TOP > 僕のヒーローアカデミア > デク「みんなでかっちゃんの誕生日を祝おう!!」

デク「みんなでかっちゃんの誕生日を祝おう!!」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:44:02 ID:RfOmO0FQ

デク「明日はかっちゃんの誕生日だ! みんなで祝おう!」

切島「ノッたぜ緑谷!!」

飯田「うむ、友人を大切にするのは良いことだ!」

八百万「私も微力ながらお力添えさせていただきますわ」

轟「……まあ、あいつには悪いことしたしな」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:44:43 ID:RfOmO0FQ

デク「……」

切島「……」

飯田「……」

八百万「……」

轟「……」

轟「……結局、集まったのはこれだけか」

八百万「みたいですわね……」

切島「人望ねーな、あいつ……」

勝己「うるせえ」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:45:31 ID:RfOmO0FQ

切島「そういや、麗日がキビシーこと言ってたな」

デク「麗日さんが?」

お茶子『爆豪くん、きっとみんなに祝われるの屈辱なんと違うかな……』

勝己「たりめーだろ」

轟「えげつねェな……」

飯田「うーむ、そこまでとは……」

八百万「確かに、嫌がることを無理強いするのは良くないですわね……」

切島「そうだな、じゃあ……」

デク「うん、帰ろうか……」

轟「だそうだ。悪いな爆豪」

勝己「ああ」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:46:23 ID:RfOmO0FQ

勝己「じゃねえよ!!! 何しに来たんだてめえらは!!!」カッチャン!

デク「うん、かっちゃんもそう言ってることだし――」

デク「ってえええええ!? かっちゃん!!?!!?」

切島「爆豪ォ! 生きとったんかワレェ!!」

飯田「爆豪くん……!! 無事だったのか!!」

八百万「いつからいらしたんですの……!?」

勝己「最初からいたわクソが! わざとだろ腹立つ!!」

轟「そもそもここ爆豪の家の前だからな」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:47:40 ID:RfOmO0FQ

デク「ああっ本当だ! 全く気が付かなかったぞ! ところでかっちゃん、何か欲しいものとかある……?」

勝己「てめえをぶん殴る権利」

デク「いつもやってたじゃないか……」

切島「緑谷……!! 強く生きろよ!!」

勝己「大体、切島とメガネと露出女はともかく……」

八百万「露出女!?」ガーンガーンガーン

轟「今更何にショック受けてんだ」

飯田「より個性を生かすための露出だろう? 何も恥ずかしいことはないぞ」

八百万「いえ、もういいんですの……」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:48:49 ID:RfOmO0FQ

勝己「何でてめえらに祝われなきゃならねえんだムカつくなあ!!」

デク「そ、そんな……確かに僕たち幼馴染ってだけで別に仲良くもないしむしろ険悪だし」

デク「かっちゃんはみみっちくて嫌な奴だけど、そこまで言わなくても……」

轟「俺たちは別に嫌がらせでやってるわけじゃねえぞ」

勝己「人をイラつかせる天才かてめーらは……!!」

切島「まあまあ! 別に強制じゃねーし、俺らが好きでやってるだけだから!」

勝己「余計なお世話だっつってんだよ」

飯田「しかし善意を無下にすることはないだろう」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:49:34 ID:RfOmO0FQ

デク「そうだよ、八百万さんなんてかっちゃんと大した絡みもないのに……」

八百万「人の役に立てるのは嬉しいことですから。普段は全然駄目ですけれど……」

轟「ネガが滲み出てんぞ。胸張れよ」

切島「そうだぜ! 何かプレゼントするっつったら最強の個性じゃねえか」

八百万「ええ……でもやはり、心を込めて手作りした方がより相手に気持ちも伝わると思いますわ」

飯田「素晴らしい心がけだ!! きっと良いお嫁さんになるぞ」

切島「おお……直球!!」

デク「飯田君すごいなあ……」

八百万「いえ。トップヒーローを目指すなら、自活する術くらい心得ていなければなりませんわ」

切島「こっちもクソ真面目かよ!」

勝己「おい」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:50:23 ID:RfOmO0FQ

デク「トップヒーローかあ……」

八百万「まだまだ未熟者ですわ。私には生き物をつくることはできませんが、一番学ばなければならないのは彼らについてなのかもしれません」

飯田「いかなる万能な個性であっても生み出すことはできない……命とはそれほど尊いものだ」

轟「実際に命の危機に瀕して初めて分かることもある。簡単に死ねとか殺すとか言うけどな」

勝己「こら」

デク「き、急に話のスケールが大きく……」

切島「おう、なんか難しい話はよく分かんねーけどよ……それじゃ皆で水族館でも行かね?」

一同「水族館?」

切島「ほら、命ってやつを学びにさ! なんか最近すげえ流行ってるらしいぜ」

勝己「帰っていいか?」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:51:06 ID:RfOmO0FQ

飯田「水族館か! 子供のころに行ったきりだな」

八百万「恥ずかしながら私、行ったことがありませんの……家にあるこれくらいの水槽とは比べ物にならないのですよね?」

切島「家にこれくらいの水槽がねーからわかんねーなー」

勝己「いやここ俺んちじゃねーか、お前らが帰れ!」

デク「良いなぁ、明日はちょうど休みだし……あっ、轟くんはお見舞いがあるんだっけ」

轟「ああ。楽しんでこいよ」

切島「そっか……じゃあ行ける奴、明日なー!」

勝己「ぜってえ行かねえからな!!!」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:52:20 ID:RfOmO0FQ

翌日

デク「楽しみすぎて一時間も前に来てしまったぞ……どうやって時間潰そう」

飯田「早いな緑谷くん!」

八百万「おはようございます、緑谷さん」

デク「せ……先客!!」

飯田「楽しみすぎて一時間と五分前行動になってしまった」

八百万「実は昨日ほとんど眠れませんでしたわ」

飯田「不眠症か! 何かストレスが……病院に行かなくて大丈夫なのか!?」

八百万「いえ、お気遣いなく」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:53:14 ID:RfOmO0FQ

切島「おっ! やっぱ早えなお前ら!」

デク「切島くんまで!」

切島「どうせ一時間くらい早く来んだろなーって思ってたからよ、待たせちゃ悪いしな」

デク「い、良い人だ……!!」

轟「……悪い、急に来ちまって」

デク「轟くん!? お見舞いは……」

轟「……昨日母さんに伝えたら、『友達との時間を大切にして』って言われた」

飯田「いいお母さんじゃないか……!!」

切島「アツいな! 男だぜ!」

八百万「男!?」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:54:15 ID:RfOmO0FQ

デク「そうなんだ! よかった……!!」

勝己「…………」

デク「あっ、かっちゃんおはよう」

勝己「来てやったぞクソが」

切島「おめーなんだかんだで早く来んのな!」

デク「そうだね、かっちゃんは他人の気持ちが分かる繊細な心の持ち主だかr

勝己「顔をひし型にしてやろうか?」

デク「う、うん」

飯田「本日の主役がようやく登場だな!」

勝己「はっ?」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:54:56 ID:RfOmO0FQ

飯田「何を言っているんだ、今日は君の誕生日じゃないか」

勝己「……」

八百万「お誕生日おめでとうございます、爆豪さん」

勝己「……」

デク「かっちゃんおめでと

勝己「黙れ」

切島「まあ俺らも適当に楽しんどくから、お前はいつも通りでいいんだって!」

勝己「けっ」

轟「嫌なら帰ってもいいぞ」

勝己「お前は殺す!」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:55:34 ID:RfOmO0FQ

飯田「しかし全員揃って何よりだ。天気も晴れだし絶好の行楽日和だぞ!」

切島「そうだなー、今4月……あれ? 今いつなんだっけ……」

デク「切島くん!!! 深く考えちゃだめだ、敵の罠に飲み込まれるぞ!!!」

切島「そいつは大変だな緑谷!!!」

勝己「どうでもいいからさっさと案内しろ、爆豪直属護衛軍ども」

デク「そんな名称だったっけ!?」

勝己「雑務兵は黙ってろ」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:56:19 ID:RfOmO0FQ

八百万「すごい……! 一面魚だらけですわ!」

飯田「うむ、いかにも水族館だな!」

八百万「あちらがジンベエザメ、こちらがチョウザメ……」

切島「おいおい、サメにテンション上がりすぎだろ!」

八百万「ええ、なにしろ生きて泳いでいる姿を見るのは初めてなものですから」

切島「お、おう……」

勝己「あいつは塩焼き、こいつは煮つけ……」

デク「か、かっちゃん……魚が逃げてくよ」

八百万「爆豪さんは料理がお上手なんですわね。見習いたいものです」

勝己「適当にやってりゃたいていのもんは食えるだろ」

轟「火星でも自活できそうだな」

勝己「フグ毒に当たって死ね」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:57:47 ID:RfOmO0FQ

デク「次はマグロかぁ……駄目だ、かっちゃんじゃないけどついついヨダレが……」

勝己「人を食いしん坊キャラ扱いすんじゃねえ!」

飯田「二人とも、今日は魚を食べるために来たわけではないぞ」

マグロ「ねえねえ、あんたの個性って速い? 速いのね?」

飯田「何奴!?」

デク「どうしたの飯田くん?」

飯田「……今、このマグロが喋ったような気がしたんだが」

デク「魚が喋るだって!? そんなサカナ……あっごめん轟くん、個性使わないで…」

デク「…そうだ、動物が喋る個性を持っていたとしたら……」

勝己「ブツブツうっせえし寒いんだよクソが」

轟「炎出した方がよかったか?」

勝己「そっちじゃねえよ!」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:58:19 ID:RfOmO0FQ

マダコ(おお俺のの、ここ好みの女だああ……)

切島「このタコ、ずっと八百万のほうにへばりついてんなー」

八百万「何だか嫌な感じですわ……タコというのは昔から女性の体を縛るのによく使われたと聞いたことがあります」

切島「それって峰田情報か?」

八百万「ええ」

切島「お前って頭いいけど、たまにすっげえバカだよな……」

八百万「えっ……」

飯田「マダコ君か。いくら軟体動物とはいえ、ふしだらな行為は慎みたまえ!」

切島「委員長よー、そりゃ口田の専売特許だって!」

イッカク「素晴らしい! 女性を気遣う騎士道精神のたまものだな!」

飯田「!? 今また別の魚が喋ったぞ!?」

デク「飯田くん、魚にも人望あるなあ……」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:59:00 ID:RfOmO0FQ

轟「……」

デク(轟くん、ずっとダイオウグソクムシのコーナーで立ち止まってる……何かあったのかな……)

デク「あの、轟くんってあんまりこういうとこ好きじゃないのかな? なんて……」

轟「いや、すげえ楽しんでるから心配すんな」

デク「分かりづらい!!」

轟「こういうところに来るのは初めてだからな……」

デク(そうだ……両親とはいろいろあったみたいだし……)

デク「轟くん、今日は思いっきり楽しもう!!」

轟「……ああ」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 22:59:43 ID:RfOmO0FQ

勝己「今日が誰の誕生日だかわかってんのかてめえ……」

切島「おっ? 祝ってほしいのか?」

勝己「はぁ!? 違えよ!」

轟「爆豪、楽しんでるか?」

勝己「ケンカ売ってんのか?」

轟「俺はどうすりゃいいんだ」

切島「ほっとけって! 嫌ならとっくに帰ってんだろ」

デク「扱いが手慣れてきてる……!!」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:00:32 ID:RfOmO0FQ

飯田「しかし、喋るマグロといい猥褻なタコといい、不思議な生き物の多い水族館だな」

八百万「ええ。先ほどのフカヒ……ホオジロザメさんもずいぶんと殺気だっていましたわ」

切島「分かんねーよ、意外とアツい奴かも……あと今フカヒレっつったな」

デク「ひょっとしたら、経営してるのは強大な個性の持ち主なのかも……」

轟「あとは蛙だな」

デク「いやいや、さすがにカエルは……」

梅雨「…………」ジーッ

デク「うわああああああああ!!!??」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:02:08 ID:RfOmO0FQ

デク「あぃすぃっつや……ぅゅさん、どうしてここに?」

梅雨「逆に言いづらくないかしら? 休日に清掃のアルバイトをしているのよ」

デク「そういうことか……びっくりしたなあ」

切島「梅雨ちゃん、とうとう向こうの世界に行っちまったのかと思ったぜ……」

飯田「家計を支えるためのたゆまぬ努力か! 凄いぞ梅雨ちゃんくん」

デク「雄英バイト禁止とかだったらごめん」

轟「誰に謝ってるんだ?」

八百万「アルバイトとは何ですか?」

切島「いよいよわかんねーな、もう……」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:02:49 ID:RfOmO0FQ

梅雨「爆豪ちゃんおめでとう。サメのヒレが落ちてたからあげるわ」

勝己「いらねえよ! カエレ!!」

八百万「開館時に清掃なさってるなんて、本当に忙しいんですのね……」

飯田「パフォーマンスの一環としてあえて行っている館もあるそうだぞ」

梅雨「子供には受けたりするのよ。カエルとかタコとか……」

デク「いやいや、タコは普通に……」

障子「…………」ジーッ

デク「うわああああああああ!!!??」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:04:24 ID:RfOmO0FQ

障子「おめでとうだ爆豪。タコの吸盤が落ちていたからやろう」

勝己「いらねえよ!! 海産物でまとめんなタコ!!」

八百万「うっ……タコと聞いて嫌な想像をしてしまった自分が恥ずかしいですわ……」

切島「落ち着け八百万!! 峰田菌に毒されてんぞ!!」

障子「午後からイルカショーがある。よかったら見に行ってみるといい」

八百万「イルカに乗れるんですね!!」

梅雨「入場100円、撮影300円、お触り500円よ」

轟「大人は汚いな」

デク「と、轟くん……」


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:05:07 ID:RfOmO0FQ

切島「じゃあな! バイト頑張れよー!」

障子「ああ」

梅雨「また学校でね」

飯田「む、もうこんな時間か。そろそろ昼食だな」

八百万「爆豪さん、何かリクエストはありますか?」

勝己「刺身」

切島「血も涙もねえ!!」

轟「えげつねェな……」

デク「それ流行ってるの……?」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:05:49 ID:RfOmO0FQ

デク「ということでランチバイキングに来たぞ!!」

轟「学食とあんま変わんねえな」

切島「ま、高校生の予算じゃこれが限界だよなー」

飯田「なぜだ? 早い! 安い! 美味しい! 三拍子そろった最高の食事じゃないか」

勝己「元取れなきゃ意味ねえだろうが」

デク「流石みみっちい!!」

八百万「皆さん、サラダをとり分けますわ」

切島「おお! 女子力やっべえ!!」

勝己「おい露出女、唐辛子出せ」

モブ「露出女!?」ザワザワッ


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:06:31 ID:RfOmO0FQ

デク「かっちゃん、そのあだ名はやめてあげよう!?」

八百万「今日はそんなに露出しておりませんわ」

勝己「じゃあドンキ女」

八百万「見られてたんですの!?」ガーン

切島(ドンキで何買うんだ……?)

飯田(鈍器? 何を買うんだ……?)

デク(八百万さんもドンキとか行くんだ)

轟(びっくりドンキーか……)


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:07:21 ID:RfOmO0FQ

デク「いただきまー……」

勝己「やるよ」ドサドサッ

デク「うわあああ!!! 僕のカツ丼定食に大量の激辛唐辛子がああ!!!」

勝己「ありがたく受け取れクソが」

デク(うわあ……新しいパターンだぞこれは……嫌がらせなのか感謝の気持ちなのか、いや999割型嫌がらせだと思うけど万が一のことを考えるとせっかくの厚意を無駄にするわけには……)

轟「悪い緑谷、それ分けてくれ」

デク(ピンチに颯爽と現れる大正義轟く――ん!!!)

勝己「ちっ」

轟「蕎麦はある程度辛みがあった方が美味いからな」サッサッ

デク(あっ、これ普通に唐辛子が欲しかったやつだ……)

勝己「痔にかかって死ねクソ……いやクソも出ねーか」

八百万「お、お下品な……」

飯田「辛いものを摂取しすぎると痔にかかると聞いたことがあるな。消化をよくするためには

切島「やめようぜ!! この話!!」


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:08:15 ID:RfOmO0FQ

ガヤガヤ

勝己「何で割り勘なんだクソが!」

飯田「やはり各々の食べた量を計算して分配するべきだったか」

切島「まあまあ、もういいだろ……」

飼育員「えー、まもなくイルカショーが始まりまーす……なのでえーっと」

八百万「楽しみですわ」ワクワク

飼育員(今日はヘルプで水族館に来たけど、こんな大勢のお客さんの前で話すの初めてだ……!! そもそもイルカショー自体初めてだしあれ? このあとどうするんだっけ?)

切島「なんか飼育員さんガッチガチだな」

デク(ちょっと親近感わくなあ……)


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:10:34 ID:RfOmO0FQ

デク「頑張れ飼育員さーん!!」

飼育員「えっ!?」

勝己「うっせえ」

デク「あっごめん……」

飼育員(そうだ! やればできる……ありがとう!)

飼育員「誰か、お手伝いしてくれる人はいませんかー?」

デク「……」ジーッ

飯田「……」ジーッ

切島「……」ジーッ

轟「行かなくていいのか?」

勝己「行くわけねーだろ2、3人ぐらいブッ殺すぞ!!」

八百万「……」ソワソワ

??「はーい!! はいはいはーい!!!!!!」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:11:11 ID:RfOmO0FQ

一同「!?」

峰田「何なりとお手伝いさせていただきまーす!!! それはもう何なりと!!!」

デク「み、峰田くん……」

八百万「見ていられませんわ……(名乗り出なくてよかった……)」

飼育員「ど、どうぞこちらへ(なんかめっちゃグイグイ来る――!!)」

峰田(一見地味だがその実意外とグラマラスなボディに峰田まっしぐら――ッ!!)

峰田「おおっと足が滑ったあああああ!!!!

飼育員「うわあああああ!!?」

シャチ「でらうるさいな」ドゴォ

峰田「へぶゥ!!?」

一同「!?」


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:11:52 ID:RfOmO0FQ

飼育員「うわー、イルカさんもじゃれ合いたいみたい……」

飼育員(あ、ありがとうございます……)

シャチ(ああいう客はたまにいる)

切島「今明らかにシャチっぽいのが混ざってたぞ!?」

デク「すごく大きいイルカとかじゃないかな、たぶん……」

デク(どこかで見たことがあるような……)

勝己「シャチに決まってんだろ、それもクソ強ぇ」

デク(あっ、今日一番楽しそうな顔だ)


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:12:51 ID:RfOmO0FQ

八百万「今日はとても楽しかったですわ。皆さんももっとイルカにお触りすればよろしかったのに」

切島「後半もはや宣伝係みてーになってたよな」

飯田「普段とは異なる面々と親交を深められてとても有意義だったな! また機会があれば色々な場所へ行ってみたいものだ」

轟「確かにこのメンツで行動すんのは珍しいな」

勝己「何で割り勘なんだクソが」

デク「まだ言ってる……」

切島「この後どうする? 皆ヒマだったら爆豪ん家行こーぜ」

勝己「さっさと解散しろやうざってえ」


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:13:29 ID:RfOmO0FQ

八百万「確か緑谷さんとご近所なのですよね?」

デク「うん。でもかっちゃん家なんて小さい頃にスマブラでタコ殴りにされて以来だなあ……」

飯田「すまぶらという凶器があるのか。危ないな」

勝己「なんで決定事項みてえになってんだ!」

轟「別に気ぃ使わなくて大丈夫だぞ。茶菓子くらいこっちで用意する」

勝己「てめえはとりあえず死ね!!」


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:14:33 ID:RfOmO0FQ

勝己「帰ったぞ! 茶菓子用意しろやクソババア!!」ガチャ

パンパカパーン!

勝己「はっ?」

芦戸「せーのっ」

A組一同「爆豪(くん)! 誕生日おめでとー!!」

デク「み、みんなどうして!?」

上鳴「こんな面白いことオレ抜きでやれると思うな」

芦戸「ずっと待ってたんだよー!」

尾白「皆でひそかに準備してたんだ。お母さんにも言ってあるよ」

勝己母「こんなめんどくさい子のためにみんな集まってくれてありがとうね! ほらちゃんとお礼言いな!」

お茶子「内緒にしててごめん。来てしまった」

勝己「……」


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:15:21 ID:RfOmO0FQ

葉隠「ほらほら早くこっち! 本日の主役だよー!」

梅雨「水族館で遭ったのは本当に偶然よ。はい、スルメイカをあげるわ」

障子「海産物がだめならタコせんをやろう」

常闇「相変わらず騒々しいやつらだ」

お茶子「あっごめん、あんまこういうの好きじゃない……?」

常闇「いや、悪くない」

青山「マダム爆豪のケーキは絶品さ☆ 君もどうだい?」

峰田「それよか女体盛

耳郎「一部全然祝う気ないやつらもいるけど、ウチら結構頑張ったからさ」

勝己「……」


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:16:06 ID:RfOmO0FQ

飯田「そういうことだったのか……!! 合理的虚偽! すっかり騙されてしまったぞ!」ジーン

切島「なんだよ!! アツいじゃねえかお前ら!!」

八百万「爆豪さん、いいお友達に恵まれましたわね……!!」

轟「お前らが泣いてどうするんだ?」

勝己「……」

瀬呂「おいおい、感極まって言葉も出ねーか?」

砂藤「泣いていいぞ爆豪!」

口田「……」ドキドキ

デク(かっちゃん……)

勝己「……てめぇら」





勝己「靴揃えて上がれ」

一同「みみっちい!!!!!」


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:17:12 ID:RfOmO0FQ

オールマイト「……」ソワソワ

オールマイト「わーたーしーがー」

オールマイト「サプライズで来……ドゥフ!!?」ドカッ

相澤「なんだオールマイトさんですか。不審者と間違えて通報するところでした」

オールマイト「HAHAHA! こんな時間にin寝袋な君の方がよっぽど不審者だぞ! 君も爆豪少年を祝いに来たのかこのツンデレめ!」

相澤「生徒たちが騒ぎを起こさないか見張ってるだけです。それより何ですかその大荷物は」

オールマイト「爆豪少年は登山が好きだと聞いたのでな……聞いて驚け見て騒げ!」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:17:58 ID:RfOmO0FQ

オールマイト「ジャーン! ただの寝袋だぞ!!」ズギャアアン

相澤「粗悪品ですね。通気性保温性防水性ともに最低クラス。一回使って即返品したやつです」

オールマイト「えっ?」

オールマイト「……」

オールマイト「えぇ……」

相澤「じゃあそういうことで」

オールマイト「……お泊り会でもする?」

相澤「いやです」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/21(木) 23:18:41 ID:RfOmO0FQ

おしまい
かっちゃん昨日誕生日おめでとう


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/04/22(金) 00:17:51 ID:ixAkDz2k

あつおつ



『僕のヒーローアカデミア』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿