TOP > のんのんびより > 夏海「姉ちゃんとほたるんがうざい」

夏海「姉ちゃんとほたるんがうざい」

2017/07/10 22:04 | のんのんびより | コメント(0)
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 20:40:17.20 ID:aLh8fbZ6P

れんげ「ほたるんは何でこまちゃんを膝の上に乗せてるのん?」

蛍「こうすれば、授業中でもセンパイに勉強を教えてもらえるんだよ」

小鞠「それに、私もほたるソファーでぬくぬく♪」

蛍「一石二鳥です」

小鞠「だよ」

蛍・小鞠「ねー♪」


れんげ「そんな笑顔で答えられても困るのん」

夏海「うぜえ」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 20:44:50.09 ID:aLh8fbZ6P

蛍「そんな!?センパイには失望しました!」

小鞠「私も蛍にはガッカリしたよ!」


夏海「ちょ、ちょっと仲が良い二人が何でケンカしてんの!?」


小鞠「夏海!いい所に!」

蛍「夏海センパイ聞いてください!」

小鞠「蛍が『小鞠センパイは可愛らしくて、女性として最高です♪』って言うんだよ!」

蛍「小鞠センパイが『蛍はスタイルも抜群で、料理もできて女性として最高だね♪』って言うんですよ!」


小鞠「だから、蛍の方が魅力的だって!」

蛍「いえ、センパイの方がすごいんです!こればかりは譲れません!」


夏海「はいはい。うざいうざい」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 20:51:09.25 ID:aLh8fbZ6P

蛍「センパイそんな!もうやめてください!」

小鞠「だ、だめっ…ここで…やめられない!」


蛍「味噌汁なら私が!私が作りますので!」

小鞠「ダメ…私が蛍の為に毎日作りたいの!」

小鞠「これはそのための特訓なんだから!」

蛍「でも、もうセンパイの指は…絆創膏でボロボロじゃないですか!」

小鞠「大丈夫…蛍の為ならこのくらい!」

蛍「センパイ…」


夏海「…」

蛍「夏海センパイも見てないで一緒に止めてください!」

夏海「うへぇ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 20:56:07.00 ID:aLh8fbZ6P

れんげ「こまちゃんこまちゃん」

蛍「ダメ!『こまちゃん』って呼ばないで!」

れんげ「え?」

蛍「今度からセンパイを『こまちゃん』って呼んでいいのは私だけなんだから!」

小鞠「蛍!それは二人っきりの時だけって、みんなには秘密って昨日決めたでしょ!」

蛍「す、すいません」


れんげ「う、ウチはどうしたらいいのん?」オロオロ

夏海「こまちゃんのバーカって一緒に言ってやろうぜー」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:01:05.79 ID:aLh8fbZ6P

夏海「そういえば、二人はいつから付き合ってるの?」

小鞠「…へ?」

蛍「せ、センパイとは仲がいいだけでそんな…」

小鞠「そ、そうだよね…」モジモジ

蛍「で、ですよね…」モジモジ


夏海(二人とも顔真っ赤にしてチラ見しあってる………うぜえ)


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:02:55.50 ID:aLh8fbZ6P

夏海「最近、二人がうざくてうざくて」

このみ「ああそういう時はね、『やーいコイツらイチャイチャしてるぞー。やらしーやらしー』って言えば、さすがの恋愛脳も静かになるよ」



夏海「いや、それはさすがのウチも恥ずかしいというか…って、恋愛脳って何!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:09:04.30 ID:aLh8fbZ6P

このみ「例えばね…」

夏海「あっ、姉ちゃんとほたるんが手を繋いで歩いてる」

このみ「やーいコイツら路上で手を繋いでるぞ。ひゅーひゅーラブラブだー」

蛍「っ~//」

小鞠「ら、らぶらぶっ//」



このみ「あー。顔を真っ赤にして何を考えてるのかなー?やらしーやらしー」

蛍「べ、べつに変な事なんて//」

小鞠「そ、そうだよ!蛍の手はスベスベだなとか思ってないよ!」

蛍「せ、センパイ!?何を!?」

小鞠「あっ//」カァー

このみ「ひゅーひゅー」

蛍「うぅ…//」



夏海(どっちもうぜえ)


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:13:18.23 ID:aLh8fbZ6P

蛍「おはようございます。センパイ♪」

小鞠「おはよう。蛍♪」



れんげ「二人とも数年ぶりに会った恋人のような、最高に幸せそうな笑顔をしてるのん」

夏海「朝からうぜえ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:18:14.84 ID:aLh8fbZ6P

一穂(先生)「今日の授業はフォークダンスだよー」

一穂「ちゃんとペアを交代しながら踊るんだよー。おやすみー」Zzzz


夏海「れんちょーん。ずっと一緒に踊ろうぜー」

れんげ「交代のルールを無視するとはさすがなっつん!」



小鞠「まったく夏海ってば、全然先生の話を守らないんだから」

蛍「仕方ありませんね。じゃあ、一緒に踊りましょうか?」

小鞠「うん、蛍とずっとペアだけど仕方ないよね」


れんげ「二人ともすっごく嬉しそうなん」

夏海「兄ちゃん。三人で踊ろうって邪魔してきて」

兄「」ウウン


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:23:40.54 ID:aLh8fbZ6P

蛍「センパイ、プリントを回収します」

小鞠「はい、蛍」スッ

蛍「ありがとうございます」スッ


小鞠「って、あっ//」

蛍「っ~//」カァー


夏海「って、プリントを回収する時に指が触れあっただけで赤面化するな!」

れんげ「見ているこっちが恥ずかしくなるんな」

兄「//」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:29:17.18 ID:aLh8fbZ6P

小鞠「あ、雨だ…」

蛍「傘忘れちゃいました…」

小鞠「今日の天気予報は雨だったでしょ?蛍はダメだねー」

蛍「うぅぅ…」


\バサッ/

小鞠「今日は大人のお姉さんの私が家まで送ってあげるね」

蛍「一緒の傘に…あ、ありがとうございます!」



夏海「あっ、ウチ。予備の折り畳み傘持ってるよ」

小鞠「…」

蛍「…」

夏海「はいはいはいはい。ごめんなさい。空気が読めなくてごめんなさい。だからそんな睨まないで下さいねー」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:32:37.14 ID:aLh8fbZ6P

小鞠「て、TAKE2-」

小鞠「あ、雨だ…」

蛍「傘忘れちゃいました…」

小鞠「今日の天気予報は雨だったでしょ?蛍はダメだねー」

蛍「うぅぅ…」


\バサッ/

小鞠「今日は大人のお姉さんの私が家まで送ってあげるね」

蛍「一緒の傘に…あ、ありがとうございます!」



夏海「あっ、ウチ。予備の折り畳み傘持ってるよ」

小鞠「…」

蛍「…」

夏海「あははははは。何度やり直してもラブラブ相合傘なんてやらせないから」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:37:56.33 ID:aLh8fbZ6P

小鞠「ハッピーメリークリスマス。蛍」

蛍「ハッピーメリークリスマスです。小鞠センパイ」


小鞠「あっ、もしかして…それって」

蛍「はい♪センパイの為にケーキ焼いてきました」


小鞠「ありがとう!さっそく一緒に食べよっ」

蛍「はい!」


小鞠「はい、あーん」

蛍「あっぅ//」


夏海「はいはい。姉ちゃんの部屋でやってね。というかウチの部屋でやらないで」

蛍「そ、そんな」

小鞠「蛍と二人っきりなんて…//」

蛍「ふたりっきり…//」


夏海(ラブラブのくせに妙な所で………うぜえ)


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:42:46.60 ID:aLh8fbZ6P

小鞠「そういえば、蛍はサンタさんに何を貰うの?」

蛍「えへへ。センパイとの思い出が欲しいって手紙に書きました」

小鞠「なっ//」

蛍「センパイは何をお願いしたんですか?」


小鞠「えーとその…蛍との幸せの時間…」


蛍「えっ//」

小鞠「うぅ…//」


夏海「だから余所でやれってば、バカップル共」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:48:09.76 ID:aLh8fbZ6P

蛍「あっ、この飴美味しいかも♪」

小鞠「え?私にも舐めさせて!」

蛍「いいですよ♪」


チュー


夏海「へっ?」

夏海(ほたるんの口の中の飴を、姉ちゃんの口の中へ!?)

蛍「どうですか?」

小鞠「あまーい。美味しいー」

蛍「えへへ。今度一緒に買いに行きましょうね」

小鞠「うん♪」


夏海「くっ//」

夏海(平気に手も繋げない癖に、何でこういうのは平気で出来るんだよ!こっちが恥ずかしいよ!)


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:53:04.09 ID:aLh8fbZ6P

小鞠「ほーたーる♪」

蛍「はい?」

小鞠「えへへ。呼んだだけー」

夏海「…」



蛍「セ・ン・パ・イ♪」

小鞠「ん?」

蛍「えへへ。呼んだだけです」

小鞠「もうっ蛍ったらー」



れんげ「うざいのん」

兄「」ウン

夏海(もう慣れた)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 21:58:33.81 ID:aLh8fbZ6P

蛍「だ、大好きです!」

小鞠「なっ//」

蛍「小鞠センパイ…のこと………シュシュが…」

夏海「…」


小鞠「わ、私だって好きっ!」

蛍「えっ//」

小鞠「蛍………の髪型が…」


蛍「そ、そうなんですね//」

小鞠「う、うん//」



夏海「やっぱり、うぜえーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

れんげ「び、びっくりしたのん」

夏海「姉ちゃんとほたるんがうざすぎる!!」


       終わり


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:02:03.94 ID:i358aa2q0

乙乙ー! ほたこまフォーエバー


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/24(火) 22:08:09.92 ID:AhLxRPpP0

ほたこまサイコー!




『のんのんびより』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿