっごく悲しいん」

楓「いやだから、れんげのことが嫌いなわけじゃ」

れんげ「うち、駄菓子屋にいやなことしてたん?」

れんげ「謝るん!だから、うちのこと嫌いになってほしくないん…」

楓「おいちょっとまて、勝手に話を進めるなって」

れんげ「??」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:18:18.35 ID:BpnQgc/O0

楓「ったく…あー、はーっ…しょうがねーな、ほらお年玉やるよ(ペラッ」

れんげ「!!駄菓子屋、うちのこと嫌いじゃなかったん?」

楓「き、嫌いなわけあるかよ!っていうか…」

れんげ「っていうか、なんなん?」

楓「あー!うるせー!おら、やった分買い物していけよな」

れんげ「駄菓子屋ありがとなん!うち、一万円札はじめて触るん!感動なのんっ!」

楓「だいじにつかうんだz…って、え?い、いいいい一万?おいちょっとまてよこせ返せ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:21:40.20 ID:BpnQgc/O0

れんげ「…」

れんげ「やっぱり駄菓子屋うちのこと嫌いなん?」

楓「ちげーよ、間違ったんだ、はい千円札」

れんげ「0が一つ減ったん」

楓「0は0なんだからいくつあろうと関係ないだろ。知ってるかれんげ、0にはなどんな数をかけても0になるんだぞ?」

楓「あっ、掛け算とかまだ習わねーか、ははは」

れんげ「…あきれてものも言えませんな」

れんげ「駄菓子屋の理屈だったら、それこそうちに一万円札を渡しても、駄菓子屋にとっては同じことになるはずなのん」

楓「うっ…」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:25:03.65 ID:BpnQgc/O0

れんげ「まあいいのん。駄菓子屋本当にありがとなのんっ!」

楓「おお。あと、ほかのやつらにはいうなよ。たかってくるからな」

れんげ「言わないのん!」

楓「約束だぞ」

れんげ「約束なのんっ!」

楓「指切りできるか?」

れんげ「指切りできるん!」

楓「指切りげんまん、嘘ついたら針せんぼーん、のーます」

れんげ「ゆびきったん!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:28:38.19 ID:BpnQgc/O0

楓「ふう…」

れんげ「約束したん!」

れんげ「じゃあお菓子買うん!うおおおおおおおおおおおおおお」

楓「おお、たくさん買ってけ」

れんげ「駄菓子屋!おすすめどれなん?」

楓「ん?んーと…これだな」

れんげ「いくらなん?」

楓「五十万円だ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:33:09.84 ID:BpnQgc/O0

れんげ「もうそれ飽きたん…万つけるの駄菓子屋の中でブームなん?」

楓「五十円です」

れんげ「おいしいん?」

楓「ああ?よくわかんねーけど、どーだろ」

れんげ「わからないのになんでおすすめしたん」

楓「まあ、駄菓子屋を長くやってるとみただけでいい商品かどうかわかるようになるもんさ」

れんげ「そういうものなん?」

楓「ああ、そういうものだ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:36:37.05 ID:BpnQgc/O0

れんげ「駄菓子屋のこと信じるん!一つ買うん!」

楓「うぃー、50円な」

れんげ「…やっぱり二つにするん!」

楓「?そっか、じゃあ100円な」

れんげ「はい、100円玉なん(チャリン」

楓「まいどありー」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:40:52.45 ID:BpnQgc/O0

れんげ「…」

れんげ「はい!駄菓子屋!」

楓「ん?なんだ?」

れんげ「駄菓子屋も一つ食べるん!」

楓「え、い、いいのか?せっかくのお年玉で」

れんげ「いいん!うちの金なん!誰にも文句は言わせません!」

楓「れんげ…」

れんげ「一緒に食べるん!」

楓「おお」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:44:17.72 ID:BpnQgc/O0

れんげ「(スハーッ、パクッ、モグムグッ」

楓「ふふ…(モグモグ」

れんげ「…(モグモグ」

楓「…(ゴクン」

れんげ「…モニュモニュのん(ゴクンッ」

楓「ん?のんしか聞き取れなかったぞ」

れんげ「なあ駄菓子屋」

楓「うん?なんだ?っていうか、のんの要素ねーじゃねーか」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:48:57.74 ID:BpnQgc/O0

れんげ「ぶっちゃけあまりおいしくのうござんした」

楓「…」

楓「…ああ、そうだな…なんていうか、ごめん」

れんげ「でも、駄菓子屋と一緒に食べられてよかったのん」

楓「…ニヒヒ」

れんげ「駄菓子屋、なんか不気味なのん…」

楓「いやー、なんでもないさ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:53:01.15 ID:BpnQgc/O0

れんげ「そういえば駄菓子屋」

楓「おお?今度はどうした?」

れんげ「他のお菓子もこれくらいの値段なん?」

楓「うちは駄菓子屋だから。まあそれくらいだな」

れんげ「うちのお金でこの店を買い占めることできないん?」

楓「いや、そりゃさすがに無理だな」

れんげ「そうなんか」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 22:56:49.66 ID:BpnQgc/O0

楓「買い占めてどうするつもりだ?お菓子の家でも作る気か?」

れんげ「そんな子供っぽいことしないんよ」

楓「うぐ」

れんげ「この駄菓子屋を買い占めれば、もれなく駄菓子屋もついてくるん」

れんげ「だから、いつでも駄菓子屋と一緒にいれるん」

楓「…おいおいれんげ」

れんげ「そしたらグレートマンごっこやるん!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:01:48.98 ID:BpnQgc/O0

楓「ははは、うれしいんだけど、まあ、むりだなそりゃ」

れんげ「無理なん…」

楓「うんそうだな」

れんげ「…」

れんげ「ちょっと不思議なことがあるん」

楓「ん?今度はどうした?話題がコロコロ変わるな」

れんげ「駄菓子屋のお菓子50円とかなん」

楓「ああ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:05:24.90 ID:BpnQgc/O0

れんげ「店にはいつも誰もいないん」

楓「おいおい馬鹿にする気か」

れんげ「お菓子を仕入れるのもタダではないん」

楓「どこでそんなことを」

れんげ「おかしいん」

楓「なにがだ?」

れんげ「駄菓子屋、どうやって生計を立ててるん?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:09:00.66 ID:BpnQgc/O0

楓「生計を立てるなんてそんな言葉どこで」

れんげ「どうやって駄菓子屋はお金を稼いでるん?」

楓「いや、それはだな、その…」

れんげ「…その?なんなん?」

楓「なんつーか、うちは別に駄菓子だけじゃなくてだな、通販とか日用雑貨とかもだな」

れんげ「客いないん!」

楓「み、みんな学校に行ってる間にだな」

れんげ「怪しいん!」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:13:20.68 ID:BpnQgc/O0

楓「うぐっ」

れんげ「もしかして駄菓子屋、悪いことしてるん?」

楓「…!」

れんげ「ねーねーがいってたん、金稼ぐには悪いことするんが一番だって」

楓「なんてこと教えるんだよ…」

れんげ「駄菓子屋もまさか悪いことしてるん?」

楓「そ、そんなこと」

れんげ「今目が泳いだのをうちは見逃しませんでした」

楓「うっ…」

れんげ「…」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:17:21.71 ID:BpnQgc/O0

楓「別に、わるいことなんて…」

れんげ「誓えるん?」

楓「ち、誓うって…」

れんげ「悪いことしてお金を稼いでいないって」

れんげ「うちと指切りできるん?」

楓「…そ、そんな大げさな」

れんげ「駄菓子屋がやってることを、うちにもさせていいと、構わないと思えるん?」

楓「…」

れんげ「…」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:21:51.41 ID:BpnQgc/O0

楓「い、いや…」

れんげ「…(ジーッ」

楓「う…」

れんげ「誓えないんな」

楓「…」

れんげ「駄菓子屋からもらったこの千円札は返すん」

楓「お、おい」

れんげ「胸をはってうちに渡せるようになったら、もらってあげるん」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:26:47.49 ID:BpnQgc/O0

楓「な、なんなんだよ!!!勝手に!」

楓「お年玉くれっていったり、悪人呼ばわりしたり、勝手に金を返したり!!!」

楓「やめてくれよ!頼むよ…」

れんげ「駄菓子屋がはっきりしないのが悪いん」

楓「しょうがないだろ!人には人の事情が!」

れんげ「…」

れんげ「わかったん。うちが悪かったん」

れんげ「勝手なこと言って悪かったん」

楓「…あ、ああ」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:32:20.78 ID:BpnQgc/O0

れんげ「うち帰るん、駄菓子屋、今までありがとなん」

楓「って、おい!」

楓「…」

楓「くそ、行きやがって…」

楓「この千円札…わたせねーよ…」

楓「しまっとくか」

楓「…」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:35:27.15 ID:BpnQgc/O0

楓「はあ…」

楓「なにやってんだろ私」

楓「れんげのやつ…」

楓「私のこと見抜いてんのかな…」

楓「…」

楓「ちぇっ…」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:40:32.41 ID:BpnQgc/O0

れんげ「今日は祝日!学校はないのん!」

一穂「んー、そうだなー」

れんげ「駄菓子屋行ってくるん!」

一穂「おー、そっかー。いっておいで」

れんげ「ねーねー、いつもゴロゴロしてるん…」

一穂「ちがうよー。ゴロゴロしてるんじゃないよ、幸せを噛みしめているんだよー」

れんげ「意味不明なん」

一穂「れんちょんも大人になればわかるさー」

れんげ「わかるん?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:44:07.54 ID:BpnQgc/O0

一穂「あーそうだよーこのこたつってやつが悪魔だってことになー」

れんげ「ねーねーみたいに怠惰になりたくないん」

一穂「れんちょんは難しい言葉しってるねー」

れんげ「とにかく駄菓子屋いってくるん」

一穂「またお菓子買うのかい」

一穂「一週間くらいいってないでしょれんちょん」

れんげ「謝ってくるん」

一穂「謝る?」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:47:34.70 ID:BpnQgc/O0

れんげ「うちな、駄菓子屋にひどいこといっちゃったん」

れんげ「でも、うち駄菓子屋のこと好きだから謝るん!」

一穂「謝るん?」

れんげ「謝るんっ!」

一穂「おーそーか。謝罪は大事だからなー」

一穂「頭をさげりゃあ多少のアレは…どうにかなる…から…なー…zzz」

れんげ「だめな大人なん」

一穂「zzz」

れんげ「ねーねー、もうだめかもしれないん…」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:52:00.96 ID:BpnQgc/O0

れんげ「駄菓子屋そろそろ着くん」

れんげ「駄菓子屋の絵をもってきたん!」

れんげ「駄菓子屋を上下左右同時に眺めた姿を一つの視点にしたん!」

れんげ「この絵、お気に入りなん!」

れんげ「きっと駄菓子屋も許してくれるん!」

れんげ「!!あれは駄菓子屋なのん!」

れんげ「…?」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:55:42.91 ID:BpnQgc/O0

れんげ「どこかにでかけるん」

れんげ「今日、駄菓子屋お休みなのん?」

れんげ「…」

れんげ「なんか顔おかしいん!いつもよりきれいなん!」

れんげ「怪しいのん!」

れんげ「尾行するのんな!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:58:36.92 ID:BpnQgc/O0



れんげ「バスに乗るん」

れんげ「ばれないように気を付けるん」



れんげ「駅についたん」

れんげ「電車に乗るん」

れんげ「お年玉もってきてよかったのん」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:00:14.01 ID:DaLfAOHX0



れんげ「結局、ばれずについてしまいました」

れんげ「ここは…と、都会なのんっ!」

れんげ「こんなところで駄菓子屋、なにするつもりなのんっ!?」



れんげ「駄菓子屋、さっきからあたりを気にしてるん」

れんげ「これはもしかして、駄菓子屋にも春がきたんでしょーか!」

れんげ「むむむ」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:04:09.83 ID:DaLfAOHX0

おっさん「ねえねえ、君、カエデちゃん?」

楓「あ、…はい」

おっさん「あーよかったあ。すぐにわかったよ」

楓「そうですか、えへへ」

おっさん「かわいくて安心したよ、ふふふ」

楓「えへへ」

おっさん「じゃあさっそく行こうか」

楓「はい…」

おっさん「そこにあるからさ」

楓「はい(ギュッ」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:08:08.87 ID:DaLfAOHX0

れんげ「ムフォーーーーーーーーー」

れんげ「駄菓子屋、知らないおじさんと手をつないでるん!」

れんげ「なんなん?なんなん!?」

れんげ「これはとんでもない現場を目撃してしまいましたなあ」

れんげ「あとでみんなに報告するんっ!」

れんげ「あとをつけるのんっ!!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:11:57.12 ID:DaLfAOHX0



れんげ「へんなところに二人とも入っていったん…」

れんげ「ホテル…?」

れんげ「おかしいん、ホテルは旅行の時に泊まるところなん」

れんげ「駄菓子屋、旅行してないん」

れんげ「むむむ」

れんげ「うちの手持ちのお金じゃ多分入れないん…」

れんげ「張り込みするんっ」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:17:20.20 ID:DaLfAOHX0



れんげ「ふわー…」

れんげ「だいぶたったのん…」

れんげ「駄菓子屋、なにやってるん?」

れんげ「…(ガサゴソ」

れんげ「駄菓子屋の絵、我ながらうまくかけてるん」

れんげ「ほれぼれしますなあ」

れんげ「…」

れんげ「うちの絵もここに書き加えるんっ!」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:22:02.68 ID:DaLfAOHX0

れんげ「道具は持ち歩いているのです」

れんげ「うおおおおおおおおおおおお(カキカキカキ」

れんげ「魂が叫んでるんんんんんんんんんん(ヌリヌリ」

れんげ「心が唸ってるんんんんんんんんんん(ヌリヌリ」

れんげ「できたん!」

れんげ「駄菓子屋とうち、手をつながさせてみました」

れんげ「いい出来栄えなん」

れんげ「…」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:26:41.22 ID:DaLfAOHX0

れんげ「…駄菓子屋おそいん…」

れんげ「まだ…なん…(コクッコクッ」

れんげ「ねむいん…(コクッ」

れんげ「…ハッ!!」

れんげ「駄菓子屋、でてきたん!」

れんげ「かくれなky」

楓「…!え…う、うそだろ…」

楓「れ、れんげ…!」

れんげ「みつかったん!」


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:31:52.28 ID:DaLfAOHX0

楓「おま、なんでこんなところに」

おっさん「ん?妹かい?まずいところ見られたねー。もしかして娘さんとか」

楓「れんげ、ちょ、まて!」

れんげ「怒られるん!逃げるん!(ダッ」

楓「れんげ!待て!待ってくれ!」

楓「やばい、なんてとこみられちまったんだ…これじゃ…」

楓「どうしよ…やばい…れんげに嫌われちまう…!」


127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:35:20.35 ID:DaLfAOHX0

れんげ「大変なん!大ピンチなん!」

れんげ「駄菓子屋に駄菓子屋を尾行しているところみつかったん!」

れんげ「怒られるん!」

れんげ「駄菓子屋に嫌われちゃうん!」

れんげ「うちそんなのいやなん!」

れんげ「駄菓子屋に嫌われるの、いやなん!(ダダダッ」


132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:41:11.58 ID:DaLfAOHX0

楓「れんげのやつ、いったいどこへ行ったんだ…」

楓「どうしよ…どうしよ…」

楓「あっ!!いたっ!れんげえええええええ!!」

れんげ「!!!!!!!やっぱり駄菓子屋怒ってるん!!(ダダダッ」

楓「くそっ!すばしっこいな!」

れんげ「どうしたらいいん…このまま逃げるしかないんっ」

楓「おい、れんげ!おい!!!!馬鹿!そっちは!!」

れんげ「駄菓子屋に嫌われるのはいやなん!」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:45:40.21 ID:DaLfAOHX0

れんげ「こんな状況じゃ謝れないんっ!(ダダダッ」

れんげ「うちの絵を渡すことができないんっ!!(ダダダッ」

楓「馬鹿!れんげ!とまれ!」

楓「ここはあっちみたいな田舎じゃ―――」

キキーーーーッ ドンッ ガゴッ

楓「―――!!!」

楓「あ…ああ…」

楓「そ、そんな…れ、れんげ…れんげええええええ(バタッ」


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:51:08.57 ID:DaLfAOHX0



一穂「もう大丈夫なんかい?」

楓「あ、ああ」

一穂「無理しなくてもええんよ?」

楓「れんげの葬式くらい、でてやらねーとな」

一穂「ありがとね」

一穂「あの子もきっと喜んでるよ」

一穂「あんたにすっごくなついていたからね」

楓「…」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:53:47.48 ID:DaLfAOHX0

一穂「あの日…あの日のこと聞いてもいいかい?」

楓「…ああ…」

一穂「…あの日、あの子、れんちょんな、『駄菓子屋のところにいくんっ!』っていって外を出て行ったんよ」

楓「…そうなのか」

一穂「『謝るん』だーっていってね」

楓「…」

一穂「あの日、なんでれんちょんはあんな、ここから遠い街にいたんだい?」

楓「…」

一穂「いやー、ごめんね、こんなこときいて…」

楓「わ、わたしが…」

一穂「うん?」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:55:57.86 ID:DaLfAOHX0

楓「わたしが…連れてったんだ…買い物しようっていって」

一穂「うん」

楓「…目を離したすきにさ、ほらここだと車ほとんど通らないだろ?」

一穂「…」

楓「だから、それとおんなじ感覚であっちでも道路を渡ろうとしてさ」

一穂「…」

楓「そしたら、その…ひかれて」

一穂「うん。ごめんね、つらい思いさせて」

一穂「あのときのこと、思い出させてごめんなー」

一穂「知りたかったんよ」

一穂「大事な、大切な妹がどうやって死んだのか」

一穂「はっきりさせたかったんよ」

一穂「でも、そのときのことが聞けてよかった。安心したよ」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 00:59:24.38 ID:DaLfAOHX0

楓「―――!…あの、実は、その…」

一穂「…ん?実は…?どうしたんだい?」

楓「…その…」

一穂「うん」

楓「…」

一穂「…」

楓「いや、なんでもないんだ…」

一穂「そうかい…いいよ…わかったよ」

楓「ごめん…」

一穂「なーんで謝るかねー。れんちょんが道路に飛び出しちゃったのが原因だから、なーんも悪くないんだよ」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:02:33.03 ID:DaLfAOHX0

楓「そうじゃなくて!」

一穂「うん?」

楓「じゃなくて、じゃなくて…」

一穂「…」

楓「ごめんなさい…」

一穂「…」

楓「…」

一穂「で、あの子は謝れたのかい?」

楓「え?」

一穂「あの子の最後にしたかったことは、叶ったのかい?」


164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:06:48.74 ID:DaLfAOHX0

楓「あ、ああ…」

楓「れんげのやつ、私にちゃんと謝ってくれたよ…ハハ…」

一穂「そうかい、ならよかった」

楓「…」

一穂「…」

楓「あ、あのこれ…」

一穂「ん?お香典かい?だったら受付で」

楓「いや、じゃなくて…お年玉…」

一穂「?」

楓「れんげのやつに渡せなくてしまってたんだ…棺の中に入れてもいいか?」

一穂「…うん、別にかまわないよ」

楓「本当は渡せる身分じゃねーんだけどな、ははは」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:09:28.78 ID:DaLfAOHX0

一穂「…」

一穂「あ、そういえば」

楓「?」

一穂「れんちょん、こんなの握りしめてたんだ(ピラッ」

楓「!!!」

楓「こ、これって…わたしと…」

一穂「うん、れんちょんの絵だね」

一穂「『だがしやへ』って書いてあるから、あげるよ」

楓「ううっ…形見の品だろ…だって、これ…」

一穂「だからやるんだよ」

一穂「大事にするんだよ」


173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:12:45.29 ID:DaLfAOHX0

楓「うう、くそっ!くそっ!なんで私はっ!」

一穂「最後の最後にさ」

一穂「れんちょんの願い通り、仲直りして、それで逝けたってのはさ」

一穂「あの子にとって、幸せだったと思うよ」

楓「ううっ…ううっ…れんげ…れんげぇ…」

楓「れんげ…れんげ…ごめんな…れんげぇ…」

楓「ううっ…ううっ…」

(終)



179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:15:34.91 ID:DaLfAOHX0

れんげ「っていう物語つくったん!」

楓「なんつーもの正月から読ますんだよ!」

れんげ「いんすぴれーしょんが湧いてきたん」

楓「なんだよこの私、どんだけお前のこと大好きなんだよ」

れんげ「うちのこと嫌いなん?」

楓「い、いや、き、嫌いじゃねーけどさあ」

れんげ「うち、駄菓子屋好きなん!」

楓「あー、もういいってそういうの!」


183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:18:28.01 ID:DaLfAOHX0

れんげ「で、本当はどうやって稼いでるん?」

楓「ああ?」

楓「お前、そりゃこの辺一体の商業を寡占してるようなもんだからな」

楓「駄菓子屋なんて暇つぶしみたいなもんよ」

れんげ「駄菓子屋すごいん?」

楓「まーな」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:21:27.81 ID:DaLfAOHX0

れんげ「…」

楓「な、なんだよ…」

れんげ「駄菓子屋お年玉くれないん?」

楓「…お、おい…」

れんげ「物語に登場させてあげたん!」

楓「ずいぶんひどい役どころだったぞ」

れんげ「お菓子買うん!」

楓「ちぇっ…しょうがないな…ほら…(ペラッ」

れんげ「おお!一万円とは太っ腹なのん!」

楓「げっ!!っておい、千円じゃねーか」

れんげ「ひっかかったのん」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:25:43.55 ID:DaLfAOHX0

楓「はあ…」

れんげ「はい(チャリン」

楓「ん?」

れんげ「100円なん!これでお菓子2つかうん!一緒に食べるん!」

楓「ったくしょーがねーな、ほれ」

れんげ「うおおおおおおおおおおお(モグモグモグ」

楓「ふふ…まったく…(モグッゴクッ」

れんげ「もにょもにょのん!(モグモグモグ」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:29:55.43 ID:DaLfAOHX0

楓「なんだって?」

れんげ「あとな!うち、絵描いてきたん!」

れんげ「駄菓子屋とうちの絵なん!駄菓子屋にあげるん!」

楓「あー、はい、ありがとな」

れんげ「飾っとくといいん!」

楓「はいはい」

れんげ「…!駄菓子屋!今何時なん!」

楓「ん?もうそろそろ3時だな」

れんげ「グレートマンのお正月スペシャルがやるんっ!」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:33:10.35 ID:DaLfAOHX0

楓「へー、そうなのか」

れんげ「そうなんっ!」

楓「…」

楓「一緒にみるか?」

れんげ「一緒にみるんっ!」

楓「じゃあ奥いくか」

れんげ「いくんっ!」

楓「はーあ。今日はこれで店じまいか」

楓「テレビ見ながらせんべいも食われて」

楓「…」


198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:38:51.11 ID:DaLfAOHX0

楓「ま、こういう日もいいかもな」

れんげ「駄菓子屋!はやくくるんっ!」

楓「あーはいはーい」

楓「れんげー、お雑煮くうかー?」

れんげ「食べるんっ!」

れんげ「お餅は2個でいいんっ!」

楓「はいよーっと」

楓「よっこらせっと」



今回はここまで


202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:41:03.02 ID:Z42Sucqy0

乙。
なんか色々凄かった


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:41:34.69 ID:pky16XbT0

できるやつだな


209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 01:53:08.61 ID:ZCRDAkmD0

乙ん
れんげ駄菓子屋コンビは最高


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/13(金) 02:27:18.51 ID:xGwu5oNi0


やっぱほのぼのするなこの2人は



『のんのんびより』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿