TOP > ガヴリールドロップアウト > ラフィエル「もうすぐ下界留学ですよ、ガヴちゃん!」

ラフィエル「もうすぐ下界留学ですよ、ガヴちゃん!」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:25:55.611 ID:HHsWMbZV0.net

天界

ガヴリール「ええ、そうですね」ズーン

ラフィエル「どうしました?なんだか元気がないですね?」

ラフィエル「あんなに楽しみにしてたじゃないですか」

ガヴリール「それはそうなんですけど…」

ガヴリール「最近ゼルエル姉さんが下界の危険性について毎日2時間も講義してくるんですよ」ズーン

ラフィエル「あら~、それは大変ですね」

ガヴリール「あの人の話って堅苦しい上に長過ぎてげんなりするんですよね…」

ガヴリール「ほんとめんどくさい」

ラフィエル「ガヴちゃんゼルエルさんにはやたら辛辣ですよね」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:30:20.955 ID:HHsWMbZV0.net

ガヴリール「まあ気にかけてくれるのは嬉しいんですけどね」

ガヴリール「それより、下界留学の話ですか?」

ラフィエル「そうなんですっ!」ガタッ

ガヴリール「」ビクッ

ラフィエル「もうすぐ楽しみにしていた下界への留学!」

ラフィエル「私ナウでヤングなJKになっちゃうんですよ~」ワクワク

ガヴリール「ナウでヤングって…」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:34:44.558 ID:HHsWMbZV0.net

ラフィエル「初めての一人暮らし」

ラフィエル「夜ふかししちゃっても怒られませんっ」

ラフィエル「放課後はお友達とファミレスでおしゃべりしたり」

ラフィエル「カラオケで歌ったりゲームセンターで遊んだり」

ラフィエル「下界には面白いことがたくさん待ってるんですよ~」キャッキャッ


ガヴリール「」ポカーン

ラフィエル「あっ、すみません、私ったら…」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:37:04.408 ID:HHsWMbZV0.net

ガヴリール「ぷっ」

ガヴリール「あはは」

ラフィエル「えっ?」

ガヴリール「あははははっ、あははははははっ」

ラフィエル「え、え~なんで笑うんですか~」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:41:56.867 ID:HHsWMbZV0.net

ガヴリール「だって、ラフィが楽しそうだなって」

ラフィエル「そ、そうですかね」アセアセ

ガヴリール「…」

ガヴリール「ラフィって、いつもは優等生っていうか」

ガヴリール「自分の立ち位置を理解してるって感じで」

ガヴリール「落ち着いてるのが魅力だったんですけど…」


ガヴリール「でも、はしゃいでるラフィも可愛いですよ♪」

ラフィエル「う、う~~」カァッ

ラフィエル「もうっ、ガヴちゃん!」

ガヴリール「ふふ、ごめんなさい」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:45:11.487 ID:HHsWMbZV0.net

ラフィエル「…」

ラフィエル「確かに、私は家柄上周りから期待される事が多くてですね」

ラフィエル「あ、別にそれが嫌というわけではなく」

ラフィエル「白羽家の名に相応しい振る舞いをしようと、いつも頑張っているのですが…」

ラフィエル「やっぱり時々重荷に感じてしまって…」


ガヴリール「ラフィ…」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:50:27.401 ID:HHsWMbZV0.net

ラフィエル「ですのでっ」ズイッ

ガヴリール「?」

ラフィエル「親元を離れるこの3年間、好き勝手にしてやろうと思うんですっ」

ラフィエル「3年間限定の駄目天使、略して駄天使です♪」ニコッ


ガヴリール「もうっ、なんですか駄天使って」クスッ

ガヴリール「でも、それが良いと思います」

ガヴリール「人間も天使も、息抜きが大事ですから」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:55:15.869 ID:HHsWMbZV0.net

ラフィエル「そういう訳で」

ラフィエル「ガヴちゃんも一緒に駄天しませんか?」ニコッ





ガヴリール「え」

ガヴリール「え~~~~~~!?」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 21:59:01.338 ID:HHsWMbZV0.net

ガヴリール「い、嫌ですよぅ」

ガヴリール「私には、すべての人々を幸せに導く使命があるんですっ」

ラフィ「むー」プクッ

ガヴリール「膨れてもダメですっ」

ラフィエル「…」

ラフィエル「ガヴちゃんも私と同じだと思っていたのですが…」ムスッ

ガヴリール「え~~?」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:02:50.940 ID:HHsWMbZV0.net

ガヴリール「確かに私とラフィは似てるとこあるな、とは思いますけど」

ガヴリール「でも私、ラフィと違って周りから期待されてるとかは無いですし…」

ラフィ「ハァ…」

ガヴリール「ため息!?」

ラフィエル「ガヴちゃんは鈍感さんですねー」

ガヴリール「ど、鈍感」

ラフィエル「ま、いいんですけどね~」プイ


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:05:52.411 ID:HHsWMbZV0.net

ガヴリール「…」

ガヴリール「私は駄天使にはなりませんけど…」

ガヴリール「下界に行っても一緒に遊びましょう」

ガヴリール「だから、機嫌なおしてください」

ラフィエル「…別に拗ねてませんけどね?」

ガヴリール「拗ねてましたよね?」クスッ

ラフィエル「拗ねてません~!」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:08:51.050 ID:HHsWMbZV0.net

下界

ガヴリール「と、いう訳で」

ガヴリール「私が駄天したのはお前のせいだ、ラフィエル」

ラフィエル「え~、なんですかそれ」

ラフィエル「確かにそんな話はしましたけど…」

ガヴリール「ていうかラフィ駄天してないじゃん!」

ガヴリール「ちゃっかり優等生続けてるし!!」


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:13:55.093 ID:HHsWMbZV0.net

ラフィエル「あ、それはですね」

ラフィエル「駄天したガヴちゃんの惨状を見ていると」

ラフィエル「こうはなりたくないな、と思いまして」

ガヴリール「ひでぇ!?」

ラフィエル「私も最初は一緒に駄天しようと思ってたんですよ?」

ラフィエル「ガヴちゃんのパソコンにゲームの広告仕込んだの私ですし」

ガヴリール「やっぱお前かよ…」

ラフィエル「でも、光の速さで駄天していくガヴちゃんに、途中でついて行けなくなっちゃったんですよ」

ガヴリール「なんて無責任なやつなんだ」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:17:52.834 ID:HHsWMbZV0.net

ラフィエル「ごめんなさい、ガヴちゃん」

ガヴリール「あー」

ガヴリール「別にいいよ、怒ってないし」

ガヴリール「今まで気付けなかった事実にも気付けたしな」

ガヴリール「まさか私があそこまで自分を追い込んでいたなんて…」

ラフィエル「ほんとですよー」

ラフィエル「私以上に無理しているのに、その事に気付いてさえいないんですから」

ガヴリール「はは、ごめんごめん」

ラフィエル「笑いごとじゃないですよ、もう」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:20:38.630 ID:HHsWMbZV0.net

ガヴリール「まあでも」

ガヴリール「やっぱり楽しそうだな、ラフィ」

ラフィエル「ふふ、そうですか?」

ガヴリール「ああ、ネトゲは最高だし」

ガヴリール「ラフィは毎日楽しそうだし」

ガヴリール「ヴィーネとサターニャもいる」

ガヴリール「ここは天国だ」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:22:33.960 ID:HHsWMbZV0.net

ラフィエル「ふふっ」

ラフィエル「私たち、神様に怒られちゃいますね♪」

ガヴリール「別にいいだろ?」







ガヴリール「だって私たち、駄天使ですもの」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:23:58.880 ID:HHsWMbZV0.net

おわり

超ゆっくり書いたから規制一切かからんかったわ

支援サンクス


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/14(水) 22:25:54.615 ID:zPXahfhe0.net

ガヴラフィいいぞ



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿