TOP > 僕のヒーローアカデミア > 麗日「ガールズトーク?」

麗日「ガールズトーク?」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/29(日) 23:57:47 ID:dUT4Pd7c

発目「そう!ガールズトークです!」

耳郎「そんな事の為にわざわざ私たちを集めたの?」

発目「そんな事とは何ですかっ!」

葉隠「面白そうだから私は賛成!」

芦戸「でもガールズトークって具体的に何を話すのさ?」

発目「ふっふっふ……、年頃の女子が集まって話すことと言ったら決まってるじゃないですか」

八百万「見当もつきませんわ」

発目「ズバリ!恋愛について!!」

麗日「下世話や!!」

耳郎「恋愛って……アンタってそんなの気にするような奴だったっけ?」

発目「失礼ですね!私だって年頃の乙女、そういう話に興味はありますよ」

葉隠「私も恋愛漫画とか結構好きだよー」

八百万「そういった話はついていけませんわ……」

発目「まぁ、この人が気になる―とか、こういうタイプが好みとかそんな程度の話でもいいんですよ!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:02:03 ID:pQijiXec

発目「なんかないですか!!」

耳郎「そうはいってもねぇ……」

蛙吹「そういう発目ちゃんには気になる人がいるのかしら?」

発目「私ですか!いますよ!!」


一同「えっ!?」


発目「何故そんなに驚いているんですか?」

耳郎「うそっ!?だって発明オタのアンタが……」

葉隠「ねぇねぇ!誰なのか教えてよ!」

発目「そうですね……緑谷さんですかね!!」

麗日「!」

麗日(なんだろ、今なんかチクッてきた……)

耳郎「緑谷?あぁ、そういえばアンタ、体育祭の時緑谷とえらい話し込んでたわね……」

発目「ウチのドッ可愛いベイビー達の可愛さをガッツリ理解してくれましたからね!」

芦戸「結局それかよ!」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:05:51 ID:pQijiXec

八百万「緑谷さんですか……確かに人は好さそうですが……彼は見ていて危なっかしいというか……」

葉隠「いっつも怪我しちゃうもんね」

耳郎「確かにもう少し自分の事考えろって思っちゃうよね」

蛙吹「まぁ、それが彼の良さだとも思うけど」

八百万「蛙吹さんは彼を高く評価しているのですわね」

葉隠「そういえば蛙吹さん、緑谷君に「梅雨ちゃん」って呼んでっていつも言ってるもんね!」

蛙吹「私は皆にも梅雨ちゃんと呼んでほしいわ」

耳郎「う、上手くはぐらかされた感じがするわね……」

麗日「ホッ……」

麗日(って何で私安心しとるん!?)ギャーン

芦戸「そういえば麗日も緑谷と仲良いよね?」

麗日「(ドキッ)えっ!?う、うん、そうやね?」

耳郎「もしかして麗日も緑谷の事気になってるとか?」

麗日「え?そ、それは……」

葉隠「えー麗日さんって飯田君とも結構一緒にいるよ?」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:08:01 ID:pQijiXec

耳郎「あーそっか、別に緑谷が特別って訳じゃないのか」

麗日「え、えーと……」

発目「飯田さんですか!彼もウチのドッ可愛いベイビー達の為に尽力してくれましたね!!」

耳郎「あれはアンタが飯田を言いくるめて利用したんでしょうが……」

蛙吹「飯田ちゃんは言葉通りに受け止めちゃうものね」

葉隠「飯田君真面目だもんねー」

芦戸「耳郎はやっぱり上鳴?」

耳郎「やっぱりって何!?アイツはないでしょ!!」

麗日「バッサリやね」

耳郎「絶対ない!」

麗日「しかも二回!」

葉隠「そうなの?結構お似合いだと思うけど?」

耳郎「上鳴選ぶくらいだったら切島の方が良いわ!」

蛙吹「上鳴ちゃんが聞いたら落ち込みそうね」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:09:39 ID:pQijiXec

耳郎「そういう葉隠は誰か気になる人居ないの?」

芦戸「葉隠って尾白と仲良いよね?」

葉隠「尾白君?いい人だよ?」

耳郎「いい人止まりで終わりそうなのがなんとも……」

麗日「芦戸さんは気になる人とかおらへんの?」

芦戸「気になる人?うーん……」

耳郎「青山とかは?」

芦戸「ヘソからビームって面白いよね!」

耳郎「いや、そうじゃなくてね?」

蛙吹「例えば貴方がもっと自分を知ってほしいと思う相手とかは居ないのかしら?」

芦戸「あーそれなら爆豪かなー」

耳郎「えぇ!?」

麗日「本当に!?」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:12:27 ID:pQijiXec

芦戸「だってさーあいつ未だに私の名前覚えてくれないんだよ?」

芦戸「なんか悔しいじゃん!」

耳郎「あぁ……そういう……」

蛙吹「芦戸ちゃんらしいわね」

発目「八百万さんは何かないんですか?」

八百万「えっ?私?」

発目「まだここで聞いてない方は貴方しかもう残っていないので」

八百万「わ、私は特にそういう方は……」

耳郎「峰田とか?」

八百万「冗談じゃありませんわ!」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:14:05 ID:pQijiXec

葉隠「うーん、百々ちゃんは轟君じゃない?」

八百万「……あっ、な、なんで轟さんが出てきますの!?」ガタッ

麗日「あれ?」

芦戸「これは?」

耳郎「もしかして」


発目「発汗率、体温、血圧の上昇を確認……」カチカチ

八百万「何をやっているんですか!?」

発目「あんまり慌てていたので私のドッ可愛いベイビーで調べました!」

麗日(私の時に使われんでよかった……)


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:16:08 ID:pQijiXec

芦戸「ヤオモモって轟の事好きなんだ?」

八百万「ちちち違います!そういう事ではなくて純粋に……」

葉隠「純粋な愛ってことだね!ひゅーひゅー」

八百万「そうではなくて!お世話になっているので尊敬はしているし、いざという時に頼りになるという事であって……」

八百万「その!嫌いではないというか!私が勝手に憧れているというだけで……」

蛙吹「八百万ちゃん、焦りのあまり自ら墓穴を掘りに行っているわよ」

八百万「あぅ……」シュー

麗日(他人事じゃない……)

耳郎「まぁ、轟ってなんだかんだ言って優しいし」

葉隠「coolだしね!」

芦戸「個性が『半冷半燃』だからかな?」

蛙吹「芦戸ちゃん。そういう事じゃないと思うわよ」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:18:49 ID:pQijiXec

発目「はい!という事でここで私のドッ可愛いベイビーの登場です!!」ガンッ

麗日「な、なんなんこれ?」

発目「ふっふっふ、よくぞ聞いてくれました!ずばり!!滞空型超小型ステルス偵察機です!!」

発目「これは超小型のHDカメラと超集音性マイクによって、高画質な映像とリアルな音声で敵のアジトなんかを偵察するドッ素晴らしいラジコン偵察機なんです!!」

耳郎「で、それを一体何に使うのよ?」

発目「これでただいまプール掃除中の男子達の様子を偵察します!」

麗日「悪用しとる!!」

葉隠「なんか楽しそうだね!」

芦戸「いいじゃん?峰田とかいつも覗こうとしてるし」

八百万「しかし私たちがそんな事をしては……」

発目「別に着替えを覗く訳ではないですし大丈夫でしょう?」

八百万「ですが……」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:21:24 ID:pQijiXec

葉隠「轟君が普段男子と何話してるか気になるでしょ?」

八百万「いえそんな事は……」

耳郎「八百万の事話してたりしてね」

八百万「えっ!?そ、それは……」

麗日(デク君も私の事話したりしとるんかな……)

発目「むっ既にプール掃除が終わったところの様ですね……誰もいませんね」ブーン

麗日「あーちょっと遅かったね」

発目「めんどくさいのでこのまま更衣室に突撃しましょう!」ブーン

耳郎「えっ、ちょっと更衣室にそれ突っ込むつもり?」

八百万「先ほど覗きに使わないと言ったばかりですのに!!」

発目「いけませんか?」

耳郎「当たり前でしょ!誰が好き好んで男子の裸なんか見なきゃいけないのよ!」

発目「それもそうですね。じゃあ映像は切りましょうか」ピッ

葉隠(ちょっと興味あったんだけど黙っとこう)


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:23:31 ID:pQijiXec

発目「着きましたね!それじゃあスピーカーに繋げて……」


峰田『くそーっ、なんで俺達がこんな時間までプール掃除なんか……』シュルル


蛙吹「峰田ちゃんの声ね」

耳郎「すげぇ、衣擦れの音までクッキリ」

麗日「何かかえって生々しい……」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:25:19 ID:pQijiXec

切島『そりゃお前が女子更衣室なんか覗こうとしたからだろうが』

飯田『そうだぞ峰田君、君はもう少し雄英の生徒としての自覚を―――』

峰田『うるせー!そこにヤオヨロッパイがあるのに我慢なんて男じゃねえぞ!!』

上鳴『気持ちはわからんでもないっ!!』

緑谷『上鳴君同意しちゃダメだよ……』


芦戸「峰田フルボッコだね」

葉隠「まー自業自得だねー」

八百万「は、破廉恥ですわ!!」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:27:21 ID:pQijiXec

上鳴『いやいやでもさ?俺達だって健全な男子だぜ?』

峰田『そうだそうだ!女体の神秘に興味を持って何が悪いッ!!』

轟『悪いからこういう状況になってるんだろ』

峰田『くそう!お前はより取り見取りだからって余裕こきやがってー!』

轟『お前ら普段俺をどんな目で見てんだ』

切島『あーでも確かに轟とか女子人気高そうだよな』

瀬呂『そうだなー、成績もいいし』

上鳴『実際どうよ?女子から告白とかされたりしねーの?』

轟『ないな』


八百万「ほっ……」

麗日(八百万さんめっちゃ安心しとる!分かりやすい!!)ブフーッ

八百万「きゅ、急に吹きだしてどうしたんですの?」

麗日「あ!?な、何でもないよ?」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:30:24 ID:pQijiXec

上鳴『えー』

峰田『ウソだろーありえねー』

轟『こんな事嘘言ってどうする』

上鳴『んじゃあさ、気になる女子とかいないの?』

轟『考えた事もない』

峰田『つまんねー』

上鳴『えーなんかあるだろー?年頃の少年がそれはないだろ?』

轟『知らん』

上鳴『ちなみに俺は居るぜ!誰だと思う?』

轟『どうでもいいな』

上鳴『なっ!?』

切島『まー上鳴が誰好きだろうがどうでもいいな』

爆豪『無駄話してないで着替えて帰れ、アホ面』

上鳴『ぐぎぎ……』


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:32:24 ID:pQijiXec

耳郎「ぶふっ……ざまぁないわねあいつ」

芦戸「上鳴って時々峰田より扱い酷いときあるよね」


上鳴『じゃ、じゃあよ!爆豪には好きな奴とか居ねーのかよ!』

爆豪『居る訳ねーだろアホ面』

峰田『そう言ってーじ・つ・は?』

爆豪『ぶっ殺すぞ』BOOM

上鳴『あーん?もしかしてお前、怖いの?』

爆豪『あっ?』

上鳴『いやー見損なったぜ爆豪、お前は結構肝の据わった奴だと思ったのになぁ……』

峰田『女子の話をする事すら怖がる臆病者とは……緑谷はこんな話余裕なのになー』

緑谷『え!?』

爆豪『……上等だぁ、言ってやろうじゃねーか!!』

緑谷『ちょっ!かっちゃん!!?』


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:34:08 ID:pQijiXec

耳郎「爆豪……上鳴に言いくるめられてるし……」

蛙吹「緑谷ちゃんが絡むとダメね」


爆豪『つっても俺名前覚えてねーんだけど』

峰田『そこからかよ!?』

上鳴『いやいや、何か印象に残ってる奴とか居るだろ?ざっくりでいいからさ』

爆豪『なら丸顔と黒目だな』

緑谷『それって……麗日さんと芦戸さん?』

瀬呂『意外な人選だな……しかも二人……』

爆豪『んだよしょうゆ顔、文句あんのか?』

瀬呂『いや、ない!』

上鳴『何故にその二人?』

爆豪『丸顔は戦った時に根性見せたからな』

爆豪『黒目は騎馬戦の時役に立ったからだ』


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:35:30 ID:pQijiXec

麗日「あー……雄英祭の時の事か」

芦戸「う、うれしくない……」

蛙吹「というか名前覚える気無いみたいね」

蛙吹(爆豪ちゃんに名前を呼んでもらうのも難しそうね)



緑谷『す、凄い……かっちゃんが他の人を褒めるなんて……』

轟『明日は雪でもふるんじゃねーか?』

爆豪『テメーら俺の事なんだと思ってやがんだ!!』BOOM

上鳴『まぁまぁ、さて爆豪が言ったんだしお前も当然言うよな?』

轟『何でそうなるんだ?』

爆豪『ああ?また逃げるのかテメェ!!』

緑谷『お、落ち着いてかっちゃん!』

爆豪『テメェもだデク!俺が言ったんだから次はテメェだろ!!』

緑谷『かっちゃん言ってる事がめちゃくちゃだよ!!?』


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:37:30 ID:pQijiXec

切島『確かにあの爆豪が言ったのに言わないんじゃ男がすたるぜ』

瀬呂『いや、その理屈はおかしいだろ』

切島『うーん……決めた!俺は耳郎にするぜ!』


耳郎「決めたってなんだ決めたって……」

発目「いつの間にか発表形式になっていますね」


上鳴『耳郎?こりゃまた以外だな、理由は何なんだ?』

切島『そりゃもちろん女子の中で一番男らしいからだぜ!』

峰田『体つきは確かにそうだな、あいつ胸ないし』


耳郎「ケンカ売ってんのか!!」バンッ

麗日「ま、まぁまぁ切島君も悪気ある訳じゃないんやし……」

蛙吹「峰田ちゃんのセリフは流石にどうかと思うけれどね」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:40:19 ID:pQijiXec

切島『いやいやそうじゃなくてさ、あいつ気さくだから話しやすいし』

切島『ここぞ!っていう時にウジウジ悩まないしビシッと決めるだろ?』

緑谷『そうだね、確かに耳郎さんってリーダーシップがあると思う』

切島『おう!それにあいつ頭もいいし、俺はそういうとこ好きだぜ!』

上鳴『そ、想像以上に真面目な理由だった……』



耳郎「」ボンッ

麗日「じ、耳郎さん?」

葉隠「切島君らしい理由だったね!」

耳郎「やばっ……なにこれめっちゃ恥ずかしい……」

蛙吹「良くも悪くも正直だからね、彼」

耳郎「うぅ……切島の馬鹿ぁ……」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:41:51 ID:pQijiXec

上鳴『よ、よーしじゃあ流れを変えて次行ってみよう!飯田!』

飯田『と言ってもどうやって選べばいいのか……』

上鳴『お前基準で選んでいいんだぞ?さっきも言ったが気になるって位で―――』

飯田『ふむ……つまり将来の伴侶として相応しい女性を選べばいいんだな?』

上鳴『Why?』

飯田『ぼ……俺も未熟者だが、一家の主になったつもりで真剣に考えなければ……』ブツブツ

峰田『おい緑谷、こいつ何言ってんだ?』

緑谷『ぼ、僕に聞かれても……』

飯田『……うん、決めた。俺は麗日君を妻として選ぼう!!』


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:43:32 ID:pQijiXec

麗日「」ブーッ

耳郎「妻て……」

蛙吹「真面目に考えすぎよ、飯田ちゃん」

葉隠「というかもうこれプロポーズだよね?」

芦戸「良かったなー麗日!」

麗日「全然よくないよ!もう、飯田君の馬鹿!!」プシュー


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:44:51 ID:pQijiXec

轟『落ち着け飯田、それもうプロポーズだぞ』

飯田『ハッ!いけない僕はなんて事を!!』

緑谷『ま、まぁ女子が聞いてる訳じゃないから大丈夫じゃないかな?』

峰田『わかんねーぞどっかで聞き耳立ててたり……』

轟『するわけないだろ、お前じゃあるまいし』



耳郎「……ごめん緑谷、轟。全部聞いてるんだ」

芦戸「ここに来てちょっと罪悪感が出てきたね……」

蛙吹「あら?誰か来たみたいね」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:47:05 ID:pQijiXec

尾白『あれ、お前らまだ帰ってなかったのか?』

常闇『てっきり着替え終わって帰っているものだと思ったが……』

上鳴『お?実はな今クラスメイトに気になる女子が居ないかって話しててさ』

峰田『若干一名暴走してたけどな』

飯田『そ、それに関してはすまなかった』

尾白『お前何言ったんだ……』

上鳴『だからお前らの気になる女子も聞かせてもらうぜ!』

尾白『何がだからなんだ……』

常闇『くだらないな』

峰田『おー?いいのか?あの爆豪だって言ったんだぞ?』

尾白『何っ!?爆豪が!!?』

常闇『こういった話題に一番興味のなさそうな爆豪が……』

爆豪『んだよ、文句あんのか!?』BOOM

峰田『爆豪が誰を言ったのか気になるならお前らも言わなきゃだめだぜー?』

尾白『た、確かにそれは気になるな……』


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:49:03 ID:pQijiXec

常闇『ふむ……気になる女子といったか。それなら俺は麗日だな』



発目「大人気ですね麗日さん」

葉隠「いいなー私なんてまだ0だよー」

蛙吹「私も名前を挙げてもらってないわね」

八百万「確かに少し悔しいですわね……」

麗日「え、えー?」アタフタ


25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:51:41 ID:pQijiXec

上鳴『マジかよ、麗日大人気だな』

常闇『彼女は常に明るい。それは大地を照らす太陽のようなものだ』

常闇『闇に生きる俺は、その光にひかれているのかもしれない』

峰田『何言ってるかわかんねぇ……』

瀬呂『ちなみに爆豪も麗日の名前上げてたぜ』

常闇『そうか……お前も俺と同じか……』

爆豪『一緒にすんじゃねえよカラス野郎!!』

上鳴『よーしじゃあ次は尾白だな!』

尾白『えぇ?うーん……葉隠さんかな』


葉隠「一票入った!やったぁ!」

耳郎「えっ、これ票数制だったの!?」

発目「麗日さん3票、耳郎さん1票、芦田さん1票、葉隠さん1票ですね」

蛙吹「麗日ちゃんダントツね」

芦田「いいなーアタシなんか爆豪だから実質0票みたいなもんじゃん!」

麗日「こ、これは喜んでいいのか……」アハハ


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:53:46 ID:pQijiXec

緑谷『尾白君葉隠さんと仲良いもんね』

尾白『う、うんそうだね。明るい所とか、ちょっと負けず嫌いの所とか、凄く女の子らしいというか』

上鳴『そうそうこれだよ!俺が期待していたのはこういう奴!!』

峰田『普通の話をさせたら尾白の右に出るものは居ないな!』

尾白『それむしろけなしてないか……』

上鳴『普通といえば瀬呂は居るのか?気になる奴』

瀬呂『俺?俺はまぁ……芦戸かなぁ……』

瀬呂『って普通といえばってなんだよ』

峰田『だってお前地味だろ?』

瀬呂『人が気にしていることを……』

上鳴『よーしこれであとは緑谷と轟だけだな!』

瀬呂『スルーかよ!?』ガーン


27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:55:00 ID:pQijiXec

芦戸「アタシの票っていったい……」

発目「まぁ、票は票ですし、これで一歩リードですよ」



上鳴『さぁーてまずは緑谷からだっ!!』

緑谷『えっ!?えぇ……僕はそんな……』

峰田『もうゲロッて楽になれよ!麗日みたいにさ!』

緑谷『峰田君それは麗日さんに失礼だよ……』

爆豪『あぁ!?デクテメェ……俺が言ったんだからつべこべ言わずにさっさと吐け!!』

緑谷『か、かっちゃん落ち着いて!一度冷静に……』

爆豪『俺はいつだって冷静だ!バカにすんじゃねぇデク!!』

轟『お前は一度冷静の単語の意味を辞典で引いてこい』

爆豪『あぁ!?バカにすんじゃねえぞ半分野郎!!』BOOM


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:57:05 ID:pQijiXec

上鳴『んじゃ轟の気になる奴喋ってくれよ』

轟『どうしてそうなるんだ』

上鳴『いやこのままじゃ緑谷口割りそうにないしさー』

峰田『ここまでがっちがちな緑谷の気になる奴とか気になるじゃん?』

緑谷『えぇ?そんな事は……』

飯田『ふむ、確かに俺も緑谷君の選ぶ人に興味はある』

緑谷『え?ちょ、飯田君?』

切島『俺も実は興味あるぜ』

緑谷『えぇ!?』

常闇『そうだな、状況判断や知識に長ける緑谷の選んだ相手となれば……』

瀬呂『あー、確かに緑谷みんなの事しっかり見てるしな』

緑谷『えぇぇ!!?』


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:58:12 ID:pQijiXec

発目「あらあら流石緑谷さんですね!」

耳郎「うわっ、なんかハードルめっちゃ上がってるね」

葉隠「でもその気持ちちょっと分かるかも」

八百万「確かに轟さんや緑谷さんは特に真面目に選んでくださりそうですからね……」

蛙吹「少なくとも峰田ちゃんや上鳴ちゃんみたいな不純な動機で選んだりはしないでしょうからね」

麗日「そ、そうやね……」


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 00:59:28 ID:pQijiXec

上鳴『という事だ、緑谷。お前の一票は重いぞ』

緑谷『ど、どうしてこんなことに……』

峰田『轟も気になるだろ?緑谷の好きな奴』

緑谷『す、好きな人にランクアップしている!?』

緑谷『って、いやいや轟君だって興味ある訳……』

轟『……』

緑谷『轟君?』

轟『……すまん緑谷』

緑谷『!?』

峰田『さぁ轟、お前も想い人を言うんだ!!』

轟『……想い人、っつーのとは少し違うが』

緑谷『えっ!?轟君!!?』


轟『……八百万と葉隠かな』


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:01:14 ID:pQijiXec

八百万「!!」

葉隠「えぇ!?わ、私も!!?」

蛙吹「葉隠ちゃんがちょっと意外かしら」

耳郎「確かに……てっきり八百万だけかと……」



峰田『やはりヤオヨロッパイか……同志!』

轟『お前と一緒にするな』

瀬呂『八百万はまぁ……なんとなく分かるんだけどさ』

上鳴『葉隠が意外だな』

轟『……八百万は、同じ推薦生として純粋に尊敬している』

轟『アイツは派手な結果を残せていない事に不満があるらしいが、俺より成績だっていいし、状況判断力なら緑谷に引けだってとらない、凄い奴だ』

轟『そういう意味で俺はあいつを意識しているし、これからもうまく付き合っていきたいと思ってる』

緑谷『轟君……』


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:02:28 ID:pQijiXec

八百万「あぅ……」シュー

耳郎(こんな八百万初めて見た……)

蛙吹「凄いわね轟ちゃん、よく見てるわ」

芦戸「いいなー私も轟に褒めて欲しいー」



上鳴『じゃ、じゃあ葉隠はどういった理由で?』

轟『……あいつには最初の訓練の時にだいぶキツイ目に合わせてしまった』

尾白『あぁ……あの時葉隠さん、素足だったからね』

緑谷『リカバリーガールが来るまで足の裏凍傷になっちゃってまともに歩けなかったんだよね……』

轟『正直やりすぎたと思ってるが、それでもあいつは変わらずに俺に接してくれているからな』

轟『姿は見えないが、あいつともいい付き合いをしたいと思っている』


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:04:01 ID:pQijiXec

葉隠「うわっ、なんだろう?むず痒いな~」

耳郎(制服が空中で捩れているのって結構シュールな光景ね)

八百万「……」

蛙吹「八百万ちゃん?眉間にしわが寄っているわよ?」

八百万「い、いえ!そんな事はないですわ!」

八百万(なんででしょう……今胸が痛く……)



切島『お前……かっこいいじゃねぇか!』

常闇『轟、熱い男だな……』

轟『俺は俺が思ったことを言ったまでだ』

上鳴『さて、これで残るのは……』



峰田『緑谷だけだな!』

緑谷『うっ……』


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:05:39 ID:pQijiXec

上鳴『ここまで来たんだ。今更逃げるのはナシだぜ!!』


発目「おっ!遂に緑谷さんの番ですね」

耳郎「緑谷ご愁傷様ね……」

麗日(き、気になる……)ドキドキ


飯田『最後は緑谷君か』

常闇『ふむ、僭越ながら俺も興味がある』

爆豪『興味はねーけどさっさと言え』

轟『すまない緑谷、俺も興味あるんだ』

緑谷『い、いいんだ轟君……僕も逃げ切れるとは思ってなかったから……』

緑谷『ふぅ……えぇっと、ぼ、僕の気になる人は』



緑谷『その、麗日さんとあす……梅雨ちゃんかな』


35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:07:20 ID:pQijiXec

発目「おぉ、麗日さんと蛙吹さんに入った!」

麗日(や、やった!)

麗日(ってやったってなんだ私!?)アワアワ

耳郎「麗日さんはまぁ、いつも一緒にいるから分かるけれど……」

葉隠「蛙吹さんがちょっと意外だね」

蛙吹「そうね。私も正直名前が出るとは思わなかったわ」


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:10:11 ID:pQijiXec

上鳴『麗日に蛙吹?』

飯田『麗日君は何となくわかるが……』

瀬呂『蛙吹ってのが意外だな』

緑谷『えぇ?そ、そうかな?』

尾白『だってお前、あんまり蛙吹と一緒にいるのは見ないから……』

緑谷『あはは……』

上鳴『で?蛙吹が好きな理由はなんなんだ?』

緑谷『え!?あっ、いや好きというか憧れ?というか……』

峰田『んん?どゆこと?』


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:14:24 ID:pQijiXec

緑谷『……USJの時の事なんだけど、僕は蛙吹さんと峰田君と一緒に水害エリアに飛ばされたよね?』

峰田『あ、あぁ……あの時はお前が冷静だったおかげで助かったぜ』

緑谷『違うんだ峰田君。ホントの事言うと……あの時僕は凄く焦ってたし、怖かったんだ』

緑谷『君の言った通りさ、この前まで中学生だった僕たちが、いきなり命の危険にさらされて……冷静でなんて、いられなかった』

緑谷『でも、梅雨ちゃんは凄く冷静で……。梅雨ちゃんだって怖かったはずだと思うんだ。けれど僕たちをしっかり諭してくれて、だからこそ僕はあの時動くことが出来た』

緑谷『勿論峰田君も僕の策に乗ってくれて、全力で支援してくれた。あの時は、あのチームだったからこそ勝てたんだと自信持って言えるよ』

緑谷『でも、作戦がうまくいったのも、僕があの作戦を思いついたのも、もとを辿れば梅雨ちゃんが隣で僕をサポートしてくれたからこそなんだ』

緑谷『梅雨ちゃんは僕よりずっと皆を見ているよ。皆の良い所を知っているし、それを肯定してくれるんだ』

緑谷『僕の周りにそういう人ってあんまり居なかったから……その、憧れてるっていうか……もっといろいろ教えて欲しいし、仲良くしたいなって思うんだ』

切島『お、おぉ……緑谷お前アツいぜ!』ガシッ

飯田『やはり緑谷君だね。僕なんかではまだまだ敵わないな』フフッ

緑谷『え?ええ?』


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:16:13 ID:pQijiXec

発目「な、なんという熱弁……これには私もビックリですよ」

耳郎「なんというか……緑谷って飯田とは違った意味で真面目ね」

葉隠「轟君に引けを取らないね!」

芦戸「いいなー」

蛙吹「……流石に買いかぶりすぎよ緑谷ちゃん」

発目「と、言いつつ口が少し緩んでいますよ」

蛙吹「それは言わないでちょうだい……ケロ」

八百万(蛙吹さんが頬を赤らめるなんて)

麗日(嬉しそうやなぁ……)


上鳴『よ、よし!次は麗日について話そうぜ!』

飯田『麗日君とはよく一緒にお昼も食べているからな』

切島『そういえばお前らなんでそんなに仲がいいんだ?』

飯田『それは入試試験の時にだな、麗日君が瓦礫に足を挟まれて動けなくなった時に緑谷君が彼女を救けたんだ』

緑谷『お、大げさだよ飯田君……』


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:18:29 ID:pQijiXec

発目「なんと!それは初耳ですね!!」

耳郎「えっ、あんた達そんな事あったの!?」

葉隠「私達別のブロックだったから全然気づかなかった……」

麗日「え、えっと……」

蛙吹「まぁ、緑谷ちゃんならそうするでしょうね」

芦戸「あー確か……」



轟『確か先生たちが話していたの聞いた事あるな、あのデカいロボットぶっとばした奴がいるって』

爆豪『テメェだったのか……デクッ!!』ギリッ

切島『そうそう!あれ凄かったよな!!』

飯田『僕もその場には居たんだが……情けない事に自分の身可愛さに逃げたよ』

飯田『だが緑谷君は違ったんだ。僕が振り向いたときには既に、彼はあのロボットに向かって飛んでいたんだ』


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:19:34 ID:pQijiXec

緑谷『あ、あれは体が勝手に動いただけなんだ……』

常闇『考えるより先に体が動いたか……』

峰田『おいらだったら考えるより先に逃げるね!』

瀬呂『お前実はすごい奴なんじゃ……』

緑谷『そんな事ないよ!それに僕も麗日さんに救けてもらっちゃったし……』

上鳴『うーんって事はあれか?自分の救けた相手だから印象深いって……』

緑谷『違うよ』



緑谷『麗日さんは、僕の名前に意味を与えてくれた人だから……かな』


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:20:52 ID:pQijiXec

発目「名前の意味?」

麗日(あっ……それって……)


切島『名前?あーそう言えば最初の訓練の時も何か言ってたな……』

緑谷『うん。僕の「デク」ってあだ名、もともとかっちゃんが付けたんだ』

爆豪『……』

飯田『それは僕も聞いたよ、蔑称……だったんだよな?』

切島『何!?本当か爆豪!!』

爆豪『……何もできねぇ奴だからデク。間違っちゃねぇだろ』

緑谷『僕もこう呼ばれるのは嫌だったんだ。けれど、麗日さんが言ってくれたんだ』

緑谷『頑張れって感じがするから、私は好きだって』


麗日「デク君……」

蛙吹「麗日ちゃんの言葉が、よっぽどうれしかったのね」

八百万「あのヒーローネームにそんな理由が……」

葉隠「なんかロマンチックだね!」


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:26:21 ID:pQijiXec

緑谷『だから僕は麗日さんもだけれど、かっちゃんにも感謝しているんだ』

爆豪『あぁ?』

切島『え?だって蔑称だったんじゃ……』

緑谷『それでも、かっちゃんがこの名前を付けてくれなかったら僕はきっとこの名前を名乗れなかったから』

緑谷『だから……ありがとう。かっちゃん』

爆豪『……チッ』

緑谷『それと僕は……麗日さんの事、クラスメイトとしても凄く尊敬しているんだ』

緑谷『雄英祭の時もかっちゃんにズルしないで自分の力で戦いたいって、敢えて僕にかっちゃんの事を聞かないで戦ったんだ』

緑谷『だから僕も……轟君と全力で戦いたいと思ったんだ』

轟『……』

緑谷『きっと麗日さんが居なかったら、僕は轟君に勝つ為に本気を出させないで勝つ事を選んでたと思う』

緑谷『……麗日さんが真っ直ぐ前を向いているから、僕も真っ直ぐ前を見たいと思うんだ』


緑谷『麗日さんは僕にとってその……大事な友達だし、尊敬するヒーローでもあるんだ』


43: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:28:52 ID:pQijiXec

発目「アツいですね!」

芦戸「なんか聞いてる私たちまで顔熱くなってくるね!」

耳郎「なんかちょっと見直したわ……」

蛙吹「麗日ちゃん大丈夫?」

八百万「いくらなんでも熱弁し過ぎですわ……」

葉隠「えー?私は男の子らしくていいと思うけれどなー」


麗日(どうしよう……)

麗日(口が……吊り上がって戻らへん!)ニヘラ


44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:30:38 ID:pQijiXec

緑谷『うぅ……こ、この事は麗日さんとかあす、梅雨ちゃんには……』

切島『お、おう!言わねーぜ!神に誓う!!』

轟『言ったら言ったでアイツら喜ぶと思うけれどな』

緑谷『か、勘弁して……』

上鳴『お、おう……まぁこれで全部聞けたしそろそろ』

爆豪『あ?何言ってんだアホ面。まだ終わってねーだろ?』

上鳴『えっ?』


爆豪『テメェの好きな奴、まだ言ってねーよなぁ?』BOOM


45: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:32:16 ID:pQijiXec

耳郎「えっ、このタイミングで?」

芦戸「うわーこれは……」

蛙吹「なまじ真面目な話が続いた後だからね」

葉隠「上鳴君に緑谷君や轟君みたいな理由なさそうだもんね」


上鳴『え?いやいやだってお前俺の奴なんて興味ないって……』

爆豪『あぁ?知らねーな、テメェだけ言わねーのは納得いかねー』

上鳴『えぇー……』

轟『まぁ、ここまで引っ張ったんだ。惚れてる理由も並じゃないだろ』

上鳴『ちょ』


46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:35:04 ID:pQijiXec

飯田『ふむ……確かに上鳴君は意図的に自分の番を避けていたな……』

緑谷『それは単純に仕切っていたから……もご』

轟『まぁまて緑谷、ここまで来たんだ聞かせてもらう権利が俺らにはある』

瀬呂『そうだな、真の大トリだ』

常闇『ふむ……緑谷や轟以上の話が聞けそうだな』

尾白『この場で言ってないのお前だけだしな?』

峰田『俺は轟ん時に言ってるからな!!ヤオヨロッパイ最高!!』

切島『上鳴!アツい話期待してるぜ!!』

上鳴『……う』

爆豪『言っとくが放電してアホ面になったらあのババアの所に連れてってでも聞き出すぞ』BOOM

上鳴『Oh……』

峰田『ちなみに上鳴の気になる奴は耳郎らしいぜ』

上鳴『ちょ、峰田ぁ!!』


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:36:38 ID:pQijiXec

耳郎「あたし?」

葉隠「なんとなく分かってたけど……」

蛙吹「あとは理由ね?いったい何かしら……」

八百万「彼の性格からしてまともな理由ではなさそうですが……」

麗日(嬉しすぎて顔が戻らない……どうしよう……)ググググ

芦戸「麗日の顔がうららかじゃなくなってる……」


48: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:37:57 ID:pQijiXec

爆豪『誰だそいつ』

緑谷『あー上鳴君よく耳郎さんと話してるもんね』

切島『おーっ俺と一緒か!!』

飯田『ふむ。して、上鳴君が耳郎君を選ぶ理由は?』

上鳴『いや……その……』

尾白『?そんな言いにくい事なのか?』

常闇『自分の言葉でいい、俺達も待とう』

瀬呂『え?もしかしてマジで深い訳が?』

峰田『……ブフッ』

上鳴『……から』

轟『?なんだ?』



上鳴『お、おっぱい簡単に触らせてくれそうだから……』


49: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:39:25 ID:pQijiXec

発目「……」

芦戸「……」

蛙吹「……」

八百万「……」

葉隠「……」

麗日「……」

耳郎「……」







男子一同『……』


上鳴『だぁー!!くそ!文句あっかよ!!』

瀬呂『いやお前、いくらなんでもそれは』

上鳴『分かってるよ!緑谷と轟の後に言えばこんな空気になるって分かってたよ!!』


50: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:41:26 ID:pQijiXec

常闇『どうやら俺の買い被りだったようだな……』

尾白『上鳴……』

上鳴『俺を可愛そうな目で見るなぁ!!』

轟『まぁ、自業自得だしな』

爆豪『だからテメーはいつまでたってもアホ面なんだよ』

上鳴『うるせぇうるせぇ!だってしょうがないじゃん!このクラスで一番そういうの緩そうなのが耳郎だったんだもん!!』

飯田『そういうのは感心しないな、上鳴君』

切島『男らしくねーぞ上鳴!』

峰田『そうだぜ上鳴君』

上鳴『テメェ峰田!知っててわざわざ耳郎の名前出しやがって、この裏切り者!!』

緑谷『ま、まぁ……耳郎さんに聞かれた訳じゃないから……』

上鳴『み、緑谷ぁ……お前だけだぁ……俺の味方をしてくれるのなんて……』

轟『おい緑谷、あまり甘やかすなよ』

爆豪『デク、アホ面だから救ける必要ねーぞ』


51: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:43:04 ID:pQijiXec

発目「まーそのあれですね……どんまい」

蛙吹「上鳴ちゃんって時々峰田ちゃん以上にダメな所があるわよね」

芦戸「まぁ、想像通りだったね。上鳴だし」

八百万「まったく!不純ですわ!!」

葉隠「ホントだよねー耳郎ちゃん」

耳郎「……」

麗日「じ、耳郎さん?」



耳郎「――――誰が簡単に触らせるかぁぁぁぁぁぁ!!」ゴッ

麗日「ひ、ひぃ!?」


52: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:44:26 ID:pQijiXec

発目「ちょ、いきなり大声出さないでください!」

耳郎「あのバカ、人を何だと思ってんだぁぁぁ!!」ガラッ

芦戸「あっ、ちょっと耳郎どこ行くの?」

蛙吹「あらっ、これは……」

葉隠「耳郎ちゃん止めた方良くない?」

八百万「ってもう校庭まで行ってますわよ!?」

発目「早っ!どんな運動神経してるんですか彼女!」

麗日「皆私の手に触って!追っかけよ!!」


53: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:45:42 ID:pQijiXec

切島「いやだってお前……」

上鳴「ええい!うるせー高校デビュー!健全な男子高校生たるものそういう事を夢見る年頃だ!何が悪い!!」

峰田「まぁ、八百万とかはガード固そうだしな」

上鳴「だろっ?」

緑谷「いやっ、だからといって……」

轟「別に耳郎が軽い訳でもないだろ」

爆豪「お前面だけじゃなくて中身もアホだな」

上鳴「あー?テメーらは知らないだろうがな!アイツは自分でも胸ないの気にしてんだよ!!」

飯田「なら尚更上鳴君が言うように触ることはできないんじゃないのか?」

上鳴「お前はロボか!耳郎だって女なんだよ!そこですかさずフォローするんだよ!」


上鳴「俺はお前の胸……興味あるけどってさ!!」キリッ


54: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:47:57 ID:pQijiXec

尾白「いや、それただのセクハラなんじゃ……」

瀬呂「そういうの好きな奴でもなけりゃ気持ち悪いだけじゃねーか……」

常闇「くだらんな……」

上鳴「だぁー!よっしゃ、んじゃお前ら見てろよ!俺が耳郎を――――」

耳郎「アタシをどうすんの?」

上鳴「そりゃもちろん――――」


上鳴「って耳郎!!?」

耳郎「好き勝手言ってくれるじゃない……誰が一番緩そうだって?」ギリギリ

上鳴「え?ちょ……お前どこから聞いて……」ドスッ


―――ドックン!!!


上鳴「こまく!!」ガクッ

耳郎「全部よ!バカ野郎!!」


55: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:49:51 ID:pQijiXec

緑谷「す、凄い……あれが耳郎さんの最大出力……!!」メモメモ

峰田「お、おいらの時よりスゲェ……」

切島「ん?ちょっと待て、さっき全部って言ったよな?」

尾白「え?それって……」

緑谷「……まさか」サァー


芦戸「お、遅かった!」

八百万「耳郎さん、早すぎますわ……」

発目「あーもうこれじゃあステルスの意味ないじゃないですか!!」

麗日「うえぇ……」

蛙吹「麗日ちゃん大丈夫?」サスサス

葉隠「あー皆さんおそろいで……」

芦戸「あはは……」

耳郎「あ、やばっ……」


56: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:52:05 ID:pQijiXec

轟「……説明してほしい事は色々あるが、とりあえず」

轟「こいつには、謝った方が良いと思うぞ?」




緑谷「」チーン


飯田「み、緑谷君!!」ユサユサ

瀬呂「あまりのショックに立ったまま気絶している……」

切島「そりゃあれ聞かれてたって分かったらなぁ……」

尾白(俺も正直葉隠さんと顔合わせづらいぞ……!)


57: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:55:54 ID:pQijiXec

耳郎「うわっ……ごめん緑谷……」

発目「こういう時こそこの私の発明が!!」

八百万「余計酷くなりそうですからやめてください」

芦戸「うわー、顔真っ赤だよ緑谷」

葉隠「あはは……やっちゃったね」

蛙吹「緑谷ちゃん……」

麗日(そ、そういえばデク君が目の前に!!)カァー


58: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 01:58:10 ID:pQijiXec

爆豪「チッ!めんどくせぇな、起きろデク」BOOM

緑谷「ハッ!!僕は今まで何を……」

飯田「爆豪君の爆破で目が覚めた!?」

轟「目覚まし時計かよ」

緑谷「あ、あれ?確か上鳴君が耳郎さんに〆られてて……」

蛙吹「緑谷ちゃん」


緑谷「あすっ……!つ、梅雨ちゃん!?」

緑谷(そ、そうだ!僕のさっきの話、女子に全部聞かれちゃって……)ボンッ

緑谷(ど、どうしよう!?き、気持ち悪い奴って思われてるんじゃ……!!)

蛙吹「緑谷ちゃん携帯は今持っているかしら?」

緑谷「へっ?えっと一応……」

蛙吹「借りてもいい?」

緑谷「え?あ、うん」


蛙吹「うん、大丈夫よ。ありがとう」スッ


59: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:00:16 ID:pQijiXec

緑谷「あっ、これ。梅雨ちゃんのアドレス?」

蛙吹「ええ、私もあなたと一緒よ緑谷ちゃん」

蛙吹「貴方が私と仲良くしたいと思ってくれてるように、私も貴方ともっと仲良くしたいと思っているわ」

緑谷「あ……」

蛙吹「うふふ……あんな風に緑谷ちゃんに話してもらって私とても嬉しいのよ?」

蛙吹「貴方がそう言ってくれるだけで、本当に自分は凄いんじゃないかって、自信が湧いてくるわ」

蛙吹「だから貴方も自信をもって?私は緑谷ちゃんが凄いヒーローだと思ってるわ」

蛙吹「それとも、私の言葉だけじゃ役不足かしら?」

緑谷「そ、そんな事ないよ!僕も……その言葉に自信を貰ったから!」

緑谷「ありがとう。これからもよろしくね、梅雨ちゃん!!」

蛙吹「ケロケロ。こちらこそ、緑谷ちゃん」


60: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:01:44 ID:pQijiXec

麗日「で、デク君!!」

緑谷「う、麗日さん!?」

蛙吹「ふふ、じゃあ私は一旦下がりましょうか」



麗日「え、えっと……」

麗日(どうしよう!?なんていえば良いのか分からない!!?)


緑谷「えーっと……麗日さん、ごめん……」

麗日「へ?」


61: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:03:09 ID:pQijiXec

緑谷「いやその……さっきの話。僕の考えばっかり押し付けるような感じになっちゃって……迷惑じゃ……」

麗日「ち、違う違う!私も凄く嬉しかったんだよ!!」

緑谷「えっ」

麗日「デク君がそんなに考えてくれてるなんて思ってなかったし……その!私デク君の事、すっごく尊敬してるんよ!!」

麗日「だからその……蛙吹さんも言ってたけど、デク君にああいう風に言ってもらって凄い自信つくし!そ、それに……」


麗日「私だってその、えっと……デク君の隣に立てる位立派なヒーローになりたいなって目標に……」

緑谷「へっ?」

麗日「―――っあ?いや、そのこれはその!つまりデク君と肩を並べられる位のヒーローになりたいという事で!!」

麗日「そそその!で、デク君の隣に立ってたいとかそういう事でもあって!?あれ!?」アタフタ

緑谷「お、落ち着いて麗日さん!言ってることがだいぶぶっ飛んできてるよ!!?」


峰田「青春だなァ……」

上鳴「う、ウェーイ……」


62: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:05:09 ID:pQijiXec

相澤「お前ら、こんなトコで何やってんだ?」

一同「あ、相澤先生!!?」

相澤「もう完全下校時刻過ぎてるぞお前ら」

相澤「そんな無駄な事にエネルギー使う暇があるなら、帰って明日の授業の予習でもしとけ」

一同「す、すいません……」


そして僕達は蜘蛛の子を散らすように逃げ帰った。

だけど、この騒動が残した影響は――――結構大きくて。


63: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:06:34 ID:pQijiXec

次の日



耳郎「切島、アンタ今日の昼さ……暇?」

切島「ん?ああ、今日は爆豪を芦戸にもってかれちまったからな!」

耳郎「んじゃちょっと付き合ってよ、アタシも一人だし」

切島「おう!」



芦戸「今日こそ私の名前覚えてもらうよ!」

爆豪「うるせーな黒目」

芦戸「黒目じゃないよ!芦戸三奈だってば!!」

爆豪「あー知らねぇー」

芦戸「ぐぬぬ……覚えるまで付きまとってやるんだから!!」


64: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:09:23 ID:pQijiXec

轟「八百万」

八百万「(バッ)は、はい!何でしょう!?」

轟「(ずいぶん嬉しそうだな?)いや、ここの関数式が少し分からなくてな……」

八百万「任せてください!ここは――――」

轟「おぉ、やっぱり八百万は頭いいな。頼りになる」

八百万「あ……いえ、轟さんの理解が早いだけですわ……」カァッ

轟「それは八百万の教え方が良いからだと思うぞ」

八百万「あ……ありがとうございます……」シュー

轟(なんか頭から蒸気でてるな……熱でもあるのか?)


65: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:13:11 ID:pQijiXec

葉隠「尾白君?今日ってお昼どうするの?」

尾白「え?学食適当に食べる予定だけど……」

葉隠「実は家庭科の課題になってる料理作ってみたんだけど、味見役お願いしてもいいかな?」

尾白「えっ!?も、勿論!」

葉隠「やったぁ!ありがとう!!」

尾白(お、女の子の手料理とか初めてだぞ……!?)ドキドキ



飯田「……なぜ君がここに?」

発目「失恋した飯田さんを慰めようかと思いまして」

飯田「いや、俺は失恋した訳ではないんだが……」

発目「まぁまぁ、私のドッ可愛いベイビー達も連れてきたので是非試運転を……」

飯田「そっちが主目的だろう!!」


66: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:15:12 ID:pQijiXec

麗日「デク君!一緒にお昼食べよう!!」

緑谷「あ、麗日さん。僕も今誘おうと思ってた所だったんだ」

蛙吹「私も一緒に食べていいかしら?」

緑谷「あ、梅雨ちゃん。もちろんだよ!」

蛙吹「ケロケロ、マスターしてくれたみたいで嬉しいわ」

麗日「三人やね!早く場所取りしないと!!」ガシッ

緑谷「うわわ!麗日さん引っ張らないで!!(お、女の子に腕を組まれてる!?)」アワアワ

麗日「ダメダメ!急がないと席無くなっちゃうよ!!(ヤバい!勢い任せに腕組んでしまった!)」アワアワ

蛙吹(私も今度やってみようかしら?)ケロケロ


67: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:16:34 ID:pQijiXec

瀬呂「え?俺は?」

峰田「芦戸が爆豪にかかりっきりだからな、ご愁傷様」

瀬呂「ば、爆豪に負けんのかよ……」ガクッ

常闇「ふっ、日陰者とはそういうものだ……」

砂藤「え?昨日何かあったのか?」

障子「確かに、女子がいつもより積極的な気はするな」

青山「僕達は先に帰っちゃったからね!説明してほしいな☆」

峰田「あーどうせ俺達じゃ挽回できねーからやめとけ?」

上鳴「うぇ……うぇーい……」グスッ


68: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 02:30:51 ID:pQijiXec

投下終了!ヒロアカSSもっと増えないかな・・・・・・


69: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/05/30(月) 07:06:06 ID:gpwZCh/2




『僕のヒーローアカデミア』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿