TOP > ガヴリールドロップアウト > ガヴリール「七つの大罪コンプリート」

ガヴリール「七つの大罪コンプリート」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:09:27.615 ID:MAK4ZDxz0.net

ヴィーネ「ガヴー?学校行くわよー?」

ガヴリール「むにゃむにゃ…あと5分…」

ヴィーネ「全く…だらしないんだから…」

………

ヴィーネ「ほら起きなさい!学校行くわよ!」

ガヴリール「むにゃむにゃ…あと5分…」

ヴィーネ「さっきと同じこと言ってるじゃない…いいから起きなさい!」ガバッ

ガヴリール「うわぁ!なんだよもー、こちとらイベントで徹夜明けだっていうのに…」

ヴィーネ「それはあんたの自業自得でしょうに…」

怠惰リール「うう…学校めんどい…家でゴロゴロしてたい…」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:10:08.120 ID:MAK4ZDxz0.net

ガヴリール「げっ!昨日の宿題忘れてた!ヴィーネ見せてー」

ヴィーネ「あのね…こういうのは自分でやらないと身につかないのよ」

傲慢リール「なんだよもー、私が見せろって言ってるんだから見せろよー」

ヴィーネ「頼む側の態度じゃないわね…ほら、教えてあげるから」


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:10:58.302 ID:MAK4ZDxz0.net

サターニャ「ガヴリール!!勝負よ!!今日こそあなたに勝つんだから!!」

ガヴ「あーはいはい、私は宿題で忙しいからあとでなー」

サターニャ「宿題?…あっ!」

ヴィーネ「その顔はやってないわね…ほら、一緒に教えてあげるからこっち持ってきて」

………

ヴィーネ「…で、ここをこうして…」

サターニャ「あ、間違えた。ガヴリール、消しゴム借りるわよ」スッ

ゴトッ バシャアー

サターニャ「…あっ」

ヴィーネ(机の上の缶が倒れて…ガヴのノートがジュースまみれに…)

怒リール「…サターニャ」ゴゴゴ

サターニャ「ひぃ…!」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:13:02.243 ID:MAK4ZDxz0.net

ガヴリール「はぁ…やっと宿題終わった…」

ヴィーネ「今度からはちゃんと家でやりなさいよ…、さて、こっちはもう少しかかりそうね」

サターニャ「ヴィネットぉ…、全然わかんない…」

ヴィーネ「はいはい、教えてあげるから…」

ガヴリール「………」

ヴィーネ「…で、ここはこの公式を…」

サターニャ「ここは?」

ヴィーネ「ここはこれとこれを使って…」

ガヴリール(…なんか、思ったより早く終わったせいで暇だな…)

サターニャ「出来たー!」

ヴィーネ「はいはい、よくできました」ナデナデ

サターニャ「ふぇ?」

ガヴリール「!?」

ヴィーネ「あっ!!ごめんサターニャ、この前近所の子供達と遊んだからそのノリで…」

サターニャ「大悪魔であるこの私を子供扱いなんて…」

ヴィーネ「ごめんねー」

サターニャ「まあ、褒められるのは悪い気はしないから許してあげる!」

ガヴリール「………」

ヴィーネ「ん?どうしたのガヴ?」

ガヴリール「…いや、なんでもない」

ヴィーネ「?」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:13:40.252 ID:MAK4ZDxz0.net

自販機前

ガヴリール(なんかさっきの一件からヴィーネのことばっか考えてるな…)

ガヴリール(なんかこう…もやっとするような…)

ラフィエル「ガヴちゃーんー?」

ガヴリール「うわぁ!?…なんだラフィエルか…」

ラフィエル「何か思い悩んでるようでしたので、お声がけしてみました」

ガヴリール「え?…ああ顔に出てたか…別に大したことじゃないよ」

ラフィエル「サターニャさんがヴィーネさんに撫でてもらったことがそんなにも羨ましいんですね」

ガヴリール「!?」

ラフィエル「ふふ、図星みたいですね」

ガヴリール「ち、違う!第一、撫でられるのが羨ましいなんて…そんな子供みたいなこと…」

ラフィエル「やっぱりそうなりますか…」

ヴィーネ「あっ居た!ガヴ、ラフィ、学食にお昼食べに行かない?」

サターニャ「この私も相席してあげるんだから感謝しなさい!」

ラフィエル(うふふ、ちょうどいいところに…)


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:14:34.969 ID:MAK4ZDxz0.net

ラフィエル「ヴィーネさーん!」ムギュ

ガヴ・サタ「!?」

ヴィーネ「ちょっとラフィ!?どうしたの!?」

ヴィーネ(む、胸が当たって…)ドキドキ

ラフィエル「うふふ、やってみたかっただけです」

ヴィーネ「もう…」

ムギュ

ヴィーネ「へっ?」

ガヴリール「………」ムギュ

ヴィーネ「え?ガヴ?どうしたの?」

ガヴリール「別に…ただなんとなくやってみただけ」

ガヴリール(そうだ…別に…)

嫉妬リール(ラフィが抱き着かれてまんざらでもなさそうなヴィーネにイラっとしたなんて…そんなこと…)


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:15:20.039 ID:MAK4ZDxz0.net

学校終了
ガヴリール宅

ガヴリール「はぁ…なんか今日はいつにもまして疲れた…」

ガヴリール「さっさとご飯食べてネトゲでもするか…」ゴソゴソ

ガヴリール「あれ!?冷蔵庫に何もない…だと…?」

ガヴリール(あ、そういえばこの前…)

………

強欲リール「え!?期間限定ガチャ!?回すしかねぇ!!」

………

ガヴリール(あれで食費が尽きて買いだめ出来なかったんだった…)

ガヴリール(試食部はもう帰っただろうし…仕方ない、もやもやはまだ晴れないが…)

ガヴリール「ヴィーネになにか食べさせてもらおう…」


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:16:05.838 ID:MAK4ZDxz0.net

ヴィーネ宅

ピンポーン

ガヴリール「ヴィーネー、いるかー?」

「ひゃあ!?ガヴ!?ちょっと待ってて!」

ガヴリール(ん?やけに慌ててるな…?)

ヴィーネ「はぁはぁ…お待たせ」

………

ヴィーネ「…で、ネトゲに課金しすぎて食費がないから来たと…」

ガヴリール「いやぁ、面目ない」

ヴィーネ「まぁいいわ…ちょうど作り置きを処分しなきゃならなかった所だし」

ヴィーネ「今用意するから待っててね」

ガヴリール「はーい」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:17:04.307 ID:MAK4ZDxz0.net

ガヴリール(用意が出来るまで暇だな…)

ガヴリール(そういや、ヴィーネはなんで出るときあんな慌ててたんだ?)

ガヴリール(聞こえてきた音的に…いたのはベッドのあたりか…)

ガヴリール(…ん?あのベッドの下に落ちてるのって…写真か?拾ってみるか…)

ガヴリール「…え?これって…」

ヴィーネ「ガヴー?準備できたからちょっと運ぶの手伝ってー」

ガヴリール「あ、ああ…わかった…」


12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:19:07.819 ID:MAK4ZDxz0.net

暴食リール「ハムッ!ムシャムシャモグモグ」

ヴィーネ「ガヴ、そんなにがっついて…」

ガヴリール「おかわり!!」

ヴィーネ「はいはい…」

………

ガヴリール「いやぁ、食べた食べた」

ヴィーネ「そんなにお腹空いてたの?」

ガヴリール「ギリギリまで削ったせいでここ1ヵ月ぐらい安いカップ麺生活だったもんで…」

ヴィーネ「それで学食でも一番安いかけうどんしか食べてなかったのね…」

ガヴリール「だからヴィーネの手料理がすごく美味しくて…思わず…」

ヴィーネ「全く…今度からは自炊もちゃんとするのよ?」

ガヴリール「あとは…ちょっと覚悟するための景気づけにな」

ヴィーネ「え?覚悟?」

ガヴリール「なあ…ヴィーネ、私のことどう思ってる?」

ヴィーネ「どうって…ちょっと駄目なところもあるけど友達だと思ってるわよ?」

ガヴリール「…本当に?本当にそれだけ?」

ヴィーネ「え?ちょっとどうしたのよガヴ!?」

ガヴリール「じゃあさ…」




ガヴリール「この写真は何?」

(ガヴリールの着替え写真)


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:19:54.294 ID:MAK4ZDxz0.net

ヴィーネ「ッ!?なんでそれを!?」

ガヴリール「ベッドの下で見つけてな…」

ヴィーネ「それは…その…」ダラダラ

ガヴリール「申し訳ないが千里眼で何をしてたかも見させてもらった」

ヴィーネ「」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:20:47.216 ID:MAK4ZDxz0.net

ヴィーネ(ああ…終わった…)

ガヴリール「ヴィーネ」

ヴィーネ「…罰なら受けるわ」

ガヴリール「今日さ…ヴィーネがサターニャの頭を撫でたり、ラフィエルに抱き着かれた時から…私…すごいもやもやしてたんだ…」

ヴィーネ「…え?」

ガヴリール「あのときは素直になれなかったけど…今わかった」

ガヴリール「多分…私もヴィーネと同じ気持ちなんだと思う…」

ヴィーネ「ガヴ…」

ガヴリール「だからヴィーネ…妄想で私にしたみたいに…」

色欲リール「私のこと…ヴィーネの好きにしていいよ…///」

END


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 00:22:50.874 ID:s2XIBAfr0.net

尊い



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿