TOP > 進撃の巨人 > エレン「対人格闘のペア変更?」

エレン「対人格闘のペア変更?」

2017/06/25 15:01 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:31:30 ID:yLqqJl8k

クリスタ「そうなの。私格闘の成績ひどいから…」シュン

エレン「俺とやるのか?自分で言うのもあれだけど俺は加減が下手で…」

クリスタ「ち、違うの!ミカサに相手をお願いしたいんだけど…いいかな?」

ミカサ「!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:32:17 ID:yLqqJl8k

エレン「なるほどな、俺は構わないぜ?」

ミカサ「それはよくない。私が相手をしなければエレンが一人になってしまう」アセアセ

エレン「馬鹿にするなよ。俺だって訓練相手の一人や二人いるっつーの」

クリスタ「あ!じゃあ良かったらエレンはユミルと組んでくれる?」

エレン「おー、お前らいつも組んでるもんな。余り同士でやってみっか」

ミカサ「待ってエレン!私はクリスタと組むのを了承した訳では…」イヤイヤッ

エレン「ミカサ、クリスタを頼んだぞ!お前なら上手く教えられると信じてる」

ミカサ「まかせて、私なら出来る。誰よりも上手く教えてみせる」キリッ

クリスタ「ありがとう二人とも!」パアァ

ミカサ「」ハッ


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:34:01 ID:yLqqJl8k

――近接格闘訓練

エレン「よろしくなユミル。お前と組むのは初めてだな」

ユミル「ハッ!クリスタの頼みだから仕方なくだ。さっさと始めよう」

エレン「おう、じゃ俺からな!」

ユミル(あー面倒くさ。昨日までの雨で足元グッチャグチャだし。なんでこんな時に格闘訓練なんだアホか)

ユミル(こいつ相手じゃ適当に力抜くことも出来やしね……え!?)グルンッ

エレン「隙あり!」グイッ

ユミル「ぐあっ!(ヤバいヤバい苦しい痛い何ナニ!?)」バタバタ

ユミル「は…な…エレ…!」グエッ

エレン「おらおらぁ!がっちりハマったぞ!降参するなら今のう…ユミル?」オヤ?

ユミル「」

エレン「」

エレン「ユミル!すまん力を入れすぎたか!?」パッ

ユミル「ぐえっ」グシャベチャ

エレン「」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:36:00 ID:yLqqJl8k

エレン「ユミル!ユミルー!」ユサユサ

キース「…貴様何をしている?」

エレン「教官!…ユミルを気絶させてしまいました」

キース「とりあえず立たせてやれ(顔面から泥に…不憫な)」

エレン「はっ!」グイッ

ユミル「!!おぐあごえがぁぁぁ!!」ビクンビクン

キース「貴様、仲間にとどめをさすつもりか?」

エレン「い、いえ…俺はいま腕を掴んだだけです!」

ユミル「」チーン

キース「肩でも痛めたか…。ふむ、ではお前が責任を持って医務室まで連れて行け」

エレン「はっ!」

エレン(腕を揺らさないように抱いていくか…ぐっ…結構重い…)スタスタ


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:37:43 ID:yLqqJl8k

ミカサ「あ…あ…エレンが…」パシッポスットスッ

クリスタ(ミカサ…っ!ずっとエレンの方をよそ見してるのに…っ!攻撃が全部止められちゃう~)

クリスタ「…あっ!きゃあっ!」ステンッ

ミカサ「っ!…す、すまない。私が攻撃ではないのについ…」

クリスタ「うわーんお尻が泥でべちゃべちゃ…でも次は負けないもんっ!」

ライナー(可愛いは正義)

ベルトルト(泥まみれの女神…ありだね)

アルミン(ミカサが目で何かを訴えてくる…今度は何だよクリスタ可愛い)ゾクッ


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:39:59 ID:yLqqJl8k

――廊下

エレン「そーっと、そーっと…あっ腕がっ!」ブラン

ユミル「…があっ!いてててっ!いてぇ!」

エレン「お、気づいたか!いやぁ悪かったな、こんな事になっちまって」テクテク

ユミル「…おい、なんだこれ。全身泥だらけだわお前に抱っこされてるわ肩がクソ痛いわ…状況がわからん」

エレン「俺たち格闘訓練してただろ?仕掛けた関節技がキレーに決まっちまってよ」テクテク

エレン「お前がとっくに落ちてんの気づかないでグイグイ締めてたら…この結果だよ、悪かったな」テクテク


ユミル「全部てめぇのせいじゃねぇか!」

エレン「あ、暴れるなってば!落としちゃうだろ!?」ギュッ

ユミル「ちょっ…いてぇって!力入れんな!(ちょ…顔近いっ!)」カアァッ

エレン「じゃあお前も暴れるなよ。医務室もうすぐだから」

ユミル「う…了解」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:47:18 ID:yLqqJl8k

――医務室

エレン「失礼します!」ガラッ

医療班「はいはい…おっと、随分汚れてるね。どうしたの?」

エレン「はっ!訓練中に肩を痛めたので連れてきました」

医療班「どれどれちょっと右腕動かすよ~?」ヒョイッ

ユミル「がっぐげっ!」

医療班「ふむ…次は左腕」ヒョイッ

ユミル「あががががっ!」

医療班「こりゃ重傷だね。先生に診てもらわないと」

ユミル「」グッタリ

エレン「そんなに酷いんですか。でも先生の姿が見えないようですが…?」

医療班「それが生憎先生は今緊急で憲兵団の方に駆り出されてるんだよ」

医療班「私も先生の指示で薬品を取りに来ただけで時間がない」

エレン「え!?じゃあこいつはどうしたら…」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:49:38 ID:yLqqJl8k

医療班「先生に急患を伝えてなるべく早く戻れるようお願いしておくから、ここのベッドに休ませておいて」

医療班「あ、勿論その格好じゃ困るよ。せめて上下とも着替えて顔と頭の泥も落としてからじゃないと」

エレン「わかりました」

医療班「両肩上がらないから大変だろうが、幸い男同士だからね。着替えは君が手伝ってあげなさい」

エレン「わかり…え?」
ユミル「…え?」

医療班「あ、もういかないと!簡単な消毒ならこれを使うといい。じゃあ」ガラガラッピシャリ

ユミル「…え?」

エレン「」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:53:49 ID:yLqqJl8k

ユミル「……」

エレン「…えっと、男同士って誰のこと…」
ユミル「私が男に間違われたんだよぉぉぉ!みなまで言うなぶん殴るぞ!?」

エレン「お、俺に怒るなよ!」

ユミル「くそったれ…(情けなさすぎんだろこれ…)」シュン

エレン「落ち込むなよ!とりあえず着替えだ着替え」

エレン「俺は女子寮に入れないからお前が自分で行くしかないよな。歩けるか?」

ユミル「……ない」ボソッ

エレン「歩けないか…じゃあ途中までならまた抱えていってやるからなんとか…」

ユミル「着替えが、ない」ボソッ

エレン「え」

ユミル「長雨で着替えが尽きた。今日の夜までには乾かすつもりだったんだけど…」

ユミル「だからこのまま椅子に座って待つ。ベッドに寝なきゃいいだけだろ?」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:54:24 ID:yLqqJl8k

エレン「いやいやそうもいかねぇだろ。…仕方ねぇな、俺の服貸してやるよ」

ユミル「…は?」

エレン「俺たち体型そんなに変わらないし。たぶん着られるだろ」

エレン「あと誰か女の人呼んでくるわ。ちょっと待ってろよ!」ガラガラッピシャリ

ユミル「ちょ、エレン!」

ユミル(マジで…?なんかあいつ…優しくねぇか?)

ユミル(……いやいや!元はといえばあいつのせいだしな!うん!…うん)


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 12:58:27 ID:yLqqJl8k

エレン「待たせたな、着替え持ってきたぞ」

ユミル「お、おう。もう顔面も乾いてカピカピだぜ」

エレン「うおっすまん!先に顔だけでも洗ってやれば良かったな~」

エレン「ちょっと水冷たいけど我慢しろよ~」カオフキフキ

ユミル(う…また顔近い!あ、いま唇荒れてるかも…)カアァ

エレン「髪にも結構泥はねてんなー。お、意外にも柔らけぇ髪してる」ゴシゴシ

ユミル(何なんだよ…なんでこいつこんなナチュラルに世話焼いてくれるんだ?)テレ


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:00:05 ID:yLqqJl8k

エレン「さて…」

ユミル「……」

エレン「問題の着替えだが…」

エレン「服持ってくるついでに女の人を探したんだが…結論からいうと誰もいなかった」

ユミル「…基本的には訓練中だからな」

エレン「そしてユミルの腕は…」ヒョイッ

ユミル「っがぁーーーっ!」ビキビキッ

エレン「こんな調子です」

ユミル「人の腕で遊ぶんじゃねえ!」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:03:38 ID:yLqqJl8k

エレン「どうする」

ユミル「……」

エレン「ユミル?」

ユミル「……手伝え、お前が」

エレン「」

ユミル「こうなった原因はお前にある。私も恥ずかしい思いはするが、お前も恥ずかしい思いをしろ」

エレン「いやいや、もとはといえば原因はクリスタなんじゃ…」

ユミル「てめぇ天使に罪をなすりつける気か?」

エレン「あ…あーでもなユミル、俺も一応…。うん。まぁいいか。よし分かった、俺がやろう」ハァッ…


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:04:37 ID:yLqqJl8k

ユミル「わかりゃいいんだよ。私の背中側に立てよ?」フンッ

ユミル(なんだろう。エレンが承諾してくれて…若干嬉しいような…)

ユミル(やべ…いまさらドキドキしてきた)ドキドキ

エレン「流石に目の前に立つ勇気はねぇよ。じゃあ、そうだな…上から着替えるか」

ユミル「っ!う、上から!?」ドキドキ

エレン「え、じゃあ下からか?上着の泥が着替えたズボンについたら嫌だろ?」

ユミル「それもそうだな!うん…じゃあその…頼むわ」カアァ


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:18:30 ID:yLqqJl8k

ユミル(ヤバい…思った以上にこれは恥ずかしいっ!)

ユミル(あっあっ…エレンの手が脇腹に触った!)

エレン「腕抜くぞー。痛くても我慢しろよ」スルッ

ユミル「くぅっ…(…意外に優しい手つき!死に急ぎ野郎の癖にぃ!)」

エレン「はいもう片方な」スルッ

ユミル「うぁっ…(うぅ…痛い)」ハアハア

エレン「……」

ユミル「…?どうした?」

エレン「っ!いやなんでもない。じゃあ脱がすぞ」スルスルッ

ユミル(……はっ!下着がダサい!)ガーン

ユミル(色気の欠片もねーじゃ…って何でエレン相手に色気なんか気にしてるんだ私は!?)カアァ

エレン「なぁユミル…俺ちょっと便所行ってきていいか?」

ユミル「いやっ普段はもっと違う下着も…いや違う違う!…あ?便所?」

エレン「お、おうちょっと便所に…」

ユミル「待て待て!このまま放置とか…嘘だろ?せめて上着着せてから行けよ!」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:21:18 ID:yLqqJl8k

エレン「そ…うだよな、すまん。じゃあ上から被せるからな」スルスルッ

ユミル「あ、待ってくれ!さっき顔拭いたタオルあるか?」

エレン「ああ、まだ汚れてたか?」

ユミル「襟から泥が入ってたみたいで鎖骨が汚れてんだ。拭くから貸してくれ」

エレン「…拭くから?」

ユミル「おう、拭くから…あ」

エレン「お前動けないんだろ?誰が拭くって?」

ユミル「」

エレン「……」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:24:55 ID:yLqqJl8k

ユミル「拭いてくれ…でも見るなよ」

エレン「はぁ?どうやったら見ないで泥を拭えるんだよ?」

ユミル「っ…いいから!後ろから手を回せば拭けるだろ!」

エレン「はいはい、注文が多いぞお前…よっと、ここらへんか?」フキフキ

エレン「取れたか?」

ユミル「もうちょい右下…おっしきれいになった。ありがとな」

エレン「ふぅ…」

ユミル「おいてめぇため息はねーだろ?誰のせいで怪我したと…」

エレン「ちげーよ。そういうため息じゃねぇから」


26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:27:43 ID:yLqqJl8k

エレン「……じゃあもう一度上から被せるからな」

ユミル「おうよろしく…っ!?ひあぁぁっ!」ビクン

ユミル「こらエレン!なんで背中突っつくんだよ!」

エレン「……」

ユミル「エレン…?あ、お前の手は今シャツを持って…あれ?」

エレンのエレン「」セナカツンツン

ユミル「」

エレン「……だあーっ!だから便所に行かせろって言っただろうが!」

エレン「馬鹿か!女の着替え手伝って何にも思わない訳あるか!?」

エレン「だいたいお前顔はそばかすあるのに背中超キレイとか何なんだよ!?」

エレン「あと声がよぉ…声がなんか…そそるっつーか…」

ユミル「ちょ…お前何言って…」カアァ

エレン「…なんか泣けてきた。情けなさすぎんだろ、同期にムラムラして股関テントとか」


28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:33:34 ID:yLqqJl8k

・・・・・
・・・



ユミル「エレン」

エレン「…取り乱して悪かった。ちょっと落ち着くわ」グスン

ユミル「あー…私は気にしてないぞ。男なら…まぁな」ドキドキ

エレン「おう、ありがとな」ハァ…

クリスタ「ユミル!大丈夫だった?」ガラッ

ユミル「クリスタ、来てくれたのか!…っていうかもう訓練終わったのか」

クリスタ「もう終わったって、いつも通りだよ?…あれ、なんかエレンまで疲れてる?」

エレン「何でもない!そうだクリスタ、ユミルのズボンの着替えを手伝ってやってくれないか?」

クリスタ「着替え?勿論!腕が痛いのね?じゃあ慎重にやらなきゃ」

クリスタ「あ、あとエレンは教官に報告に行ってね。時間かかりすぎー!って呼ばれてたよ」


29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:34:59 ID:yLqqJl8k

エレン「わかった。じゃあ悪いがクリスタ、後はよろしくな。ユミル、俺は一旦教官のところに報告に行ってくる」

ユミル「う、うん。その…ありがとな」

エレン「怪我させたのは俺だからな。じゃあまた後で」ガラガラッピシャリ

ユミル「……」

クリスタ「ユミル?腕以外にも痛いところあるの?なんか辛そうな顔してる…」

ユミル「っ!いやいや、何もないよ。さぁ私の天使、ズボンを脱がせてくれるかな」ニヤリ

クリスタ「うー…なんかいやらしい言い方」ムッ

ユミル「ははは」

ユミル(辛そうな顔か…)

ユミル(強いて言うなら…)

ユミル(もう少し二人で話してみたかった…かもな)


30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:38:54 ID:yLqqJl8k

――夕食時

アルミン「エレンきょろきょろしてどうしたの?」

エレン「あぁ、昼飯ん時もユミルを見掛けなかったからな。どうしてるかと思って」

ミカサ「エレン、貴方は十分に責任を果たした。これ以上気にかける必要はないと思う」

エレン「はぁ?怪我させた相手を医務室に連れて行っただけで放っておくのかよ」

ミカサ「ユミルは貴方にお姫様抱っこされてた。対応としてはお釣りがきてもおかしくない」

エレン「お姫…お前何言ってんだ?」

アルミン「え、エレン!ユミルにはきっとクリスタがついてると思うよ」アセアセ

アルミン「ほら二人が来たみたいだ」

エレン「おっ本当だ。ちょっと行ってくるわ」

アルミン「あ、エレンちょっと…(あれ…なんかユミルに違和感が…)」

アルミン(もしやあれは…)

アルミン(エレンの服!?)ハッ

ミカサ<・><・>ジーッ

アルミン「」


31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:40:57 ID:yLqqJl8k

エレン「ユミル!怪我の様子はどうだ?」

ユミル「お、おう。まぁ相変わらずだ。今日の今日で治りゃしないだろ(なんか…まともに顔が見られないな)」

クリスタ「あの後先生が湿布をくれたんだよ。あと大人しくしていなきゃ治らないって」

エレン「じゃあ訓練は無理か…クリスタもありがとな。悪いが寮ではサポートしてやってくれ」

クリスタ「任せて!いつもユミルには助けられてるんだもん、当たり前だよ」

エレン「頼むな。あ、お前らの飯持ってきてやるから座って待ってろよ!」

クリスタ「あ、私がやるよ!?…あ~もう行っちゃった」

ユミル(アイツ…私の様子見に来た割にはクリスタとばっかり…)

クリスタ「ユミル大丈夫?やっぱりまだ辛い?」

ユミル「!あ、あぁ大丈夫。さて飯はアイツに任せて…どこに座るかな」


32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:45:12 ID:yLqqJl8k

ミカサ「ユミル、あなたは何故エレンの服を着ているの?」

ユミル「み、ミカサ…これはえーと…(顔怖っ)」

ミカサ「それはエレンシャツ3号。明日にはエレンが着る予定だったはず」

ミカサ「そのエレンズボン1号も。これは洗ったばかりではあるもののエレン愛用の品。何故あなたが着用しているのか」

クリスタ「ミカサ、これは着替えがなかったからエレンが貸してくれたんだよ」

ミカサ「あなたには聞いていない。私はこの…エレンにお姫様抱っこをさせた上に服まで借りた図々しい女に聞いているの」ギラァッ

クリスタ「ひっ…」ガタガタ

ユミル「おい、クリスタを怖がらせるなよ。確かにこれはエレンの服だ…羨ましいか?」

ユミル「本人から貸すと言われたから借りた。お前には関係ないだろ?…“私たちだけの事情”だしな」ニヤリ

ミカサ「くっ…」ギリギリ


33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:48:24 ID:yLqqJl8k

エレン「おいミカサ!お前何で二人に突っかかってるんだよ。早く座らせてやれよ」

ミカサ「エレン!でも貴方はご飯まで運ばされて…」

エレン「あ?俺が勝手にとりにいったんだよ。お前は今日はアルミンと食ってこいよな」

ミカサ「…エレンはどうするの?」

エレン「ユミルは腕が使えないんだから、隣で俺が食べさせてやるんだよ」

ミカサ「」

ユミル「え!?」

クリスタ「エレン本気?」

ミカサ「ユミルには私が食べさせるから!エレンはアルミンと食べるべきだと思う!」

エレン「……フォークをブレードみたいに両手持ちしてる奴には任せられねぇよ。ユミル殺す気か?」

エレン「ほらお前はさっさと戻れ。しつこいと怒るぞ」

ミカサ「う…わかった。でもなるべく早く帰ってきてほしい」シュン

エレン「?飯の後は寝るだけだろうが。また明日な」

ミカサ「」ガーン


34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:52:42 ID:yLqqJl8k

エレン「ほれ、口開けろよ」スープアーン

ユミル「……」モグモグ

ミカサ<・><・>ジーッ

エレン「はい次」パンアーン

ユミル「……」モグモグ

ミカサ<・><・>ジーッ

クリスタ「……(食べにくい…ミカサだけじゃない、なんかすごい見られてる)」モグモグ

クリスタ(エレン成績上位だし…見た目もあれだから女の子には割と人気あるし…居心地悪いようっ)シクシク

クリスタ(でも心なしかユミルが楽しそうなのは…なんかいいかも)


36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:54:56 ID:yLqqJl8k

ライナー「見ろよあれ…ユミルが大人しく食ってるぜ。シレッとした顔であんな事が出来るのはエレンくらいだろうな」

ベルトルト「僕はどうせならクリスタに食べさせたい…怯える姿もまたよし」

サシャ「アルミン全然食べてないじゃないですか!食べないならパンくださいっ!」

アルミン「あ、ああ構わないよ…(ミカサがピリピリし過ぎで食欲がわかない…)」

ミカサ「…アルミン」

アルミン「なっ…何かな!?」ビクッ

ミカサ「私の両腕を破壊して欲しい」

アルミン「」


37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:57:31 ID:yLqqJl8k

――翌朝

ユミル「ふあぁ…あふ…もはや飯いくのすら面倒くせぇ」

クリスタ「ふふっユミル寝不足?」

ユミル「ん…ああ、ちょっと寝付けなくてね」


ユミル(そう、ちょっとだけエレンの事を考えちまった)

ユミル(可愛い可愛い大天使クリスタや…)

ユミル(少々難ありながらも外見評価はA+なサシャやミカサ、アニならともかく)

ユミル(男に見間違われるような自分に対して…欲情を滲ませたエレンを思うと)

ユミル(ほんの少し、高揚するものがあったから)


クリスタ「エレン、今日も食べさせてくれるかなぁ?」ワクワク

ユミル「えっ!?あ…いや、肩は上がらないけどもう手は動くし別に自分で…」

ヒソヒソ…
キタヨ デカオンナ
ブスノクセニ
ッテイウカ アレオンナ?
クスクス


38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 13:58:32 ID:yLqqJl8k

クリスタ「あ…あの子たち…」

ユミル「ははっ…聞こえてるっつーの。性格ワリーな。まぁ人のこと言えねーけど」

クリスタ「きっとエレンの事で嫉妬してるんだよ…ユミル!気にしちゃだめだからね!?」

ユミル「だぁいじょうぶだよ可愛いクリスタ~!それにあいつらの言うこともごもっともと言うかなんつーか…」

ユミル「それに私は別にアイツの事が好きな訳でもないし…」


39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 14:03:57 ID:yLqqJl8k

エレン「ようユミル、クリスタ」

ユミル「っ!…よう」

ユミル(あ…なんかこれは…嫌だな)

ユミル(自分が言われるのは平気だけど…エレンには聞かれたくなかった…かも)

クリスタ「エレン…(聞こえちゃったかな…)」

スゥッ

エレン「俺は!!背の高い女が好きだ!」

ユミル「ななな…何だよいきなり大声だして…」

エレン「昨日は!お前だったから服を貸したんだ!!」

ユミル「!」

エレン「ついでに言うと!こんな朝っぱらから陰口で盛り上がれるような陰気な奴は大っっ嫌いだ!!」

ヒソヒソ…
エ、ヤバイ
エレンニキカレタミタイ

ユミル「……」

エレン「ふぅ、スッキリした。ところで…」

エレン「ユミル、肩の調子はどうだ?飯は食えそうか?」


40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 14:06:07 ID:yLqqJl8k

ユミル「……まだ痛い」

エレン「なら昨日のあたりに座って待ってろよな」ナデナデ

ユミル「!」

クリスタ「!」キャー//

オッスエレン、アサカラハゲシイナ
オゥ、ライナーカ オハヨ
エレンハスゴイネ
エ?ナニガ?


クリスタ「…ユミル、エレン格好いいね」

ユミル「あの…クリスタ、さっきの“アイツの事好きな訳じゃない”ってやつ…」

クリスタ「撤回しなきゃね。…いいなぁ、私も身長高くなりたいって思っちゃった…」

ユミル「惚れるなっていう方が…」

クリスタ「無理な話だよね」


41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 14:08:15 ID:yLqqJl8k

ユミル(自分の人生、好きなように生きてきた)

ユミル(でもアイツのせいで…ちょっと方向転換が必要かもしれない)

ユミル(とりあえずここは私の天使の助けを借りて…)

ユミル「クリスタ、対人格闘のペア…変更してもいいか?」




おわり


42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 14:09:28 ID:yLqqJl8k

おまけ


キャーキャー
ウワアァァァッ

エレン「なんだ?あっち騒々しいな」

マルコ「エレン大変だ!」

マルコ「ミカサの腕を折ろうとしたアルミンが…骨折した!!」

ミカサ「」オロオロ


エレン「ア…アルミーーン!」

クリスタ「ユミル…ごめん無理だわ」

ユミル「」



おわり


46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 15:16:09 ID:s8isGLrU

やだなにこのイケメン


47: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/28(火) 15:43:00 ID:dxQZk7Hs

ユミルはアッサリした味付けがよく似合う。
乙でした



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿