TOP > サーバント×サービス > 千早「一宮さんとイチャイチャしたい」一宮「え!?」

千早「一宮さんとイチャイチャしたい」一宮「え!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:32:17.92 ID:UH1cU8Gw0

※サーバント×サービスのSSです

千早(イチャイチャイチャイチャしたい)

千早(でも一宮さんは優しいから、自分から迫ってきてくれません)

千早(だからと言って私から攻めても、中々イチャイチャしてくれないですし)

千早(本当に優しくしてくれるのは嬉しいですが、やはりもっと迫ってほしいです)

千早(…)

千早(ハッ!)

千早(一宮さんとイチャイチャするシーンが思い浮かばない!?)

一宮「おーい、恵ー?」

千早「ちっ」

一宮「」ビクッ


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:35:58.21 ID:UH1cU8Gw0

千早「あれ、いたんですか?一宮さん」

一宮「えぇ!?今デート中だったよね?」

千早「そうだったんですね。ぶっちゃけデートっぽい事してないから、わかりませんでした」

一宮「え、えーと、怒ってる?」

千早「いいえ」


一宮(不機嫌な声だ…絶対に怒ってる)

一宮「ご、ごめんね。彼氏が俺なんかで」

千早「…」

一宮(あああぁぁぁ、余計に不機嫌に。俺、なにか間違えたかな?)


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:39:51.09 ID:UH1cU8Gw0

千早「はぁ~。もう慣れたから別にいいです。それより今日はどこに行くんですか?」

一宮「ああこの前、恵が好きそうな洋食店を見つけたんだ。今日はそこに行こう」

千早「そうですか。私が好きそうな」

一宮「もう少し歩いたら着くから」

千早「はい」

一宮「…」スタスタ

千早「…」スタスタ


一宮(うーん、改めて考えなくてもわかってたけど、俺って彼氏らしい事なにも出来てないなー)

一宮(さっきも恵に『デートっぽい事してない』って言われたし…)

一宮(デートっぽい事って何だろう…)

一宮(…)

一宮(今日は高校生が多いなー)


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:43:59.66 ID:UH1cU8Gw0

千早(それにしても、どんな洋食店なんでしょう)

千早(久々に一宮さんがお店を選んでくれたので楽しみです)

千早(…)

千早(まったく…いつも一宮さんがリードしてくれると助かるのに)


ギュッ


千早「ひゃあっ!?」

一宮「あっ、ご、ごめん!」

千早「え?あっ…え?」

一宮「ああ、いや。『デートっぽい事』って事で手を繋ごうと思ったんだけど…迷惑だった?」

千早「…」

千早(普段は私からじゃないと、手を繋いでくれないくせに…)

千早「いえ、ちょっとびっくりしただけです」


一宮「ごめんな。今度から声をかけるから」

一宮(高校生カップルが仲良く手を繋いでたから真似したけど、失敗だったか)


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:48:08.69 ID:UH1cU8Gw0

千早「…」

一宮「…」

千早「…で?」

一宮「ん?」

千早「手。繋がないんですか?」

一宮「え?ああ、ごめん。繋ぐよ」

千早「早くしてください」


ギュッ


一宮(お、怒ってるかな?)

千早「~♪」

一宮(あれ?意外だ。機嫌がいいな)


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:52:03.29 ID:UH1cU8Gw0

一宮「…」

一宮(そうだ。デートらしいこと)


一宮「そういえば、さっきの『ひゃあっ!?』って声、可愛かったよ」

千早「はぁ?」

一宮「あっ、ごめん。冗談です。はい」

千早「…もうちょっとイジッてくれてもいいのに」

一宮「え?」

千早「さあ、早く行きましょう。お腹がすきました」

一宮「う、うん」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:56:23.00 ID:UH1cU8Gw0

■次の日

千早(今日は気分がいい)

千早(やはり男の人にリードしてもらえるのは嬉しいですね)


長谷部「ルーシー♪今晩も一緒に食べに行かない?美味しいお店見つけたんだー」

山神「いえ、今日はお断りさせていただきます」

長谷部「えー?一緒に行こうよ。昨日行ったお店より絶対に美味しいからさー」

山神「き、昨日より?」

長谷部「うんうん。100%絶対に保証するからさ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:00:11.96 ID:UH1cU8Gw0

山神「で、でも……」ソワソワ


ナデナデ


千早「!!」

長谷部「まったくルーシーは可愛いなー。もっと欲望に素直になりなよー」

山神「…そ、そうですね!せっかくなんで行きます」


ドンッドンッドンッドンッ


長谷部「」ビクッ

千早「壁って便利ですよね。いつでも殴れるから」ドンッドンッ

長谷部「え、えーと、またあとでね。ルーシー」

山神「はい」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:03:47.66 ID:UH1cU8Gw0

千早(先日、手を繋いだだけでイチャイチャしたと思っていた私はバカでした)

千早(これも全部一宮さんのせいです)

千早(…)

千早(今度はナデナデしてほしい…)


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:07:02.28 ID:UH1cU8Gw0

長谷部「せんぱーい」

一宮「仕事しろ」

長谷部「千早ちゃんの機嫌が悪いんだよー」

一宮(そういえば、とうとうデートっぽい事できなかったし)

長谷部「せんぱいが何かしてあげた方がいいんじゃないかな?」

一宮「お前が気にすることじゃない。仕事しろ」

長谷部「でも、もう今日の分は終わっちゃったし」

一宮「じゃあ、倉庫整理にでも行ってこい」

長谷部「はいはい~」

一宮「うーん、何とかしないと」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:11:23.08 ID:UH1cU8Gw0

■夕方

一宮「ごめん。今日は急な仕事で…どうしても一緒に帰れない」

千早「そうですか。今日で付き合って69週間記念なんですが…」

一宮「ごめん!仕事終わったら家に行くから!」

千早「はぁ。せっかくコース料理を予約していたのに…」シュン

一宮「…」

ナデナデ


千早「え?」

一宮「あっ、ごめん」

一宮(ああああ、シュンってしてたから癖でついやっちゃった)


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:16:25.08 ID:UH1cU8Gw0

千早「…いえ、じゃあ、早く仕事終わらせて下さいね」

一宮「え?ああ、うん」

千早「ご馳走作って待ってますんで」

一宮「恵が?」

千早「…不服ですか?」

一宮「違う違う違う違う。意外だったからつい」

千早「そう…意外ですか…確かに一宮さんに作ってもらう方が多かったですし」


千早「じゃ、じゃあ、今度からもうちょっと私が作るようにしますね」

一宮「…う、うん」

千早「では、お仕事頑張ってください」

一宮「ああ」


一宮(あ、あれ?恵…照れてた?なんで?)


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:19:26.66 ID:UH1cU8Gw0

■夜

千早「料理もできました。準備は完了。あとは一宮さんの残業を待つだけ」

千早「…」

千早「裸エプロンをやってみたのですが…」

千早「どうせ、『どうしたの?風邪引くよ?』って言われるのがオチですね。やめましょう」

ガチャッ

一宮「おじゃましま………」

千早「…」

一宮「した」

ガチャッ

千早「帰らないでください!」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:23:48.99 ID:UH1cU8Gw0

………


一宮「ごちそうさまでした」

千早「おそまつさまです」


一宮「えーと、落ちついたところで聞きたいんだけど」

千早「なんでしょう?」

一宮「さっきのあれ…なに?」

千早「ああ、今度のコスプレ衣装なんです。完成したので試着してみました」

一宮「こ、こす…ぷれ?」

千早「ええ」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:27:44.70 ID:UH1cU8Gw0

一宮「いや、さすがにあれは…その…な?」

千早「なんです?実は下に水着を着ますが何か?」

一宮「水着?」

千早「ええ、ピチピチのスクール水着です」

一宮「いや、それでも…今回のはさすがに…」


千早「」イラッ


ドンッ


一宮「痛っ。いたたたたた」

一宮(恵が急に押し倒してきて…)

千早「一宮さんは本当に私が好きなんですか?」

一宮「え?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:32:44.99 ID:UH1cU8Gw0

千早「私、一度も一宮さんから『好き』って言われた事ありません」

一宮「あれ?そうだったっけ?」


千早「それにもうちょっと独占してください!嫉妬してください!」

一宮「で、でも、俺は恵の趣味を知っている訳じゃないし、簡単に口出しするのは」

千早「ええ、口出しされると腹が立ちます」

一宮(えぇー!?)



千早「でも、もっともっとなんと言うか、もっとこう…」

一宮「恵…」

千早「言ってください。一度でいいから。私…一度でいいから…いや一度じゃ嫌だけど…好きって」

一宮「恵…」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:35:48.00 ID:UH1cU8Gw0

一宮「ごめんな。俺なんかが彼氏で」

千早「そんな話してません」

一宮「俺がしっかりしていれば、恵が気を使う事もなかったのに」

千早「いいんです。私はそんなあなたが好きですから」

一宮「俺って、こういうのに関して全然気がきかないけど…」

千早「いえ、全てにおいて気がききませんが」

一宮「うっ………で、でも、言ってくれればいつでも言ってあげるからさ」

千早「何をですか?」






一宮「俺が恵を好きだって事」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:39:59.21 ID:UH1cU8Gw0

千早「…」

一宮「…恵?」

千早「もう一回」

一宮「へ?」

千早「もう一回言ってください」

一宮「恵、好きだ」

千早「もう一回」

一宮「好きだ」


ギュウウウ


一宮(恵が抱きついてきて…一生懸命抱きついてきて…)


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:44:42.06 ID:UH1cU8Gw0

千早「もっと」

一宮「一生懸命の恵の事が好きだ」

千早「もっと…もっと言ってください」

一宮「趣味で頑張っている時の恵の顔…俺は好きだよ」

千早「…」

一宮「恵…好きだ」

千早「…」

一宮「恵?」

千早「なんかすっごくムラムラしてきました」

一宮「…え?」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:47:47.05 ID:UH1cU8Gw0

………


千早「おはようございます」

山神「おはようございます!」

三好「…」

長谷部「…」

三好・長谷部(すっげーテカテカしてる!?)


山神「?」

千早「どうかしました?山神さん」

山神「今日の千早さん、なんかすっごく輝いてます!」

千早「そうですか。昨晩良い事があったので」

山神「良い事ですか!良かったですね」

千早「ええ」

三好・長谷部(うわぁー)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:52:10.68 ID:UH1cU8Gw0

一宮「…おはよう」

山神「おはようございます!」

三好「…」

長谷部「…」

三好・長谷部(すっごく疲れてる!?)

山神「あれ?昨日と同じ服?」

一宮「うっ!」


長谷部(普段気付かない癖に何で気付いちゃうかな~)

山神「私も同じ服を何着も持ってるんです!やっぱり同じ服の方が落ちつきますよね!」

一宮「あ、ああ。落ちつく…よね」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:56:11.47 ID:UH1cU8Gw0

塔子「バカ兄貴!」

一宮「と、塔子」

塔子「帰ってこない時はあれほど!!連絡入れろって言ったでしょ!」

一宮「ああ、ごめんな」

塔子「バカバカバカバカッ!」ポカポカポカ

一宮「いたっいたい!すみません!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:01:06.38 ID:UH1cU8Gw0

塔子「それに長谷部!兄貴が泊まるならあんたも気をきかせなさいよ!」

長谷部「え?俺?」

一宮(長谷部すまん。お前と飲んでる事になってるんだ)

長谷部(せんぱいが塔子ちゃんの後ろで頭下げてる。ああーなんとなくわかった)


長谷部「ごめんね。俺気がきかなくてー」

山神「え?昨日は私と食事に行きましたよね?」

三好「や、山神さん!?」

塔子「へ?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:04:01.26 ID:vXYw3o050

長谷部「ああ、実はその後にせんぱいと会って…」

山神「あれ?でも、夜の12時くらいまで一緒に…?」

三好「ああー、山神さん。ちょっと倉庫の整理を手伝ってくれます?」

山神「え?はい。別に構いませんが」

三好「では、失礼しますね」


塔子「…」

長谷部「実はその後、せんぱいに仕事で相談したい事があって、話を聞いてもらってたんだー」

塔子「相談…ふーん、長谷部が兄貴に…ね」

千早(塔子さん、ちょっと嬉しそう。長谷部さんが一宮さんに頼ったのが嬉しいんでしょうね)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:08:11.01 ID:vXYw3o050

塔子「あれ?でも、じゃあ12時までは何してたの?」

一宮「うっ…」

長谷部(せんぱい、ごめん。これ以上はフォローできない)

課長「一宮君。昨日は急な残業を頼んで悪かったね」

一宮「課長!?」

課長「どうかね?結構な量だったけど、終わったかね?」

一宮「え、ええ。なんとか」


長谷部「12時くらいまでは残業だったみたいだよ?」ボソボソ

塔子「そうみたいね。ってもうこんな時間。学校に行かなきゃ」

千早「行ってらっしゃい。塔子さん」

塔子「うん。行ってきます」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:12:43.19 ID:vXYw3o050

………


一宮「つ、疲れた…」

千早「そうですか」

一宮「…」

千早「バラしましょうか?」

一宮「え?」

千早「ずっと塔子さんに嘘をつくのは辛そうですので、私が言いましょうか?」

一宮「…」

一宮「いや、いい」

千早「…そうですか」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:17:31.70 ID:vXYw3o050

千早(そうですよね。私なんか改めて紹介したくないですよね)

千早(『私なんか』…ふふ。うつっちゃいましたか。一宮さんの口癖が)



一宮「この件に関しては、俺がビシッと言うから」

千早「へ?」

一宮「俺だって兄で男で…恵の彼氏なんだ。こういう時ぐらいは俺がやらなきゃダメなんだと思う」

千早「一宮さん…」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:21:37.92 ID:vXYw3o050

千早「では、今晩にでも告白します?」

一宮「………………あ、明日」


千早「…」

千早「ぷっくくくくく」

一宮「恵!?どうした!?」


千早「だって、一宮さんが珍しくカッコいい事を言ったと思ったら、『明日』だなんて」

千早「どうせ明日になったら、また『明日』って言うのが想像できて、可笑しくて」

一宮「あー、うん。たぶんそうなるかも…」

一宮「本当にヘタレの俺なんかが彼氏でごめんね」




千早「いえ、そんなあなたが好きです。私は」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:25:03.32 ID:vXYw3o050

………


千早「そうだ、当初の目的を忘れていました」

一宮「え?」

千早「一宮さん。もっとイチャイチャしましょう」

一宮「え!?」


千早「とりあえず、そうですね。おはようのキスとさよならのキスがしたいです」

一宮「…恵が望むなら…それで」

千早「では…さよならのキスを」


一宮(恵が目を閉じている)

一宮「って、ええ!?俺から!?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:29:30.65 ID:vXYw3o050

千早「当たり前です」

一宮(き、緊張して…胃が…)


一宮「…」

千早「早く」

一宮「わかった」


チュッ


千早「…」

一宮「え、えーと、恵?」

千早「さようなら、また明日」

一宮「何で顔真っ赤なの?」

千早「べ、別に赤くなんかなってません!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:33:20.37 ID:vXYw3o050

一宮「いや、真っ赤だよ。風邪?」

千早「違います!!」

千早(本当は期待してなかったのに…どうせ無理だと思ってたのに…)

千早(ヘタレの一宮さんからしてくれたのが、とても嬉しかったなんて言えません!)


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:37:10.68 ID:vXYw3o050

一宮「心配だから一緒に帰ろうか」

千早「大丈夫って言ってるでしょう!」

一宮「あれ?一緒に帰ったら、もう一回するのか?」

千早「何をですか!?」

一宮「さよならのキス」

千早「なっ//」


千早「そ、そんなの当たり前です!」スタスタ

一宮「め、恵!?何で先に行くの!?」

千早「ほらさっさと一緒に帰りますよ。また塔子さんが心配します」

一宮「う、うん」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:40:56.20 ID:vXYw3o050

千早「ほら、手…繋いでください」

一宮「ああ、うん」


ギュッ


千早「私、一宮さんの事を離しませんから」

一宮「まあせっかく繋いだしね?」

千早「そういう意味ではないのですが…まぁ、いいです」

一宮「え?」

千早「これからもよろしくお願いしますね。一宮さん」

一宮「うん?よろしくな恵」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:45:05.03 ID:vXYw3o050

千早(急にイチャイチャは難しいですが…)

千早(少しずつ変わっていければいいですよね)

千早(一緒に変わっていきましょうね。一宮さん)




千早「いえ、変わるのは主にあなたですが」

一宮「へ?」

千早「ほら早く行きますよ」

一宮「ちょっ、ちょっと手を引っ張らないで!恵!」

千早「~♪」


       終わり


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:45:35.27 ID:vXYw3o050

これにて終わりになります。
こんな時間まで読んでくれた人がいればありがとうございました!
また、機会があればよろしくお願いします!


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 00:48:38.69 ID:5apj5LeL0

大層乙であった



『サーバント×サービス』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿