TOP > 進撃の巨人 > エルヴィン「気づいてるんだろ?私がヅラだってことに・・・」

エルヴィン「気づいてるんだろ?私がヅラだってことに・・・」

2017/06/29 15:05 | 進撃の巨人 | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:18:37 ID:kPFeA8p.

リヴァイ「・・・」

ハンジ「・・・ごめん」

エルヴィン「謝る必要はない」

ハンジ「・・・うん」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:23:54 ID:kPFeA8p.

リヴァイ「エルヴィン、俺は気がつかなかった」

エルヴィン「それは本当か?」

リヴァイ「ああ」

エルヴィン「よかった。団長の立場を利用して作らせた甲斐があるものだ」

ハンジ「でもなんで自らばらしたの?」

エルヴィン「・・・辛くなってきたんだ」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:29:23 ID:kPFeA8p.

エルヴィン「周りの目がな、日に日に厳しくなってきた気がしてな」

ハンジ「それは・・・ご愁傷様」

エルヴィン「ははっ・・・悪いが聞いてくれないか。5年前の話を」

ハンジ(おっさんの話は長くなるんだよねー)

リヴァイ「...」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:35:39 ID:kPFeA8p.

5年前

キース「目標は一体だ!必ず仕留めるぞ!」

エルヴィン「目標との距離400!!」ズルッ

エルヴィン(あっ)

エルヴィン「やばいやばい」

キース「どうした!?エルヴィン!」

エルヴィン「何でもないです!」

キース「そうか!」

――
――――
――――――

エルヴィン「――ということがあってだな」

ハンジ「へー、巨人は?」

エルヴィン「何とかしとめたんだが・・・」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:38:26 ID:kPFeA8p.

エルヴィン「あのときのヅラは今私が身につけているものより粗悪だった」

エルヴィン「だから私は団長になった。誰の耳にも触れさせず、より品質のいいヅラを作らせるために」

ハンジ「内地にいけばそういうのはあるんじゃ?」

エルヴィン「いったさ・・・だが、どれも似たようなものだ」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:42:02 ID:kPFeA8p.

ハンジ「5年前からヅラなの?」

エルヴィン「ああ、辛かった」

ハンジ「そっか」

リヴァイ「わかるぜ・・・その気持ち」

ハンジ「!?」

エルヴィン「リヴァイ・・・」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:44:19 ID:kPFeA8p.

リヴァイ「俺の髪はエルヴィンほどではないが、少しずつ薄くなってきている」

ハンジ「薄くなるタイプか」

リヴァイ「だから毎日育毛剤、頭皮にいいシャンプーを使っている」

ハンジ(人類最強・・・・)


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:46:05 ID:kPFeA8p.

エルヴィン「待てリヴァイ。私は薄くなるのではなく、前からくるものだ」

リヴァイ「あ?今は関係ねえだろ」

エルヴィン「大アリだ。私とリヴァイでは全然違う」

ハンジ「リヴァイ!とりあえずエルヴィンに譲ってあげて!」ボソボソ

リヴァイ「・・・ちっ。そうだな」

エルヴィン「わかってくれてよかった」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:54:10 ID:kPFeA8p.

エルヴィン「この前、エレンの審議があっただろ?」

ハンジ「うん」

エルヴィン「さんざんリヴァイが蹴りまくったあとのことだ」

――

―――

エルヴィン「すまなかった・・・」

エレン「はい・・・」

エレン(・・・・)ジーッ

エルヴィン(く・・・)

エルヴィン「君に敬意を・・・」スッ

エルヴィン「エレン、これからもよろしくな」ニコッ

エレン(ヅラか・・・)

エレン「はい、よろしくお願いします」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/31(金) 23:59:05 ID:kPFeA8p.

――

―――

エルヴィン「今思うとエレンに気づかれていただろうな」

ハンジ「うんうん」

エルヴィン「そして、107期生の所属希望を問うたときのことだ」

ハンジ「またか」

リヴァイ「...」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:04:51 ID:smBSdrYg

――
―――

エルヴィン「――――手掛かりをつかめるだろう」

アルミン(何か・・・意図があるんじゃ・・・)

アルミン(団長は一体)

アルミン「何を見ようとしているんだ?」

ミカサ「え?」

アルミン「団長が探しているものだよ」

ミカサ「団長はヅラ」ボソ

アルミン「え?」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:08:36 ID:smBSdrYg

ミカサ「見ればわかる」

アルミン「そうかな・・・」

ライナー「ヅラだと・・・」

ミカサ「団長は結構やばいと思う。表情からも見て取れる」

アルミン「何でわかるの・・・」

エルヴィン(・・・)キョロキョロ

エルヴィン(皆ふさふさだな・・・)


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:11:07 ID:smBSdrYg

――
―――

エルヴィン「すごい形相でミカサとアルミン、ライナーが私を見ていた」

エルヴィン「恐らく」

ハンジ「ばれてるだろうね」

エルヴィン「ああ」

ハンジ「だから、呪縛から、苦悩から逃れようと私たちに打ち明けたの?」

エルヴィン「そういうわけだ」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:14:46 ID:smBSdrYg

ハンジ「でも5年前からなら慣れっこでしょ?」

エルヴィン「それが慣れないものだ」

ハンジ「ふーん」(興味なし)


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:17:47 ID:smBSdrYg

ハンジ「でもそんな気にするもんかねー」

ハンジ「世界は巨人のことで大忙しだってのに」

エルヴィン「ハンジ・・・・」///

ハンジ(フラグ立っちゃった?)

リヴァイ(いいこと言うじゃねえか)


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:19:53 ID:smBSdrYg

ハンジ(まずい・・・!)

ハンジ「ねえ、エルヴィン。どのくらいの速度で亡くなっていったの?(髪が)」

エルヴィン「・・・4年間で9割が死んだ。4年で9割だ」

ハンジ「わぁお...」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:22:44 ID:smBSdrYg

エルヴィン「5年前はほんの少しだったのにな」

エルヴィン「調査兵団は精神が削られるようだ」

ハンジ「そう?」

エルヴィン「ああ。恐らく今期調査兵団志願の者の中から私と同じような者が現れるだろう」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:24:57 ID:smBSdrYg

ハンジ「ねえエルヴィン。4年で9割ってことはさ」

ハンジ「今どうなってるの?」

エルヴィン「・・・百聞は一見にしかず」スル・・・

ハンジ「なんと・・・」

リヴァイ「ふん・・・」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:28:23 ID:smBSdrYg

エルヴィン「私も残すところは横と後ろだけだ」ピッカー

ハンジ「ご愁傷様」

リヴァイ「まったくだ」

エルヴィン「・・・すまないな。しょうもない愚痴をこぼしてしまった」

ハンジ「気にしないでよ。弱音を吐くときもあるさ」

リヴァイ「そうだ、髪など関係ない。」

リヴァイ「俺はエルヴィンを信じている」

エルヴィン「リヴァイ、ハンジ・・・」


エルヴィン「ところでリヴァイの髪の毛について聞きたいことがあるんだが」

リヴァイ「」


終わり


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/01(土) 00:29:10 ID:smBSdrYg

このオチ・・・。後悔はしていない

読んでくれた人乙です・・・。



『進撃の巨人』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿