TOP > けものフレンズ > かばん「とりかえっこ」

かばん「とりかえっこ」

2017/06/15 19:01 | けものフレンズ | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:03:07.53 ID:ha3mUv1zo

けものフレンズの百合 短いです
内容は次から


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:03:40.66 ID:ha3mUv1zo

かばん「もうすぐ、次の目的地だね」

サーバル「今度はどんなところなんだろう。楽しみだなー」

かばん「初めての場所に行ったり、フレンズさんと会ったりするのは楽しいね」

サーバル「うんっ。私、かばんちゃんと一緒にいろんなところに行くの、好きだよ」

かばん「ボクも、サーバルちゃんと一緒で嬉しいな」

サーバル「えへへ。かばんちゃんにそう言ってもらえるのは、嬉しい……」

かばん「サーバルちゃん?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:04:08.95 ID:ha3mUv1zo

サーバル「ねぇ、かばんちゃん」

かばん「なぁに?」

サーバル「ちょっと自分のこと、呼んでみてくれない?」

かばん「えっ?えぇと、ボク、でいいの?」

サーバル「……うーん」

かばん「な、何か変だった?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:04:35.09 ID:ha3mUv1zo

サーバル「変っていうか、ちょっと気になっただけなんだけど」

サーバル「かばんちゃんってどうして自分のこと、ボクって言うの?」

かばん「どうして、って……」

サーバル「ほら、他のみんなはだいたい自分のこと、私って言うでしょ?」

かばん「ときどき違う子もいるけど、ほとんどはそうだね」

サーバル「だから、かばんちゃんは何でボクって言うのかなって」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:05:16.68 ID:ha3mUv1zo

かばん「そう言われても、自分でもわからないなぁ……」

かばん「特に意識してボクって言ってるわけじゃないし……」

かばん「気が付いたときにはこう言うようになってた、かな」

サーバル「そっかぁ」

かばん「ごめんね、はっきりと答えられなくて」

サーバル「気にしないで。かばんちゃんらしくて、私は好きだよ」

かばん「そ、そう?ありがとう」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:05:43.64 ID:ha3mUv1zo

サーバル「でも、自分でそう決めたわけじゃないのなら他の言い方も……」

サーバル「……そうだ。かばんちゃん、自分を私って言ってみてよ」

かばん「え、えぇっ!?」

サーバル「いつものかばんちゃんもいいけど、たまには違うかばんちゃんも見てみたいな」

かばん「そ、そんなこと急に言われても……」

サーバル「ダメ?」

かばん「ダメというわけじゃないけど……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:06:14.90 ID:ha3mUv1zo

サーバル「じゃあ、言ってくれる?」

かばん「わ、わかったよ……。1回だけだからね」

サーバル「うんっ。えへへ、どんな感じになるのかな」

かばん「えぇと……。ボク、じゃなくて……」

かばん「わ、わた、たっ……」

かばん「……わ、た、わわわわわわっ」

サーバル「わあ!?ど、どうしたの?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:06:41.95 ID:ha3mUv1zo

かばん「や、やっぱり恥ずかしくて言えないよぉ……」

サーバル「あははっ。かばんちゃん、顔真っ赤になってるよ」

かばん「うぅ……」

サーバル「そんなに恥ずかしがることないと思うんだけどなぁ」

かばん「ずっとボクはボクって言ってたから、違う言い方は慣れてなくて……」

かばん「……そ、それに今さら違う言い方するのがやけに恥ずかしく思っちゃって」

サーバル「私は聞いてみたいなぁ。いつもと違うかばんちゃん」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:07:19.92 ID:ha3mUv1zo

かばん「……な、ならサーバルちゃんも言ってみてよ」

サーバル「え、私も?」

かばん「ボクだけじゃ不公平だし、サーバルちゃんも自分のこと、ボクって……」

サーバル「いいよっ。えっと……」

サーバル「……な、何だろ。さっきは普通に言えたのに、こうして言おうとすると恥ずかしくて詰まっちゃうね」

かばん「だから言ったのに……」

サーバル「あはは……。よーし、それじゃ……」

サーバル「……ボクはサーバルキャットのサーバル、だよ」

かばん「……っ」

サーバル「ど、どう?ボク、何か変かな?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:07:50.27 ID:ha3mUv1zo

かばん「う、ううん。そうじゃなくて……」

かばん「普段のサーバルちゃんと違う感じで、すごくよかった……」

サーバル「ほんと?」

かばん「ボクって言うサーバルちゃん、可愛かったよ」

サーバル「あ、ありがとう。かばんちゃんに褒められるの、嬉しいな」

サーバル「……さぁ、次はかばんちゃんの番だよっ」

かばん「そ、そうだね……」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:08:18.97 ID:ha3mUv1zo

サーバル「じー」

かばん「う……」

サーバル「ほら、早く早くー」

かばん「……ど、どうしても言わなくちゃダメ?」

サーバル「もちろん!わた、ボクにだけ言わせるのはずるいよ」

かばん「それはそう、なんだけど……。絶対変だと思うし……」

サーバル「えー。そんなことないよっ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:08:53.38 ID:ha3mUv1zo

かばん「……笑ったり、からかったりしない?」

サーバル「絶対しないよ。だから、お願いっ」

かばん「……サーバルちゃんがそう、言うなら」

サーバル「わーいっ」

かばん「えと、わ、わたっ……」

かばん「わ、わたしは、その、か、かばんっていいます……」

かばん「この名前はサーバルちゃんがわたしに……」

サーバル「……」

かばん「さ、サーバルちゃん……?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:09:29.71 ID:ha3mUv1zo

サーバル「……いい。かばんちゃん、すっごく可愛いっ!」

かばん「ふぇっ!?」

サーバル「真っ赤な顔で私って言うかばんちゃんが、いつもと違って……」

かばん「い、言わないでっ!恥ずかしいからっ!」

サーバル「えへへ、ごめんね。でもほんとに、ほんとに可愛くて……」

サーバル「……うみゃーっ!かばんちゃん、可愛いよーっ!」

かばん「ちょ、いきなり抱きついてきちゃダメだよっ!」

サーバル「だって、かばんちゃんが可愛いんだもん!」

かばん「も、もう……」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:10:00.04 ID:ha3mUv1zo

サーバル「……ねぇ、かばんちゃん」

かばん「な、なぁに?」

サーバル「もう1回、言ってくれないかな。今度はボクを見て」

かばん「……うん。わたし、サーバルちゃんに可愛いって言ってもらえて、嬉しいな」

サーバル「……今までいろんなかばんちゃんを見てきたけど」

サーバル「こんなに可愛いかばんちゃんは、初めてかも……」

サーバル「とっても女の子らしくて、胸の奥がぎゅーってしちゃう……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:10:28.14 ID:ha3mUv1zo

かばん「……わたしも、今のサーバルちゃんが可愛いなって思って」

かばん「こうして抱きついてくれて、すごく嬉しい……」

サーバル「そう言えば、もう普通に私って言ってるね」

かばん「1度言ったから慣れちゃった、かな」

サーバル「さっきの、真っ赤になってもじもじしてるかばんちゃん、可愛かったのになぁ」

かばん「さ、サーバルちゃんってば……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:10:55.23 ID:ha3mUv1zo

ボス「オ楽シミ中ニ悪イケド、モウスグ到着スルヨ。準備ヲシテオイテネ」

かばん「あ、は、はいっ」

サーバル「お楽しみ中ってどういうことかな?」

かばん「なんだろう……?」

サーバル「かばんちゃんと遊んで、楽しんでたからお楽しみ中?」

かばん「ちょっと違うような気もするけど……」

サーバル「よくわかんないし、そういうことにしておこうよ」

かばん「うん、そうしよっか」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:11:27.36 ID:ha3mUv1zo

サーバル「でも、バスの外はいつも通りにした方がいいよね?」

かばん「そうだね……。サーバルちゃん以外の子に聞かれるのは、ちょっと……」

サーバル「それなら、このことは2人だけの秘密だよ」

かばん「秘密だなんて、ちょっと照れちゃうな」

サーバル「また、聞かせてくれる?とりかえっこした、かばんちゃん」

かばん「……サーバルちゃんにだったら、いいよ」

サーバル「そう言ってもらえると、嬉しいな。ボクだけが特別になったみたいで」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:12:28.47 ID:ha3mUv1zo

かばん「わたしにとって、サーバルちゃんは特別だよ」

かばん「普段なら言わない、わたしをわたしって言うのもサーバルちゃんにだけ、なんだから」

サーバル「じゃあ、いつもと違うかばんちゃんはボクだけのかばんちゃんだね」

かばん「サーバルちゃんだけのわたし、かぁ。何かいいかも」

かばん「それなら普段と違うサーバルちゃんは、わたしだけのサーバルちゃんってことになるのかな」

サーバル「うんっ」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:13:02.78 ID:ha3mUv1zo

かばん「でも、何だかちょっとおかしいね」

サーバル「えへ、そうだね。私がボクで」

かばん「ボクがわたしで、ボクのもの、わたしのもの、だなんて」

サーバル「だけど、見せたことない姿を見せあってまたかばんちゃんと仲良くなったかも」

かばん「もっともっとサーバルちゃんと仲良くなれるといいね」

サーバル「……ね、かばんちゃん」

かばん「なぁに?」

サーバル「ボクはかばんちゃんだけのもの、だからねっ」

かばん「ふふっ。わたしも、サーバルちゃんだけのものだよっ」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:13:51.59 ID:ha3mUv1zo

これでおしまいです。特に繋がってない前作
かばん「かんらんしゃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493047936/

けもレズ百合SSふえろ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 01:30:22.81 ID:vrJtJIkyo

このくらいの距離感大好物です



『けものフレンズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿