TOP > シンデレラガールズ > 棟方愛海「大丈夫?おっぱい揉む?」

棟方愛海「大丈夫?おっぱい揉む?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:13:39.28 ID:pCKdn3EB0

P「うん、じゃあ遠慮なく」モミモミ

愛海「えっちょっ違う、んぁっ、あふっ」




モバマスSSです
一部キャラ崩壊とか注意
今日は乳の日ですね


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:15:31.49 ID:pCKdn3EB0

P「急にどうしたんだ。そんな変態みたいな、いや変態だったな」

愛海「まぁ聞いてよプロデューサー。これはあたしの作戦なんだよ」

P「ほほう」

愛海「誰かにいきなり「大丈夫?」って聞かれるととりあえず「うん」って答えちゃうよね?」

愛海「これはもう条件反射であって何かを考える前に肯定しちゃうんだよ」

愛海「そこにすかさず「おっぱい揉む?」と加えることで言質を取りあたしはお山を合意の上で登れるわけだよ」

P「うわぁ馬鹿っぽい」

愛海「というわけでプロデューサー!」

P「嫌だ」

愛海「試してきて!ってなんで言う前に断るの!?」

P「当たり前だろーがなんで俺がやんなきゃならねーんだ!」

愛海「だってあたしもお仕置きは嫌だし」

P「お前もうちょい隠せよ…」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:16:23.70 ID:pCKdn3EB0

P「というかお前成功しないって自分で分かってんだろ」

愛海「そんなことないよー!」

P「静かにしてれば可愛いのになぁ」

愛海「我慢は体に良くないんだよ?」

P「我慢しなさすぎだお前は」

愛海「せっかく考えたのに」

P「だがまぁ…試す価値はあるかもしれない」

愛海「ホントっ!?」

P「あぁ……あ、もちろんアイドルに手を出すなんて真似はしないぞ、プロデューサーだからな俺は」

愛海「それはつまりあの人を…!」ゴクリ

P「そう、試す相手は…!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:17:12.98 ID:pCKdn3EB0




P愛海「「ちひろさん…!!」」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:17:56.71 ID:pCKdn3EB0

P「とは言ったもののどう攻めようか」

愛海「やっぱりここは出会い頭じゃないかな」

P「お前それ正面から胸揉ませてくれって言ってるようなもんだぞ」

P「あくまでこう、心配してる感じを出しつつしょうがないから揉む、といったスタンスでいきたい」

愛海「男らしくないよプロデューサー」

P「馬鹿お前セクハラで訴えられたらどうすんだ」

愛海(いや、もうこの時点で訴えられたら勝てないと思うけど……)

P「ベストはちひろさんがドジった時だな」

愛海「確かに一番自然かもしれないね」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:19:04.48 ID:pCKdn3EB0

P「よし、作戦はこうだ」


ちひろさんが来る

愛海が事前に仕掛けた足下トラップでちひろさんを転ばせる

俺は心配しつつ近寄り決め台詞を放つ


愛海「オッケープロデューサー!仕込みは任せてよ!」

P「俺は……俺は必ずちひろの胸を揉んでみせる!」

愛海「その意気だよプロデューサー!」

愛海(んひひ♪プロデューサーが上手くいったら今度はあたしが……♪)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:20:24.83 ID:pCKdn3EB0

――――


P「トラップその他もろもろ準備完了!」

愛海「後はちひろさんが来るのを待つだけだね!」

P「俺の長年の勘と最近の勘が告げている。そろそろヤツが来るとな」

愛海「健闘を祈るよプロデューサー」

P「おう、お前もしくじるなよ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:23:03.64 ID:pCKdn3EB0

ちひろ「―――あら、それは珍しいですね」ガチャッ

P「(今だっ!)」

愛海「(合点!)」シュッ

ちひろ「でもいったいどうsきゃあッ!」ガッ

愛海(よしっ!後は作戦通り…!)

ちひろ「イタタ、何ですかこのひもは…」

P「ちひろさん、大丈夫?おっぱい揉む?」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:24:01.14 ID:pCKdn3EB0

ちひろ「は?」

P「大丈夫?おっぱい揉む?」

ちひろ「……」

P「大丈夫?おっぱい揉む?」

ちひろ「……」

P「……」

P(いけるか?いや、いくしかない!)ヒュッ

ちひろ「なるほど、こういうことですか」ガシィッ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:24:48.12 ID:pCKdn3EB0




P(失敗した……っ!)




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:27:55.03 ID:pCKdn3EB0

P「愛海ぃ!」

その瞬間俺は上体を反らし、オーバーアクション気味に――――かの有名な○ョジョですら、嫉妬しそうなくらいに――――キマっている指差しでビシィィィィッ!!とちひろを射抜いた。

P「――俺が左のおっぱいを担当する!愛海は右のおっぱいを頼む!」


その場がシンと静まる。
ごう、と空調の音が事務所の一室内に重苦しく渦巻く。
視界の端に今まで気付かなかった森久保の姿を捉える。

全ての動きが遅くなり、世界が止まっているような錯覚すら覚えた。
ちひろは動きを止め、まるで付け合わせのミックスベジタブルを見るような目で俺を見ている。
この隙に俺は掴まれた右手とは反対の手を伸ばす。


目指すはそう、桃源郷(おっぱい)だ


愛海は咄嗟の指示にも関わらず淀みなく陰から飛び出てきた。
これもヤツの肉欲の為せる技か
ちひろは思わぬ伏兵に動揺し、俺の左手への対処が遅れている。


よし、あと少し、あと数センチで―――


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:29:07.05 ID:pCKdn3EB0




清良「おいたはいけませんよ?プロデューサーさん?」ガシィッ

P「なにぃっ!!」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:29:47.87 ID:pCKdn3EB0

P「ぐぅ…!き、清良さん…いつから…」

清良「うふふ、さっきから居ましたよ?ちひろさんと一緒に来たんですから」

清良「珍しい子から連絡があったと思ったらまさかこんな事態になるとは」

清良「さ、少しお話しないといけませんねぇ……そこに隠れたいたずらっ子にも、ね?」キュッ

愛海「ひぃっ!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:31:11.25 ID:pCKdn3EB0

P「何故だ!何故!」

P(待て、連絡……?偶然ではない…!?……ハッ!)

P「お前か森久保ォ!!」

乃々「ひぃっ!森久保に…罪はないんですけど…」

愛海「くっ!全て筒抜けだったなんて…!」

清良「はーい二人とも観念してくださいね♪」

P愛海「「嫌だぁぁぁ!!」」

ちひろ「プロデューサーさん♪」

P「は、はいぃ何でございましょう…」ブルブル

ちひろ「今月のお給料、スタドリ現物支給にしておきますね♪」

P「え、流石にそれは……」

ちひろ「訴えますよ?」

P「喜んで!!」

清良「それじゃあ向こうに行きましょうか」

P愛海「「うわぁぁぁぁ!!」」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:32:19.47 ID:pCKdn3EB0

乃々「触りたいなら…森久保のを触れば……ぃや、やっぱむぅーりぃー!」

ちひろ「乃々ちゃん何か言いました?」

乃々「な、なんでもないんですけどぉ!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:32:51.55 ID:pCKdn3EB0

――――後日、そこにはお尻を押さえるアイドルとプロデューサーがおったそうな

清良「うふふ」ツヤツヤ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/18(日) 23:34:36.66 ID:pCKdn3EB0

おしまい
日付が変わる前に書き終わってよかった…!
師匠SSR実装おめでとう!

棟方愛海

棟方愛海



『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿