TOP > のんのんびより > 小鞠「蛍ってやっぱりさ、その、おちんちんも大きいの?」

小鞠「蛍ってやっぱりさ、その、おちんちんも大きいの?」

2017/06/30 22:08 | のんのんびより | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 15:20:07.86 ID:/y4cv2hYP

蛍「え、えええええええええ!?」

小鞠「いやその、蛍って胸とかも大きいしやっぱりそうなのかなって・・・」

蛍「そ、そそそそんなこと聞かれても」

夏海「アハハ、ねーちゃんはちんちんちっさいからなー。他の人のが気になってしょうがないんだよ」

小鞠「ちょっと夏海!言わないでよ!」

夏海「本当のことじゃん。まだ皮も剥けてないしさ」

小鞠「あーーー!!だから言うなってーー!!」

れんげ「剥けてるってなんなのん?」

蛍(先輩のおちんちん、まだ剥けてないんだ・・・///)
蛍(やっぱり先輩に似てちっちゃくてかわいらしいおちんちんなのかな・・・やだ、考えてたらちょっと勃ってきちゃった)

小鞠「むー。それで、どうなの蛍!」

蛍「え、いや私はそんなに・・・」

れんげ「とりゃーーーー!」ムンズ

蛍「ひゃっ!」

れんげ「・・・すごく、大きかったのん。しかも硬かったのん!ウチのはそんなに硬くないのん!」

蛍「れ、れんげちゃん!何言って・・・」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 15:38:15.72 ID:/y4cv2hYP

小鞠「やっぱり大きいんだ・・・」ガクーン

れんげ「すごかったのん。ねーねーより大きかったのん」

小鞠「それに硬いだなんて。私のは全然硬くないけどそれってやっぱり私が子供だからなのかなぁ・・・」

夏海(えっ、硬いって・・・それもしかして勃起してるんじゃ・・・ってねーちゃんもれんちょんもわかってない!?)

蛍「え、いやいやいやその、硬くなんかないです!」

蛍(やだ、勃起しちゃだめなのに、先輩が私のおちんちんの話してるって思うと余計に・・・///)ムクムク

夏海(ほたるんがなんだか前かがみに・・・!)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 15:54:36.58 ID:/y4cv2hYP

小鞠「ねえ蛍、どうやったらおちんちんって大きくなるの?」

蛍「えっ、さ、さあ・・・」

蛍(そ、それはどっちの意味の大きくなるですか先輩~~~~!!)

れんげ「あとどうやったら硬くなるのかも教えてほしいのん!」

蛍(そんな直球な~~~!!!)

夏海(困ってるほたるんもかわいいけど、ここは助け舟を出してやるか)

夏海「ちょっと二人とも、そこらへんにしておきなさい。ほたるんが困ってるでしょうが」

小鞠「え、ホント?ごめんね蛍」

れんげ「ごめんなさいなのん」

蛍「いえそんな・・・」

夏海「蛍も嫌なときは嫌って言った方がいいよーまあ」

夏海(下のほうは嫌じゃないみたいだけどねぇ)ボソッ

蛍「!?」

れんげ「今なんて言ったのん?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:02:15.75 ID:/y4cv2hYP

蛍(夏海先輩気づいて・・・っ!)

夏海「いやーなんかほたるん具合悪いみたいだから今日はもう帰るってさ」

蛍「え?・・・あ、ええ、実はそうだったんです。お先に失礼します」

小鞠「そうなんだ。お大事にねー」

れんげ「ばいばいなのん」

蛍「それでは」

夏海「しっかり処理するんだよー」ニヤ

蛍(夏海先輩!!///)


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:10:08.98 ID:/y4cv2hYP

~蛍の家~

蛍「ふぅ、夏海先輩に助けられちゃった」

蛍「それにしても・・・先輩があんなに私のおちんちんに興味しんしんに・・・///」

蛍「それに先輩のおちんちんが小さくて包茎なんてことも知っちゃった・・・ってやだ、また・・・♥」ムクムク

蛍「もう我慢できない・・・///」ボロン

蛍「私のこのおちんちんのことを、先輩が知りたがってたなんて・・・こんな先輩のこと考えて大きくなってるおちんちん・・・」シコシコ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:17:37.45 ID:/y4cv2hYP

蛍「先輩が知りたがって、見たがって、触りたがったおちんちん、んっ、今私がシゴいてます・・・っ」シコシコ

蛍「私が今こんなことしてることもっ、んぅ、先輩は知りたがって、はぁ、るんでしょうか・・・っ!」シコシコ

蛍「先輩のえっち・・・♥はぁ、はぁ、先輩っ、そんなに見られたら余計硬くなっちゃいますっ」シコシコシコ

蛍「ああっ、先輩この亀頭のっ、この形も、肌触りもっ、知ってください、私のおちんちんのこと全部っ!」シコシコシコ

蛍「先輩、今私のおちんちん、気持ちよくなってますっ、はぁ、今気持ちよく、なってるんです///」シコシコシコ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:27:30.19 ID:/y4cv2hYP

蛍「イクっ、先輩、っはぁ、イキそうですっ、私のおっきいおちんちん、イきそうですっ」シコシコシコシコ

蛍「あっ射精るっっっっ・・・・!!!!」ドピュルルルル

蛍「・・・はぁっ、はぁっ、イッちゃった・・・」

蛍「あーーー!やだ、私の精子がこまぐるみにかかって・・・」

蛍「あーこんなにべっとり全身に・・・」ムラムラ

蛍「ってやだ、なんで私またおっきく・・・♥」ムクムク

蛍「・・・こまぐるみのおまたのところ裂いたら・・・」ビリッ

蛍「・・・っ」グニュ

蛍「なんか綿でくすぐったいし、手で握った時みたいな感覚もないのに、なんでだろう私今すごく興奮してる・・・」

蛍「はぁ、はぁ、今私先輩に挿れちゃってるんだ・・・」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:36:25.89 ID:/y4cv2hYP

蛍「先輩、動きますね・・・」シュッシュッ

蛍「ひゃっ、なんかくすぐったい・・・」シュッシュッ

蛍「はぁ、はぁ、やだ、私こんなみっともなく腰振っちゃって、はぁ」

蛍「先輩、先輩っ、先輩の膣内で私のっ、おちんちん、っんぅ、こんなに激しくっ」

蛍「っふぅ、はぁ、あっ、本当なら、ここにっ先輩のちっちゃなおちんちんも・・・///」

蛍「先輩のってどんななんだろう、はぁ、私のとっ、んっ、どう違うのかなっ」シュッシュッ

蛍「私みたいにこんなっ、剥けてなくて、はぁ、亀頭も見えないぐらいなのかなっ♥」シュッシュッ

蛍「包茎って言っても色々あるしっ、全部隠れてるとかっ、先っぽはどれぐらいあまってるとかっ、」シュッシュッ


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:41:48.78 ID:/y4cv2hYP

蛍「私今っ、先輩のおま、おまんこに挿れながら、あんっ、先輩のおちんちんのこと考えてますっ♥なんか、ちょっと贅沢かもっ」シュッシュッ

蛍「あっまたっ、また、さっき射精したばかりなのに、んくぅっ、先輩のせいでまたぁっ!」

蛍「膣内にっ、膣内でっ、っふぅ、私の初めてのっ、膣内出し、受け取ってくださいっ!」

蛍「んぅあぁあっっっ!!」ドピュゥゥゥ


蛍「・・・はぁ、はぁ・・・やっぱり、いい、こまぐるみ・・・♥」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:53:58.25 ID:/y4cv2hYP

~翌日~

夏海「いやー昨日はうちのこまちゃんが迷惑かけてごめんねー」

小鞠「だからこまちゃん言うなって!それに私がねーちゃんの物みたいに言うな!」

蛍「いえいえそんな、もう体調もよくなりましたし」

れんげ「よかったのん!」

夏海「お詫びといっちゃなんだけどさー、蛍にいいものを見せてあげるよ」ニヤリ

蛍「お詫び・・・?」

夏海「ちょっと小鞠そこに立ってーそうそう」

小鞠「?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 16:54:39.52 ID:/y4cv2hYP

夏海「そして・・・とりゃーーーー!」ズルッ

小鞠「わーーーーーー!」

れんげ「おー!」

蛍(きゃああああああ、小鞠先輩の、か、下半身が丸出しに・・・)

夏海「そしてホールド!」ガシッ

夏海「れんちょんは足を!」

れんげ「らじゃー!」ガシッ

小鞠「放せええええええ!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 17:02:28.91 ID:/y4cv2hYP

夏海「ほーらほたるん、見ていいぞー。これが見たかったんでしょ?」

蛍「そんな私っ・・・」

小鞠「って言いながら見るなああああああうわああああああ」

蛍(これが小鞠先輩のおちんちん、私と全然違う・・・こんなちっちゃいおちんちんってあるんだ)

蛍(私の半分以下くらい・・・私の見た目からしてえっちなおちんちんと違って、なんだか愛らしさを感じちゃう)

蛍(先っぽで余った皮がすぼまってる・・・この中に、もっとちっちゃな先輩の亀頭が・・・一体どんな色なのかな)

蛍(それと鼻の先をよぎる先輩のかすかな臭い・・・それも皮の中に閉じ込められちゃってるのかな、でもそれでも一瞬でえっちなそれとわかるこの臭い・・・)


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 17:12:56.22 ID:/y4cv2hYP

夏海「ほたるん、見てるだけじゃなくて触ってもいいぞー」

蛍「いいんですか!?」

小鞠「私の許可をとれえええええ!っていうかもうやめて、私のおちんちん見ないでえええええ!」

れんげ「ほたるん夢中なのん」

夏海(この機会に妹心として小鞠に勃起というものを教えてやろうじゃあないか)

蛍「そ、それでは・・・」ドキドキ

小鞠「え、ほたるん、本当に私の・・・いやっ手近づけないでっ!」

蛍「えいっ」フニュ

小鞠「ひゃぁっ!」

蛍(うわあああついに先輩のおちんちん直に触っちゃったああああああ)

蛍(この指に、今先輩の肌が、えっちなところの肌が触れて、暖かさも伝わって・・・///)

蛍(触ってみると想像以上にちっちゃくかわいいなぁ、握るのにも三本指じゃもう多いくらい)

蛍(このままじゃ扱けないし、最初は揉むように・・・)モニュモニュ

小鞠「んやっ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 17:30:00.39 ID:/y4cv2hYP

蛍「はぁ、はぁ、はぁ・・・」モニモニ

れんげ「ほたるん、すごく息が荒くなってるのん」

小鞠「ちょっとほたるんっ、やっ、何これ、よくわかんないけどっ、たまらなくなる感じっ」

蛍(あっ先輩のおちんちんちょっと膨らんできてる・・・♥ちゃんと感じてるんだ)モニモニ

小鞠「んっ、あっ、やだっ、変なっ、おちんちんになんか、集まってきてるみたいなっ」ムク

夏海「おっねーちゃんちんちん大きくなってきた?それ勃起って言うんだ」

小鞠「ぼっ・・・き?」

夏海「そーだ。えっちなこと考えたりおちんちんが気持ちよくなると、自然とおちんちんが大きくなって硬くなるんだ」

れんげ「初耳なのん」

夏海「昨日ほたるんのおちんちんが硬くなってたのも勃起してたからなんだぞ」

ほたるん「ちょ、ちょっと夏海先輩!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 17:40:12.63 ID:/y4cv2hYP

夏海「ほられんちょん、ほたるんの股間を見てみな」

れんげ「なんか盛り上がってるのん!」

蛍「わわっ、これはその・・・小鞠先輩のおちんちん弄ってたら・・・」モニモニ

小鞠(そうか、蛍のおちんちんが大きかったのは勃起してたから・・・ということは私も勃起すれば大きく!?)

小鞠「ひゃっ!?」

蛍「あ、先輩の亀頭が出てきました!真っ赤でかわいいです・・・」

蛍「先輩、ここからはその、皮、扱きますね・・・」シコシコ

小鞠「!? ふわっ、ふわっ、ぅああぁああ!それ、なんか、頭が変に、おちんちんが、やぁあ!」

蛍(亀頭がひっかかって最後まで剥けないけど、竿のほうの皮で扱ける・・・こんな声あげて、先輩気持ちよさそう)

蛍(私も、いつのまにもうパンツいっぱいいっぱいにおちんちんが膨張して・・・出してもいいよね)ボロン

れんげ「わー!ほたるんのおちんちん、触ったよりもおっきいのん!」


66: >>61 ふたなりでっせ 2013/12/16(月) 17:49:51.79 ID:/y4cv2hYP

蛍「ごめんなさいっ!私のももう限界で・・・扱きたくてしょうがないんです!」シコシコ

夏海「一度に二本のちんちんを扱くとは・・・ほたるんやるなぁ」

小鞠「あっ蛍、それ強すぎっ、そんなに擦ったら、擦ったら、何これ、やだ変なの、おしっこ出ちゃう!」

蛍「先輩、先輩、大丈夫ですっ、"それ"出して下さいっ、私も、んっ、出しますから!」シコシコシコシコ

小鞠「えっ、大丈夫なの、これ、んっ、やっ、ああぁっ、んぁあ、だめっ」

蛍「先輩イってくださいっ、かわいいおちんちんから、精子出しちゃってください!」シコシコシコシコ

小鞠「ぅああぁあああああっ!!!」トピュッ

蛍「っ!!!!」ドピュッ

小鞠「・・・はぁ、はぁ、はぁ・・・なんか、出ちゃった・・・おしっこ、白い・・・」

蛍(先輩の精子が・・・私の顔に、こんなにいっぱい・・・♥)


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 17:59:45.17 ID:/y4cv2hYP

夏海「これでこまちゃんも精通かーいやー妹としてなんだか誇らしいね」

小鞠「はぁ、はぁ・・・精、通?」

夏海「初めて射精したってこと。ちなみに私はとっくに済ませました」

蛍(先輩のおちんちん、ちょっと萎えたけどまだ亀頭がちらりと見えるくらいの大きさを保ってる・・・)

蛍(汗や先走り汁や精子のせいで、さっきよりもずっと艶かしく見えて、なんだかすごくえっち・・・♥)

蛍(・・・どんな味がするのかな。やだ、私いつのまに口空けて、わんちゃんみたいになってる・・・ああっ我慢できないっ)カプ

小鞠「うひゃあぁっ!」

蛍「んむっ、あむ、んん、れろ」

小鞠「うぁっ、ひゃ、それっ、くすぐったっ、先っぽらめぇっ!」

蛍(先輩のおちんちん、すごい、私今舌で、お口なんかで触れちゃってる・・・っ!おいしい、すごくおいしいです先輩!)


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 18:08:45.83 ID:/y4cv2hYP

蛍「れろ、んむっ、ちゅる、あむっ」

蛍(細くて皮に包まれた竿から、皮の中のいけない空間まで、先輩の全部舐めつくしたい・・・!)

小鞠「あっ、あっ、ぅあっ、何これ、もうっ、何も考えられないっ」

夏海「・・・はぁ、はぁ。いやー暖かく見守ってやるつもりだったけど、うちももうちょっと限界。ねーちゃん背中借りるわ」ボロン

小鞠「えっ、何っ、やっ!夏海、なんか背中に当たって・・・ちょっとこれ、夏海のっ・・・」

夏海「大丈夫大丈夫、ちょっと擦りつつけるだけだから」スリスリ

小鞠「うわっなんか生暖かい棒の感触がっ!きもちわるっ!ちょっとやめ・・・ひゃあっ!」

蛍「じゅるる、じゅぽ、れろ、へんはいはほっひに、ひゅうひゅうひてふらはい、んむっ」

小鞠「あぅぅっ!」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 18:22:24.45 ID:/y4cv2hYP

夏海「はっ、はっ、ねーちゃんの背中、結構すべすべでいい感じ・・・」シュリシュリ

夏海(うわっ、いままで手出そうとしたことはあったけど、実姉でえろいことするのってこんなに・・・)

蛍「んむっれろ、ちゅぷ、あむっ、じゅぷじゅぷ」

蛍(先輩の味が口全体に馴染んで・・・なんだかもう私の口が先輩のおちんちんになっちゃったみたい)

夏海「あっやばっ、ごめ、うちずっと我慢してたからもう射精そう・・・」

小鞠「えっ、夏海っ!?」

夏海「うっ・・・」ドピュルッ

小鞠「わー服の中にっ、背中とTシャツの間に~~~!」

夏海「ふぅ・・・ごめんごめん、ついつい」

小鞠「気持ち悪いこれ~~~~!」



れんげ「なんだか皆楽しそうなのん・・・うちも混ざりたいのん!」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 18:36:56.21 ID:/y4cv2hYP

蛍「え?あ、いやれんげちゃんにはまだこういうのは早いんじゃ・・・」

れんげ「うちだけ仲間外れはいやなん!うちも服脱げば混ざれるん?」スポーン

小鞠(あ、さすがにれんちょんは私よりおちんちん小さい・・・いや同じくらい?そんなまさか・・・)

夏海「あ、じゃあさ、もしかしてねーちゃんのちんちんがれんちょんのまんこにちょうどいいぐらいなんじゃない?」

小鞠「え?それってどういう・・・」

夏海「だから、ねーちゃんとれんちょんがセックスするってことだよ!ほら、ちんちんをまんこに入れてさ」

小鞠「えぇっ!?」

蛍「えーーーー!ダメです!先輩の初めては私が!」

夏海「いやホラ、言っちゃなんだけど多分ねーちゃんの粗チンじゃ多分ほたるんも満足できないよ~」

蛍「そんなことは・・・」

夏海「代わりにねーちゃんの処女ならあげるからさ」

小鞠「よくわからないけどなんで夏海が私のことを決める!」

れんげ「セックス!それは大人のするというなる・・・!うちやりたいのん!」


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 18:47:17.01 ID:/y4cv2hYP

夏海「じゃあちゃんと準備して濡らさないと」サワッ

れんげ「ぅわ!どこ触ってるのん!」

夏海「いやでもこうしないと。ほらねーちゃんもほたるんのフェラ途中でまだビンビンでしょ?こっち来なよ」

小鞠「う、うん・・・」

蛍(中学生が小学一年相手に・・・これ色々と不味い気が・・・)

夏海「ほーら、ここに小鞠のちっさいちんちんが入るんだぞー」

小鞠「ちっさいは余計!」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 18:54:28.59 ID:/y4cv2hYP

小鞠(で、でも・・・セックスってどんななんだろう、どれぐらい気持ちいいんだろう・・・相手がれんちょんってのがちょっと気が引けるけど)

れんげ「かもん!」

小鞠「じゃ、じゃあ挿れるね・・・」ズニュ

れんげ「ぅぐぅ!」

小鞠「・・・ぁ!なんか・・・すごい・・・おちんちんが、全部から包まれて・・・!」

れんげ「あぅ、ちょっと、苦しいのん・・・」

蛍(ちょっとなんだ・・・中学生のおちんちんなのに)

夏海(さすがこまちゃん)

小鞠「・・・あぁあ、れんちょんごめん、でもなんか勝手に腰が・・・!」ズニュズニュ

れんげ「ぅああ!」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 19:09:58.44 ID:/y4cv2hYP

小鞠「ごめん、ごめん、でも気持ちいいの!」ズチュズチュ

れんげ「ちょ、ちょっとはーどなのん・・・」

蛍(こんな性欲に任せて一生懸命になっちゃってる先輩・・・すごくかわいいかも)ムクムク

小鞠「すごいよれんちょんっ、おまんこってこんな、あっ、暖かくてっ、絡み付いてきてっ」パンパン

れんげ「なんかっ、段々こまちゃんのおちんちん、スムーズに滑るようになってるのん、ぬるぬるなのん・・・っ///」

蛍(先輩が私の前で、こんな激しく腰を振って・・・先輩の、先輩のかわいいお尻が・・・♥)

小鞠「あぁっ、私のおちんちん、変になっちゃいそうっ、はぁ、はぁ、」

れんげ「っふぅ、ふぅ、ちょっと、いい感じになってきたのん・・・///」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 19:17:12.51 ID:/y4cv2hYP

蛍(見えてますっ、先輩のおまんこ、先輩がおちんちんに集中してる今無防備のおまんこが、丸見え・・・もう我慢できないっ)ギンギン

蛍「先輩、すみません失礼しますっ!」

小鞠「はぁはぁ、え?ぅああっ!」ヌプッ

蛍「あぁああぁっ!先輩のおまんこ、挿れちゃいましたっ!私の、いやらしいおちんちん!」

小鞠「・・・ぁ・・・くっ、お、大きいって・・・」

蛍「はぁっはぁっ、先輩のっ、先輩のっ、突いてもいいですかっ、すみません突きますっ!」パンパン

小鞠「やっ、そんなっ、うぐっ、すごい、抉られるみたいな・・・」

れんげ「ほたるんの勢いがこまちゃんを通して伝わってくるのん・・・///」

夏海「うわ蛍の顔えろっ・・・というか皆思った以上にえろい感じに・・・」シコシコ


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 19:26:43.69 ID:/y4cv2hYP

蛍(私今先輩と、セセセセックスしちゃってる!私の股間のこれが、いやらしさの塊が先輩の中に・・・!)

蛍「はぁああああ!先輩のすごくきつくてっ、私のおちんちん気持ちよくしてますっ!はぁっはっ、あっ、止まらないっ」パンパン

小鞠「そんなっ、ほたるんも、れんちょんもっ、気持ちよすぎ・・・!」

れんげ「っふぅ、っふぅ、なんだか、頭が、熱くなってきたのん・・・」

夏海「うっ、うちももう自分で扱くだけじゃ・・・っ!れんちょん、咥えて!」

れんげ「んむぐぅ!」ズボッ

夏海「ごめんれんちょん、苦しいかもだけど、うちはめっちゃ気持ちいい!」ズボズボ


101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 19:32:03.39 ID:/y4cv2hYP

夏海「はぁ、はぁ、れんちょんの舌がうちの亀頭にあたって・・・あっこれもうイくっ」

れんげ「んぐぅ、んん、ん~~!」

蛍「先輩、もうダメですっ、で、ででで射精そうです!」

小鞠「私もっ、なんか、来そう!」

夏海「ぅあっ!!」ドップ

蛍「ぁああぁああああぁっ!」ドピュルルルル

小鞠「ぅひやぁっ!!!」ドピュ

れんげ「ん~~~~!」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 19:39:20.81 ID:/y4cv2hYP

夏海「はぁ、はぁ・・・皆えろすぎっ・・・」

れんげ「・・・うちだけしゃせいできなかったのん・・・」

小鞠「なんかすごく、はぁ、疲れた・・・」

蛍「先輩・・・私先輩とついに・・・♥」

小鞠「あー!っていうかやっぱり蛍勃起してなくてもおちんちん大きいし!」

蛍「えっ、あっ・・・その、まぁちょっと大きいほうかも・・・」

夏海「どうした急にねーちゃん」

小鞠「だって、蛍のおちんちんが大きいのって勃起してるからだって・・・」

夏海「アハハ、大きい人は元から大きいって。ほら見てみ、うちのちんちん。勃起してなくてもねーちゃんのより大きいっしょ?」

小鞠「うわ近づけんな!」

れんげ「まぁまぁこまちゃん、うちよりはでっかいから大丈夫なのん」

小鞠「小1より大きくても大丈夫じゃな~~~~い!」

おわり


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 19:48:37.83 ID:/y4cv2hYP

ぼくの考えた4人のおちんちん設定

夏海 通常時:7.5cm 勃起時:11.5cm
普通よりちょっと小さめなおちんちん。仮性包茎で普段はちょっと被っているが、本人はズル剥けだと思っている。
少し早漏気味で、オナニーにかかる時間は短い。亀頭の裏がよく感じる。

小鞠 通常時:4.5cm 勃起時:7cm
短小包茎おちんちん。最大まで勃起しても亀頭がちょっと出る程度。普段はさきっちょで皮がすぼまってる。
皮がすべすべでやわらかなおちんちん。

蛍 通常時:11cm 勃起時:16cm
小五とは思えない巨根っぷり。皮はズル剥けで、オナニーは専ら亀頭オナ。最近はオナホにも興味を持ち始めている。
全体的に太く、重量を感じる一品。

れんげ 通常時:4cm 勃起時:???
まだ射精する準備もできていないおちんちん。当然包茎。その潜在能力は未知数。


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 19:55:31.95 ID:HBufxfKk0


ほたるんはまだ小5だし成長する可能性があるな



『のんのんびより』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿