TOP > シンデレラガールズ > 肇「私に何か言うことはありませんか?」

肇「私に何か言うことはありませんか?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:43:13.41 ID:2aP+P5q70

アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

短めです。
よろしくお願いします。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:44:03.70 ID:2aP+P5q70

6/14 23:30

カタカタカタカタ……
ッタ-ン!

モバP(以下P表記)「ふぅ。もう一息か」

P「うわ、こんな時間か。日付変わるまでには終わらせたいなぁ……」

肇「お疲れ様です、Pさん」

P「あれ、肇か?まだ残ってたのか」

肇「はい。Pさんに少し、お話があったので」

P「なにもこんなに遅くまで待たなくても……明日じゃダメだったのか?」

肇「ダメというわけではなかったんですが……」

P「まぁいい。もうこんな時間だし、寮まで送るから、もう少し待っててくれ」

肇「すみません」

P「気にするな」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:45:28.98 ID:2aP+P5q70

23:46

カタカタカタカタ……

肇「……いつもこんな遅くまで、お仕事してるんですか?」

P「いや、たまたまだよ。今日中に片付けたくてな」

肇「あまり、無理はしないでくださいね?」

P「やりたくてやってるからな、大丈夫だよ」

肇「……お仕事だから、こんなに頑張るんですか?」

P「大事な担当アイドルのためだから、頑張れるんだよ」

肇「大事な、ですか」

P「大事な、だ」

肇「……そうですか♪」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:48:25.50 ID:2aP+P5q70

6/15 0:02

カタカタカタカタ……
ッタ-ン!

P「よし!終わったぞー!」

肇「お疲れさまでした」

P「おー、待たせて悪かったなー」ナデナデ

肇「いえ、待つのは嫌いじゃありませんから」テレテレ

P(犬みたい)

肇「あ、お茶、淹れてきたんです」

P「お、さんきゅな。肇は気が利くなぁ」ナデナデ

肇「いえ、そんな……」テレテレ

P(かわいい)


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:53:25.30 ID:2aP+P5q70

P「あの、それで、ですね、Pさん」

P「ん?どうした?」

肇「私に、何か言うことはありませんか?」

P「言うこと?」

肇「はい」

P「……あ、このお茶すごく美味しいです」

肇「あ、わかりますか?実は、この間共演させていただいた先輩が、お茶の大好きな方で。淹れ方を教わったんです」

P「ほー、どうりで。疲れた身体によく沁みるよ……」ズズッ

肇「気に入っていただけてよかったです」

P「ありがとうな」ナデナデ

肇「どういたしまして」テレテレ

P(かわいい)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:55:43.92 ID:2aP+P5q70

肇「ではなくてですね」

P「あ、違うのか」

肇「他に、何かありませんか?」

P「他に、か」

肇「はい」ワクワク 

P「そういえば、次の新曲CD、出ることが決まったぞ」

肇「本当ですか!?」

P「あぁ。次はユニット曲になる」

肇「……また歌えるんですね。今度は、みなさんと一緒に」

P「忙しくなるぞ。頑張ろうな」ナデナデ

肇「はい!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:56:23.87 ID:2aP+P5q70

肇「そうでもなくて」

P「あれ、これも違うのか。ちひろさん辺りから聞いたのかと思った」

肇「いえ、知りませんでしたし嬉しいんですけど、あの、そうではなく……」

P「……わかったよ。誤魔化すのはやめだ」

肇「!……そ、そうですか」ソワソワ

P「……事務所の冷蔵庫に入ってたお前のハーゲンダッツを食べたのは俺だ」

肇「えっ、食べちゃったんですか!?」

P「あ、やっべ。バレてなかった」

肇「明日のレッスン終わりにって楽しみにしてたのに……」

P「……代わりを買って入れておくから許してくれ」

肇「……3つで手を打ちましょう」

P「多くない?」

肇「………」プク-

P「わかったわかった、買ってくるから機嫌直してくれ」ナデナデ

肇「わかればいいです」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 02:57:45.43 ID:2aP+P5q70

肇「だからそうではなくて」

P「だろうな。気づいてなかったもんな」

肇「……もしかして、本当にわかりませんか?」シュン

P「……あー、わかったよ。降参だ。だからそんな落ち込むな」

肇「……本当にわかってますか?」

P「もちろん。大事なアイドルの誕生日を忘れるわけがない」

肇「!」

P「サプライズのつもりで色々準備してたからな。できる限りとぼけようと思ったんだが」

肇「もう、わかっててからかってたんですね?」

P「途中から楽しくなってな」

肇「ひどいです」プク-

P「悪かったって」ナデナデ


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 03:00:51.94 ID:2aP+P5q70

肇「じゃあ、改めて聞きますね?」

P「おう」

肇「Pさん、私に何か言うことはありませんか?」

P「……誕生日、おめでとうな、肇」

肇「ありがとうございます」

P「まぁ、あれだ。一番に伝えられてよかったよ」

肇「私も、一番にPさんに祝ってもらえて嬉しいです」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 03:01:19.31 ID:2aP+P5q70

P「えっと、今年でいくつに」

肇「16です」

P「えっ」

肇「16です」

P「あの」

肇「ワタシハジューロクサイニナリマシタ」

P「アッ、ハイ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 03:02:46.07 ID:2aP+P5q70

P「ま、まぁ、今日は遅いし、そろそろ帰るか」

肇「そうですね。すみません、こんな時間までお手間を取らせて」

P「俺も楽しかったから気にするな」

肇「ありがとうございます」

P「明日はもっと楽しくなるぞ。みんな祝う気満々だからな」

肇「本当ですか?楽しみです!」

P「おし、じゃあ出るぞ。送ってくから車乗っとけ」

肇「はい。お願いしますね」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 03:03:48.49 ID:2aP+P5q70

肇「ねぇ、Pさん」

P「ん?」

肇「最後にもうひとつ、いいですか?」

P「なんだ?」

肇「『16歳になった私』に、何か言うことはありませんか?」

P「…………それへの答えは、もう少し待ってもらえるか?」

肇「ふふっ、もちろん、いいですよ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 03:05:42.15 ID:2aP+P5q70



肇「私、待つのは嫌いじゃありませんから」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/15(木) 03:08:42.83 ID:2aP+P5q70

以上になります。

肇ちゃん誕生日おめでとう。
総選挙CDも楽しみですね。

HTML化依頼出してきます。
ありがとうございました。



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿