TOP > ガヴリールドロップアウト > ヴィーネ「ガヴの夢の中に入ってみたわ」

ヴィーネ「ガヴの夢の中に入ってみたわ」

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:33:28.782 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「今月も仕送り減ってて……」

ヴィーネ「悪魔らしいことって言ってもよくわからないのよ……」

ラフィエル「ふむー」

ヴィーネ「ねえ、何かいい案ない?」

ラフィエル「どうして天使である私に相談するのか、というのはあえて流しましょう」

ラフィエル「そうですね……現実で悪いことをするのに躊躇してしまうのなら夢の中でしてみては如何でしょう?」


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:35:41.530 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「夢?」

ラフィエル「はい。夢魔ってやつです」

ラフィエル「実際に怪我をさせたり社会的に迷惑を掛けたりするわけではないですし」

ラフィエル「トラウマを植え付けるようなことをするわけでもないですしやりやすいのでは?」

ヴィーネ「ふむふむ……いいかも!ありがとう、流石ラフィ!?」

ラフィエル「いえいえ♪」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:36:27.860 ID:bgFYwiaM0.net

数日後

ヴィーネ「……というわけで夢の中に入る魔法を覚えたわけだけど」

ヴィーネ「うーんいきなり知らない人の夢の中に入るのもなぁ……」

ヴィーネ「やっぱり知ってる人がいいわよね……」

ヴィーネ「そういえばガヴって普段はどんな夢を見てるんだろう……」

ヴィーネ「気になる……入ってみようかな。ガヴの夢の中に……」


5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:37:50.963 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴの夢

ヴィーネ(……で、入ってみたわけだけど。拍子抜けというか……ある意味予想通りだったというか……)

ガヴリール「……おっ、アイテムドロップ♪」カタカタ

ヴィーネ(夢の中でもゲーム……しかも部屋は現実と同じようにぐちゃぐちゃ……)

ヴィーネ(これ夢の中よね?私失敗して未来に来ちゃったとかないわよね?)

ヴィーネ(まったく……しょうがないんだから)


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:38:15.367 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「ほら、掃除してあげるからちょっとベッドの上に移動してくれる?」

ガヴリール「へいへい」

ヴィーネ(……私何してるんだろ。なんでガヴの夢の中で掃除なんてしてるのかしら)

ガヴリール「ヴィーネ。喉乾いた」カタカタ

ヴィーネ「はいはい……」


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:39:09.463 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ(そもそも私はガヴにちょっとした悪夢を見せるためにここに来たのに)

ヴィーネ(これじゃ普段と変わらないどころか……ガヴにぐーたらできる夢を見せる努力をしてるようなものじゃない)

ヴィーネ(でも……まあ初日だし、今日ぐらいいいか)

ヴィーネ「ふぅ……大分片付いたわね」

ガヴリール「ヴィーネー」カタカタ


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:39:36.828 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「はいはい、ご飯ね」

ガヴリール「今日はがっつり系がいい」

ヴィーネ「はいはい」

ヴィーネ(それにしても夢の中のガヴは……ちょっと甘えん坊?なんだかついつい言うこと聞いちゃうわね)

ヴィーネ「できたわよ」


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:40:33.584 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴリール「食べさせてー」カタカタ

ヴィーネ「なんでよ」

ガヴリール「えーいいじゃーん」

ヴィーネ「行儀悪いからゲームは一度やめなさい」

ガヴリール「ぶー」


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:41:26.815 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴリール「うん、やっぱりヴィーネさんの料理は絶品ですな」ハフハフ

ヴィーネ「……はいはい」

ガヴリール「おかわり」

ヴィーネ「おかわりするのはいいけど……普段動かないのにいっぱい食べたら太るわよ」

ガヴリール「ヴィーネのご飯で太れるなら本望だよ」

ヴィーネ「何言ってんだか……」


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:42:09.054 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴリール「あー美味かった……さてと、続き続き」カタカタ

ヴィーネ(結局夢の中でもお世話して、悪夢はまったく見せず)

ヴィーネ(私も人のこと言えないわね……)

ガヴリール「お、レアモンスター出現!」カタカタ

ヴィーネ(明日、明日こそちゃんとやろう……)


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:42:57.953 ID:bgFYwiaM0.net

翌日 学校

ヴィーネ「……」

ラフィエル「その様子だと……失敗したんですか?」

ヴィーネ「夢の中には入れたんだけど……」

ラフィエル「夢の中でも悪いことができなかった……と」

ヴィーネ「うん……」

ラフィエル「夢の中なんですから極端な話殺しちゃってもセーフなんですよ?」

ヴィーネ「悪魔か!!」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:44:09.896 ID:bgFYwiaM0.net

ラフィエル「ですが殺されちゃう悪夢とかってたまに見ませんか?」

ヴィーネ「こ、怖い映画とか見たときとか……」

ラフィエル「でも二度と眠れないってほどでもないじゃないですか。案外大丈夫なものですよ?」

ヴィーネ「いや……でも無理でしょ……」

ラフィエル「ちなみに誰の夢に入ったんですか?知ってる人?それとも赤の他人ですか?」

ヴィーネ「……ガヴ」

ラフィエル「なるほど」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:45:56.590 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「だって!ガヴのことだからゲームの世界とか、そういう夢を見てると思ったんだもん!」

ヴィーネ「そしたらいつもと同じようにゲームをしてゴロゴロしてだらだらして……」

ラフィエル「それでー……いつもと同じようにお世話を?」

ヴィーネ「……うん」


20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:46:39.489 ID:bgFYwiaM0.net

ラフィエル「なるほどなるほどー……そういうことでしたか」

ヴィーネ「え?」

ラフィエル「いえ、なんでも。では次はあえて知らない人の夢の中に入ってみては?」

ラフィエル「知らない人でしたら遠慮とかもしないでできるかもしれませんよ?」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:47:38.721 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴの夢

ヴィーネ(……なんて言われたけど、またガヴの夢の中に来ちゃった)

ヴィーネ(だって知らない人って緊張するし……)

ヴィーネ(それにもし失敗してとんでもない夢を見せちゃってもごめんなさいって言えないし……)

ヴィーネ(……それにしても)

ガヴリール「くそ……自動更新ホントうざいな……」

ヴィーネ(相変わらずの夢ね)


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:48:37.824 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴリール「なんか時間掛かるし……しょうがないからヴィーネに構ってやるか」

ヴィーネ「何様よ……今掃除してるから待ってて」

ガヴリール「えー掃除してる間に終わっちゃうって」

ヴィーネ「じゃあその自動更新とやらの間手伝ってくれる?」

ガヴリール「えー……じゃあコンビニ行ってくる」

ヴィーネ「そう……」


23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:49:21.637 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「……ほんと、自分勝手なんだから」

ヴィーネ「夢の中でくらいしっかりして……」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「いや……しっかりしろしっかりしろって言って、元のガヴに戻ったら戻ったでまた駄天してほしくなって……」

ヴィーネ「ほんと、人のこと言えないわね……」


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:51:02.465 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴリール「ただいまー」

ヴィーネ「おかえり」

ガヴリール「お……更新終わってるな。よし……さっそく再開っと」カタカタ

ヴィーネ(最初は悪魔として悪夢を見せるつもりだった。でも実際夢の中に入ったら入ったでそんなことできなくて)

ヴィーネ(それどころか現実と同じようにガヴのお世話をする始末。それが心地良いと感じてる)

ヴィーネ(なにやってんだか……)


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:52:13.251 ID:bgFYwiaM0.net

翌日 学校

ラフィエル「……で、またガヴちゃんの夢の中に入っていつものようにお世話して来たと」

ヴィーネ「うん……」

サターニャ「なるほどなるほど……だいたい把握したわ」

ヴィーネ「サターニャ!いつの間に」

サターニャ「偶然聞こえたのよ。ヴィネット……私が手助けをしてあげるわ!」

ヴィーネ「……その手に持ってる催眠術の本は?」


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:53:58.334 ID:bgFYwiaM0.net

サターニャ「察しが良いわね……催眠術でヴィネットに暗示を掛けるのよ!」

ヴィーネ「……」

ラフィエル「……っ」プププ

ヴィーネ「いや、私は」

サターニャ「安心しなさい!人間が書いたものとはわけが違うのよ!」

ラフィエル「また魔界通販ですか?」

サターニャ「そう!」


27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:55:10.872 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「まだあそこで物買ってたんだ……いい加減やめたほうが」

ラフィエル「ですがヴィーネさん。あえて試してみるのもありかもしれませんよ?」

ヴィーネ「ええ……」

ラフィエル「魔界通販の商品は効果自体はあるわけですし」

サターニャ「そうよ!私がヴィネットに悪魔的行為ができるように暗示を掛けてあげる!」

ヴィーネ「……」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:56:14.600 ID:bgFYwiaM0.net

サターニャ「えっと……まずは五円玉を……あっ五円玉ない。誰か五円玉持ってない?」

ラフィエル「ないですね~」

ヴィーネ「私もないわ……」

サターニャ「……50円玉でも大丈夫かしら?」

ラフィエル「いえ、呪術は正式な手順で進めないと危険です!サターニャさん!コンビニでお菓子でも買って5円玉を作ってきてください!」

サターニャ「わ、わかったわ!」


29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:57:56.824 ID:bgFYwiaM0.net

サターニャ「買ってきたわ!これに糸を結びつける……糸!糸ない!!」

ヴィーネ「私のあげるわよ」

ラフィエル「糸持ってるんですか?」

ヴィーネ「ソーイングセットをちょうど持ってきてたから」

ラフィエル「なるほど」

サターニャ「助かるわ!これで準備完了よ!」


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 21:59:18.562 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「……」

サターニャ「あなたは悪魔的行為ができるようにな~る……悪魔的行為ができるようにな~る……」

ラフィエル「……っ」プルプル

サターニャ「あなたは悪魔的行為ができるようになーる……!できるようになぁああるっ!!」クワッ

ヴィーネ「……いや」

サターニャ「完璧ね!」

ラフィエル「ふふ、そうですね♪」


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:00:36.865 ID:bgFYwiaM0.net

放課後

ヴィーネ「ガヴーそろそろ帰りましょ?」

ガヴリール「今日寄りたいところあるんだよね」

ヴィーネ「どこ?」

ガヴリール「ヤ○ダ。マウス買いたいんだよね」

ヴィーネ「この前も買ってなかった?」

ガヴリール「苛ついて投げたら壊れたんだよね」

ヴィーネ「なにしてんのよ……」


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:02:05.066 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ(……あの催眠術、ちょっと心配だったけど何ともないじゃない)

ヴィーネ(悪事といっても魔界通販だしね。もしかしたら気づかないレベルの些細な悪事だったのかも)

ヴィーネ(まあ、それはそれで結局悪魔らしいことができないってことになるから素直に喜べないんだけど……)

ガヴリール「用は済んだ。帰るか」

ヴィーネ「ねえ、帰りにパン屋さん寄ってかない?近くに美味しいお店があるの」

ガヴリール「別にいいけど」

ヴィーネ(まあ、いっか)


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:06:03.296 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴの夢

ヴィーネ(さて……そんなわけで今日もガヴの夢の中に来たわけだけど……)

ガヴリール「よし……アイテムドロップ……っと」カタカタ

ヴィーネ(相変わらず……ね。私も相変わらず……)

ヴィーネ「ガヴ、そろそろご飯にするわよ」

ガヴリール「んー……まあ切りいいし……そうするかな」

ヴィーネ(お世話しちゃってる。最近は悪夢を見せるためじゃなくてお世話するために来てるわね……)


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:07:16.782 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ(ガヴの家はすぐに汚くなるけど毎日お世話するわけにはいかないし)

ヴィーネ(そもそも毎日ガヴの家にお邪魔するわけにも……)ズキッ

ヴィーネ(う……頭が痛い……?まさかこれ催眠術の……?今更効果がっ……!)ズキズキッ

ガヴリール「ヴィーネーそろそろお腹空いたー」カタカタ

ヴィーネ「……」ギロッ


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:09:10.433 ID:bgFYwiaM0.net

ブチッ

ガヴリール「あー!おまっなんてことを……替えのLANケーブルあったかな……」ゴソゴソ

ヴィーネ「駄目。その前に部屋の片付けをしなさい」

ガヴリール「えー……でもお腹空いた」

ヴィーネ「ガヴリール!!」

ガヴリール「っ!」ビクッ

ヴィーネ(う……頭が痛い……!このままじゃ……っ)


38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:11:28.044 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ(夢の中とはいえガヴに酷いことをしちゃうかも……っ)

ヴィーネ「……ごめん、ガヴ。今日は帰るわ……」

ガヴリール「え、ちょっ待って」

ヴィーネ「ごめんなさい……っ」

ガヴリール「ま、待って!ヴィーネ!待ってってば!ちゃんと片付けするから!」

ヴィーネ(やっぱり私には酷いことはできない……っ)

…………
……


39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:13:18.905 ID:bgFYwiaM0.net

翌朝

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「あー……催眠術なんて手を出すんじゃなかった……」

ヴィーネ「あの後どうなったんだろう?」

ヴィーネ「さてと……」

ヴィーネ「ガヴを迎えに行かないと」


40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:16:10.436 ID:bgFYwiaM0.net

翌朝 ガヴリール宅

ピンポーン

ヴィーネ「ガヴー。そろそろ起きないと遅刻するわよー」

ガチャッ

ヴィーネ「ガヴ――」

ダキッ

ガヴリール「……ヴィーネぇ」ギュゥゥゥゥゥッ

ヴィーネ「え……?が、ガヴ?どうしたの!?」

ヴィーネ(あ、あれ?悪夢見せてないはず……よね?)


42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:17:23.919 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「ね、ねえガヴ」

ガヴリール「ヴィーネは……どこにもいかない……?」

ヴィーネ「……へ?」

ガヴリール「私を一人にしない……?見捨てたりしない……?」

ヴィーネ「なにを言って……」

ヴィーネ(……あっ。もしかして……)


43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:20:16.177 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「……そう、だったんだ」ナデナデ

ヴィーネ(ガヴは震え声で全部話してくれた。最近ずっといい夢を見ていたこと、そして今回は悪夢だったこと)

ヴィーネ(私がでていってからずっと帰って来ない夢。ガヴはあの後ずっと夢の中で私を待ち続けたらしい)

ヴィーネ(ガヴに酷いことをしたくないと思ってたのに、結果としてガヴにとってはとても辛い思いをさせちゃったみたい)

ヴィーネ(あのガヴがずっと抱きついたまま離れない……とっても辛かったんだと思う)


46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:22:07.139 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ(私も……ガヴが突然いなくなってずっと帰って来ないなんて絶対に耐えられない……)

ヴィーネ「ごめんね……」ナデナデ

ガヴリール「……」ギュゥッ

ヴィーネ「大丈夫、私は絶対にガヴを見捨てたりなんかしないから」ナデナデ

ガヴリール「ほんと……?」


48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:24:17.931 ID:bgFYwiaM0.net

ヴィーネ「もちろん」ナデナデ

ガヴリール「よかった……」

ヴィーネ「だからガヴも……いなくなったりしないでよね……」ナデナデ

ガヴリール「……うん」ギュゥゥゥッ

ヴィーネ「それはそうとそろそろ準備しないと」


49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:26:25.621 ID:bgFYwiaM0.net

ガヴリール「……もう少しだけ、こうしてたい」ギュゥッ

ヴィーネ「……もう」ナデナデ

ヴィーネ(たまには……遅刻しちゃうのも悪くないかもね……)

ヴィーネ「少しだけだからね」ギュッ

ガヴリール「うん……」ギュッ


50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:28:40.201 ID:bgFYwiaM0.net

学校

サターニャ「珍しいわね。ヴィネットも遅刻するなんて」

ヴィーネ「うん、ちょっとね」

サターニャ「もしかして……昨日のせいだったりする……?」

ヴィーネ「う、うーん……まあ無関係とは言えない……けど……」

サターニャ「悪いことちゃったわね……ごめんなさい……」

ヴィーネ「ううん、大丈夫♪」


51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:30:30.857 ID:bgFYwiaM0.net

ラフィエル「ふふ、遅刻しちゃったのに二人共生き生きしてますね」

ガヴリール「まあね」

ラフィエル「何があったのか気になりますね」

ヴィーネ「それは……二人だけの秘密よね?」

ガヴリール「ああ」

サターニャ「えー気になるじゃない!教えなさいよ!」

ガヴリール「嫌だ」


53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:33:41.035 ID:bgFYwiaM0.net

ラフィエル(最近ガヴちゃんの機嫌が良くなった。それはヴィーネさんがガヴちゃんの夢の中に入り、お世話をしていたから)

ラフィエル(そしてサターニャさんが例の催眠術をした翌日、二人は遅刻した。あの暗示が働いたからでしょう)

ラフィエル(きっとヴィーネさんはガヴちゃんに悪夢を見せたはず、あるいは見せようとしたはず)

ラフィエル(しかし二人は今まで以上に親密な仲になったようです)

ラフィエル(果たして何があったのでしょうか♪)


54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:35:36.117 ID:bgFYwiaM0.net

放課後 ガヴリール宅

ヴィーネ「……」

ガヴリール「汚い部屋だな……片付けるか」

ヴィーネ「片付けするの?」

ガヴリール「うん。ヴィーネと一緒ならやる気出る」

ヴィーネ「……ほんとガヴは私がいないとダメなんだから」

ヴィーネ(……私も人のこと言えないけどね)

END


57: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:37:15.980 ID:ExPLcXiX0.net


最近、ガヴィーネが増えてくれて嬉しい


58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/19(月) 22:38:33.514 ID:PPtO7XDB0.net


ガヴィーネはこの世の真理



『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿